世界フィギュアで中野選手の点数がのびないのは何故?

レス155
お気に入り241
トピ主のみ1

あやや

学ぶ

浅田真央選手の転倒、でも金メダル、安藤選手の涙の途中棄権、と色々盛り上がった世界フィギュアスケート。でも一つ納得のいかないことがあります。

それはノーミス、トリプルアクセルを成功させたのに、得点が伸びずに4位だった中野選手です!ずっとスケートを見ていますが、いつも中野選手の得点がのびない気がします。(特にファンという訳でもないのですが)。素人なのでその差が分かりません。どなたか分かりやすく教えてください…。

ユーザーID:6507783453

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数155

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私もそう思っていました

    いつもいまいちな結果で終わりますよね。

    今回も素敵な演技をしていたけれども、「きっとまた意外と点数低いね…ってなるんじゃないの?」と話していたら、案の定。

    私も素人なので、理由がわかりません。
    このトピ興味あります。

    ユーザーID:6865025788

  • 私も気になる

    お答え出来なくてすみませんが、私も気になっている者の一人です。ホント、何故なんでしょうかね?
    これは素人の勝手な主観ですけど、中野選手の滑る姿は、真央ちゃんやミキティーに比べて何となく華が無いような気もします。

    ユーザーID:7266096427

  • たぶんですが。。

    フィギュア大好き人間です^^ 中野さんはいつもミスのない素晴らしい演技をして、安定していますよね、成績も。今回の点数はトリプルアクセルとして成功したかのようでいて、スローでジャッジが確認したところ3回転半には足りておらず、ダブルアクセルという判定になったそうです。あと、彼女のくせでジャンプのときの「巻き足」がたまに減点になっていたりするとか。そしてドーナツスピンは素晴らしいですが、彼女は真央ちゃんができる高得点のビールマンスピン(足を後頭部の後ろまで高くもちあげて回るスピン)ができないことなどでしょうか?トリノのときの村主さん同様、ミスない演技をしても、高得点の技がたくさん組み込まれているかどうかで点数は変わってくるようです。ジャンプはループやサルコージャンプよりもルッツやフリップが難易度が高く高得点だって聞いたことあります。

    ユーザーID:7342406097

  • 同じことを思っていました。

    技術がすばらしくても表現力が足りない気がしませんか?
    顔はいつも笑顔だけど、やはり全体的に表現力が足りない気がします。

    ユーザーID:5922864680

  • 私もそう思っていました

    フィギュア大好きで伊藤みどりさんの頃からずっと見ていますが、細かいところまで見る力量はありません。ノーミスで、印象としては素敵な演技だったなー、と感じる時でも中野選手の得点は伸びない気がします。

    どなたか分かる方に理由を教えて欲しいです。

    ユーザーID:7991875716

  • 同じ思いです

    よくぞトピをたててくださいました!

    私は以前から中野選手ファンで、これまでも同じ疑問を持っていました。
    のびのびした演技、余裕にあふれる表情、安心して見ていられる技術。
    どれをとっても明らかなミス以外は素敵なのになかなか上位入賞の少ない選手。

    今回も浅田選手に決して引けをとっていないのに、え〜っという感じでした。

    便乗させてください。専門的な回答を私も知りたいです。

    ユーザーID:9708908420

  • 全くの素人意見ですが・・・

    すいません、私も素人なのですが…。

    みた感じでは、ミスがないのはいいと思うのですが、中野選手は、滑りが、バレエよりはラジオ体操などを思い出してしまいます。
    なんかこうポーズ1・ポーズ2・ポーズ3で、流れていないような。
    後はジャンプが低い印象です。

    全くの素人意見で、生意気を申し上げてすみません。

    ユーザーID:1628887672

  • 残念でしたよね

    3位以内には入れそうに思ったんですけどね。
    フリーの演技は大きなミスではありませんでしたが、トリプルアクセルはダブルの判定です。
    それと、演技の基礎点の合計が上位3人に比べて低いです。
    国際スケート連盟のHPに各選手の成績(基礎点、レベル、加点・減点)が出ているので単純に数字を見るだけでもわかると思います。

    放送は民放地上波で見られていましたか?
    あれを見ると全部成功していたかのように聞こえますよね。
    スポーツ専門チャンネルの方の解説では3アクセルの着氷時点で回転が足りていないかもと言ってました。

    でも今回の世界選手権ではとても素晴らしい演技でトリを飾る選手として本当に良かった思いました。
    中野選手本人も充実した表情でしたよね。
    満足して終われたシーズンのようで良かったなと思いました。

    ユーザーID:0031205574

  • ジャンプの高さ

    それと、スピードが全く違うそうです。
    テレビではよくわかりませんが、実際見ると雲泥の差だそうです。
    フィギュアに詳しい人が言ってました。

    ユーザーID:2501395743

  • 私も素人ですが

    高難度の技が少ないからじゃないですか?

