料理は好きだけど、うまくない、、、彼、沈黙。

レス34
(トピ主0
お気に入り20

生活・身近な話題

秋子

29歳女です。彼と半年前から同棲中で、大好きな彼に一生懸命に料理を作るのですが、ぱっとしません、、、、と、言うか、彼が無反応で。彼は外食の時、おいしい食事にはおいしいと言います。なので、私の料理を食べる時は、無反応なので、どうしたらいいのか、考えてしまって、、、

今まで、一人暮らしを5年もしていて、自炊もしていました。しかし、仕事やら、学校やらで、忙しく、「食べれればいい」「まずくなきゃいい」簡単な料理しか、作ってこなかったので、いざという時に、かなり困っています。

彼とは結婚を考えています。よく「(相手の)胃袋をつかめ」という言葉を聞きます。胃袋をつかめば、夫は帰ってくる、、、、と聞き、私はつかめないも、、、と落ち込んでしまって。

料理ですが、全部の材料を揃えられればいいのですが、結婚準備で節約もしていて、なるべくある材料で作ろうとすると、必ず失敗します。時にはぐでんぐでんの料理になることがあり、このままずっとこの調子だったらどうしよう、と焦ってしまうんです。

どなたか、アドバイスを下さい。

ユーザーID:0187311769

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も!

    私も、料理好きですが
    いまいちな出来でした。でも、このサイトのレシピ、
    簡単で美味しいですよ!

    http://cookpad.com

    料理本だとせっかく作ったのに微妙・・!って事が
    あったので、このサイトは評判が掲載されていて
    (作ってみましたレポート=つくれぽ)
    間違いないです!
    レシピを投稿されている方はみなさんほのぼのとしていて
    読んでいるだけでほのぼのします!
    小町の料理バージョンって感じですかね。
    私は評判のいいレシピをプリントアウトしてオリジナル料理本を
    作ってます♪

    ユーザーID:0623120966

  • 料理とは理をはかる

    読んで字のごとくですが、とても大切な事です

    何事も基本が大切ですから
    料理も基本をしっかりとおさえれば大丈夫と思います

    基本の調理は
    切る、炒める、焼く、揚げる、煮る、蒸す、ゆでる、和える等

    いきなり難しい料理にチャレンジして彼をびっくりさせよう!
    というような事は一切考えずに
    基本の調理だけでできるシンプルな料理をまず美味しく作れるように
    頑張ってみてはいかがでしょうか?

    そこからバリエーションを増やしていけば良いと思います

    火加減と調味料のタイミングがバッチリなら
    大抵の料理は美味しくできると思います

    冷蔵庫の残り物を使って作る…というのはとても大事な事ですが
    今はオリジナル料理を作る事はやめたほうが良いと思います

    後はタイトル通りですが、
    料理とは作って完成!ではなく食べてもらってこそ意味のある物です

    つまり、食べてもらう人の事をどれだけ考えているのか、が
    料理の技術以上に大切な事です

    彼の食事の好みや、お酒を食事と一緒に飲むか、仕事の内容によって
    作る料理を考えれる人はとても素敵だと思います

    ユーザーID:0390055155

  • 基本を知り、しっかり守ること。敵は「まぁいいか」

    1.基本を知る

    まず料理レシピの本から入っていませんか?
    塩一つまみってどれくらいか知っていますか?
    ゆでるとゆがくの区別はつきますか?コトコトの火加減の目安は?
    レシピというのはそういった基本を踏まえている前提で書かれています。
    我流で作ってもそれはレシピ通りになりません。

    基本習得には、講談社の「調理以前の料理の常識」がお奨め。
    中級者のつもりでも知らなかったことがいっぱい。

    2.ちゃんと計量すること

    計量スプーン、カップ、台秤は使っていますか?
    お母さんは適当に回し入れていた?それは正しい量と、
    正しい量で作った味をちゃんと覚えているからです。
    どんな味がレシピ通りなのかを知るまではちゃんと計量しましょう。

