タイヤのスリップ

レス10
(トピ主0
お気に入り4

キャリア・職場

ペーパードライバー

建設業界の総合職をしています。大学四年で運転免許を取得してから車の運転をしたのは数回で、この5年間は機会がありませんでした。四月から出向で東京から地方に来ました。先週の雨降りに現場事務所に行く事になりました。その日に限り現場の方は雨天休み、いつも運転してくれる先輩も出ていて自分で運転していくしかありませんでした。

ハンドルにしがみつくように慎重に運転をして現場まで行き事務所のパソコンを復旧させました。帰ろうと方向転換をしているときにぬかるみでタイヤがスリップしてしまいました。初めての事で慌ててしまいギアをDやRにしてアクセルを踏み込みましたが全然動きませんでした。

先輩に助けに来てもらいましたが、先輩も初めての事で慌てていました。事務所でロープを見つけたので引っ張ることにしました。が・・女性二人では上手くいかず先輩の車もスリップして動けなくなり、社に助けを求めました。

ぬかるみを歩くことも初めてで、支給されているレインシューズはサイズが大きいため泥に埋まってかかとが脱げてしまい上手く歩くこともできませんでした。
スリップからの脱出方法とぬかるみを上手く歩く方法をお願いします。

ユーザーID:7172523539

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これだからマニュアル世代は困る

    >スリップからの脱出方法とぬかるみを上手く歩く方法をお願いします。

    状況は千差万別、簡単に教えられるものだと思うほうがどうかしています。

    一つ一つ自分で考えて行動する。
    そして、持っていた知識を、経験で深める。
    知識は、どこにでも転がっています(書籍やネット)。

    経験至上主義を主張しているのではありませんが、経験なしにでは机上の空論しか身につきません。
    もっと経験を!

    ユーザーID:1035483843

  • シロウトですが

    ぬかるみとはあまり縁がない者ですが。

    タイヤのスリップに対しては、できるだけアクセルを踏まず、
    踏むか踏まないほどの力で少しづつ踏んで、タイヤを
    ゆっくり回すしかありません。

    車が10cm動くだけアクセルを押して、動けばさらに、
    その押し方を続ける。
    車が動かず、タイヤがスリップ始めたら、すぐにアクセルを戻す。
    といった感じです。

    アクセルを踏み込むとタイヤがビュンビュン回ってしまい、
    ますますスリップします。

    スリップから抜けるには、ムシロやシート、板や
    角材・ブロックなどをタイヤにあてがうのが効果的です。
    (普通の乗用車なら前輪です)
    下手すると、ブロックなどがタイヤの力で飛ぶので車外の人は
    注意してください。

    ぬかるみの歩き方は足を上から置いて、上に引き上げる
    といった感じでしょうか。普通に地面を蹴ろうとすると、
    かかとから脱げるようになるので、足の甲で靴を
    持ち上げて、靴をぬかるみから引っこ抜く感じです。

    ユーザーID:0643414594

  • 空転したら出ない

    一般的な自動車は片側のタイヤが空転したら、空転してないタイヤに駆動力が伝わらず、前進も後進もしません。駆動力が虚しく空転してる。人力で押し出すか、牽引するしかありません。

    (1)アクセルを踏み込んでエンジン音が高まるような空転は危険です。もし、タイヤが路面を掴み、ぬかるみを抜け出すことが出来た瞬間に自動車が急発進に前方の何かに激突します。

    (2)前輪駆動の自動車の場合、ハンドルを直進でなく開けた道側に向け、ATギアを2速固定にして、ゆっくり発進すると抜け出せることがあります。ゆっくりアクセルを踏むのが鉄則です。

    (3)高価なトラクションコントロール機能を装備してる自動車や4輪駆動を装備した車は空転を制御するために抜け出すことが容易です。
    トピ主さんは貴重な経験をしたので、今後は固い路面を見極め、ぬかるみを回避する知恵が備わりましたね。

    ユーザーID:6163747638

  • 私もやってしまいました

    最近よく雨が降りますね、私もスリップやってしまいました。
    もちろんオートマ限定免許、ペーパードライバーで運転は苦手です。私の場合は、少しでも近道をしようと抜け道に入ったつもりでしたが、道を間違えてしまい造成地になっていて行き止まりで方向転換をしているときにスリップしてしまいました。

    砂利が敷いてある所で方向転換をすればよかったのですが、バックするのが苦手なので右回りで向きを替えをうとしてぬかるみに入ってしまったのです。少し進むと動きが遅くなりアクセルを踏み込んでいるうちにタイヤがスリップしてしまい戻れなくなりました。

    窓からタイヤを見てみると泥だらけで空回りするばかりです。レバーをDやRにしてアクセルを踏み込みましたがエンジン音が鳴り響くばかりで脱出できません。車から降りてみるとひどくぬかるんでいてパンプスではとても歩きにくく途中で泥が染みてきてタイツも汚れてしまいつま先も冷たくなってきたので車に戻りました。
    結局、会社に電話をしてレッカー車を呼んでもらい助け出されました。苦手な運転がさらに苦手になってしまいました。

    ユーザーID:5982011699

  • それはスタックですね

    都会育ちの方で子供の頃にぬかるんだ泥道を歩いたりしたことがないのでしょうね。
    泥道の感覚をお持ちでなく、かつクルマの運転に慣れていらっしゃらないということで、スタックしてしまうのは無理ないかもしれません。

