ボランティアにて…。困ってます。

レス14
お気に入り24
トピ主のみ2

いちご

ひと

あるボランティアをしています。
やっていることは楽しくて、興味もあるのですがメンバーによって
興味の度合いが違って困っています。
Aさんは、最近とても熱心に活動をしています。
でも、そうでもないメンバーもおり、その温度差の間に挟まれどうしていいかわかりません。
私は仕事をしていて(毎日ではありません)最近忙しくなったこともあり、あまり活動にはかかわれません。
Aさんは、活動内容をよりよくしよう、という思いがあり、それがあふれ出ているといった感じです。
ただ、そのためには仕事が増え、一人一人の割り振りが増えてきます。
他のメンバーは、そこまで熱心には活動できない、と私にこぼしてきます。
Aさんは、よりよい活動にするための案件をメールで熱心に私に送ってきます。
メールの内容はもっともなことだし、そうすることによってよりよい活動になるのはわかるのですが、
現状として、皆そこまでかかわれないといったところです。
メールの返信も億劫になってきました。間に挟まれるのも疲れてきました。
結局は温度差なんですよね。どうしたものかと悩んでます。

ユーザーID:9068856353

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうしたものかって・・・

    そりゃ、きちんと正直に自分の思うところを話す場を作るしかないでしょう。
    結局その頑張り屋さん一人では何も出来ないでしょうから、まずは多くの人が共有できるレベルの活動が出来るように、「ここまでやりましょう」ってのを出来るだけ共有した方がいいに決まってます。

    皆にどこまでやる気があるのか、そこんところを率直に話し合う機会を設けた方がいいように思いますね。

    そうすれば間に挟まれることもないし、皆のやる気が違って組織がギクシャクすることも少なくなる。
    やる気が少ないなら少ないなりに、きちんと言える場を作ることが大切かと思います。

    ユーザーID:3541962207

  • 私なら、問題をテーブルの上に乗せるようにすると思います

    トピ主さん、大変ですよね。でも、非公式な話し合いが続いても不毛です。間に挟まれることを降りませんか。私なら、Aさんに提案してみます。

    「いつも良いご提案をありがとうございます。どこまで皆が関われて、取り組みが可能なのか、具体的に詰めることが必要だと思います。自分自身、多忙でなかなか関われない状況ですが、できる範囲での協力なら可能だと思います。また、無理をしては続かない気持ちもしています。他の皆さんがどんな状況なのかも、はっきりはわかりません。Aさんと私だけの間で話し合っても限界があると思うので、皆で話し合ってみませんか」

    トピ主さんが間に挟まってしんどい思いをするのは違うと思います。また、Aさんの情熱をひとりで受けとめるのも限界がありますよね。

    調整役を降りて、問題をテーブルの上に乗せてしまって、どこまでできるものなのか、何をあきらめないといけないのか、具体的に調整することが良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:3632747992

  • 温度差のあることを分かってもらう

    ボランティアはあくまでも自発的でなければなりません。あまりに突っ走る人が居て、あれこれ指図が多いとボランティアそのものが嫌になりかねません。もちろん熱い気持ちは尊敬に値するものだと思いますし、理想だと思いますが「 自分のできる範囲でやる 」 のが大前提でしょう。

    一番その人に近い立場の方から、少し言ってもらうのが最善かと思います。「みんなそこまで熱心になれるほど、時間も気持ちもゆとりがない。少しずつ全員で前進するように足並みを揃えよう」と。

    ユーザーID:5671655575

  • ありがとうございます

    レスをありがとうございます。
    もやもやしていたものが整理されてきたような気がします。
    最近全体での会議を行ってないこと。
    Aさんの意見が直接私にメールで送られてくること。
    ボランティアは、自発的でなければいけないのに、会を良くするとの名目
    と共にAさんからの指示で動いているような感じになっていること。
    いつも「あの案件はだれそれにお願いしよう」という感じで、
    皆がそれを受ける感じになって、すべてが受身になっていること。
    エトセトラ。
    やはり、ボランティアは自発的なものではないとだめですよね。
    Aさんは古株のうちの一人で、年齢も上なのでついついこちらの意見を
    引っ込めがちでした。やはり一度、皆で会議をしたほうがいいですね。
    ただ、皆それぞれ忙しくてなかなか全員が集まれないのが実情です。
    半分くらいかな。また、どうしても、年配のAさんの独壇場になってしまうのも確かです。
    ○○さん、してね、と言われるとなんとなく断れないみたいです。
    コレが仕事であれば、割り振りの上手なとてもいい上司なんですけれど…。
    引き続き、ご意見お願いします。

