母が乳癌に。手術目前なのに父が娯楽旅行へ

レス54
お気に入り35
トピ主のみ3

しょうこ

ひと

今週、母が乳癌と判明しました。今月末の手術が決まり、片方の胸を完全に摘出します。

私達子供は独立し、父母は2人暮らし。家族仲は良好で父母も上手くやっている様子でした。それが突然の癌告知、そして女性が乳房を失う悲しみ…母の衝撃と苦しさを想像すると胸が痛みます。私達兄弟は相談し、母が望む日時に帰省することを決めました。

しかし母を一番支えてほしい父が、手術直前に念願のダイビング旅行に出かけるというのです。帰ってくるのは入院前日。
母は楽しみにしていた父を気遣ってOKしたそうですが、本当は寂しいと私には言いました。当然だと思います。父だって母の本音に気づいていながら強がりの言葉を真に受けたフリをして出かけるのです。

母が言えないならと私が父に話しましたが、「心配はしてるが行きたい。本人も大丈夫と言ってる。旅行の時以外は優しくする」と。どう止めても行く気です。

母の悲しみより自分の遊び! 
私は自分が母に出来ることは全力でします。でも父のこの行動を理解できず人間として軽蔑しそうです。失望と憤りで一生許せないとも…こう考える事自体が悲しい。私の心が狭いのでしょうか?

ユーザーID:8510963829

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心は狭くありません。

    貴方の心情は、極めて正常です。
    お母様の、他ならぬ乳癌の手術日が決まっているのに、お母様を置いて遊びに行ってしまうお父様に対し、そんな心情を抱くのは当然です。
    私はもう親を亡くしているので理解できます。
    しかし今は、貴方もご認識されていますが、お母様に悔いなき様全力で尽くすことが先決です。
    お母様も、貴方とお父様が不仲になるのを見るのは身を切られるほどつらいはず。
    お父様への鬱積した思いは手術が一段落してから改めて考えたほうがいいと思います。

    ユーザーID:8155600159

  • 理屈はわからなくないのですが

    気持ちよくいかせてあげてはいかがでしょう?お父さんだって、つらいのです。

    看病する側は、苦しんだり悲しんだりしている家族をみてるのもつらいのです。手術後は、さらにキズの痛みやかなしみくれる妻をみて、もっとつらくなるのではないでしょうか?一緒におちこんで看病するより、看病する家族が元気で陽気な方が看病される側は心休まるとおもいます。夫がいなくて、さびしいなら、トピぬしさんたちが、お父さんの旅行中、一緒にいてあげればいいと思います。

    子供と父とで協力し合って仲良く、お母様を支えてあげることが、何よりの看病だと思います。”これから、しばらく大変になるかもしれないから、その前に息抜きをしてきて、、”と快く旅行に送り出してあげましょう。お父さんまで、落ち込みだしたらトピぬしさんたちは、もっと大変になりますよ。

    ユーザーID:8720549971

  • 私の心が狭いのか・・・

    私の母も少し前に乳癌の手術を受けました。
    今は放射線治療の最中です。

    癌だと知らされ手術となると心の不安はどれだけのものか
    わかりません。何もしなくても、何もできなくても
    側に居てくれるだけで落ち着くのではないでしょうか。

    私なら反対します。
    無事手術が終っても、予後が快調でも、手術前に旅行に出かけたという
    気持ちが消せないと思います。
    それは何かあるごとに頭に浮かぶかもしれません。

    それが嫌なのです。
    心が狭いと言われても家族は、そうあってほしいと思ってしまいます。

    私も妹もこれといって大したこと出来なかったけど、側に居ました。
    父親も優しい言葉も何も言わないけど、側に居ました。

    母親はそれを感じ取ってくれていると思います。

    トピ主さんもお母様も居て欲しいという気持ちがあるのなら、
    もう一度お父様に話してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:2462198106

  • 念願なら…

    手術をしたらそれこそ旅行なんていけませんよね。
    お父さんはこれが最後のチャンスと思っているのかもしれません。
    「念願」のダイビング旅行なんですよね?
    もしこの機会を逃して、一生行けないなんてことになったらお父さんも後悔してしまうのでは?
    若いトピ主さんとは違ってお父さんはこの先チャンスが再び巡ってくるのか心配なのではないでしょうか。
    トピ主さんの憤りもわかります。
    でもこういうのって温度差あります。
    うちの父が癌の手術をするときに、うちの母は私と兄には内緒にしてました(姉にだけ送り迎えして欲しいので言ってた)
    心配かけたくないとのことでしたが、心配くらいさせてくれよ…
    それに術中に死んだらびっくりするじゃない、と思いました。

