40代、50代でも再就職できる環境を!

レス48
(トピ主0
お気に入り72

キャリア・職場

このは

アメリカに住んで10年、40歳女性です。現在フルタイムで働いています。
できれば日本に戻って暮らしたいのですが、ネックになるのが就職。
こちらでは仕事に応募する際、年齢を書いたり聞かれることもありません。

職場には40代、50代の人も新しく採用されて入ってきます。
もちろんこちらのやり方が日本ですべて通用するとは思っていませんし、
えらそうに物を言っているわけではありません。
でも日本では、なぜこんなにも年齢重視なんだろう、と思ってしまうのです。

先日、日本のテレビで大卒の新入社員の確保に懸命に駆け回っているものの、
なかなか集まらず苦戦している社長さんのドキュメンタリーを見ました。
その分、もっと年配の層にも就職のチャンスを与えてくれたらいいのに、と思いました。

子育てや介護が一段落して正社員として復活したい人が山ほどいると思います。
それまでの人生経験を仕事にも生かせるメリットもあると思います。
単に年齢だけで応募する機会さえも制限されてしまうのは惜しいと思います。 

皆さんのご意見はいかがですか?
採用担当に携わっている方のご意見もお聞かせいただけたらと思います。 

ユーザーID:9171286123

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年齢が高い人は扱いにくい

    看護師で管理職をしています。
    時々、子育てや別の職種を経て看護師になられた40歳代の方の就職を受け入れています。正直なところ、そんな年配の人よりも、20歳代の若い子のほうがずっといいです。その理由は、
    1.若い子の方が物覚えがとても良い。
    2.若い子はプライドが高くない子が多く、注意されても素直に聞いてくれる。
    3.若い子のほうが人に優しく、親切な人が多い。
    4.若い子のほうがよく働く。

    もちろん、若い人、年配の人、それぞれに例外がおり、若くても頑固で働かない人、年配でも一生懸命に働いてくれて気遣いができる人がいるのですが。

    うちの病院は、最初から年齢で人を別けたりはしません。ものすごく人材不足だから、そんな事言ってられないんですよ。面接でその人の能力人柄を判断しますが、結果、若い人の採用が多くて、年配の人が少ない、という結果になります。

    40代50代で採用となると、若い子と違った能力(管理職、専門職としての能力)があれば採用されると思います。その能力がなければ、ただの扱いにくい人でしかありません。トピ主さんにそういった能力はありますか?

    ユーザーID:4048703217

  • 日本でも年齢・性別は不問ですよ

    もっとも、年齢・性別は不問のお陰で、更なる就職・再就職難ですけどね。


    >単に年齢だけで応募する機会さえも制限されてしまうのは惜しいと思います。

    ある程度、思考等が固まった方より柔軟な思考の方が就職後の教育には苦労しないって考えは無いのですか?
    そう言う、多角的な側面からの思考が無ければダメだと思いますけど。

    ユーザーID:3099654417

  • 海外の事情は知らないのですが

    私の友人知人関係でも苦労している人達が大勢います。
    でも、一つ朗報と言うか当たり前のことなのですが、
    専門的知識や資格や経験を持つ人は、比較的再就職が
    し易い状況になりつつ有ると思いますよ。
    勿論、企業の規模や待遇面に強くこだわると難易度は
    高くなります。

    職歴や経歴に専門性が無いと、良い仕事に就くことが
    極めて難しい状況であるわけです。
    この辺は、職歴や経歴面で厳しい若い世代にも言える
    ことで、新卒でも苦労している人が多い状況です、

    ユーザーID:1368124627

  • 一労働者として

    私も一労働者としては、40代になっても採用してくれたらいいなと思います。
    質問なのですが、アメリカの会社では、40代で採用された場合、年齢給のようなものは加味されず、低い給料からスタートするのですか?

