• ホーム
  • 話題
  • ピアノのキーと耳が一致しません。これって?

ピアノのキーと耳が一致しません。これって?

レス33
(トピ主4
お気に入り57

生活・身近な話題

fm

ピアノの音のことなのですが、
私には一つずつ音がずれて聞こえるのです。
レの鍵盤を押さえると→ドに聞こえる
ミの鍵盤を押さえると→レに聞こえる
うちのピアノはもちろん調律済みですし、
調律師さんにピアノの音がおかしいなどと言われたことはありません。
また、うちのピアノの音だけではなく、
ピアノ教室のピアノでも、
ステージのピアノでも、
同じように一つずれて聞こえるのです。
「これは何の音?」と聞かれた時には自分で変換し直して答えるのですが、
不思議です。
こんな方いらっしゃいますか?

ユーザーID:4143345843

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も!

    トピ主さんと同じです。1音ずれて聞こえます。
    私は3歳から18歳までずっとピアノを習っていました。
    絶対音感のようなものもあり、弾きたい曲はまず耳で聞いて覚えてからでした。
    が、大学進学とともにピアノから遠ざかり、すでに12年も経ってしまった・・・

    最近私もトピ主さんと同じ現象をとても不思議に思っていました。
    なぜなんでしょうね?ものすごく変な感じです。
    ピアノをやめてしまったからなのかな?
    なんとなくまたピアノを始めたら治るような気がしていますが・・・どうなんでしょう。

    ユーザーID:3030475283

  • わたしも半音だけどずれてます。

    私はピアノや音楽をやってるわけではありませんが
    自分では音感は良いほうだと思ってました。
    なのに 楽譜をどおりに「海」や「蛍の光」「さくらさくら」を弾くと自分が認識していた音より
    すべて半音高いんですよ。
    と、言うより私自身がが半音低めの認識?
    私にとっての「ド」は「シ」から始まって、
    「シ」黒鍵2つが「レ」「ミ」で、本当の「ミ」が私にとっての「ファ」
    続いて黒鍵3つが「ソ」「ラ」「シ」で、本当の「シ」である場所がまた「ド」になります。

    解りにくい説明でごめんなさい。
    で、私もトピ主さんと同様に聞かれれば脳内変換です。
    歌ってて音がずれてると指摘されたことも無いし
    カラオケも標準モードか少し高めにして歌います。
    絶対音感のサイトでは成績は良かったですが、実は納得で聞いていない私が居ます。ハハハ。

    ユーザーID:9970282780

  • わたくしも です

    私もまさしく同じです。
    音を聞いて頭に浮かぶ音階は、一つずれて聞こえます。
    例えばTVの画面などで演奏中ピアノの鍵盤が映ると、
    「あ、思っていた音と一つ違う〜」と気付くのです。
    私の場合は、単純に、自分には絶対音感が無いのだなと思っていました。
    生活の上で全く支障はありませんが、何となく気持ちが悪いんですよね。
    子供の頃はこんなことなかったのに。

    ユーザーID:3417298541

  • ブラバンやってたから?

    小さい頃ピアノを習ってたのですが、その頃はちゃんとドはドに聞こえてたのですが、
    中学になって吹奏楽部に入り、ホルンを吹くようになったらなぜか4度
    音程がずれて聞こえるようになりました。

    ホルンはF管でドがピアノのファの音だったからかな?と思ってます。
    絶対音感は持ってないので、そのときにもっとも慣れてる音程が聞こえるようです。

    ソルフェージュやれば治るんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3718445808

  • トランペットの人みたいですね

    単音でも音高がばっちりわかるのならば、絶対音感があるということだと思います。その絶対音感のキーが、たまたまCではなくBだということでしょう。いつもキーがBの音階で音を捉える癖がある、と表現してもいいです。

    別に変な話じゃないと思います。
    例えばトランペットはキーがB♭なので、トランペットだけやっていた人にとっては実音のB♭がCに聞こえます。トピ主さんと似てますね。
    移動ドに慣れきっている人なら、Cとだけ言われても「どの調のC?」って思うかもしれませんし。

    たまたまキーがBの曲が好きでよく弾いていた/聴いていたとか、そういうことはありませんか?

