• ホーム
  • 話題
  • 事故に巻き込まれた時ってどういう行動を取りますか?

事故に巻き込まれた時ってどういう行動を取りますか?

レス40
(トピ主11
お気に入り89

生活・身近な話題

通りすがり

ついこの前、私、妻、子(1歳半)の3人で外環を走行中にで事故直後の現場を通りかかりました。
この時のことが頭に残ってしまい、自分の取った行動が正しかったのか、もっと良い行動はなかったのかといったことがループしてしまっているので、みなさんのご意見を聞かせてください。

運転席で男性がぐったりしているのが通過中に確認できましたが、まだ救急車は到着していません。
既に緊急電話で連絡をしている人も見えたので、そのまま通過してしまおうかと思ったのですが、妻が看護師なため、何かできるかもと思い、車を止め、妻に様子を見てきた方がいいと伝えて向かわせました。

事故は片側3車線の左車線での3台の車が絡む玉突きで、一番後ろ車のが車線を斜めに塞ぐように止まっておりその中に男性が残されていました。他の2台の被害は小さい感じでした。

緊急車両が到着したら真ん中の車線に止まると判断したので、一応安全で邪魔にならないと思えたので私の車は3台の前方に止め、子供がいたので私は車で待っていました。(つづく)

ユーザーID:5862992920

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つづき - 2

    少し経つと妻が「(男性は)息をしている。他の2人は発炎筒すらたけないらしいからを発炎筒をお願い」と怒りながら戻ってきたので、今度は私が発炎筒を持って現場に向かいました。

    すると、まだ車に人が残されているのに他の2台の運転手は自分の車のところで談笑しているではないですか。それも1人はタバコを吸って。

    この人らはダメだと咄嗟に思い、急いで発炎筒を設置し、ぐったりしている男性の所に行きました。
    車は荷台があるタイプの軽自動車でフロントガラスはヒビでくもの巣状に、運転席のドアは衝撃で歪んでおりガラスは割れて完全に無くなっていました。

    (妻からまだ息をしていると聞いていたので)まず、男性を車から出さなければと思ったのですが、ドアは歪んで開きません。
    助手席のドアはガラスも割れておらず、そっちから男性を出せるのではと思ったのですが、ロックがかかっています。
    カギを抜いて開けられないかとカギを探すと、カギが男性の太ももにくっつくほど車内の空間が衝突で狭くなっていることが分かりました。
    カギを抜こうとしてエンジンが掛かりっぱなしになっていることに気がつきました。
    (つづく)

    ユーザーID:0896259107

  • つづき - 3

    カギと太ももの間になんとか手を入れてエンジンは切れたのですが、ギアが入ったままのようで、カギは抜けませんでした。

    車内の空間を見渡しても、助手席には物が散乱してギアはどこにあるのか分かりませんでした。
    その他には男性はシートベルトはしていたがエアバッグは付けていなかったようで恐らく頭をフロントガラスに打っているようだと推測しました。
    それに、ハザードが付いていたので渋滞しているのは認識したんだなと。

    このあたりで1人がタバコを持ったまま近づいてきました。
    何か話掛けてきたのですが、救助する気のなさとこういうところでタバコを吸う無神経さがイヤで「こんなところでタバコを吸うな!」と叱り付けてしまいました。

    ドアを開ける手がかりが車内にはなく、だんだん焦ってきました。
    妻が子供を車に残して戻ってきて、男性の首に手を伸ばし、脈をとろうとしたが脈がなくなっていました。
    待ってる人がいるんだから頑張んなきゃダメだと男性に呼びかけました。

    助手席のガラスを割れるかと思い、荷台にあったレンガでガラスを強打しましたが、レンガが砕けてガラスは割れませんでした。(つづく)

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • つづき - 4

    結局どうすることもできず、救急隊がもう来るはずだと、私は子供が残ってる車に戻りました。
    やがて消防車、救急車が到着し、妻も戻ってきました・・・
    夜になってその男性は助からなかったことをネットのニュースで知りました。

