家族・友人・人間関係

1円も貸したくない。

レス32
お気に入り48

ルビイ

ひと

夫側の親族から、夫に借金の申し込みがありました。
10数万円と大きい額ではないのですが、夫は、貸すというか渡す気です。
そこの家族は皆成人だし働いているのに、10数万の現金が無いというのは、私からすれば考えられないのです。
しかも月賦で返すとのこと。返済できないというかする気がないのだと思っています。
借金の理由は医療費の支払いだそうです。それも疑ってしまうほどその親族が信用できません。
非常識な相手なので私は嫌っています。
こちらの祝い事に何ひとつしていただいたことないのに借金の申し込みはしてくる神経がわかりません。

夫には、身内のお金の貸し借りはもめる元だ、あんなルーズな相手に危ないと言いましたが、
身内をかばって、これで返さなければ次の借金があった場合、断れるからとか
納得できない理由を言います。
主人は自分のお金から出すといいますが、ぬるさに今後つけこまれる心配をしてしまいます。

小町でもお金を貸すのではなくあげろといいますが、1円もあげたくないというのが本心です。
借用書を取る、取り立てると徹底的にやる私をいさめる主人とギクシャクしています。

ユーザーID:0767693277

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 高額医療制度

    高額医療費制度で検索すれば、医療費補助のサイトに行けます。
    ご主人にそちらを見せてみるのもいいかも。

    ただし、一旦請求額を全部支払い、還付手続後にいくらか還付されるという制度です。

    ユーザーID:9517285837

  • 難しいですね

    トピ主さんのお考えのように、お金は戻って来ない可能性が高いと思います。
    でも、それならそれで「縁切り代」と考えればいいのかも。
    ただ問題なのは、今回の額は返済されて、更に多額の借金を要求されること。

    とはいえ、そう無下にもできないのでしょうから、やんわり断って、食い下がるようなら金額を下げさせたり、とりあえず「簡単な相手ではないな」と思わせることが肝要かと。
    お金にルーズな人は、借りやすい相手に目を付けて、難しい相手は敬遠するものです。

    ユーザーID:4690716538

  • 夫婦で揉めても仕方がない。

    ご主人側の親族の事ですから、ご主人に任せましょう。
    自分のお金で出すと言っていますし。
    以後、ご主人のお金の範疇を越えて、家族のお金から・・・と
    なった時に、断固たる態度でNOと言えば良いと思います。

    トピ主さんがその親族を嫌う気持ちはわかります。
    でも、ご主人にも立場や情実が絡みますから、それは理解してあげましょう。

    第一、こんな事で夫婦が揉める事自体がアホ臭いでしょう?

    ユーザーID:2142590302

  • 断固貸さない(出さない)

    信用できない人間に、貸したら駄目です。

    お金が無いのなら、先に親族に借りればよい事。
    私も、それで人生が狂いました。

    ちなみに、借用書書いてもらう時は、≪連帯保証人≫を立ててもらいましょう。

    ユーザーID:1778392440

  • ご主人は賢い大人

     私もどっちかというとトピ主さん的な人間ですが、そういう人間とトピ主さんのようなご主人で、夫婦としてはうまく世の中を渡っていける、と第三者からは思います。親族である以上、最初から疑ってかかって一切付き合わない、というのは非現実的です。金額にもよりますが、

    >10数万円と大きい額ではないのですが、

    と思えるご主人は、これを出すことによって

    >これで返さなければ次の借金があった場合、断れるから

    という現実的な判断をされています。トピ主さんの主張もきちんと取り入れていると思います。非常にバランスのとれた賢明な大人のやり方だと思いますよ。でもまあ、のちのち、次の借金を断る場合にも備えて、トピ主さんの言うように借用書は書いてもらうほうがいいかな。私はトピ主さんの言い分もすごくよく分かるから、その気持ちもほんとうにその通りだと思いますよ。

