エニアグラムご存知の方いませんか?

レス238
(トピ主82
お気に入り104

趣味・教育・教養

パンプキン

レス

レス数238

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
181210 / 238
次へ 最後尾へ
  • タイプ2

    タイプ5やタイプ9だと思ったのは、本の中に書いてあるものの中に自分と同じものがあったからです。でも、実際のそのタイプの人間像と私とでは全然違うことが分かりました。
    タイプ5のように、自分の感情を抜きにして考えることは無理です。
    そこに情が絡んでくることは避けられません
    自分で考えるよりも、人を頼りたいタイプですし、タイプ5ではありません。
    また、タイプ9のように、問題を見ないようにすることもあまりありません。
    色んな想像をして、最悪の場合を考えるクセがあります。
    あらゆる手段を使って、安心できる材料を探します。
    以上、タイプ5と9は違うことが分かりました。

    では、やはりタイプ2か6だということでしょう。
    二つのうち、感情タイプというのはタイプ2なので、やはり私はタイプ2なのだと思います。
    タイプ4のようなところがあるというのは、私が無意識に目指しているものがあるからなのでしょう。

    ユーザーID:3050387124

  • メモ

    私がタイプ9であるかのような診断結果が出たことがあります。
    でも、目の前の他人がタイプ9であり、タイプ5ではありえないとき、タイプ5でしかない自分がいました。
    同様に、タイプ9の人からのご意見で明らかになる真実があるかもしれません。かなり辛辣に描写したので、違うご意見もお待ちしています。

    ところで、次の各タイプは、右側の判定結果を満たすはずです。

    タイプ2 追従型 × 肯定型
    タイプ4 遊離型 × 反応型
    タイプ6 追従型 × 反応型
    タイプ9 遊離型 × 肯定型

    トピ主さまはタイプ9の可能性を否定されました。その根拠が、不安を鎮めるために安心材料を探すから、ということになると、肯定型(2、7、9)の共通点「問題があることを認めない」傾向に反します。
    つまり、おっしゃるとおりなら、タイプ2である可能性も低くなるのです。

    自分の感情に対処することを必要とするのは反応型(4、6、8)ですから、トピ主さまの証言を重視する場合、反応型である可能性を否定しきれません。
    感情センターが2、3、4であることから、まだタイプ4の可能性も否定できないと考えます。

    ユーザーID:2542064794

  • タイプ5とタイプ9についての補足

    タイプ5が理性的で客観的であるという保証はありません。共通するのは、自分の考えのために、ほかのことを二の次にすることです。
    トピ主さまはタイプ5ではないと、私も思います。

    タイプ9も、気になることを抱えています。
    最悪のことを考えている、だから安心材料を探す、と私の知るタイプ9本人は言います。トピ主さまの自己申告は、このタイプ9の言い分と同じです。さらに私も同様のことができます。
    では、どうやって見分けるのでしょうか。

    タイプ9は内心で最悪のことを考えていても、現実には周囲の状態に変化を与えてまで確認しようとはしませんでした。「このくらいは大丈夫だろう」と思い、行動できました。自分と他人が重視していることが違うようだと思っても、何年も口に出さないですませました。「また何もしないで一日が終わったなあ」とよく言いました。ときに抵抗するとしても、通常はあわてず騒がず、という印象を与えます。
    集団に溶け込む力はタイプ5より上で、相手に「それでいいと思うよ」ということが多く、のんびりとしています。
    トピ主さまはタイプ9ではないと私は思います。

    ユーザーID:2542064794

  • 小さな部品

    ますます自分のことが分からなくなりました。
    誰かに・・・だねと言われたらそのように思えますし、違うと言われたら違うように思えます。
    自分がバラバラに小さな部品に解体されているような気がします。
    これを本来のあるべき場所に組み立てる作業が私にできるのでしょうか・・・
    もし、出来上がったものが目を背けたくなるようなものだったら。

    タイプ1の欄を覗いていて、タイプ2だと判定されたはずの母親が実はタイプ1だったことに気づきました。
    私に圧迫を感じさせていた資質はタイプ1のものだった。
    もし私がタイプ1だと判定されたなら、立ち直れないだろうと思います。

    また、タイプ4だと思い込んでいた友人がタイプ5である可能性が高くなってきました。自分以外の人のことは少し分かるようになったのですが、自分のことは全くで嫌になります。私の周りにはタイプ5の人が多いということも不思議です。

    クッキー様がトピ主に対しての態度が違うといわれた原因は、タイプ1と関係するのでしょうか?もしそうなら本当に、絶望の海の底に沈んでしまうでしょう。

    ユーザーID:3050387124

  • 心の形について

    タイプ5と9の話なので参加させてください。
    私のネームは、私はタイプ5か9です、ですが確信はありません。
    エニアの平面ではそう分類されるという認識です。

    主様は、ご自身について感じるエニア9個のタイプの強度をレーダーチャートで
    平面的に表し、垂直方向に軸を追加し、追加した軸をご自身の年齢や交渉相手な
    どとして可視化すれば、ご自身の心を分類しやすくなるのでしょうか?

