「ありません」という言い回しについて

レス62
(トピ主0
お気に入り23

趣味・教育・教養

ゆきな

他トピの中で、書き込みさせていただきましたが、トピずれになってしまうので、別にトピを立てさせていただきます。

「ある」及びラ行四段活用動詞の丁寧語の否定形としての「〜りません」に違和感を感じます。
「ある+否定形」よりも、「ない」で済ませた方が簡単だし、自然な言い回しのように思います。
とは言っても、「ない」の丁寧語はないので、敬語を使わなければならない場面では仕方がないとは思いますが。
 
 (電車が)停まりません→停まらないのでご注意下さい
 (涙が) 止まりません→涙が止まらなかったのです
      困りません →困らない
      怒りません →怒らない

できれば、「〜りません」よりも「ない」を使いたいとは思うのですが、下の2つの例ではちょっと無理ですね。
個人的には、「困りません」よりは、「困らないです」「怒らないです」の方がまだ許せる気がします。

日本語の乱れではなく、しっくりくるかどうかという感覚的な話として、みなさんは、どう感じますか?

ユーザーID:1177895828

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「ありません」派です

    個人的な感覚ですが、
    「ないです」より「ありません」のほうが響きが美しいと思いますし、
    その言葉を使っている人自身に賢そうな印象を受けます。

    もちろん、丁寧に言う必要がないときは「ない」で充分です。

    ユーザーID:8847923144

  • 幼稚な語感

    ある程度正式な文章と範囲を限定した場合、「困らないです」「怒らないです」は非常に非常に幼稚な感じがします。というか、この人まともな日本語「書けない」な、と思います。

    砕けた文体の雑誌やネット上の文章の場合は、「困らないです」「怒らないです」でもいいと思います。この他ネットでよく見かける接続詞「なので」も、もし正式な文章に使っていたら、上記の感覚を持つと思います。

    ちなみに現代日本語ででは4段活用ではなくて、5段活用ですよ。

    ユーザーID:1372021673

  • どうしてラ行だけ?

    2度目の投稿です。どうしてラ行だけなんですか?

    「行く」(カ行五段活用)→「行きません」「行かないです」
    「食べる」(下一段活用)→「食べません」「食べないです」

    などの場合は、「行きません」「食べません」に違和感を感じないということですか?

    ユーザーID:1372021673

  • 理論ではなく印象として、何か含みを持たせているよう

    > (電車が)停まりません→停まらないのでご注意下さい
    > (涙が) 止まりません→涙が止まらなかったのです
    左と右では、意味がちがっているように思えるので、おいといて。

    >「困らないです」「怒らないです」
    に関しては、印象としては、何か含みを持たせているようでイヤですね。
    『困らないです。でも・・・・なので・・・』のようにつづく気がします。
    あるいは、責任を転嫁しているような感じも受けます。

    まままさんの幼稚な語感、というのにも頷けました。

    ユーザーID:2640161028

  • 違和感はありません

    >(電車が)停まりません→停まらないのでご注意下さい
    >(涙が) 止まりません→涙が止まらなかったのです

    上の文章は更に異なる文章をプラスしてしまっていますし、
    下の文章は現在形から過去形に変化してしまっています。

    「ありません」という表現、おかしいですか?
    私はジャーナリストの端くれでしたが、全く違和感なく使用して
    いましたよ。

    ユーザーID:0035839211

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 基本的には「〜りません」

    ラ行5段活用動詞の否定の丁寧形はどう表現するのがしっくりくるか?
    ということでしょうか。

    私はどちらも特に形としては違和感をおぼえません。
    自分が使うときは状況次第だと思います。
    書き言葉(手紙など)だと「〜りません」が多くなります。
    話し言葉だと気持ちに従います。

    ただ、「〜らないです」は時としてぎこちない印象を受けることはあります。
    「〜りません」は言い方次第で冷たい印象を受けることはあります。

    ところで、(ラ行ではありませんが、)私は、
    レストランなどでタバコを吸うか吸わないか聞かれたとき、
    つい「吸わないです」と答えてしまって、自分で気持ち悪いです。
    レジ袋が要らないときも「要らないです」と言ってしまいます。
    気持ち悪いのですが、「吸いません」も「要りません」も
    しっくりこないんですよね。

