婦人会って、どんなところ?

レス39
(トピ主12
お気に入り41

生活・身近な話題

ハリネズミ

夫の転勤で、初めて海外に引っ越しました。
さっそく夫の会社の奥様が作る「婦人会」に誘われましたが、ちょっとゴタゴタがあって、私は会に入らないことになりました。

海外の「婦人会」については、いいことも悪いことも、いろいろ噂を聞いています。
私は人付き合いが苦手で、夫から「どうせ婦人会の人とうまくやっていけないだろう」と言われてもいたので、正直ホッとしています。
でも、役員は無理でも、一度くらいは参加しようと思っていたので、会に入らないとなってしまったことは、ちょっと残念です。

また婦人会というと、うわさばかりが先行して、実態が分からないので、こんなふうに考えてしまうのかな、と反省しているところです。
現在、婦人会で活動されている方にお伺いしたいのですが、どんなことをなさっているのですか?
噂ではなく、実際の活動のお話などを教えていただければ、ありがたいです。

ユーザーID:6729097010

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    まだレスを頂いておりませんが、「こんなことしてます」といった、差しさわりのない内容を教えていただければと思っています。

    トピには書きませんでしたが、私は子供がなく、また婦人会は「きっとわが子を日本人と遊ばせたいお母さんのためのサークルだろう」という想像もあったので、入会に躊躇したという気持ちもあります。

    実は後日、私が入会しないことについて、役員の方は納得してくださったのに、他のメンバーの方がひどくご立腹であるとも聞かされました。役員の方に謝りの電話を入れた方がいいのかな・・・とクヨクヨする毎日です。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • こんにちは!

    中近東に住んで1年になります。

    まったく現地の予備知識もなく、英語も現地語も話せなかったわたしにとって婦人会の存在はありがたいものでした。

    入会にあたり、まず婦人部の方々が作成した現地のガイドブックと日本語の地図、会員の名簿をいただきました。
    その後のお付き合いといえば、年に2回ほどあるお茶会と、日本人主催の運動会などイベント情報が入るくらいかな?

    ママ友達と子供が集まるサークルは別にあるようで、婦人部の会は原則子連れ禁止です。うちも子供がいないのでよくわかりませんが。

    入会していない日本人の方ももちろんいます。
    でも、入会するとお茶会のときなどにいろんな情報交換ができますし、お友達が増えると思います。

    夫だけ、妻だけ日本人の場合も入会OKなのでパーティーの際は様々な方と国際交流できるのもいいと思います。
    だってなかなか街中で見ず知らずの外国人と仲良くなったりしませんからね。

    わたしの地域はこんな感じです。ご参考までに。

    ユーザーID:2150391260

  • こればかりは会社によります。

    どこの会社の夫人会も、平日の昼間に子供なしで行うことが多いと思います。
    乳幼児がいるが、ご主人に子供を預けてゆっくりランチを楽しみたいと、休日の昼間という場合もあるそうです。
    集まりの回数は、歓迎会・送別会・忘年会のみの会社や、定例月例会のある会社までさまざまです。

    私の場合は、負担に感じるほどの付き合いはありません。
    割と年代が近いからか、上下関係もなく、年上の方に丁寧語を使う程度です。
    都合が悪ければ欠席OK、嫌味も言われません。
    生活情報交換や興味のある話などをしながら、ランチの時間は過ぎていきます。

    どちらの国にお住まいでしょうか。
    「入会する・しない」って決めるんて、すごいシステムですね。
    上下関係等に気を遣わなければならないかも・・・と、古くからある大企業婦人会を想像しました。
    ごたごたがあった・人付き合いが苦手・・・との事ですが、どの程度の事でしょうか。
    今後助けていただくことも多々あるかもしれませんので、お付き合いしておいたほうがいいようにも思えますし・・・今からでもご挨拶して参加すべきか、ご主人とももう一度お話してみてください。

