• ホーム
  • 話題
  • 国際結婚の皆様、日本預金はどうしてます(税務署・離婚対策)?

国際結婚の皆様、日本預金はどうしてます(税務署・離婚対策)?

レス14
(トピ主8
お気に入り56

生活・身近な話題

まるさの女

欧州の高税率の国に国際結婚で来ました。

税務署から外国にある財産についてのお尋ね用紙が来て困っています。
周りの外国人の友人に聞いても、誰1人、その書類の存在を知らない・作ったことすらないというので
誰にも聞きようがありません。税理士にもゆくゆくは相談するつもりでいますが。

私は、一生、この国で暮らす保証がなく、離婚して日本に帰国しない保証などありませんし、
どのくらいの期間こちらで無職でいるのか解りませんし、日本でたった1人残っている兄弟のために
万が一のときにすぐに動かせるまとまったお金も残しておきたい、などの理由で
日本の預金・株式・国債などは言わずに黙っていようと思ってました。

夫には預金などは半額しか話してませんので、書類の作成は自分でするつもりです。
持っているもの全て、税務当局に白状しないとイケナイのでしょうか?

夫は、家などを買うときに大量のお金が動くと、税務当局が怪しむから
早く正直に言っておいたほうがイイと言います。

ユーザーID:0559918017

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 夫の職業上、明白にしています

    税金関係は、夫が金融業界の役員なので、何かあった時に大事になってしまうので隠すことはできません。
    日本には親からもらった貯金が私の名義で残してあります。

    全て現在の滞在国に申請しています。

    ユーザーID:9863535651

  • …そうですか。

    ナンシーさん、ありがとうございます。
    確かに金融業界の役員の方は、関連企業の株の取得だとかこまかいことまで
    会社が気にするし、お金を扱っている以上税務署関係をないがしろにするなど
    言語道断の行為でしょうね。

    私のいる国は、貯金などする人がほとんどいない国(むしろ税金が貯金と思ってるらしい)なので、
    現地の人が貯金をしないのには何か理由があるからだと思うのです。
    お金を寝かしておくだけで税金が取られるとかいうことがあるのかもしれません。

    全額、赤字覚悟で日本で投資に廻してしまおうかとすら思っています。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 正直に

    私も「欧州の高税率の国」に暮らしています。

    ご主人やナンシーさんが勧めているように、私も正直に申告しておくことを勧めたいです。

    まず、申告したからといって、すぐ課税とはならないのではないでしょうか。もちろん、金額が大きければ話は別ですが、私の住む国では外国の資産に対して課税されるのは、それこそ「莫大な」財産を有する場合です。よほどの金額でなければ課税はされないと思います。(在住国で、収入が少ないことを理由に補助などを受けている場合は、それが減額・ストップされる可能性はありますけどね)

    それから、現在、外国人として暮らしている、つまり在住国から居住の許可をもらっていることを考えても、やはり正直に申告しておいたほうが何かと安心です。何かがきっかけで発覚するかもしれないし、その場合、国に対して隠し事をする外国人とみなされて、たとえば滞在許可の更新を渋られたりしないとも限りません。

    トピ主さんの資産をご主人に隠しておきたいという心情は理解できますが、ご兄弟のためにとっておきたい、というのはトピ主さん一家の個別の事情。申告しない理由としては不十分だと思いますよ。

    ユーザーID:0946910704

  • 教えて下さい

    便乗するようで申し訳ないのですが教えて頂きたくて出てきました。
    結婚4年目直前の「欧州の高税率」国に住む邦人妻ですが、皆様が仰る税務署からのお尋ねは未だにありません。
    また周囲でも聞いた事がありません(耳に入ってこないだけ?)
    ここ数年、主人の確定申告の際にも同伴していますが、そういった事を言われた事、尋ねられた事は一切ありません。
    国によるのかもしれませんが、後学のため結婚していつ頃、どういった形で、申請しないとどういうことになるのか、など色々教えて頂けないでしょうか?
    私は専業主婦で仕事はしておりません。
    宜しくお願いします。

    ユーザーID:0099651038

  • 正直に…。

    三毛猫さん、ありがとうございます。
    「莫大な財産」なんかなくて「なけなし」だから困ってるのですよねぇ(笑)家族の事情は不十分でしょう、滞在許可取り消しの重大な原因になることも想像できてます。解ってました。

    当地で「海外の資産として課税されて、国外でもとにかく払え」の財産は、とりあえず「高税率の国の国籍を有する者が所有する不動産」にかかる固定資産税らしいです。預金・投資については解らないこと、投資だけは損金が比較的長期間控除可能など、どういう理屈で不動産だけに課税されるのかなど、解らな
    い点が多いため、税務署に英語で読める所得税法の条文はないかと尋ねていますが無視されています。

