ケチをつけたがる母

レス26
(トピ主8
お気に入り20

家族・友人・人間関係

でこぽん

36歳のでこぽんと申します。
私の実母(60歳)は基本的に悪気のない人なのですが、私が子供の頃から
「なんにでもケチをつけたがる」という困ったところがあります。特に顕著なのは外食するときです。

外食先を探す時点でまず、ケチ第一弾が始まり
お店に行くと、今度は店内で内装やメニューなどにケチをつけ、料理がくると今度は料理にケチをつけます。
お店を出た後も文句が続き・・・
父は「もう年だから治らない」とあきらめており、
弟も「母さんは美味しいと言ったことがない」と言ってます。

昔から口うるさい人でしたが結婚してからも、何かしら干渉したがります。
母と同年代の義母が、長男(夫)を信用し言うべきときだけ意見し、
他は私たちに干渉しないようにしてくれている姿とついつい比較してしまいます。

干渉&口うるさいのはもう「しょうがないな」とあきらめがつきました。
ですが、「ケチをつけたがる」ところは、できれば母に抑えてほしい。
こういう人の心理ってどんなものなのでしょうか。
また、私はどういう態度で望んだほうが腹がたたないでしょうか。

ユーザーID:2062345844

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じく

    ケチをつけたがる母を持つ者です。

    私もとっても気になります、
    ケチをつけたくなる心理が。

    私の場合は今まで細々と誕生日や母の日など何かしら
    プレゼントは贈ってきましたが、プレゼントを渡すとグチ、
    ひどい時にはプレゼントの商品交換、或いは逆ギレといった時もあり
    いい加減にうんざりして今年の母の日は一切何も渡しませんでした。
    するとそれも気に食わず、その日を境にムシです・・(今もです)

    一体どうしたら良いのか・・・本当に困ったものです・・。

    私はもう、こういったパターンは一生治らないのだと思い、
    必要時以外は関わらず、贈り物は皆で食べれる食べ物とし、
    とにかく接触を減らす事で自分のストレスを減らす事を
    選びました。

    グチを言っている本人も決して楽しかったり、いい気分ではないと
    思うのですがね・・・。

    ユーザーID:6978323613

  • ちょっと訂正

    すいません、ケチをつける・・と書くつもりが
    グチ・・になってしまいました。

    眠さでぼーっとしていたもので・・すいません・・!

    ユーザーID:7459349340

  • トピ主です。

    veggie様

    レスありがとうございます。
    やっぱり、接触を減らすことが一番なのでしょうか。

    最近はケチをつけられると
    ムーディ勝山の歌ではありませんが
    「右から左に受け流す〜」ように心がけています。

    相手が対策を練ってるんだから
    ケチをつけるほうも少しは自制してほしいですよね。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 関わりません

    実父が、ケチをつける人でした。

    ケチをつけることによって、ストレスを解消していたようです。
    批評家を気取って、自分の立場が上だとでも感じていたかったのでしょうか。

    私も、必要以上の接触を持たないようにしました。
    自分の親が口をゆがめて、罵りまくる姿を見たくないからです。

    今は、マイペースで身のまわりのものを楽しめるようになりました。

    ユーザーID:9704835483

  • ウチの母もそうです。

    ウチの母もそうです。
    基本的にはスルーしているのですが、
    基本的に発言がネガティブなので、一緒にいて辟易する時があります。

    思うにこうした性格の人は、
     1.自己主張が強い。
     2.他人に対する期待値が高すぎる。
    という側面がある気がします。

    1.はそのまま。
    一緒に視たビデオ、映画、小説などの価値観を、
    「ふーん、お前はそう感じたんだ。母さんは違うな。」として主張します。
    ”他人は他人で受け取り方が違う”という点を、いまいち理解してくれません。

    2.は、「馬鹿にされまい」という心理から来ているのかも知れません。
    要は卑屈なんでしょうね。
    「あの店員、呼んでるのになかなか来ない」
    など、やり過ごせばいいような細かなことに拘ります。
    一人暮らし経験の長い女性など、他人の悪意に接近され、
    そうした性格が養われる気がします。