    ユーザーID:6430379854

  • それでは

    夫の海外赴任で南アジア2カ国に住んだことがあります。両方の国で婦人会(日本人会婦人部)に入会し、最初の国では役員、次の国では委員もやりました。
    正直、最初の赴任同行では、婦人部(日本人社会や特に「マダム」たちの人間関係)に悪いイメージもあったので、入会したくない気持ちもありましたが、あまりそういうことで目立ちたくもなかったし、とりあえず入りました。
    入ってみて、思っていたよりずっと気楽だったし、さまざまな情報をガイドブック的なものとしても、おしゃべりの中からでもいただけたし、助かりました。婦人部にはいろいろサークルがあり、その国の民族舞踊を習ったり、ボランティア活動をしたり、月一度のおしゃべり会などに参加したり、楽しかったですよ。
    確かに、大手企業の現地代表の夫婦が、ご主人は日本人会役員、奥さんが婦人部役員と決まっている、みたいな世界もありましたが、最初の国では婦人部に関しては「改革」されました。
    海外での奥様たちのお付き合いって、社交の部分と助け合いの部分があると思うので、不便な国では婦人部・婦人会がありがたいし、自分で何でもできるような所だと、鬱陶しい面が目に付くのかも。

    ユーザーID:3978168262

  • トピ主です

    みなさま、お忙しい中レス下さって、ありがとうございます。

    LULU様
    婦人会とママ友の会は別なんですね。私は勝手に同一と思っていました。
    子連れ禁止というのも驚きです。
    また、運動会などイベントもあるとのことですが、それは婦人会ではなく、現地駐在の日本人会のイベント、ということでしょうか?
    LULU様の婦人会には、日本人以外の方々の参加もあるとのことで、国際的ですね。私が誘われた婦人会は「日本人用」だそうです。私はいろんな人と出会いたいと思っていたので、その婦人会に興味が持てませんでした。

    しろ様
    主人の会社は、いわゆる大企業ではありませんが、夫曰く「考え方の古い人が多い」会社だそうです。
    《「入会する・しない」って決めるなんて、すごいシステム》というのは、どういうことでしょうか?「(婦人会とは)入るとか入らないとか、そういう性質のものではない」という誘い文句でしたが、全く意味が分かりません!個人の自由はないのでしょうか!!??

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です

    元マダム様

    おしゃべりの他に、サークルやボランティア活動もなさっていたのですね。婦人会の活動は、なかなか幅が広いんですね。
    興味のあるものだけ参加できる自由があれば、おけいこ感覚でできそう。

    思えば、私の場合、婦人会への勧誘は上から(夫の上司の奥様から)の一方的なもので、「よかったらどうぞ」とか「あなたも私たちと楽しくおしゃべりしませんか」といった、みんなで楽しくやりましょう、みたいなことは一つも言われませんでした。だからゴタゴタになったり、断ってホッとしたりしたのかしら。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 言葉足らずでしたか?

    トピ主さんが「会に入らないことになった」と書かれていたので、「婦人会とは入会するものだったのか」と思ったのです。
    私の周りでは、クラスメイトに同窓会の案内が来るように、奥様方に婦人会の案内が来る方ばかりで、入会された方のみに案内するというものではなく、行く・行かないは個人の自由だけれども、「入会」という概念がなかっただけです。
    もちろん、行かない自由はありますよ。(お付き合い上、中には無いに等しい会社もあるようですが・・・)

    トピ主さんのご主人の会社の場合はは、少し、大変な会のようですね。
    きちんとお付き合いするのは大変そうですが、全くお付き合いしないのも、何言われるかわからない気も・・・ご主人と相談した結論が、参加しないことであるなら、それでいいと思います。

    ユーザーID:6430379854

  • トピ主です

    しろ様

    レスありがとうございます。
    そうなんです。私がひっかかっていることの一つに「入会する、しない」があります。
    私はただの社員の家族であって、その会社の社員ではありません。なので、「婦人会」に、強制的に、というか自動的に組み込まれることに、とても疑問を感じます。

    この場をお借りして、普段言えない本音を言うと、「だって社員の“親”がナントカ会といって、活動したらおかしいでしょ?なんで妻だけ?」

    同窓会のたとえですが、それは私自身がそのクラスや学校のメンバーだったから、ということで、婦人会とは違うと思っています。夫の所には「ナントカ高校同窓生の配偶者の会」なんて案内は来ないし。

    最近では「主夫」になる人もいると思いますが、そういう人も「婦人会」に呼ばれるんですかね!