    ユーザーID:9068856353

  • いますよね〜そういう人。私はブチ切れちゃいました。

    数年前学生だったころ友人とあるボランティアをしていました。
    その先輩は社会人で非常に熱心な人でした。
    ただ、突っ走る傾向があり浮いていました。

    昔からいるボランティアたちは彼の性質をよく知っている為か距離を置いている人が多く、うぶな私達を自分の味方に付けたかったようで、最初は仲良くして頂きました。

    ところが段々要求が増え、私と友人も学業で忙しくなりそれに応じる事が出来なくなりました。彼の奇異な行動にも気付き距離を取り始めました。

    するとある時、別の団体の活動(車で2時間の距離)に我々の団体も参加しようと会議で言いだし、「遠いし、それは無理です。」と皆がいうと彼は逆切れ。私たちにまで裏切られた(彼はそう思っていたのでしょう)ので名指しし、「君たちはもっと出来るはずだ。なんでもっと本腰を入れて活動しない!?」とワーワー言い出すので「ハア?無理ですよ!ここの地区の事で精一杯です!!」と私もぶちぎれてしまいました。年配のボランティアの方が「自分たちの出来る範囲で活動はするべきだと」彼に言ってくれました。その後彼は大人しくなりました。

    頼りになる先輩はいませんか?

    ユーザーID:6928623524

  • トピ主です

    午前中、Aさんにお会いしてきました。
    私なりに、全体会議を開いたほうが言いと思うこと。
    できるだけみんなが自発的にやったほうがいいのではないか?
    などお話してきました。
    でも、うまく伝わらなかったような気がします。
    結局思い入れの違いなんだな、と思ってしまいました。
    私は、普段の生活があって、その余力をボランティアにまわすという
    考えです。皆の余力がなければ、活動を自粛すればいい、もし、それで活動がうまくいかなくなるというのであればその時にどうすればいいのか考えればいい、そう思ってました。でもAさんは、もっと上を目指しています。
    今までのいいやり方があるのだから、それを守って行くべき、更にこれからの人にも伝えるべき。活動も大きくしよう、という感じです。
    とりあえず、来月強引に全体会議を開いちゃおうかな?と思っています。
    やはりボランティアは皆の意見が大事ですよね。
    でも、Aさんに意見できる人、なかなかいないんです。
    古株だけど若輩だったり、年配だけど新入会だったり…。
    はぁ。がんばろ…。

    ユーザーID:9068856353

  • 上部団体に振る

    ボランティア活動を行うに際して、例えば社会福祉協議会とか、自治体とかNPOとか、その活動を取り仕切っている団体はありませんか? その中に、トピ主様が相談しやすく、Aさんにもきちんと話をしてくれそうな方を見つけてご相談されてみてはいかがでしょうか。Aさんは年上、古株ということですから、全体で会議するよりも「上」からさりげなく言ってもらうとか、仕事の割り振りの仕方を変えるとかの方が、「独壇場」を避ける意味でもスムーズなのではないでしょうか。
    せっかく善意で集まっている皆さん、またうまく回っていくといいですね。

    ユーザーID:5618099080

  • Aさんはボランティアに酔ってるだけ!

    ボランティア経験者です。
    青年団体のボランティアグループで地域で色々な活動(ゴミ拾い、障害者との交流、老人ホーム訪問、市のイベントのお手伝い等)をやってきました。
    私達のグループにもAさんのような人が居ました。いわゆる熱血タイプですね。当時、ボランティアの強制をされました。とても苦痛でした。
    私もまだ若かったので一生懸命に付いて行きましたよ。
    でも!でもね!
    何年も活動をやってきて分かったのです。ボランティアは強制ではないのです。自分の出きる範囲でやるべきなんです。自分の生活を犠牲にしてまで行う事では決してないのです。
    トピ主さん!ハッキリご自分の意思をAさんに伝えて下さい!
    そして・・・絶対に無理はしないで下さいね。

    ユーザーID:8603709189

  • 全体会合は必要です

    私もあるボランティアに参加しています。
    そこでは月に3回、会合があります。
    1回は運営について。責任者が殆ど出席します。
    1回は<お茶飲み会>のようなもので、親睦を図るため。
    1回は相談会のような感じです。

    どれも参加義務はありませんが、運営についての会合が定期的にもたれると、
    暴走する人が出にくいようです。
    また、他の2回の会合の中で、暴走傾向にある人の情報も中心にいる人に
    入りやすくなるので、大きな不満に発展する前に対策がたてられます。

    「出来る範囲で、負担になりすぎないように」が基本だと思っているので、
    いろんな人に長く参加していただくために、定例会議は必要だと思います。

    個人的には、
    自分の考えや意見をきちんと伝えられない人がボランティアに参加する方が危険だと思います。
    いえないままに不満がたまっていくと、ある日突然こなくなってしまうことがあるので。。。
    活動したいAさんよりもそういう人の方が全体にとっては迷惑な存在になるかも。
    でも、全体会合で活動内容を逐一決めるとなると・・・Aさんそのうちやめちゃうかもしれませんね。

