• ホーム
  • ひと
  • 自分にかけた呪いがとけず苦しいです(AC)

自分にかけた呪いがとけず苦しいです(AC)

レス16
(トピ主1
お気に入り29

家族・友人・人間関係

何の問題もないように見える機能不全家庭に育った真ん中っ子です。
病弱で自己主張の強い上と下に挟まれ、両親の教育方針も厳しかったため、子供時代は我慢の連続でした。

我慢する辛さから逃れるため、そもそも欲求自体がないと自分自身に思い込ませるようになり、次に感情がなくなって何も感じなくなりました。
20歳の時に突然感情を取り戻し、就職して親元を離れてからは家族に感謝するようにもなり、問題は乗り越えたと信じていました。

ですが最近、自分が何をしたいかわからないことに気づいてしまいました。「△△へ行きたい」と言う時も、「自分は若い女性なのだから△△に行きたいと思うべきだ」などという訳のわからない規範に従っているようです。かすかに何かを「したい」と感じても「自分がする」という発想が出てきません。「いいな」と思うだけです。

彼は「わからないなら、したいかもしれない事は何でもしてみればいい」と言いますが、お金も時間も余裕がありませんし、範囲が広すぎます。
何か他に方法はないでしょうか。
抽象的な相談で申し訳ないのですが、どうか助言をお願いします。

ユーザーID:4562499178

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですねえ

    例えばですけど、ご自分のパソコンにお気に入り登録してあるホームページを、お暇なときに用途別、例えば、趣味的カテゴリとか実用カテゴリとか、通販のホムペ、グルメ、ファッション、気になる時事ネタ、とか戯れに細かめに分けてみたり、整理しなおしてみると、おお、私はこんなものに興味があったのかあ!!と、ハッケンすること、ありましたよ。あとは友達の趣味に付き合ってみるとか。インドア系の人なら、アウトドア系の人の趣味に付き合うと、キャンプ等、いい空気吸って意外とはまることもあるかも、と私の狭い経験の範囲ですが。。逆もありますよね。アウトドア系の人がパン作ってみるとか!まあ、気楽に行きましょう!

    ユーザーID:6202765646

  • 死んでしまいたいと思う俺ですが

    泣きたい時には…泣きましょう><
    苦しかったら…それを誰かに伝えましょう><
    ネットだって見知らぬ人だって…
    初めて関わった人だっていいんですよ><
    …てゆうか今俺自身がやばい状況だったりしてますので…
    あなたに幸あれ

    ユーザーID:8751613497

  • 何もしなくていいのでは

    本当にしたい、と思うのでなければしばらく何もせずにのんびりすればいいのではないでしょうか。
    兄弟姉妹の真ん中でご両親も厳しかった由、いつも積極的に何かしていなくては「怠け者」と怒られるのではないかと思っていませんか?
    あるいは、いつも忙しくしているのが「正しい」人間の生き方だと思っていませんか?
    のんびり景色を眺めたり、特に役に立つとも思えない本を読んだり、いかがでしょうか。

    ユーザーID:2307093177

  • 何の救いにもならないかもしれませんが1つだけ

    トピ主さんは色々と大変で、頑張って乗り越えてこられたんでしょう。

    でも実はですね。「自分は若い女性なのだから〜に行きたいと思うべき」とか
    大してやりたい事がない、というのは割と普通の事ですよ。

    人間って、気力に満ち、目的意識があり、やりたい事がはっきりしている人の方が
    実は少数派です。ですが、情報差が錯綜し、積極的に何かを望み活動している人を
    さも当たり前のように(しかし何となくカッコ良く)世間が取りあげるので
    多くの人が「人生はそうでなければならない」と思っているだけなんです。
    それで「自分探し」なんて言葉が流行したくらいです。

    「何でもしてみる」必要なんてありません。出来そうな事を適当にやってみれば
    いいだけです。「みんなが行くしちょっと行ってみたいな」だって、何一つ
    問題ない。例えばディズニーランドに行く人の大半は。別にディズニーの
    大ファンで絶対に行きたい!わけでもないし。行ったら結構楽しかった…なら
    それでいい。願望や欲望の強さなんて、最初から人それぞれですし、「いいな」で
    十分な人もたくさんいますので安心して下さい。

    貴方はもっとマイペースでいいんですよ。

    ユーザーID:6429420491

  • 考えすぎずに!

