• ホーム
  • 男性発
  • 「イラストの練習」モチベーションの維持方法、アドバイス願います。

「イラストの練習」モチベーションの維持方法、アドバイス願います。

レス28
(トピ主8
お気に入り20

男性から発信するトピ

道化

転職に際し、
「人に図説できる絵画能力」が必要と思い、イラストの練習をしています。

オタクな少年だったため、下手なりに描けはしますが、上手いとはお世辞にも云えず、
なまじかアナログでは中途半端に描けてしまう為、
アナログでは挫け易いだろうと予測して、デジタルで練習しています。
A4のペンタブレットを持ち、日々練習に励んでいます。

毎日勤務後2時間半ジムでトレーニングをし、20時半に帰宅。
21時までに食事を摂り、21時以降から深夜2時までを練習時間に充てています。
いたんですが……、
どうも最近モチベーションが低下してしまい、
練習を始めても暫くすれば「休憩」と言い訳してベッドで本を読む始末。
そのまま寝入ってしまった事も一度二度ではありません。


誰から強要された訳でもなく、転職に失敗すれば無駄なスキルとなります。
こうしたタイプの
「無駄になるかも知れない努力/あんまり好きじゃ無い事柄の努力
 を続ける為のモチベーションの維持方法」など、
何かありましたら、(できれば体験談付きで)アドバイス戴けると幸いです。

ユーザーID:4117711586

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なにの訓練?

    転職に役立つ人に図説できる絵画能力の定義と
    毎晩がんばっていらっしゃる練習の内容が全く解らないのでコメントがしづらいのですが
    もしかしたら、その方法はちょっと的外れかもしれませんよ。

    タブレットは、そもそも「絵画力のある人が実際に書く絵を
    そののままモニター上でシュミレートする」為のツールです。
    タブレットを使っても絵画力がアップする事はありません。
    ましてや「スキル」になりえるのか疑問です。

    コンピューター上で見た目にテクニカルな絵を簡単に書きたいのであれば
    ソフトウェアそのものを使いこなす事に力を入れた方がいいかもしれません。
    目的に即してないかもしれませんが。
    少なくとも「結構絵がうまいです」より
    「Adobe PhotoshopとIllustratoerが使いこなせます」って言う方が
    多少は就職にプラスになりそうだし。

    私はイラストの仕事をしていますが、元々アーティストタイプではないので
    目的(仕事)がないのに絵を描くのははっきり言って苦痛です。
    そのかわり目的を与えられれば水を得た魚状態で、ものすごい集中力を長期で発揮できます。
    絵は、好きじゃないと描けませんよね。

    ユーザーID:5635261427

  • うーん

    私は、ゲームデザイナーとして5年、グラフィックデザイナー(イラスト製作含む)として4年の経験があります。中、高の美術部と美大時代を合わせるとン十年、絵を描いていることになります。

    絵の上達などというものは、絵を描くのが好きで、書いているうちにうまくなる、という類のものです。しかもどれだけ好きで書いていてもうまくならない人はならないし(テクニックなどは身に付きますが)、とにかく時間がかかります(うまい人は最初からうまいんですが、こういう人は特別です)。

    好きな人でもこうなのですから、苦手ならそりゃ寝入ってしまっても仕方ありませんよ。だって興味がないんですから。続かないのも尤もです。

    続きます

    ユーザーID:8828361809

  • 続き

    トピ主さんの仰っていることが抽象的すぎてよくわからないのですが、どういった職種に転職されたいのですか?

    もし、プロとして絵をかいて行きたいのであれば、「人に図説できる絵画能力」程度の力では無理ですし、
    営業や企画などのお仕事に就いてプレゼン等で人に説明したいだけならば、上手くなくても「下手なりに描け」れば十分だと思いますよ。
    というかそもそも絵画能力なんて求められないと思います。
    今は沢山イラストを収納したソフトもありますし。

