• ホーム
  • 話題
  • 結婚・・・・独身の頃は思いもよらなかったなぁ

結婚・・・・独身の頃は思いもよらなかったなぁ

レス25
(トピ主4
お気に入り28

生活・身近な話題

rara

7年前に結婚し、現在二人の子供を持つ者です。

生まれてから結婚する前まで、自分の望みや願望が叶わないのは自分の努力不足、自分が叶えたかった事を他人が叶えているからといって、それを羨むのは間違っていると思っていました。とはいえ、逆に殆ど「不可抗力」なく、頑張りだけで思い通りに出来たという環境は、きっと恵まれていたんだろうなと思います。


けれど、結婚するとそれだけで「ままならない事」が増えるなぁと感じます。


両家の親の事、健康状態、主人や子供、お金、今の生活に絡んでくる人間関係.....どれをとっても、自分がどれだけ頑張っても簡単に変えられる訳じゃない、事態を好転させようと努力しても空回りしてしまう、そんな事が結婚してから年数を経れば経るほど増えていく.....そんな気がします。


大抵の事は努力する事で叶えてきた私がいまになって味わう「Flavor Of Life」ですね。独身だった頃には思ってもみなかったことです。この先の幸せだって、頑張れば思い通りになるはず、そう思っていましたから.....。

ユーザーID:9238557516

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 結婚したり子供ができたりすると

    「自分」と認識する範囲が広くなるんだと思います。

    独身の時の「自分」は自分一人のことだったのに、結婚したら夫も自分の一部、子供が生まれれば子供も自分の一部、夫が抱える夫の世界(夫の仕事も親戚も)も自分の世界なら、子供を取り巻く子供の世界も自分の世界。
    結婚や出産によって自分に繋がる物が増えてしまうから、「自分」の範囲も広くなったと錯覚してしまうのでしょう。

    でも実際には、それは自分ではなく、自分の世界でもない。
    自分に繋がっているだけ。
    自分の力でどうすることなど、出来る筈もない物。
    それを努力によって自分の好きに動かそうとしても、空回りになって当たり前。
    本当は自分の世界ではないが故に、自分の力の及ぶ範囲でもないのだから。

    結婚して家族が増えようが、接するコミュニティが増えようが、トピ主さんはトピ主さん一人です。
    それに気付けば、独身の時には出来ていた自分自身のための正しい努力の在り方を、思い出すことが出来るのではないでしょうか。

    ユーザーID:0883767686

  • へえー

    私はなんかはませていたのか、小学生のころから、世の中はままならないんだなって思ってましたが。

    それとも、結婚して家族が増えたら、自分の思うとおりにいかないわよねえー、複雑よねー、というお話?

    ユーザーID:2023966247

  • そう?

    確かに「ままならない事」は増えるけど、
    そんな状況の中でもそれなりに叶えられる(努力は報われる)
    受け取り方も変えていかなきゃいかん(気の持ちよう)
    と感じてます。

    ユーザーID:1573207454

  • あいらびっとさんへ

    う〜〜む、まさに仰る通りかも知れません。

    私自身、結婚して色んなご縁で色んな人と話す機会が増え、私はなんて狭い世界で経験値の少ない状態で暮らしてきたのかと思っていました。

    けど、それとは別のこのモヤモヤ感。これはいったい何だ?と常々思っていたのですが、私のこの拙い文面からそのモヤモヤの原因を読み取っていただいて、ありがとう!という感じです。放射線状に繋がっていくこの感覚、私の場合は独身でいたらわからない、やっぱり結婚して初めてわかった世界だと思いました。

    ユーザーID:9238557516

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 変わりますね。

    そうですね、配偶者ができ子供ができ、自分一人のことを考えていたあのお気楽な独身時代が懐かしいです。

    特に子供が出来ると、両親への感謝の気持ちやかかった苦労がが以前より明白に解ります。
    そして、かけがえの無い子供達の為に孫を看るまでは死ねない、と強く思うようになりました。
    さらに、自分の子孫の為、孫や曾孫、その先まで、地球環境に対してももっと深く考えるようになりました。
    自分の子供が、その子供である孫にアレルギーや喘息があるとどんなに辛いだろうか等、空気が汚れた中生きていく事を憂慮し。