    ユーザーID:5149974614

  • 旦那様に約束してもらいましょう。

    『医療費』を名目にお願いされたお金を、旦那様はもう「あげる」つもりで渡すとおっしゃってるんですよね。
    そして返済がなければ次の借金は断れると。
    トピ主様の文章を読む限り、旦那様はきちんと身内への仁義とリスクヘッジを考えてらっしゃると思いますよ。旦那様としても身内での面目もありますし、今回は旦那様の言うとおりにしてみては如何でしょうか。
    一点、心配なのは、月賦返済の途中でまた更なる借金を申し込んでくること。これは頂けません。でも要求される可能性ありですよね。
    なので「百歩譲る。でもその親族へお金を貸す・渡すは「今回の10数万限り」という約束を旦那様にしてもらっては如何でしょう。

    あくまでトピ主様の文章から私が受けた旦那様の印象を前提に書きました。「夫はなんだかずるずるもっと渡してしまいそう」という懸念が強ければ、今の時点でなんとか思いとどまらせてください。

    ユーザーID:8343015677

  • 気持ちはわかるが、一回こっきりなら貸すかもしれないです

    捨てたつもりで貸してみるのも一興かと思います。
    他人事だから言うのではなく、十数万という金額を見て言っています。
    本当に医療費なのかもしれない、と思うからです。
    全財産かき集めて、それでも十数万円足りなかったら、銀行へ融資を願うよりも恥を忍んで身内に頭を下げると思います。全財産を吐き出しているので、返済は月賦になるでしょう。
    確かに、金銭感覚が緩いだけの可能性もあります。けれど、そんな半端な金額でどうにかなるのなら、一回限りで助けてあげようと思います。私でも二度目はありません。
    一円も貸したくないという気持ちはわかります。貯金もない生活は私にも考えられません。家族全員が働いているというのであれば、連帯保証を家族で持ち合う形で借用書を書いてもらえば良いのです。
    それに十数万円なら、お互い少し働いたら稼げる金額です。借用書を取り交わすのが無理なら、落としたと思えば良い。トピ主さんはそのお金がなければ、明日の暮らしにも困りますか? その人達はきっと困るんでしょうね。
    今後の借金の申し込みはこれを理由に断れます。ご主人の言うこともある程度受け入れてあげませんか?

    ユーザーID:6491932271

  • わかります!

    返済しない可能性が高い相手への貸付としては十分高額だと思います。
    何よりまずは家族内で用立てるのが基本で、それが無理なら理由をちゃんと説明するべきだし。

    私の夫も義兄と義父にそれぞれ10万円貸しています(サイドビジネスの支度金で夫は部外者)

    トピ主さんご夫妻と同じく私は反対し、貸すなら書面を交わすよう話し、夫は身内相手にそこまでできない、半年後までに二人とも返すと言ってるし、返さなければ次は断るからと言い張るので決裂。結局夫は結婚前の貯金から貸したようです。
    その後一年経ちましたが、その間義父も義兄も何事もなかったように何度も私達と顔を合わせています。
    サイドビジネスからは義兄は撤退したようです。
    私としては、ホラみなさい、という呆れと不信感でいっぱいです。

    ただ、夫が個人資産をどう使うかは私には干渉できないことで、諦めるのも悔しがるのも夫の作業なんですよね。
    トピ主さんのご主人も自分の貯金を使うつもりのようですし、それならばもう私には関係ないわ。と割り切って、あとはご主人に任せて忘れてしまうのが良いかも。

    家計からの話なら徹底的に戦うべし、ですが。

    ユーザーID:9925812794

  • お金って

    貸しても貸さなくても人間関係に大きなひびが入るものです。だったら貸さないほうがいいですよ。十数万の金を月賦で返すなんて子どもじゃあるまいし、あきれる感覚ですよ。
    経験から言って借りたお金をきれいに返した人は皆無です。約束も守りませんよ。全員縁を切りました。月賦で返す気があるならお金のことでもめたくないのでサラ金で借りてくださいと返事しましょう。一円も貸したくないという考えは正しいです。