    あんまり好きじゃなくて無駄になるかも知れない努力をするよりはもっと興味があって、確実に役に立つ努力をしたほうが良いかもしれませんね。

    私も転職経験があるので応援しています。希望の仕事に就けるといいですね。

    ユーザーID:8828361809

  • レス&追加情報です。

    レスいただき有り難う御座います。
    もう少し具体的に事情をお話しますね。

    > マウス様
    テクニカルな絵は描けます。
    現在印刷業で、Adobe系は実務経験含め、実用に叶うレベルで扱えます。
    タブレットに対する見解は私とはやや異なるので申し訳ないのですが、
    後述の「もう少し具体的な事情」を踏まえてアドバイスいただければ幸いです。

    > ごはん様
    半ばお察しと思いますが「ゲーム系企画職」への転職を目指しています。
    ですのでプロほどは描けなくてもいいのですが、
    図説、解説、雑用足りうるレベルは求められると思っています。
    ですので「絵画レベル」「プロレベル」ではなく、「個人出版レベル」を目指しており、
    実用……というよりは企画書作成の際、
    イラストがある程度描けた方が良い物が出来やすい 〜 採用率が高い。
    という見識からの「イラストの練習」に努めています。
    (応援いただき有り難う御座います。本気で嬉しいです。)

    <続きます>

    ユーザーID:4117711586

  • レス&詳細情報 続き

    タイトルは「イラスト」ですけれど、
    「無駄になるかも知れない努力/あんまり好きじゃ無い事柄の努力」
    っていうのは、
    どんな職に就いた場合でも、起こりうるシチュエーションだと思うのです。

    イラストに限らず、
    「ノリ気で無い事を続けるモチベーションの維持方法」があったら是非お伺いしたいです。


    きっと多分イラストを書くこと自体は嫌いではないです。
    ただ、上達がわかりにくく、練習の手応えが薄いため、
    練習し甲斐が薄い……といった感じでしょうか。
    現在のレベルは
    ・複写/模写/デッサン → 絵を描かない人に誉められる程度。
    ・コミックタッチのイラスト → 絵を描かない人に感想に困られる程度。
    自分としては「上達の余白はまだある」と自己評価しています。
    一足飛びに上手くなれる訳ではないので、練習を重ねるしかないのですが、
    ただこの「コツコツ積み上げるコツ」が判らないのだと思います。

    …別トピで立てるべきですかね?すいません…。

    ユーザーID:4117711586

  • イラストとデッサン力?

    とりあえず目標(企画書が通る)をイメージするのが、何よりものモチベーションですよね。

    イラストというか、デッサン力は、ごはんさんの言うとおり
    「足がはやい」「歌がうまい」のと同じで、なかなか実力以上になるのは難しいと思います。
    プラス、しかるべき環境で勉強したことがあるかどうかも大きいですよね。

    「多分イラストを書くこと自体は嫌いではない」
    でも描く事が「あんまり好きじゃ無い事柄の努力」になる。

    「テクニカルな絵は描けます」
    でも「複写/模写/デッサン→絵を描かない人に誉められる程度」
    というあたり、揺れ動く気持ちが表れるような。

    「無駄になるかも知れない努力/あんまり好きじゃ無い事柄の努力」
    と考えてるかぎり、モチベーションは上がりにくいですよね。
    大抵の職ではありえる事ですが、クリエイティブ業だけは別物です。

    「絵をうまくなりたい」なら、デジタルにいかないで、
    紙と鉛筆でデッサンしまくるのが一番効果的かと・・・。
    教室やコースに行くのも良いと思います。

    あとは、企画書そのものに力をいれて、イラストは誰かに頼む。
    こういった手段も、仕事が出来る出来ないのうちに入ります。

    ユーザーID:9153694667

  • なるほど


    私の経験上ですが、企画職の採用に作画能力はあまり問われないと思いますけどねえ。同じ様な力量の人が二人最終選考に残ったら、そりゃうまい方がいいに越したことはないと思いますが。
    私が仕事で見てきた企画の人たちの絵はあんまり上手ではなかったというかそれこそ丸に体がついているくらいのレベルでしたが。
    まあこれは私が関わったゲームがアクションやパズル、シューティングだったからかもしれません。
    でもトピ主さんが作りたいゲームがRPGやシミュレーションであったとしても要は企画力だと思います。
    これはゲームだけでなくマンガなどでもそうですが絵が上手な人は今は沢山いますが、面白いストーリー、斬新なシステムを考えられる人は少ないですから。