    独身の頃の不摂生をして好きな物食べて散在して、好きなだけ仕事して自分が倒れても考えるのは自分の事だけだったあの頃。
    もちろん、頭の隅には漠然とあるけれど、それよりも目先のキャリアやお洒落ばかり気にしていました。

    子供が出来てからは、自分が主役になることはなくなりましたね。
    常に、家族があってその裏方で支える事が主。
    本当視野が広がりました。これは経験しないとなかなか理解出来ない事ですね。

    ユーザーID:3131498684

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • オラ、わかるだ。

    わかります〜。私も独身時代、悩み1つなかったし、
    多少あったとしても、気の持ちようと、すぐに切り替えが出来てました。

    結婚して、子供が出来て、親の問題も出てきて…
    自分の力では、どうにも出来ないことばかりですよね。
    何とかしたいのに、手の出せない領域が多くて、もどかしいです。

    新しい家族を持って、多くの知らない感情を知ることが出来た。
    それも幸せかな。…とお互い思い込みましょう!

    ユーザーID:3216569739

  • 選択と集中(死後ですが)

    あなたの取り巻く人々が増えると、その関係も複雑になりますよね。
    でもその分仲間も増える。仲間が増えれば、打開策も増える。

    いいこともわるいことも、自分の糧として、刻々と変化する日々に
    対して自分を進化する意識。少々哲学的ですが、こういう気持ちに
    至ると、「ままならない事」が単なる困難なことになるような気が
    しています。

    そして困難なことであっても、本当に実現したいことであれば、
    人は現実的に動こうとするものです(時間をかけてでも)。

    とはいってもこれはままならない…と思うことは、実はそれほど
    ままならないことではないのもかもしれないですね。

    ユーザーID:2322996178

  • 分かります!

    結婚するまでは自分の心に相談するだけで良かったのです。
    頑張れば頑張っただけ成果は出るし、人間関係も程よい関係を上手く築いていました。

    ところが、結婚してからの人間関係は、土足で踏み込んでくる過干渉な義父母たちによって、かなり脅かされた時期がありました。
    対処法が分かった今は、良い関係が築けてますが、
    自分の中で割り切れるまでに9年かかりました(トホホ
    一方的な価値観の押し付け、ってエネルギー消耗されるなぁと改めて実感しました。

    でも、一番どうにもならずに辛い事は、人の生死に関わることですね。
    それだけはどんなに努力しても、力の及ばないことだなぁと実感しています。

    それ以外のことは、今のところ何とかやって行けてます。

    年齢を重ねていくと、かなり逞しく生きて行けるようになるのでraraさんもきっと大丈夫ですよ!
    今は辛いことが重なってお辛いのでしょうね。
    小町でたくさん愚痴って、実生活をエンジョイしましょう!

    ユーザーID:6623882928

  • でも

    ずっと独身でいればいたらで、思いもよらなかった「ままならない事」が出てくると思います。

    孤独にも立ち向かわなきゃならないし、世間の目にも耐えなきゃならないこともある。誤解も多くされるし、結婚するまでの独身時代には気楽なことは多いかもしれませんが、生涯ずっと独身でいることは気楽ではなく、それなりにままならない事は増えてきます。

    それはずっと独身でいない人には分からないことです。

    ユーザーID:3483872643

  • 独りではない幸せ

    過去について自分の力だけでなんでも出来たと思うことが
    少し天狗になっていたということではないでしょうか。

    わたくしも一人で自分の人生をすべてコントロールしているような
    気になっていた時期がありますのでわかります。
    都市部での一人暮らしをしていたせいもあると思います。

    結婚すると、他人だった人が家族になったり
    何の縁もない人が義理の兄弟姉妹になったり
    ややこしいので、すべて「こういうものなのねー」と
    まるごと受け入れるようにしています。