    ユーザーID:3570509366

  • 「無いですという表現は無いです」

    と、高校の授業で習いました。
    無い、の丁寧表現は「ございません」になるそうです。
    「ありません」は、丁寧語として中途半端なのかもしれませんね。

    困らない → 困ることはございません
    怒らない → 怒ったりはいたしません

    あたりでいかがでしょうか。

    ユーザーID:6666817171

  • ゆきなさん、その節はお騒がせしました。

    ゆきなさん、こんにちは。私の発言がきっかけでトピが立つなんて・・・。
    なんか私が立てたかのようにドキドキしてしまいます。

    先日も申し上げたとおり、私は「ないです」とは言いません。感覚的、文法的、いずれの面からもです。

    ただ、言葉は生き物ですから、感覚的に好む人が多いほうの表現に定着していくのでしょうね。
    そして日常生活の話し言葉では、ラ行5段活用の動詞に限らず「ないです」派の人が最近は圧倒的なような気がします。

    それは止められない流れとはいえ、いずれ国語の教科書が

    うんとこしょ、どっこいしょ。
    それでもかぶはぬけないです。

    に改訂されるのかと思うと、う〜〜〜〜ん・・・という気持ちになります。
    ゆきなさんも、下一段活用での表現はやはりいただけないと思いますか?
    でも動詞の活用の種類で使い分けている人はあまりいないような気がします。

    しつこいのですが、「とんでもない」は「とんでもないです」って言います。
    「ない」以外の形容詞の終止形+「です」はマイルールでは会話時のみOK、ということとしてます。

    相変わらず下手な文章でごめんなさい。

    ユーザーID:4900758361

  • ある+否定に全く違和感を感じません(感じないです)

    そもそも「ある+否定」と「ない」って
    丁寧語という以前にニュアンスが違いませんか?
    (あ。違いませんもトピ主さんとしては×かな…。違わないですか、が○?)


    例えば「苺のジュースはありますか?」という質問に
    「苺はないんですよ」と回答するか「苺のご用意はございません(=ありません)」と
    回答するかですが、前者は「誰のせいでもないし、自分の知った事ではない
    レベルで存在しない」の意味を強く感じますし、後者は「ある状態も可能
    だけれども実際にはない」の意味を強く感じます。
    ないの方が他動的で、ありませんの方が自動的といいますか…。

    ですから、苺ジュースくらいならどっちでもいいですが
    場合によっては「ないんです」の方が無責任に見えたり
    「ありません」の方が慇懃に見えたりします。
    「ないです」が幼いのも、ごく僅かにですが、他力本願的な雰囲気が
    あるからかなとも思います。一長一短の使い分けが一番ではないでしょうか。

    好き嫌いでなく、違和感というお話なら特に感じません。
    (…ここもですね。ないです)
    わざわざ「ある+否定」で示しているニュアンスというものが
    存在していると思います。

    ユーザーID:6793652433

  • まままさんに同意+文法的考察

    ゆきなさんの許容する「困らないです」「怒らないです」が幼稚な感じがするという>まままさんの
    意見に賛成です。その理由を文法的に少し。

    1.「困らないです」と「困りません」の比較
    前者は「困る」+「ない(否定の助動詞≪形容詞型≫)」+「です(丁寧の終助詞)」
    後者は「困る」+「ます(丁寧の終助詞)」+「ん(否定の助動詞)」
    構成要素は同じですが語順が違います。

    2.「です」と「ます」の比較
    「ます」は「まゐらす」から派生。動詞と一部の動詞型助動詞に接続。
    「です」は「だ」の丁寧語。名詞と形容動詞の語幹(「きれい」など)+一部の助詞(「の」など)
    (簡単にいうと「だ」がつけるもの)に接続。

    結論として「困らないだ」と言えない以上「困らないです」という言い方はないと思います。
    料理評論家の岸朝子さんはそのことを甚く重視し「おいしうございます(ございました)」
    とおっしゃってました。
    あまりに文語調なのでしゃべり言葉では私も「おいしいです」と使ってしまうことはありますが
    書き言葉では幼稚な印象があり、どうしても書けません。
    そういう感覚もあるってことで

    ユーザーID:3982581318

  • しっくりきますよ

    行かないです。怒らないです。困らないです。
    ……って、いわゆる「片言」状態だと思いますが。普通はやっぱり、行きません。怒りません。困りません。だと思います。