    絵の練習をするよりも、企画の精査はもちろん(これはされているのでしょうが)、考えた企画を言葉でわかりやすく人に伝える練習や、わかりやすい企画書の書き方の練習をしたほうがいいかもしれません。

    続きます。

    ユーザーID:8828361809

  • 続きです

    とにかく絵の上達には練習が必要で、それが続けられないのならば、そこをどうにかするアドバイスは私にはできません。

    どうしても絵が…と言われるなら、漫画などでよくある、驚いた時のギャグ絵みたいな投身の低い絵を練習されるのはどうでしょう。
    表情も喜怒哀楽、4つくらいの簡略化されたものでいいですし、手などもドラえもんみたいな丸でいいと思います。(しつこいようですが私がみていたプロの企画書はそんなもんでした)

    そういう絵をアナログで書いてスキャナで取り込み、パソコンで太さや濃さを修正したら、線の稚拙さなどもごまかせますし。
    キャラ絵って、線が均一に整うだけでずっと出来上がって見えますよ。

    絵はアナログよりもデジタルの方がずっとごまかしがきくので
    アナログで中途半端に描けるなら、その中途半端に描けたやつをデジタルで調整したほうが完成度の高いものができると思います。

    自分が関わった作品が発売されるのってとってもとっても感動します。
    それが売れなかったときはとってもとってもへこみますが、夢に向けて頑張ってくださいね。

    ユーザーID:8828361809

  • ホームページを作るとかは?

    やっぱり褒められると人は嬉しいものですから
    自分でイラストサイトを作成されるとか
    すでにあるイラストサイトさんに寄稿するとか
    イラスト掲示板にアップするとかされてみてはどうでしょう?
    その際、このイラストはこういう感じで…と
    企画をしているつもりで説明も入れてみてはどうですか?

    ユーザーID:6527854743

  • 企画担当からキャラデザもご希望なのでしょうか??

    以前ゲームソフト制作会社に勤めていました。
    わたしはキャラ担当でしたが、企画の人に絵は全くと言って必要ないかと思います・・・。(汗)

    実際に描いている人は殆どいませんでしたよ。
    企画はあくまで企画、企画書に絵が欲しい場合はキャラ担当者に描いてもらうこともできますから。(と言うか、企画がある程度通りそうな頃には、企画書制作のお手伝いが、仕事としてキャラに回ってきてましたよ)

    ゲーム会社で企画課がやるべき仕事は、まず「面白い企画を考えること」です。
    絵があろうがなかろうが、文章だけでも「ゲームとして面白いテーマや流れかどうか」がやっぱり何より一番大事です。
    その時点で採用されれば、後はキャラ担当者がちゃんと付きます。で、共同で本格的な企画書提出まで進むというのが、大抵の会社での新規タイトル立ち上げ方法かと。

    逆にキャラから企画へ転向する人なんかもいましたが、キャラが描けるから強みがあるというほどのものでもない様でした。(人に頼む面倒が省ける程度かと)

    絵を練習する時間、企画の元となる雑学を勉強したり、それを元に企画を考え貯めておく方が良い様に思います。

    ユーザーID:0123527024

  • 企画力と画力は別物だと思います

    主さんの仕事説明読みましたが、あまり画力が必要と思えませんでした。
    企画に必要なのはプレゼン能力です。
    それこそ相手がベタ惚れするラブレターを書くごとく、
    ニーズに合わせて説得できるバックボーンと熱意があればよいかと。
    そういうプレゼン用のソフト、オフィスでいうパワーポイントとかで
    手書き時代と違ってデジタルで格好良くチャチャって作れそうじゃないですか?
    Adobe製品使えるのならば。
    モチベーションが保てないならば、本当にその技術が自分に必要な能力か
    見直してみた方がいいと思います。
    ビジネス雑誌などを参考に、やりたい仕事・やらねばな仕事に対し必要か、
    それは優先順位のどの位置を占めるのか。
    自分ができなくても他者のできる人の力を借りれば間に合うものか
    (間に合えば全部自分が身に着けなくてもいいわけでしょう?)