    私と妻は自分達の力の無さが本当に悔しく、でもお互いよくやったと慰め合っていますが、どうしても救助しようとしなかった2人の行動は時間を少し経った今でも許せません。

    長い文章を読んで頂き、ありがとうございました。
    気持ちを整理するためにも、誰か第三者の客観的な意見を聞きたいとトピを立てました。

    ユーザーID:5511984667

  • よくやられたと思います。

     事故現場に居合わせたことが何回かありますが、今回のような閉じ込められ方になると、人力ではどうしようもないことが殆どです。

    >自分の取った行動が正しかったのか、もっと良い行動はなかったのか

     トピ主さん達お二人は本当によくなさったと思います。たまたま遭遇したという状況下では、もっとも良い行動だったと言えると思います。

     ただ、

    >どうしても救助しようとしなかった2人の行動は時間を少し経った今でも許せません。

    これは、手を尽くしたのに目の前の人が亡くなってしまった、その歯がゆさとショックが本体かもしれませんね。

     手を尽くしても助けられないこともあります。奥様なら看護師としてご経験があるかもしれませんが、普通の方はあまり経験しないことなので、特にトピ主さんにはショックが大きかったかもしれません。(医療職でも慣れはしませんが。)

     それでも、誰にも看取られずに独りで息絶えるより、トピ主さん達が助けようとしてくれたことが、亡くなった方とご遺族の心の支えになるのではないかと思います。 

    ユーザーID:7039470566

  • スキー場のパト室にいました

    そこで見たいものは骨折して足や腕がブラーンの人やザックリと切って血がドボドボと流れる人です

    普通の人は怖くて固まります。冷静に物を考えれる人はそんなに多くないです。付き添いのお友達や奥様とか彼女。もしくは親でも心配で取り乱すか逆に「この状況が分かってるの?」ってのんびりとして緊張感のかけらも無い人と様々です

    パト室の人間にできる事は応急処置のみ
    それ以上は医療行為となるので車で身内の方に病院に連絡してるので向かってください。と地図を渡すぐらい

    何が言いたいかというと、普通人は人が死ぬって事が身近に無いので想像がつきません。つかないから日常的に平静を取り戻す行為をする。つまりタバコを吸ったり談笑するそれはとても普通の事だと思います

    トピさんや奥様は動けてさらには冷静に判断が出来る人間で、その現場で二次災害を引き起こさずに怪我人の方を励ますという事をしてもらえたその方は幸せでしょう
    救急車が到着するまで心臓マッサージが必要な人が居ても呆然とされてる事は良く有ります

    奥様もトピさんも自分で出来る最善の事をされたと思いますよ?もう苦しまれなくても良いと思います

    ユーザーID:3522163298

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私が一般常識だと思っていたのは、

    「怪我人を勝手に動かしてはならない」ということです。特に重症であれば、動かすことで生命に危険を及ぼすこともあるからと、小学校かどこかで習った気がします。救急隊員が来るまで待つのが一番良いと思います。できることは、毛布をかけてあげるとか、声をかけてあげることでしょうか?

    ユーザーID:5139569378

  • 素人ですが…

    まず感じたのは、トピ主さんご夫婦は、その時できた最善のことをなさったのだということです。
    同時に、事故を起こしたときの当事者の三大義務を思い出しました。救護措置・続発事故防止措置、あと、警察への連絡などでしたね。
    助けられる状況でなかったのは残念でしたが、生死・ケガの様子を確かめたのはトピ主さんご夫婦ですね。もっとも、目撃される前に彼らも確かめるくらいはした上で手をつけなかったのかもしれませんが。
    また、エンジンを切り、発煙筒を使うなど、事故防止の措置をとったのも、彼ら(動転してて、ということですか。タバコも談笑も)でなくトピ主さんご夫婦。
    …所轄の警察で、経緯を話すのはどうでしょう?お二人の気持ちと同時に、ご遺族を救う可能性があると思うのですが。事故原因はわかりませんが、死人に口なしですから。
    素人考えなので、お詳しいかたの意見を伺いたいです。

