恋愛・結婚・離婚

結婚反対の理由。

レス5
お気に入り9

ゆきこ

男女

20代未婚女性です。
最近少し気になっていることがあるので質問させていただきます。

最近、私の友人が恋人との結婚を親に反対されているのですがその理由のひとつが恋人のお父様がガンで早くに他界されていることだそうなのです。
なぜ反対かといえば「遺伝で恋人も早くにガンになって亡くなるかも」とのこと。

実は私も自分の父をガンで早くに亡くしている(父は40代半ばで他界しました)のでその話を聞いたとき、耳を疑い、悲しいやら腹が立つわで・・でもそこでふと疑問がわいたのです。

私はまだ未婚で結婚の予定もありませんが、今までの交際相手やそのご両親に父がガンで亡くなっていることを気にされた経験はありません。もし今後父がガンで亡くなった事が理由で反対されるような事があったら「そんな結婚はこっちから願い下げだ!」という気概でいますが、世の中、それが理由で反対する親御さんって結構いるものなのでしょうか?

皆さんの周りでそのようなことが理由で反対された方はいらっしゃいますか?またもし自分の子供の交際相手がそのような境遇なら反対しますか?率直なご意見お聞かせください。

ユーザーID:6959253432

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 祖母がそういう考えでした

    確かに、早くなくなる可能性はありますよね。

    祖母が同じような考えでした。
    ですから、私の母が40代で亡くなった時、兄弟の結婚で、相手側に何か言われるかもと思っていました。

    結果、兄2人はなんの問題もなく結婚しました。
    私も、何の反対もなく結婚しました。
    弟は、まだ結婚していませんが、母の事を問題にされた事はないようです。

    こればかりは、なんとも言えません。

    ユーザーID:4217004513

  • 別の理由で反対したのでは?

    親族にガンにかかった人がいると、ガンにかかる可能性が少し高くなるのは事実です。
    私の祖父もガンで亡くなっていますので、主治医にもそう言われました。
    他にも親族に高血圧、糖尿病、心臓病などを患った人がいると、かかりやすい体質が遺伝するといわれています。

    でも、そういったことを理由に結婚を反対されたという話は一度も聞いたことがありません。
    むしろ、父親が早くに亡くなると経済的な理由(結婚後も母親を養う必要がある場合)や母親と息子の強い精神的なつながりにより、嫁が姑にいじめられることを心配する親の方が多いと思います。

    ユーザーID:2742272125

  • すこし悲しくなりますね。

    反対されるどころか結婚すら考えたこともない(20代前半の男です)のでレスを迷いましたが、
    父方の祖母・母方の祖父を大腸ガンで亡くし、数年前に父親も大腸ガンになり、考えるところもあり書き込みしました。

    大腸ガンは遺伝をする割合が高いそうで、ご友人のようなことを言われたら悲しくなります。
    トピ主さんのように「そんな結婚は願い下げだ!」と考えるかもしれません。

    ただ、反対された親御さんの気持ちを考えてみると、
    単純に幸せになってほしいという気持ちと、少しの不安も抱えてほしくないのだと思います。

    ご友人は女性であれば、相手(男性)が病気になった際のダメージは大きいものだと思います。
    それは精神的なものだけでなく、経済的な面に関してもです。

    ただ、そんなことを言い始めたらきりがありませんよね。
    今は何もなくとも、本人が健康に気を付けていなければ意味がありません。

    ご友人がそれを乗り越えて幸せになれればいいですね。
    そしてお父様を早くに亡くされているとのことで、トピ主さんも人一倍の幸せが訪れればと思います。

    ユーザーID:9324209553

  • ひとそれぞれですね

    いまどきガンで亡くなる人なんて確率は2分の1か3分の1ですよ。
    身内をガンで亡くしていない人に出会うほうが難しいですね。

    トピ主さんの指す「それが理由」というのがガンであれば
    反対されたことないですし、反対しません。
    ここで書くのは控えますが、別の遺伝性のものなら反対するかもしれません。

    ユーザーID:1497956479

  • びっくり!

    そんな話を今まで聞いたことがなかったのでびっくりしました!
    現代社会で一生のうちにガンにならない人のほうが少ないのではないでしょうか。

    ガンは長年かけて、遺伝子に傷が付きそれが修復できずに発症するみたいです。
    「長年かけて」というのがポイントで、寿命が短かった時代は発症前に何らかの病気で亡くなってたんです。でも今は寿命が延び、生きてるうちにガンになってしまうんです。

    確かに遺伝的要素もありますが、今は生活習慣や環境・食生活などが誘引となって発症するパターンが多いのではないでしょうか。

    「遺伝するかも」という発想は今の時代間違ってると思います。
    誰でもガンになり得るし、逆に身内ががんで亡くなってもガンにならない人だっているのです。

    もし自分の子どもが結婚したいと連れてきた相手の親がガンで亡くなってても気にしません。

    ユーザーID:5318527949

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