現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

毒親からの謝罪

まりこ
2008年5月22日 0:58

既婚(子供あり)30代後半女性です。

昨年末までは実母を毒親と認識しつつも
それなりに仲良くやってきました。

暴力や虐待、家庭不和があったわけではありません。
「娘が出て行きました」のトピ主に近い母親というのでしょうか、
ただあのトピ主ほどの理不尽さはないとはいえ
自分をお人好しで愛情豊かな人間と疑わない点で
むしろタチが悪いかも知れません。

年末にあることから言い争いになりお互いに感情的になった結果
「バカじゃないのっ!」と一方的に電話を切られました。

その後私からは一切連絡をせずにいたところ、ひと月ほどして
「電話したいけど時間ある?」とメールが入りました。
私は5月に某試験を控えていたこともあり
「今外出中です。帰宅は遅くなります」と
黙示に拒否する返信をしたところ
数日後、私の人格否定満載の手紙が来ました。

(続きます)

ユーザーID:8474121539  


お気に入り登録数:547
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:137本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
続きです・その1
まりこ(トピ主)
2008年5月22日 12:55

私を非難する言葉だけの手紙を読んで苦しむ時間とエネルギーが惜しいのと
母との関係をごまかしてきた自分自身に対する決別の意味も含め
「毒になる親」で紹介されているところの「対決」の手紙を返しました。

すると「内容について言いたいことはいろいろあるけど
試験にさわって私のせいにされるのは嫌なので
不本意ながらこれにて一旦休止します」とメールで返事が来ました。

それを読んで「こんな手紙を送ったら母を必要以上に傷つけるのでは」
などとポストの前で悶々とした自分が情けなく
「所詮こういう人なんだよね」と少しだけ泣いて
「本当にもういい。私は私の人生を生きて行こう。」と
母に対する思いを断ち切る決心しました。

しかしその直後に「ごめんね」というタイトルのメールが。

(続きます)

ユーザーID:8474121539
続きです・その2
まりこ(トピ主)
2008年5月22日 13:02

「あれから何度も手紙を読み返しました」に始まり、私への謝罪の言葉と
過去私にしたことは全く覚えていないこと
そんなに私が傷ついているとは全く気がつかなかったこと
などが書き連ねてありましたが
その時点でこれ以上母に振り回されるわけにはいかないと思い
何らの反応をすることもなく今日に至っています。

試験も一段落つき、こうして母からのメールを読み直していると
母の謝罪を受け入れたい気持ちとその一方で
ここで謝罪を受け入れてもいずれまた同じことの繰り返しではないかという思いや
4ヶ月前の謝罪の気持ちを今まだ母が持っているだろうかという猜疑心
さらに私が半分泣きながら断腸の思いで書いた手紙に対し
「試験にさわって私のせいにされるのは嫌なので」
などというメールを送ってきた母を許せない気持ちが
相克しています。

毒親と「対決」した方、毒親の謝罪を受け入れた方
かつて毒親だった方、子どもに過去を責められて苦しい方
どうか私にアドバイスを下さい。

ユーザーID:8474121539
似ています
べにぃ
2008年5月22日 16:34

毒親がいる30代です。
親とは数回の大激突があり、数ヶ月前電話で罵倒されたのを最後に音信不通状態です。
いつもそうですが、悶々とします。
謝罪をもらったこともある、こちらからたまらず謝ったこともある。
でも、やっぱり同じことの繰り返しですよ。
今回も悶々とはしますし、何かの拍子に「私に落ち度がある、謝らなくては」という衝動に駆られることもあります。
でも、動かないのが正解だと思っています。
ぐっとこらえ、出さない手紙を書きます。
親に、聞いてもらいたい誰か…夫や友人、時には自分あてに書きます。
そして一晩乗り越え、忙しい一日が始まってくれればしめたものです。
正直、それでも考えない日はありませんが…。
トピ主さんの揺れる気持ち、痛いほどわかりますよ!
でも、すごく賢明な行動と判断をなされていると思います。
「変わってくれるかも」という思いは捨て去りなさいと精神科医に先日私は言われました。
もうそんなことは望んでいないと思ってはみたものの、悶々とするということは断ち切れていない証。
「毒抜き」の時間です!苦しいかもしれませんが頑張りましょう!

