一言でいい。優しい言葉が欲しい

レス46
(トピ主7
お気に入り158

恋愛・結婚・離婚

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なんてことでしょう…

    晶さま、まだこのトピ、見ていらっしゃいますか?

    授かっていた小さな命を、亡くしてしまわれたとのこと…。
    まだ結婚も出産も経験していない私には、どんな言葉をおかけしてよいのかわかりません。
    それでも、晶さまの心の痛みが伝わってきて、胸が痛いです。

    とにかく今は、ご自身の心と体の傷をいやすことに、力を注いでくださいね。
    他のことは、それからで十分です。

    こんなにつらい状況なのに、他の方の幸せを祈ることができる、優しい晶さま。
    貴女が幸せを感じられる日が、訪れますように。

    ユーザーID:4431187361

  • お体をお大事に

    ずっとトピを拝見していました。

    知り合いからこのように言われたことがあります。
    「イヤなことはイヤとはっきり言いなさい。相手に気を遣い過ぎて、
    最終的に爆発するのがあなたの悪い癖。自分が意見を言えないような
    人と一緒にいて何が得られる。逆にその人は意見を言わないあなたを
    利用しようとすることもあるのだから、気をつけなさい。」

    トピ主様は…たぶん、できるだけ相手の機嫌を傷つけないように、と
    自分が我慢していたのではないでしょうか。最初はそれでよかったの
    だろうけど、最終的に我慢の限界がきて、今に至ってしまったのかな
    と、思っています。

    赤ちゃんが、トピ主様に気付かせてくれたのかもしれませんよ。
    離れたほうがいいよって。

    でも、こんなこと二度と繰り返したくはないでしょう。だったら、
    この機会にじっくり考えてみましょうよ。今でなくてもいいです
    から。赤ちゃんの命を無駄にしないためにも。

    とにかく、お体を大切になさってください。
    いつか、貴方が幸せになられることを、蔭ながら祈っております。

    ユーザーID:6758127586

  • ご自分を責めないで

    書き込みは滅多にしないのですが、思わず出てきてしまいました。

    とぴ主さまの最後の投稿から推測するに、やはり妊娠されていたにも関わらず、猫とご主人によるストレスから流産なさったのでしょうか。
    あまりにも悲しいです・・・。

    責めるべきは、ご自分ではないです。
    (猫も悪くないです。)
    どう考えても、新婚3ヶ月なのに、身重の可能性があったのに、妻より猫(自分の楽しみ)を優先させていたご主人が悪いでしょう。
    大変お辛いとは思いますが、ご自分を責めず、新しい人生を歩んでください。

    辛い目にあった分だけ、これから良いことがあることを祈ってます。

    ユーザーID:6823334263

  • トピ主様、大変でしたね。

    トピ主様、大変でしたね。しばらくは、身体も心も休めてください。

    昔はDV男と付き合っていましたが、条件とかそんなものを一切考えずに、
    心が休まる人と結婚しました。毎日、本当に幸せです。

    結婚相手はライフパートナーですよ。

    ユーザーID:1770083174

  • トピ主です。

    皆様ご無沙汰しております。
    沢山のアドバイスや励ましのお言葉を、本当にありがとうございます。

    あれから一旦帰宅し、主人と話し合いましたが、お約束通りの平行線です。
    「そんなつもりは無かった。」「悪気は無い」「(私が)神経質だ」等など。
    周囲からも「二人で確りと話し合うように」と言われました。(当然ですね。私も第三者の立場なら、そう言います。)
    が、全く態度を変えようとしないどころか、話し合いにすら応じようとすらしてくれない主人。残念ですが、別離の日は近いようです。

    猫はアドバイス通り、獣医師に往診を依頼したところピタリと止まりました。
    あんなに悩んでいたのが嘘みたいです。(苦笑)

    「女、三界に家無し」の覚悟で結婚しましたので、私は結婚と同時に帰る家を失いました。
    勿論、主人を婿養子として迎える以上は覚悟の上でしたし、その事に後悔はありません。
    予想以上に短かった結婚生活でしたが… 幸せな時も確かにありました。
    些細なボタンの掛け違い。直に元通りになるだろう…そう思っていましたし、そうあって欲しかった。
    (愚痴ですね)

    ユーザーID:6954306875

  • トピ主です

    皆様のアドバイスのお陰で、様々な事に気付く事が出来ました。
    心から感謝致します。ありがとうございました。

    皆様に多くの幸あらん事を!