    やろうという意力は良いことですが、やらなくていいことやっても徒労です。
    結果が見えにくいなら尚更です。
    気分転換と実力試しにイラスト公募に応募してみては?
    テーマに沿った内容で魅力ある作品が描けてるか判断してもらえるでしょう

    ユーザーID:2083561082

  • 絵が上手くなりたいなら

    因みに私自身は寝るより食べるより絵を描くの好きで完徹日常茶飯事です。
    上手くなりたいと思ったら、自分が上手いと思う絵図・
    誰から見ても上手いと言われる絵図を何回も模写するとか。
    きちんと基礎デッサンができることです。
    (イラストやマンガはデフォルメなので、見たものをそのまま描けるという基礎があった方が上手くなるのは早いです)

    デジタルよりアナログのが色んな角度から見直しやすいと思います。
    アンテナは広く持って、上手いと思う頂は高く置いて追いかけましょう。
    実際描かないときでも、綺麗・面白いと思うものを自分に貯めていくのも大切。
    言い方悪いですが、下のランクで自己満足したら上達しません。

    以上参考になれば幸いです。

    ユーザーID:2083561082

  • モチベーション

    参考になるか判りませんが…。
    私は、最近までペンタブレットとphotoshop、
    Illustratorを使った絵で生計をたててました。
    絵画指導の経験もあります。

    私は大学入学の為にデッサン力が必要でした。
    それまでは“イラストを描くのが好き”程度でしたので、
    あまりやる気がなく、楽しいとは思えませんでした。

    どうやってモチベーションを維持したか、と言いますと、
    とにかく「もう後がない」と自分に言い聞かせておりました。
    (受験に失敗したら就職する予定でしたので)
    追い込まれるように、毎日10時間近くデッサンしていました。

    トピ主様はお仕事と練習の両立で大変だと思います。
    深夜まで練習されているようで、お体にお気をつけ下さい。


    追伸
    どういったイラストを目指されているのか判りませんが、
    私はペンタブレットを使うよりも、クロッキー帳と鉛筆を
    使った練習をお勧めします。

    消しゴムは使わずに失敗したら次のページへ、どんどん描いてみて下さい。

    あと、イラストの描き方の本を参考にされるのも良いかと思います。
    頑張って下さい!

    ユーザーID:9399048412

  • モチベーションを高めるには

    うまい人の絵をたくさん見ることだと思います。
    下手な自分の絵ばかり見てると飽きてくるし。
    音楽もそうなんですよね・・・楽譜だけ見てても楽しくないんですよ。
    こうやるんだー、とかこんなに上手くなりたいなーとか思うと、辛い練習もやるか!という気になってきます。
    私の場合ですけど・・・。

    ユーザーID:4002002094

  • 夫は元・ゲームクリエイターです。

    私の夫は、今は別の職種に就いていますが、
    元は大手ゲームメーカーの企画、プランナーでした。
    約11年働いていました。

    クリエイターとしての評価はそこそこ高いほうだったようです。
    夫がチーフを務めたゲームの、ネットやゲーム雑誌では好評でしたから。

    ぶっちゃけ、絵は上手くなかったです。

    >・複写/模写/デッサン → 絵を描かない人に誉められる程度。

    十分なレベルですよ。

    あなたがプランナーを目指しているのなら、
    絵はそこそこでいいと思います。
    作画専門にはグラッフィッカーを採用しますから。

    プランナーに求められる能力は、上手い絵ではなく、
    全ての分野に広く浅くです。

    多くの本を読んだり(漫画や古典ファンタジーなども)、
    映画を観たり・・・。

    音楽も重要ですよ。
    ゲーム音楽専門の担当もいますが、
    プランナーは指示を出す必要があります。
    作曲の技術は要りませんが。

    あとゲームクリエイターを目指すのなら体力をつけてくださいね。
    本当に残業が月200時間とか当たり前の職種ですから。
    若いうちしかできませんよ。

    ユーザーID:5972079996

  • ふらふらしたレスで御免なさい。1

    そっか、企画にイラストは必要ないから練習しなくていいんですね。
    って、いやいや皆さん違いますって(笑)。
    「如何に練習しなくていい理由を見出すか」ではなく、
    「如何に練習を続ける意識を保ち続けるか」をお聞きしたいです。
    あやうく意気揚々と練習辞めるところでした(自分に甘いものですから:笑)。