    ユーザーID:5698165738

  • 借金魔とは

    私の主人も常識しらずで何度もお金を貸して嫌な思いをしてきました。
    今ではもう貸さないと口では言っておりますがあまり信用できません。

    借金を繰り返す人の手口というのを何度も見てきた私としては一言言っておきたいです。

    私の主人が貸した相手に共通する手口があるのです。

    それは一度目に借りたお金はすんなり返してくれます。

    怖いのが二度目なんです。

    一度目に約束通り返してくれたからといって主人はあっさり2度目に貸してしまうのです。

    でも一度目より2度目の方が金額も大きく、後で後悔しているのですが後の祭りです。

    何度催促しようがなかなか返してくれずとても嫌な思いをします。

    でも借りた本人はというとパチンコに行くお金はあるみたいで・・・。

    とにかく1度目返してくれたからといって2度目・・・とかは考えてはなりません。

    ご主人様もまだ甘いです。

    お金は貸してはなりません。

    貸す=あげたと思うなら別ですが。

    ユーザーID:0458402270

  • トピ主様に同意。

    私もお金の貸し借りが大嫌いです。
    いい歳して働いているのになぜっ?!と思ってしまいます。
    いい歳した既婚の義弟(夫の弟)が義母に5万ほど貸して欲しいと来ていたことを聞き、
    はっきりいってあきれました。
    5万の蓄えもないのかと。

    10数万円。決して少ない額じゃないです。それだけ稼ごうと思えば
    (パートの私は)どれだけの時間タダ働きしなければならないか・・・。
    ご主人のお小遣いからだされるのかもしれませんが、借用書は絶対作りましょう。
    でなければ、小町の皆様がよくおっしゃるように、あげたつもりで・・・ですね。

    ユーザーID:5207840322

  • 嫌ですよね・・・

    難しい問題ですね。
    貸すには貸すが、とりあえず要求されてる半額を貸して、きちんとそれを返済してくれるか見るというのはどうですか?
    それさえも返済がないようなら、ご主人の言うように次の催促は絶対に応じないとすれば!?

    あまりご主人ともめてしまうと、ルビイさんの知らないところで勝手にご主人が貸してしまったりすると怖いので気を付けて下さいね。

    でも本当に貸す事になれば、返ってこないと覚悟しておいた方がいいですね。あげたつもりで・・・。
    借用書は作っておいて損はないんじゃないですか!?

    ユーザーID:2103403153

  • 借金クセのある人の場合ですが

    借金に慣れている人は、空気を吸うかのように借金をします。借りれるまでの言い訳は様々繰り出される事でしょう。お金が手に入れば、人間関係が悪くなっても、何も感じません。でも考えられない事に、また借金の申し込みを平気でしてきます。頭に「以前、金を貸してくれた人」しかインプットされていないからです。借金一心、人の情など微塵もありません。
    一度でも金を渡すと、金を工面できる経済状況とだけ認識され、次断れば、恨まれるか、断るのに相当な骨折れでしょう。「あげるくらいの気持ち」は危険です。最悪、殺人にまで発展する事も想定できますよ。
    最初から嘘でも「貸すくらいなら家の借金返します」とか言って、金無いアピールする。断られる事には慣れているので、せいぜい使えないヤツと見なされるだけ。
    貧乏人扱いされて、かっこつけて貸せば、向こうの思う壷です。相手は心理戦も上手ですよ。
    普通の人と脳構造が違うのです。親族付合いは諦めた方が良いでしょう。おかしい事に、それは向こうが決める立場にあるんですよ。

    ユーザーID:5543172009

  • その親戚と縁を切るつもりならどうぞ、と

    言って、貸せばよいのでは?