    もちろん疲れるときありますよ、ストレス溜まって。

    そんな時は、どうか地球規模で考えてください。
    遠くにいる誰かが低賃金で重労働してくれて、その収穫が
    輸入されてくるから、安くておいしいものを
    わたしたちは毎日食べています。

    ほとんどの人は生きたいから生きている!って思っている
    でしょうけれど、そうではなくて誰かのおかげで
    生かされているのです。
    誰かの善意から生かされているのではないにしろ
    誰かとかかわりをもって生きています。

    あなたがいてくれるから幸せって人がいるはずです。

    ユーザーID:6091154546

  • わかります。

    トピ主さん、すごく共感しました。
    結婚して2年目ですが、毎日の様に感じていることです。

    独身の頃にももちろん泣いてしまう位辛いこと、悲しいこと
    がありましたが辛いのは自分だけ、立ち向かおうと思えば
    いつも乗り越えられていた様に思います。

    辛いことが特にないと「あ〜幸せ♪自分にはなんだって出来る!」
    と過剰な自信がありました。
    しかし、結婚すると両親と夫の問題、お金の問題、自分のキャリア
    ・・すべてが複雑に絡み合い楽な日常っていうのがなくなってしまい
    ました。不幸せではないけれど常に両肩に重荷が乗っている感じ。
    でも、だからこそふとした幸せが強く感じられる様になりました。
    なんだか、赤ちゃんなど見るだけで涙がでてきそうになる・・。

    独身の方にももちろんままならないことはあると思いますが。今回
    このトピで語られている事とはまた別の類である気がします。

    人生のほろ苦さが増してきたこの頃です。
    自分だけが感じていることじゃないんだ!と元気でました。
    ありがとう。

    ユーザーID:8611382651

  • それは

    上に書かれている独身者のままならないことの例えは、やはりご自身のことに関してのみですね。世間の目も、孤独も。

    なんというかここで言っているのは、もっと自分を差し置いて考えることが増える、という事ではないですか。

    ユーザーID:3131498684

  • 年齢ゆえ

    それは年齢ゆえの事でもあるのでは。
    親の庇護の元夢と希望だけの若い頃から、大人になり社会を担うようになり。
    自分だけの事では物事が進まなくなるもどかしさ。
    年齢と結婚と出産。重なっているのです。
    もう子供ではないと言う事ではないでしょうかね。

    今はそれでも祖父祖母世代が元気です。
    私たち世代が本当の意味で社会を担うようになったなら、もっと大変なのではないでしょうか。

    ユーザーID:7741427831

  • 桜の花が40代で

    いろんな苦労があったなあと思います。でも40代後半、少しですが、いい方向に進んでいます。昔の方が涙を流すことが多かったですよ。
    私は、学生時代にあまりいい思い出がないんです。
    だから、今の方が楽しいと思うのかもしれません。
    今は、自分で努力して、やっと幸せになったという感じです。またいろんなことは起こると思いますが、精神的に強くなっているので大丈夫だと信じています。

    ユーザーID:1080033884

  • わっかる〜。

    結婚して子供が出来てってなると、一人でいたのと全然違う責任みたいなものが大きくなりますよね。。
    一人の時には自分だけの問題、何をしても自分の責任。
    それが急に社会的な責任が出ると言うか・・・・・。
    特に子供を通したつながりや夫を通した繋がりは、自分に見えないのにとても重要だったりして本当に難しい。

    社会の問題も毎日のニュースも目に飛び込んでくるものが変わるし
    心配も大きくなる。

    自分では解決策が良く見えるものでも、自分ひとりだったら自分で行動して解決していたものが、夫や子供の問題は本人がしなくてはどうにもならないこと。夫や子供や親戚にどんなに伝えようとしても伝わらないこと、。
    友達と違う、切っても切れないつながりや付き合い。


    自分ひとりだったらいい加減にしちゃうところ、他の家族のために頑張ったり、そこはきちんとしたいと思ったり。

    ああぁぁぁ。
    上手く言葉に出来ないけれど、なんか大変ですよね。

    ユーザーID:5656271988

  • 小町らしいな

    独身には独身なりの幸せと苦労があり、
    既婚者には既婚者なりの幸せと苦労があるって
    ことでしょうね。

    小町にありがちな論調になって欲しくないですけど。
    他のトピでは、結婚して幸せすぎ、独身可哀想となり、
    このトピでは、独身者はいいよね楽で、でも既婚者は
    それだけ視野が広がったんだから。