    体操でも、C難度の技を完璧にするより、多少失敗してもE難度、F難度の技を沢山入れた方が高得点が出る。
    それと同じだと思っていますが。

    ユーザーID:1779248683

  • その道のプロ曰く

    フィギュアの先生をやっていた友人が話していました。
    なんでも、エッジング?だかなんだかの細かいところの技術が、
    中野さんはうまくないとか・・・
    ジャンプについても、あまり点が稼げないジャンプをしているらしいです。

    中野さんの演技、素人目から見たら一見完璧な演技ですけど、
    プロの目から見るとやはり違うのですね。
    でも、これからもっともっと成長していくのでしょうね!
    真央ちゃんも中野さんもミキティも頑張れ!

    ユーザーID:9565176802

  • 3Aと3Fは、GOEがマイナス評価・ダウングレードでした

    以前から、中野選手の点が出にくい原因については、
    ネームバリュー、クロスレッグ等々憶測が飛んでいますが、
    私も、ファンの1人として、ずっと疑問・・・いや憤りを感じています。

    今回の世界選手権のフリーで、思ったより技術点が出なかったのは、
    3Aと3Fが、GOEでマイナス評価をつけられていた上、ダウングレードしているからです
    ( ISU 世界選手権の公式サイトで、詳細なスコアは見る事が出来ます )。
    もしかしたら、3A・3F共に、回転が足らなかったか、両足着氷だったのかもしれません。
    また中野選手のように、ジャンプ時に足が4の字に交差するクロスレッグを
    嫌うジャッジも多いとも、言われています。

    フィギュアスケートは、対評価から絶対評価の採点法に変わりましたが、
    ジャッジによる「GOE」が、なかなか侮れないんですよね〜
    同程度の演技内容でも、「GOE」によって笑う選手と泣く選手に別れるのが
    顕著な場合があり、表彰台にも影響しているので
    その辺の解消と透明性が、これからの課題だと思います。

    ユーザーID:8565372012

  • 私も思いました

    私もど素人なので、専門的なことは全然わからないのですが・・・。
    中野選手は、ジャンプの時の足が巻き足(片方の膝が曲がって数字の4みたいになってる)のと、着地のときにお尻が突き出て、姿勢が斜めっぽくなっていて、転ぶのをやっとこらえて着地しているように見えるから点が伸びないのかな??と思いました。
    やっぱり、形のきれいさは点に響くんじゃないかと・・・。

    真央ちゃんのジャンプと、着地の姿勢はずば抜けてキレイだと思います。
    軽々と飛んでふわっと着地・・のような。

    本当のところはどうなんでしょうね?
    中野選手のトリプルアクセルとドーナツスピンはすごいと思うんですが。

    ユーザーID:4854330091

  • ど素人ですが

    採点表を見るとなんとなく素人でもわかってきますよ。

    まず、今回のトリプルアクセルは回転数が足りないのでダブルアクセル判定だったと思います。2アクセルの基礎点は3.5。3アクセルの基礎点は確か7.5です。(多分)これに加えて簡単に言うと印象点ですか、精度とか美しさの加減点が付きます。今回は−1.26されてますので、計2.24点となってます。

    例えば浅田選手が3アクセルをクリーンに成功させた場合、基礎点に加えて加点が+2だったりすると、たった1つの、素人目には同じじゃ?ってジャンプで中野選手と7.26点の差がつくのです。デカイですね。

    他にも中野選手のクセであるジャンプの時の「巻き足」のせいでマイナスが多いと言われていますね。
    あとは上位ランクの選手は必ず入れてくる3回転のコンビが飛べないのも点がのびない原因となっていると思います。

