銀歯→セラミック、金歯にして肌アレルギーがなくなるの?

レス8
(トピ主0
お気に入り31

心や体の悩み

ここ

数年前に下一番奥の神経を抜いた歯の再治療中のここです。
神経を消毒→根に密閉剤→差し歯(柱)の型を取ったところです。

今後、完成した差し歯を埋め、上にかぶせモノを。
そこで、その素材について、金額・身体への影響・審美的なことをふまえて
悩み中です。

差し歯はファイバーコアを選択(3万)
かぶせモノは銀歯は虫歯になりやすい
セラミック?は審美的にはOKでも、一番奥なので割れやすい(5万)
金は歯に馴染みやすく、虫歯になりにくい(6・5万)と言われました。
(歯医者自身は上記の理由から自歯は金歯にしているそう)

で、ネットで調べる中で
銀歯による皮膚アレルギーがあることを知りました!

私は15年くらい唇回りが一年中カサカユで、皮が剥けて。
様々な皮膚科を渡り歩いても一向に改善されてません。

銀歯アレルギーのことを知り、目から鱗!
私もコレなのかも、と!
今後、アレルギー検査をしてみようと思っています。

前置きが長くなりましたが(汗

みなさんの中で銀歯→他素材にして
皮膚アレルギーが改善された方はいらっしゃいますか?

ユーザーID:4184579799

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ハイ、直ります。

    その人によって、どの金属に反応するのかを調べる必要があります。私も一時期、掌や足の裏や腕が血だらけでしたが、大学病院で調べた結果 2,3種類の金属にアレルギー反応を起こしたので、歯医者に行って違う金属の物に取り替えました。血だらけだった箇所は見る見るうちに良くなりました。半年で完治しましたよ。ソレ迄薬局で薬を買ったりしてたのが馬鹿みたいです。

    ユーザーID:5156779450

  • 蕁麻疹が治りました!

    かれこれ数十年間、疲れると出やすかった蕁麻疹に悩まされていたのですが、歯科医院で銀歯を指摘され、半信半疑で入れ替えたところ、まったく出なくなりました!

    保険が効かないので痛い出費ではありましたが、蕁麻疹の度に皮膚科のお世話になる煩わしさ・治療費を考えるともっと早く入れ替えれば良かったと思っています。

    ただしその歯科医院では金属アレルギーと診断された場合に割引が効くとのことで、入れ替え前に皮膚科でパッチテストをしてきました。
    このパッチテスト(背中に様々な種類のシールを数日間貼って反応を見る)が何よりも辛かったです。痒くて痒くて…;

    皮膚科から診断書をもらった後は、歯科医院にて大きさなどの都合により2種類の詰め物を使用しました(エステニアインレー・ジルコニアクラウン)。計3本の入れ替えで15万円でした。

    手間はかかりましたけど、指摘して頂いた歯科医院には感謝です。
    お勧めしますよ。

    ユーザーID:3267369340

  • 経過はいいかも?

    現在37歳です。
    5歳のときより、梅雨時から秋口までの湿気の多い時期に、右手の指に
    かゆい水泡できる→かきむしる→ジュクジュク→かさぶたになって落ちる→水泡できる
    という悪夢のような循環をしていました。

    2年前、歯科金属と掌踵膿疱症の関係を調べていて
    この症状が出始めたのが、
    5歳のとき初めての虫歯治療で銀歯を入れてから約1〜2ヶ月後であることをふいに思い出し、歯科でパッチテストを受けました。

    結果、試してみた9種類のうち1種類の金属にアレルギーであること
    その金属は、アクセサリーや服のボタンはもちろん、銀歯のなかにたくさん入っていることを知り、11本あった銀歯を、すべてセラミックに替えました。
    取り替えたからといって、手の湿疹の原因が歯科金属とは限らないこと
    仮にそうだとしても身体に残った毒素が抜けるには時間がかかること
    などを言い含められましたが踏み切りました。

    昨年は少し湿疹が出てがっかり(でも軽症に感じました)
    2年目の現在。毎年ならとうに湿疹が出ている時期ですが手はきれいなまま。これまでではあり得ないことで少しずつ抜けているのなら嬉しいです。まだ不確実ですがご報告まで。

    ユーザーID:8441910169

  • 金属アレルギー

    ここさん、こんにちは。
    私は手足の湿疹が酷くなり色々治療法を試しまして、最後に行き着いたのが歯科金属の除去でした。上下左右奥歯2本ずつ、計8本の金歯を除去しました。今では湿疹はありません。
    金属アレルギーの検査は皆さんのおっしゃるとおりですが、夏は汗が多い季節で、金属アレルギーの検査には向いていないといわれました(但し検査自体は希望すれば出来ました)。
    歯科金属の除去も時間がかかりますし、ここは検査無しで銀歯等の除去に早めに動かれるが得策と思います。せっかく銀歯を除去されるのであれば金歯もやめてください。選択肢はチタン・セラミック・ハイブリッドセラミックなどがあります。金属アレルギーに明るい歯医者さんはきっとお見えになります。頑張ってください。結果金属アレルギーでなくても、白い歯は良いものですよ。