    もう一つ、お聞きしたいのは「ご主人が何を言われるか分からない」の真意です。みなさんのご主人は、奥様が婦人会で気に入らない人がいたら、そのダンナを左遷したり、仕事上でヒドイ目に合わせたりするのでしょうか。
    本当に、私の所作一つで夫の会社での運命が変わるんなら、籍を抜いた方がお互いのため?

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 海外赴任とは

    こんにちは。海外赴任妻はあくまでも夫あっての存在なのです。
    所詮○○さんの妻なのです。未成年の子供のようなものです。理由は自分だけではその国の長期滞在ビザを取れないからです。
    夫が働く会社がその国から許可を得て会社を運営し、その会社が身元を保障して夫が働く(就労ビザをもらえる)。その家族は夫が就労ビザを持っているから、家族としての長期滞在を認められてる。海外で生活すると言うことは、気づかないけれども日本では考えられない色々な制約を赴任国から受けているのです。
    交通事故や犯罪に巻き込まれたら、嫌でも会社が絡んできます。海外赴任についてくるという選択した以上、仕方ないです。
    海外では会社には従業員である夫だけでなくその家族にも責任があるのです。
    だから婦人会に入れとは思いません。
    会社がその国から信用を得ているから、ハリネズミさんもビザがもらえるのですよ。その辺は理解して欲しいです。

    ユーザーID:9241477425

  • 私は退会させていただきました

    赴任先の国や会社の状況によって異なるとは思いますが、
    私の場合、極端に日本人が少ない地域だったので、
    「自動的に」入会を勧められました。

    活動の内容は、個人宅での「お茶会」。
    毎週毎週、当番持ち回りで行われます。
    手作りの焼き菓子を用意し、ボードゲームをしながら歓談。
    午後いっぱい使って、4時間近く滞在されます。
    お子さんがいらっしゃる方は同伴でした。

    半年くらい参加していたのですが、
    思い切って、辞めさせていただきました。
    辞めると言い出したのは、歴代駐在妻の中で初めてのことでした。
    了解してくれた夫には、感謝しています。

    新任者の妻だというだけで、
    見ず知らずの私を受け入れてくださったほかの奥様たちにも
    もちろん、感謝しています。

    トピ主さんが「ほかの奥様ともお会いしてみたい」と思うのであれば、
    婦人会以外の機会に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
    今後、日本人だけでなく、外国の方と知り合う機会もあるかと思いますし。

    同じような考え方の人と出会えるといいですね。

    ユーザーID:7071541797

  • 補足です

    こんにちは。レス頂いておりましたので少し補足などを。

    >また、運動会などイベントもあるとのことですが、それは婦人会ではなく、現地駐在の日本人会のイベント、ということでしょうか?

    はい、日本人会のイベントです。しかしながら婦人部での出し物などもあり、またわたしは子供がいないため学校からではなく婦人部から連絡いただくことが多いです。もうすぐ日本人学校での夏祭りもあるようで、そういったイベントの招待もいただきます。


    >LULU様の婦人会には、日本人以外の方々の参加もあるとのことで、国際的ですね。

    夫または妻が日本人、または現地人であるけども子供を日本人学校に入れている人のみ入会しています。
    婦人部の会はほとんど日本人ですが、夫婦同伴のパーティーは外国籍の伴侶を連れていらっしゃる方も多いです。婦人部で知り合ったお友達と遊ぶうちに、様々な国の人を紹介いただいたりして交流しています。(そうじゃないと会社の奥様たちとのつきあいばかりになってしまうと思って…)

    また、婦人部を通じて地元のお稽古事情報なども入り、いろんな国の先生、生徒さんとの交流もありますよ。

    ユーザーID:2150391260

  • 何の「婦人会」?