    ユーザーID:8272161271

  • ピアノ以外の楽器の音は?

    そういうふうに聞こえたことがないのでよくわからないのですが、
    ピアノ以外の楽器の音は、音名と一致して聞こえるのですか?
    それともどの楽器の音であっても同様でしょうか。
    もし後者なら、一番最初に音を覚えるとき、何かの原因でずれて記憶されて
    しまったのかもしれませんが、前者の場合はとても不思議ですね。
    子どものころからずっとそうなのでしょうか。
    大人になってからそうなったのなら、耳の機能に何か問題がありそうで
    ちょっと心配になります。

    移調楽器(Cが基調ではない楽器)を演奏していたことはありませんか?
    もしそういう経験があるのなら、その楽器を演奏することで「ド」の音の
    記憶がずれてしまったのかな、とちょっと思いました。
    ただ、Dが基調の楽器ってあまりないですよね・・・(これが、B♭の音を
    聞くと「ド」に聞こえるとかなら、B管の管楽器をやっていたのでは!?と
    思うのですが、D音が「ド」に思えるというのはちょっと違うかな・・・)。
    古楽器ならD管のフルートとかトランペットもあるのだけど、モダン楽器だと
    ちょっと思い浮かばないんですよねー。

    ユーザーID:3428467053

  • 私もです。理由が知りたい!

    興味深いトピをありがとうございます。。。

    タイトルに私もです!と書きましたが
    厳密に言うとトピ主さんとは少し違うかもしれませんが
    ピアノの音は、実際に鳴っている音通りに聞こえるのですが、
    ショッピングセンターでのBGMとかCDの音とかギターの音とか
    POPSミュージシャンが歌う声とかは
    メロディもコードも全て一音ずれて聞こえています。
    これは何調かなぁと思っていても必ず一音違う調です。

    なぜなのか私も知りたいです。

    ユーザーID:5680827396

  • 似ています

    小さい頃からそこそこの絶対音感を持っていた30代女性です。
    若い頃は聴音もバッチリで得意分野でした。音大卒なのですが受験時にも在学中も問題ありませんでした。

    それが気がついたらピアノの音が半音ずれて聞こえていることにある日気がつきました。30代はじめくらいだったでしょうか。
    とにかく半音ずれているので非常に不便です。

    以前は聴いた曲を譜面なくてもそのまま弾いたりして楽しんでいたのに、今は考えていた音とずれているのでとっても弾きにくいです。
    原因はなんなのでしょうね。
    出産?年齢?
    出産後体重が一時期10キロ程増えたのでそのせいかな?とも思ったのですが体重が元に戻っても音感のずれは変わりませんでした(涙

    トピ主さんは子供の頃からなのですか?それとも私のように後天的にずれていったのでしょうか?

    治せるものなら治したいです…。

    ユーザーID:8689427490

  • ピアノ以外の楽器の音は?

    ピアノ以外の楽器の音はちゃんと聞き取れるんですか?
    そこらへん、追記よろしくお願いします。

    ちなみに私、ピアノの音はちゃんと聞き取れます。
    ヴァイオリンでもトランペットでもフルートでもティンパニでも、普通にオーケストラで使われる周波数でチューニングしてあれば、やはりちゃんと聞き取れます。
    音楽以外の世の中の全ての音も音符になって聞こえる…というほどではないものの、自分はある程度の絶対音感を持っており、楽器音は確実に聞き取れると思っていました。
    数年前までは。

    最近、自分はシンセサイザーなどの電子楽器だと、たとえアコースティックな楽器と同じ周波数でチューニングしてあったとしても、何故か半音ずれた理解をしているということに気付きました。
    我ながらとても不思議です。
    楽器音は全て完璧に聞き取れると自信があっただけに、ちょっと凹んでもいます。