    何もしたくなかったら、しなくてもいいと思いますよ。
    彼や、お友達がしたいということに付き合ってみるのはどうでしょう?
    そして、やってみたあとに、楽しかったか、またやってみたいか、
    自分の気持ちを確認してみては?
    私は、それでかなり世界が広がりましたよ。

    私は結婚するときに、夫に
    「私はめんどくさがりで、ほっておくと何もしないので、
     できるかぎり外に連れ出してほしい」
    と頼んだら、3年経つ今でもいろんなところに連れて行ってくれます。

    やりたいことがわからないのは、たぶんあなただけではありません。
    自分だけと思うのは、悲しくなるだけで何の得もありませんから、
    もっと気楽にいきましょう!

    ユーザーID:5766749649

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 今すぐ見つけようとしないことです

    今すぐに自分の姿を見つけようとしないことですよ。
    焦ると、わからないものを無理にこじつけてしまったり、
    わからない自分を責めたりしてしまうでしょう?

    自分は今育っている。
    今、自我を育てている、見つけているんだと、
    自分で自分を慈しみながら、
    大事に進んでみてください。
    10年計画くらいで良いんです。

    他の人達も、若いうちから自我がしっかりある人など、
    ほとんどいないのです。
    皆、メディアや周りに踊らされながら生きています。
    自分をしっかりわかっている人のほうが少ないのかも。

    私も似たような環境でACだったみたいです。
    10代後半で家を出て、それからずっと自分を育ててきました。
    今、30代。
    ようやく私、落ち着いたなって最近思います。
    10年以上かかりましたよ。
    今でも自分で自分を育てているつもりで生きています。
    慈しんでいます。
    不安定になった時もそうすると、不思議と落ち着いて、
    判断力や行動力が戻ってきます。

    ゆっくりでいいんですよ。

    ユーザーID:0211246925

  • 同じような家庭で育ちました

    自分の感情を殺して親のために生きてきたのもトピ主さんと似ています。父と不仲な母に、「あんたは(父に)そっくりだ!」と理不尽に責められ、愛情よりむしろ父に対する憎悪をすべて引き受けてサンドバッグになっていました。母が周囲に自慢できるようないい学校に行くことだけを命題に中学受験と大学受験を乗り越えました。社会に出てからは同じく母が自慢できるような会社に…とはいかず、就職氷河期だったこともあり、結局中小企業にて販売職。親の気をひくためにやれ通訳になるだの、外交官になるだの宣言していただけに、なんとも情けない気持ちでいっぱいでした。常に虚勢を張って素晴らしい子でいなければとても娘として認めてもらえないような家庭だったのです。出来が悪い弟は、なぜか母親から溺愛され、何をしても、あるいは何もしなくても手放しで認められ褒められるのに、私は…。
    親から「つぶしのきかない大学(学部)なんかにいくからだ!」とけなされ続け、挽回しようと必死に転職を繰り返し、年収が倍になった途端、過労で倒れ、後遺症の残る病気を発症し、仕事も断念しました。

    ユーザーID:0783983504

  • 同じような家庭で育ちました2

    最後の頃は、なぜこんなに死にものぐるいで働くのか、死んだら楽になるなあなんて考えていましたっけ。病気は辛いものでしたし、妊娠・出産にも影響のある後遺症なので悔やんでも悔やみきれません。ですが、この病気のお陰で、暴走していた自分は止まることができたのかも、と天に感謝する気持ちもあります。病気をきっかけに自分がどんなひどい環境で育ってきたのか、なぜこんなに自己評価が低く、人に認められるためには命をかけても頑張ってしまうような悲壮な性格となったのか、全てを悟りました。

    今は結婚して主婦してますが、ほんと自分ってそもそもなにをしたかったんだっけ?と悩む毎日です。何しろ、これまで親に認められるためだけに生きてきたのですから。
    でもおだやかで健全な夫や義理の両親、義兄妹に囲まれて日々を過ごすうち、”人に認めてもらうために必死で頑張る自分”が徐々に変化し、”普通の日常を、大事な家族と共に普通に過ごす”ことに価値を見いだすようになりました。丁寧に掃除したり食事を作ったり、花に水をやったり。家事や料理も奥が深いですし、調理器具を工夫したり、いろんな料理家さんのレシピを見たり、日々なかなか充実しています。