    >さっそく夫の会社の奥様が作る「婦人会」に誘われましたが

    とありますが、この文章ですと「婦人会」はトピ主さんのご主人の会社の奥様だけの集まりのように聞こえます。
    それなら尚更のこと、入会しておかないと困ることになりませんか?
    それとも単に現地日本人会組織の中の「婦人会(部)」でしょうか?
    私の住む地域の入会資格は帯同婦人はもちろんですが、日系企業に勤めるご主人を持つ奥様や未婚既婚を問わず単身で仕事をされてる日本人女性も入会できるものです。
    私も帯同1ヵ月後にしてやっとお誘いをいただき入会しました。
    入会するまでは私も子供がないので他の日本人の方とお付き合いのきっかけは皆無で、本当に孤独な1ヶ月でしたが入会を機に孤独から開放されました。
    すぐ語学学校や買い物の情報が飛び込んできましたが、本当に有難かったです。
    でも役員は嫌でしたね。
    活動がとても派手で大概は入会されても1年ほどで皆さん退会されるのは役員逃れです。
    私も役員になるのは嫌でしたが、ならば役員が負担にならないようなシステムにすればと一念発起し、現在は楽しんで役員をやってます。

    ユーザーID:4760173767

  • トピ主です

    みなさま、レスいただきましてありがとうございます。

    penny様

    ビザの件は、心得ております。海外で制約を受けることについては、なんの疑問もありません。何かあれば、会社が絡んでくることも承知しております。
    でも!夫からは「会社は何も助けてくれないから、そのつもりで」と言われています。実際、生活の基盤(家探し、公共サービス等申込)を立てるのに会社からは、情報を含め一切援助がありませんでしたし、むしろ「海外生活は全て自己責任で」が合言葉のようです。交通事故や犯罪に巻き込まれたとき、会社に報告するようにも言われていません。(社員本人が巻き込まれたときは、もちろん報告します。)

    私が事故や犯罪に遭って、困ったときは、日本大使館に相談するものと思っていましたが・・・。帯同家族とはいえ、大使館からそういったサービスは受けられるはずです。pennyさまの会社は、大使館と同等のサービスをしてくれるのでしょうか。

    会社のお陰でその国にいられる、確かにその通りです。でも、そのことと、婦人会として何かしら活動することは、別の話と思えて仕方ありません。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です

    今回は匿名で様

    >半年くらい参加していたのですが思い切って、辞めさせていただきました。
    辞めると言い出したのは、歴代駐在妻の中で初めてのことでした。了解してくれた夫には、感謝しています。

    ご主人も、婦人会のお仲間も辞めることを了解だったんですね!
    私が「入らないことになった」とき、先方も「じゃあ今回は・・・」と言っていたのに、後で「やっぱりあなたの行動はおかしい」と言われて、現在不信感いっぱいです。

    >同じような考え方の人と出会えるといいですね。
    ・・・難しそうです。

    LULU様

    ありがとうございます。LULU様の参加されている婦人会と、私が誘われている婦人会は、ちょっと(大分?)違う様子だということが分かってきました。
    夫曰く、「婦人会は日本人専門で現地人不可、社内(社員同士)でも、日本人と現地人の間には高ーーい壁がある」んだそうです。

    3年目様

    >それなら尚更のこと、入会しておかないと困ることになりませんか?
    おっしゃるとおり、夫の会社だけの「婦人会」です。どうして困るのか、具体的に教えていただけませんか?よろしくお願いします!

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • そうカリカリしなくても

    婦人会のようなものの活動は、
    国によって、組織によって、そこにいる方々によって
    大きく違うものだと思いますし、
    参加するかどうかは確かに個人の自由です。

    でもご主人の会社の奥様方が参加される会ということは、
    私なら名前を連ねるくらいはするかなと思います。
    で何度かは会合に参加してみて、
    どうしても合わないと思ったらたま〜に参加するとか。

    海外生活は、狭い日本人村に引っ越してきたのと同じようなものです。
    トピ主さまが入会しないことでご立腹の奥様がいるとは
    恐ろしい限りですが、
    そういう奥様方のうわさ話は当然そのご主人方の耳にも入るわけで、
    ご主人方の中には奥さんの話を鵜呑みにして、
    仕事にも影響を及ぼすという人は残念ながらいます。