    ユーザーID:9312209594

  • 狭くなんてないですよ。

    非難されて当然だと思います。
    止めても聞かないなら、お父さんが同じ状況の時
    同じ待遇でいいでしょう。
    娯楽旅行も控える必要もありません。
    身内であっても自分の痛みでなければ、鈍感な人は
    実際にいるようです。

    許すか許さないかは、結局はお母さんが決めるでしょう。
    私なら許せないと思います。見舞いに来ないでと言い
    それを機に別居してしまうかもしれません。

    どうぞお母さんを娘さんのあなたが支えてあげて下さい。
    お優しい娘さんがいて、あなたのお母さんはお幸せな方です。

    ユーザーID:5071700164

  • 夫婦仲が良好だからこそ・・・

    お父様は手術前のお母様の傍にいるのが耐えられないのではないでしょうか。

    私の祖母が癌で入院していました。
    しかし祖父は祖母の入院する病院に行こうとしませんでした。
    表向きの理由は「面倒くさい」とか「体調が悪い」とか「忙しい」とか・・・
    (娘が死の危険のある病気になった時は逆でした。)

    祖父母の死後、祖父の日記を見て本心を知りました。
    詳細は書きませんが、今は無理やり連れていこうとしたこと後悔しています。

    ユーザーID:9278903792

  • 行かせてあげるに一票

    状況は違いますが、私も体を動かせない時に主人を旅行に快く行かせた1人です。

    結果、行かせて良かったと思っています。

    主人も旅行に行けた事で満足して、後々とても優しく接してくれます。
    旅行も手術前だし、入院してから後の方が大変だと思うので
    気持ちよく行かせてあげてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:1569846367

  • 横だけど、その手術・・

    聞きかじりでごめんなさい。

    米国等乳ガン医療の先進国で初期乳がんでは、乳房温存法と切除法では治癒率に大差がないので、心身に負担のない温存が主流。
    ただ、日本では、技術のない医師は従来ながらの乳房切除法をやりたがる。

    お母様は、本当に切除しなければならないのでしょうか。
    良いお医者さんを探せば、乳房を残しておく可能性はあるのかなと思いました。

    それと、乳房の再建もできるそうです。
    確か80代の女性でも再建手術を受ける方がいると、読売のWEBのTVで見ました。

    余計な事を書いて、気を悪くされたらごめんなさい。

    それから、本題ですが。
    もしも、その状況で父が同じ事をしたなら、私なら父に宣言します。

    お父さんが老いて辛いことがあろうが何があろうが、決して助けない。
    これからは父とは思わない。死んでも葬儀も出さない。
    決して、許しません。どうぞいってらっしゃい。

    お母様が健康を回復され、主様ご家族のお心が晴れることを祈っています。

    ユーザーID:4600074142

  • 信じてみましょうよ

    旅行の時以外は優しくする

    お父様のこの言葉、信じてみませんか?
    信じるように、お母様を説得してみませんか?

    お父様には、これから看病生活が始まるのです。
    もし看病が長くなって辛くなったとき、「毎日が辛い、妻の病気のせいで
    自分は楽しみにしていたダイビングを諦めた。仕方ないとは思うが、辛い、
    辛い、辛い、この先自分だって老いて行くのに楽しみが一つもない」
    と、追い詰めてしまうかもしれません。

    それよりも、心良く旅行に出してあげれば感謝して、本当に「優しく」
    なるかもしれませんよ。この辺は、お父様の人間性によりますけれど。

    お父様が心置きなく旅行して、その間お母様が安心して過ごせるように、
    あなたとご兄弟でケアすることは出来ませんか?

    あなたやご兄弟だって、お母様の一大事とはいえ、現在の生活や仕事を
    犠牲にして、実家に看病に戻ることは、できないんですよね?
    これから先の闘病生活は、どうしたって、お父様が一番頑張ることに、
    なるんですよね?