    私はミスの少ない彼女の演技は大好きなんですが。ハラハラしないで楽しく見ていられるし。。。

    印象だけで点数が決められてきたスポーツはビデオ判定などが加わり採点方式がものすごく変わって来ましたね。

    ユーザーID:4251476112

  • 私も

    思ってました!!
    中野選手、見ていて吸い込まれる演技ですし、とても上手だと思います。
    やっぱりプロの目と素人では見るところが違うのですかね。

    中野選手、ジャンプの時に足が4の字の様になりますよね。
    あれがちょっとひっかかるのか?なんて聞いたことがあるような
    ないような・・・

    ユーザーID:3463118287

  • 芸術とスポーツの違い

    バレエや音楽などの芸術なら、高く飛んだりたくさんまわるだけで、見た目に美しくなるので評価が上がります。
    フィギュアスケートはスポーツなので、難しい技をすれば(たとえ見た目が悪くても)点が高くなります。逆に簡単な技であれば、見た目に派手でも点は低いのです。そうでなければ、スポーツではなくただの芸術になってしまいます。

    たとえばスピンの最中に、重心を踵からつま先に移動する。美しさは変わりませんが、難しいことをしているから点は高くなります。
    真央ちゃんの片手ビールマンスピンも、「両手より片手が美しい」わけじゃないけど、難しいことをすればするほど点が高くなるのです。難しいことをしてこそ、スポーツなのです。

    もし納得がいかないようでしたら、スピードスケートの急カーブや陸上のハードルを考えてください。カーブやハードルなんて設けずに直線で走るほうが美しいのに、わざわざ難しいことをさせる。サッカーで、わざわざ手を使わないという無意味な制約をつける。それと同じくスポーツだからです。

    中野選手は簡単な技で地道に点を稼ぐ派なのでしょう。

    ユーザーID:3632047911

  • 野暮ったさ・・・でしょうか・・

    私も素人なので技術的なことは解からないのですが・・・。
    でもなんとなくいつも感じているのが、彼女はどうも「野暮ったい」のです。衣装も化粧も表現力も・・・。
    中国雑技団のお姉さんみたい・・とは姪っ子の発言。納得。

    確かにミスはしなくてもジャンプにも優雅さが物足りないですし、なんと言
    っていいのか・・・キメ細やかさや優雅さにはちょっと遠いなと感じています。地味・・なんですよね。
    世界のトップがひしめき合う場では、ジャンプやスピンの技術のみならず、指先までの表現力や全体からかもし出す雰囲気も無視できないと思います。
    彼女って昔の伊東みどりのような演技力だと思います。
    力はあるんだけど優雅さには程遠いし、なんと言ってもしなやかさは無い!
    惜しいですよね、いい選手ではあるんですから・・・。

    ユーザーID:5913935914

  • えっと

    簡単に言えば、難易度の違いですね。
    いくらノーミスでも、難易度の低いものばかりだと点数が伸びない。
    ジャンプだけではなく、スピンやステップもありますからね。
    採点法が変わった今の方が分かりやすくなった気がしますが。

    ユーザーID:6334656671

  • 採点法と要素の精度によるのかもしれません。

    トータルエレメンツスコアでジャンプやスピンなど、全ての技術要素をひとつひとつ点をつけて総計した場合、難易度によって基礎点があって、さらにできぐあいで演技点が加点・減点されるけれど、その加点・減点で浅田選手との差が大きく出てくるのだと思います。
    プログラムコンポーネンツスコアでもスケーティング技術はあっても、
    各要素のつなぎ方、振り付け・構成、音楽表現で、また差が出ているように思います。
    ジャンプは、種類がいろいろでたとえばすべて3回転したとすると得点は
    トウループで4.0、サルコウで4.5、ループで5.0、フリップで5.5、ルッツで6.0、アクセルで7.5、と聞いたことがあります。
    だからトリプルアクセルは大技でそれではいい得点もらっているはずだけど
    ジャンプというのもを失敗していなくてもエッジの使い方が正しくないとか、回転不足で、見た目に成功しているように見えても減点されていたりすることも多いそうなのでそうしたところから差が出てくるのかなと思います。

    ユーザーID:4237663381

  • やっぱり技術の完成度?

