日本の姑vs海外の姑

レス36
(トピ主1
お気に入り34

家族・友人・人間関係

それいゆ

最近思った事なのですが、小町では嫁と姑のトラブル系トピが後を絶たないですよね? 

私は海外生活が日本よりかなり長いので単純に分からないのですが、日本の姑ってそんなに意地悪な人が多いのでしょうか? やはり嫌味を言われたり、またはハッキリと嫌がらせをされるのですか? お嫁さんもやはり立場柄、返し口を出来ず、さらにストレスとなっているのでしょうね。

ちなみに私の母は姑からかなりイビられた為、お嫁さんには絶対そんな事はしないと言っています。そのおかげか、お嫁さんは週一で毎週遊びに来るそうです。

私の再婚後の姑は欧州人ですが、とても素晴らしい人で大好きです。人の悪口は一切言わない人です、尊敬してます。ちなみに初婚時の姑(米国人)とは性格は合わなかったものの、嫌がらせとか嫌味等言われた事はありませんでした。普通に付き合っていましたね。

私の知り合いでも欧米人の姑がいる方達はそんなにトラプルがないようなので、これって日本だけの現象なのか、それともアジア系に多いのか、または私と私の周りがラッキーなだけなのか?と疑問に思い、トピを立ててみることにしました。皆様のご意見お聞かせ下さい。

ユーザーID:9105613679

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もしそうだったら良いですね

    「毒になる姑」という本があります
    有名な、「毒になる親」の著者が書いた本です

    これを読みますと、嫁と姑の問題は(親子の問題も)
    あくまで人間性の問題であって、地域には関係がないと思います

    たまたま、それいゆさんの周囲に幸せな人ばかりだったのか、話にでないだけなのかわかりません
    私の周囲では、おおっぴらにもめている人はいませんが
    ぜんぜん違う個人の生活が交わるとき、お互いの人柄によっては絶対あり得る問題だと思います

    私が時折見ている海外生活のブログで、英国人の義母や義妹とのあいだの対日本人と同じ感覚のもめ事まではいかない愚痴を読んだこともありますし、小町内でもたまに目にします

    海外の姑がみな、息子の妻が素晴らしい人と思えるようなわけはないと思いますがいかがでしょう?
    小説や映画の中でも、風俗や慣習、伝統は違っても、人間性そのものには大差ないような気がします
    もちろん悪気の無いただの疑問だと思いますが、少し幼稚な質問では?

    ユーザーID:6145411833

  • 日本人の姑ですが

    主人の母はすばらしく良い人ですよ。

    主人実家に行った時も、余計なことはおっしゃらないし、
    とても気配り上手で、見習わなくてはと思います。
    自分の実家に帰るより主人の実家に行くほうが
    何倍も落ち着くし、居心地が良いです。

    はっきり言って、自分の母よりお姑さんのほうが好きです。

    ユーザーID:8207293273

  • さっぱりしてる

    私の夫もヨーロッパですが、姑とは特に問題ないです。

    夫は一人っ子なので、姑の息子への愛情はたっぷり感じられますが、こちらでは子供を一個人として尊重しているので、夫婦のことで干渉されたり口出しされることはないです。

    日本と欧米に比べて違いを感じるところは、欧米人は年老いても夫婦の時間を何より大事にしてると思います。日本の場合、年老いてくると、なぜか夫婦間が冷め切ってしまっていて、どうしても夫婦のことよりも、子供や孫に期待してしまったり、口を出してしまうような気が。。

    ユーザーID:0602094008

  • 自立度合い?