    友人でも親戚でも安易なお金の貸し借りだけはしてはいけないと思います。(借用書等明確な貸し借りを双方わきまえての借金ならわかりますが)

    実際、金銭の貸し借りでわたしは友人を失いました。

    トピ主さんの旦那さんはとても良い金ヅルになりそうなタイプですね。
    痛い目にあってないとわからないのも理解できますが。

    小額なお金こそあやふやになるので、借用書を書いてもらう・返済をキッチリしてもらうように毎月何日までに振り込んでもらう、としないとただお金を「差し上げた」結果になりますよ。

    貸した方が気分が悪いです。いつ返してもらえるの?と聞くのが辛いです。それでも返してもらわないとこっちが困りますものね。

    こんなにイヤな気持ちにさせられるくらいなら、最初から貸さないほうが良かった、と気づいてからは一切お金のやりとりは大事な人とはしないようにしました。
    一見マトモでもお金にだらしない人っているんですよね、本当に。

    一度、旦那さんに現実を見てもらったほうがいいかもしれませんね。
    腹は立ちますが、高い勉強料だと思って・・・。

    ユーザーID:8051731004

  • お金を出すより知恵を出しましょう。 ご主人のご両親の時は

    ご主人のもっとも近い人の場合は、お金を出す前に知恵を、ご夫婦で出して、ご両親ご祖父母様を救ってください。

    お金を数十万円だすということは、貯金のあるご主人には簡単なことです。 でもその数十万円が、数千万円にふくらむことがあります。
    まずは、親戚の家へ行き、貯金がゼロなのか、はたしてもう、多額の借金で首がまわらないのか。

    ご主人がお金を出す前に、ご両親の元へ、2日連続休日の時、ご夫婦ででかけて、はじめは息子さんとご両親、そしてそれで、ウソをつかれるようなら、とぴ主さんも、
    まじえて話し合いをしてください。 病院でお金がかかるのなら、その時同行してお金を払いましょう。

    本当の理由をつきとめない限り、ご主人が不幸になります。 またたとえばですが、破産した場合でもお金はいります。
    みじかなご両親なら何度もお金を出すことになるかもしれません。 


    ご主人の一番近いご両親などの場合は、お金を出すまえに、まず知恵を出しましょう。 

    ユーザーID:4009873681

  • 今後・・・

    もし今後、
    妻の親族にお金を貸すことがあったら、夫と揉めるかも。
    ご主人の保証人をその親族にお願いすることになったら。

    そういうのを考えると、反対ばかりもどうかなぁと思いました。

    こういう考え方もある、と頭の隅に置いといてください。
    貸すことに積極的に賛成してる訳ではありません。

    ユーザーID:9727957160

  • 断る努力と勇気を!

    ご主人は、お金を払って問題を解決した方が楽と思っているのでしょうか。

    お金を払った時点で、悩みがはじまってしまう場合も多いと思いますよ。
    ここが、正念場ではないでしょうか。

    ご主人には、断る方が大変であっても、断る努力と勇気を持ってほしいです。

    小町でも、NOというべき相手なのに、最初に甘い判断をしてしまって、
    もがき苦しむトピ主さんが、たくさんいるではないですか。

    最初が肝心だと思います。
    後で大変な事になる可能性が高いです。
    きちんとしたご判断を。

    ユーザーID:3452342280

  • おそらく金融機関でお金が借りられない状況

    貸さないほうがいいと思う。
    普通なら親族に借りなくても金融機関で借りられますって。
    親族に借りるというのは金融機関でお金が借りられない状況だということです。
    すでに多重債務で月々の返済額がかさんでいるのかもしれません。
    そうなった場合、自己破産したほうがいいかもしれません。