    ユーザーID:1856685926

  • くよくよはご法度です。

    救助に関してはやはり看護師という資格がある人の行動は
    これで充分だったのだろうと素人ですが思います。
    それはそれでやれることは充分に出来ていたと思います。
    くよくよはご法度とタイトルにしましたがこれの意味は
    もう亡くなってしまった方へ失礼です、という意味です。
    その亡くなられた方はきっと感謝なさっているでしょう。
    なのにここでまだくよくよしていては成仏出来ません。
    忘れろとかもう考えるな、ということではなく
    やれるだけのことはやったと自分の行動、奥様の行動を認めることが
    本当の供養になると思いますよ。
    そして事故現場で煙草を吸うなんてもしガソリンがもれていたりしたら
    どれだけ恐ろしい事態になることか…
    そういう事の想像も出来ない人に車を運転して欲しくないですね。
    本当にそんな人のために事故が減らないこの時代が悲しいですね。

    これからも今回のように少しでも早く対処出来るのであれば
    資格や知識を生かして欲しいです。
    本当におつかれさまでした。

    ユーザーID:2233573828

  • 感謝しています。

    もう3年前の事ですが、父が、交通事故で亡くなりました。
    飲酒&居眠り運転の暴走車に追突されて、ほぼ即死だっただろうと言われました。

    加害者は、事故の衝撃で目を覚まし、自分が事故を起こした事に気付き、
    でもどうしていいか分からずにオロオロするばかりだったと聞きました。

    衝撃音を聞いて駆けつけた近所の人が、救急車を呼び、
    通りがかった人たちと、一緒に、父に声をかけたり、励ましてくれたそうです。
    その方たちに、葬儀後、話を伺ったところ、
    父はぐったりして、声をかけたら、口がかすかに動いたとの事。
    (医師は、体内の空気が漏れただけで、すでに亡くなっていたはずだと言われましたが・・・)

    事故は12月で、雪がちらつく日の、朝7時過ぎでした。
    寒い中、家族にも看取られずに、1人で逝った父の事を思うと、
    今でも涙が止まりません。
    ですが、最期に、見ず知らずの方に、励まされた父は、きっと嬉しかったと思います。
    私たち遺族は、最期に全力を尽くしてくれた方々に感謝しています。

    トピ主さんご夫婦は、良くやったと思います。
    亡くなった方も感謝していると思います。

    ユーザーID:9626838435

  • トピ主夫婦はよくやったと思います。その後はどうなりましたか?

    よく言いますよね。「死人に口無し」と。

    テレビでは、加害者が死亡した被害者が悪かった様に偽装して罪を逃れる
    又は軽減され、被害者家族が懸命に真実の追究をしている報道を見ます。

    その笑ってタバコを吸って、発炎筒も焚かず、救助に何の手もかさなかった
    加害者達がどうなったのか?そこがとても気になっています。

    もうそうされているかも知れませんが、トピ主さんが悶々としているならば
    死亡された方のご家族や、警察、検察関係者に、事故の状況と自分達が見た
    まだ生きていた時の被害者や加害者の様子を、伝えてみませんか?

    それは警察や検察にとって重要な現場の証拠となりますし、ご遺族には親切な
    トピ主さん夫婦のお陰で、最期は必ずしも辛いばかりでは無かったという
    心の救いになると思います。

    裁判で証言が必要になったら、是非真実を話し、ご遺族を助けてあげて下さい。
    それがトピ主さんの心が晴れるための、最後に残された大事な行動だと思います。

    ユーザーID:2248551749

  • できることはなさったと思います

     まずトピ主さんと奥様は充分にできることをされたと思います。手を尽くされたと思います。
     私も随分昔に、夜中カーブでの単独事故に遭遇しました。見通しが悪かったので三角停止板を置き、まだ携帯が普及していない時代、公衆電話も近くになく民家に救急車をお願いしました。その後はたまたま通りかかった他の車のドライバーと一緒に、救急車が来るまで声をかけ続けることくらいしかできませんでした。そんな私に比べたら・・・

     気になるのは事故の当事者のドライバーです。私の記憶違いでなければ、事故の当事者は、けが人の救護などの義務があったと思います。例え車内から出すことは無理でも、救助が来るまで声をかけ続けるなどできることはあったと思います。なぜ発煙筒をたけず、なぜ談笑していたのかとても疑問に思います。