    在外では日本にいる時よりもお付き合いが密になりやすいです。
    だからこそ注意が必要です。

    ユーザーID:9663617058

  • 納得できる回答は得られないと思う

    在外妻さんも書かれていますが、婦人会と一言で言ってもその組織、活動内容は様々です。

    究極的には、今そこの所属しているメンバーによってすべて決まるのでは?
    帰国や移動で入れ替わった途端に、それまで和気藹藹と楽しかった活動が寒々しいものになったなんてこと、あると思います。

    それと、婦人会に限らず、在外で「対日本人組織」「対会社」とどう付き合うかも、究極的にはトピ主さんとご主人が決めることです。

    私の夫の職場は、妻たちに対し色々な規制をかけてくるところなんですが、それをどう受け止めるかはご夫婦によりけりですね。
    気に入らないとモロ対決姿勢をとっているご主人もいます。
    奥さんは、少ない日本人同士と付き合いたいそうなんですが。
    逆に「こうあるべき」と全面服従のようにしている方もいますし、何も気にせず気楽に流している方もいます。

    婦人会に入っている人の考え方も、一枚岩じゃないですよ。

    ユーザーID:9822392985

  • 「婦人会」の字面に踊らされてませんか?

    「その会社の駐在員の配偶者を集団としてみた場合の便宜上の呼称」というだけであって、それ以上のものでも以下のものでもない。したがって入会するとかしないとかの議論の対象にはならないはずであり、駐在員の夫人として赴任したら自動的にその一員となる。

    これが夫の会社の婦人会の実態であり、私の理解とも一致しています。

    婦人会名簿もありますが、緊急時の連絡網の役割も果たしており、帯同で赴任すると会社の総務部の手によって自動的にそこに名前が書き込まれます。配偶者と子女の安全を担保するひとつの手段になり、何かあれば会社が助けてくれます(この点はトピ主さんのところとは事情が違うようです)。夫が他国に出張中で不在の時などは頼りになります。男性はたまたまいませんでしたが、いてもおかしくありません。

    そういうわけで、婦人会の活動は年に2回のランチ会だけでした。子供はシッターさんに預けて参加する、という決まりでした。もちろん欠席も認められています。一度も来ない人もいましたよ。

    ユーザーID:5871756211

  • トピ主です

    在外妻様

    レスありがとうございます。はい、とってもカリカリしています!!自分でも自分に呆れます。夫はもっと呆れているはずです。
    >トピ主さまが入会しないことでご立腹の奥様がいるとは恐ろしい限りですが、
    ズバリ教えてください。ご立腹の奥様が引き起こす「恐ろしい」ことって、どんなことですか?
    その奥様のご主人も既にご立腹ですが、夫はクビになるんでしょうか。今のところ、何もないようですが、もうすぐ何か起こるんでしょうか。

    >在外では日本にいる時よりもお付き合いが密になりやすいです。だからこそ注意が必要です。
    夫婦共に、仲間はずれにされないように、という意味でしょうか?
    みなさんの所では、仲間はずれにされたら、生活必需品の供給が途絶えたり、テレビやインターネットが受信できなくなったりといった、本当の「死活問題」に発展するのでしょうか?

    夫に再度確認しましたが、婦人会は会社が組織する活動ではないとのこと。その団体が、社員の私生活や仕事に正常ではない影響を及ぼすのであれば、会社にとって害だと思います。そんな会を「見て見ぬ振り」する会社にも不信感を覚えてきました。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • みんなそんなもの1