    「ないです」って、「言い切り」の感じが強いですよね。丁寧な感じを打ち消して、逆にぶっきらぼうな感じの方を強めているというか。
    たとえば、お店の店員さんに「○○はありますか?」と尋ねて、返事が「ないです」だったら、かなり違和感というか、否定的な感じ(この人、なにか言いたいことがあるのかしら? あるけど、アンタには売らないよ! ってこと? とか)を受けると思います。

    この感覚がわからないなら、もはや「トピ主さんに話は通じません」。いえ、「トピ主さんに・は・通じないです」。

    この・は・がないとしっくりこないと思いませんか? 「トピ主さんに通じないです」って、変でしょう?
    つまり、「対象が別のもののときには違うけど、この場合に限っては、ない!」っていう表現なんだと思います。やっぱり。

    ユーザーID:2945927607

  • 日本の方ですか?

    例文で挙げている先の二つは、言い回しの問題じゃないと思うんですが。全然違う内容ですよね。『ご注意下さい。』は敬語・丁寧語以前の問題ですよね。『・・かったのです』なんて過去形になってるし。
    「〜りません」を使いたくないのであれば、
    “電車が止まりません”は“停車しません”に言い換えができますが、“涙が止まりません”は状態の報告なので、チョッと思いつきませんね。
    後の二つはぶっきら棒な印象を受けます。


    「困らないデス」「怒らないデス」になると、作文に不慣れな小学生が無理やり、『です、ます調』にしようと頑張ってるような、コメディアンが典型的な中国人を演じる時に使う拙い日本語の『違うアルヨ』とか『できないアルヨ』に通じるものがあり、物凄い違和感、取って付けた様な不自然さを感じます。飽くまで私個人の意見です。

    ユーザーID:8080966801

  • 行とは無関係では

    書かないです   書きません
    訳さないです   訳しません
    死なないです   死にません
    買わないです   買いません
    起きないです   起きません
    教えないです   教えません
    来ないです    来ません
    しないです    しません
     このように五段、上一段、下一段、か変、さ変、を並べても差は同じですね。
    「来ないです」と言うと「来ません」よりも少し誹謗の意味が感じられるように思います
    例えば「あの人は何回言っても」の後は左の方が出やすい。という意味で右の欄が
    すこし丁寧なのかな、とも思います。

    『できれば、「〜りません」よりも「ない」を使いたいとは思うのですが、』とおっしゃっていますが何か理由があるのですか。

    ユーザーID:7936792059

  • ですます使い分けマイルール

    【動詞】基本「ます」を使用
    例.動く
    ・現在−肯定 動きます
    ・現在−否定 動きません
    ・過去−肯定 動きました
    ・過去−否定 動きませんでした

    【形容詞】「〜ある」「〜と思う」等の動詞を付加して動詞例に準ず
    例.美しい
    ・現在−肯定 美しいと思います など
    ・現在−否定 美しくありません 美しいと思いません など
    ・過去−肯定 美しいと思いました など
    ・過去−否定 美しくありませんでした 美しいと思いませんでした など

    【名詞】肯定は「です」を使用、否定は「〜ある」等の動詞を付加して動詞例に準ず
    例.物
    ・現在−肯定 物です
    ・現在−否定 物ではありません
    ・過去−肯定 物でした
    ・過去−否定 物ではありませんでした

    この基本ルールに則っていない物は概ね現代日本語として不自然あるいは小学生の作文のような稚拙さを感じます。(例外もあるかも知れませんが今は思いつきません)
    トピ主さんにしっくりくる表現は私にはあまりしっくりきませんね

    ユーザーID:6369025108

  • どうなんでしょう。

    「ない」は「ある」の否定です。「ありません」は「あります」の否定です。「困らない」は「こまる」の否定です。

    「困りません」は「困ります」の否定です。「困る」の連用形に「ます」の未然形「ませ」、それに否定の「ん(ぬ)」を接続して作られたものです。

    要するに「です、ます」調で語るか、「である、でない」調で語るかの問題ではないでしょうか。どちらでもいいですが、日常会話だと、普通は「です、ます」調で語ると思います。どうなんでしょう。