    ユーザーID:7515741108

  • ほんとそうですよね

    40代後半で帰国して仕事を探しましたが、フルタイムで勤務できないということもあり、希望に合うもの(英語と中国語を生かした仕事がしたい)はまったく見つかりませんでした。現在はフルタイムでないという条件のみ合ったところで働いています。

    日本はとにかく調和ということを重んじるんだと思います。職場内の調和ということで、若い人ばかりのところに一人年代の違う人をいれると不協和音になるからやといたくない。同じ年齢なら若い方をとる理由としてもうひとつ考えられるのは、年齢が行ったひとは理屈っぽくなったり、素直に従わない人がおおいからというのも聞いたことがあります。意見を言わずまわりとなじむ人がほしいらしいですね。

    アメリカにいたとき、知り合いの奥様(50代後半)引越し先で特に特殊な技能があるわけでもないのに仕事を見つけているのを見てうらやましく思っていました。日本も変わって欲しいなと思いますが。。。日本人の気質を考えると無理な気がします。

    ユーザーID:7357417420

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • このはさんの意見に大賛成です。

    個人的には、ピートさんの意見もよく分かります。たしかに下手に経験がある年配者よりは、経験無しで吸収がはやい若い世代の人と一緒に働くほうが楽ということはよくあることです。

    しかし、国全体としてこのままでいいのでしょうか?私ももうすぐ40代ですが、20代ぐらいから欧米諸国の社会を見てきて、日本の社会に根付いている閉塞感から逃げたいと思ったことはなんどもあります。

    男性だったら40代、50代は働きざかりなんです。でも、女性で同じ年代の人は会社の戦力としてみなしてもらえない。経験も能力も十分あってもですよ。

    日本にいると、個人が自分の個性を大いに伸ばして人生を送るということに夢がもてないのです。欧米の先進諸国に住む同世代の女性たちは、もっと自由にそれぞれの人生設計を立てています。なのに、日本だと40代では正社員は無理とか、女性なら給料はこの辺とか、いろんな偏見と戦わなくてはならないのです。

    有能な女性が何歳であれ社会貢献を拒まれている日本って、私の祖国ではあるけれど、住んでいて悲しくなります。

    ユーザーID:6559220224

  • 採用・入社後にトラブルが起きるから

     中途採用の新入社員と、年下の上司の間で、気まずい雰囲気が起こったりしなければよいのですが。

    >子育てや介護が一段落して正社員として復活したい人が山ほどいると思います。
    >それまでの人生経験を仕事にも生かせるメリットもあると思います。

     正論ですが、会社に就職するのであれば「会社員としてのキャリア」は足りないこと、それに休職中に(会社・業界的に)時代遅れになっている可能性があることを率直に認められて、その上での話でしょうね。

     とはいえ、私の周囲では年齢制限オーバーにもかかわらず採用された人(わりと大きな会社です)もいるので、日本だって全然環境がないわけではないと思います。
     それと、アメリカでは戦力にならなくなったら簡単に切り捨てられますから、その点では日本より厳しい環境と言えますね。

    ユーザーID:4429146821

  • それは社会の制度のあり方全体にも関わってきますよね

    日本では、正社員は解雇しにくく労働市場の流動性が低い。
    まずは正社員を解雇しやすくしないと難しいと思います。
    そうすれば、必要に応じて是々非々で労働力を調整しやすくなる。

    ただ、終身雇用的な制度との親和性は低いでしょう。
    長く勤めることがより利益になるという社内制度が年功序列と相性の良いこともあり、日本の社会においては年齢も重要な要素だからです。

    結果として、日本の企業の多くが、弊害を認識しつつも後者の利便性を捨てずにいます(上手に付き合っているとも言える)。
    また、あまりに流動性が高いと、労働契約時の成功報酬の設定の仕方によっては、会社をペテンにかけることもできます。

    問題があれば改善するのが筋ですが、得るものと同時に失うものについても論じるべきで、社会の制度をどのように志向するかという点において、バランスの取れた議論が望まれます。

    ただ、年齢というのは、その人の将来の可能性を判断する上では重要な要素だと思います。
    ですから、単に一つの情報として、年齢を訊くことは有益だと思います。
    判断に妙な価値観が入らなければの話ですがね。

    ユーザーID:1909894981

  • なぞです

    今後、日本は労働力不足になるといわれていますよね?
    中高年の就職難っていろいろと言われていますけれど、どうしてこんなに就職難なのでしょう?