    「婦人会に入会しないとどうして困るのか」ということに疑問を感じておられるようですが、確かにくだらない理由です。トピ主さんが入会しないことにご立腹の方がいるからです。駐在と言っても世界中だしその中の各会社の婦人会と言えば、それこそ様々でしょう。私の夫の会社でもこの国の婦人会はあってないようなものですが、隣の国の婦人会は活発で面倒なことも多いようです。私なら入るのが当たり前な雰囲気の婦人会であれば多少面倒でも迷わず入りますね。「入らない」ということは、毎回の会合でトピ主さんのその意思を主張し続けることです。周りから見ると「ウザったい」存在になります。皆トピ主さんがその国に住んでいることは知っているわけですから、近くにいるのに何で入らないのか、とずっと訝しがるでしょう。全員が好きで入っているわけでもないならなおさらです。
    (続きます)

    ユーザーID:6289965600

  • みんなそんなもの2

    (つづきです)
    何てくだらない、と思われるのはごもっともです。だけど「入らない」という主張をずっとし続けるよりも、月一回の会合だろうが、適当に参加してにこにこしておけばそれで済むんですよ。参加して普通にふるまっている方が目立たずに済みます。
    日本で働いていたら毎日のように理不尽なことがなかったですか?それに比べたら婦人会のひとつやふたつ何てことないと私は思います。面倒だなあとも思いながら適当に周りに合わせながら皆うまくやってると思います。
    >本当に、私の所作一つで夫の会社での運命が変わるんなら、籍を抜いた方がお互いのため?
    などと難しく考えずに適当に合わせておけばいいんですよ。若いなら主張はし過ぎないことです。数年間の駐在期間ですから上手く世渡りした方が賢明ですよ。

    ユーザーID:6289965600

  • あなたのところの婦人会はどういうところ?

    ハリネズミさんは自分の中で「婦人会」という名前に勝手に固定観念を持っていて、色眼鏡で見ていませんか?必要以上に恐れていませんか?
    「婦人会」の誰かに会ったことがありますか?
    入会前の「ゴタゴタ」が分からないから、私が見当違いなのかもしれませんが、婦人会は国によって、会社によって、場所によってずいぶん違うところだと思います。
    小町で話を聞いたところで、そういうものだ、と思ってしまっても、実際のハリネズミさんの婦人会とは違うかもしれません。
    海外では助け合って生活することが多いです。
    ガイドブックだけの情報では足りない時が多いです。
    助け合って楽しく生活できたり、快適な生活になったりすることがあります。
    旦那さんは会社でのつながりなどから、いろんな情報を手に入れることができますが、それは仕事上のことが多いんじゃないでしょうか。
    ハリネズミさんはもし困ったことがあったらすべて旦那さん任せにするのですか?
    ハリネズミさんのように奥さん方も生活の情報を共有することで、家庭を守り旦那さんとの生活を快適にすることができます。その場を与えてくれるのが婦人会と考えてはいかがですか?

    ユーザーID:8832534638

  • ちょっと・・・想像力なさすぎ?もしくはありすぎ?

    以前レスした時、「全くお付き合いしないのも、何言われるかわからない気も・・・」と書きました。
    それに対するトピ主さんのレスは、「籍を抜いた方がお互いのため?」。
    この言葉にひいてしまい、もう出てこないつもりでしたが・・・。

    3年目さん・在外妻さんのレスを見ても、まだ、「何がどう恐ろしいのか」「主人がクビになるのか」「生活必需品の供給が途絶えたり、テレビやインターネットが受信できなくなったりといった、本当の死活問題に発展するのか」というレスにつながるのですね。

    ちょっと考えが極端すぎませんか?
    どちらの国で、また、トピ主さんがどれだけ語学に堪能なのかわかりませんが、誰にも頼らず、一人で(ご主人と二人だけで)生活できるわけではないと思います。
    日本ではどうお過ごしだったのでしょうか・・・日本のご近所づきあいであっても、お子さんがいらして園や学校関係のつきあいであっても同じです。いつ何に困ってお世話になるかもしれません。
    もう少し柔軟性・協調性をもたれた方がいいと思います。

    ユーザーID:6430379854

  • トピ主です

    あおきいろ様、りえ様、郷に従う者様、みなさまレスありがとうございます。

    たくさんのアドバイスに本当に感謝しております。みなさまがおっしゃるように、「周りに合わせて適当に」行動するのが一番賢い、とは思っています。
    郷に従う者様の言うように、日本で働いていた頃に遭った面倒なことに比べれば、ニコニコしていれば済むだけ楽なはず。

