• ホーム
  • 働く
  • 転勤妻のキャリアについて〜アメリカを中心に転勤族との結婚〜

転勤妻のキャリアについて〜アメリカを中心に転勤族との結婚〜

レス1
(トピ主0
お気に入り7

キャリア・職場

im

アメリカを中心に3〜4年に一度の割合で転勤が必要な彼との結婚を考えています。
直近ではハワイに転勤になるかもしれません。

彼のことは大好きなので、将来的には一緒についていきたいと考えています。

ただ、私は外で仕事をするのも好きなので彼の転勤に一緒に行っても
自分のキャリアを積み上げて行きたいと考えています。

海外転勤族の妻の方で、仕事をすることが好きな方はどのような形で働いているのか
今回色々お話を聞かせて頂きたく投稿いたします。

現在、人材系の仕事をしていますが、この仕事を生かすことだけを考えてはおりません。
興味のあるところですと、CFPが国際ライセンスになっているようなので
挑戦してみようかとも考えております。

重複しますが、今回伺いたいこととしては・・・
・アメリカを中心に移動をする転勤妻のキャリアは?
・日本人転勤妻はアメリカでどんな職種がつきやすいか?
 またどんな資格が有利に働くか。(英語は話せます)
・日本人の方でアメリカでCFPとして働く現状 etc....

どんなことでも結構です。ご意見よろしくお願いします。

ユーザーID:6936914001

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも海外転勤族です

    ハワイは、都市部なら割と恵まれているのではないでしょうか?

    日本人に有利な仕事も現地の仕事もあるように思います。私がいるのは本土の日系企業がまったくない地域なので正反対です。4月末に労働許可証を申請したのが7月中旬に届きました。今就職活動を始めたのですが、現地の大手企業は、書類審査の際に「将来ビザスポンサーが必要か?」と「前職を止めた理由」という欄が多いかなという感じを受けています(たまたまかもしれません)。現地企業も長期働いてほしいから、よほどのスペシャリストで無い限り、いずれビザ手続きで面倒が発生する人や、むやみに転職の多い人を避けているようです(転勤妻だからしょうがないのに)。

    要は、アメリカ人がグリーンカード保持者が最優先。アメリカは、大学院卒の高い人材なら、例えばインド人・中国人留学生が沢山いて、皆が真剣に限られた枠内の仕事を争いあっている国です。ファイナンス・会計なら専門性が高いのでビザのハンデがあっても有利かと思いますが、アメリカは州によって資格が異なるので要注意です。私も他の国にも転勤の予定があるので、将来性のある会計方面にキャリアチェンジをしようと思っているところです。

    ユーザーID:1108475933

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