     当事者のドライバーは他の方が書かれているように、平静を取り戻す行為だったと思います、が、私はトピ主さんが許せないと思う気持ちはよくわかります。

    ユーザーID:4660376551

  • トピ主です −1

    みなさんご意見ありがとうございます。
    あれから、亡くなった方のこと、ご家族のこと、いつ巻き添えになるかも知れない、また加害者になるかもしれない事故のこと、今度同じ様な場面に直面したときの行動、応急処置の方法、生きていること、死ぬということ昨年亡くなった父のことなんかを考えさせられました。
    救急隊によってなんとか助けられたかもという期待もあって、帰ってからネットで事故がニュースになっていないか調べたのですが、期待ははずれ、逆にしらなくてもよかった名前や年齢、住所なんかを知ってしまいました。そのことが余計に気持ちを複雑にしていました。

    >トピ主さん達お二人は本当によくなさったと思います。たまたま遭遇したという状況下では、もっとも良い行動だったと言えると思います。(事故多発地帯在住・医 さん)
    >奥様もトピさんも自分で出来る最善の事をされたと思いますよ?もう苦しまれなくても良いと思います(応急処置が出来ない? さん)
    >まず感じたのは、トピ主さんご夫婦は、その時できた最善のことをなさったのだということです。(namako さん)
    そう言って頂けると本当に救われる思いがします。

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です −2

    >つまりタバコを吸ったり談笑するそれはとても普通の事だと思います(応急処置が出来ない? さん)
    あのような状況にあった経験がないので、その場にいる人が協力し合って・・・というものかと思っていたのですが、そういうものなんですね。

    >これは、手を尽くしたのに目の前の人が亡くなってしまった、その歯がゆさとショックが本体かもしれませんね。(事故多発地帯在住・医 さん)
    まさにおっしゃる通りです。普段「死」が近くにない身として、目の前で人が亡くなったショックは計り知れませんでした。

    >救急隊員が来るまで待つのが一番良いと思います。(はなこ さん)
    むやみに動かすべきでないのは分かっているのですが、あの時は救急隊が来るまでにドアを開ける、シートベルトをはずすくらいはできると思い、必要があれば止血、心臓マッサージ(やったこともないですが)はするつもりでいました。
    >…所轄の警察で、(namako さん)
    現場から去る時に警察に言おうかとも思ったのですがしませんでした。応急処置が出来ない?さんのご意見を見て、それはしなくてよかったと思っています。

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 少し誤解を招いてるみたいなので 補足します

    気が動転してタバコを吸う行為が普通と言うのは

    冷静に判断すれば
    事故車=ガソリンもれ…と普通なら考えそうな事が結びつかないんです
    ガソリンに引火したら?二次災害になったら自分達が巻き込まれるかも?発炎筒やハザードをつける?など
    事故の当事者になると「まさか自分が事故?それも命の危険がるほどの大事故?…そんな訳無いじゃん?きっと大げさに考えすぎだよ。取り合えず一服でも…おっと、さっきの人が居るから声かけてみよう」って感じですかね?

    おかしいでしょ?事故に巻き込まれてるのに現実逃避してるんです。でもね、それでもまだこの人達は現場に残る事を選択してるだけ良いほうなんです。パニックになる方はひき逃げと呼ばれる行為に出ます

    気が動転してるから談笑が普通だ!当たり前と言うのではないんです
    でも考える事を脳が拒否する人も現実に居ます。自己防衛が働いてる場合もあるでしょう。そんな方が居ると言う話なんです
    私はできる事なら冷静に判断して応急処置できる人間でありたいです