    私の姑は米国人です。小町で読むような、強烈な嫁姑や義家との確執とは、まったく無縁です。何かあった時の家族の結束は固いですが、普段はお互いに干渉しません。
    また、私の実母(日本人)も干渉しない性質なので、息子の妻(私の義妹)との関係も良好です。
    国や文化の差というより、その人の自立度合いによるのかな?と思います。姑、実母とも、自分の趣味、仕事、友人との付き合い等の優先順位が高いので、義家や嫁の言動に振り回されるようなヒマが無いようです。また、自分の息子に精神的に依存していないようにも感じます。

    ユーザーID:3866221115

  • 個人主義が発達すれば違うのかも・・

    私自身は義母との仲は特に問題ないですが、私の母と祖母(父の母)の関係は最悪でした。
    でも、別に祖母が意地悪をしているようには見えませんでした。私には母は昔ながらの『嫁はこうあるべき』みたいなものに反発を感じていて、その結果祖母の存在が耐えられないといった感じに見えました。
    祖母の方では、やはり少しの昔の人なので、母が何をしても『それは嫁なのだから当然』といった感じで感謝の表現が少なかったように思いますし、またその割に細かい注文は多かったように思えます。
    最終的には母は祖母と食卓を囲むのも嫌というほどになってしまいましたが、その頃には祖母が孤独で少し可哀想に思えました。
    家とか嫁とか嫁ぐとかそういう概念が家族間での礼儀や感謝を疎かにする原因になっているのかなと個人的には思います。
    欧米のように個人主義が発達すれば違うのかもと思いますが、儒教の影響のある日本の文化では難しいのかもしれません。

    ユーザーID:5805850380

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 人それぞれ

    私の義父母も欧州人。
    欧州では珍しいのですが、義父母とは半同居。
    同じ敷地内に家が別々にありますが二人とも高齢+病気のため食事は全て私が作っていて、私の家で皆で食べます。
    二人が元気だった頃は食事は義母と私が交代で作っていましたから、ずっとこんな関係でした。
    個人主義で私と夫の生活には干渉しないですからね。
    勿論子育てにも一切口出を出されたことがありません。
    私は常々義母のようになりたいと思っているくらいですから(笑)問題はおきません。

    ところで、イスラム教徒の友達がいます。
    彼女は義理のご両親と完全な同居。
    でも彼女の口からお姑さんの愚痴を聞いたことはありません。
    いつも「お義母さんは素晴らしい人だ、尊敬している。」というような言葉しか聞きません。

    反対に、欧州人でも仲が悪いところは完全に絶縁に近い状態で「もう義父母とは何年も会っていない。」と言う話も耳にします。
    愚痴をたらたら言う前に「会って接しなければいい。」という考えなのかもしれません。(自己中とも取れますが)
    要はこういう問題はどこにでもあるということでは?

    ユーザーID:1674721889

  • 息子夫婦への依存度の違い

    もちろんどの国にも例外はあるというのが前提ですが、一般的にまだ日本では「嫁は姑に従うのが当たり前」という考えを信じて疑わない人が多いと思います。
    それが良い意味で尊敬できる姑に何か習うという図式ではなく、「嫁にはどんな横暴でも命令でも言っていい」と勘違いしている場合があるのです。

    私も実際に自分が結婚するまで、そんなヒドい人ってホントにいるのかな、こちらが心を開いて接すれば人間同士仲良くやれるはず、と信じていました。

    が、結婚直後から姑と義妹が会うたびに私が夫より一つ年上であることや、夫と旅行に勝手に行ったのが許せないとか(自分たちを旅行に招待するのが当たり前とのこと)、私の体型や顔についての批判や意地悪が露骨になっていき、「嫁は自分達より苦労したり生活に困っていないと気に入らない。楽しそうな顔するな」とまで言われ、私は身体のあちこちに不調が表れ病院通い。もう一生会いたくないと夫に訴え、今は半絶縁状態。

    スイスやフランスで国際結婚している友人たちは、「そんなことホントにあるの?」と信じられないようでした。
    親の子供への依存度が違うということでしょうか。

    ユーザーID:5502792505

  • 英国から

    心理カウンセラーの友人がいますが、最も多い相談は「嫁姑問題」なのだそうです。

    姑との付き合いからうつ病などの精神疾患にかかる人が非常に多いといいます。

    友人は「母親は息子の出来が実際どうであれ、世界一素晴らしいと思ってるから、どんなお嫁さんにも満足できないんだよ。それがプレッシャーになって、苦しんでいるお嫁さんがいる」と。

    他の欧州人に尋ねてみても「どこにでもある話」と。
    タイ人の友人は姑問題に悩んでいたし。

    言うまでもなく、人よって性格に個人差があるので、素晴らしい姑さんもいます。

    しかし、「嫁がカワイクナイ!」というのは、古今東西、よくある話だと思いますよ。嫁姑問題は、日本だけではありません。
    トピ主さんは幸せ者ですよ!