    お父様が楽しみにしていた旅行くらい、お子さんたちが助けてあげても
    良いと思うのですが・・・

    ユーザーID:6358767009

  • 私も理解できません。

    お父さんの気持ちは、「妻の悲しみより自分の楽しみが大事」のようですね。
    お母さんが一番気遣って欲しいお父さんが、お母さんの気持ちを大切に考えてくれない。これはショックです。

    私も癌検査をする必要があると医者から言われた日、夫は内容を詳しく聞きもしないどころか、すっかり忘れて自分の夕食の心配をしていました。
    この日から夫への愛情は消え、寝室も別にしました。

    友人の一人が癌で入院した時に、ご主人がとても冷たかったので、友人皆で病院に行って看病しました。寂しそうでかわいそうでした。

    お父さんは自分の楽しみはお母さんが落ち着いてからにできないのですか?長年連れ添ってそんな仕打ちはひどいです。夫しても家族としても考えられません。

    ユーザーID:7846872953

  • お父様もお辛いと思います。

    お母様、ご心配ですね。
    女性にとって乳房の全摘出というのは本当に深い悲しみでいっぱいだと思います。
    らんぷの実母は子宮を全摘出しました。当時、らんぷは学生で母が泣いていた事を思い出しました。

    お母様と同じくお父様もお辛いのだと思います。長年連れ添ったご夫婦でいらっしゃるのだから、よけいに気持ちの整理も必要なのでは?
    前々から楽しみにされていたご旅行なら、気持ちの整理もつくと思います。

    自然に振る舞う優しさを優先されたのでは…。

    ユーザーID:1243467211

  • 考え方次第

    「もう会えないかも」って感じで、家族が集まって心配面してあつまり夫もずっと側についていたら、もう助からないんじゃ?って気分になってしまいます。切除したたら大丈夫って言っていたけど、手遅れなのかな...って不安になります。お父さんの暢気さは、私には救いになるんだけどな。

    ユーザーID:9417996992

  • お母さんと同じ立場だった者です

    手術前には帰ってくるんですよね?だったら、行かせてあげればどうでしょう?

    手術前は側にいても何もしてあげられないし、無理して止めても、本人が(行きたい)というのなら、行かせた方がいいと思います。旅行で楽しんできた分、帰ってきてからきっと優しく接してくれると思いますよ。

    人それぞれでしょうが、私はできるだけ家族に普通に暮らしてもらいました。自分のために(我慢している)と感じるのは嫌だったので。

    お母さんにはしょうこさんが側にいて、話をきいてあげてください。乳房を失う悲しみというのは、男性にはわからないです。

    私は抗がん剤治療もしたので思うのですが、手術前より術後、側にいて欲しいと思います。特に抗がん剤などのつらいときに、優しくしてもらうのはとても大事だと思います。

    お父さんには、その借りを作っておく、位の気持ちで気持ちよく送り出してあげて下さい。

    お母様、お大事に。

    ユーザーID:3458835615

  • 分かりますよ。

    うちの父もまさにそんな感じでした。母がガンで入院中も、ほとんど見舞いに行かず、旅行には行くし、手術当日も母に対してあり得ないことをしました。(ここには書けません)それと比べればきっとトピ主さまのお父上はまだマシなはず、、なんて思います。

    が、受け入れ難いですよね。病気が分かった時点でずっと一緒にいてほしいのがお母さんの本音でもあると思います。ただ、人の気持ち(意志、情熱)は変えがたいものがあります。お父様は、そのダイビング旅行が本当にしたくてしたくてしょうがなかったのでしょう。それをフイにさせてしまうことで、お母さんも結局心苦しい思いをされるのではないですか?幸いに、入院前日には帰宅するとのこと。入院〜退院後まで、精一杯お父さんにはお母さんの世話をやってもらいましょう!!「あのタイミングで遊んだんだから当然よね」っていう目で見ていて上げてください。

    そうそう、うちの母はその後亡くなりましたが、旅行を優先して葬式に現れなかった実姉がいますよ。こうなると「なんともはや・・・(絶句)」の世界ですね。

    ユーザーID:4860220413

  • 私の場合。

    私自身も、
    身勝手で自分本位な父に泣かされ寂しい思いをさせられた母親をみてきたせいか、
    老後の父親に優しくすることが出来ません。
    どうしても、親愛の情を感じることが出来ないのです。
    理屈でカタをつけようと思いましたが、
    「オヤジは冷たい」という認識がもう出来上がっているので、
    母親の為には出来るいろんなことが、
    父の為には出来ません。

    トピ主さんもきっと忘れることは出来ないですよ。
    こういう薄情な父だと。
    こういうのって将来、必ず思い出すものだから。
    しかもお父様自身が弱ってきたときに限って。。。
    だって家族の一大事なときに、
    あなたのお父様は妻や家族の絆を無視したのですから、、。

    ユーザーID:9970267431

  • 気持ちは分かるけれど

    私も癌患者を抱える家族です。
    家族が癌という病気にかかったとき、心配で心配で何も手につきませんでしたが、次第に少しずつ気持ちが落ち着き、まともな生活ができるようになりました。手術して戻ってくるまで心配ですよね?