    他に、
    食事などに誘うと、
    「何喰いたい?」と尋ねると
    「何でも良い」と答える癖に、
    いざとなるとアレは嫌だ、コレは気分じゃない、となかなか決まらない事はありまんせか?(笑)

    ユーザーID:6696987724

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 反論したり、諭すのをきっぱりやめました。

    ウチの実母もそうです。
    基本的に悪気は無いんです。
    ただずっと専業主婦で、父もあまり優しくないので、母は自分が褒められたり、認められたりする機会が少なかったのではないかと思うのです。
    だから、物事にケチを付けて、自分の優位を誇示しようとするのではないでしょうか?
    いずれにせよ、私の母も素直に「そうね。」とか「美味しいね」などと言う事がほとんどなく、プレゼントをあげてもまず、ケチを付けます。

    私は実家を離れて10年、遠方に住んでいるものですから、あまり被害はありません。ただ、去年結婚したのですが、その準備の時にあまりにも文句ばっかりで物事が進まないので、さんざんやり合ったあと、母がケチを付けたり、理不尽な事を言っているときには口を閉ざして、反論したり、諭すのをきっぱりとやめました。
    本当に何も言わないことにしたんです。電話越しにでも、ため息もつきません。
    そうしたら、あら不思議、自分でぐたぐた言った後、私から何の反応もない事に気がつき、そこで自分を振り返り、(あら言い過ぎたみたい)と気付き、反省するようになりました。
    我が母には驚く程効果があったので、是非一度試してみてくださいね。

    ユーザーID:7175128247

  • 不安で心配なんです

    ケチをつける習慣は40歳くらいまでにご自身で直さないともう直せませんよ。 

    右から左には私もしてることです。

    母には順番があり、一番は息子一家です。 常にそれが一番でないと気がすまないので、私の主人や息子がほめられたりすると、けなす言葉を言います。

    どっちでもいいじゃん、比較したってどうってことないじゃんと思いますが、否定すると母が哀しむので黙っています。
    できるだけ母の長所をほめることにしています。 人をけなす以外は母は普通の人ですので、ほめるところは困りません。

    不安なんですよ、一番じゃないと。 それがわかってから楽になりました。 そしたら私も少しは穏やかになり、それにともない母も穏やかになりました。

    不安で心配症の人は、ほめることです。 それ以外に薬はありません。 お父様のご意見、もう直らないは正解です。 ですが、トピ主さんが右から左へ受け流せば、
    10年である程度までは穏やかになりますよ。 

    ユーザーID:3776369356

  • 本人に聞けば?

    実の母親ですよね?
    直接本人に聞いてみたら?そして、例えトピ主さんににつけたケチじゃなくても、ケチや文句を聞かされるのは気分悪いんだよって教えて諭せば?
    身内だから言えると思うのですが?

    ユーザーID:1409241207

  • 何故ケチをつけるのか

    一段高みから見下すことで、自分の価値を高めようとしていると言えます。

    なぜ「自分は価値ある人間だ」と言い続ける必要があるかというと、その裏には劣等感が隠されています。
    そういう風に言っていないと自分は無価値のように感じて不安になるのです。本当はその人自身が、どんな欠点があろうとも(誰しも完璧な人はいません)存在する事そのものに価値があるのですが、そうした「自分は自分」という感覚を持つことが出来ないのです。

    そして、そういう人は過干渉になりがちです。
    「私の言うことが正しい」と押し付けるというのは、自分とは別の人間にその生き方や考え方をそのまま踏襲してもらわないと、自分自身が揺らいでしまうからです。これも「自分は自分、他人は他人」と考えられないためです。

    距離をおくしかない、というのは、そうした人が自分自身が生きるために、他人を操作することを必要としているためです。
    相手が自分の思い通りになるまで、様々な手段にでるということが繰り返されるので、疎遠になってしまうのだと思います。