ユーザーID:0189485689
毒親は変わりません、絶対に。
残念だけど・・・
2008年5月22日 20:10

残念ですが、毒親は変わりません。
変わるわけにはいかないんです。
毒親が毒親でなくなるということは、
毒親自身がすさまじい「自己との対峙」を経なければなりません。
その時に自分がしてきたこと
つまり「ひたすら無邪気に母を求め、無防備に母を愛するわが子に自分がしたこと」
をイヤでも見つめ、そして認めなければなりません。
それは、親であることを超え、
自分自身のすべてを全否定したくなるほどのキツイ内面作業です。
それができるほどの人間なら毒親になんかなりません。
それが、毒親にできますか?
トピ主さんのお母さんにできますか?
変わりません、毒親は。
たしかに謝ったり、ふさぎこんでみせたり、時には涙も流します。
でもそれは、毒親特有のコントロールです。
あやつり人形の糸の引っ張りかたのバリエーションでしかありません。
私は最近「人並みな親を持てなかったことの意味」を考えています。

ユーザーID:9839424257
対決?携帯からの書き込み
なか
2008年5月22日 20:14

対決なんてしなくていいですよ!対決するのは相手同じレベルってこと。年をとってるくせに子供なのね〜って感じで流してください。
もし流せないのなら二人でとことん喧嘩してみてはどうですか?憎しみあって老け込んでいくだけでしょうけどね…。

ユーザーID:2922388385
同じです
なほ
2008年5月22日 20:16

私も毒親を持つ者です。
親とはさんざんケンカしました。。。言い聞かせたり、手紙を書いたりもしました。
親は、「ごめんなさい」という時もあれば、「フン!」という時もありました。
先日、親がまたやらかしてくれました。今まで私が伝えようとした事は、全然伝わっていなかったのね、とガックリ。。。くるより、笑えました。
もう、脳の構造が違うとしか言いようがないです。
今までの謝罪も、本当にわかってたわけではなく、言葉だけなんだなあって思いました。
そして、心の中で「さようなら」とつぶやきました。
表面上は、親とはさりげなく普通に付き合います。
もうあきらめです。

ユーザーID:5205515017
毒親を持つ30代です
マンゴー
2008年5月22日 23:49

私も、母に色々言われ、今までは、そんな母の我侭も受け入れるのが子供の務めだと思っていたのですが、ある時、耐えられずキレてしまいました。

それから母から品物(米や農産物)が届くのですが、父としか話していません。
母の謝罪の品だから、直接母にお礼を言った方が良いと言いますが、父も事情を知っているので、私が「未だ無理だよ」と言えばそれ以上言いません。
母からすると、今まで(表面的には)言いなりだった娘が急に変わったのですから、相当ショックな様で、精神的に不安定だと父から聞いています。
それを聞くと、連絡したいという衝動にかられますが、今は抑えています。冷たい娘かもしれません。

母と連絡を絶って、ふと気付いたのですが、本当の意味で親離れしていなかったのではないかと思ったのです。
依存を受容している(迷惑を受けている)と思いつつ、私も依存している?(その変形した母の愛を求めている?)と感じたのです。
未だ、結論は出ません。辛い時間です。

相手が変わらないというのも事実です。
辛い時間を私も感じています。

ユーザーID:9603236337
謝罪…してほしい。
らも
2008年5月23日 2:05

毒親をもつ20後女です。
毒親を読んでいます(あともう少しで読破です)。
対決されたとのこと、羨ましく思います。

私はいつか手紙や謝罪を求める事で対決が出来るのか…と悩みます。
きちんと子供を育ててきたと思ってる両親ですから、謝罪なんて無理でしょう。
今、違った方法で私なりに対決していますが、正直しんどさもあります。
それに、その方法では私は彼らの悪者となっています。
開放されるのはいつだろうか、最近強く思います。

対決が出来なければ、最後に私にとって罪悪感がなく、一番ダメージを与える方法で復讐(言葉は好きではありませんが)するつもりです。
ホント、バカバカしい人生です。

ユーザーID:6071352136
ここは我慢して
2008年5月23日 8:23

私も同じでした。

親を憎み疎ましく思う気持ちと、こう愛されたかった、こういう親に
なってもらいたいという相反する気持ちの板挟みにあい
葛藤して苦しみました。

「親が好きになれない私はどうしたらいいのか?」と直接電話で
親に話したあと、「嫌わないでください」というメールに
激しく心を揺さぶられながら「何を今さら」と連絡をとる事をぐっと
こらえました。

