海外インター校11年生 帰国か単身残留かどちらを選ぶべき?

レス8
(トピ主0
お気に入り11

趣味・教育・教養

お母さんも困ったなあ

夫の海外転勤で欧州在住の専業主婦です。

17歳の二女は来月で11年生を終了予定(来年の同月には12年生卒業予定)ですが、夫が内示を受け、夏休みの時期に帰国となりました。 日本の高校に9月に編入すると高2の2学期となり、卒業までは1年半になります。

編入先には帰国子女の多い高校を選ぶつもりですが、それでも教育の殆どを当地で受けた為、日本の(当然日本語での授業が中心)学校で上手くやっていけるのか、また来年夏以降、帰国子女枠を利用しての大学受験を受ける予定ですが、海外で卒業した方が国公立の殆どの受験が可能になるなど有利ですので、大学選択の幅を拡げる為にも寄宿舎付きのインター校に転校させ海外で12年生を終え帰国させるか・・その場合は娘を独りで外国に1年近く置く事での心配と学費・寄宿費その他高額な負担が発生しますが、必要と有らば致し方ない事を思っています。

二女本人はこの様な親の事情も理解し「お父さん達で決めて」と申しますが、慣れた国で卒業したいのとは別に日本の高校への憧れの様な気持ちと半々で自分では決めかねる様子です。 ご経験をお持ちのご本人・ご家族の皆様方からご意見戴けると有り難いのですが。 

ユーザーID:2456498887

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まずは学校に問い合わせ


    経験者ではないのですが、私も海外在住で中学生の子供を持つ親です。
    我が家は夫が外国人なので、息子の日本語は小学生並みです。
    トピさんのお子さんはどうでしょうか?

    以前に日本に帰国できるチャンスがあったので、いろいろ調べてみました。中学生でさえ、帰国して日本の学校に入るのは難しいかな(日本語のレベルが低いため)と思いました。まずはめぼしい学校を決め、直接問い合わせるのが一番だと思います。

    私は私立の学校に問い合わせたのですが、対応がとてもよかったです。帰国子女の方達がどの大学まで進んだなども話していただきました。

    ユーザーID:3022548347

  • 私もインターに通ってました〜

    11年生。。。懐かしい響きです!
    私は9年生、姉が11年生の時に帰国が決まりました。
    私はちょうど中3だったので、地元に戻って
    そのまま公立中学に転入し、帰国子女枠で高校入試を受けました。
    姉は今のお嬢さんと同じですね。
    うちの学校は寄宿舎付きだったので、そのまま
    一人残って翌年夏に帰国。
    半年ほど塾というか予備校みたいなところに
    通っていて帰国子女枠で大学に入りました。
    うちは日本人が多い学校だったので姉と同じような環境で
    残っていた子も多くてさびしいというのはなかったようです。
    高2で帰ってきては勉強もつらいと思います。

    ・・・というのも、もう10数年前の古〜い話しですが!
    それと帰国子女で一度高校に入ったら、大学受験の時は
    一般扱いですよね?(今は違うのかしら??)
    ならば高3で帰ってきたほうが受験も楽だと思いますが・・。

    ユーザーID:1012512595

  • 難しい選択ですね

    数年前同じ経験をしたものです。
    率直に言うと、もし条件が許されるならお子さんの残留をおすすめします。
    日本の大学を受験されるなら、現地の高校3年の終了を帰国子女受験の条件にしている大学が大部分で、日本の高校編入生がその枠を使うには選択が狭くなります。 それに、日本の高校2年での編入は、学校数もそう多くない上、本人が編入後勉強面や人間関係で心理的なプレッシャーを感じる可能性もあると思います。我が家は結局私も残留することになり、ビザの関係で私自身学校に通う必要があったりで、正直金銭的にはかなり負担がありました。
    それでも今は本人の希望の大学に合格し、楽しそうな毎日を過ごしているので結果よしというところでしょうか。
    とても難しい選択だと思いますが、受験に関してかなりの事をインターネットで調べる事ができる今ですから、充分な調査の上、ご家族皆が納得のいく決断をされることが大切だと思います。

    ユーザーID:0918826355

  • 転校プラス1人暮らし(1)

    某在外インターで教員をしています。

    私の学校でも、たまにそういった難しい選択に迫られる生徒がいますが、
    原則として、「子どもを1人残す」というのは、お勧めしていません。
    どんなに強い意志を持った生徒でも、親御さんの手元を離れると、
    精神的な拠り所をなくし、好ましくない結果になってしまう例が多いからです。

    インターに移られるということは、「転校」+「1人暮らし」という、
    二重の環境の変化に慣れなければならないわけですよね。
    これは、大人が想像しているより大変なことです。