    若い人が良い理由はあると思います。
    でも、なんというか、私もジャンヌさんと同様、「それでいいの?」と思うことがありますし、今の現状に何ともいえない閉塞感を感じていました。もちろん、企業側も必死なのですよね。それはわかるし、だからこそ難しい問題なのですよね。

    ちなみに私はかつて採用を担当していたことがあります。
    協調性がなさそうな人、礼のない人、こちらの指示に従わない人等に年齢は関係ないのだなぁという印象を持ちました。

    ユーザーID:9769808134

  • 日本でも環境はありますよ。

     日本でも40代、50代が採用される環境はありますよ。放映するほど面白い話ではないだけで。

     アメリカでは、戦力にならなくなったら職を失い、転職が多いので退職金や福利厚生?のようなものもなく、老後が苦しいとテレビで見たことがありますが、それが本当ならどっちもどっちと思います。また偏った情報を見たのだと仰るなら、トピ主さんのご覧になった件も偏った情報だと思います。
     

    ユーザーID:4429146821

  • 答えはこれでは?

    考えられるのは、これだけ人の人生が多様化したけど、社会(会社)はまだ昔の価値観や体制を引きずっているからでしょう。「年功序列」「終身雇用」。40代50代の新人というものはこの仕組みの中ではあり得ない存在です。外国の雇用のことはあまり知りませんが、少子高齢化の現代、日本も別なシステムを考えなければならないんでしょうね。

    ユーザーID:4057558857

  • 確かにそうですね

    年齢関係なく、就職の門戸が開かれていれば
    就職超氷河期世代がワーキングプアに苦しむこともないでしょうし、
    女性も心おきなく出産して子育て(小さなうちはそばにいられる)ができるだろうなと思います。

    やっぱり日本の会社って労働者が契約に基づいて労働力を提供する、というよりも
    まっさらな新人がそのお家の色に染まって、御奉公する・・・という感覚が残っているのでしょうか。

    そのやり方は間違っていなかったんでしょう。ここまで日本が発展して、世界に類を見ないような優秀なものを
    生み出してきたんですから。

    でも氷河期世代の貧困層や、急激な少子化について思うと
    今までの路線はどこかで変わらないといけないんじゃないか、と日々感じています。

    ユーザーID:8513920356

  • 女性だけじゃない

    私も海外赴任妻でした。日本の労働者の実情を知る度、夫と同じ様な事を言っています。

    このはさんは女性ですが、男性も一緒で能力で転職をさせる社会になるといいと思っています。今の日本は終身雇用制度で一度正社員になったら大体絶対に給料が上がる。働かなくても。だから働かなくなるってわからないんだろうか?
    女性でも正社員にしがみついている人多いですね。
    今、2代目3代目の後継いだだけのボンクラ社長も多いよね。

    昔は戦後の人間だからがむしゃらに働いて来た能力の在る人達だったからそのまま会社に居てもよかったけど、今の歳が行った人(40−50代)はただ歳くっただけだったりするんだよね、、。若い者を身を粉にさせて働かせて、働かなくてたくさん給料貰っている年寄り見たら社会に希望も持てないよね。