数年後、私が結婚する時昔よりずいぶん弱弱しく老いた親を見て
子供としては無理でも、一人の社会人として、大人として親と
対等に話ができるようになりました。

距離と時間は必要です。その間に自分自身で、好きな方がいたら
その方とともに自分をゆっくりいたわり癒しましょう。
子供さんに謝罪して悔いることができた親御さんなら
時間とともに子供への未練や執着をすべて断ち切り
手を離してただ見つめられる時がくるのではと思います。
お話するのはそれからでも遅くないですよ。

ユーザーID:2005614060
私の場合は父と
さくらんぼ
2008年5月23日 9:55

私もこんな手紙を書いたら父を傷つけるかも、とポストの前で躊躇しました。
私の場合はそれから父に返事をもらう事はありませんでした。
その後年賀状も出しましたが返答もなし。
トピ主さんのお母さんのように手紙をもらったという連絡も無し。反応なしです。

その頃毒になる親を買って読みました。
私の手紙の内容はこの本の対決の手紙と同じである事を知りました。

あれから1年半です。
私は父が謝罪したら許します。
父が変わるとは期待しません。
でも、謝罪してくるということは、これからの関係に対して少なくとも一旦スタート地点に立てると考えるからです。少しはお互いに注意深くなれるかもしれない。

”愛の反対は憎しみではなく無視”と言いますよね。
私の父親のしている事です。

私はトピ主さんのお母さんの最初のメールはあなたを自分の攻撃から守る精一杯のものだったと読み取ります。その後、あなたの手紙を読み返し、立ち止まり、考え、あなたを傷つけた事をあやまった。私は親としてなかなかできることでは無いと思います。

自分の中で自信がないのなら、お母さんにその事を正直に伝え、時間をかけるのもいいでしょう。

ユーザーID:9091662890
つづきます。。
さくらんぼ
2008年5月23日 10:08

私が今父が謝ったら許すだろうと考えられるのは、あれから1年半も経っているのも大きいと思います。自分の中で父を責めたり、または手紙を書いた事を後悔したり、悲しかったり、色んな感情がありました。今その感情がもう無いのです。その手紙を書いた頃の父に対する怒りも期待もないのです。

だから、今やっとそのお母さんの返事を受け止めたのなら、しばらくそれと共に時間を過ごしてみると良いと思います。メールを何度も読み返しながら。本当に切れる時ってどちらかの心の中で本当に相手に対して切れるのだと思います。

お母さんには”最近になってメールの内容を落ち着いて考えられるようになりました。でもどうしたいか、もう少し時間がかかりそうです。”と一言メールをし、自分の中がもう少し落ち着くまで連絡をとらなければ良いと思います。

私もトピ主さんと同じくらいの既婚です。
こんな親とのトラウマも手伝って、子供はいません。

お母さんと程よい距離を保ちながら良い関係を作っていけたらいいですね。
祈ってます。

ユーザーID:9091662890
私の親も似ています
2女
2008年5月23日 10:37

直接対決はしていませんが、少しずつ思いは伝えました。親も反省しているようです。はっきりと謝罪の言葉は聞いていませんが、実家に帰った時の気を使う様子や、私から連絡しなければ連絡がないところを見ると、申し訳なく思っているようです。
私ももう半年ほど連絡を絶っています。最初は罪悪感にかられましたが今は落ち着きました。最近では自分から連絡しようかとさえ思っています。

トピ主さんもきっと今が正念場なのだと思います。無理に許す必要はないでしょう。自分の心が落ち着いた時に連絡すればそれでいいと思います。姉から「親がこういっていた」と変わらない毒親情報が届きますが、私は以前ほど傷ついていません。強くなれたと思っています。

このまま疎遠になってしまうのがどうしても嫌なら、トピ主さんも自分の気持ちに素直になって、トピに書かれているままに「許したいけど出来ない」と言ってみてはどうでしょうか?
私にはその勇気が無いし、疎遠覚悟なので、自分から歩み寄るつもりはありません。近況報告だけに留めています。

ユーザーID:9490885895
只今心と格闘中
タイヨウ
2008年5月23日 13:23

>自分をお人好しで愛情豊かな人間と疑わない点

うんうん、私の母もこんな感じの人です。
なんか共通点がありますよね。毒親って・・・・


アドバイスなんてできないけど同じ苦しみを持つ人のコメントに
つられてきました。
私もずっと悶々状態で抜け出せません。会わない喋らないと心が少しは
明るいのにちょっと電話で話すとどんより重石が乗ったような重い心になる。