    なかなか本人が気づく事は難しいのだろうと思います。

    ユーザーID:6871037549

  • トピ主です。

    ロッホローモンド 様
    レスありがとうございます。

    >ケチをつけることによって、ストレスを解消していたようです。
    >批評家を気取って、自分の立場が上だとでも感じていたかったのでしょ うか。

    なるほど、
    ストレス解消&批評家気取りですか。ありえますね。

    60年生きてますし、
    ストレスもあるんだろうな・・・。
    それと、「類は友を呼ぶ」というように
    もしかしたら、母の周囲は(家族を除く)
    ケチをつけたがる人が多くて、自分の言動が普通だと
    思ってたりして・・・。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 追伸

    「認められたい」という気持ちも強いと思われるので、これはいいと思われる態度や行動をされたときに、褒める(大げさくらいでちょうどよいかと)。
    後は、ケチをつけられたら、「私はそんな風には思わない。お母さんが話をするのは自由だけれど、私はそんな話を聞くと気分が悪くなる」といったことはおっしゃってもいいのではないでしょうか。何より我慢されているのが一番精神的に悪いと思います。
    それでも、治らないとは思うので、「あぁ寂しいんだな」と思えば少しは楽になるかもしれません。

    ユーザーID:6871037549

  • 祖父の話

    父方の祖父がそういう人でした。
    私は祖父のことが好きでしたが、親戚からは嫌われていましたね・・・。
    でも、そうやって年をとってしまったらもう治らないのかなって思います。
    私は、「おじいちゃん、また文句言ってるー♪」と無邪気な子どもをよそおって突っ込んでいました。これをやると、とりあえず場が和みます。祖父もちょっと恥ずかしくなるようでしたよ。
    「またお母さんの文句がはじまった、フフ」と言って、皆で笑うって言うのはどうですか?

    恐ろしいのは、そんな祖父のケチつけぐせに長年悩んできた祖母が、祖父の死後、同じようにケチをつけるようになったことです。
    長年一緒にいたせいなのか…。おそろしいな、と思いました。
    実は私もちょっと批評グセがあります。でも、ケチをつけるのは、せいぜいテレビがつまらない、物価が高い、小説がイマイチだった、くらいのことにして、身近な人がしてくれたことにはちゃんと感謝する人間になろう、と思います。

    ユーザーID:0613477735

  • 同じです

    うちの母も同じです。過干渉で口うるさいです。
    本人には全く自覚がないので厄介です。
    外食先のお話なんて全く同じです。
    恥ずかしい思いを何度もしました。
    義母が干渉しない人ってとこも同じです。
    veggieさんのプレゼントのお話も同じです。
    何か贈ると必ずケチをつけられ、贈らないとスネられます。
    みなさんおっしゃってますが、接触をさける、聞き流す、しかないと思います。
    兄が昨年結婚したのですが、義姉にも影でケチをつけまくっています。
    すでに兄夫婦から接触を避けられてしまっているようです。
    そのことについてもケチをつけていますが、
    下手に関わると厄介なので私も完全にスルーしています。

    ユーザーID:0640728663

  • 私の実母もそうです。

    タイトルのとおりです。私の実母もそうです。

    外食、そうですね。私の母はでこぽんさんのお母さん程極端ではないような気がしますが、結局ぶつぶつ言いますね。

    と言いますか、結局どういう場面でもどう転んでもいいことは言った試しがないです。

    私も昔は母の日に花など贈ったこともありましたが、veggieさんみたいに結局やめてしまいました。

    何か贈っても結局ネガティブな発言しか出てこないんですよ。こっちも疲れちゃいますよね。

    最近は少し自分を抑えるようにしてるようですけど、たまに電話などしてもちょっとこちらの今の生活の話などしてしまうと結局ケチをつけてそれをとっかかりに介入してこようとするんです。


    >自分の親が口をゆがめて、罵りまくる姿を見たくない

    嗚呼、あまりにもよく分かります。ロッホローモンドさんのこの気持ち。

    veggieさんもおっしゃるとおり、楽しくないだろうと思うんですけどね。

    私も過去何度も考えてみたんですけど結局自分が中心じゃないと気に食わない性格なんじゃないですかね?