    かといってアメリカ人が働いているかと言うと、適材適所な気がして、合わなきゃ辞める、儲けたかったらがんばる、それでいいと思うんですよね。

    正社員で長期働いていなかったら働けないなんて、やっぱり日本の雇用社会はおかしいと思うよ。

    ユーザーID:8265308880

  • 年齢は関係ないと思います

    年齢は全く関係ないと思います。やはり何をしてきたか、どんな人か、意欲があるかで採用されると思います。
    専業主婦をしてきて、何もできないで、楽な仕事したいという気持ちがある人がいきなり40歳で正社員就職は難しいでしょうけれど、私は専業主婦をしてきて、40歳のとき、インターネットでどうしても入りたい会社を見つけ、自分がそこで何をやりたいか熱く語りました。未経験でその道の専門学校も出ていない、しかも男性社会で女性はいない・・・・しかし、面接で意欲を精一杯あらわしました。正社員でなくパート採用されましたが、それを足がかりに今は正社員で、業界のことは何でもできます。
    しかも、色々な会社から声かかってます。今44才ですが、年齢制限なんて
    関係ないんだな・・・と思っています。

    ユーザーID:7364384834

  • だから、一つの会社で頑張りました

    ちょっとしたトラウマがあり、若い頃から、結婚してもしなくても一生働く、と決めてましたので、年をとっても職に困らないように、一つの会社に長く勤めてきました。
    辛い事もありましたが、40半ばを過ぎた今、相応の地位と仕事があるのは、会社に感謝していますし、努力が報われた、と嬉しく思います。勿論、苦しいことは今もありますが。

    私が就職した30年前よりも、年功序列も終身雇用制もかなり崩れましたが、未だに新卒重視の採用、中高年の就職難を考えると、私の選択に大した誤りはなかったものと思います。

    40歳を過ぎての転身は、それまでの生き方によって、広くも狭くもなります。トピ主さんは、折角アメリカで頑張っていらっしゃったのですから、年齢に関わらず仕事力を発揮できる国で、頑張るのが良いのでは、と私は思います。

    もちろん、中高年でも自由に就職でき、才能を発揮できる場が日本にあれば良い、と私も思いますよ。もし、起業の才能があれば、そういう会社を作りたいです。残念ながら、その才も資金もないので、私は社会のニーズの中で、自分を最大限に生かす生き方を、これからもするつもりです。

    ユーザーID:2263231562

  • 参考までに

    在米でもうすぐ50代突入、日系の貿易関係会社で働いています。
    法律に詳しいわけではありませんが、
    こちらでは人種、性別、宗教、年齢は問えないと聞いています。
    逆に言えば、あくまでも職種内容かどうかだけで、
    年齢に関係なく給料も経験、資格に見合うもので始まると思います。
    私も現在の会社に来たのは3人目の子供が生まれた後でした。
    とにかく女性でも中年でも特殊な技能を求められない、
    合法ビザがあれば職は結構あると思います。
    それと学歴も業種に拠っては余り関係無いような気もします。
    直ぐ上のボスは60代の日本人女性で大卒ではないですが、
    業界での経験が豊富だった経緯で今のポジションにいるようです。
    当分退職は考えてない、健康ならずっと働くと言ってます、凄い!

    ユーザーID:7448601013

  • 40代、50代は新卒と同じ待遇では雇えない

    現実問題として 40代、50代は新卒と同じ待遇では雇えないのですよ。
    ただ、それだけの理由ですね。
    それなりのキャリアがあり 
    自他共にそれが認められているような方を除けば
    40代、50代は戦力外ですね。

    ユーザーID:3949919490

  • 全くもってこのはさんに同感ですが。

    8年ぶりにアメリカから帰国して、つい最近就職が決まった者です。
    ジャンヌさんのおっしゃる「閉塞感」ってよくわかります。
    これからまた日本の会社員になるのかと思うと正直気が重いです。

    ピートさんのご意見を見て疑問が湧いて来ました。
    看護士と言う専門職でチームワークが必要な、会社員とはまた違った職種なのかもしれません。
    しかし、手塩にかけて指導した「若い人」達が十数年で今度は「年齢が高いから」という理由で職場が見つからなくなるという現実については、どうお考えなのでしょうか。
    年齢が高い人の中に、例外でしかいい人がいない、ということですが、そういう外では
    役に立たない人材しか育てられないということでしょうか。