    ユーザーID:9867975010

  • 結婚に対して変に構えすぎでは?

    「女、三界に家無し」と「婿養子を取る」って矛盾してません?

    「家」というものの存在を肯定するからこそ、婿だの養子だのという発想になるのだし、相手の家よりも自分の家の維持の方が大切だったから、嫁に行ったんじゃなくて婿養子を取ったのでしょ?

    なのに「女、三界に家無し」で「帰る家を失った」って。

    ヘンなの。

    結婚というものに対して、なんか小さい型に無理矢理押し込めようとするような、妙な思い込みがありません?

    ユーザーID:5678643890

  • トピ主です

    ご不快な思いをさせてしまっていたら、申し訳ございません。

     簡単に説明させて頂きます。
    先ず、私の両親と主人が養子縁組をして、その後に主人と私は結婚しました。つまり戸籍上、主人は「私の両親の息子」になったわけです。
    その主人の元に私が嫁いだ形となっていますので、私には帰る実家が無くなったと書きました。(書類上、私の実家は主人の実家でもあります)

    嫌な書き方をすると、私の両親に「もしも」の事があっても、私には一銭たりとも相続の権利は無いとそうです。(間違っていたらスミマセン)
    「女、三界に家無し」は、私は主人の居る家以外に、帰る家が無い…という意味で書きました。

     ご不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございません。どうぞ、ご容赦頂けますよう。

    多くの御意見ありがとうございました。
    皆様も、どうぞお体にお気をつけて。

    ユーザーID:9867975010

  • 考え方変ですよ?

    晶さん、あなたやっぱり考えが変ですよ。
    あなたの旦那さんがご両親と養子縁組をしたからといって
    あなたがご両親の娘である事実もかわらないんですよ。
    だから、相続の権利ももちろん続行です。いったい誰に
    そんな間違った知識をもらったのでしょうか。
    戦前の法律みたいに長男しか相続権はないとか思っていたんですか。

    あと、仮に自分に相続権はもう無いという相当の「覚悟」で結婚した割には、
    離婚も早かったですね。覚悟があるとも、その覚悟に相当する知識や準備があるとも思えませんが・・。

    ユーザーID:3543037290

  • 養子縁組とは

    一組の夫婦に新たに子供を迎え入れる、ということです。
    その夫婦に既に子供が居れば、そこに兄弟が増えるととらえてください。
    法的に子になることで、扶養の義務と相続の権利が発生します。

    では、相続に関して基本的な事を書きますね。
    未婚既婚に関わらず「子」として扱われます。
    例えば親夫婦の片方である夫が亡くなった場合、法律ではこうわけます。
    配偶者(この場合妻)・・・夫個人の財産の半分
    子・・・夫個人の財産の残り半分を人数で割る

    話を戻します。養子縁組は子の人数が増える(つまり一人頭の相続分が減る)ということです。
    トピ主さんと夫には同等に権利があるということです。
    ただ少し例外があるんですが、一人親だけが実の親の場合でもう片方と養子縁組してない場合や、
    養子縁組の際に片方だけとしか縁組していない場合は、当の片方だけからしか権利も義務も基本的に発生しないはずです。
    しかしどの場合であってもトピ主さんに相続の権利がある事は理解頂けますか?

    ご主人が親と養子縁組したから帰る家がないというのはおかしいと思います。ご主人にトピ主さんを追い出す権利はありませんよ。

    ユーザーID:0340635639

  • ちょっと待って!多分同じようなレスがつくと思いますが

    相続の権利はあります(遺言で遺産0と指定されていたとしても、遺留分はある)し、現在の民法では実親子の縁は切れません(相続人欠格の申立はありますが、よほどのことです)。

    トピ主さんのお住まいのところは、今でも家制度があるという意識が根強いのですか?でも、絆を強固にするならともかく、家族一人ひとりの権利をきちんと確保するために、法律は改正されたのですよ(いや多分みんな分かっているとは思うんですが、意識改革は難しい・・・)?
    それに、ご両親は実の娘が困っているのに、それを助ける様子もないのですか?「家制度」とか「男性優位」がまだまかり通っている親って小町でいうところの「毒親」だと思います。

    今は多分混乱していると思いますが、例えば「弁護士会」や「法テラス」の法律相談を受けるとか、あるいは夫婦カウンセリングを受ける(流産のことがあるのなら難しいかも知れませんが、そういったサイトもあります)とか、少し心を落ち着けてください。トピ主さんが全てを失くすことは法律上ありえませんよ?