対決する勇気もなく、ただひたすら1人で苦しみ悩む。
悩む時間がもったいない。私と母は別物だから・・と思っても許せない。
これの繰り返しです。

レスされた方々の「毒親は変わらない」にますますへこんでしまいました(笑)

それは私もわかっているんです。謝罪というか、私が母と心の距離を置いているのを
理解してくれたらそれだけで随分心が楽になると思うのだけど。

なんか独り言みたいになってしまいましたね。すみません。



はぁ、今日も悶々ですよ。 はい(笑)

ユーザーID:3011537691
前へ・・・
花見月
2008年5月23日 20:42

謝罪を受け入れることはありませんよ。あの本にも書いてありましたけど、結果がどうこうより、対決することに意味があるわけでしょう?
一歩前進したのですから、それでよしとしていいと思います。
お母様と決別して、トピ主さんはご自分の人生を歩む決意をされたのですから、そのまま前へ進んでください。

親というものは、必ずしも愛さなくてはいけないものではありません。
私も親に愛情はありませんから。

それよりも、ご自分を大切にし、トピ主さんを大切に思ってくれるひとと共に生きていてください。

ユーザーID:4416815671
祖母が毒親です
さんま
2008年5月24日 8:58

ちょっと違うかもですが、祖母も毒親です。
支配欲がすごい。自分を中心に世界を回す。何かの折には母を罵倒してたこともあるようです。

祖母は90、母は70ですが、未だにその調子です。

母が60になったときかな、アダルトチルドレンなどの言葉が出てきて、母も「私だ!」と思ったらしく、「祖母がおかしい」と思えるようになったそうです。それで一度だけ思いあまって反論したそうです。
「60過ぎて母親にそんなこと言ったのは初めて」と言ってました。
祖母も唖然として、それから少し物言いは変わったといいますが、やはりキレるときは同じようです。

そういう母も、私に対して毒親です。それに気づいてません。
「自分をお人好しで愛情豊かな人間と疑わない」
その通り!
「毒になる・・」ではないですが似たような本を私に送りつけてきました。どういうつもりなんでしょうね。

こっちが賢く振る舞うしかないように思います。

母と仲良くしたいという気持と、恨みの気持は切り離すしかないです。
うまくいくときだけ仲良くして、恨みは恨みで別にもってます。許したりはしません。

ユーザーID:9227266487
ありがとうございます
まりこ(トピ主)
2008年5月24日 10:11

べにぃさん、残念だけど・・・さん、なかさん、なほさん、
マンゴーさん、らもさん、慎さん、さくらんぼさん、2女さん、タイヨウさん

どうもありがとうごさいます。
本当は個別にお返事さしあげたいのですが、
まとめレスになってしまうことをお許し下さい。

改めて「同じです」「似ています」と言ってくださる方が何人もいること、
「毒親」「対決」というフレーズに打てば響くような
反応が返ってくることに驚きました。

毒親の存在が広く認識されているとしても
対決後に謝罪を受けた話はあまり聞いたことがなく
「せっかく謝っているのだから許してあげるべき」と
厳しいレスがつくことを予想していたので
皆様の温かい言葉に涙が出ます。

(なかさんのおっしゃる「対決」と著書での「対決」の意味は
少々違うような気がします。原文と翻訳文とのギャップでしょうか?
もし興味がおありでしたらスーザン・フォワード著「毒になる親」をご一読下さい)

皆様のレスを読んで、毒親の謝罪と彼ら自身の変化とは
全く別次元のことなのだなぁと再認識しました。
人間は変わらない(変われない)ものなのでしょうね。

(続きます)

ユーザーID:8474121539
続きです
まりこ(トピ主)
2008年5月24日 10:17

そして今後は、復縁と絶縁の二者択一しかないと思い込んでいましたが、
解毒のための時間を置く、心で別離し表面上は普通を装うという
全く別の選択肢もあるのだなということに気がつきました。
まさに目からウロコです。ありがとうございます。

お一人お一人が関係改善への期待に心が揺れる状況、ほんとうによくわかります。
私の場合、自分の子どもから大好きな祖母を奪ってよいのだろうか
ということに苦悩もします。
孫に対しては(というか親戚や従兄弟をはじめ私以外にとっては)
母はとても優しい愛情あふれる人間なので。