    これから業界によっては積極的に外国人を受け入れて行くようですが、日本人の内輪だけでも年齢や性別にこだわっている状態で、外国人なんか受け入れてしまって大丈夫なのか心配になります。

    ユーザーID:7383589987

  • もうすぐです

    数年もすれば、遅くとも10年以内には、
    40〜50代の雇用は増えますよ。
    シニア、ばっちこーいです。

    だって、これだけ出生率が落ちて、働き手がいなくなっているんですから。
    40代以上はお断り なんて
    企業側が言ってる場合じゃなくなります。
    60だろうが70だろうが、働ける人は働いてください!!
    という時代が、じきにやってきます。

    ユーザーID:5428901371

  • らかんかさんの質問の意味がよくわかりません

    >しかし、手塩にかけて指導した「若い人」達が十数年で今度は「年齢が高いから」という理由で職場が見つからなくなるという現実については、どうお考えなのでしょうか。

    うちの職場で育てた子が、転職した時に職場がみつからないということ?私のレスをちゃんと読まれてますか?「うちの病院は、最初から年齢で人を別けたりはしません。」って書いているでしょ?年齢で別けているわけじゃないんですよ。面接で能力や人柄を選別したら、結果若い子の方が多かったと言っているんです。
    それに、あくまでもうちの採用の話であって、やめた後のことまでは、考えられませんが・・・でも、年齢に関係なく、実力があれば採用されると思います。

    >年齢が高い人の中に、例外でしかいい人がいない、ということですが、そういう外では役に立たない人材しか育てられないということでしょうか。

    ごめんなさい、意味がわかりません。

    ユーザーID:4048703217

  • らかんかさんの質問の意味がよくわかりません2

    >これから業界によっては積極的に外国人を受け入れて行くようですが、日本人の内輪だけでも年齢や性別にこだわっている状態で、外国人なんか受け入れてしまって大丈夫なのか心配になります。

    それこそ偏見では?うちでは外国人も人柄・能力を見て、受け入れていく方針ですよ。

    ユーザーID:4048703217

  • 私も思っていました。

    確かに20代30代の方が職種によっては見た目も良いですし、おばちゃんやおっちゃんを雇うより需要はあるかもしれません。雇用側にしてみれば素直で若い子、頭の柔軟性もあり物覚えも良いなどの点についてはメリットでしょうね。しかし、若い子って結婚などの場合もそうですが、転職してもまだ職があるので辞めるのも早くないですか?まあ人によるかと思いますが、その点、中年になると後が無いと思い首を切られてはいけないので真面目に一生懸命覚えようとしますし、なかなか辞めないので安易にすぐに辞める若者よりは定着率で言えば良いとは思うのですが。

    もちろんいろんな職歴もあり人生経験もあるので臨機応変に対応できることもあると思います。どなたかが言ってられましたが素直さが40代50代に無いとのことですが、そんなことないと思いますよ。いろんなとこで人間関係を勉強してきていますから人と上手くやっていくノウハウは身についていると思います。少なくとも私は・・・。雇用側の皆さん40代50代のメリットをもっと重視して、もっと採用してもらいたいと思います。

    ユーザーID:7751128570

  • あるところにはある

    「日本にも環境はある」というからくり人形さん、「関係ないでしょ」というそうかな?さんに同意です。日本でも開かれてるところは40代だろうと50代だろうと適性で採用してますよ。私は採用も担当しましたし、自分自身も数年の海外生活・主婦生活の後で40代で就職しました。

    今でも40代・50代の新入社員はどんどん入ってきます。それぞれの能力に見合ったお給料をもらうだけですし、上司と年齢逆転なんて誰も気にしません。

    年功序列、採るなら若い子、という職場のおかげで恩恵を受けている人たちもいるからそういう会社も存続してるわけで、自分がそこにはまらないのにそこに文句言ってても仕方ないです。変わらなきゃいけない会社は日系・外資を問わずとっくに変わってますから、そういうところを探して勤めればいいと思います。