    そういったことをご主人に丁寧に説明してあげてください。

    ユーザーID:0025644796

  • 私の姉と同じです。

    姉が、医療費を理由に義父に20万円貸しました。
    なかなか返してくれないので、義理の実家に行ったとき
    「申し訳ないですが、うちも大変なのでお金を返して
    頂けませんか?」と非常に丁寧にお願いしてみたところ
    「うるせー。二度と家に来るな。」と怒鳴られたそうです。
    20万円は一切返済されていませんが、姉に内緒で姉の夫が
    自分の父親の連帯保証人になっており、20万円が返して
    もらえないだけでなく、サラ金からの借金までも姉夫婦が
    毎月支払い続けています。
    姉の義父は競馬が趣味なので、20万というのも本当に
    医療費だったのかどうか怪しいと言っていました。
    お金は絶対貸さない方がいいですよ。
    医療費を一括で払えなくで、病院と話し合って分割で払って
    いる人もいるとのことなので(テレビか何かでやっていました)
    病院と相談して分割払いにしてもらうよう強く主張した方が
    いいですよ。
    姉の夫はとても年収が低く、なぜ連帯保証人なんかになるのか
    全く理解できませんが、きちんと断ることができない人もいる
    のでしょうね。

    ユーザーID:2881460335

  • トピ主です1

    たくさんのレスありがとうございます。

    その親族を嫌うあまりに、配慮に欠けていたところを指摘していただき、恥ずかしく思います。レスをいただいた方に感謝します。
    昨日も、この件で主人と話し合ってみました。

    医療費の件は、本当のようです。具体的は書きませんが保険の利かない治療です。調べたところ10数万円というのが相場でした。
    全額そのまま借りたいようです。
    これが、必死にかきつめてあと10数万円足りないからというのなら気持ちもちがうのですが・・。

    金銭面のルーズさですが、おそらく金融機関で10数万円も工面できないのだと思います。親族で出し合うお金も逆ギレして小額しか出さない方で、それも借金したといっていました。
    夫の両親はすでに他界しています。
    件の親族に小額の借金(1回につき1〜2万)を重ねられて一度も返してもらったことが無いそうです。それを聞いて余計に、不安です。

    続きます。

    ユーザーID:0767693277

  • トピ主です2

    主人は、その親族のことを100%の信用をしているかといえばそうではない。
    今回出すのは、理由が差し迫った医療費であること。
    自分に言ってきたのはよっぽどのことだろうと思った。
    相手が相手なので、自分なりに対策を考えている。
    この件は、主人の兄弟や信頼している親代わりの叔父の耳にも入れている。
    貸すことを、公にしているとのこと。主人に借金の申し込みをしたことに皆、呆れ返っていましたが
    もし、嘘をついていたり返さない場合はそれ相応の報いを受けるようにしているとのことです。
    叔父は、その親族が唯一煙たがる人物です。
    普通であれば、お金の貸し借りは内緒にしておくことだけど相手が相手なのでという主人の話に、甘いかもしれませんが、
    お金を出すことに納得しました。主人のお金から出すというのは変わりません。

    「借金の相手としては、俺が身内で一番くみしやすいとおもわれてるんだろうな。」と笑う主人に、一人頭に血が上っていた自分に恥ずかしくなった次第です。
    とはいえ、お金にルーズな人間は油断ができないので警戒しつつ、2人で乗り越えたいと思います。

    ユーザーID:0767693277

  • 見栄っ張り?

    ご主人、親戚におだてられて断れなくなったのではないですか?
    もしかして見栄っ張りではないですか?

    貸せばそのお金は返ってこないでしょう。
    ご主人が自分のお金を貸すと言っているのだから
    もうほおっておいたらいかがですか?
    トピ主さんが阻止すれば何かある度に
    「あの時、おまえが貸さないって言うから・・。」と
    グチグチ言われそうな気もします。
    貸したお金が返ってこない上にさらにせびってきて断るのにさらに苦労をすれば
    ご主人も「人にお金を貸すというのはどういう事か。」がわかるでしょう。

    「いいよ。あなたのお金なんだから。
    自己責任でどうぞ。ただ何かあっても私は一切知らないよ。」と
    突き放してみたらいかがですか?