    でも、それとこれとは話が違う、と思う理由は、婦人会はあくまで「プライベート」ということ。仕事で嫌なことがあっても、家に帰れば安全・自由です。でも、プライベートで面倒なことがあったら、逃げ場がありません。

    正直な気持ちは、「婦人会に入る」と言ったら、役員や他の方々に監視されるようで恐いのです。そう思うようになったきっかけは、朝8時に役員の方から電話がかかってきて(夫出勤前にて在宅)、「あなたのこと会社の人に頼んで調べてもらったわ」と言われたこと、違う方から、今度は夜に「何度も電話したのよっ!あなたいつもいないのねぇ〜」と言われたこと・・・

    率直に言います。婦人会で強い権力をお持ちの方は、その権力を誇示するために婦人会を維持したいのでしょうか。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 二度目ですが

    皆さん書いてますが、婦人会と言っても本当に様々です。

    トピ主さんの最新レスを読むと、お付き合いが気乗りしない気持ちが分かります。
    もしかして、婦人会なんて大変と否定的なコメントがつくことを予測してトピを立てられたのかな?とも思います。

    婦人会は、私もプライベートだと思います。
    が、ここのレスでも分かるように準公的、またははっきりと夫の仕事に連なるものだと考えている方も多いんです。
    「それはこういう理由で違うのでは?」と説得しようとしても、仕事のように明確な目標があるわけでも何らかの結果が伴うものでもないですから、相手は納得してくれません。

    私のいる国の婦人会も頼れるところではありません。
    人のサイクルは短く、情報を蓄積し整理してるわけでもなく、欲しいものは日本から取り寄せ、病気になっても病院にも行かず、現地語を理解しないで暮らす人がほとんど。
    でも、分からない人は分からないことを誇ります。

    子どもを持てば、日本にいてもプライベートで権力を誇示したいなんて人にいくらでも会えます。
    そんなことを気にせず、現地での生活を楽しまれることを祈っています。

    ユーザーID:9822392985

  • トピ主です

    しろ様

    レスありがとうございます。>想像力ありすぎ?なさすぎ?←両方です。こだわっている所だけ想像力たくましく、それ以外は頭にない状態だと思います。私の悪い所です。

    このことについて、話し合える人が周りにいないので、しろ様をはじめみなさまのレスに大変感謝しております。
    婦人会の役員の方には、会に参加すると伝えました。近々集まりがあるそうです。参加を重ねれば自然に会のいいところが分かるとも思いましたが、どうしてもその前に「心のもやもや」を晴らしたいと思っていました。

    しろ様のレス「誰にも頼らず、一人で(ご主人と二人だけで)生活できるわけではないと思います」を見て、なるほどと思いました。

    一人では生活できないから、婦人会にお世話になりましょう。ま、人が集まれば軋轢もあるけど、その辺はちょっと我慢すれば・・・

    私はバカです。本当にその視点に気付きませんでした。実際、なんでも一人、もしくは夫と一緒にやってきたので。引っ越して早々困ったことがありましたが、全て夫でないと解決できない問題でした。(お金がからむこと)

    続きます

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です 続き

    夫の知人(仕事関係でない)の奥様から「何でも聞いて」と言われたので質問したところ、「ネットで分かる」と言われた項目が多かったのも、「甘えすぎだった、自分でやらなきゃ」と思ったきっかけだったかもしれません。

    >トピ主さんがどれだけ語学に堪能なのかわかりませんが
    堪能ではありませんが、英語がそこそこできるので、日常のことは自分で済ませられます。ただ、現地の言葉は習うつもりです。夫があまり語学に関心がないので、私ができるようになれば、生活も向上するだろうし、私の世界も広がると思っています。