    すいません、私がフラフラしたレスをするものですから、
    アドバイスして下さる皆さんも困惑されますよね。
    この短期間の間で気持ちが二転三転するもので、我ながら面倒なトピ主で申し訳ないです。

    他人に任せる、ってのも手段であるのは確かなのですが、
    単独単身で活動している現在の私には選べない手段なんです。

    また「イラストや図説は文章での説明に比べて1000倍の説明力がある。」という事を物の本で知り、
    自分が企画書を書く上で、イラストが描けたらいいな、どうせだったら達者に描きたいな、
    という心理から「イラストの練習」をしようと思いました。

    ユーザーID:4117711586

  • トピ主です2。

    【ペンタブレットへの取り組み】
    折角「アナログがいいよ」というアドバイスを戴いているのですが、このままデジタルに拘ってみたいと思っています。
    ペンタブレットを買う事前に検索して調べた所、
    やはり皆さんと同様「アナログで描くのが一番」という意見が多数を占めていました。

    しかし「ペンタブレットしか使った事無いけど、ちっとも上手くならなかったよ」って人が居なかったので、
    こりゃあ自分で試してみるのも面白かろう。という理由があったりします。
    この辺が企画屋の変質点なのかも知れません。


    > マウス様
    すいません色々アドバイス頂いたのに(↑)みたいな辺鄙なコダワリがあるものでして……。
    でもいい加減には聞いておりません。肝に銘じました。
    ご指摘頂いたとおりフラフラしてますね。
    イラストが好きかどうかなんて、ここ数年考えた事もなかったものですから。

    > ごはん様
    作画能力が問われない…のは百も承知で、では何故自分はイラストに拘ったのだろう?
    という点に気付く事が出来、助かりました。
    企画の精査 は意識してますけれど、企画って一体どう書いたものやら…。

    ユーザーID:4117711586

  • トピ主です3。

    > ごはん様2
    > 面白いストーリー、斬新なシステムを考えられる人は少ないですから。
    私の中では真逆で、「イラスト描ける人は少ないけど、アイデア出す人なんて山といる」でしたので、
    やっぱりイラストを描けるって格好いいなぁ、って尊敬してします。
    年齢がもう、今から未経験職を目指すってには手遅れな年なもので、落ちる理由は主にそこなのですが、
    諦めるまで諦めずに頑張りたいと思います。温かいメッセージ有り難う御座いました!

    > 趣味の人様
    就活で長年やってたサイト閉鎖させたくらいでしたので、その発想は無かったです。
    確かに、人に見せるとなると気合い入りますよね。
    もう少し練習を重ねてみたら、サイトを作ってみようと思います。有り難う御座います。

    > あまこ様
    ごもっともです。
    「就活上での決め手に欠ける」とか「若い志望者に比べてネックが大きい」という点などで、
    負い目を感じてしまい、売りを増やしたいだけだったのかも知れません。
    確かに不要とは思いますが、「せめて人様に見せられる程度」には上達してみようかと。今はそう思ってます。

    ユーザーID:4117711586

  • トピ主です4。

    > aaa様
    有り難う御座います。
    自分に必要か不要か、で言えば確かに「不要」なんですよね。
    小町で相談させて頂いて判ったのですが、結局「イラストが上手くなりたい」という願望が確かにあります。
    プロを目指す訳では有りませんので気負いはしませんが、さくさくっと図説できる画力が身に付くくらいにはなりたいな。
    と、徒労でしょうけれど、も少し頑張ってみたいと思っています。
    絵の好きな方には何とも失礼な言いぶりのトピですので、何だか申し訳ないです。

    > 元絵の先生様
    大変参考にさせて頂きました。
    練習時間はあまり取れませんが、頑張り続けたいと思っています。
    目指すイラストは「キャラ設定画」的なものです。
    イラストで喰う訳ではないので中程の画力で十分だとは思うのですが、上手くなりたいです。
    今週末にでも、イラストの教本を図書館に探しに行こうと思います。