    ユーザーID:3207822898

  • 国は関係ないです。

    私も非英語圏の主人がいて欧州に住んでます。
    はっきり言って、毒親云々は国・地域は関係ないです。
    スーザン・フォワードの「毒になる親」「毒になる姑」は米国でロングセラーですし、非英語圏のアマゾンでもよくレビューが書かれてありますよ。
    トピ主さんは、実親、義理親双方に恵まれただけではないでしょうか?
    実親(日本人)、義理親(欧州人)双方に恵まれている日本人は私の住んでいる国にもいますよ。
    かくいう私はあまりに義母の行動が理解できず、上記の本に行き着いたのですが、義母は大変毒性の強い人だということがわかりました。
    それと同時に私の実両親は無毒で、父方、母方の祖父母の態度も、子供(父母)や孫に対して愛情深いものだったんだなと同じ本を読んで気付かされました。
    幸い、私は主人の理解を得られたので離婚を回避できましたが・・・
    アメリカにおける人格障害者は7人に1人と言われていますし、欧米人と日本人を安易に括るのは誤解を招くのではないでしょうか

    ユーザーID:2944271803

  • 在米です

    私の周りには結構アメリカ人のお姑さんとうまく行ってない人多いですよ。アメリカ人同士(嫁、姑)でもうまくいかない人いるし、日本人のお嫁さん、アメリカ人の姑さんでもうまくいってない人います。
    多分どこの国でもあることだと思うけどな〜。

    私の義母さんは幸運にも良い人なので助かってます。

    ユーザーID:4415911553

  • ウチの場合

    ヨーロッパ人の義父母をもつ者です。義父母トラブルは生活している国とは関係なく、やはりその人の自立度/依存度で違うと思います。

    私の義父母は子どもがすべて!という人たちで、これといった趣味もなく、夫婦別々に行動することもしません。そういう人たちですから、関心は私たち夫婦にだけしかなく、何から何まで干渉してきます。結婚式の招待客、衣装、マニュキュアの色、新居、財産契約(これは失敗に終わった)など。

    自分の子どもが自立して新しい家庭を築くという自覚がないようです。私が少しでも反抗すると大騒ぎになります。対人操作に長けている人たちで、外からはわからないようにうまく振る舞います。でも身内とは絶縁状態で、姑の親としかつき合いません。

    わりと体裁を気にするし、嘘ばかりつくし、自分たちに有利なためには人を傷つけてもおかまいなしだし、不誠実で私は大嫌いです。

    夫は見事に毒されてしまった子どもです。親がなんでもしてあげるせいで、何も自分でしない人になっていました。

    ユーザーID:6736330155

  • 人それぞれ

     私は配偶者が30歳近くまで親と同居しているような国の人ですが、嫁姑舅仲はとても良好です。でも、友達の日本人女性でこの国の人と結婚している人たちはそれぞれです。 姑舅と全くあわなくて喧嘩ばかりしている人、ちょっと強引な姑に辟易している人、子育ての方針があわなくて板ばさみになっている人、さまざまです。ただ、日本みたいに「嫁に来た、うちの家のものになった。」という感覚が無いのが気楽な感じでしょうか。

    ところで、私は知らなかったのですが、この間面白い事を聞きました。
    うちの夫がこの間出張先で「結婚しているの? ドコの県の人?差し支えなければ教えてくれませんか?」と言われたそうで、どうしてかと聞くと、遠くの人同士で結婚すると、2人がどこに住むかで夫と姑(奥さんの母親)との問題が起きるからだそうです。嫁姑だけでなく、夫と姑(奥さんの母親)問題もこの辺では結構あるようですよ。 

    ユーザーID:0540486361

  • 外国人だから許せるという気持ち

    日本人でも基本的には姑それぞれの考え方だと思います。
    さっぱりしている人もいれば、いつまでも子離れできなくてベタベタしてしまう人もいます。

    でも姑が外国人だと、受け取る方も違うのではないでしょうか?
    同じことを日本人からされたり、言われると「なんでわかってくれないんだ」という
    怒りがわいてくるけど、姑が外国人だと「ああしょうがないかな」という気持ちが
    出てくるのではないですか?