    私も向うからかかってくる以外は今は電話もしません。

    ユーザーID:5247367928

  • ちなみに私がとっている方法は「無視」です。

    これはかなり堪えるようです。

    連絡をとる→こちらも多少は生活の話をしてしまう→ケチをつける→上目線で介入

    の繰り返しです。

     - 自分が自立してうまくやっている姿を見せる
    - 連絡しない(自分を頼ってきていると勘違いさせない)

    を徹底させるのがいいようです。

    でこぽんさんは、お母さんとは家の距離はどうですか?

    上の2つのほかに、家に上げない、も堪えるようですよ。

    結局、自己顕示欲の強い人なんじゃないかなー?ケチをつけるのは自分の方が上よってことなんじゃ?料理もまずいっていうのは自分が作ったらこんな料理は作らないわ、こんなセンスの悪い内装にしないわってことでしょう?

    だけどそれでいて自分が理想とする生活はおくれてないんですよね多分。理想と現実の間の鬱積した不満が形になるのがケチなんじゃないかと思うんですけど、どうでしょ?

    家の敷居を簡単にまたがせない(ここは私のテリトリーであなたが自由に入れる場所じゃないのよ、ここでは私が上よってことを明示する)こともカギのようです。

    「無視」と「家の敷居をまたがせない」、お試し下さい。

    ユーザーID:5247367928

  • 最後のチャンスを/後悔している娘からのお願い

    同じくグチばかり、食べるだけ食べて、「たいして美味しくなかった。」と、支払をしている横で言われてからは二度と外食してません。今は冠婚葬祭で会うのも嫌。

    私は遅くに生まれた子なので、小学校の頃には母は50前、子供の目からは十分に”お婆ちゃん”でした。「年寄りには何を言っても無駄。関わらずにいよう。」と思って、心理的な距離を置いてきました。

    が、今になって私は思います。粘り強く家族が注意し続けていたら、こんなに嫌なお婆さんにはならなかったのではと。もちろん、こちらが磨り減るばかりで、変われない人の方が多いかも。

    でも。せめて60代で母と”対決”していたら、今ほど断絶した親子関係ではなく、年に一度くらいは食事をできるくらいにはなれていたかもと、後悔しています。心理的な力関係としては、いまやトピ主さんもお母様とほぼ対等になってますよね?今なら対等に諭すという事はできませんか?
    物事にケチを付けない、干渉しない、そういう事をしていると自分が周囲から疎んじられ、軽蔑され、子供から拒否される寂しい老後を送るよと、その場その場で粘り強く諭すという事を例えば1年限定でもできませんか?

    ユーザーID:0931948516

  • トピ主です

    Joker様
    レスありがとうございます。

    >食事などに誘うと、
    >「何喰いたい?」と尋ねると
    >「何でも良い」と答える癖に、
    >いざとなるとアレは嫌だ、コレは気分じゃない、となかなか決まらない>事はありまんせか?(笑)

    ↑!!ウチの母の反応そのものです!!
    一度、私が父親に「お母さんと食事に行っても、すぐケチつけるから
    楽しくない」とボヤいたところ、
    本人に言ったらしく一時(ほんとに一時でした)おとなしくなりました。
    今は、すっかり元通り(笑)。


    家もです〜。様
    レスありがとうございます。

    反論や諭すのをきっぱり止めるのも良い方法かも
    しれません。
    変な見方かもしれませんが、ケチつける→反論→会話が成立
    という図式が出来上がってるのかも・・・。
    今度、試してみたいと思います。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 「後で聞くから今はやめてくれる?」と頼む

    黙ることは無理でしょうから、
    「後で聞くから今はやめてくれる?」というのはどうでしょうか。
    とにかく言いたいのでしょうし、自分が正しいと思っているのですから
    「黙れ」というと余計反発されると思いますが
    「後で聞く」と言われれば一応納得して黙ってくれそうな気がします。
    逆にそう言われてもしゃべり続けるなら、もう諦めるしかなさそうです。

    「右から左へ聞き流す」も、できればいいのでしょうけど
    その場の雰囲気が台無しになるし、本人はいつまで経っても自覚しないしで
    虚しくなってきますよね。

    ユーザーID:4048265763

  • 私の母も同じです(という方が多くなるのでは?)