    ユーザーID:8463037927

  • ボランティアなのですから・・・

     私もそういう経験があります。 一人の熱心な人がどんどん企画を立てたり、一人では出来ないことなのに相談もなしに大きなイベントを引き受けたりして来ました。 

     ボランティアですからまわりももちろん出来る範囲でお手伝いしましたが、人に多くの負担をかけたことは事実です。 

     また、最近も似たような走る人が出てきて困ったものだと思っています。 

     人のために何か役立つ事が出来るなんて幸せだと思います。 でも自分と言う軸はしっかり持ち、自分の出来る範囲で参加する事が長続きのコツだと思います。

    ユーザーID:4247102016

  • 体制作りをしてみるとか

    私も今、ボランティア活動をしています。メンバー30人くらいです。私たちのケースを参考までにご紹介しますね。

    私たちはネットに掲示板を設けていて、そこで意見交換や議題設定などを行います。1人1人に電話やメールしていたら大変ですし、ネット上だと言いたいことを整理して、はっきり言葉にして話し合えるので良いですよ。

    あと決定権のあるリーダーを決めていて、今4人います。1人だと意見が偏ったり、1人で背負い込んだりしていたので、複数でうまくいってます。

    リーダーは投票で決めるのですが、大抵人柄で選ばれるようです。彼らに高圧的な態度はなく、皆の意見をよく聞き、風通しの良い環境を作ってくれてるので皆納得してます。50代の方でも、30代のリーダーの指示の下で動いたりしますよ。

    上は一例ですが、Aさんだけが突っ走らない体制を作ってみてはいかがでしょうか。

    だけどまずはAさんも含め皆で正直に話し合った方が良いと思います。そこから摩擦が生まれる、なんて恐れていては始まりません。だってAさんのためのボランティアではないのですから。同じボランティアとして、トピ主さんを応援しています。

    ユーザーID:9428690236

  • 正論では無理でしょう

    そのAさんって、お仕事もされていなく他に趣味もあまり無いような方なのでしょうか?
    そうであれば、その活動はAさんにとっては大切な居場所でありライフワークなのでしょう。

    だからといって、Aさんを立て言いなりになれ、という訳ではなくAさんの状況を認めてあげて、その上で対策を考えるのは如何でしょうか。
    「他に仕事もあるのだから」「忙しい人もいる」「余力でしましょう」といった正論は、ますます逆切れしたAさんが頑なになるような気がします。

    「正論をかざすな」ではなくて、「結果的に正論が通る状態にする」というのは如何でしょうか?
    まずは、Aさんの言うことを聞いてあげてAさんの置かれている状況を把握する。
    そうすれば、おのずと「Aさんに言って良いこと、いけないこと」が見えているのでは?

    勿論、「そこまで気を遣う必要はない」というのも尤もですが、
    年配で頭の固くなった方って、自分の存在を否定されることを何よりも恐れ必死に居場所を守ろうとすることありますよね。
    人によるし年齢は関係ないかもしれませんが、Aさんを上手に操縦出来るようになればいいな、と思います。

    ユーザーID:3546611832

  • がんばりましょうよ。

    私もボランティアを去年から始めたのですが、確かに温度差はありますよね。

    ボランティアである以上は、聞くべきところは聞くことが重要だとは思いますが、それができていれば、後は対等に意見を交わすべきだと思いますよ。

    大変だとは思うのですが、きちんと本音を言って、できるところとできないところのすり合わせをしたらいかがですか?
    会社でもどこの組織でもそう思うのですが、いろんな意見があっていい活動ができるのだと思いますよ。(ええ、最初は、Aさんとトピ主さんのバトルで誰も付いて来なくても、その内トピ主さんの態度を見て賛同してくれる方は必ずいらっしゃいますよ。)

    言いづらいのはわかるのですが、きっとこれもいい人生勉強だと思って、ふぁいと!!(ボランティアの相手もそれの方が喜んでますよ、きっと)

    ユーザーID:7215779898

  • 確かに温度差は存在しますね

    ある組織でボランティアを始めて1年です。ボランティアのスタッフは週一回半日程度の奉仕です。その中で20代前半の女性が勉強中ということで週2回全日(9〜5時)迄来ます。その仕事の勉強中には少し期間も長い様な気がします。奉仕ですから勿論交通費・服装も自己負担です。その若さで仕事をしないで奉仕?ちょっと疑問です。そのうち本職のスタッフがどんどん辞めてゆきました。その女性は色々工夫をして色々な形で貢献してます。彼女の作品はどんどん増えてます。

    でもそこに就職でもなく奉仕の立場です。私もボランティアとして3番目に古くなりました。それ程人の入れ替わりの激しい職場?です。記念イベントが良くあり写真を見せてもらうと彼女がいつも頑張る姿が有ります。でもそれってどうなんだろう?彼女が勉強の為に始めたボランティア経験にしてはちょっとやり過ぎでな無いのか?と考えます。彼女の日と私の日は違うので直接会う機会は有りません。ボランティアが本職の人の仕事を凌ぐほど頑張るのは何故なのか?国家試験待ちという話も耳にしませんが。一度彼女に聞いて見たいと思ってます。

    ユーザーID:1453243734

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