    子どもの頃欧州で暮らしていましたが、姑ではありませんが、知人の中でも性格のきつい、詮索好きの
    人もたくさんいますし、日本人だからどうのこうのということはないと思います。

    ユーザーID:0664901350

  • どこでもあるけどお国柄はあると思う。

     私は米国人夫と在米。実母より義母の方が好きです。近くに住んでいないからということもありますが、やはり個人主義で尊重してくれる、過干渉しない。教養があり大学院まで行って自分でも仕事をしていた人なので社会性があり、意見もユーモア交えて上手に言います。見習いたいです。
     人に寄るとは思います。アメリカでも感謝祭やクリスマスのころにはどうやって”in-laws”(義理家族)をやり過ごすかなんていう記事があがるので、人間関係はどこへ行っても難しいんでしょうね。ただ、結婚した息子の家族が同居とか嫁は夫の家に入るという制度はないので、日本ではその分嫁姑の問題が大きいんだと思います。ああいう制度や考え方が一掃されれば、みんなもっと幸せになれるのにと思います。「渡る世間は鬼だらけ」とか嫁姑問題をテーマにしたテレビ番組がヒットするのも社会の実情を反映しているのかなと思います。
     夫いわく、アメリカでは妻の母(義母)に悩まされる男性というのが典型だそうです。色々な人が言ってますが、自分が姑に悩まされたから、1.嫁にその仕返しをする。2.嫁には自分がされた嫌なことはしない。と二つに分かれるようですね。

    ユーザーID:3916363613

  • どこにいっても

    嫁と姑問題は、あると思います。まったく育った環境が違う人が、家族になるのだから、多かれ少なかれお互いの意にそぐわない事ってあると思います。

    たまたま、私の義母は干渉しない人ですが、困った事はいつも相談に乗ってくれ助けてくれます。尊敬できる人です。でも、アメリカ人の友達は「義母とは口も聞かない。顔も見たくない」と言っている人がいましたし、どこの国でも一緒なんだと思います。

    ユーザーID:4400429570

  • raymond

    アメリカのシットコムで、レイモンドってのがありました。
    それは、嫁姑の確執も内容に含まれてました。
    姑さんが息子を一番だと思っていて
    それに振り回される嫁さん。。。みたいな。
    everybody loves raymondだったかな?

    ユーザーID:7849830876

  • 育ってきた環境が違うから

    私は日本人の夫と結婚していますが、周囲の国際結婚カップル(多くが日本人妻)を見ていると、「よくこんな義理の家族でガマンしているな」という人が多いです。

    以前、日本人の友達に聞いた時、こう言いました。
    「この国で頼る人がいない私が、義理の家族を敵に回したら生きていかれない。だから、義父母が悪いのではなく、この国ではこうなんだ〜と思うようにしている。それに、私も至らないところが多いけど、向こうもガマンしているだろうし」

    ちなみに、「義父母のモラハラ」を理由に離婚した人もいますよ。

    ユーザーID:3032558015

  • あるようです。

    在仏ですが、やっぱりお姑さんが強烈な所はあるみたいですよ。
    子どもの教育にガンガン口出しし、学校まで乗り込んで来たり、
    バカンスの過ごし方勝手に決めちゃったり。

    嫁が日本人の場合、一旦対立すると、日本人同士日本で暮らしているのと違い、
    外国人(日本人)嫁側が、不利な立場に立たされそうです。
    実家に逃げ帰ろうにも、飛行機で13時間・・・大変だろうなと思います。