    > きょうこ様
    石渡太輔氏が好きで目指して居るんですが、程遠いです…。
    なるほど目指すものがあるとモチベーションも維持できそうですね!!
    憧れた先は遙か高みですが、目指して頑張ってみます。

    ユーザーID:4117711586

  • トピ主です5。

    > なな様
    きっとご主人と同い年くらいです。
    今から目指してどうなるものか…。まず其方を心配すべきなんですが、それはこの際無視します(苦笑)。
    > 全ての分野に広く浅くです。
    それを聞いて自信がつきました。
    極めて多趣味で様々なメディアにジャンル問わず触れているので、潜在的には向いていると自負しています。
    ご心配頂いた音楽面も、DTMとDJ活動が趣味ですので、実用に適わないまでも何とかなりそうです。
    体力は……。普段の睡眠時間を減らし、トレーニングする事で基礎体力を備えています。
    今年60歳になる父が長距離トラックの運転を北海道から九州まで寝ずに走らせた…、なんて話を聞き、
    父より若い私が出来ない筈もない、と変な根拠を励みにして頑張っています。運動大嫌いなんですけど。

    ユーザーID:4117711586

  • 練習はいつまでたっても練習だ

    トピ主様、初めまして、某美大卒、現在普通の父親です。結論から申し上げますが【個展】を開きましょう。
    何も銀座の画廊でなくとも市民文化会館や公共のスペース、友人の喫茶店でもいいです。○月○日どこどこで【第一回道化作品展覧会】を開きますとポスターやパンフを制作し、友人知人親戚に配ってしまいなさい。
    そこまで自分を追い込んでしまえば逃げようがありません。モチベーションどころか大いなるプレッシャーの快感に包まれる事、間違いありません。

    これは何も根拠が無く言っている事ではなく、私の友人知人で現在第一線で活躍している美術家が言っているのです。

    「お前は毎回秋に決まった画廊で作品発表するよな。」
    『ああ、俺って怠惰だろ。先に時期を決めないといつまでも製作しないんだよ。』

    芸術家、特に美術家は本当に怠惰(いい意味で)な人が多いのです。私も現役時代はそうしてましたし、知っている限りほとんどの人がそうでした。
    この方法が一番確実です。頑張ってください、転職うまくいくといいですね!

    ちなみに現在チッコイ会社を経営している私には美大時代のスキルは何の役にも立っていません。

    ユーザーID:7306015224

  • 頑張ってください

    業界歴20年になろうかというゲームのCGデザイナーです。

    今まで、全然絵の描けない企画屋さんのほうが多かったですが、
    それで困った記憶は無いです。企画屋さんに明確なイメージがあり、
    それをデザイナーに伝えられるか…のほうが重要に思います。

    困るのはイメージが全く無い人と、コロコロ変わる人。
    それとうまく説明できない人。(何度泣かされたことか…)

    「おお!イメージ膨らむ」みたいな説明を出来る企画屋さんとの
    お仕事はすごく楽しいです。
    あ、これは企画屋対デザイナーの間の話で、企画書の見栄えとは
    別ですね…。すみません。

    で、モチベーションですが
    自分は飽きっぽいので自主トレみたいな練習はあっというまに飽きます。
    人に見せるための作品を作るときはいつまでも作業しています。

    あとものすごく上手い人の絵を生で見たときは衝撃を受けてしばらく
    やる気満々でした。

    ユーザーID:1254442786

  • ご存知かもしれませんが

    『イラストの投稿・閲覧を通じて、気軽にコミュニケーションできるWebサービス』とうたっている「pixiv」を利用されるのはどうでしょう?
    最近は少々偏りも出始めていますが、俗に言う「イラスト」が沢山掲載されているので、『こういうのが描きたい』という絵にあえると、モチベがぐんとあがります。

    あとは「30秒ドローイング」で検索するとヒットするサイトで『30秒ごとに変わる人物画をデッサンする』のも燃えます。
    こちらのサイトは人物しかありませんが、人体模型のような形なのでデッサンがしやすい反面、画像は少々グロいです。

