会話中の上手な立ち去り方。

レス2
(トピ主1
お気に入り13

家族・友人・人間関係

私ってこうなんだよね

この歳になっても、とっても優柔不断で人付き合いの下手な私(30代女性)です。
人と会話をしている時、それが延々と続きそうな雰囲気でも、途中でさようならを言って会話に終止符を打つことがとても下手です。
例えば、勤務後に職場の人と話し始めると、たとえ別の場所に人を待たせていても、話しの途中でなかなか言い出せず、心の中は次第に焦り、最終的には唐突に「それじゃあ...」と、なんだか中途半端に抜け出す感じになってしまいます。
待たせている人がいないならいないで、会話に終止符を打つタイミングが分からず、あまり興味のない内容でも、延々と一時間も立話をしてしまうこともあります。そんな時は、決まって無駄になった時間を悔やみ、人付き合いの下手な私に腹が立ちます。

どのようにすれば、相手にとっても気持ちよく、上手に立ち去ることができるでしょうか?
また、これは恐らく何かを断わる時にも同様なのですが、「これを断わることで相手が傷つかないかな」と考えるとなかなか言い出せず、自分も相手もすっきりしない言い方になってしまいがちです。
みなさん、こんな私に良いアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

ユーザーID:4565861619

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おいとまごいの仕方

    人を待たせている場合:
    時計を最初にちら見。一区切りごとに時計を見つめる。相手が気づいて「何か用事があるの?」と聞いてくれたら理由を話して退散。気づいてくれないなら話に気づいていない様子でボーッとした表情で時計を見つめる。で、ハッとしたイメージで「ごめんなさい。友達を待たせているので失礼します」

    楽しい立ち話からの退散:
    みながドッと沸いた瞬間を狙って、「楽しかったわ、またおしゃべりしましょう」と挨拶して退散。

    辛気臭い話からの退散:
    フーッと大きくため息をついて「ごめんね。アイデアがないのでまたの機会にします」と断って退散。

    でも、こんなやり方はトピ主さんはすでに気づいていますよね。実行できない性格(相手を気遣う、嫌われるのことの恐怖心)が問題なのだと思います。

    ですが、さほど人は他人のことを気にしていませんよ。

    話から離れてゆくからといってそれが原因で嫌いになることは余りありませんし、それが理由で嫌う人だったら仲良くし続ける価値のない人だと思いませんか?

    友達づきあいはお互いに満腹感を味あわないのが長続きするコツですよ。

    ユーザーID:7555708646

  • “空飛ぶ豚”さん、レスありがとうございます。

    「さほど人は他人のことを気にしていませんよ」。の言葉に、「あ-、そうか、実際そうかも。“空飛ぶ豚”さんが仰る通り、そんなことを気にしているのは私の側だけで、相手は実は大して気にもしていないかも。」と、思いました。
    相手がどう感じるかを気にしすぎているんですね、きっと。

    時計をちらり見る手は、私も使います。でも、私が使うのは会話が始まって、何十分か経って、心がじりじり焦り出してからなんです。なので、出てくる“さようなら”は、「もー、帰りたいのに〜、また時間を無駄にしてしまった」の、腹立たしさ&自己嫌悪のニュアンスを含んだ“さようなら”になってしまいます。
    もっと、スッキリ爽やかに“さようなら”が言えるようになれたらいいですね。

    ユーザーID:4565861619

レス求!トピ一覧