    2.料理中の「まぁいいか」を減らすこと

    アクとり忘れたけどまぁいいか
    出汁の素がザーッと入っちゃったけどまぁいいか
    順番とかめんどくさいから一気に鍋に入れちゃったけどまぁいいか

    料理中、何回「まぁいいか」が脳裏をよぎりますか?
    その数だけ、レシピから遠く離れた料理になっていきます。

    まず完全な「レシピ通り」を作れるようになって下さい。
    アレンジはその後。

    ユーザーID:5330227440

  • 料理と浮気の関係。

    確かに料理がうまいと浮気しません!まず、外食時に彼が美味しいと言った料理の盛りつけ方、味をじっくり研究すること。ゆっくり味わって舌で味付けを分析すること。野菜の切り方、堅さとかも勉強。それを家庭で再現するのですが、できましたら、投資の意味で上質な料理道具「鍋、フライパンなど」を揃えるとよろしいです。同じ材料でも味がちがうのです!特にステーキはグリラーで焼くとレストラン並みの味に変身!フライパンよりおいしいのです!作るのも楽しくなりますよ。あと料理の本も読んで研究すると良いです。でも彼自身は落ち着きたい「結婚したい」と思っていますか?男性によっては主婦じみた女性が嫌いな場合もありますよ。

    ユーザーID:8300454867

  • シンプルに

    トピ主さんこんにちは。私が実践していることを書きますがもうやっていたらスルーしてくださいね。
    家庭料理はシンプルで良いと思います。その代わり、調味料は本物を使います。
    例えば、お醤油は本物のお醤油。原材料は大豆と塩、小麦のみ。添加物入りは使わない。
    お酒もそのまま飲めるもの。原材料は米と麹のみ。
    お味噌もダシ入りや添加物入りは使わない。原材料は豆や麦と塩のみ。
    たくさんの食材や調味料を揃える必要はないと思います。
    それと下ごしらえに手抜きしない事。もやしは炒める前に根を取って水に放してシャキシャキにしてよく水を切る。
    サラダも水につけてよく水を切りパリッとさせて食べる直前まで冷蔵庫へ。
    ステーキは室温に戻してから焼く などです。

    ユーザーID:9025713900

  • 頑張って!

    私もグリーンカレーさんが書かれているサイト、おすすめです!

    冷蔵庫の中身と相談して、困るとこのサイトを見ます。
    実際作った方の感想もありますし何よりびっくり簡単レシピ満載です。
    もちろん凝ったおもてなしメニューも。

    頑張ってくださいね♪

    ちなみに外食でよくあるメニューよりも「家庭の味」みたいなイメージのメニューはうちの旦那には好評です♪
    肉じゃがとか?
    私は料理得意じゃないですが、調味料(醤油とか塩とか)だけはおいしい物にこだわってます。
    安い材料でもおいしくなりますよ。

    ユーザーID:0369546559

  • 基本を学ぶ

    何事も基本が身についてないと上手くいかないですよ。
    あと、何もないところからカタチにしていく作り上げるというのは
    その人のセンスも影響すると思います。

    具体的にいつもどんな料理をどんな方法で作ってるのかな?
    それがわからないとやっぱり具体的にアドバイスできないです。

    例えば炒め物、フライパンがしっかり熱くなってないのに材料を入れてませんか?
    各調味料を入れる順番とか、「茹でる・煮る」も材料によって違ってきます。
    下味、隠し味、仕上げに○○する・・・基本やコツはたくさんあります。

    そして昆布、かつお、煮干、出汁はキチンととりましょう!!
    インスタントの出汁は使えなくなります、それほど料理の味が違いますよ。

    ユーザーID:5479450950

  • 作れそうな物から

    まず、作りたい物、ではなく、レシピを良く読み(材料、作り方、道具等)自分に作れる物から作ると良いです。
    初めての料理は、レシピ通りに作ることが大事です。少なくとも調味料は計量カップ、計量スプーンを使って計って下さい。
    材料の中で大事なのは調味料です。安い調味料よりも、自分に買える範囲内で少しでも良い物を使った方が、簡単な料理でも美味しく感じます。最初は高いと思っても、一度や二度使ったくらいで無くなったりしないので外食したと思えば安い物です。
    一度作って美味しかったら、あと2〜3回作って、しっかり手順を覚えましょう。
    中華料理は下ごしらえをしっかりすれば、あとは、材料を順番に加えて炒めるだけの物が多いので、お手軽で、料理上手に見えます。
    せっかく結婚に向けて貯金をしても、彼のためのお料理がおろそかになってしまうのでは、本末転倒かなとおもいます。
    手の込んだ物を材料全てをそろえて作る必要はありません。シンプルな材料で満足できる料理が出来れば、貴女の株も上がると思います。