    「問題ある?」と先生に聞かれたら、「ありません」あるいは「ございません」と答えるのが普通だと思います。「ない」と答えると喧嘩を売っているように聞こえませんか。なれあいが成立している場面ならいいですが。

    ユーザーID:7724490959

  • 「はい」と「いいえ」

    「いりません」、「吸いません」に違和感があるという方が多いのに驚いています。実は恐怖を感じています。「はい」と「いいえ」をつけるとどうでしょうか。「はい、吸います」とか、「いいえ、吸いません」とか。それでも違和感がある方は違和感を感じますか。ひょっとして、「はい」と「いいえ」が使えないひとが増えているとか。そういうことかもしれないと思ったりもします。

    ユーザーID:7724490959

  • ありませんがよいですね

    困らないですとか怒らないですの方が、しっくりくるという表現にびっくりしました。だって文法上間違いですし、作文なら書き直し指導になります。
    口語だとうっかりでてしまうことがありますが、基本的にこういう表現は使わないようにしていますし、もし多用する人がいたらお子様だなと思いそうです(身近にはいません)。
    「吸わないです」「要らないです」「いかないです」なども同様です。正しい日本語知らないのならわかりますが、「〜ません」がしっくりこないからあえて使うというのは本当に驚きです。

    私は形容詞の過去形の表現が難しいと思っています。
    「遊園地に行って楽しかった」を丁寧に言おうとして「楽しかったです」って変ですよね。口語だと使いますが文字に書くと使えません。
    正統派で書こうとすると「楽しく思いました」「楽しうございました」となってしまい、丁寧すぎてウソくさくなり、自分の気持にそえません。

    ユーザーID:7062508597

  • 頭がおかしいのではありませんか

    「困りません」よりは、「困らないです」「怒らないです」の方がまだ許せるなんて、どのような言語環境でお育ちになったのでしょうか。
    (「ありえな〜い」「意味わかんな〜い」って言ってるお子様の仲間かしら)

    人に謝るときにも、
    「すみません」と言わずに、
    「すまないです」と言うのでしょうか。
    「申し訳ありません」と言わずに
    「申し訳ないです」
    「そんな謝り方では許せません。変だと思いませんか?」が、
    「そんな謝り方では許せないです。変だと思わないですか?」に?

    ユーザーID:4792437270

  • トピ主です1

    皆様、たくさんのレスをいただきまして、どうもありがとうございます。

    まず、現代語では四段活用ではなく、五段活用とのご指摘をいただきました。
    言葉に関するトピを立てながら、勉強不足で大変申し訳なく思います。

    私は日本語を専門に勉強した訳ではないので、感覚的な話としてご意見をいただけたらと思いましたが、結果として「困らないです」について、かなりの専門的なレスをいただきました。
    皆様のさまざまな面からのアプローチと考察、大変勉強になりました。

    確かに「困らないです」は適切な言い回しではないですね。
    「のだめカンタービレ」ののだめちゃんがよく「先輩寂しいデス」なんて言っていましたが、幼稚・拙い感じとのご意見ご尤もだと思います。
    私もできるだけ使わないように気を付けなければなりません。

    「日本の方ですか?」という質問もありましたが、一応日本人なのです。ごめんなさい。

    ユーザーID:1400992383

  • トピ主です2

    「ありません」と「ない(です)」では、話し言葉や接客の場面ではニュアンスが変わるというご意見もいただきました。
    確かにそのとおりかもしれません。
    店員が「(その商品は)ないです」と言ってしまっては、あまりにぶっきら棒ですよね。
    今のところ日本語に「ない」の丁寧語は見当たらないのでしょうか。
    「ございません」とのご意見もありましたが、このトピ主と立場としましては「のうございます」になるのでしょうか・・・

    そもそも、「です」「ます」は、日本語としては新しくて使い方が難しいと感じます。
    「です」にも「ます」にも、「でした」「ました」という過去形は存在するのに、「ます」の否定形「ません」はあっても、「です」の否定形は存在しません。もしかしたら、この辺りに「ません」に対する違和感の原因があるのかもしれません。

    「ある」「ない」も対語のようでありながら、「ある」は動詞、「ない」は形容詞ですし、研究し始めると非常に奥が深そうです。

    ユーザーID:1400992383

  • トピ主です3

    トピの趣旨としましては、ラ行五段活用の「〜りません」よりも「〜らない」の方がしっくりくるのですが、皆様はどうですか?とお聞きしたかったのです。

     とまりません(とまらない)
     こまりません(こまらない)
     たまりません(たまらない)