    ユーザーID:0783983504

  • 同じような家庭で育ちました3

    トピ主さんは、ちょうど毒抜きをしている過渡期なのではないでしょうか?
    子ども時代に辛かったこと、悲しかったこと、理不尽だと感じて悔しかったこと、そんな自分の感情とまずは存分に向き合ってはどうでしょう。親と距離を置くのも有効だと思います。親への恩や感謝など今は一旦忘れましょう。
    なにか行動を起こすのはそれからでも十分な気がします。そしてそばにいる彼を大事にしてください。

    (以上、長文となりまして恐縮です)

    ユーザーID:0783983504

  • ゆっくりする

    何だか焦っている印象を受けます。

    自分をさらけだしてもよい環境で過ごせると、だんだんと自分の感情を出すことができるようになります。

    彼はゆったりした人のような印象を受けますので、彼とゆっくり過ごして次第に自分を取り戻していってください。そうすると溢れるように色々やりたいことがでてきますよ。

    私は親との関係ではなく、職場の環境で同じように感情を殺したまま10年過ごしました。その間、自分のやりたいことが全く見えなかったのですが、安心できる環境で過ごすことで、今やりたいことが明らかになってきました。

    ゆっくり見つけてください。

    ユーザーID:1486480185

  • わたしもよ

    わたしも「自分が何を感じて、欲しているのかわからない」タイプです。趣味は?どんな色、音楽が好き?とか聞かれても分からず、「どう答えるべきか」ということを必死で考えました。一言で言うなら過剰適応タイプ、親や先生にほめられることがわたしの喜びのすべてでした。(今も似たようなものです。)
    かといって、ものすごく機能不全の家族だったとも思いません。長女で、まあ母親の期待は重かったですけど、その世代の母親としては珍しいほどではありませんでした。
    家族の影響も受けたけど、私自身、そういう期待や責任をを敏感にくみ取ってしまうタイプの性格だったのだと思います。

    あまりそのことにとらわれず、自分はそういう性格なのよねーくらいでのんびり構えた方がいいと思います。わたしを含め、自分の趣味嗜好や夢が分からない若い人は、思ったよりもたくさんいますよ。でも37歳の今は、自分のままでそこそこ幸せです。若い時って、輝いているようでも、葛藤や苦しみも多いですよね。
    こだわっているとますますハマります。のんびり構え、とりあえず何かちょっとやってみて、飽きたらやめる繰り返しもいいと思いますよ。

    ユーザーID:1762138841

  • 分かりすぎるぐらい分かります!

    昔の私が立てたトピのようです。私もそうでした。感情を押し殺していたから自分の感情が分からなくなっていました。

    私がやったことは「○○が好き」と口にすることです。確信がなくても理由が流行ってるからというだけでもとにかく「好きだ」と言います。
    最初はYESと言ってもらえそうな気が合う友達にだけ言います。「いいよね」「私も」と共感してもらえるだけで感情を出すことに自信がついてくると思います。慣れてきたら誰にでも言って、率直な意見をもらえば「この人は嫌だというけど、私はそれでも好き!」と自分の感情を再確認できます。

    感情がないんじゃなくて、奥にしまっているだけです。私は否定されてばかりいたので「○○が好き」という一言でさえ発するのを怖れていました。「怖れる」という感情も無かったのでそれさえも分かりませんでしたけど、、、。
    それから、感動的な映画や本を読むのもいいと思いますよ。

    今の私は、あんなに悩んでいたのが嘘のように自分の好みや感情をはっきりといえます。

    ユーザーID:3793041178

  • 似てます

    私もそうでした。

    とりあえずお金も余裕が無いけれど
    毎日食べないと生きられないので
    食べ物に興味を持ちました。
    この野菜はどこで作られていてどういう調理が向いているか、とか。
    外食したら『この味は再現できるかなぁ』とか。
    そうしたら意外に『美味しいものを食べるのって難しいんだなぁ』と
    実感して、それから料理が趣味になりました。
    安くても安全でレトルトに頼らない食事をする。
    これが今の趣味です。