    ユーザーID:5079567792

  • 料理はまずくても文句言えません

    男です。
    だまって食べているというのは、言い方悪いですが「まずい」のだと思います。
    あなたもうすうすお気づきだと思いますが。

    男は好きな人が一生懸命作ってくれた料理なら、
    たとえ食中毒になろうとも文句言わず死ぬ気で食べます。

    嫁さんの料理で苦労している既婚男性も意外に多いです。
    ここまでではないと思いますが、料理のやばい人の特徴は以下の2点です。
    ・やたらアレンジを加えたがる
    ・料理中、味見をしない
    不安であれば、一度親族の方に料理見ていただくといろいろと指摘してもらえるかもしれません。
    残念ながら、あなたを大好きな彼氏はあなたの料理を悪く言うことができません。
    愛されているのですから、是非がんばってください。

    ユーザーID:4471606422

  • 同じでした!

    私も約10年1人暮らしでしたが
    まともな料理はせず、適当に作って食べていました。
    昔の彼においしくない料理を食べさせて無言だった事もありました。
    料理自体が嫌いなので、うまく作れないものなんだと勝手に思い込んでいました。

    が、結婚したいと思う人と付き合い始めてからしばらくして
    「やっぱり手料理って食べたい?」と聞いたら
    「そりゃ〜食べたいけど、作るのが大変じゃなきゃ・・・」
    と言われ、いよいよ料理から逃げられないと思い悩みました。

    で、始めたのが「レシピ本を見て作る」という事です。
    但し、小難しい内容の物だと途中でくじけちゃいますので(私だけ?)
    項目が3つ位までで、1項目が5行位で書かれている本から始めてみてはいかがでしょうか?
    そういう本なら必要な材料の品数も少ない事が多いので
    そんなに家計を圧迫する事はないと思います。

    私の場合、その方法に慣れてレシピを大体覚えた頃に
    やっと別な材料(ありあわせの物)で作れる様になり、
    今ではおいしいと言って食べてもらえます。

    最初から完璧にはできないものです。
    これからですよ!頑張って下さい!!

    ユーザーID:0715439552

  • 濃い目のお味

    男の人は、はっきりした味が好きな人が多い気がします。
    薄味すぎることはありませんか?
    カレーがしゃびしゃび過ぎるとか、お味噌汁がやけに薄いとかないですか?
    薄味すぎるとまずいです。
    一度調味料を増やしてみては如何ですか?
    私は、男のお客様がいらっしゃるときは、濃い目の味付けにします。

    ユーザーID:2627037691

  • いっそ教室で習ってみる。

    知人の奥様が料理全然ダメで、焼き魚が生焼けだったとか。
    だんな様がやせ細ってお腹を壊したので、自力習得をあきらめて料理教室へ通われてるそうです。

    とういわけで、お料理教室へ行くのもいいと思いますよ。

    レシピ本でもいいですが、かならず初心者向けの本にしたほうがいいかも。
    そして、派手な料理じゃなく、定番からやってみる。
    小学校の家庭科を思い出す感じで。

    あとは、味のイメージですかね。
    美味しい!って思った味を覚えておいて、作るときはそれに近くなるように頑張ってみる。
    最初は味噌汁&卵焼きあたりからやってみると、イメージしやすいかも。

    慣れてくると、お店で食べた味でも、近いものが作れるようになってきます。
    ぜひ彼氏に美味しい、って言わせちゃってください!