    お住まいの国がわかりませんが、そちらで12年生を終えるためには、
    何か特別な試験があるのでしょうか。もしそうなら、
    お子さんが、そういう試練に対し、1人で立ち向かって行ける性格なのかということも、
    よくよく考えなければならないと思います。

    決定をご両親に任せるとおっしゃっているのが気になります。
    ご両親に気を遣っているからというのなら良いのですが、
    そうでなく「親任せ」という状態ならば、1人暮らしに向いていないお子さんかもしれません。
    (続きます)

    ユーザーID:5449193638

  • 転校プラス1人暮らし(2)

    (続きです)
    寄宿舎ならば、食事や安全面などの心配はいらないかもしれません。
    しかし、何か辛いこと苦しいことがあっても、励ましたりお尻をたたいたり、
    甘えさせたりしてくれる人には、飛行機で何時間もかけなければ、会えないのです。

    まずは、本人とよく話し合ってみることが大切だと思います。
    「お父さん達に決めてもらうのではなく、あなたはどうしたいのか」
    ということを、はっきりさせてください。
    「わからない。どっちでもいい。」というような答えなら、
    1人で残して行くことには、クエスチョンマークです。

    でも、もしお子さんが、
    「なんとしても、こちらに残ってがんばりたい!」という気持ちが強いのであれば、
    通っている学校や、そのインターの先生に、相談されればよいと思います。
    そのインターの寄宿舎の、構成メンバーにもよりますから。

    お子さんにとって、一番良い選択が出来るといいですね。

    ユーザーID:5449193638

  • 難しいですね〜

    私自身が欧州からの帰国子女、12年生になった秋に父が帰国になった経験があります。

    結論から言いますと、卒業してから帰ったほうがいいと思います。
    お嬢様の成績が非常に優秀なものだとしても、空きがなければ編入は難しいです。
    また狭き門になりますので、実際の学力よりもレベルの低い学校に行くことになるケースが多いです。
    また日本の学校には殆ど行っていないとのこと。
    日本語で日本の授業、学校にもよりますが、高3からでは無理です。
    (一部の、英語で生活できる高校に編入できるのであれば別ですが。)
    帰国子女入試を控えてスコアも伸ばさなければいけない時期なのに、日本での
    授業についていくだけで精一杯になってしまいます。

    我が家は父だけが帰りました。
    どうやってビザを延長してもらったのかは、親任せでしたのでわかりません。
    でも私以外にもそういう人達はいて、どちらの兄弟姉妹の学校を優先させるか、で
    家族残留か寮で1人暮らしか、が決定されていた感じでした。

    続きます。

    ユーザーID:4348699516

  • 難しいですね〜 続き

    日本の高校に1年通っても、帰国子女枠で受験できる大学はたくさんありますが、両立が難しいと思います。

    帰国子女入試は、スコアが高い人にとっては早慶クラスも楽な入試です。
    普通入試でもそうですが、受かる人は全部受かります。
    でも中途半端になってしまうと、全然だめです。
    もちろんラッキーだったとしか思えないようなケースもありますが…。

    でもずいぶん前の話ですので、今とは違うことも多いでしょう。
    帰国場所にもよりますが、残れないのであれば、日本のインター等への編入という選択はいかがでしょう。
    お嬢様の性格も考慮しつつ、ベストな選択をしてあげられるといいですね。

    ユーザーID:4348699516

  • トピ主です。 有難うございました。 日本の高校に編入します。

     初めてトピを立ててから、5人の方にレスを戴きながら2ヶ月近くも「放置」の形に成り、大変失礼致しました。

    親身にお答え下さったレスばかりで大変有り難く思いました。トピ立てと同時進行で海外引越しの準備や二女の学年末試験(国際バカロレアの1年目)、滞在許可証の変更申請や帰国に関わる様々な手続き・雑用も多くなり、学校をどうするか明確な答えは出ないまま「親として出来る限りの準備はしよう」と寄宿舎付きのインター校の編入許可を取りつけ(本人の英文エッセイが決め手でしたが)、日本の居住先に近い、都内に有る国立の帰国生専門の高校と生徒の3分の2以上が帰国生である私立の高校の編入試験を受ける為、両校の願書の準備(添付して提出する書類が全て揃うまでの面倒な事!)と提出で5月から6月半ばまでが過ぎ、11年生を終了。

    6月末間近に私と2人で試験を受けに一時帰国しました。この1ヵ月半の準備期間に夫婦・二女と、時には12年生を卒業後に日本で大学生の長女の経験談も交えて何度も将来の話を続け、二女の本音の気持ちも段々と分る様になり、昨日には両校ともの試験合格も分り、その1校への入学手続きを昨日済ませました。 (続きます)

    ユーザーID:3699341420

レス求!トピ一覧