    これまた意外なことに
    食事や料理に興味を持つ人は多くて
    そういった人たちとの交流が
    会社の同僚やネット上でも出来て、ちょっと浮上できました。

    きっかけはきっと些細なものだと思います。
    気負わないで毎日を楽に過ごすことに目を向けては。
    快眠グッズとかアロマ、カクテル、読書など、一見アクティブではないけれど
    興味を持つ対象を身近なレベルに設定すれば
    少しのことで楽に楽しい気分になれると思います。

    ユーザーID:2033764196

  • ノートとペンだけで

    私も自分を押し殺すことを選んで生きてきました。
    最近やっと、自分を自分で「蔑めるような環境」に置き、自分自身を心で罵り続けていることに気づきました。
    家族を一番に考えるためには、自分の要求を引っ込めなければならない
    =自分の欲望など取るに足りない、と思わなければならなかったからです。
    だから夢も希望もなく、人生が停滞してます。

    私が今していることは、毎朝、ノート三ページをとにかく埋めること。
    ジュリア・キャメロン著「ずっとやりたかったことを、やりなさい」という本があるので読んでみてください。
    クリエイター向けなのですが、どんな状況の人にもオススメです。

    最初の頃は負の感情をデトックスのつもりでガンガン書き連ねてました。
    三ページじゃ足りないくらいいっぱい書けました。読み返さない、人に見せないので、何でも書けます。

    一ヶ月経ったころ、左脳で考えすぎるんだと気づき、右脳を動かすことをやろう!と思い立って絵を描いたり、
    慣れないことをしてみたり(利き手と逆で生活したり)してます。
    それこそ、子供のように。失敗してもいいことを。良かったら試してみてください。

    ユーザーID:5670354192

  • わかる

    気持ちわかります。私は26歳で、20歳くらいのときに比べたらまだ、はっきりしてきたと思うんですが、やっぱり情報に踊らされたり、自分はどうしたいんだろうって悩むことは多いです。もともと優柔不断っていうのもあるけど・・

    私もそういう家庭で育ったと思います。(多分。自己判断ですが)その悩みについて、ACのこととつなげて考えないほうがいいと私は(勝手に)思いますよ。自分探しは自分探しって別にしないと、苦しみから出発するときっとプロセスも楽しくないですよね?
    ACのことについては専門家などに相談されては?

    どなたかがおっしゃっていた通り、よく私もネットや雑誌でいいなと思ったもの、ことをいいな、って思って終わりにしないようにしています。そこから掘り下げて、私はどうしてこれがいいなって思うんだろう?って考えると、自分の好みがわかることがあります。

    それと、芸術家の友人が何人かいるのですが、自分の感性というものをすごく大事にしていて、自分のあり方というか、一緒にいて見習いたいなと思うこと、インスパイアされることが多いです。

    お互い頑張りましょう♪

    ユーザーID:5924986491

  • トピ主です

    皆さん、レス本当にありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
    レスのひとつひとつに、心が暖かくなりました。
    職場のトラブルで板ばさみになった時期でもあり、自分だけが不幸みたいに、思いつめてしまっていた気がします。

    皆さんのレスを読んで、小さなことですが変わってきました。
    ランチに何を食べたいかもすぐ決められるようになったり、いつもはインドア派なのに友人達とキャンプに行ったり。
    通勤途中に見る空や花もいつもより綺麗に見えます(これは季節のせいかもしれませんが・・・)。
    少しずつでいいんですね。

    彼は好奇心旺盛で好き嫌いがはっきりしており、10代に決めた道を迷いなく進んでいる人です。生きている間にやりたい事をやり尽くすために、生き急いで(?)いるようにも見えます。
    そんな彼といると、自分があやふやに思えて仕方ありませんでした。
    でも、これからはマイペースで行くことに決めました。

    このトピはプリントアウトしてずっと持っています。
    迷いそうになったら、またこれを見て初心に帰ろうと思います。
    皆さんにいい事が沢山ありますように!

    ユーザーID:4562499178

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