    ご両親もきっとトピ主さんを助けてくれるのではないかと思います。あまり思いつめずに・・・。

    ユーザーID:9869016423

  • 牝猫

    フランスの作家コレットの、上記タイトルの小説を地でいく話ですねぇ。
    トピ主さん、落ち着かれたら読んでみてください(岩波文庫に入ってます)。
    この話に出てくるバカ夫も、結局は妻ではなく猫を選びました。
    あと谷崎潤一郎にも同趣旨の話があったようななかったような・・・?

    こういう男は早いとこ見切りをつけましょうね。あなたの大事な人生を、こんな男にこれ以上費やすのはもったいないです。

    ユーザーID:5510767830

  • 続きです。2

    とうとう友人からの結婚祝いが被害にあい、泣く泣く処分した。
    「死んでしまえ!」口もきけない愛玩動物に本気で殺意を抱いた。
    このままでは、自分でも何をしでかすか分らない。
    「餌に毒物をしこんでやろうか…」「ベランダから真下に放り出してやろうか…」等と
    日々、動物虐待の妄想をする鬼のような自分が嫌だ。
    怯えて威嚇する事しか出来ない小動物に対し、「殺してやる」なんて考える悪魔のような自分が嫌だ。
    猫は自力では生きていけないだろうが、私は違う。贅沢さえしなければ、カツカツでも生きていける。
    「たかが猫ごときで…」と言うけれど、一刻も早く母親になりたいと望みながら、
    その一方でか弱い動物に「死ね!」と願うヒトデナシ思考の自分が嫌だ。
    このまま一緒に暮らしていたら、近い将来必ず悲劇が起こる。
    平然と命を奪った手で、愛しい我が子を抱きたくない。
    病院も往診も駄目・避妊手術も嫌。里子なんて、とんでもない。
    それなら、もう一緒には暮らせない。我ながら情けない…とは思うが、少なくとも私は嫌だ。

    続きます。

    ユーザーID:6954306875

  • 猫へではないでしょう

    >「死んでしまえ!」
    これはご主人への言葉では?

    猫がもし死んでもご主人は新たな猫を飼うでしょう。
    ご主人をもう嫌いになっていると思います。

    ユーザーID:5090412745

  • ってゆーかさぁ

    >一刻も早く母親になりたいと望みながら
    >平然と命を奪った手で、愛しい我が子を抱きたくない

    そんなにその男の子供が欲しいの?
    不満ばっかりのクセして。

    さっさと養子縁組解消してもらって離婚すりゃいいじゃん。
    こんな所やあんな所でグダグダ言ってないでさ。

    ユーザーID:5678643890

  • 人と向き合えない人

    ご主人は、大事な話も茶化すような人なんですよね。
    離婚の話は切り出しましたか?そのときの態度はどうでしたか?
    話し合いにならないような態度をする人であれば、それまでの人です。

    猫と一緒に出て行ってもらいましょう。原因は猫ではありません。
    人間と会話できないご主人のせいです。

    ご主人が連れてこられた猫ですよね。
    猫の具合が悪いのに、無理やり病院に連れてくと自分が怪我をするから連れて行けない。って、なんじゃそりゃ?ですよ。
    自分の都合いいようにしか扱わない猫。猫とも通じ合ってないかも。

    せっせと世話してるトピ主さんのほうが、よっぽど猫思いの飼い主に思えます。

    カツカツでも生きていけるんです、人間は。
    いやな妄想するヒマ無い位、次の生活の為の準備しませんか。
    トピ主さんは、もう充分頑張ったと思います。

    ユーザーID:3401569531

レス求!トピ一覧