    ユーザーID:9636530632

  • 「おいしい」と言う男のほうが珍しいと思うけど

    お母さんの料理に、毎回トピ主さんやお父さんは「おいしい」と言ってましたか?
    外食で「おいしい」と言うのとは訳が違うと思うけど。

    過去トピでもあったけど、無反応が普通だと思いますよ。

    ユーザーID:5457720495

  • こうちゃんの料理

    こうちゃんのブログは、手軽、身近にある安い食材、おいしいを全部かなえてくれるレシピが満載です。
    肉、かいわれ大根、たまねぎだけでもすごくおいしい料理ができます。

    ユーザーID:4374117597

  • LRさん、それは決して・・・

     当たっているとはいえないです。
     横から失礼します。40代の男性です。
     生まれて以来神戸で20年、その後東京で20年暮らしています。
     独身ですが・・(苦笑)。

     カラダががっしりした男性は多少濃いめの味付けでも新陳代謝が活発で汗として塩分も出て行きますので、問題はないと思います。ただ、細いタイプの男性は、濃いめが仇になることもあります(濃いめ好きは健康管理ができていないとも解釈できますし)。
     私の知り合いに何人かそういう人の存在を聞いています。
     
     ちなみにワタシは167センチで52キロしかありませんが、濃いめは勘弁です。濃いめはどうしても塩分が強調されて負担が大きい。
     ちなみに神戸(=関西)出身だからというのは関係ありません。よく言われるのが関西でよく使われる「淡口醤油」、あれは色が薄いというだけで、塩分はむしろ濃口醤油より多いです。ご参考までに。

     ついでながらトピ主様
     ワタシは自炊しますが、結構料理教室には通いました(笑)。自信がなければ料理教室で勉強するのも手だと思います。
     がんばって胃袋つかんでください(笑)。

    ユーザーID:4737815126

  • まだまだな私からですが…

    他の方々とは違い「何とか、ようやく人並みに料理が出来る」ようになったレベルの
    私からのレスでよければご参考になさってください。

    ・myレシピノートを作る。
     レシピは予めノートに書いておく(こうすると手順も頭に入るしね!)。
     食べた感想(というか反省?醤油がキツ過ぎた、茄子に火が通り過ぎちゃった…等)を書き加えていく。
     これを2度、3度と繰り返していけばそれが自分のレシピになっていきます。

    ・自分の得意、不得意分野を見つける。
     自分なりに(そして彼の反応から)「ん?これは結構うまく出来たんじゃない!?」ていうメニューが
     あると思います。そしてもちろんその逆も…。
     私の場合、煮物、和え物系はわりとOK、反対に炒め物、揚げ物がダメなことが分かりました…。
     「味見のできない(しにくい)、タイミング勝負の料理がダメなんだ…」という欠点に気づいてからは
     それらを意識して調理できるようになりました。

    …駄文に関わらず長くてすみません…続きます。

    ユーザーID:0532458136

  • まだまだな私からですが…2

    続きです!

    ・彼と一緒に料理をする
     私はタイミングが合えば彼と一緒に料理をします。
     途中、一緒に味見をしてみるといいです!
     自分が「これでOK」と思った味付けも彼からの「ちょっと○○が足りないんじゃない?」なんて一言で
     相手の好みが探れると思います。(そうやって「二人の味」を作っていくのは楽しいですよ〜!)

    ・彼の「お袋の味」を探る!
     可能であれば彼のお母様の手料理を味わってみてください。
     同じお惣菜でも「私の実家と違う!」という新発見が必ずあると思います。
     それが彼に「おいしい!」と言ってもらえる原点かもしれません。

    …先に「自分のストロングポイントを見つける」と書きましたが、
    「パスタをゆでるのがうまい」「餃子を焼くのがうまい」は秘めておいた方がいいかも。
    私の周りには「料理はしないがこれだけは上手い!」とこの2点を主張する男性が多いです。
    その場合相手に委ねたほうが無難かもしれません…。

    長々とごめんなさい。
    秋子さんの「おいしい!」と彼の「おいしい!」が共有できるようになるといいですね。
    頑張ってください!
     

