常識・非常識を超える知恵と思いやり

レス56
(トピ主5
お気に入り83

家族・友人・人間関係

Yuki

最近の小町には、常識・非常識に拘るトピが多いですね。
多くの人がマナー本に回答を求めざるを得ないほど、常識が常識として認識されない昨今です。
ですから、私を含め、誰しもつい非常識な行動を取ってしまう可能性はあります。

非常識と思われる場面に遭遇した時に大事なのは、常識か非常識かの線引きに終始するのではなく、
関係者が知恵と思いやりを持って、場の修整に当たることだと思います。
非常識は単に知識と経験不足であって、悪ではありません。
悪になってしまうのは、関係者が知恵と思いやりのある対応ができない場合です。

結婚式に黒以外のドレスでと依頼された、出産に購入品の祝いがないなど、他のトピで拝見しました。
こういう場合も、相手に対する理解、そして理解しようとする知恵と思いやりがあれば、非常識が深く暖かい人間関係に転ずると思うのです。常識・非常識があるのも、円滑で暖かい人間関係を皆が求めるからです。
ですから常識・非常識に拘り過ぎて、人間関係が壊れてしまっては本末転倒と思います。

最近のトピを拝見してこのように感じましたが、皆さんはどう思われますか。

ユーザーID:7426107627

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レベルの違い

    一口に「常識」と言ってもピンキリですよね。
    「TPOレベル」の常識と「人道レベル」の常識が区別できてないひとが多いようです。
    本などに書いてあることを鵜呑みにするばかりで、自分の頭で考えるというくせがついてないのでしょうね。

    ユーザーID:1972716395

  • メンツや欲より本質が大事であって欲しい

    私もその通りだと思います。常識非常識の線引きは、自分を安全な方に置きたいという「欲」の現れであることがほとんどでしょう。

    常識非常識の線引きはあって然るべきですが、人に生きる目安を提供するものであって、他人を責めるための道具ではないと思います。

    別の例えをすれば、成功事例・失敗事例が有るとすればそれはどちらも事例の種類に過ぎません。成功を褒め称え、失敗を叱責してしまいがちですが、

    一歩引いてみれば、そのどちらからも同じように「学ぶ」ことが出来ます。私より先に失敗をして事例を見せてくれた人には感謝したいくらいです。

    ただ、失敗には取り返しの付かないものもあるので、それを防ぐために最低限の常識非常識は予め知らされている方が良いでしょう。

    酒を飲んだら運転しないとかね。

    非常識な人間を許さないという風潮は、正しくは有りますが、正しい生き方かどうかは疑問です。人を許さない人は人に許してもらえないでしょう。

    もっとも、不思議な事に世の中には何故か役割分担が出来ていて、許す人は許し続け、許される人は許され続けたりしてますけど。

    ユーザーID:1170878805

  • 知恵と思いやりがあれば

    >悪になってしまうのは、関係者が知恵と思いやりのある対応ができない場合です。

    とありますが、関係者に知恵と思いやりのあればそもそもマナー違反なことはしないのではないでしょうか。
    思いやりと知恵があるのならば知識や経験はなくとも、それを補おうと
    マナー本の一つでも読んで常識的な行動をするでしょう。

    マナー違反を起こしたほうには知識・経験不足で許され
    された方は思いやりと知恵をもって許さないといけないのなら
    それは理不尽なことだと思います。

    ユーザーID:8470101363

  • 皆が人に求め過ぎ

    あまり相手や周りにその考えを求め過ぎてもいけないですね。人によって何を不愉快に感じるかとか価値観が違うだけでなく
    日頃のお付き合いの状態なども関係してくるし、余程できた人か物事にこだわらない人じゃない限り、難しいと思います。
    もしトピ主さんにとってこれは非常識では・・という態度を相手にされたら、知恵と思いやりで寛大にできますか?
    皆お互い相手に多くを求め過ぎなのだと思います。「こうするべき」「こうして当たり前」という押し付けや甘えがトラブルになるのだと思います。
    親しいと特に甘えが出ます。

    結婚式などの場合は、招待する側は、「自分達の式に来ていただく」「ゲストの方たちに楽しんでいただく」という気持ちが大事だと思います。
    いらしていただくことだけで嬉しいという気持ちと、精一杯もてなすという気持ちを忘れてはいけないと思います。
    招待された側は「招待していただいた」「お祝いの気持とともに楽しむ」という気持ちが大事だと思います。
    最低限のマナーを守り、周りの人やホストに対して失礼のないように気遣うことを忘れてはいけないと思います。
    お互いの気遣いが大事だと思います。

    ユーザーID:2528707124

  • 自己中な人、増えた?