    もうひとつは「お題配布」で検索して適当なお題を拾い、それに沿ったイラストを描きあげること。
    文字に対するイメージをどれだけ表現できるかを試したくなるときに使います。

    自分の場合『義務』のようにイラスト、デッサン作業を行うとモチベーションは下がります。
    ですので、基本的なことの修行も大切だけど、時々息抜きのつもりで「お題」に挑戦したり、他の人の作品を見たり…お茶をいれたり(?)します。結構効きますよ。

    トピ主さまを応援致します、頑張ってください。

    ユーザーID:1406658835

  • 私の場合、

    やっぱり「人」の存在って大きいと思います。
    「ライバル」とか「同士」、「自分を応援してくれる人」の存在がいるとモチベーションが違いますよね。

    にしても主さん、毎日2時間半のジムのトレーニングは私からしたらすごいことです。
    充分に根気のある方ですよね!
    見習わないと…(汗)。

    ユーザーID:8676576845

  • わからない

    図説できる能力と、イラストの上達って、方向が違うと思うのですが。
    必要なのはプロにイメージを膨らませてもらうためのものでしょう?
    中途半端に上手な「出来上がったもの」を添えて、こういうふうに…などと言われるのは、ひょっとしたら邪魔というか、感じがよくないかもしれません。
    あくまで趣味の上達として、切り離してお考えになるなら良いのですが。

    ユーザーID:2212408111

  • そのイラストというのは

    「イラストや図説は文章での説明に比べて1000倍の説明力がある。」

    このイラストって、いわゆる「絵」ではなく「図解、グラフ、マップ、チャート」のことではないですか?
    ゲームに限らず、企画書ではこの「イラスト」を多用しますよね。
    コンセプトとアイディア、ターゲット・オーディエンスのグループ分け、
    そこから派生する視覚的な展開の説明などなど。
    英語で「イラストレイト」は「説明」として使われる事も多いし。(うんちくですいません!)

    う〜ん、私だったら、うまい「絵」が描いてある企画書より
    おもしろいアイディアが、説得力のある説明で、解りやすく整然と、
    情熱を持って書かれてる企画書のほうが印象がいいかなぁ。
    下手に一生懸命描いた絵があると、むしろ「力の入れどころが違うだろ」って思っちゃうかも。

    例えばストーリーボードとかも、絵がうまい方がいいけど
    結局は意図している展開が伝わるかどうかだと思うし・・・。

    もし目的が「企画を通す」ことであれば、やっぱり企画書作りに貴重な時間を費やすほうが良いと思いますが。

    ユーザーID:9153694667

  • 真の目的は何ですか

    道化様がイラストを練習する真の目的は何ですか?「ゲーム系企画職」への転職が目的だそうですが、肝心のゲーム企画の訓練は不要なのですか?勤務後はジム、9時から夜中までイラスト練習とありますが、ゲーム企画の訓練が入っているように見えません。

    道化様の訓練が実った先にあるのは、やはり各種のビジュアルなデザイナーです。人々が熱狂できるゲーム内容を創造する力と、イラスト作成力は別物です。

    テトリスの価値は背景のクレムリンではなくゲーム企画そのものです。メタルギア4以上のイラストがあったとしても、ゲーム的に全く魅力も個性のない3Dアクションゲームのイラストかもしれません。企画を通すためのイラストとありますが、それは企画あっての話です。

    イラストの美しさがすべてで、ゲーム性は不要というゲームを目指すならゲーム企画といえるかどうか怪しいでしょう。ゲーム企画であったとしても、従来メディアで要求されているような物語の構成力が必要です。

    文書を拝見するに、昔の自分に反省しているなどのために、必死に初心を貫くことにこだわりすぎているようにも見えます。真の目的を徹底的に洗い出されることをお奨めします。

    ユーザーID:5013731162

  • 皆様有り難う御座いました。

    一人一人レスを書けないことをお許し下さい。

    皆様のご意見を拝聴し、自分が間違っていた事に気付くことが出来ました。
    イラストの習得は不要と判断し、企画力の向上に努めることにします。
    モチベーションに関するアドバイスを頂いた皆様、
    折角のアドバイスを活かせずに申し訳御座いません。

    ユーザーID:4117711586

レス求!トピ一覧