    ユーザーID:0532458136

  • やはり基本

    私も料理が下手でした。
    テキトーな作り方だったので、「普通に食べられるが激うまには遠く及ばない」というレベルでした。
    1年前に彼に勧められて料理教室に通いだし、
    今では「本当にうまくなったなあ…」と褒められています。
    「何か作って」「この間の○○を食べたい」の回数が増えました。

    テキトー料理ばかりだった私は、やはり基本が大事だと思いました。
    切った材料の大きさ、下処理、火加減、火にかけたり調味料を入れたりするタイミング…
    作り方も基本をまず身につけることが大事だな、と
    気団34歳さんが書かれていること、私も思います。

    トピ主さんも、1からやってみるつもりで
    基礎から書かれているような「はじめてさんのお料理」的なレシピを
    本の通りに作ってみてはどうでしょう?
    それが身についてくる頃には手際もよくなって、レベルアップのスピードも上がると思います。

    ユーザーID:9698276328

  • 彼の好物から

    結婚するまで、ほとんど料理には無縁の生活をおくっていました。
    料理に関しては、プライドもこだわりもありませんでしたから、
    彼の好物を、彼好みの味で作ることから始めました。
    (例を挙げればきんぴらです。ああ、簡単なものでよかった)
    彼のお母さんのきんぴらを食べる機会がありましたので、
    とくにお上品でなくてもよい、どちらかと言えば、田舎風の濃いお味が
    彼好み、ということもわかりました。
    試行錯誤を繰り返し、「今日のはおいしいね」と言われたときは嬉しかったです。
    誉められれば嬉しいもので、では今度はあれをつくろう、これをつくろう、と
    レパートリーも増えてきました。
    彼の胃袋がターゲットですから、万人受けする味でなくてもいいんですよ!
    考え様によっては、かえって楽なことです。
    maniさんも仰っていましたが、彼と一緒に料理するのもいいですよ。
    ぜひ、二人のオリジナルレシピを作って楽しんでください。

    ユーザーID:9619167320

  • 基本・レシピに忠実が基本

    はじめて作る料理でも、レシピ通りに作ることは少ないので大きな事は言えませんが、
    だいたい美味しいものができます。
    冷蔵庫の中身によって変えてしまいます。
    塩分控えめとかも考えていますので、調味料の配分も自分流です。

    それは相手を知っているから・・・。

    相手とは、食材・調味料のことです。

    食材の旬、一番おいしいタイミング(炒めや茹でなど)、合う調味料や、
    調味料同士の組み合わせ(配合見ただけで味の想像が付くので)が良好なもの・合わないもの、
    それらの基本が身に付いた上でのアレンジなんですよね。

    一度は基本に忠実に作ってみる。
    アレンジはその後ででいいと思いますよ。

    ユーザーID:6255310259

  • 本のレシピ通りに作る

    私も慣れない内は自己流で作ると失敗することが多かったです。

    最初のうちは、神経質なくらいレシピ通り(食材の切り方、調味料の分量、入れるタイミングや時間など)に作ることをおすすめします。
    そうすると、多少の失敗はあっても食べたくないほどひどい味にはなりません(めったに)。

    節約中ということですが、「2つの食材で作る…」など
    食材を多く使わずに作れる料理本などもありますので、
    その中からある材料で作れる料理を選ぶなどしてみては?

    あと、節約と反するかもしれませんが、
    良い道具を揃えることも、料理上手の近道だと思います。
    たとえばルクルーゼの鍋で作るスープなどは、
    適当に材料を入れて適当に味付け(スープの素と塩こしょうだけでも充分)しても、
    それなりに美味しく感じます。

    それから調味料や食材の質も大事だと思います。
    私は「腕がない分、材料でフォロー」とばかりに、
    ちょっと高めの調味料や豆腐、卵を買ったり、
    野菜も自然栽培のものを選んだりしています。
    美味しい肉屋さん、魚屋さんを探すのも有効です。
    他力本願的ですが、
    材料が良いと、シンプルな料理でもおいしく感じますよ!