    子供の立場からのあなたの気持ちとても分かるなあ。なんでこんなときにて思う以上に、その神経が分からないという気持ちですよね。
    でも、一方でお母さんは寂しいといいながらも、お父さんが楽しみにしてたんだからと許しているのですね?

    この旅行を今から計画するのではなく、前々から予定していてスケジュールをやりくりしてようやくかなったご旅行のことお母さんは分かっているんじゃないでしょうか。
    癌患者を抱える家族として思うのは、入院前の準備以外に家族としてできることは、不安・心配で一杯の患者さんを支えることだと思います。

    お父さんがキャンセルしてお母さんのそばで寄り添ってくれればどんなにいいだろうと思いますが、お母さんが許しているのであれば、それは夫婦のことなので放っておけばと思います。
    お父さんのことを非難するのはその後のお父さんの言動を見て判断されてはいかがでしょう?

    ユーザーID:9078453568

  • むずかしいですね。

    そのときになってみないと解りませんが。
    もしも私の場合で、念願の旅行に行くのがわが子だったら、本音には寂しさはあるにしても
    私は旅行を薦めると思います。子供が楽しみにしていた旅行なのですから、楽しかった、という顔を
    見て癒されるかも知れません。これは母が子に対しての愛情かも知れませんが。。。


    それに手術前日には帰るのですし。旅行に出る本人も100%楽しめてくることはないと思いますよ。
    心配しながらの旅にもなるのではないでしょうか・・・。


    お父さまが、お母さまの本音にきづかないフリをして行ってしまうという点が許せないのでしょうね?

    そこは自然のなりゆきに任せてはいかがでしょうか?
    お父さまは悔いを残すことになるかも知れませんし、悔いることによって、術後のお母さまに
    一層寄り添ってくださるようになるかも知れません。

    たとえ夫婦、親子であっても、
    自分の病気によって自分以外の人の行動を規制することはできないのではないでしょうか。
    私はそう思っていますが・・・。

    ユーザーID:7149539853

  • 憤りは当然

    大切な妻が病床にあるのに、自分だけ遊びに行くとは
    あきれた人で、許せない気持ちになって当然です。
    第一そんな状況でも旅行を楽しめるというのが
    お父様の神経を疑います。普通は楽しめないでしょう。

    お母様の病状や気持ちを深刻に受け止めておられないか、
    もしくは逃避なのではと思います。

    ユーザーID:1172634960

  • 子供の立場から見れば許し難い。でも…

    私がお母さんの立場だったら、やっぱりOKすると思います。

    もちろん寂しくて不安で、そばに居て欲しいと思うけど、自分の病気で夫にしばらくは不自由な思いや我慢をさせるだろうから、「行っておいで」って言います。多分。
    本当は「行っておいで」って言っても、「何言ってるんだ、ダイビングなんておまえに比べたらどうでもいい」って言う夫であってほしいけど…。

    自分の病状によっては、今後長い間旅行を我慢させないといけない、と思うとそれはそれで申し訳なく、看病してもらっていても心苦しいんじゃないかなぁ。
    ダイビングだから、数年後になるとお父さん自身が体力的に行けなくなるかもしれないし。
    旅行に行けなかったという不満を持ちながら看病してもらうより、やることやって、「旅行に行かせてくれてありがとう」と思われながら看病してもらったほうがお母さんにとっても気持ちがラクだし、結果的にはいいんじゃないかな。
    旅行のとき以外は優しくする、というお父さんの言葉は本当だと思いますよ。
    夫婦二人で話し合って、行ってもいい、という話になったのなら、それは子供の立場としては見守るしかないのではないでしょうか。

    ユーザーID:4849186630

  • 私なら行かせてあげます

    退院後は、気分転換に遊びに出かけるなんてできません。
    癌との本当の戦いは手術のあとです。
    前日にはちゃんと帰ってくるのだし、体調が急に悪くないかぎりは病院できちんと看てくれます。
    お父様にとっては、もしかしたらダイビングの機会は最後かもしれません。気持ちに区切りをつけるためにも行きたいのでは?
    それに、お母さんのことは大丈夫と思いたいからこその行動のように思えます。

    ユーザーID:5884655378

  • 父親の涙

    ・・・を、トピ主さんは見たことありますか?