    最近気付いたのですが、私の持っていた婦人会に対する嫌悪感は、私の過去から来ているのかも。父親が過干渉+暴力でした。婦人会の私へのアプローチは、父親の私への対応を思い出させました。「年長者の言うことを聞け、お前が間違っている、電話したのになんでいないんだ、来いと言ってるんだから来い」極め付けが「これは決まり(規則)だ」。
    父親の場合、従わないと殴る蹴るでした。婦人会は「恐ろしい目に・・・」。一人で追い詰められた気持ちでした。

    長くてすみません。続きます。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です 続き2

    気持ちの落とし所が分かりませんでした。父親とは連絡を取らないようにしています。婦人会も、同様に接触を絶って・・・とはいかないみたいだ、と分かってから、だんだん婦人会の「存在」や「イヤイヤながらも参加すること」に激しい疑問を抱くようになったようです。

    ちょっと気持ちを落ち着けようと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:6729097010

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主さんの不思議な発想

    トピ主さんは思い込みが激しすぎるようですね。

    「婦人会」に入ったところで貴方のプライベートが「婦人会」一色になるわけではあるまいし、逃げ場がないという発想がわかりません。毎日貴方を監視し続けるヒマな人がいるとも思えません。

    赴任直後の奥さまに対して、お世話役が電話をかけるのはよくあることです。「何か困っていることはありませんか」という趣旨ではないですか?「会社に頼んで調べた」と言われたそうですが、会社からは住所と電話番号くらいしか出てこないのではないですか?もしそれ以上の情報が伝わるとしたら、会社と婦人会は無関係ではないという証明になりますから、貴方のおっしゃる「全くのプライベート」というのが事実でないことになりますよ。


    ちなみに「婦人会で強い権力をもつ」というのは具体的にはどういうことでしょうか?婦人会は単なる相互協力の場であって、誇示する権力なんて何もないと思いますが。

    ユーザーID:5871756211

  • とりあえず先入観は捨ててとはいうものの

    脅かすわけではないですが、トピ主さんの書き込みから察するに
    もしかしてちょっと面倒な婦人会なのかも知れません。
    だからトピ主さんが構えてしまったのかな。

    婦人会に一体何の権力が?と思われるでしょうが
    何か微妙な力関係が生じている婦人会は確かにあります。
    今は少ないとは思いますが
    昔ながらの駐在員の妻はかくあるべしみたいな方が
    トップにいると難しい事になるかも。

    でもそういう所では、会のあり方に不満な方も結構いるので
    じきにそのタイプの奥様と親しくなれますよ、きっと。
    不愉快な思いもされるかもしれませんが
    得る所もあると思うのです。
    私も最初、婦人会が怖ろしくて気が重かったので
    トピ主さんの気持ちもよくわかります。
    幸い、何も案じることはなかったのですが
    それでも緊張せずにのぞめるまで随分かかりました。

    >りえ様
    婦人会での権力=ご主人の地位 ではないですか?
    ご主人の地位を振りかざして、若い奥さんを
    いろいろと使う人の話は、結構聞きました。
    幸い私の身近にはいませんでしたが。

    ユーザーID:2637763142

  • 私の経験ですが

    お父様のイメージと重なっていたんですね。わかる気がします。
    でも、婦人会、というのは一人の人じゃないです。(当たり前ですが)

    私も婦人会を恐れて転勤しましたが、思い過ごしでした。
    アジアに住んだのですが、現地の言葉もわからない中で、夫の同僚の奥さん達と同じ地域に住む婦人会の人に助けてもらいました。
    夫達は会社に守られています。が、私は最初は途方にくれてました。その中でお店の情報など生活している主婦にしかわからない部分を教えてもらえました。

    トピ主さんが恐れている権力云々のイメージの方がひとりだけいました。私も嫌でしたが、結局あまりに横暴な人は他の人達が放っておかないです。家庭の中の父と子の関係とは違います。非常識な事をすれば簡単に嫌われます。旦那さんの役職を自分の価値と思って威張っていたようなのですが、関係会社にご主人が移られてからしょんぼりしてました。手のひら返したようにみな冷たくしてました。そういう意味では厳しい!

    人付き合いが苦手な人もたくさんいます。でも誠意があれば伝わります。
    無理しないで楽しめたらいいと願ってます。

    ユーザーID:9934357591

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