    (横ぎみですみません)

    タイトルどおりです。
    ライフスタイルの核家族化や、欧米化により、やたらと「個人」を主張して。
    他人を警戒しすぎたり、敵対視しすぎたり。

    私が小学生のときは悪いことをしたら、近所のおやじに怒られたりとかしましたが、最近ではありえないですよね。
    古き良き昭和の思い出でしょうか。

    親子の会話も少なくなったんでしょう。
    「花嫁さんがそう言うんだから、黒じゃないのを着ていけばいいじゃない。」
    「○○さんのところ子供生まれたの?(交友関係も知っている)お祝いは出したの?○○円位でいいと思うから。」
    と、母親が一言アドバイスすればいいのに。

    自己中心的と言うより、コミュニケーションが苦手な人が増えたのかも知れませんね。
    親や親しい友人に相談しないで、(相談出来る人がいない?)こうやってパソコンに向かって相談する。

    (ごめんなさい、悪意はありません!)だからここには「おいっ!」ってつっこみ入れたくなる様なトピが多いのかもしれませんね。

    ユーザーID:3688612041

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 小町の問題は

    >常識か非常識かの線引きに終始するのではなく
    >知恵と思いやりを持って、場の修整に当たること

    状況次第ではありますが、概ね同意します。

    「自分の価値観だけが正しい」と他の意見を受け入れられず、身の回りの事例を一般化して常識と思い込む人が非常に多いのが小町。仰ることは分かります。

    が、小町の場合「知恵と思いやり」が性別によって180度変わってしまうことが一番の問題。女性にはありえないほどに甘く擁護され、男性には全く逆の言動。
    思いやりどころか、常識と非常識のラインまでもが変わってしまう。

    「感情論による同性擁護」が「社会的善悪や常識の判断能力」を上回ってしまうようでは、いくら「知恵と思いやり」があっても使い方を間違っているので、何の意味もありません。

    当事者が男性でも女性でも、いいものはいいし、悪いものは悪い。それを踏まえた上で、性別に関わらない「思いやり」が必要です。
    小町で求めるのは限りなく不可能なように感じますが。

    いずれにしても、必要なのは感情に捕ない、論理的で広い視野です。男女逆にして考えることも必要かもしれません。

    ユーザーID:4208324278

  • 違い

    常識非常識といっても、マナーの面とそうでない行動等にかかわるものとは、分けて考えないといけないのでは?
    マナー面の非常識(例えば、結婚式のお祝いで蝶結びの祝儀袋を使用するとか、フォークでなくナイフを口にもって行くとか)は、確かに無知や経験不足で悪ではないかもしれないですよね。これは、あくまでも世間での決まりごとですから、知らないのは悪では無いけど、威張れるものじゃない。
    しかし、行動等にかかわるものについては 無知や経験不足ではなく、相手に対する思いやりが欠けたところから 発生しているのじゃないかと思います。
    相手が自分の意思とは違う行動をした時に、「非常識だ!」と感じる場合です。こういう場合は、お互いの知恵や理解で乗り越えられる部分もあるのかも。お互いに柔軟な心を持っていればですが。
    この場合は、相手の行動の非を「非常識」という言葉をもって 証明しようとしているからにすぎません。
    上記の両者を一緒に考えると、過日の「香典返しはいらない」トピのように??な考え方になっちゃうんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4579843450

  • あ〜私も最近同じような事感じてました!