    外国人の友人に聞いても「そんなの無視しとけ、むしろ申告なんかいらない」って言うだけです。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 教えたいのですが私も解りません…。

    「匿名で」さん:欧州で高税率の国というのは様々なので、詳しい事は私からは教えられません。

    申請しない=犯罪とは断言できませんが、悪質な脱税未遂行為だと税務当局が判断して、刑事事件として立件するかもしれないし、犯罪歴があれば三毛猫さんのいうように滞在許可決定の判断に大きく影響するでしょうね。欧州の他の国に転居する際にも問題になるかも。あくまでも推測ですが。

    私のいる国には、「当国に引越して来た外国人の皆さんへ」という外国人用の税務申告の手引きが税務署のウェブサイトにありますから、心当たりがあるようならば、英語版は必ずあるはずなので、お時間があれば、ご主人のお力を借りて、ご自分でお調べになってください。

    うちの国は、引越して最初の年に財産を申告(トータル金額だけ)する決まりです。PDFで書込み式になってるので、現地語ですが、辞書さえ引けば自分で出来ます。税務署に赴く必要はありませんが、電子署名が必要です。詳しい事は条文を見てないのでどこまでが本当なのかはよく解りませんし、無申告で何が問題があるとすれば、日本の預貯金を崩して、当地で不動産を買うときに困るかもしれません。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • とりあえずマジメに申告します…。

    とりあえずマジメに申告しておくことにしました。
    申告した後に全部赤字覚悟で日本で投資に廻して、
    赤字にしっぱなしにして塩漬けにでもしておけば、
    損金として処理できるしなぁ…とかいろいろ考えてます。

    大きなお金が動いても、銀行の書類とか堂々と説明できる合理的な理由があれば、
    弟の為に使おうと名目がどんなであろうと、べつにヘンな小細工もいらないしなぁ…
    問題を起こさなければ誰からも誰のところにも(当然夫にも)お尋ねはないわけで
    預貯金のことは死ぬまで黙っておけるかも…と思ってます。

    問題があればしかるべき方法でむこうも文句言ってくるだろうし、
    こっちもしかるべき方法でケンカすりゃいっか、って感じになってきました。
    常識程度の当地の税法すら知らないので余計に不安でいろいろ拘るのでしょうけれども。

    とりあえず明日税務署に行ってみます。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 頑張れ!

    トピ主さんにとって問題なのは夫に預金を知られたくない、滞在国に申告して税金を取られるのも嫌ということですね。
    わかります。
    何の目的でその国にいるのですか?

    ユーザーID:7781279096

  • しつこくてすみません

    何度も投稿してすみません。

    とりあえずは正直に申告する決断をなさったようで、まずは他人事ながら安心しています。

    ところで、どうしてそんなに税務署を敵視なさるのでしょうか? まるさの女さんのレスを拝見する限り、日本の資産に対する課税はなさそうに思えるのですが、いちいち申告を求めること自体が気に食わないということですか?

    まるさの女さんは投資のことなどご存知のようだから、私の知人とは別人だと思いますが、何から何までひたすら隠しておこうとする知人がいます。現地人と結婚した日本女性ですが、現地語がよく理解できないため(夫婦間では英語)、どこかで聞いたことのある話(多分アメリカの話)と混同するらしく、相談されて日本語で答えてあげても、話が通じているのか通じていないのか分からないくらいです。曖昧な話をされて、相談内容をこちらが理解できていないのかもしれませんが。

    もう調査済のことと思いますが、世帯単位で課税される国もあります。また、実際に離婚となったら、申告済の日本の資産も考慮されます。損金を申告できるのと同様、利益が出たら課税される(かもしれない)所得として扱われますよ。

    ユーザーID:0946910704

  • プレママさん。

    何の目的でその国にいるのか?

    …出稼ぎです。

    ウソです。

    私が住んでるのは夫の国です。
    夫は日本の人間関係(空気読めとか…根回ししろとか)に疲れてしまい、
    二度と日本で働くのがイヤだと言います。
    その分野で世界で突出してるのは、日本とアメリカ。
    しかしアメリカはアグレッシブ過ぎて腹立つ事が多すぎるので、イヤなんだそうで。
    もう、何十年もその分野のために人生つぎ込んで、そこそこの結果があったりするので
    いまさら分野替えもねぇ…って感じらしいです。

    たったソレだけです。

    夫の身に何かあったら、離婚したら、私はこの国にいる理由なぞこれっぽっちもありませんし、大して楽しいところでもないので、当然ですが、荷物まとめてとっとと帰ります。

    地の果てまで税務署に追っかけられるのはイヤなのです。
    なにせこの国の税務署は国の運営資金の大半の回収が彼らの手にかかってるわけで
    必死なんで、国の外にでても、必要とあらば執念深く追っかけてくる事は確実です。
    やだやだ…。

    ご質問の答えとしてはそんなとこでいいでしょうか?
    プレママさんは、ご自分の日本の財産はどうされてるんですか?