    以上のように「動詞+丁寧+否定」の形にした場合、「〜『まりま』せん」という文字の並びが、くどいとでも言うのでしょうか、どうもしっくりこないのです。
    ラ行だけと言うよりは「〜まる」という動詞の場合が特に違和感があります。
    勿論、他の行の動詞も、「動詞+丁寧+否定」で最後に否定するよりは、できれば先に否定の「ない」を付けたいと考えます。
    (この点については、お一人だけ分かっていただけた方がいらっしゃいまして、嬉しく思いました。)

    トピ主のレス自体が、ここまでの流れからはズレてしまって大変申し訳ないのですが、この趣旨でもう一度ご意見をいただければ幸いです。
    突っ込みどころ満載の文章だとは思いますが、宜しくお願いします。

    ユーザーID:1400992383

  • ほんのちょっとだけわかる

    トピ主さんのレス読みました。わたしの場合、「少なくない」に「なくない」って、なんか変な感じするなと思うことがあるので、これに置き換えると少しだけ分かります。「少なくない」だって、ちゃんと考えればおかしくないし、これは理屈ではないのですが。まあ、発音の並びやリズムがなんかしっくり来ないんですよね、たぶん。

    でも、全体としては2日にレスした印象は変わりませんねぇ。「と『まりま』せん」も特にひっかかりませんよ。話は戻りますが、私の場合「少なくない」にほんの少し変な感じがするといっても、この表現を避けようとは思いませんけどねぇ。

    ユーザーID:1372021673

  • サクラはまだ散らない

    トピ主さん、

    (1)「散る」「散らない」もラ行で活用しますが、「散りません」に「まりま」は出てきません。「散りません」だと多少は許せるのでしょうか。いずれにしても不思議な動詞の分類だと思います。
    (2)「美しくない」の「ない」は形容詞ですが、「困らない」の「ない」は助動詞です。
    (3)「美しくないです」とか、「困らないです」という表現、わたしも日常的には使いますが、文法的にはいささか問題があります。
    (4)「「美しくありません」、「困りません」は「美しくない」「困らない」の丁寧な表現です。
    (5)「うつくしゅうございません」は「美しくございません(ありません)」の音便です。
    (6)助動詞「ようだ」などにも未然形がありませんから、否定は前にでます。「楽しくないようだ」とか。そういう場合もあります。
    (6)助動詞「れる」「られる」には未然形がありますので、「叱られない」といいます。「ない」を前に持ってくる言い方があるでしょうか。

    ユーザーID:7724490959

  • あなたの感性は、現代日本では特異です

    日本語をメシのタネにして20年になります。

    「ない」「〜ません」という言葉に対するゆきなさんの感性は、現代日本の日本語の現場においては特異というか、特殊です。
    現在までにレスした方が、お1人を除いて全員そのように指摘していることからも察せられるかと思います。

    「〜『まりま』せん」という文字の並びが気になるとのことですが、文字だけですか? 発音する分には気にならないのですか? しっくりこないという感覚だけで、明確な理由はないのですか?
    正直なところ、その感覚がまるで理解できないので、ご自分のわかる範囲でお答えいただければ幸いです。

    さて、やや失礼な言い方になりましたので、お詫びと言ってはなんですが、「ない」という言葉の丁寧用法についてご説明します。

    「ないです」という言い方は断定的かつ幼稚で失礼な印象を与えがちですが、「ないようです」あるいは「ないのです」にすると、そうしたネガティブな印象が薄らぎます。
    正確には、「よう」を入れると推察・曖昧化が、「の」をいれると強調の意味が加わってしまうのですが、「ないです」よりだいぶマシかと。

    ユーザーID:8226806622

  • かまわない

    トピ主さん

    「少し遅れますが、よろしいでしょうか」ときかれたら、「かまいません」と答えるでしょうか、それとも「かまわない」と答えるでしょうか。相手にあわせて、丁寧にいう必要もあるのではないでしょうか。わたしは「かまいません」といいます。