    デジタルな楽器音には、私が音程の判断の際に基準にしている何らかの要素が含まれていないんだろうな、と物理知識が無いながらに想像しています。

    ユーザーID:2416121767

  • 鍵盤楽器から離れてからずれるようになりました

    毎日のようにピアノを弾いていたときは大丈夫だったのですが、
    鍵盤楽器に触らなくなってから、ずれるようになりました。
    「絶対音感あるんだ〜」といってたら「これ何の音?」と聞かされ
    「シ」と答えたら時報でしたので、正しくは「ラ」でした。

    絶対音感とはいっても、いろいろあるようですよ。
    ピアノの調律も細かくいえば国によって違うようです。
    「絶対音感」という本に詳しく書いてありました。

    私の場合は、以前は「あー」と声を出したとき「ド」の音だったのが
    今は声が低くなって「シ」になってるのが原因かもしれません。

    ユーザーID:3473173120

  • 聞いた話なんですが。

    ピアノの先生に聞いた話なんですが、先生の大学時代の友人に
    そういう人がいて、ちゃんとピアノは弾けるのに、
    聴音だけが半音ずれると言う人がいたらしいのです。

    その人が夏休みに帰省して家のピアノを弾いたら
    全部半音下がった状態で調律してあったという事でした。
    440ヘルツではなかったそうです。

    もし違うヘルツで調律されたかもしれない
    子供の頃のピアノの音が刷り込まれていたら
    半音下がって聞こえてるかもしれませんね。

    一度ピアノを調べてみてください。調律の記録に
    書いてあります。

    因みに近畿に住む妹は最近、自分のピアノの調律の
    記録を見て驚いたそうです。420ヘルツだったらしいです。
    古い古いピアノでしたので昔はそうだったのかなと笑っていました。

    ユーザーID:2758349579

  • 趣味でフルート吹いてますが・・・

    私も一音ずれてます。

    10代の時も吹いていたのですが、その当時は「ずれ」はありませんでした。
    ピアノも長く習っていたので、音感はあったはずなんですが・・・・。

    結局ブランクがあったから?とか思うのですが、どうなんでしょう。
    私も気持ち悪くて仕方ないです〜。

    ユーザーID:9353427993

  • 耳鼻科へ

    鼓膜が開放されるような病気かもしれないので、一度耳鼻科で検査してもらった方がいいかもしれないですね。頭痛やめまいも起こりうると思います。ずれて聴こえるのは自慢できるものではないです。

    ユーザーID:4424287966

  • 私もです

    私も高3までピアノを習っていて、聴音はかなり得意でした。
    習うのを止めても10年ぐらいアップライトのピアノを調律しながらたまに弾いていましたが、ある時電子ピアノに買い換えました(何てもったいない)。気持ちが音に入りにくくてあまり弾かなくなり、5年くらい後子供が産まれて弾いてみると、半音違ってました。
    どなたかが書かれてましたが、以前のピアノの調律の音と違うのでしょうね。未だに違和感がありますし、違う曲を弾いているような気持ちになります。

    ユーザーID:8166045437

  • 訂正+α

    >その絶対音感のキーが、たまたまCではなくBだということでしょう。

    すみません、BじゃなくてDですね。
    ずれ方が逆でした。
    かっこ悪い・・・。

    だけだとなんなので、ちょこっと理由を想像してみます。
    キーがDの曲を好んで弾いてた、ということはないでしょうか。
    キーがDの音階ではまさにDが「ド」の役割を果たすので、キーがDの移調楽器を弾いてたのと同じような影響があるかもしれません。

    ユーザーID:8272161271

  • 私も同じです!