    ユーザーID:2640953883

  • ・・・・

    複雑な思いでレスをみています。
    私自身考えがまとまりませんが、発言したいと思います。

    アメリカ人の知人の中に何人かは、アメリカでも50代ぐらいになると微妙に年齢がネックになることがあると言います。ただ、それは日本ほど決定的な要因でないのでしょう。
    日本の場合は経歴・能力を問われる前に、年齢で切られることは事実多いと思います。
    先の方が発言されていたように、若い方が”使いやすく””覚えもよく””扱いやすい”という側面はあるかもしれません。
    でもこのままで日本はほんとうに良いなのでしょうか?
    夫の上司で定年された方が何人かおられ、わたしも面識があるのですが、皆さんまだ60歳になったばかりで、とてもお元気ですし、能力もやる気もあるそうです。
    でも多くの方は退職後、ぼんやり過ごされるようです。もったいないなと思います。ボランティアで活躍されているかたもいるようですが。。。
    年齢も大事な要素であるかもしれませんが、20代30代でないと身動きがとれないというのは、不自由な社会だと思います。

    ユーザーID:1222139198

  • 国民性の違い1

    Q:どうして40歳代・50歳代を採用しないのか?
    A:使えない人間であるリスクが高いから。

    日本は「年上を(ある程度無条件に)敬う」という土壌があります。
    それは若い世代よりも年老いた世代の心により深く根付いています。
    それゆえ年下の人間に指示出しされると、「言い方」などに難癖をつけ、素直に指示に従わなかったり、自分の仕事のできなさを認めることができず、過去の栄光を持ち出しあの時はああだっただの屁理屈をこねる輩が【多い】のです。
    反面若い人材であれば、下の立場で当然なのでそういうことは【少ない】です。
    つまりは確率の問題です。
    人一人採用するのに、人材紹介会社を通した場合、年収の1/3程度を紹介料としてお支払いします。
    年収300万の人間の場合100万です。
    それでハズレだったら目も当てられません。じゃあ次といっても、何度も100万を払うのは痛いです。

    ハスレが多い箱とアタリが多い箱。
    トピ主さんなら、どちらの箱からくじをひきますか?

    しかも亀の甲より年の功なのか、面接だけは上手な方がいらっしゃるんですよね(苦笑)。

    ユーザーID:6030105497

  • トピ主です。 返信1

    レスを下さった皆様、どうもありがとうございました。 皆様からご意見を頂けて、自分の気づかなかった点があることも実感いたしました。 

    ピート様
    年齢に関わらず面接をした結果、やはり若い年齢層の採用の率が多いということは、若い年齢層の人の方が、ピート様の職場が求める資質を持っている人が多いという結果として表れるんですね。 年配の層には若い人達とは違った資質を求められるという点にも納得します。 私も現在ある専門分野での仕事をしています。 ただ歳を取っただけで実績が伴わない人材にならないよう、常に知識を磨くように努力しています。

    ピヨピヨ様
    もしも、思考等が固まった方=年配の方、柔軟な思考の方=若い方 という図式が出来上がっているとしたら、そこから見直さなければいけないと思うのです。 柔軟な考え方や思考力を持った人は年齢に関わらず存在すると思うのです。 ですので「○歳までの方」といったこれまでの募集、採用の仕方に疑問を持ったのです。


    続きます。

    ユーザーID:5739787122

  • トピ主です。 返信2

    40代様
    仕事において、ますます専門知識や経験などが重要視される傾向があるのですね。 それは喜ばしいことだと思います。 10年、20年後にはどんな社会になっているのか、楽しみにしたいです。

    労働者様
    私の職場に限っていえば、「年齢給」といったものではなく、「経験年数」によって基本給にいくらかプラスされます。 更に、管理職やリーダー業務などをすることで手当てが上乗せされます。 