    私(42)、母(66)です。
    全く同じです。私だけが不快になるのは百歩譲っていいとしても
    我が子もいるのでヒトとして困ります。
    人生の先輩なのにどういう了見?!と思わずにいられません。
    しかも我が子の方がいわゆるスピリチュアル的に高いと思うのでなおさら!!
    いわゆる「肉の年齢、魂の年齢は違うということ」
    たまたまこの世では親子であり孫子であるらしい。
    コチラは理屈で理解していても
    母はそういうコトに毛嫌いするタイプだからなお手がつけられない。
    子供ももう大きくなってきてますから年々会わせたくもなくなってしまいます。
    私も打つ手を探しています。見切るのも罪悪感があるもので。

    ユーザーID:5991683558

  • トピ主です。

    りんごこ様
    レスありがとうございます。

    40までに直らないとムリなんですね〜。
    父の言うことは正しかったか・・・。
    口うるさい&干渉好き、ケチつけたがり
    裏を返せば、確かに不安で心配性な気持ちの裏返しかも
    知れないですね。


    不思議 様
    レスありがとうございます。

    ウチの母はまず、
    ”自分がケチをつけることを家族が不愉快に思っている”
    という状況をわかっていません。
    なので、どうしてケチをつけるのか?と聞くと
    「ケチじゃない。意見を言ってるの!」と反論してくることが確実です。

    自分がどういう心持で母と接したほうがいいのか
    皆様から意見を聞き参考にしたほうが早いかなと思ったのです。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。

    ぱんだこ 様
    レスありがとうございます。

    ケチをつける・・・その行動に隠されている
    心理がよくわかりました。
    きっと、母は認めないと思いますが
    ぱんだこ様のレスにあるような気持ちが
    あると思われます。



    猫三 様
    レスありがとうございます。

    >恐ろしいのは、そんな祖父のケチつけぐせに長年悩んできた祖母が、
    >祖父の死後、同じようにケチをつけるようになったことです。

    そういうことってあるのでしょうか。
    う〜、それは困ります。

    >実は私もちょっと批評グセがあります。
    >でも、ケチをつけるのは、せいぜいテレビがつまらない、物価が高い、小説がイマイチだった、くらいのことにして、

    私も猫三様と同じような批評グセは持っています。
    物価の高さはヘンです!!

    >身近な人がしてくれたことにはちゃんと感謝する人間になろう、と思います。

    私も同じことを思っています。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。

    同じだあ様
    レスありがとうございます。

    私と状況がよく似ていますね。びっくりです。
    外食時なんども心の中で「その口を閉じてくれ〜〜」
    と思ったものです。(今もですが)
    私には弟がいるのですが、
    もし弟が今の彼女と結婚して母が今のままだと
    同じだあ様のお兄様夫婦と同じ状況になることは確実です。


    とっとこ様
    レスありがとうございます。

    >でこぽんさんは、お母さんとは家の距離はどうですか?
    私の住んでいる場所と実家の距離は車で約1時間の距離です。

    >連絡をとる→こちらも多少は生活の話をしてしまう→ケチをつける→上目線で介入

    そう、まさにそのパターンなのです。
    私もあまりこちらからは電話しないようにしています。

    >「家の敷居をまたがせない」
    実は、これはやっています。というのも、以前母がアポなしで私たちの家に来たときに開口一番「部屋が汚い!!」と言い放ったので。
    今では「アナタは親が来ても茶も出してくれない」とブツブツ言っていますが、汚い部屋に上げるのは申し訳ないので聞き流しています。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。

    ロック様
    レスありがとうございます。

    >心理的な力関係としては、いまやトピ主さんもお母様とほぼ対等になってますよね?
    >今なら対等に諭すという事はできませんか?
    どうも性格が似ているせいか、
    お互いに感情的になってしまって言い争いになってしまうのです。
    母親には周囲に疎まれる老後を送ってほしくないし、
    ある程度、時間をかけて自分の考えを伝えてみる方向を探ってみるのも
    いいかもしれないですね。