    最近の小町、常識・非常識トピ多いですね!
    友人関係から始まり家族、職場、ご近所など。

    つくづく思うのは自分の常識と皆の常識とは
    必ずしも同じでは無いと言う事。

    非常識な事があってもそこで相手の事を
    否定的に思わないでトピ主さんの言う通り
    相手を理解しようとする思いやりがお互いにあれば
    せっかくご縁があって出会った人達と末永く
    素敵な人間関係が築けるのだろうな。
    とそんな事を最近ぼんやりと感じていました。

    とはいえ、友人宅に訪問した日には、
    手土産の内容はあれで良かったのか?
    会話内容で変な事を言わなかったか?
    友人に宛てたメールの内容を読み返しては
    チェックしてみたり等、自分自身の常識・非常識に
    ついて毎日反省ばかりしていて
    そんな事でちょっと心が疲れて人間関係におっくうに
    なってる今日この頃でした。

    そんな中、小町の常識・非常識系トピ、
    そしてそれに対する同意、非難等のレスを読んでいて
    更に自分自身の反省が深まる日々でした(疲)

    でもこのトピを読んでなんだか
    肩の力が抜けておおらかな気持ちに
    なろうと思えました。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:6386040746

  • 私個人的には

    私は儀礼的なものはきちんとする方で「親しき仲にも礼儀あり」と考えています。

    まわりの友人知人みんなそういうタイプです。
    逆に礼儀もないタイプだと仲が続きませんでした。

    トピ主さんが引用されていたトピックは正直思いやりとかそういうものでは割りきれないというか…

    きっとトピ主さんは心やさしい器の大きい方なのだと思います。
    一般人は持ち出し一方では不満溜まりまくりです。
    一般人としては「見返りと常識」は切っても切り離せないと思います。

    「以前私はあなたにここまで与えたんだから、あなたは私に同等程度のものを返してほしい」
    お互いのそろばんが合えばいいけど…
    どこから弾くのか…一人一人違いますからね。

    ユーザーID:5754085524

  • 自分の常識は他人の非常識

    かと思います。

    自分が今まで”常識”だと思ってしてきたことでも、
    他人には”非常識”だととられることも・・・

    ここで常識・非常識を求めるのも、
    何かとHowTo本に頼りがちな昨今、致し方ないかと。

    常識・非常識を求めることも悪くはないですが、
    人として回りの人に嫌な思いを与えないように行動したいものです。

    もちろん、私も含めてです。

    ユーザーID:2395057805

  • 私が思うのは

     トピ主さんの仰るように「これは常識的にどうなのか」「こんな私は非常識ですか」と問うトピは多いですよね。私もトピ主さんの御意見は理解出来ます。しかし私がもっと思う事は、「少し自分の考えや価値観と合わないだけで相手を『非常識だ』『マナーがない』と決め付け、自分の考えが絶対に正しいと信じて疑わない人」が多い気がするという事です。

     「自分より後にマンションへ入居してきた向かいの住人が挨拶に来ない。非常識だ」「出産祝いを贈ったのにお返しがない。非常識だ」「友人の御祝儀が2万円だった。非常識だ」・・・常識・非常識を問うトピは挙げればきりがありません。世の中には数え切れない程の人がいるのだから、それぞれ考え方や価値観に違いがあって当然ですよね。なのに少し自分と違うだけですぐに「非常識だ」と責め立てる人の多い事。そこまで必死になって常識・非常識の是非を突き詰めて考えなくてもいいだろうに、と思ってしまうトピも正直あります。

     トピ主さんの仰るようにあまりにも常識・非常識に拘ると、視野も価値観も狭くなってしまうかもしれませんね。私は小町を見ていると「神経質な人が増えたなあ」と思います。

    ユーザーID:3735656750

  • うまく言えるか、わかりませんが…

    『常識だから・非常識だからこう対応する』
    だったのが、
    『自分がこう対応したいから、それを常識・非常識にあてはめる』
    に、かわってきているのだと思っています。
    常識・非常識が、自分の対応を正当化するツールとして用いられる。
    別におかしなことだとは思いませんが、
    その用いられ方が…なんと言うか、えげつない!と感じられる時に
    トピが荒れることが多いように思います。
    常識・非常識は、以前より絶対のものでなくなっているから、
    その間を埋めるお互いの思いやりがより必要とされるんでしょうね。
    だから、できるだけ多くのかたの視点を知りたいと思いながら
    レスを拝見しますし、
    自分にとって不快な意見でも(気分悪くなりつつも)読みたいんです。
    自分のなかの常識・非常識への認識を磨いて、
    その中に思いやりも持てるようになりたいです。