    何をして良いのか分からなければ119に電話をして状況説明して応急処置の仕方を聞いたりも出来るでしょう

    ユーザーID:3522163298

  • トピ主さんは最善を尽くしたと思う

    トピ主さんが遭遇したという事故、12日17時30分頃のものでしょうか。
    トピ主さんと奥様は、その場で出来ることとしては最善を尽くされたと思います。

    確かに救助もせず煙草を吸っていた方には憤りを覚えますね。
    しかし、(もし私が認識している事故情報がトピ主さんの遭遇したものと一致しているとして)玉突き事故でぶつけられた方もかなり気が動転していたのではないでしょうか。
    それで許せとは申しませんが、広い世の中いろんな方がいらっしゃるので、その点にいまカリカリしても仕方がないことではと思います。もし心が収まらないようでしたら、これも何かの御縁、お亡くなりになった方のお宅へお焼香しに行かれてはいかがでしょうか。

    繰り返しになりますが、トピ主さんご夫婦の行動は素晴らしかったと思います。
    お亡くなりになった方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    余談ですが、レスをくださった方に、いつの間にか「死亡された方が被害者、煙草を吸っていた方々が加害者」的な発想が生まれているのが気になりました。そんな情報、トピ主さんは一言も書いていませんよね。

    ユーザーID:8138365754

  • 最善を尽くされたと思います

    トピ主さん。
    あなたと奥様は、現場で出来る限りの事をなさった思います。
    残念な結果になってはしまいましたが、それ以上はどうしようも無かったと思いますよ。

    私も事故現場に遭遇したら、出来る限りのことをしようとは思っていますが、なかなか出来るものではありません。
    以前、原付と乗用車の側面衝突でバイクの女性が倒れていたので少し手助けしたことがありますが、おそらく打撲程度でしたので私が手を出せる事はバイクを移動させて、女性が楽になれるようにサンダルを外すくらいでした。それぐらいでした。

    他の方からも意見が出ていますが、事故の当事者の救助放棄が腹ただしいです。まず当事者が、救助の義務があるのに。
    そんな無神経に免許持って欲しくないですね。
    状況を所轄の警察署へ通告しておいた方がよろしいかと。


    >はなこさん
    「動かしてはならない」は時と場合によりますよ。
    手を出さなければならない時もあります。出血があれば止血処置をするなどの必要はあります。
    杓子定規に毛布掛ければ済むものではありません。

    ユーザーID:6045028137

  • それ以上の事はできなかったでしょうね

    トピ主さんご夫妻は考え付く全ての事をされていると思います。
    私の実父も運転中の発作(予兆は全くなかった病気で)が原因の事故を起しましたが、後に見ず知らず
    方々が助けようとしてくれたと知り感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    あと私も湖畔さん同様「死亡された方が被害者、煙草を吸っていた方々が加害者」のように読み取られている
    のに疑問を感じます。たしかに発炎筒をたく等の必要な行為が出来ていない&煙草を吸っていたのはどうかと
    思いますが、もしかしたら助けようと思ったけど「これはムリだ」と思ったのかも知れませんよね。私が同じ
    立場だったら危険のないように側にいる事しかできないと思います。
    それに前の2台は追突されたようですから「自分たちは被害者」って意識が強く傍観者と化してしまったのかな、
    と感じました。だからと言って救護を怠ってもいいとは思っていませんが…。

    その方たちへのお怒りは十分理解できますが、誰もが毅然とした行動がとれる訳ではないと思います。
    誤解や情報不足から必要以上に前の2台の方たちに批判が集中しかねない状況にするのも避けるべきだと思います。

    ユーザーID:4593327784

  • トピ主です −3

    まず、何人かの方にご指摘頂いていますが事故の状況が誤って伝わってしまったようです。
    事故を目撃したわけではないので状況だけを書いたため誤解を生んだのでしょうか。

    発表されている事故の状況は
    「軽トラック(亡くなった方の)が渋滞で止まっていた乗用車に追突した」となっていて
    そこは事実だと思うのですが、本当は急に割り込まれた可能性もあるはずで、
    そこは従兄弟が刑事さんが言われるように正に死人に口無しだなという思いからあえて
    「被害者」「加害者」という表現は使いませんでした。