    ユーザーID:0721170873

  • 私はダメでした。

    私もアレルギーは銀歯のせい?と考えました。
    事前に皮膚科でパッチテストを行い、結果をみてセラミックの歯に変えました。

    が、半年たった今も手のアレルギーに変化無しです。悪くはなっていませんが、よくもなっていません。
    でも劇的によくなるとはそもそも期待していなかったし、加齢とともに銀歯によってアレルギー反応が出るようになることもありえる、と考えての治療だったので
    お財布には痛かったけれども後悔はしていません。

    アレルギー体質なら、アレルゲンになりそうなものはできるかぎり身体から
    遠ざけた方が良いかなあ、と思っています。

    よくご検討の上、ご決断ください。

    ユーザーID:3305942959

  • 金属アレルギーはあるかもですね。

    ムシ歯の補綴(充填するようなこと)に金属が使用されるのは、形が自由に作れること、長持ちしやすいこと、合銀は安価なので、保険内で治療するのには適しているからなのですが、ここ20年くらいでアレルギーのことは 注目されだしています。
    有害がはっきりしているアマルガムは すぐにとりはずしたほうがよいですが。
    保険内適応されている金属の冠、つめものは金属、銅、パラジウムなどをあわせてつくってあります。
    もちろん個人差があって、まったく弊害のない方もおおいのですが。
    皮膚などにアレルギー症状がでて、口腔内に金属があるなら、一度はずしてもらうのもひとつの方法です。
    新しくいれるものも 歯科医院によっていろいろですが、まずはまったく金属を使用しない、すべて陶材のもの(オールセラミックとよばれる)です。普通は内側を金属裏装しますが、それがないので ややもろい、ということです。 まれに奥歯では、欠けたり・・することも。
    または 金と白金は含まれていますが、銅、パラジウムを含まない「○ナ○ス」(商標なので名前はふせます。)を使えば、アレルギーはほぼ出ない、ともいわれています。つづきね

    ユーザーID:2192742925

  • 続編です。

    金と白金(プラチナ)は体に害はないといわれますね。とくに精製されたプラチナは化粧品もあるくらいだし。
    他にエステニアとよばれるものは ハイブリッドレジンと呼ばれ、セラミックよりやや安価です。外側はセラミックよりは審美性はやや劣りますが、奥歯なら十分きれいです。 内側は金、白金などで裏装したものです。
    他にバイオセラミックと呼ばれる、金属をまったく使わない冠もエステニアと同じ位の費用で、あります。 ただ色は審美性はセラミックエステニアより劣るのでやはり奥歯むき。
    もちろんコア(歯の土台)から金属を使わず グラスファイバーを使用したものにしないといけませんが。
    このように細胞毒性のないものを使っていこう、とする治療をうちの医院では行っていますが、 もちろん保険診療もしていますし、アレルギーでお困りの患者さんには ひとつの方法として おすすめしています。
    これで改善すれば、良いですし、自費とはいえ、自分の体、健康にかける
    お金は けっして高価ではないと思います。高いブランドバッグを買うよりも。
    もちろん、その後のケア(虫歯予防や歯周病予防のブラッシング)も続けてくださいね。

    ユーザーID:2192742925

  • 金属アレルギーは検査しないと!

    金属アレルギーで皮膚の症状が出る人がいることは確かです。
    保険の銀歯に含まれている金属に対してアレルギーがあるのなら、除去することで症状の改善が見られることはあります。

    でも、皮膚症状があるからと言って金属アレルギーとは限りませんし、
    金属アレルギーにも反応する金属と無関係な金属が個人に寄って違いますので、まずは検査をしてみることをおススメします。

    金とかプラチナは出ない、というウワサを良く聞きますが、アレルギーの出る頻度では、銀より金のほうが多いようです。(チタンアレルギーはほとんど無いようです)
    また、アクセサリーや歯科治療で純金、純銀、純プラチナ、純チタンなどを使うことはほとんどありませんので、合金に含まれるニッケルやパラジウム、銅、その他の金属にアレルギーがあれば、その合金は使えません。
    誰に対してもアレルギーの出ない合金なんて、たぶんこの世に存在しません。
    なので、治療に入る前にアレルギーの検査を受けてください。
    (但し、試薬が無いものは調べられないので、かかりつけの歯科医と皮膚科医で連絡を取ってもらって調べた方が良いと思います。)

    ユーザーID:2771474660

レス求!トピ一覧