肉親を亡くした方に聞きたいです

レス8
お気に入り39
トピ主のみ0

ふみ

健康

7年前に父が病気で兄が事故で他界、その後心と体を病んだ母が亡くなりました
そして3年前、結婚したばかりの夫を失いました。
最近になってようやくそのことを口に出せるようになりました。でも心は空っぽです。

もし天涯孤独の身の上の方がいらっしゃいましたら、これまでの人生と今の心情を聞かせて欲しいです。
もし今幸せな人が多かったら、私も少しは未来に希望が持てるような気がするのです
お願いします。

ユーザーID:3456807560

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不幸は自分だけだと思わないで頑張ろう

    43の後厄に始まり12年間の間に姉・姉婿・母と三人亡くしました。生みの母が2才で亡くなっており親戚の養女として育てられました。実の父も再婚(後々解った事)しており生涯一度も会う事は有りませんでした。これ以上不幸が無い様な私ですが母の死後40年勤めた会社を定年で去り住まいも心機一転引越しゼロからやり直し中です。母の死後後追いなど考えましたが子供の頃より近所の人や沢山の温かい人に恵まれ育ちましたので人のお役に立ちたいと思い直し昨年から転居先でボランティアを始めました。

    まずは高齢者施設で。沢山のお年寄りに触れ会話を喜んで下さり充実感が有り亡き母や姉に報告する毎日です。来月からは児童養護施設にも行きます。不幸な星の下に生まれたと前世を恨む事も有ります。そんな時は楽しかった出来事だけを思い出し力を振り絞って誰かの為に生きておりたいと考えるようにしています。生きる為には仕事もしなくてはなりません。今は前だけを向いて働いて働いて余計な事を考える隙間を作らない毎日を生きて下さい。時期が来れば冷静に過去を振り返られる自分が居ます。天涯孤独の人は沢山居ます。だからこそ誰かの為に役に立つ人生を送って下さい。

    ユーザーID:3675617684

  • 宿命。

    私の母は17歳で父を亡くし38歳で母を亡くしました。
    そして結婚5年目で夫を亡くしました(母31・父37)。

    1歳で父を亡くした私が生涯の伴侶として選んだのは
    10歳で父を亡くした今の夫です。

    結婚してから知ったのですが
    義母は6歳で父を亡くし7歳で母を亡くしていたそうです。

    私はまだ天涯孤独ではありません。

    実母も実姉も夫も健在ですが
    いつでも1人になる覚悟はできています。
    それが私の宿命のような気がするから・・・。

    人は必ず死にます。
    人は生まれながらに独りです。

    人生の明暗を分けるのは
    それが早いか遅いかだけの違い。

    すべては受け入れる以外に方法はありません。

    ユーザーID:6767247912

  • いっぽいっぽ歩きましょう。

    大変辛い思いをされましたね。
    ふみさんの大切な方々のご冥福をお祈り申し上げます。

    私は、8年前に父を、6年前に16年間連れ添った夫を亡くしました。

    実家とは離れて暮らしてた為、父の闘病中は週末の度に飛行機に乗りました。
    そして父亡き後…、今度は夫が治りにくい病気で入院してしまい看病に明け暮れました。

    父亡き後は辛うじて仕事&日常生活をこなせてましたが…、
    最愛の夫が旅だった後は、私自身が壊れそうでした…。
    「この先をどう生きようか?」と、心にポッカリと穴が空いてしまった時期でした。
    夫と暮らした空間に独りぽっちで居る事に絶えられなくて、泣いてばかり居ました。

    泣き叫んだ日々を経ながらも、少しずつ、少しずつ立ち直って行った気がします。
    そして「あれ?ご飯が美味しいわ!」と思えるようになった頃、
    仕事を通じ新しい方との出会いがありました(今は再婚し心穏やかにすごしてます)

    今も「死」と直面するのが怖くて、動物を飼うことも出来ない私ですが、
    自分自身の人生を受け止めながらノンビリ歩こう!と思えるようになりました。
    人生を受け止めながら一歩一歩歩けば、少し進んだ先に希望が見えてきますよ。