    そして今現在、さらにいろいろなご意見を頂いて大分気持ちの整理が付いてきました。

    当事者の2人の行動について救護しようとしたのかどうかにかかわらず、
    納得できる気持ちが大きくなっています。

    自分の取った行動は間違ってはいなかったと思うことにします。
    ただ、もっと良い行動はなかったのかについて思うことがあります。

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です −4

    私は落ち着いて行動できた訳でなく、視野が極端に狭くなっていたのは間違いないです。
    2人は怪我をしてないのか他に乗ってる人はいないのかも確認しなかったし、軽トラ以外は車の種類も全く見えてませんでした。
    2人をなんとか救助に参加させられたらまた違った結果になったかもなと思います。

    >私はできる事なら冷静に判断して応急処置できる人間でありたいです(応急処置が出来ない? さん)
    これから様々なパターンで事故に遭遇する可能性がありますが、私もそうありたいです。
    難しいと思いますが今回の悔しい経験を考えて、できるだけ冷静にそうあろうと努力する人間でありたいです。

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です −5

    >これも何かの御縁、お亡くなりになった方のお宅へお焼香しに行かれてはいかがでしょうか。(湖畔 さん)
    今、妻と相談しているのはこれで判断が難しいです。
    私自身、昨年父を亡くしており(病気ですが)、助けようとした方と父、ご家族と自分とが少しダブったことで悲しみが増しました。
    ご意見を頂いた方にも事故で大事なご家族を亡くされている方がおられますが、
    ご家族(に限らないですが)は本当に辛い思いをされたでしょう。その思いは今も続いているのではないでしょうか。
    今回の事故で同じ思いをされた(はずの)ご家族は、私達がお焼香しに行くことで少しは気が休まるでしょうか。

    ユーザーID:5862992920

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • ・・・?

    私は、トピ主さんの目撃された事故は、その亡くなられた方が突っ込んだのではないような気がします…
    談笑してた二人は自分が突っ込まれたのに、その突っ込んだヒトのところへ行っていないんですよね?亡くなられたのがわかったから行かなかった?違うと思います、加害者だからこそ行かなかったんじゃないかと…

    何度も被害者になっていますが、加害者のほうは目撃者によって、引き摺り下ろされることはあってもそのまま放置されることはありません。
    私は被害者でしたが、どーみても死んでいると思われたのか誰も助けにきてもらえませんでした。顔も血だらけだったので遠巻きに見られているだけでした…
    玉突きだったので、私の後ろのヒトだけが助けにきてくれました。同じように血だらけの顔で。そんなもんなんです。

    トピ主様ご夫妻はよくやられましたね。亡くなられた方は感謝していると思います。お子様もいらっしゃるのに、お子様だけ残して車を止めるのは怖かったでしょう。
    その事故当人たちの行状は警察に言ってほしかった。死人に口なしとはこのことですね…ほんとに怖い。

    ユーザーID:1879398802

  • お焼香・・・

    事故で父を亡くした、と書き込んだ者です。

    >今回の事故で同じ思いをされた(はずの)ご家族は、私達がお焼香しに行くことで少しは気が休まるでしょうか。


    突然の事故で、父が亡くなったという事実は理解しているんですが、
    気持ちがついていかないというか、信じられない気持ちで一杯でした。
    初七日が過ぎて、ようやく、いろんな事を考えられるようになり、
    父の最期がどうであったか知りたいと思うようになりました。
    ちょうど、母が、父を励ましてくれた近所の方にお礼がしたいと言い出したので、
    菓子折を持って、伺いました。
    母は、まだ気持ちの整理が付かず、同行しませんでした。
    (その方のお宅が、事故現場前だという事もあるのでしょうが・・・)

    私は、最期の父の様子を聞くことが出来て、良かったと思います。
    ですが、母は3年経った今でも、感謝はしていますが、その方にお会いして、
    直接話を聞くのが怖いと言います。