    お父様の気持ちはお父様にしか分からないのですが、
    告知は今週との事。
    長年パートーナーとして連れ添ってきた相手の病気は
    にわかには受け入れがたく、お父様はまだ心の整理がついていないのでは。
    そんな姿を、お父様の代の男性は家族に見せる事が出来ないのかもしれません。
    お父様は、ダイビング先に、今、そしてこれから流すべき涙を置いて帰ってくるのかも。


    父たるもの配偶者の逆境を即座に受けとめ、一番辛いはずの病人には付き添うべきなのでしょう。
    勿論、同じく動揺しているはずの子供達にまかせきりになどせずに。
    でも、人間そんなに強くない。
    そしてトピ主さんは家に戻れば労わってくれる自分の家族がいますが、お父様は今後、お父様自身を慰めてくれる方はいない。
    お母様を心配させないために、無理に明るく振舞うシーンも出てくるでしょう。

    軽蔑する前に、すこーしだけ、お父様の弱さに思いを馳せて差し上げても、バチは当たらないと思います。

    ユーザーID:1453258090

  • うーん・・・・・・・・

    お父様に「じゃあ、お父さんが癌だってわかって、手術するときには前日までお母さんと私で旅行に行っても、全然何にも感じないということなの?」
    と聞いてみてはいかがでしょうか。
    病気は、その人の気持ちにならねば解らないもの。
    それでも、「いってくればいい」と言うならば諦めるしかないと思います…。そういう人なのだと、悲しみながら。

    お父様は、何か勘違いしているような気がします。
    「心配はしてるが行きたい。本人も大丈夫と言ってる。旅行の時以外は優しくする」
    なんて、優しさは義務ではなくて、自分の中から沸いて出るものです。
    心配もそう。
    優しくする、なんて少し違うような気がしませんか?
    だって、心配だったら行かないでしょう?
    優しい気持ちがあるのならば、相手を思いやって元気付けたりするのでは?

    ダイビングから帰ってきて、旅行の話をニコニコしながらしたいのならば、
    やはり旅行自体を楽しむためにも日程をずらしたほうが良いのではないかと思いますが…。

    ユーザーID:7343639163

  • 心が狭い

    >しかし母を一番支えてほしい父が、手術直前に念願のダイビング旅行に出かけるというのです。
    >帰ってくるのは入院前日。

    入院中というのであれば、問題視されて当然ですが、入院前日にちゃんと帰ってくるのですね。いいじゃないですか。

    もしかして、旅行というのが問題ですか。
    それとも、一切娯楽は禁止すべきとお考えですか。
    いつからいつまでを外せばいいでしょうか(何日前に帰ればいいの)。

    あまり、夫婦間の問題に深くかかわるのはどうかなと思います。

    逆に、あなたにその時期に旅行の予定があったとしましょう。休暇はそこしか取れない、同行人との調整も変更は困難だ、支払った費用は100%戻ってこないとしたら、やめますか。

    ユーザーID:2197042024

  • 心は狭くありませんが・・・

    お父様を旅行に行かせてあげて欲しいと思います。

    貴女がお母様を思いやるお気持ちは当然だと思います。
    独立して普段は離れて暮らしていらっしゃる。余計にお母様へのお気持ちは募ると思います。また、同じ女性として、乳房を失うせつなさや癌という病気への恐怖を感じておられるであろうお母様の心情を思えば、お父様には側にいて支えてやって欲しいという、貴女のお気持ちは良く分かります。

    私の父も癌でした。
    病気は何でもそうだと思いますが、一番辛いのはやはり患者本人、患者を思いやるのが何より大切です。ただ、看病する人、そばでその様子を見ている人もとても辛いものです。
    父の闘病中は母が側におりました。母は旅行には行きませんでしたが、時には友達や妹達の家に出かけて、お茶を飲んだり話をして胸の内をこぼしたりしていたようです。私もできるだけ母に息抜きをして欲しいと思いました。
    旅行は以前からの計画でタイミングが悪くなってしまっただけなのではないですか。お父様もこれからのことを考えると不安なのではないでしょうか。