    ちなみに「かまいません」だと、「まいま」が出てきます。これはワ行で活用します。もうひとつ、たとえば、「目をさましません」だと、「ましま」が出てきます。サ行で活用します。「まりま」だけが駄目で、「まいま」とか、「ましま」は問題ないのでしょうか。

    ユーザーID:7724490959

  • 「おいしくないわ」、「おいしくないこと」

    「おいしくないです」を避けるために、「おいしくないわ」、「おいしくないこと」が使えますね、ただし女性限定ですが。「ないわ」の「わ」は「われは」の意味だという説もありますが、多分、眉唾です。「おいしくないこと」の「こと」は「ことであります」「ことでござい(り)ます」の「こと」でしょう。でも、それほど嫌われている「です」を使わないでも、「おいしくありません」でいいのではないでしょうか。

    「停まりません」は某電鉄の車内放送の決まり文句です。一運行でも数十回使っているはずですが、違和感があるという話は聞きません。「停まらない」とも「停まらないです」ともいわない「です」ね。

    ユーザーID:7724490959

  • 文法の話は他の方にまかせておいて・・・

    1.「『まりま』せん」という繰り返しがくどい
    2.あり「ません」より「ない」ですの方が伝わりやすい

    と異なる二つの観点から「ないです」の方が良い、ということでよろしいでしょうか?

    では、「出る」の場合はいかがでしょう?

    最初のトピ、「最近気になる言葉遣い」でゆきなさんは、助動詞としての使い方ではなく、
    単純に「ありますか?」に対して「ないです」を支持される、書いていらしたので
    おそらく理由2を優先し、「出ないです」とおっしゃるのでしょうね。

    「M」音よりも「D」音が近くに並ぶ方がくどいと思いませんか?

    したがって理由1というのはあまり説得力を持たないかと思います
    (D音は繰り返されても気にならない、とおっしゃるなら話は別ですが)。

    でも、「ない」+「です」は確かに簡単な表現ですよね。
    外国人だったらそっちの方が覚えやすそうです。

    そのうち、「走ります」という活用形も簡略化されて「走るです」という
    タラちゃんみたいな話し方をする人が増えてくるのでしょうか。

    ユーザーID:1401833515

  • おもしろいですね

    頭がおかしいといいつつ「申し訳ありません」ですか。
    「もったいない」→「もったいありません」と言うのでしょうか?
    「危ない」→「危ありません」と言うのでしょうか?

    ユーザーID:2533570075

  • 「す」の否定が「せん」。

    >「動詞+丁寧+否定」の形にした場合、
    >「〜『まりま』せん」という文字の並びが、くどい

    って、...(呆)。
    あなたのいうところの
    「動詞+丁寧」=「『まりま』す」じゃありませんか?

    『まりま』は、
    「まり」が接尾につく動詞+「ます/ません」の組み合わせで
    生じる表現であって、肯定/否定は関係ありません。
    当然のことながら位置の話を絡める必要性もありません。

    また、
    「ありま(す)」の否定が「ありま(せん)」
    となること自体に、気になる点はありません。

    ただし、
    畏まった表現のときは、
    「で(ありま)す」/「では(ありま)せん」
    「で(ございま)す」/「では(ございま)せん」
    でよいが、軽い表現のときも
    「です」/「ではせん」という使い方がなく、
    「です」/「ではありません」
    「です」/「ではございません」となるのが、
    まどろっこしいという主張であれば理解できます。

    ユーザーID:0170894610

  • トピ主です4

    皆様、引き続きレスをいただきましてありがとうございます。
    補足です。

    他の方のレスにもありましたが、ファミレスで
    「お煙草はお吸いになられますか?」
     →「吸いません」よりは「吸わないです」
    「レジ袋は要りますか?」
     →「要りません」よりは「要らないです」
    の方が、相手にとっても聞き取りやすいし、間違いが起こりにくいと思うのですがいかがでしょう。
    「ません」と「ます」は似ているし、文章を最後まで聞かなければならないので、「わないです」と言った方が相手に対しても親切だと思うのですが・・・。
    (勿論日本語として適切でないことは承知していますが、話し言葉及び場面を限定しての使用は他に言い方がない以上仕方ないと思うのです。)

    皆様の説得力のあるレスを読んで、自分の主張に自信がなくなってきました。
    この感覚が圧倒的に少数派だと言うことは分かりました・・・。

    ユーザーID:1400992383

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