    子供の鍵盤付きのオモチャがどれも1音ずれていて、
    「レ」から始まるので気持ち悪かったのですが、
    私は「オモチャだから正確には作られていないんだ」と思ってました。

    このトピを見て私に問題があるのかもしれないんだ、、、と
    ちょっとショックを受けています。
    他のレスにもありましたが
    私も子供の頃から「音感がいい」と褒められてきたからです。
    携帯の出始めの頃、自分で好きな曲の着信音を作るのが得意でした。

    何が原因なのか私もかなり知りたいです。

    ユーザーID:5810608530

  • 医師免許持ちの現場経験なし、学生オーケストラに所属してました

    以下、全くの根拠無しです(笑)

    人が音を信号として感じ取るのは内耳の蝸牛という部分です。
    かたつむりのような形の器官で、中に音を感じ取る毛のようなものが順に並んでいます。
    かたつむりの入口に近いほど高い音に、奥ほど低い音に反応するようになっています。

    さて、成長期の頃、蝸牛の最も入口部分で感じる音(つまり聞き取れる最も高い音)がレの音であった、またこの頃に絶対音感を習得した、とします。
    ところが成長(あるいは老化)すると蝸牛のサイズが変わります。音を感じ取る能力も変化します。
    これにより、蝸牛全体が以前よりずれた音階へ反応するようになったのでは?
    例えばレに反応していた入口部分が、一音ずれたドに反応するようになったのでは?
    しかしその部分は以前レとして記憶した部分ですから、脳は相変わらずレとして解釈するのでは?(以下も同様にずれる)
    という推測です。

    若年者にしか聴こえないモスキート音という高周波の音もありますよね。
    成長すると聴こえなくなるのは上記のような要因があったりするのかなぁ、などと勝手に考える次第です。

    ユーザーID:4567874404

  • 念のため

    耳鼻科で検査されるのはいかがでしょうか?
    脅かすつもりはないのですが、私の音楽の先生のお話ですが、片耳が半音下がって聞こえるのがおかしいなと思って行ったら、突発性難聴だったということがあったそうです。音が高めに聞こえる方には当てはまらないのかもしれません。
    早めに診てもらうのがいいそうです。

    ユーザーID:5770133596

  • 演奏家です

    皆さんはおいくつくらいなのでしょうか?

    私は、厳格なほどの絶対音感を持っていて、受験でも仕事でも困ったことがありませんでした。

    ところが、40半ばを過ぎた頃から、突然流れてきた音が半音近く上がって聞こえることに気付きました。
    最近はほぼ「半音」上がって聞こえます。
    CがC#に限りなく近く聞こえ、微妙な和音は音のボーダーラインがあやふやになっていることに気付きました。(分かるでしょうか、この説明で)
    一旦分かると慣れるのですが。

    昔なら、どんな和音(6つまで分かりました)でも、いくつかの音は(特にベースは)突出して完全に分かったものです。
    今は、全体が茫洋とした感じになってきて、少し落ち着きません。

    老眼は覚悟できていましたが、老聴っていうのは知りませんでしたから。

    ところがある記事で、引退直前だったピアニストのラ・ローチャが、「今はどんどん高く聴こえて、今は聴こえる音から○度(2度とか3度とか)引いて実音を知るようにしている」という記事を見つけたことがありました。

    どうも、絶対音感は歳と共に変化するようです。

    ユーザーID:9568094064

  • 横ですが、そうなのかーさん

    子供用の鍵盤おもちゃっていいかげんですよ。
    「ファ」とか「ソ」の音が「ド」の鍵盤にふられているのもあります。
    相対音感を身につけるにはよいと思います。

    ユーザーID:3473173120

  • ラベルのずれか、本当にずれて聴こえてるのかどちらでしょうね

    トピ主さんの状況って、
    ・頭の中でA=440ではなくB=440になっている(音名のラベルが貼られる位置がずれているだけで音高は正常に知覚している)
    ・本当に実音とずれた音高として知覚している(A=440が、そのとおりに聴こえない)
    のどちらなんでしょう。