    ただし、トピ主さんは家のお金をご主人の手の届かないところでしっかり管理しましょう。

    ユーザーID:1331803674

  • 踏み倒し大いに結構

    貸すことに否定的な意見が多いようですが、私の若い頃は消費者金融とかクレジットカードとかはまだ一般的でなかったのでよくお金の貸し借り(貸す方が多かったですが)をして多くのことを事を学びました。縁を切った相手もいますが、友人を失ったという感じではありません。こちらから縁を切ったのです。

    その親族(親ではない仮定ですが)、トピ主さんが嫌いで信用できないと言っても具体的な被害もなしに縁は切れません。困っているときに助けなければ少なくとも夫は心が痛むでしょう。これが、借金踏み倒しの後であれば躊躇することもなく見捨てることができます。夫もその辺を考えているのでしょう。
    十数万なら耐えられる額ではありませんか。

    以下の注意は必要ですが。
    ・借用書を受け取る。
       第三者に見せるためにも必要です。
    ・保証人は不要。
       そんな人がいればその人に借りるでしょう。
    ・全額返済まで次の借金はなし。
       それこそ金蔓です。
    ・全額返済されても次に金額アップは認めない。
       高額を引き出すための布石と考えられます。

    ユーザーID:6908246974

  • 高額医療費融資制度

    高額療養費制度は、最初のレスのジゼルさんが挙げておられるとおり、いったん医療機関の窓口で自己負担分を全額支払い、手続き後に自己負担限度額を超えた金額が還付されます。
    窓口での自己負担分の支払いが困難な場合は、高額医療費融資制度が使えます。

    公的制度をフルに活用してもらうようにお話ししてもらったらどうでしょう。
    最終的に貸すにしても、簡単には貸せないという姿勢を見せておく必要があると思います。

    ユーザーID:5990676245

  • 貸しちゃだめ

    一回貸せば、次も貸してくれるのが『当たり前』になります。
    それを断れば、当然のことをしてくれないトピ主さん夫妻が『悪い』と逆恨みされます。
    最初の段階で断った方がいいです。

    親戚の話ですが、親戚の旦那さんの親しい知人が脱サラして起業するということで、お金を貸したそうです。
    事業はうまくいかず、返してもらえずじまい。

    借りた方の子供さん達はいわゆるお坊ちゃんお嬢様学校に行き、留学をし、妻は専業とお稽古ごと三昧。
    10数年後、その知人は亡くなり、妻子は負の遺産放棄。
    しかも弁護士からの通達のみで謝罪なし。
    せめて、誠意を示して欲しかったと、その知り合いとのよかった想い出も一気に汚れたと言ってました。

    お金を知り合いから借りる人間には、こういった人が多いと思ってください。
    また、そういう人は優しい人、誠実な人をかぎつけます。
    他人にそんなことをしない人は、他人もまたしかりと思うからです、旦那さんもそのタイプとお見受けします。
    わかってても、踏み倒されるのは傷つきますよ。
    どうか、ご主人を守ってあげてください。

    ユーザーID:1445461496

  • むずかしい

    いままでのお付き合いがあり、ご主人は特に世話になってなくてもご両親が何か世話になっていたりして、10数万円という貸せない額でない金額を頼まれるとことわれないのかもしれませんね。

    これは、貸すと返る可能性はないかもしれません
    最初から、かえらないとおもって貸してあげれば精神的に楽
    返らないということを、覚悟してかすというのでいいのではないかな

    催促や借用書と、いろいろしてみたところで返さない人はかえさないし
    精神的につかれるだけです

    わたしの家の場合は、貸したんだけど返す返さないで結局、父はつかれてました。
    縁は、きれるぐらいの関係ですが祖父の代でいろいろ世話になっており
    父としては、ことわりずらかったのだとおもいます。
    金額も10万だったし・・