    我が家は幸い、義母にはかわいがってもらっていますが、
    これは私が外国人だからかもしれません。
    夫の兄嫁の1人とは、やっぱり折り合いが悪いようです。
    夫には義姉が何人かいますが、1人だけ絶対に夫の両親の家に
    寄り付かない人がいますから。

    もちろん、お姑さんばかりが悪いのではなく、
    お嫁さんがとんでもない人の場合もあるでしょうし、
    単に相性が合わないこともあるんじゃないでしょうか。

    どこも同じと思いますが、ただ、
    欧米の人は、言いたい事をはっきり言うので、ぶつかると派手かも。
    日本のネチネチ系対立と、どっちがいいかな〜。
    私はどっちも避けて通りたいですが(笑)

    ユーザーID:7896532688

  • 姑による

    姑の教養、生活水準、宗教の深さ、に依ると思います。私の姑はアメリカ人ですが、東洋人の私に説教をすることはあっても悪いことは一切口にしません。が、実の娘らには???話していると思いますよ、いろいろと。。。結局は他人ですからねえ。。。知らないのは本人のみ。。。

    ユーザーID:0782713552

  • とても参考になりました。

    沢山のレス有難うございます。私が思ったのはサラさんが仰っている様に、日本の親は海外(この場合、欧州&欧米の意味ですが)の親に比べて子離れが出来ていないから、子供に干渉するのではないか? 
    さらに日本の女性は海外の女性ほど性格がきつくないですから、言われたままで我慢をしてしまうので結局はいじめという形になってしまうのでは、と思ったからです。

    私だったら、すぐその場で言い返すので喧嘩にはなってもいじめにはなりません。日本ではやっていけないタイプだと思います。

    でもやはり皆さんの仰っている通り、依存度の高い親って世界中どこにでもいますよね。

    私の知人達にアジア系の姑さんが3,4人いますが、やはり息子に期待する事が多い 、さらに息子達もお母さんには逆らえないという様な所があるようなので、Stereotypeなのは分かっていますが、日本でもこういう方が多いのかなあと思ったので。

    Rayさん、幼稚な質問でしたか、すみません。私は中学1年までしか日本語を習っていないので、文章自体が幼稚なのかもしれません。やはり読めるという事と書けるという事は違うのですね。
    失礼しました。

    ユーザーID:9105613679

  • 嫁姑問題に国境はなし

    これは全てここの性格と相性だと思いますよ。

    私の姑(アメリカ人白人女性)は気が強く、何でも自分の思い通りにしなくてはいられない性格です。私も気が強いほうなので、よくぶつかります。私としては最初の10年、やはり愛する人を素晴らしい人間に育ててくれた人だから、と相手の言動を良い様にとって来ましたが、子供が生まれた頃からそれが難しくなり、現在ではできるだけ接触したくないとまで思うように。先方は悪気がない様ですが、あまりにもひどいことを言われたりされたりしてきたのでこちらとしては限界です。なので、小町で見かける嫁姑問題、よく分かってしまいます。

    トピ主さんの周りにはそんなトラブルがないよう、とのことですが、結構他人にこういう話をしない人のほうが多いのかもしれませんよ。私の周りには人種、国籍を問わず大小様々な嫁姑問題を抱える人がいます。が、これは国境に関係なく、やはり個人レベルの問題なので日本人同士でも問題ない、と言う人もいますよ。

    ユーザーID:3173317272

  • 義母は豪州人

    義母は豪州人です。 今は完全に関係を絶っています。 

    主人は一人っ子(義母は主人の次の子を流産し、その後病気で子宮摘出をしています)です。 義父は私達が知り合う以前に亡くなっています。 その為か母息子の仲が強く、未だに「My Boy」です。 海外では私が知る限りマザコンではないけど、母息子の絆ってかなり強いですよね? 