    所詮、自分だけの側しか考えられない未熟な意見だと思います。

    ユーザーID:3377699203

  • もち様、それはチョット違う

    まあ私の意見がこのトピの論調とは違っているからなんですが。

    確かに結婚によって視野は広がる。
    でも広がったのは視野だけであることを忘れてはいけない。
    自分自身の力が及ぶ範囲は、独身の時と寸分も変わらず、自身自身でしか無いことを忘れてはいけない。

    私はそれを声を大にして言いたい。

    「自分が自分のためにする努力の影響によって、自分に繋がる人も幸せになれれば良いな♪」という優しい気持ちは否定しない。
    でも自分の努力が自分以外の誰かに影響を与えられるなんて傲慢になっちゃいけない。

    自分が自分に繋がった世界までどうにか出来るなんて勘違いするな。
    自分は自分と自分の周囲の幸せを願いつつ、自分のために努力すれば良い。
    周囲の人達はそれぞれ己がすべき努力をして、それぞれで幸せになれば良い。

    周囲と自分とを同一化してしまうことは、トラブルの第一歩だと思います。
    例えば同一化の矛先が我が子に向けば、向けた親は毒親になってしまうように。
    でもこのトピにはそんな同一化を誇りに思っているらしき人もいて、ちょっと恐いです。

    ユーザーID:0883767686

  • 論点がずれますが

    独身のときはまず地域の活動に参加する機会も少ないし、自治会活動に参加している人も少ないでしょう。

    親戚付き合いも親がしているし…


    仕事と自分の身の回りのこと、恋愛と遊びだけやってればよかったんですから。
    そりゃ純粋に自己責任だけですよね。

    私はそれでもままならなかったですけどね。

    恋愛や人間関係は特に。

    今はしがらみ多いけど自分を助けてくれる人も多くなったと感じています。
    先生、子ども同級生のお母さんたち、近所の人たち。義父母。


    SOS出したら助けてくれます。
    私もみんながSOS出したら手助けします。

    自分は一人じゃないって感じます。
    独身のときはよく孤独を感じました。

    ユーザーID:6794707856

  • う〜ん

    トピ主さんの言いたいことわかりますよ。
    結婚3年目の主婦です。

    否定的な意見多いですが。
    周囲と自分を同一化なぞしてませんよ。
    「自分が自分のためにする努力の影響によって、自分に繋がる人も幸せになれれば良いな♪」という優しい気持ちがあるからこそ「もっとがんばり
    たい」と必死になるものです。

    自分が必死になれば家族に影響を及ぼしますよ。
    究極の形が子育てです。

    独身は気楽でいいねというトピではないと思います。
    結婚してからの変化のトピですので同調できない方はスルー
    したほうがよいのでは。

    ユーザーID:6710377028

  • トピ主です1

    何気に書き込んだトピに自分が思っていた以上の反響があり、驚きながらも、一つ一つレスを読ませていただきました。

    さて、このトピはあくまで既婚の私が今現在の立場から主観的な意見を書いたまでです。
    まさに代弁して頂いているレスもありますので、補足はこの辺りにしておきます。

    話を戻して。

    私が感じるのは、結婚すると本当に不条理な嫉妬や羨み合いといった事が増えるということです。

    その元凶といえるのが「競争心」でしょうか。

    夫の年収、持ち家、子供の発達状態・・・・。井の中の蛙のようにごく内輪の知り合いの中で比較して、安心したり、悔しがったり。

    この「競争心」は一体どこから来るのか。

    私もそういった一連の流れを経験してきました。
    思えば私がそれまで頑張って努力して手に入れてきたものは、どちらかといえば目に見える確実なものばかりだった気がします。
    見えるが故に、分かり易いが故に比較してしまう。そこから無駄な競争心が生まれ、願ったものが手に入れられなければ、あたかも易々と手にしている様に見える人を羨み、行き詰って途方に暮れる。