    あとは文章力も磨いて、
    的確かつムダもトゲもないレスができるようになりたいなぁ(遠い…)。
    そしてPCの前でムダに時間は流れるのでした。

    ユーザーID:6236345301

  • 正論だけでは

    それぞれのトピで同じことを書き込まれている方が沢山います。
    むしろ「自分の常識」を振りかざす人は、叩かれる傾向にあるのでは?

    ほとんどの皆さんが、Yukiさんと同じように考えているし、
    その上で、それぞれのケース、それぞれのトピ主さんに応じて
    具体的な提案をしたり、考えを述べたりしているのではないかと思いますよ。
    文字だけのやり取りなので、時に厳しかったり、激しかったりするように
    感じるかもしれませんが、ここでわざわざ相談する人は、上っ面の正論を
    求めてるわけではないと思うのです。

    ユーザーID:3999955444

  • そう!その通りです!!!

    Yukiさん、こんにちは。

    私もYukiさんの意見に激しく同意です!

    別トピ(恐らくこのトピがきっかけでは?)にも書き込みましたが
    自分の価値観で常識・非常識を決めてそれを振り回す人に
    今日現在困っています。

    本人は職場など色々な体験をして来てそれの集大成だから
    間違っていないって主張しますが
    私から見れば「そんなことで怒っているの?」って不思議なんです。

    でもその当人は正論を振り回すだけでなく
    (言い方の問題もありますが。本人は気づいていない)
    私だけでなく、目上の人にも上から目線な物言いをするので不快です。
    今のところは目上の人も水面下では不快に思っているようですが
    (目上の人の行動に現れているのですが、彼女は気づいておらず
    逆にあの人は失礼だ、とか不親切だなどと怒っています)
    大事になっていないのが救いですが。
    今に何か起こりそうで(しかも私も巻き込まれそうで)怖いです。

    逃げたいけれど、職場の同僚なので逃げづらく
    (自分の価値観を振り回して陰湿ないじめをしそう)
    本当に困っています。

    ユーザーID:1953550484

  • グルグル回りそうな理論ですね。

    常識・非常識はもちろん、誰かが明確に判断出来ることではありません。ですが最低限のマナーというのは存在するはずです。もちろんその線引きも難しいのでしょうが、人間関係を築いていく上で、そのマナーというのは不可欠なのです。結局はその常識やマナーも、元は他人に対する思慮から生まれたはずです。成長過程で人から学ぶこともあれば、自分で「こういう場合はどうするものか」と疑問に思うことで学べる常識もあります。それを知らずに学ばずに生きてきたということ、それは広い視野で物事を考えられない自己中心的思考の結果でしょう。無知ってとても恥ずかしいことだと思います。非常識を単に経験不足という良い解釈をするのは、とても寛大な方しか出来ないことだと思います。しかし常識という言葉を糧に、ご祝儀の額がどうとか、出産のお祝いがコレって普通なのかとか、そういう型にはまった考え方しか出来ない人が他人を批判する姿はとても醜い。誰もが自分を見つめ直せるか、そして省みることが出来るか。出来る世の中であればもっと平和な世の中だろうな、と思います。

    ユーザーID:9662539719

  • その知恵と思いやりがあれば立派な国際人!

    小町の常識、非常識トピを見て感じることは、非常識に対する捉え方がエキセントリックになってきたのかな、ということですね。

    非常識があっという間に「信頼回復の可能性無し」「絶縁」となってしまう。
    わたしはどうも、コミュニケーションがうまくいかず切れてしまった信頼関係を「非常識だから」という後付の理由に使っている人が多い気がしてしまいます。

    私は四十代ですが、昔は非常識を絶縁の理由にする人は今よりずっと少なかった気がします。

    非常識だから絶縁というのは最近の風潮ではないのでしょうか??