    プリンさんも指摘されていますが、それぞれの技の点数をみると、細かいマイナスが見られます(トリプルアクセルは回転不足でダブルアクセルとされるなど)。中野選手の場合は巻き足のマイナスもよく言われています。あと、演技や技の構成やつなぎも採点されるので、細かいところで浅田選手やキム選手に比べると、どうしても技術点が下がってしまうようですね。特に浅田選手は演技の後半に難しい技のコンビーネーションを持ってきて技術点を稼いでいます。中野選手の演技は全体としては大きな失敗はなくても、ひとつひとつの技の完成度などで差が出てしまうのではないでしょうか。

    それと、これは私の主観的な感想ですが、やはりジャッジの潜在的な主観はなきしにもあらずだと思います。ジャンプの高さや美しさが、図らずも表現力の点数に反映されてしまっているのでは?と思えます。

    ユーザーID:4762767102

  • 中野さん大好きです

    先日の世界フィギェアー大会を見て思わずテレビの前で”どうして?”と叫んでしまいました。前からずっと得点が伸びないのが不思議でしたが、今回はもう怒り心頭です。浅田真央さんと安藤美姫さんに報道陣の視線が偏重しすぎる事にも、、、、。昨日は中野さんのホームページの書き込みに”今回は私の中では中野さんが金メダル”とファンレター?を送りました。
    彼女のエキジビションでの映画”SAYURI”からの演技はため息ものですよ。

    ユーザーID:8212774217

  • 素人ですが・・・

    ジャンプの時の足が美しくないからじゃないでしょうか?
    よく夫と「あの足がすっとなって回れたらいいと思うのに・・・」と言ってます。

    ユーザーID:6813668521

  • 点数はよくわからないけれど

    真央ちゃんやキムヨナの演技はウットリと見惚れてしまいますが
    中野さんは頑張ったのねーと思ってしまいます。
    どなたかも書かれていましたが華がないといったらいいのかな。
    そんなことを研究すればもっと素敵になると思います。

    ユーザーID:3082414475

  • 技の難易度、美しさ

    中野選手、ノーミスで素晴らしかったですね。
    ただ同じレベルを今回の上位選手にやらせたら、同じようにミスなく余裕を持った演技ができる可能性があります。

    他の方と重複しますが、素人目ながらの判断で理由をいくつか挙げますと、
    1.トリプルートリプルのコンビネーションジャンプがない。
    これが得点が伸びず、上位に食い込めない一番の理由かと思われます。
    基礎点がトリプルアクセルを1回飛ぶのと同じくらいありますし、難易度も高いのです。
    また昨今の一流選手は、ほぼこれを成功して優勝しています。

    2.ジャンプに加点がつきにくい
    回転不足をとられることもありますし、浅田選手、ヨナ選手などのジャンプと比べて高さがなく、軸が斜めになっていることもあります。
    また彼女の癖の巻き足(シェーのポーズに似ています)もやはり美しくありません。

    3.ビールマンスピンがない
    ドーナツスピンも非常に美しいですが、ビールマンは難易度が高いとされています。

    中野選手、それでも最近は以前より大分評価されるようになったと思いますよ。
    頑張って欲しいですね!

    ユーザーID:3553981448

  • 細かいところで点を稼げてないのでは

    私も単なるファンなので絶対これ!ということでは全然ないのですが……

    例えば同じ種類のジャンプでも、加点を稼ぐために難しい姿勢から飛ぶとか直前にステップを加えるとか、荒川選手や浅田選手は工夫を凝らしたそうですね。中野選手はその辺が違うのかもしれません。

    また、同じようにみえるジャンプでも、踏み切るエッジを間違って減点される選手もいる(癖になっている)など、出来具合による減点が、いろいろありますよね。これに引っかかってしまっている部分もあるのかも。

    素人目ですが、浅田真央選手などと比べると、細かいエッジの切り替えしが中野選手は少ないように見えたりします。スケーティング技術では一段下がるところがあるのでは……
    みんなの技術がどんどん進化して、評価する方法も細かくなって、厳しい世界ですよね……。

    選手の皆さんが毎年、課題を克服して精神的にも強くなるのが、フィギュアスケートでは目に見えてわかるので、いつも感動します。真央ちゃんが「リンクの上では自分しかいない」と言っていました。孤独な戦いですよね。中野選手も自分の力量を正確に測った上で精一杯戦っているようにみえて、ほんと尊敬します。

    ユーザーID:5230054646

  • 彼女の親指がいつも立っているのが気になります・・・。

    ISUのサイトからスコアをダウンロードできます。
    ダウングレードについては、中野さんだけでなく、浅田真央ちゃんもよくそういう評価になっています。
    ジャンプは1/4回転以内の不足であれば回転したと評価されますが、それ以上の不足は回転不足をとられます。
    回転不足をとられないようなほぼ完璧にまわりきってから降りてくるのは、女子ではカロリーナ・コストナーさんとキム・ヨナさんぐらいです。