    帰国妻様
    調和を重んじるという日本の文化が、会社や仕事に与える影響は大きいですね。 例えばファーストフードなどでも日本では若い店員の方が圧倒的に多いですしね。いろんな年齢の人が交じり合って仕事をするという環境が最適だと私は思うのですが、職場や職業の社会的イメージや、これまで重要視されてきた調和、しきたりを変えていくことはなかなか難しいものなのですね。

    ユーザーID:5739787122

  • トピ主です。 返信3

    ジャンヌ様
    私の知り合いですが、アメリカの大学院を出、日本に帰国してもその分野で働けるように経験を身に着けるべくアメリカにいる間も働いて、いざ帰国したら就職が決まらず落胆していました。 その方の話では、企業が求める資格や経験不足が理由で断られるなら納得がいくが、不採用の理由として「年齢」を挙げる会社も少なくなかったそうです。 私も40代、50代は女性もまだまだ働き盛りだと思います。

    あんみつ様
    年齢を重ねてくると柔軟性がなくなる、という点は否定できません。 反面、様々な人間関係や経験を経て我慢強くなったり、精神的に落ち着いてくるという長所もあると思います。 そういった人間性においての面が、会社で働くにあたっても生かせるように思うのです。 しかしやはり、指導するにあたってのトラブルの元になったりする事実も否定できませんね。

    ウィンタース様
    日本の雇用体勢や古くから根づいている価値観や習慣は簡単に変えられるものではないですね。 何かを得ようとすると同時に何かを失い、新しい問題も出てくるのでしょう。 年齢をあくまでその人の情報の一つとして捉える、というご意見に私も同感です。

    ユーザーID:5739787122

  • 外的要因、自分の覚悟

    60歳が視野に入ってきたビジネスマンです。これ非常に重要な問題と考えレスします。10年前に日本の一流企業を出て外資に移り、それなりに高い報酬を得ました。最近また外資ですが、比較的責任の軽い立場に転職しました。給料は大幅に下がりました(日本の一般サラリーマンに比較すれば良い水準ですが)。ピートさんの「若い人は能力が高く魅力がある」と言うご意見、同意です。年を取れば能力は落ちます。私も能力が落ち、前職を辞めました。その後老後でも働ける職を探しましたが、日本企業にはまともな職はありませんでした。

    現在の上司は、米国在住アメリカ人で女性で年下です。彼女との信頼関係を構築しつつ、教えてもらっています。中高年が働くための自分の覚悟としては、能力の衰えを認めた上で新しい仕事に向け努力をすることだと思います。日本社会の問題(外的要因)は、年功序列だと思います。職務機能上の上下関係が人間としての上下関係と混同されるため、年下や女性の下では働けないと言う気持ちになります。上司も年上は使いにくいと感じます。年寄りが若い優秀な人の下で努力をする、これが出来れば企業も強くなり個人もずっと働けるのですが。

    ユーザーID:0797288428

  • トピ主です。返信4

    ぷちぎちゃん様
    社会人になって間もない20代の頃、50代で中途採用された方の指導にあたったことがありました。 経験もプライドもあった方なので、とてもやりにくかったのを思い出します。その時は「年配の人は扱いにくい」と思いましたがいろいろな方と接しているうち、あくまで個人差の問題であるということ、「○歳だから」という考えこそが視野を狭めていると思えてきたのです。

    からくり人形様
    アメリカは退職金やボーナスの制度がありません。年金制度もありますが、会社が何割か負担して投資をし老後の貯蓄に備える制度もあります。 医療もアメリカは国民保険がなく医療費も高額なので、その点は日本の方がはるかに優れています。 どちらの社会にも長所、短所があり、一方を見ず惑わされないようにしたいものですね。

    就寝雇用様
    今回の投稿で「年功序列」「終身雇用」といった制度が現在の日本の社会に与えている影響について考えさせられました。40代、50代の新入社員があり得ないというのは、こういった制度による影響も大きいのですね。 しかし少子化問題もあるし、今後も年配の層の労働力が期待されるような気がします。

    ユーザーID:5739787122

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