    時代の変化が激しいと、何を基準に行動したらいいのか、不安になりますね。
    知恵と思いやり<不安感
    となってしまっているのでしょうか・・?

    ユーザーID:2160638856

  • 今回は匿名でさん、yukiさん

    yukiさんは、常識・非常識の判断に捕らわれすぎずに、お互いに思いやりをもって考えればうまくいくのでは?
    とおっしゃっているように思います。

    あなたの同僚は正論を振りかざしていて思いやりがないようですが、経験者ゆえの正論であると認めているにも関わらず「そんなことで何で怒っているの?」などとあなたが思っているのなら、yukiさんの考えとはまるで違うと思いますよ。

    よく読んで理解してください。


    yukiさん、
    花嫁なら、洋服の色など何でも良いし、御祝儀もどうでも良い。
    ただこの佳き日に来てくださるのが嬉しい。

    列席するなら、花嫁の白は避け、できるだけ華やかな姿で。
    お料理と引き出物をいただくとお祝いの金額が出ないなんて御祝儀の意味がないから、きちんと包む。


    お互いが相手を思いやっていれば、たとえ黒を着ないでって言われても、御祝儀が少なくても、荒れるトピ自体が立ちませよね?


    いただくときは手作りは心がこもっていて嬉しい。
    差し上げるときは、手作りだけでは失礼だからお祝い金に添える。

    みんながそうだといいのにね。

    ユーザーID:4120321113

  • 思うこと

    本当の意味で人との関わりが少ない、浅い気がします。
    「色々な価値観の人間」に出会う機会が少ないので、拒絶も激しいのかもしれません。

    もともと価値観が合わない人同士で浅く付き合っていて、急に価値観が関係する結婚や出産を通じてトラブルになっている。そんな気がします。

    >関係者が知恵と思いやりを持って、場の修整に当たることだと思います

    それは互いに相手に「欠点(受け手にとっての非常識)を超えるほどの好意、または関係の持続の希望」を持っていないと難しいと思います。
    核家族化・個人主義の結果なのでしょうかね・・・本当に今時の人付き合いは難しいです。

    ユーザーID:4151849716

  • そもそも

     思いやりや知恵をもってやったことでも、よかろうと気をつかっても、
    同じように合わせたたからといって、配慮があるとは思いません。
    空気読めないような人が何か積極的に、他人のためにやったとしても、
    迷惑なだけではないかな。
     
     多少常識知らずでも知らないのだなと流せばいいことでその人が恥ずかしいだけだから。

     非常識をいちいち指摘するのも非常識、自分の物差しで計った常識を振りかざすのもまた非常識。
     他人に自分の意見や考えに同調を求めるのもおかしい。
     他人は他人、自分は自分で、大人の対応をするまで。

    実際、その個人個人で知識レベル、生活レベルも違うわけですし、その場にあった状況判断と頭の回転の良さでクリアできると思いますが。
     上に同じく、常識を知らない人や空気読めない人を大目にみて、されたほうは、知恵と思いやりをもってあげるなんてできません。
     失態をして学ぶのが人であり、気が付かない、忠告もされない人ならばそれまでの人だったと思うくらい。

    ユーザーID:3520922709

  • それ礼なるものは・・・乱のはじめなり

    老子「道徳教」38節。そこで、礼は・・・・「乱のはじめ」であると老子はいっています。道(自然)を失っているから、さかしらな知恵がはびこるのだと。自分の常識にしたがわないひとを腕まくりをしてとがめる(そういうひとは昔からいたんですね)。

    ユーザーID:2125390781

  • 二度目です

    一度目の投稿では書ききれなかったので続きです。
    世の大半の人は聖人君子ではないので、いつでも知恵と思いやりを持ち続けることは難しいでしょう。
    なので非常識なことをしたりマナー違反犯してしまうこともあるでしょう。
    それで相手が知恵と思いやりのある対応ができなかったとしても
    それもまたしょうがないと思うのです。
    その行動の裏に「相手からの思いやりの欠如」を感じ取ってしまったら尚更ではないでしょうか。

    ですが、他の方のレスにもあるように、それを盾に過剰なまでの攻撃をするような人は明らかにやり過ぎだと思います。
    トピ主さんが例にあげられているトピのように、マナー違反や非常識かどうかも意見がわかれるとこで自らの正義を振りかざすのもいかがなものかと思います。

    ユーザーID:1665312092

  • 攻撃が防御なのかしら?

