更年期とコレステロール・中性脂肪

レス3
お気に入り9

文月

話題

50を数年過ぎた主婦です。
閉経したとたん、今まで何の問題もなかったコレステロールと中性脂肪が急上昇しました。自分でもびっくりするような数値です・・・。
油ものも好きではないし、間食もほとんどしません。
太り気味の主人の健康管理のために、健康的な食生活をずっと続けていました。野菜も大豆製品も大好きです。
身長は163センチで体重は48キロ。食欲旺盛ですが見掛け上太ってもいません。
運動は、今のところ自分の弱点(腰痛と肩コリ)を補う体操にヨガをプラスして毎日少しの時間ですが続けていて、ありがたいことにとても健康です。
(ただ、ホットフラッシュには悩まされていますが、いろいろ対処法を自分で考えてやり過ごしています)

母方が遺伝的にとてもコレステロールが高いです。(ちゃんとした食生活をしていてもです)父は中性脂肪が高めです。

やはりウォーキングなどを習慣づけて運動するしかないのでしょうか?
何かご存知の方、アドバイスをいただければ幸いです。

ユーザーID:8378657416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 検索ワードで検索

    「閉経、女性ホルモン、コレステロール」とキーワードを入れて検索すると
    関連が分かると思いますよ。

    ユーザーID:6909798563

  • 受診を。

    女性ホルモンのエストロゲンにはLDL(悪玉)コレステロールを低下させ、HDL(善玉)コレステロールを増加させる作用がありますので、閉経後の女性は高脂血症になりやすくなります。
    ところで、体が1日に必要とするコレステロールは1〜2gですが、このうち食べ物から取り入れるコレステロールは30%に過ぎず、残り70%は肝臓などの体内で合成されるコレステロールです。つまり、コレステロールを低下させるのに食生活を含む生活習慣の改善だけでは限度があります。肝臓でのコレステロールの合成を抑制するには薬が有効です。
    トピ主さんの場合、家族性高コレステロール血症の可能性も考慮すると、薬物療法が必要になるかも知れません。
    高脂血症を放置しておくと、心筋梗塞などに罹患するリスクが高くなります。
    早めに専門医を受診しましょう

    ご参考までに、動脈硬化性疾患のリスク別脂質管理目標値です。
    http://www.mikinaika.com/advace/coresterol.html

    ユーザーID:3888697396

  • NHK「きょうの健康」5月号

    で、動脈硬化予防の特集をしています。脂質異常症について最新の見解がわかりやすく紹介されています。

    ユーザーID:3442248608

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