    ユーザーID:3173026376

  • おいしいものを買うのも能力の一つ

    秋子さん,素敵な方ですね。あせらずに,できることを一つずつやっていきましょう。

    ちなみに,私は男ですが,「自分が作ったものが一番おいしい」と思っています。でも,妻が作ったものもおいしいし,「何を出してもおいしいと言ってくれる」と妻は言います。最初のうちは,私が作って食べてもらって,私の好みを理解してもらいました。妻は,私の手法も,一部は踏襲してくれています。二人で外食もよくします。

    彼が和食OKな人なら,まずはおいしい米飯を出しましょう。そこそこ高いお米を買って,そこそこまともな炊飯器の説明書にきっちり従えば,けっこうおいしい米飯ができます。それに,梅干しとかお刺身とか生卵とか,買ってきてそのまま出せるようなものを並べるところからスタートです。炊き立てを食べるようにスケジュールを組むのもGoodです。

    おいしい味噌汁をおいしく作れると,かなり得点アップです。いいお味噌を入手すること(いいお味噌を売っている店を見付けること)が重要なポイントです。

    おいしいものを買う能力を養うところから始めましょう!

    ユーザーID:5392959431

  • ある材料、ってどれだろう

    慣れないのに「ある材料でなにか」っていうのは、正直キツいとおもいます。
    組み合わせた材料に対して、どんな調味料を使って、どういう味にしたいのかイメージが出来上がってないと…。

    漠然と「なにか」作ろうとしても、かなりグダグダになりますね。
    一人暮らしでよくやりました。
    一人だとそれでも食べるけど、彼氏や家族にはちょっと、って味わいでしたね…。

    どうしても節約最優先なら、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、卵、栽培物(もやし、キノコ)などは価格が安定しているので、その辺を中心に練習してみては?

    また、材料、特に調味料を全部揃えられないのなら、中途半端な味は覚悟しないといけません。
    材料は、ちゃんと理由があって揃えられています。
    たとえば煮魚でショウガが抜けたら、相当ナマグサイですよ…。

    結婚の準備で大変と思いますが、彼氏をうならせたいなら、いまだけちょっとお金をかけて料理教室にいって、上手になったところで節約したほうがいいかも?

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:9636530632

  • アレンジあぶない

    みなさんも言われていますが、アレンジは危険です。

    私の同僚の女性は、自称料理が下手とのことですが、
    レシピを教えてあげても、いつも勝手にアレンジしてしまいます。

    オリーブオイルのソースのレシピなのに、
    「オリーブオイルがなかった」とのことで、ごま油を
    使ったり、玉ねぎを炒めて・・・というところを、
    玉ねぎがなかったとのことで、ピーマンと人参にしたり

    それじゃ、違う料理じゃんという変更をバンバンしてしまいます。
    それでおいしくない…と言われても…

    やっぱり、レシピ通りに作っておいしい、成功!とな
    ってから、これは、豚肉じゃなくて、鶏肉でもいける
    ぞとか、醤油じゃなくて、味噌をプラスしてみようとか
    アレンジができると思うのですが

    ユーザーID:4938082556

  • まずは本のまま

    料理教室に通うコストを避けるなら、まずは、本を見て「そのまま」作ってみるのをお薦めします。
    オ○ンジページから出ている料理本のシリーズは安くて便利だと思います。初心者向け本なら材料も複雑じゃないし、手順もこと細かに書かれているし。
    TVではN○Kのきょうの料理ビギナーズもよいかと。
    基本に忠実にしばらく続けると料理の勘がだんだんできてきますから有り合わせで作るのはそれからでも遅くないと思います。この頃には奥薗さんの本もオススメです。
    家にある材料だけで/ちょっと買い足すだけでなんとか…という場合はネットで検索。
    「材料名 レシピ」で結構出てきます。
    慣れればゴーヤが高い→ピーマンで代用(ちょっとパンチに欠けるから辛みでも足す)とか本来鶏腿を使うレシピだけど鶏胸のほうが安いから片栗粉を薄くはたいて代わりに(さっぱり目の仕上がり)等、味をあまり損なわない節約アイデアも自ずから出てきます。

    調味料はワラサさんが先にお書きになってるように真っ当なものを用意されるのが近道です。塩もNaClじゃなくて自然塩を。
    彼の好みも把握して、おいしい!って言わせる料理を作って下さい。