    義母は同居当時、外では「義娘は料理も出来るし、助かっちゃうわぁ」とか言っていたのですが、家の中では私の事を無視するし、自分が良いと思った事を徹底的に押し付けてくるんです。 包丁を顔面寸前に向けられた事もありました… 言葉だけではなかったです。 

    主人も最終的には辟易していました。 ただやはり母1人子1人、私は絶縁しましたが、主人は子供達を連れてたまに会いに行っています。 

    私は主人に「義母には私の行動範囲に入って欲しくないし、私も彼女の行動範囲に入る事はしないから、それを伝えて欲しい」と頼みました。 

    姑の醜さは日本だけではないですよ。 海外でも自我が強い姑なら起こりえます。 自分の命さえも危うくされる場合だってあるんですよ。 

    ユーザーID:7319087035

  • 過去の話ですが

    日本に住んでいますが、色んな国の人が集まるコミュニティに参加しています。
    そこで「結婚することになったよ」と私が話した時、フィリピンのとある研究者の女性が第一声で「彼の母親は生きてるの?」と聞いてきましたよ。
    「うん」と答えると、あぁ〜そりゃ残念!みたいなリアクションで、その場にいた皆も笑っていました。

    「ウチは結婚した時既に亡くなってたわー」とイギリス人女性が言うと、「それ最高!(笑)」とも。

    その時私も嫁姑問題って世界共通なんだなーと思いました。

    ユーザーID:6009667115

  • はい、仰る通りです。

    トピ主さんの周りのお姑さんが偶然良いだけだと思います。

    私の姑、私の周りの友人の姑、共通にして言えるのは「どこの国も一緒」です。それぐらい日本と同じ様に手の込んだ事をしたり、嫌味を言ったり、果てには自分の息子を取られたと思っている所まで同じです。

    トピ主さん、尊敬できるお姑さんにめぐり合えて幸せですね。羨ましいです。

    ユーザーID:6120445116

  • こちらこそ失礼しました

    それいゆさんへ

    いえ文章は中学生レベルではなく、幼稚な文などではないです
    むしろ私の文の方が一気に書き飛ばしたせいかわかりにくいですね
    ただ
    海外の姑はいじめや嫉妬で嫁ともめることはなく、日本、またはアジア系だけのの現象なのか?って
    一瞬でも思った所を幼稚と感じてしまいました

    その場で言い返して喧嘩になれるような干渉や依存もありますが
    そういう形ではなく
    その場では適当なことを言い、結局好きなようにされて後で気がついたり
    あきかに好意や善意から発しているが迷惑なので言い返す判断を迷うものや、相手の方が弱さを装ってこちらからはっきり言いにくいパターンや
    人と人との関係は複雑です
    はっきり言う言わないとは別問題です

    私の知人にはいませんが、イタリアやユダヤ系のお母さんはこどもたちと密接な関係だと
    聞きますが、その辺はどうなのでしょうか?

    勿論、日本人の和を尊ぶ感覚は今も健在だと思います、海外と全てが同じ感覚だとは思いません
    でも、儒教的な年長者>年下、という意識はほとんど薄れていますし、嫁の立場=弱いなんて思っている人はいないと思います

    ユーザーID:6145411833

  • 万国共通のテーマかも

    北欧からですが、こちらの子育てサイトを見ていると、配偶者・パートナーの家族とのトラブルの話題がわんさかあります。在住国では結婚しないカップルが多く、嫁という観念もゼロ。相手の親族と上手く行っていない男性も多いようです。

    私の義母は欧州内の別の国在住。実の娘が「ママが義母だったらと思うとぞっとする」というくらい強烈らしく、実際いろいろと武勇伝(?)があるのですが、私はこれまで特に問題なくやっています。確かに口うるさくて人の言うことは聞かないし、私の家族の苗字も覚えてない感じですが、根はいい人だし、孫にはよくしてくれるし、たまにしか会わないのでまぁいいかーと思います。やはり相性とそれぞれの性格によるのではないでしょうか。ただ、夫は自分と同国人の妻だったら大変なことになっていたかもとは思っているみたいです。私自身は、外国人なのでそれで義母に大目に見てもらっている点はあると思います(あーでもこれはお互い様かも)。