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 三毛猫さん、ありがとうございます。

    税務署を敵視してるわけでなく、嫌いです(笑)役所全般、好きな人はいないでしょう?日本も同様、特に当地、役所の仕事は全般に雑だし、「申請主義」の元に態度が大きいので、信用してないだけです。知らないと損することは多いです。申告を求めることが気に食わないワケでなく、訳のわからないことはしたくないだけで、我が身の勉強不足を恥じるばかりです。当地は個人に対する基礎控除の枠は夫婦で合算できます・当然別々にも使えます。離婚はともかく、仮に私が急死したら、言ってない財産があったら、日本語得意でない夫は途方にくれるかもしれませんね(笑)。

    知人の方は、ほっといても良いのではないですか?本当に知りたかったら、人への相談で得た情報を頼りに、自力でしかるべきスジで調査するはずで、気を揉まずに放置で良いのではないですか。三毛猫さんは心の優しい方ですね。アメリカは、単に日本語のできる専門家も多いし、住んでいる日本人も多いので、情報収集はラクだし、耳に入る情報量も多いだけですから。

    そういえば、三毛猫さんご自身はどうなさってるんですか?害のない程度にお教え願えれば幸いです。
    私は税理士を探しに行かなくては…。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 日本で投資はできません

    きちんと報告することにしたそうで、よかったです。

    私は在米ですが、毎年、ちゃんと日本の銀行口座の情報をIRS(税務署)へ申告し、
    利子収入も所得に加えてこちらで税金を払っています。
    これは法律で決められたことなので、仕方がないと諦めています。
    トピ主さんの国でも同じ状況だと思います。

    ところで、日本の法律では、レジデントでないと投資はできませんよ。
    ひょっとして日本の銀行には日本のレジデントであると虚偽の申告をしているのですか?

    ユーザーID:5111545644

  • 投資は出来ません…そうですね。

    在米さん、ありがとうございます。

    私の日本の預金等については、住所の変更は連絡してません。
    結婚してすぐ何もかも報告する必要はないと思ったからです。
    結婚したからって一生離婚しないとは限らないし、すべてが落ち着いて、現地に慣れて
    そこそこの収入が得られる仕事を見つけて基盤が出来てから、じょじょに
    変更なり解約なり預金の扱いを考えて行けばよいとおもったからです。

    郵便物はすべて届け出先の住所に届くし、2か月に1度、
    全ての郵便物がこちらに転送されてきます。

    住所は結果的に虚偽になってしまったかもしれませんが、
    内容はネットバンクで確認できるし、半年に1度は帰国して記帳もしてるし、
    連絡もすぐに取れるので問題ないと思ってます。
    たしかに日本に住民票を置いていなければ投資が出来ないのは、仰るとおりです。
    日本の国民年金も日本の口座から自動引き落としにしてるので(訳の解らない某団体経由はイヤなので)、日本で確定申告はしています。

    しかしどうして日本の外にいて、住民票を置いていない人は、
    日本で投資してはいけないのでしょうか? ご存知ですか?

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 気がついたことです。

    皆様いろいろ真剣に御返事をくださり、お気に入りもレス以上に沢山つけてくださり、ありがとうございました。しかし、私の中にはいろいろとたくさんの疑問が燻っていることには今も変わりはありません。まだまだ住んでいるこの国や日本について、いろいろ勉強が必要だということも身にしみて解りました。ところがこのトピを立てて、皆様の御返事を読み、解って来たことがあります。私にはどうも別のところに問題があるようです。

    私が、役所やら周りを信じてないことは、経験豊富な皆様ならトピをご覧になってお分かりでしょうが、自分の結婚も、それ以前に自分そのものすら「信じてない」ということがよく解りました。披露宴もしてません。「明日、離婚して荷物まとめて帰国するかも」くらいのつもりで毎日生きてます。こちらの生活は、最低限の需要を満たせば、それ以上に拡大したくありませんが、日本には最低限の足がかりは残しておきたいと常に思い、それが預金等を日本に残すという選択につながってます。日本は、解り易いルートをそれた乃至はそのルートからドロップアウトした人には冷たい社会ですから。

    そろそろこのトピも閉じ時かと思っております。

    ユーザーID:0559918017

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