    続きます

    ユーザーID:9238557516

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    私が感じてきた「ままならなさ」は、もしかして根底に目に見えるものにのみ価値を置いた幸せを追い求めた結果の閉塞感だったのでは?と思います。

    それでも、比較する事自体はこの先もあることでしょう。それでいながら穏やかな気持ちでいるには、どうしたらいいんだろう。

    結婚て「どんなに頑張っても、どうしようもない事があるし、救われない事もある。何が起こっても不思議じゃない。そんな時ちゃんと目に見えない大事なものに気づき、目に見えるものにだけ価値を置いて幸せを測ろうとする事の愚かしさを知る」
    という人生の側面を身を持って教えられる道場みたいなもんでしょうか。

    ユーザーID:9238557516

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • それはもしや。。。

    トピ主さんは…もしかしたら…ラッキーにも
    あまり「挫折」のない人生を歩んでこられたのではないでしょうか?

    挫折とは、自分ではままならないことが自分の身に降り注ぎ、
    心もプライドも経験も何もかもがバランバランに解体されて、
    そっからまた。新しい自分を形成しなおす。そういった経験です。

    何度か味わうと、人は独りでは生きていけないことの本質や
    物事というのは、自分の想像するようには、なっかなかならないこと。
    そりゃ、家族ですから。自分じゃないし。別個の違う存在ですから。
    思い通りに行かなくて「普通」だと思うのです。

    そして、幸せな満足できる状況、思い通りに事が成ったというのが
    如何に有難いものであるのかを痛感し、感謝という心を養えると。。。

    そう考えても、モヤモヤは消えにくそうですか?

    ユーザーID:7024580220

  • ここるんさん、腑に落ちました

    ふむ、そうかもです。確かに私はこれまであまり挫折を経験せずにこれまで生きてこれたと思います。

    とはいえ、自分なりに苦しい事はありましたが、人生を左右するような出来事や節目などは、たいした苦労をせずに自分が思う方向へスッスッと進んでこれたような気がします。

    思い通りにならない事が「普通」であるならば、何かこう、物事というのは到底人間の手の届かない所で見えない力が働いているというか、今まで私が何かに対して頑張ってきたとか努力して何とかしてきたという割合は、実は大した割合ではなかったのかもしれません。

    結婚することでままならない事が増えるのは事実ですが、私の場合、人生のままならなさを体験する時期と結婚した時期がかぶっていて、余計にそう思えるのかも知れませんね。

    なんだか思っても見なかった価値観を発見したようです。ありがとうございました。

    ユーザーID:9238557516

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主さん、ありがとう。

    まさに今、私の心でモヤモヤしていたことを文章にして頂き、ありがとうございます(笑)。他の方々のレスも、ああそうなんだよね、そうだよねと共感しつつ読みました。本質的には(既婚者だから独身だからとか関係なく)自分と他人とを比べることで幸せかそうでないかを簡単に決めてしまっている、そこからくるモヤモヤなんでしょうね。切磋琢磨することは大切なことだけど、本当の幸せってなんでしょう?青い鳥は自分の心の中にいます。

    ユーザーID:8908265563

  • あくまでもひとつの意見ですのでご自身を大切にしてくださいね。

    物事は、自分「だけ」が頑張っても、なかなかどうして
    空回りするものです。
    それは何故か。
    歯車はひとつでは回れないからです。

    では、トピ主さんが感じるこの苦しさは何か。
    家族や環境という歯車と、トピ主さんがぴったりはまってないからだと
    思います。

    視点を変えて、どうすれば円滑に、自分のためじゃなく、
    その人に良しとなる、またはお互いに良しとなる方向に向くのかな?
    と、「こうあるべき」や「こうあったほうがいいのに」という
    固定概念を捨てて見つめてみたら、解決法がひょっこりでるかも
    しれませんよ。あまりご無理なさらず。ご自愛ください。

    ユーザーID:7024580220

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