    加えて、中野さんのジャンプは難易度が低いものを単発でしか飛んでいないので、仕方のないことです。高さもあまりありません。
    3回転3回転は練習ではできるみたいですが、それも難易度の高い組み合わせのものではありません。

    スケーティングの滑らかさや音楽の解釈などでは、今回はかなりの点をもらっています(真央ちゃんに僅差の2番目の評価)。

    私は彼女の親指がいつも立っているのが気になります・・・。

    中野さん自身や中野さんの陣営の方々は、スコアが伸びない原因(他の選手よりもレベルが低い)をよく分かっていると思いますよ。

    ユーザーID:8365437169

  • 納得いきません。

    中野選手、本当にすばらしかったです。
    鳥肌が立ちました。
    地味とか色々言われていますが、中野選手のあの演技は確かに観客を魅了したと思います。

    もちろんスポーツであるからには技術による点数が大きいのは分かります。浅田選手より難易度が低いのも分かります。

    でも、コストナーと比べたらどうでしょう?
    ショートではあまり点差はないですよね。

    コストナーのフリーでのミスの多さ、ぎこちないすべり、とても美しいとはいえなかった演技に中野選手が負けたのはどうしても納得できません。

    スケートに詳しい方、コストナーと比べても、負けても仕方の無い内容だったのか教えて欲しいです。

    ユーザーID:8609047075

  • 「なんと」が多くてごめんなさい…

    3アクセルの基礎点は7.5ですが、回転不足の判定なので2アクセルの基礎点3.5からさらに何故か減点されてしまうのです。
    この美しい3アクセルの点は、「なんと」2.24なのです!

    後半にジャンプを入れると、×1.1の点がつくので、例えば真央ちゃんがプログラムの終わり間際に入れた2アクセルの点は、4.99です。
    素人が見ても、回転不足の3アクセルのほうが難しいように見えるのに…。

    また、今回はもう1つ、3フリップも回転不足の判定です。
    基礎点5.5(後半に入れてるのでさらに×1.1になるはず)なのに、2フリップの判定でさらに減点なので、「なんと」1.48しか点をもらっていないのです。

    コストナーは、回転不足・エッジエラーのジャンプが1つもないので、3点以下のジャンプは「なんと」1つもないんです(!)

    新採点方式って、残念だけど、こんな点のつけ方なんですよ…。

    ちなみに、芸術点(PCS)は、今大会真央ちゃんに次ぐ2番目の高得点、スピンの合計点はフリートップのキム選手とほぼ同程度の得点です。
    最後の素晴らしいドーナツスピンには、大きな加点がついてます。

    ユーザーID:0915292575

  • 以前

    去年の何かの大会で(失念しました)会場の横断幕に
    「中野選手への公平な、正当なジャッジを望む」というものが
    ありました。その前回の大会でやはり、ノーミスだったのに
    いい順位じゃなかったんですよね。皆さんそう思われているのですね。

    私も中野選手好きです。彼女が世界規模の大会で表彰台に
    たつ日を夢見ています。
    フィギュアに「芸術性」が求められているのでしょう。
    彼女のように、きっちりこなしすぎるのもそういう面では
    弱点なのかなあ。

    ユーザーID:2242237494

  • プロトコル

    フィギュア経験者でないので凝縮ですが、わかる範囲で書かせていただきます。
    ISUの公式サイトでプロトコルを見ると、ジャンプやスピン等の1つ1つの技についての点数が確認できますよ。これを見ると結構納得できます。
    今回はパッと見、全て成功したように見えますが、3Aと3Fは回転不足で2回転の判定になっています。それにより基礎点が低くなる上、GOE(ジャッジの評価点)もマイナスされます。

    それとほかの方もおっしゃっていますが3回転−3回転のコンビネーションができないこと、(浅田選手や安藤選手はこれができる、中野選手は練習では成功しているらしいが最近の試合ではできていない)更にジャンプの時の巻き足が弱点だと言われています。
    しかし今回は、今まで伸び悩んでいたPCS(スケーティング技術や芸術性などについての評価)の点数がかなり上がっているので、それは喜ぶべきところかも。

    メダルを逃したのは残念だけど、安定した成績を残せる中野選手、すごい!と思います。中野選手ファンの私としては、次こそ表彰台で笑顔が見たいなあ…と思っています。

    ユーザーID:3944177916

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