    楽器のキーの話をしている人は前者の解釈、身体の変調を疑って耳鼻科を勧めている人は後者の解釈ですよね。
    でも、客観的に区別をつける方法ってあるのかな・・・。

    ユーザーID:8272161271

  • トピ主です。レスありがとうございます。1

    音がずれて聞こえる方、私以外にもいらっしゃるんですね。
    子どもの頃はそんなことはなかったという方が多いようで、
    私と同じ状況だと思いました。

    いくつかご質問にお応えしますと、
    私は子どもの頃、ピアノとフルート(移調楽器ではありませんね。)を数年ほど習った程度で、
    その頃は弾いてる(吹いてる)音と聞こえる音が違うことなど
    多分感じたことはないと思います。

    社会人以後15年ほど、ほとんど音楽とは縁のない生活を送ってきましたが
    (D調の曲を好んで聴くどころか、音楽自体、ほとんど聴いていませんでいた。)
    子どもがピアノを習いだし、
    音を聞きつつ、譜面も見るという機会が増えて
    あれっ?と思いはじめたのです。

    ピアノ以外の楽器の音となるとあまり耳にする機会がなく
    音がずれているかはわからないです。
    BGMなども譜面と照らし合わせてみないことにはずれているのかどうなのか…?

    そして家のピアノの昔の調律記録にはピッチ=442とあり(長年同じ調律師さんでした)、
    今の調律師さんもそれに合わせて?442で調律しているようです。

    続きます。

    ユーザーID:4143345843

  • トピ主です。レスありがとうございます。2

    続きです。

    興味深かったのが楸さんとgggさんのレスです。

    >さて、成長期の頃、蝸牛の最も入口部分で感じる音(つまり聞き取れる最も高い音)がレの音であった、またこの頃に絶対音感を習得した、とします。
    ところが成長(あるいは老化)すると蝸牛のサイズが変わります。音を感じ取る能力も変化します。
    これにより、蝸牛全体が以前よりずれた音階へ反応するようになったのでは?

    >ところがある記事で、引退直前だったピアニストのラ・ローチャが、「今はどんどん高く聴こえて、今は聴こえる音から○度(2度とか3度とか)引いて実音を知るようにしている」という記事を見つけたことがありました。
    どうも、絶対音感は歳と共に変化するようです。

    皆様のレスにも多かったブランクを経て音感が変化ということには
    体の成長や歳も関係するのかもしれませんね。

    子どものピアノにつき合っているとまた耳が実音に慣れて音が戻るかも…と思ったりしているのですが
    そんなことはないでしょうか。

    聴こえる音が実音と違ってきていたけど
    また戻ったという方のレスもお待ちしております。

    ユーザーID:4143345843

  • 世の中のピッチが上がっているのかと思っていました

    私もgggさんと同じパターンで、ここ最近、TVなどで鍵盤を見ながらピアノの演奏をきくと、実際の音程より半音ぐらい高くきこえていることに気づくようになりました。
    鍵盤を必死に見つめて頭の中を修正しようとがんばると次第に慣れてきてその音にきこえるのですが、またしばらくすると同じ現象が起こります。今38歳です。

    「高めに調律するほうが音色が明るく聴こえて好まれるため、歴史的に基準ピッチはどんどん高くなっている」という話をどこかできいたので、
    「そうか。ピアノを習い始めていたころからもう30年以上たつから、その間に世の中のピッチが上がってきたのね。」と勝手に思っていました。でも30年でそんなに変わるものでもなさそうだし。

    耳の老化か… どうもそっちのほうが正しそうですね。

    ユーザーID:1577548089

  • そんな皆さんにおすすめ

    ただいま上映されてるだろう、映画
    名探偵コナンの【戦慄の楽譜(フルスコア)】。
    推理物ですので詳しく書けませんが、たぶん皆さんには思うところのある内容になると思います。
    遠くても一年後にはテレビ放映されます。
    アニメですが是非見てみて下さい。