    何の為に常識やマナーがあるのか考えなく、マニュアルを鵜呑みので正義だと思っている人も結構多いみたいですね。

    別なトピでも書きましたが、常識・非常識・マナーって、基本は自分の行動の指針にするものであって、人を批判するためのものではないと思ってます。
    でも、最近は人を責めるための武器的なものとして存在してるようです。マナー本ではこうだからこうすべきという意見の多さ。どうやら"常識から外れる悪者"を成敗する道具になっているようです。
    人間関係を潤滑にするために存在するのがマナー、人を責めるために使っては本末転倒ではと疑問です。

    みんな同じじゃないと心配だからか、自分がこうなのだから人もこうすべきという変な平等意識を持つ人もいるようですが、人間関係で誰に対しても平等は難しいですよね。

    環境や立場でいくらでも変わるものを絶対視し、うっかり人を責めてしまっても、時折それが正しい行為なのか疑問に思える余裕があるといいですね。
    自分と違う行動をする人にはきっと違う常識があるのだろう、世の中には色々な人がいて、色々な人間関係があって、色々な常識があると割り切れたら楽なのに。

    ユーザーID:1625726650

  • 常識って・・・

    本当は存在してないように思います。
    『常識では』という言い方をされると、「誰の?」「どこの?」など、
    突っ込みたくなります。。。「・・というのが一般的」のような言い方だと、
    それが多数派なのね〜という感じ。

    「非常識は許さない」みたいなレスを読むと、形のないものに縛られて
    許さないものを増やし続けるだけなのに・・・と気の毒になります。

    普通も常識も、どんどん変わってしまっているのですから、難しいですね。

    ユーザーID:0932262075

  • 「そんなの常識」

    と言う人が、私の周囲にも何人かいますが、みーんな自信たっぷりですよ。自分と、自分が属する「世間」とブレがあったらそれはもう常識じゃないのに、その世間と自分とにブレがあるなんて考えたこともない。大した自信家です。

    思いやり、常識っていう言葉を万能兵器のように振りかざす人を観察していくと、「あの人嫌い」って言う代わりに「あの人非常識」って言うらしくて、自分だけでなく世間全体からも否定されるべき、という非難めいた、歪んだ自己主張に聞こえて滑稽です。

    自分の好悪ではなくて常識非常識を根拠に主張する人を、「没個性に徹して周囲の顔色を伺ってあうんの呼吸で要求要望を汲んでうまく立ち回っていかないと、仲間はずれで死ぬしかなかった鎖国時代の負債だ」と書いてある本を読んでから、こういう種類の人をかわいそうだなと思えるようになりました。

    私は帰国子女なので、それを言うとみんな手のひらを返すように対応が変わります。それはそれで可笑しいですよね。「最近非常識な人が多い」と言う人にはまさに今が、島国の過渡期なんですね。

    ユーザーID:9319920768

  • 同意します

    結局、常日頃の会話に出てくる常識・非常識なんてのは、口にする人の
    主観に基づくもので、地域・性別・社会的立場等の環境が変わればコロコロ
    変わる程度のものと思います。

    小町で常識・非常識論争が展開されるたびに、「あなた」にとっての常識ね・・・
    と心でつぶやきます。

    アインシュタインの、
    「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」
    という言葉を聞いたときは、オオッと膝を叩きました。

    ユーザーID:1060132475

  • 概ね同意ですが

    私が気になるのは「お互い様」とか「人それぞれ」という言葉です。
    お互い様は、実に日本的な考え方で、私自身好きな言葉なのですが、
    問題はこの言葉を使う人が、(特に小町では)所謂非常識側の人に多いということです。
    常識非常識を超える知恵と思い遣り、大いに結構ですが
    その思い遣りを訴えることができるのは、非常識を許す側のみであることは
    心しないといけないことですね。
    (余談ですが「〜するのが愛の形」とか言うのも同じことが言えますよね)