    1.ぬかるみを回避すること。

    目で見てぬかるみはある程度判断できます。深い轍のあとがあったり、水を含んでしっとりしていたり、光っていたりします。

    2.はまってしまったら。

    ハンドブレーキ(サイドブレーキ)を適度に引くことで両側の駆動輪に負荷がかかった状態になり、ディファレンシャルギアの効果を減殺し、空転していたのと反対側の車輪に駆動力を伝え、結果としてぬかるみから脱出することができる場合があります(できない場合もあります)。

    3.それでもだめなら

    毛布、土嚢、材木、コンクリートブロック等々動員できるありとあらゆるものを空転するタイヤと地面の間に挟んで摩擦力を回復させると脱出できます。

    経験を積んでみてください。

    ユーザーID:8341597953

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 泥濘は避けましょう

    ●大抵の場合、泥濘を歩くとくるぶしと言わずひざ付近まで泥だらけになります。自分で泥を跳ね上げてしまうからです。
    どうしても歩く必要がある場合、もし適当なロープがあるのなら靴に巻きつけては如何でしょう?グリップ力が増すはずです。

    ●クルマが泥濘に捕まった場合の脱出方法は何通りかあります。
    ハマった直後なら、空ぶかしをせずにLレンジでジワーっと出る。
    真っ直ぐよりは出来るだけ斜めにハンドルを切る。

    ニッチもサッチも行かなくなったら、
    ・不要な毛布をタイヤの下に敷いて抵抗力を付ける。
    ・幅10cmほどの板があれば最高ですが、無ければ同程度の木の切れ端を敷く。
    ・運よくスコップと砂利があれば、泥濘に砂利を入れて固めにする。

    いずれも力仕事です。オシャレしてする作業ではありませんので念のため。

    ユーザーID:4660631239

  • タイヤに滑り止めを

     タイヤが泥濘でスリップして進まない場合、スリップしているタイヤの真下や斜め前に詰め物をします。泥よりも滑りにくい物、たとえば毛布やブロック、石、板、道ばたの雑草等、何でも良いので詰め込んで滑り止めにします。建設現場ということなら足場板やセメントの空き袋なども効果ありそうですね。

     準備ができたら車を動かす前に周囲の安全を確認して下さい。タイヤが滑り止めの物に乗って回り始めた拍子にそれらが凄い勢いで飛ばされる事があるし、スリップが収まって急加速する危険がありますので、くれぐれも注意して下さい。
     そして車の近くに人がいないことを確かめてから、アクセルをできる限りソフトに踏んでいきます。(オートマ車ならDより2速にレバーをセレクトしておくと良いのかな?)
     場合によってはタイヤの回転をゆっくりにするためにサイドブレーキを引いておいてアクセルに連動して徐々に緩めるという技が効果的な場合もあります。

    レインシューズ(長靴?)で泥濘を歩くコツは、足を真上に引き上げて、甲の部分で靴を持ち上げるイメージで泥から引き上げ、歩幅を小さく踏みしめるように、って感じでいかがでしょうか。 

    ユーザーID:7526294583

  • 数年前おじさんを助けました

    友人と犬を連れて山に遊びに行った時、
    雪が溶けてぬかるんだ所に車がはまり
    動けないでいるおじさんがいました。

    おじさんの車のマットをまずタイヤの下に噛ませ、
    その上に車にあった雑巾などの布を置き、一人は
    ゆっくりゆっくりアクセルを踏み、一人は後ろから車を押し、
    一人は状況見ながら指示を出す…というやり方で、
    うまく抜け出しました。

    私も友人も女ですが、コツさえ掴めば車を押すのは一人でもうまくいきました。

    案外車の足元にあるマットなんかも役立つし、日頃からボロ布を積んでおくといいですよ。

    私の車には常に長靴、スコップ、要らなくなった座布団、ボロ布を入れてあります。

    仕事だと、プライベートなら絶対運転しない所でも行かざるを得ないことがあって、不安ですよね…。

    ユーザーID:7032211189

  • 経験談から

    私も同じような境遇でスタックを経験しました。
    ヌカルミかどうか分からずスタックしてしまうと慌ててしまいますね。しかも初めてではどうしてもアクセルを踏み込んでしまい事態を悪化させてしまいます。
    スコップや板などは普段から積んではないことが多く、予期せぬスタックで身近にある道具としてはフロアマットぐらいしかないと思います。

    タイヤに噛ませてアクセルをそっと一定で踏むのです。決して踏み込んではいけません。道具が有ったとしても足元がパンプスでは作業どころではありませんが・・

    ヌカルミを歩くのには、まずレインシューズのサイズを足にあわせましょう。タイツやストッキングでは摩擦が弱く余計に脱げやすくなるので、ぬかるんだ現場に行くときに私はタイツやストッキングの上から靴下を履くようにしています。靴下だと摩擦が強く脱げにくく感じます。ただ、くるぶしより深く、まとわりつく泥にはレインシューズは向かない事があります。
    板を敷いてその上を歩くようにしたほうが得策です。

    ユーザーID:3884527898

  • ブランコの要領で

    車がぬかるみにはまったときは、とにかく慎重に丁寧にアクセルを踏みましょう。

    まずギアを前進、後退どちらかに入れます。
    ゆっくりアクセルを踏み込みます。(このときに車が全く動かなかったら無理)
    車が止まったらすぐにアクセルから足をを放します。
    車の重みで元の位置に戻ろうとします。
    もう一度タイミングよくアクセルを踏みます。
    後はブランコの要領で少しずつ動きを大きくしていけば脱出できます。

    説明が下手ですみません。
    とにかくあせってはいけません。出られるものも出られなくなります。

    そんなことは試したけどダメだったから質問してるんだよ。
    という場合は上の文章は無視してください。

    ユーザーID:5739330307

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