    ユーザーID:0642244403

  • 作り慣れることが大事

    結婚半年の新妻 ゆうです。
    既製品に頼らずできるだけ手作りしてます。
    夫は私の料理を美味しい!と喜んで食べてくれます。
    そんな私ですが、作り方はけっこう適当です。

    大事なのは、回数をこなすことだと思います。
    同じ料理を、同じ用法で何度も何度も、繰り返し作ること。失敗や改善点は忘れないうちに次に生かす。そうやっていくうちに料理の腕はあがると思います。
    基本の形が出来上がってからアレンジするなら失敗も少ないと思います。

    私も、myレシピノートを作っていますよ。
    美味しくできたときは忘れないうちに必ずメモを取っておきます。
    市販の料理本より役に立ちます。

    節約のために材料を揃えられないとのことですが、節約すべき点を間違っていませんか?たとえば保存のきく料理を多めに作って(材料をケチらずね)、翌日はそれでお弁当を作ればお昼代が浮きます。もしくは冷凍保存しておいて、忙しいときに解凍調理すれば、1品分の食費が浮きます。
    視点を変えてみるといいかもしれません。

    ユーザーID:6026169168

  • アレンジ料理の成れの果て

    自称料理自慢の女性に泣かされ、日々不味い料理に耐えている男性は結構居るようで。
    無反応なのは、やはり美味しくないからかと思います。『せっかく作ったのに!!』とキレる女性は少なからず居ますし。
    まず必要なのは
    ・レシピ通り作る
    ・アレンジしない
    ということかと思います。

    ユーザーID:7907522105

  • 傷付くの覚悟で聞いてみる

    彼氏さんに「私の味付け、どう?」とズバっと聞いてみたらどうでしょうか。
    厳しい事を言われると、落ち込みますが、コレが意外と近道だったりします。
    「ちょっと塩味が薄いよね」「ダシが薄いかも」なんて言ってくれますよ。ちょっと傷付く事もありますけどね(汗)

    私は夫からの聞き取り調査と試行錯誤の上、辿り着いたのは夫の母の味です。
    悔しいけど、料理上手な義母なのです。義母は砂糖を殆ど使いません。
    私の実家は割りと甘めです。ホント悔しいけど、夫の胃袋はガッチリです(笑)
    それまでは、数々の料理教室に通ってました(探すと、1回1500円程度の料理教室ってありますよ!)。

    飛田和緒さんの「1DKクッキン」「2DKクッキン」もお勧めです。
    全く料理の出来ない人の為に書かれています。
    この方のレシピは結構好きです。中古本屋や図書館でも良く見かけますよ。

    ユーザーID:7495862240

  • 主婦歴30年

    料理教室へ通っています。美味しい料理が作れるようになりましたよ。
    もっと早く行けば良かったと思います。

    ユーザーID:4029828337

  • 初めから一気に味付けは危険です

    どんな物でも初めに調味料を入れるときに
    「あれ?少したりない?」ぐらいの量を入れましょう

    余りものだとか決まった食材で無いなら特に危険です

    初めにダシになるものと甘みを加えるお酒や砂糖などを入れると良いそうです
    甘みは初めに入れないと塩気に負けてしまうらしいですよ?
    で、ある程度の火が通ったら味見をして
    足りない物を足してゆく。とあまり失敗しません

    それと、「私が作りたい味はこれ!」って思いながら味見すると足りない物がどれで、どれくらいか。が分かると思います

    火加減も気をつけないとね
    周りの味オンチ気味の料理する人がいますが「ほとんどが味見しません」さらには「一気に味を決める」なので失敗しては味が濃くなる…「辛いですけど?」って味になります

    下味にもたーーーーぷりの塩などをふった後に本に書いてある通りに塩やしょう油を入れると悲惨な味になりますよね…
    家は基本が薄味なので・・

    でも私自身が「魚嫌い」で独特の臭みなどの臭いがキライなのでいかに薄味で臭みを消すか考えてます

    ユーザーID:0706029030

レス求!トピ一覧