    ユーザーID:9577701594

  • 自分には関係ないと思っていた

    よいトピですね、ありがとうございます。

    わたしは『絶対音感』の本にも登場する、音楽的才能は人並み以下なのに絶対音感だけ幼少時の訓練で獲得したケースです。
    でも、ピアノのおけいこも小学校でやめたし、その後ピアノのキーと耳が一致しなくなっちゃったし、もう音感がどうのこうのは、自分には関係のないことだと思ってました。

    しかしキーと耳の不一致は耳鼻科的治療で治せるんですね? というか、病気だったら放置しちゃだめですね。
    実は50歳になって、特定の高さの音が聞き取れない軽い難聴になってるんですよ。こんど耳鼻科に行ったとき、音感のこともきいてみようかな。何をどう訴えたらいいのか迷うけど。

    なお、この症状が一時的に起きた人は、フラベリック難聴かもしれないですね。
    わたしも体験しましたが、風邪や気管支炎(咳喘息)の薬「フラベリック」で、一時的に音の高さが正しく認識できなくなくなります。
    製薬会社も認めた副作用ですが、意外と知られていません。音楽の勉強や仕事をする人は要注意です。検索してみてください。

    ユーザーID:3406857847

  • レスありがとうございます。3

    >へっぽこフィドル弾きさん
    何度もレスありがとうございます。
    私的には「頭の中でA=440ではなくB=440になっている(音名のラベルが貼られる位置がずれているだけで音高は正常に知覚している)」
    の方だと思うのですけれど。
    昨日、子どもの歌ってる歌に音名で歌ってみせてから譜面を見たら、
    みごとにずれていました。…というか、勝手に移調してました(笑)。

    耳鼻科をお勧めくださった方、
    そうですね、一度耳鼻科に行ってみるのもいいかもしれません。
    実は全然思いつかなかったんです。

    さかもとさんの
    >しかしキーと耳の不一致は耳鼻科的治療で治せるんですね? というか、病気だったら放置しちゃだめですね。
    >こんど耳鼻科に行ったとき、音感のこともきいてみようかな。何をどう訴えたらいいのか迷うけど。
    に私も同感です。

    耳鼻科医の方いらっしゃいませんか?
    教えていただきたいです。

    >紫雲英さん
    映画観ましたよ!そういえば、トピの内容に…ですね。
    ということは、やはり年のせい?

    ユーザーID:4143345843

  • トピ主です。訂正です。

    レスありがとうございます。3の

    「昨日、子どもの歌ってる歌に音名で歌ってみせてから譜面を見たら、
    みごとにずれていました。…というか、勝手に移調してました(笑)。」

    音名→階名の間違いでした。すみません。
    要するにドレミで歌ったというわけです。

    ユーザーID:4143345843

  • 面白いですね

    いやぁ、私も鉄壁の耳を誇っていたのですが、最近あれ?ズレテル?と思うことが続きまして・・・。色々推論できますね。以下、私の推論です。

    CDに録音された音って、生演奏の音程とちょっと違いますよね。楽器の生の音から離れて、CDで曲を聴くことが増えたために、CDの音程に耳が馴染んでしまってズレが生じたのではないかと・・・。

    全然的外れかもしれません。

    ユーザーID:8868026315

  • こんなにいたの?!?

    私は、ピアノや他の大体の楽器のキーは、だいたいそのとおりに聞こえるんです。

    ただ・・・
    世の中の音、たとえば、玄関のチャイムや電話の呼び出し音や、偶然発生した音の場合は、半音から全音高く聞こえるんです。
    さらに、自分で音を出すと(歌うと)、ずれが大きくなります。

    原因は、5歳でピアノを系統だって学び始める前に身に付いた、母親の子守歌・幼稚園のオルガン・おもちゃの楽器などによる音感ではないかと思います。

    私って変わってると思いましたが、音感も人によっていろいろですね。

    ユーザーID:0808879792

レス求!トピ一覧