    後、小町で常識非常識のトピックが立って、そこで議論になるのは私は良いことだと思いますよ。
    現実世界ではお互い思い遣りは必要でしょうが、掲示板まで思い遣りで非常識も許しましょうでは
    非常識な行動をした人は、また自分が常識だと思い込んでいる人は、知識と経験不足をいつ補うのでしょうか。
    こういった場だからこそ、普段は思っても言えないことが言えるのですから。

    ユーザーID:7797964060

  • トピ主です、ありがとうございます!

    みなさんの言葉、ひとつひとつ大事に読ませていただいてます。
    私と違うご意見も含め、本当にどれも説得力ある内容で、とても参考になります。
    常識とマナーを分けて考える、人に求めすぎ、正論だけでは解決できない、人との関わりが希薄など、本当にそうですね。
    ミリオンさんのご意見も深く頷けました。

    私自身はおおらかな性格だと思います。
    一般的に非常識だと思われる扱いをされても、あまり気になりません。
    というのも、大抵の非常識(あるいはマナー違反)は、ケチ、時間がない、面倒臭い、自分の希望を優先したいというような理由から出ていることが多く、私に対する悪意から出たわけではないので。
    ある意味、おめでたい性格かもしれません。

    でも親しき仲にも礼儀ありっていうのも本当ですね。
    おおらかな私の性格が、知らず知らず非常識を生み出している可能性もあると自戒します。
    欠点だらけの自分に対しては日々精進、人に対しては寛容と思いやりを持って生きていきたいです。
    理不尽を理不尽と感じない心、そんな心を持てれば精神衛生上とてもいいと思うのです。

    ユーザーID:7426107627

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 概ね同意します

    トピ主さんに概ね同意します。

    人を裁く、批判し、判定するための物差しとして常識・非常識を持ち出すのでなく、自分が周囲に対し思いやりある行動をとるために常識を意識すればよいのだと思います。

    非常識は思いやりがないかといえば、知らないだけかもしれない。
    常識やマナーはたいてい見える形のもので、たとえ心がこもっていなくても体裁を取り繕うことができます。

    形よりも心が大切と思えば、常識・非常識で他人に目くじらを立てなくてもよいかと思います。


    非常識である振る舞いをする人に対しては、「ご存じないんだね」くらいで流してあげる。


    常識は自分を律するためのものでいいと思います。

    ユーザーID:9925311563

  • Yukiさん、ありがとう

    私の気持ちをそのまま代弁してくれたかフようです。全く同じ意見です。
    最近の小町を見ていて、「心の広い人がいなくなったのかな」と悲しい気分になることが多かったので、こちらのトピを見て、ホッとしましたよ。Yukiさん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:4343313866

  • でもね

    確かに、相手の行動に目くじらを立てて、いつまでも許さないと言うのは
    良くないと思いますが、そういうことが無い様に、お互い不快にならず、
    納得できる形が、常識というか、暗黙の決まりかなと思います。

    例えばご祝儀や、内祝いなど金銭的な?揉め事が多いですが、
    世間的な事に合わすか、あるいは、お互い様で相手に合わすかすれば
    揉める事も無いのに。
    デパートの購入品をプレゼントしてくれた人はそういう価値観の人なんだから、あげるときも相手に合わせてそういう風にしておいたら揉めないし。
    「気持ち」って言う時に限って額が少ないとか、
    自分の時は貰ったのにあげないとか、
    本人にしたら本当にそうなのかもしれないけれど、
    気持ちというなら多いほうが説得力あるんじゃないの?
    貰う方や客観的には、ケチられた、軽く見られたって感じる場合が多いし。

    常識非常識にとらわれるというよりは、
    人間関係を円滑にするために「常識」や「型」も結構大事だと感じます。
    それを超えて、相手を喜ばせたり納得させられる場合はとらわれる事は
    無いと思います。

    ユーザーID:0365837517

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