    今回の事故の被害者遺族が、私のような人であれば、伺っても良いとおもいますが、
    母のような人だったときは、さらに悲しませるだけになるおそれもあります。

    ユーザーID:9626838435

  • お線香をあげにって・・・

    見ず知らずのお家族を探し出して行ってみたら?
    という意味なのかしら…それは不躾ではないかしら…
    たまたま住所がわかったとかたまたまどこかで家族に
    お目にかかることがあったというならまだしも・・・
    入院なさっていて回復の兆しのある方ならともかく
    そうでないのだからもうそうっとしてあげるのが供養ではないかしら。
    気になって気になって。というのであれば
    千の風になってではないけれどそこに眠っているわけではないので
    祈りたいのであればどこででもかまわないのです。
    トピ主さんの自宅のお仏壇でもお寺の境内でも神社でもいいのです。
    いえ、東の空に向かってでもかまいません。
    お水とお線香をお供えして手を合わせたらそれで祈りというものは
    通じるものなのですよ。
    わざわざお宅へ伺ってそちらのお仏壇やお墓で拝むだけが
    供養ではありません。その気持ちを心の持つそれだけで充分なのです。
    前回書いたレスは素通りされているかもしれませんが
    あまりにも悔やんでいらっしゃるご様子ですのであえて再度書かせていただきました。
    自分がした事を受け止めよくやったと思う事。これが供養なのですよ。

    ユーザーID:2233573828

  • その気持ちをお持ちなら救命講習受けたらどうでしょう

    お気持ちはわかりますが・・私も去年もらい事故を起こされて
    しまい(車全損)、通り過ぎる車を悲しく見ていたので。

    ただ、トピ主さんの行動にははらはらしました。
    1歳半の子を残して二人で車を離れた時間もあったのですか?
    救助する側が自分たちを危険にさらしてはいけないのですよ。

    素人には、交通事故の現場は厳しすぎるのではないでしょうか。
    つぶれた車から道具もなしに人を出すのはまず無理ですし、
    出せたとしても、「やったことない心臓マッサージ」など
    しようとするのは、はっきり言って害だと思います。
    そのあたりは奥様がよくご存知だと思いますが・・
    一般の人が何か救命にかかわることをやって失敗したとしても
    よほどの過失がない限り罪には問われないと思いますが。

    それだけのお気持ちがあるのであれば、ぜひ、街中で具合の
    悪くなった人を救うという想定の講習を受けておくのがよろしい
    かと思います。(私は定期的に受けています。先日はAEDの
    使い方も教わりました。)

    ユーザーID:3682832704

  • こういうのって心を痛めますよね

    私もトピ主様と似たような経験をしました。知人の老カップル(男性65歳、女性70歳)の男性が糖尿病で、低血糖障害が出ているところにばったり出くわしました。最終的には看護師さんが来て、男性は助かりましたが、それまでの約1時間半はその女性とまさに悪戦苦闘(男性は195センチの大男)でした。私が住んでいるのは島国の偏狭で、電話で救急隊員のアドバイスを受けれるわけでもなく、本当に苦しい時間でした。
    ただ、その後約1ヶ月は「もっと他に出来ることがあったのではないか?」という疑問が自分を苦しめ続けました。
    その疑問から解放されたのはカウンセリングでした。といっても、プロではなく、多少医療に従事している人に私の思いを聞いてもらったのです。心に突き刺さっている思いを表出し、聞いてもらうことで随分楽になりました。その人によると、特に素人で救命、救急にたまたま携わった人は、よくこういう感情に陥ってしまいがちだそうです。ですから、小町でも良いですし、奥様やご友人でこういう話が出来る人にどんどんご自分の思いを話されてはいかがでしょうか。トピ主様の取った行動はとても尊いことだと思いますよ。

    ユーザーID:6809995462

  • 人がまじかに亡くなる状況を見た人で無ければ冷静になれません。

    私の友人の男性の話です。
    車に乗った女性にバイクに乗った友人が当てられました。
    当てた女性は逃げようとしていました。
    必死で周りに集まった人が止めました。
    「ひき逃げになるから、ここにいなさい」と。

    彼女は逃げようと思った訳ではありません。
    混乱して、どうして良いかわからなかったのです。
    パニック状態だったのだと思います。
    強靭な精神を持っている人は何処にもいません。
    医療関係者であれば、自分を落ち着かせる術を知っているだけです。

    私は目の前で突然母に死なれました。
    その時、普段通りに、過ごしました。
    悲しいとか、辛いとか、色々な気持ちは、
    10年経った今、実感出来ますが、未だに夢見心地です。