    ユーザーID:8489802803

  • 私も

    大変な思いをされましたね。お気持ちお察しいたします。

    私は50代半ばですが、昨年夫を亡くし、ほぼ天涯孤独になりました。両親はすでに他界。独身の兄がおりますが、疎遠になっております。私も心は空っぽです。その上、重い病気に苦しむ夫の姿が甦ってきては私を苦しめます。

    それでも、私もあなたも、前を向いて歩んでいかなくてはならないんでしょうね。でも、あなたは私よりお若いようですから、これから新しい出会いがあるかもしれません。

    勇気が要るかもしれませんが、死別体験者の分かち合いの会などに出られてみてもいいと思います。

    ユーザーID:6504511739

  • 考えると…

    どこまでも落ちますよ。
    なぜ私だけ、なぜ私だけ…と。

    あまり深く考えず、一生懸命暮らすのみです。
    幸せになるために貪欲に貪欲に。

    私は母を24で、父を26で亡くした1人娘です。
    私は負けません!

    絶対幸せを掴むと心に決め、夫と息子を得ました。
    この先また不幸が重なっても絶対諦めません。

    ユーザーID:2030152234

  • 親友がまさにそうです。

    個人的なことなので、ここには詳しく書きませんが
    まさに!同じような感じです。

    でも、とびきり明るいです。

    「自分は悲しいことがたくさんあったから、麻痺しちゃうから、ある意味ラッキーかも」と。

    私の父が亡くなったときは、ずいぶんと支えになってくれました。

    救急車が通ると「早くつきますよに」と祈るそうです。
    ふだんはふざけたことばかり言っている友人ですが、心から尊敬しています。

    ユーザーID:5847699465

  • 大丈夫

    私の場合は、10才で父を、20才で母を亡くしました。
    2人とも辛い闘病の末でした。
    天涯孤独にはなりませんでしたが、親のいない10代(母親もほとんど入院していた)は、相当こたえました。大人の汚い面をたくさん見て、気持ちがどんどんすさみました。

    その後、なんとか人の道に外れずに今日までこれた理由は、幼少期の両親に愛された記憶と、今の夫に出会ったことです。
    あの優しいふんわりした愛情と、きっぱりした真直ぐな夫の気性。
    せっかく両親からもらった命を精一杯生きよう。私より辛い立場の人は世界中にいくらでもいる。今はそう思えるようになりました。

    トピ主さん、ご両親やご主人との思い出は、あなただけの宝物ですよ。いつも大切にして時々取り出して元気をもらってください。そして、ご両親やご主人があなたにどう生きて欲しいと願っているかを考えてみてください。きっと、前に進めると思います。素敵な出会いもあると思います。ゆっくりと、頑張ってください。

    ユーザーID:1345951644

  • 辛さは残されるものだけのものじゃない

    逝ってしまうほうも辛いんですよ。
    お辛い気持はわからないわけでもありません。
    でも、皆様おっしゃっているように トピ主さまにはまだまだ未来があります。
    もしかしたらいいこともたくさんあるかもしれません。

    生きていてなんぼ ですよ。

    私は・・・
    悔しくて切なくて、どれほど泣いたでしょうか。
    おまけにとんちんかんな周囲の大騒ぎに振り回され、体だけでなく心もすっかり落ち込みました。
    でも運命には逆らえません。受け入れるしかないんです。
    あらがって「なんで私ばっかり」と思うと、もっとつらくなっちゃいますから
    悲しみも辛さもじっと受け止める。難しいけどね〜(涙)ほんと、難しい。


    でも

       今はどんなに辛くても・・・

    どなたかの歌にもありますよね、いつかきっと・・・!


    どうぞご無理なさらず、お体だけは大切になさってくださいね。
    頑張らなくてもいつか時間が癒してくれることを、陰ながら祈っています。

    ユーザーID:0461181088

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