    ユーザーID:6908007762

  • 夫婦間で話し合えば

    お母様、今はさぞかし不安な毎日をお過ごしかと思います。
    女性にとって癌による乳房摘出ということは、
    想像以上に辛いことだと思います。
    命に別状がない開腹手術であっても、
    術前はそれはそれは不安で怖いものです。
    なおさら摘出とあれば、相当なものだと思います。

    お母様がお父様に正直に、「術前は不安だから旅行に行かないで欲しい」と訴えれば良かったのだと思います。
    今からでもご本人のお母様からお父様に、行かないで欲しいとお願いすればよいのではないでしょうか。
    本人から頼まれて断るようなら、それだけ思いやりのない父親なのでは。

    ユーザーID:8646170920

  • 離婚されても文句言えない

    と思います。
    例えMIIさんの言うような理由だったとして、お母様は寂しいというのをわかっていながらのその行動は酷いと思います。

    どっちを気遣うか、この場合はお母さんでしょう。

    ユーザーID:9020982567

  • トピ主さんのお父様は楽天家ですね

    私は、トピ主さんのお父様に旅行に行ってもらえば良いと思います。

    >私達兄弟は相談し、母が望む日時に帰省することを決めました。

    トピ主さんとお兄様がお母様のそばに付いているのですから心配ないでしょう。

    >「心配はしてるが行きたい。本人も大丈夫と言ってる。旅行の時以外は優しくする」と。どう止めても行く気です。

    お父様は、旅行に行けなかったら、後でお母様に冷たい態度を取るかもしれませんよ。

    私は20年前に生きるか死ぬかの大手術をしました。
    手術の当日は父と母二人で北海道旅行に行く予定でしたが、私の付添のために取りやめました。

    私は、一人でも大丈夫だから旅行に行きなさいよ、と母に言いました。
    でも、母は世間体を気にして旅行を中止しました。

    それから20年間の間、母に何度も言われました。
    「あの時は北海道旅行に行きたかった」
    「お前のせいで楽しみにしていた旅行に行けなかったのだから恩返しをしろ」


    トピ主さんのお父様はたぶん楽天家なのでしょうね。

    ユーザーID:1423008361

  • 二度目の投稿です。

    >しかし母を一番支えてほしい父が、手術直前に念願のダイビング旅行に出かけるというのです。帰ってくるのは入院前日。

    入院前日には帰って来るのですからまだ良いと思いますが・・・

    仲の良いお母様が大変な病気にならなれて心配なのは分かります。
    トピ主さんは優しい娘さんですね。
    お父様もトピ主さんがいらっしゃるから安心なのかもしれませんね。

    お父様もお母様のことは心配でしょうが、
    念願の旅行なのでどうしても行きたいのでしょう。
    これを逃したらもう行く機会がないのかもしれませんね。

    ユーザーID:1423008361

  • 手術後からが本番です

    お母様の悲しみや寂しさは理解できます。
    でも、お父様の心情も理解できるような気がします。
    乳がんは、手術をしてそれで終了ではないので。

    手術自体が大事というよりも、手術からが始まりです。
    胸を失ったお母様の悲しみを支え、手術後の抗がん剤や放射線治療などの
    療養生活を支えるため、お父様の役割が大事になります。
    乳がんは転移との戦いになります。
    手術がすべてではないのです。
    お子さん方が独立されているのでしたら、手術直後はそばにいることができても、いずれは自分の生活に戻られるのですよね?
    お父様は、手術後からずっと、お母様を支えていかなければなりません。

    楽しみにされていた旅行ということですので、お父様を行かせてあげてほしいです。
    手術までは他のご家族でお母様をサポートなさってください。

    ユーザーID:6998016813

  • 男って。。。

    男ってそうなんです。

    本当に辛い時って逃げの体制になるんですよ。
    私の夫もそうだったし、私のまわりの夫陣は皆そんなみたいですよ。

    一番大変な時に人に丸投げして自分だけ逃げるなんてズルイですよね。

    それくらいヘタレで恐いんだって事で許してあげて下さいな。

    ユーザーID:5926032545

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