    ユーザーID:9174265446

  • たぶん

    アメリカに親戚が多いので一言。

    日本の姑)
    専業主婦が多い。嫁だった時我慢を強いられていた。同居の可能性もある。

    アメリカの姑)
    兼業主婦が多い。イエス・ノーをはっきり言う。同居はしない。(社会保障が充実してるから)

    これが大きな理由でしょうが、もちろんアメリカにも細かい姑さんや意地の悪い姑さんはいますからね。

    ユーザーID:1552345428

  • 同居・介護に対する認識

    アメリカの医療ドラマ’ER’のファンです。

    舞台はシカゴの公立病院の救急病棟、
    ここの患者(毎回ゲスト出演)の様子から
    見えてくるアメリカの高齢者事情ですが。

    子供と同居してる人は例外的、
    独身でも成人した子が親と暮らすのは例外的。

    ただし、イタリア系やアジア系は、親とのつながりは
    密な感じです。

    高齢者を病院に連れてくるのは、ソーシャルワーカーか
    実子(娘が多い)。

    同居と介護が前提にないのは気楽ですが、
    年老いて復讐される心配もないので
    意地悪な姑はエスカレートしそうと思います。

    それにカップル社会。
    「○○(息子)はいいから、あなただけでも
    来なさい」もないけど、
    義両親の家に絶対行かないというのも抵抗がありそうです。

    ユーザーID:9762860256

  • ケースバイケース、ってやつでしょうか?

    日本にいる親友は、義理家族とものすごく仲がよく、彼女のほうが旦那さんより帰省を楽しみにしているほどです。
    彼女のご両親もとてもあったかくって素敵な方たちなので、彼女のご主人は彼女のご両親を大好き。

    私の最初の結婚は日本人とでしたが、合わなかったです。
    東京・神奈川・千葉・埼玉以外で暮らしたことがなかった当時の私には、元義理両親とは話もかみ合わなく、終いには「内地の人間は生意気だ!帰れ!!」と皆に怒鳴られて、元旦の深夜、雪が降る中へ追い出されました。
    かと思うと、毎日電話してきて妊娠したかどうか聞いてきたり。
    DVで離婚話になったときには「女房は殴られるくらい当たり前だべさ。」と言われ。

    今は米国人のオットと暮らしています。
    義両親とはかなり仲良くしてもらっています。
    一緒に暮らすか、近所に住むかしたいくらい。
    オット以上にわたしのほうが可愛がられているかもしれません…。

    韓国人の友達が日本人と結婚したときは、ものすごいイビられかたで、泣いて電話がかかってきたことが何回もありました。
    結局、最終的には離婚しました。
    孫(彼女たち夫婦の子供)にも、興味はないみたいです。

    十人十色?

    ユーザーID:5573922358

  • 米国 ホームステイ先で。

    60代のご夫婦の家にステイしました。

    近くに住んでいたお嫁さんですが、共働きでしっかり稼ぎたかったんだと思うのです。
    平日、二人の小さい子供を毎朝預けに来ていました。
    寝起きのパジャマのまま姑さんは預かり、まず朝食を子供たちに出してやります。
    男物のワイシャツを加工したものを後ろ前逆に着せて、汚れてもいいように、
    子供自身で食べさせ、最後にちょっと手助けしていました。
    そのあと、ガガーっと掃除機で食べこぼしを掃除して、
    子供たちをお風呂に・・・。(お風呂は1日のうちこの1回だけ)

    服を着せて、少し遊んだあと、11時から昼寝タイム。
    長くて3時間くらいしたら、目が覚めて遊んでやります。
    昼食、夕食を食べさせ、7時くらいに娘さんが子供たちを迎えに来てました。
    ありがとうって少しおしゃべりした後、自宅に帰って行きました。

    食事もお風呂もお姑さんがやっていて、お嫁さんはすごく助かっているし、ラクすぎるんじゃ・・
    なーんて思ったりしましたが、この関係羨ましいなと思いました。
    子供達もいい子だったから、お姑さんも余裕で楽しんでいるようでした。

    ユーザーID:0231096469

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