• ホーム
  • 学ぶ
  • 駄!「話す機会のないうんちく」を軽〜く語ってみませんか?

駄!「話す機会のないうんちく」を軽〜く語ってみませんか?

レス3
(トピ主2
お気に入り14

趣味・教育・教養

ターメリック・40

駄トピです。

私、とある水族館で「メガマウスシャーク」の標本を見ました。このメガマウスというのは深海に済むサメで、名前の示すとおり「口が巨大」です。捕獲されたりうちあげられたりすることがめったになく、この標本は世界的にとても貴重です。常時一般公開しているのは、現在はここだけだそうです。大口を開けてプランクトンなどをガバーッと吸い込んで食べるそうで、獰猛な種類のサメではありません。
この水族館ではメガマウスをモデルにした「メガトット」というユーモラスなオリジナルキャラを作っていて、グッズなどもありました。

どうです!ほとんどの方、興味無いでしょう。「私的」にはとってもワクワクするんですけど(笑)。

普段の生活の中で、こんな話、おしゃべりする機会はありません。たいていの話し相手には興味ない話だろうからです。

でも、「ネエネエ、こんなこと知ったの、面白いと思うの!」としゃべってみたいんですよね。

同じような方、いらっしゃったら軽〜いノリで、楽しく、語ってみませんか?

ただし、「誰か・誰か達」などを指している話題は、噂・都市伝説含めて自粛にしましょうね。

ユーザーID:5745662008

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • キャラクター・メガトットの色は黄緑。

    上げる為の悪あがきの自己レスです。

    「とある」と勿体つけたのは「マリンワールド海の中道」です。ここのメガマウスは1994年に世界で7個体目に初めて発見されたメスです。
    メガマウスの最初の発見は1970年代で、既知種の畸形ではないかともいわれました。2番目の発見によって新発見だと証明されました。
    シーラカンスでさえ200位の個体が確認されているのに、メガマウスはまだ40個体位です。
    ホルマリン標本の常設展示は現在のところマリンワールドだけですが、東海大学海洋科学博物館でオスの、鳥羽水族館でメスの「剥製」が展示されています。いつか見に行きたいです。

    メガマウスについて語ってきましたが本当は、私が水族館で一番好きなのは「スナメリ」です。
    彼らは人が好きで、水槽のそばに立っていると様子を見に寄って来ます。ずっと立っていると飽きて寄って来なくなり、他の人の所に行きます。微笑んでいるような顔でカワイイです。バブルリングの「島根のおじ様」シロイルカ(ベルーガ)そっくりですが、ずっと小さく、棲息域も分類も違います。下関の海響館の二頭のスナメリはバブルリングもできます。

    以上!

    ユーザーID:5745662008

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • では

    ターメリックさん、こんにちは! 八角です。
    あなたにすっかりやられております、楽しいです。

    ではわたしも。

    永井荷風は、いとこの杵屋五叟(きねやごそう)とたいへん親しかった。
    五叟は邦楽家ですね。じぶんのことのように荷風の面倒をみました。
    50年以上前のはなし、「断腸亭日乗」にしばしば出ております。
    その五叟の娘は、いま活躍する人間国宝文楽三味線の鶴澤寛治の奥さんです。
    そして・・・、鶴澤寛治師匠のお孫さんが、鶴澤勘太郎(はたち前後)で
    文楽座の床の末席で三味線を弾いております。

    愛してやまない荷風のDNAが目の前のかわいい三味線弾きなのです!
    (どうです、つまんないでしょ。これを言ってもだれも”そりゃーすげー!”と言ってくれないのだ・・・)

    あー、すっきりした

    ユーザーID:1949361029

  • 八角・48様

    レスありがとうございました!

    愛してやまない荷風のDNAが目の前のかわいい三味線弾きなのです!>

    ああ、わかります。なんだか不思議なような、その感じ。
    で、その感動を話しても「たまたま身近にいる人たち」にはたいてい共感してもらえないのですよね〜。

    ありがたくもレスをいただけましたので、これで心残りなく「小町の深海」に潜ってゆけます。

    それでは最後に、

    日本の河川に多数生息するギンブナ(マブナ)はほとんどメス。彼女らは全く同一のDNAを持つクローンたちです。
    オスのギンブナも存在するのですが、かなり希少です。
    メスのクローンギンブナの卵子は、近縁種のフナなどの精子によって卵割を始めますが、刺激を必要としているだけで、遺伝子は取り込みません。
    「ワタシの娘はワタシだけの子!」というわけですね。
    こういうことが可能なのは、彼女らが3倍体であるからだそうです。
    生命って不思議ですね〜。

    だからどうした。そんなこと知らなくても暮らせます。でも、「私は」面白いと思ったので。

    では、心置きなく深く深く沈んで行きましょう…。ポコポコポコ…

    ユーザーID:5745662008

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