    親戚づきあいってむずかしい

    ユーザーID:6017254307

  • 貸すほうも悩む

    私は夫の親族の金銭問題を抱えて、もう二十年になります。
    孫の誕生もそっちのけで、お金の無心をされました。
    たった十数万、されど十数万…。

    これっきりか、また二度三度と続くのか…。
    「貸すほうも悩む」ということを知ってほしいですね。

    余談ですが、私は、結婚後、金銭の問題やその他の問題が勃発するたびに、その経緯をノートに記録しています。

    根本的な解決にはなりませんが、混乱した気持ちを整理し、問題を冷静に見つめることができるようになりました。

    ユーザーID:2631639016

  • 直接、親戚にお金を渡さない。

    方法として、現金を直接、ご親戚に渡すのではなく「医療費の支払先へお金を振り込む」と言えばどうでしょうか?本当に医療費の為に借りたいお金であれば、要求はのむと思います。言い訳して現金を要求するのであれば、医療費ではないと思います。この場合、どんな方法をとっても医療機関先にお金を渡すが良いかと思います。
    安易に貸すのは、親戚のあやまちを増長させ、今後の親戚全体の問題では、迷惑な事だと思いますよ。お金を貸した、返さない親戚を作る、それは、旦那様の責任です。良い判断が出来る者から、罪を防いでやるのも、また人の勤めだと思います。

    ユーザーID:5543172009

  • 対処法、縁切り料

    夫はまあ色々言いながらも、人がいいのだと思います。
    そこが夫の人柄のよさでもあり、欠点でもあるのかも。

    周囲にそういう親族がいるので、
    先が目に見えます。私たちは数百万貸していますが
    返ってきません〜。まあでも困らない額なので
    忘れてます。
    たぶん、その方たちに何を話してもムダです。
    死ぬまで借金の依頼は続きます。

    だから、今回の件は「安い縁切り料」だと思って
    あげればいいんです!

    でも、表面上は「貸す」「借用書をとる」
    きっと、返しませんから、そうなれば親戚にも
    晴れて「縁を切る」理由ができます。

    誰でも自分の身内には甘いものです。
    でも、いい加減にしないと。一生たかられます。
    トピ主さんは色々悩まれたと思いますが、案外借りる側は悩んだり
    していませんよ。(そういう人なら人に借金しませんから)
    なので割り切って、これで縁が切れたと。
    次回はないと夫と約束しましょう。

    ご自分たちの生活、幸せを第一に。
    これで夫の顔も立ちましたしね。
    トピ主さんがシッカリして、次は断固反対して下さいね。

    ユーザーID:9057460501

  • トピ主です3

    その後もレスをいただきありがとうございます。

    ジゼルさん、ぴーさんありがとうございます。
    貸すと決めたので高額療養費制度のことを夫を通じて、親族に伝えてもらいました。
    私も知らなかったので、大きなことは言えませんが、
    お金が無い場合に調べてどうにかするなんてこれっぽっちも考えない親族が疎ましいです。
    治療内容が内容だけに、プライドがあればできない申し出だと今でも思います。

    レスをいただいた方に言い返すようで何ですが、
    夫は別におだてられて見栄っ張りだからお金を出すことになったわけではありません。
    また他人のせいだと、グチグチいうタイプではありません。
    私がきついので、おだやかにみられがちなのでしょう。

    親族のことは、夫の両親が小額ながら借金を重ねられ返してもらっていないことを
    夫は当然よく思っていません。
    親族がこれも小額でしたが法事のときのお金をごまかしかけたので、私が阻止したことがあります。
    私のことをかなり煙たがっています。
    夫の防波堤になりたいです。心配な部分はあって隠れてお金を貸すのだけは辞めて欲しいと強く約束しています。

    ユーザーID:0767693277

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