    こーさのすとら様
    レスありがとうございます。
    「後で聞くから今はやめてくれる?」も良いかわしかたですよね。
    その後の母の反応のしかたで今後接触を避けるか、自分の考えを伝えるか
    態度を考えるきっかけになりそうです。


    みこ様
    レスありがとうございます。

    >見切るのも罪悪感があるもので。
    同じです。
    ただ、私には子供がいないので悪影響は私止まりです。
    絶縁するほどでもないので、なおさら悲しくなります。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 母は子供

    私の母も何かとケチをつけ、マイナス思考に走ります。
    母の日や贈り物をした時は「ありがとう〜嬉しい〜」と子供のように喜んでくれますが、
    いったんスイッチが入ってしまうともうダメです。

    えんえん「どうせ私なんかできない」や「○○さんとこは○なんやって、かわいそう」と
    不満とケチとダメ出しのオンパレードです。自分のことだけで終わってくれれば愚痴を聞く
    だけで終わるのでいいんですが、だんだんと「どうせあんたは出来ない」「親が言わないと
    何もしない」と私への攻撃が始まります…。

    生理前なんかでイライラしてるとぶつかってしまうし、今日母の機嫌はどうだろう、と
    びくびくしながら接しないといけなくて、疲れます。

    ぱんだこさんのおっしゃるとおり、うちの母にも劣等感と不安があるんだと思います。
    母は末っ子で、私が子供の時から「お母さんは馬鹿だから」「姉さん(私の伯母ですね)に
    比べて出来がわるいから」と言い続けてきました。子供の頃は「ふーん、馬鹿なのか」と(笑)
    思ってましたが、大人になり、一人暮らしを経験して、やっぱり母はすごいな、と考えが
    変わりました。

    すいません続きます。

    ユーザーID:4248719508

  • 母は子供2

    就職で実家に戻り、社会人になると、だんだんと母からの私への「ケチづけ」が激しくなりました。

    仕事でそこそこ認められて、それを母に報告しても、「あんたみたいなんが認められるなんて信じられない」「アイロンがけも掃除もまともにできないで」と言います。(イエそこそこちゃんとはできてるんですよ?)心配してるからそう言うのか、と思い「心配してくれるのはありがたいけど…」というと「生意気だ!」と喧嘩になりました。

    母はその両親か、兄弟から「お前は馬鹿だ」と言われ育ってきたのかもしれないです。
    いまでも伯母や伯父とは仲がいいのですが、すぐに自分と引き比べてしまうところもあるので。。
    その不安や劣等感を、無意識のうちに娘である私に投影しようとしてるのかもしれません。
    要は、未だ精神的に不安でちっちゃな子供なのかも。そう思うとなんとなく気が楽になりました。

    私も何か言われても感情的にならず、母の不安を煽らないように接してみようと思います。。。

    ユーザーID:4248719508

  • トピ主です。

    長女 様
    レスありがとうございます。

    >仕事でそこそこ認められて、それを母に報告しても、「あんたみたいな>んが認められるなんて信じられない」「アイロンがけも掃除もまともに>できないで」と言います。(イエそこそこちゃんとはできてるんです>>よ?)心配してるからそう言うのか、と思い「心配してくれるのはあり>がたいけど…」というと「生意気だ!」と喧嘩になりました。

    私の母も似たようなものです。
    しかし私の場合は仕事にかまけて結婚するまで、実家に依存している状態だったので
    しょうがないのですが・・・。
    (自分の部屋掃除と米とぎ、休みの日に洗濯くらいはしていましたが)

    私の母親は自分の劣等感や不安もあるのでしょうが、
    私が「自分の小さい子供」だという感覚が抜けないのだと思います。
    だから子供に言われるのは我慢ができないのだと、
    最近ようやく自分を納得させています。

    私は母対策として、顔みせに行くときは夫を連れて行くことにしています。(それも年に2,3回ですが)
    外面がいい母は夫の前ではケチをつけないので。

    ユーザーID:2062345844

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