    少しは話しは外れますが、人の死際には誰もが会っておいた
    方が良いと思っています。
    死に際に会えなくても、お葬式に行く等の行為も積極的に
    行った方が良いと思っています。
    「人は必ず死ぬ」死ぬからこそ、その命を大切にしなくてはならない
    そう思える経験を繰り返し、得る事です。

    お焼香には相手のご意向を聞いた上で、出向いた方が良いと思います。

    ユーザーID:5138980620

  • 遺族にとって

    家族の最後となった事故を客観的な第三者が救助してくれ、つぶさに状況を見ていてくれたとしたら、これほど支えになる事はありません。

    家族がどう亡くなっていったのか、私達には加害者が語る矛盾に満ちた調書と事故当時の遺品、アスファルトに残るタイヤ跡、家族の遺体に残った傷、これが全てです。
    加害者が嘘を語る…これは人間であれば、生きていれば、程度の差こそあれ、誰もが自分を正当化しようとする行動に出るでしょう。

    ただ遺された家族が真実を知らずして、大切な家族の死を乗り越えてはいけないのも事実です。

    私の幼い家族の最後を救助してくれたのも近所に住む方でした。
    加害者は逃走後、自身の体内のアルコールを抜こうと必死で、私の家族の救護は二の次だった様です。

    厚かましいお願いですが、被害者の家族が望むのであれば、刑事裁判の証人になっていただけると助かります。
    前述した通り、加害者は身を守ろうと善悪は別に裁判では虚偽報告します。

    事故直後の被害者、加害者の様子を知っている客観的な第三者の証言は遺族、裁判官にとって、これほど重要な事はありません。

    最後に、交通事故遺族としてあなたに「ありがとう」。

    ユーザーID:5285706976

  • ご遺族の方にお会いするなら

    お焼香か、他の機会か何らかの形でご遺族の方にお会いするのでしたら、同じ事故に巻き込まれていた他の2人が談笑していた事はお話しにならない方が良いかと思います。

    ご遺族の方の悲しみを大きくするだけだと思うからです。

    その2人も事故の現実逃避パニックが、「落ち着いて談笑」という形で出てしまっただけかもしれませんし。。。

    お焼香に行くかどうかは、小町で聞くよりもそのご家族の気持ちを聞くのが良いでしょう。人によって考え方も違うと思います。

    トピ主さんもできる事はなさったのですから、苦しまないで下さいね。

    ユーザーID:3693010776

  • 横ですが・・・

    はなこさん、

    >私が一般常識だと思っていたのは、
    >「怪我人を勝手に動かしてはならない」ということです。

    そのように誤解している人が多いのですが、大きな間違いです。
    一般常識は、

    「二次災害でさらに追突されたり車が炎上したりしたときに車内に閉じ込められたままにならないよう、状況に応じて怪我人を車外に出したりします。但し事故で首を痛めているようなら、首の神経を傷つけないよう、救助する際にできるだけ首を動かさないようにします。」

    です。

    言うまでもなく事故現場ではガソリンがもれている可能性があるので火気は厳禁です。トピ主さんが書いているバカ者のようにタバコを吸うのは自殺行為・殺人行為です。

    ユーザーID:5759419940

  • お焼香はやめたほうが

    以前、母の友人のご主人(地元では有名な方)が外出先で倒れ、昏睡の後に他界しました。
    その後、彼女の家に、「私が通りすがりに助けたけれど残念だった。お焼香させてほしい」と名乗る男性が来てそうです。彼女は泣いて感謝し、娘さんに言って近所で菓子折りを買い求め、お礼にとお渡ししたそうです。
    ところがそれからまた、「私が助けた」と名乗る人が、バラバラの日に3人ほど見えた、と。「複数の人が助けてくれたんだ」と思ったものの、話をしているとどうも不審な点があり、それ以降は知らない方のお焼香をお断りしていると言っていました。

    今の時代、皆さん、情報などに過敏な状況にあります。
    救護しようとしたトピ主さんご夫婦には失礼ですが、「私が助けてあげたんだ」という、タカリのような人がいるようです。
    心の中で祈念するだけでも十分なご供養だと思いますよ。

    ユーザーID:9328386775

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