昨夜母親が心臓病を患い家族全員で難しい手術を見守るという
ドキュメンタリーを見ました。
息子は術前の説明に涙ぐみ、娘はストレッチャーで手術室に向かう母を涙で見送る・・・

今の私が彼らより幸せなのは母親が健在だということではなく
彼らのように母親の命をかけがえのないものと思わずにすむことなのかも知れません。
毒親ならぬ毒娘、ですね。

さらにご意見いただけると嬉しく思います。

ユーザーID:8474121539
どうして深く考えないのか?
Akiko
2008年5月24日 10:59

私も対決しました。父のお葬式のすぐ後です。

母にっては二重のショックでちょっと気の毒かなとは思ったんですが、逆切れされたりして、「なんだ、私ほど、傷ついてないじゃん」と思いましたね。「なぜ、おかあさんはそのままの私を愛してくれないのか」と言ったら、「Akikoの言うことは難しくてよくわからない」とも言われ、「??」と思いました。

私としては、すごいセリフで、母の返事がいかなるものでも、母の言葉を聴いたら、私の長年の苦しみが消えると思ったんですが、母からでてきた言葉は、「難しい」。なんというか、無責任というか、それとも本当にわからなかったんですかね。それか、意地でも言ってやるって感じなのか。

一応、小説なんか読んでいる人ですよ。年寄りの介護で大変だったこともある人ですよ。でも、子供の気持ちはわからないみたい。こっちはすごく気にしたんですよ。悪かったなって。どうしようって。許してと泣かれましたが、どうすればよかったのと逆切れ。一生懸命育てたのよと。

いまは、ふっきれたというか、ふっきった感じです。おなじDNAを持ってるかもしれないが、感受性の成分の組織が違うんだと思っています。

ユーザーID:0579011006
ずっと会っていません
kawa
2008年5月24日 18:49

心身ともに虐待され、感情の起伏の激しい母親に育てられました。
いつ叩かれるか、髪の毛を引っ張られるか、怒鳴られ罵倒されるか、毎日怯えて暮らしていました。「殺されるかも」と思う事もありました。

私も結婚し2児の母です。もう母親と関わるのはごめんだと思う出来事が何度となくあり、このままでは子供にまで影響を及ぼすと思いました。親と対決し喧嘩をして縁を切りました。
私の方は正直スッキリでした。

でも親達が70才を過ぎたあたりから「会って今までの事を謝罪したい」「精神科の治療費を払いたい」(私は20年闘病中)と言い出し、子供をだしに会おうとしました。
でも私は彼等と関わるのは2度とごめんです。自分達が年老いて老後の心配があるから謝罪したいだけ。結局は自分達のため。いつでもそうです。そして会えば同じことの繰り返しです。
そのために私は自分と家族の人生を捨てなくてはいけません。
人には批難されるかもしれないけど、絶対前には戻りません。
そのくらいの覚悟が無ければ、家族は守れませんよ。
自分だけの問題ではないということ、それを忘れないようにしたいと思います。

ユーザーID:4660599414
同じく、絶縁状態です
かずさ
2008年5月25日 12:17

こんにちは。
私の母もそんな親でした。世間一般では優しいしっかりものですが、私の人格を否定し、縛りつけようとする親です。
5年前に我慢できなくなって、絶縁宣言。今も年に2度ほど訪ねてきますが、事務的なあいさつ以外してません。父親は母親の味方なので、私をいなかったもののように扱ってます。これもまた、毒親ですね。同居していた母方の祖父母も、母親を育てた人間なので、係わり合いを避けています。

何度も「心を入れ替えた」「ごめんなさい」といわれましたが、信用できませんでした。ごめんなさいといった次の日に、「お前も悪い」といわんばかりの言い訳を並べ立てる。そんなことを繰り返してきたからです。信用できる時期はもう、過ぎたと思います。

それでも親を恨んでるわけではありません。生んでくれたことや、どんな形であれ愛情をくれたことは感謝してます。
親不孝者ではありますが、その愛情は親ではなくて自分の子供に注ぐことで還元するつもりです。
私が願うことは一生関わらないでほしいことです。

謝罪は受け入れなくてもいいと思います。でも、親への恨みは早めに消したほうが、あなたのこれからを考えるといいかと思います。

ユーザーID:4892381013
 
現在位置は
です