    主様は色立体をご存じですか?色調の表現方法です。
    色立体、表色系、色空間、などのKWで検索できます。

    仮に、心の形(そんなのある?)を色立体に例えると、主様はご自身の心を分析
    するとき、心をエニアの平面で切断し観察しようとしている訳ですが、切断する
    角度、曲面の形、場所がその時々で異なるので混乱しているように感じました。

    こんなお堅いレスでは、主様は私を男性と思うかもしれませんね。
    どちらでもいいですよ。

    続きます。

    ユーザーID:5806969915

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 心の形の続きです

    続きです。

    私はタイプ5と9の共通点はリーダーシップの欠如だと思います。
    事に当たり、5は観察して問題点に気がついているのに指摘しない、
    9は指摘しても自分がリーダーとなって問題に対処する、つまり周
    囲の人達と摩擦が発生しそう、であればその場をやり過ごす。

    特に会社の中では、新人のように権限の無い人はそういう態度をとり
    がちです。だから出世せず、ますますタイプ5と9の色合いが濃くな
    っていくように感じます。

    客観的に見れば、トラブルは自分の能力を表現するチャンスなのですが、
    タイプ5と9は野心に乏しいので煩わしくて熱心になれないように見え
    ます。

    話は変わりますが、クッキー様がオペラ座の怪人の話をされた頃、丁度
    テレビ放送があったので録画しました。まだ見ていません。いつでも見
    ることができると思うと先延ばしになってしまいます。
    これってタイプ5と9の特徴でしょうか?

    また、クッキー様は辛辣に描写した、とレスされていましたが、どのあた
    りが辛辣なのか分かりません。この鈍さはタイプ5と9の特徴でしょうか?

    お邪魔しました。

    ユーザーID:5806969915

  • カケラ

    自己主張・追従・遊離・肯定・合理・反応・・・自分がどれか一つも分かりません。
    私が、自分は〜だと思っているものが、人から見たら違うものだったりするのですね。
    それなら自己申告なんて何の役に立つのでしょう?

    今はタイプ1・2・3・4・6・7なら可能性があるように思えます。
    これからどうやって答えを見つけるのですか?自分が分かりません。
    感情センターかどうかさえ分からないのです。
    思考・本能センターかもしれない。

    自分の思い込みがバラバラになって、小さカケラになってしまったようです。
    これをどうやって組み立てたらいいのですか?
    一日中頭の中で考えているようですが答えが見つかりません。
    私は人から見るとどういう風に見えるのでしょうか?
    印象と自分のどちらが自分なのですか?
    そもそも自分って何でしょうか?

    こんなことになってしまって・・・いいのですか?

    ユーザーID:3050387124

  • エニアグラムおすすめします

    エニアグラム絶対便利ですよ。もっと早く知っておけばよかったです・・。
    自分のタイプを知るのはかなり時間がかかりますが、自分のことなので案外最終的にはわかりますよ・・。
    ついでに私は3w4です。これを知ってからずいぶん生きるのが楽になりました。
    家族も5、8などばらばらなので何故考えが合わないかもよくわかりました。
    友だちは2です。やはり隣り合ったものどおしが気があうようですよ。
    マニアックだし、少々知的な解釈がないとわかりづらいかもしれませんが、ストレスを少なくするためにも若いうちに知っておくことをお勧めします。

    ユーザーID:5216122484

  • メモ2

    もう少し整理しておきましょう。

    自己主張型(タイプ3、7、8)
    このグループは自分の欲求をよく把握しています。自分の思考や感情に目を向けることより、目的達成を選ぶような人たちです。
    実際的に勝利をつかむための工夫は受け入れます。

    トピ主さまは、これらのタイプではないように思われます。
    現実生活での目的が話題にのぼらないからです。
    経験から思うのですが、彼らが他人、とくにタイプ5のような人間を必要とするとき、もっと具体的、実際的な調査を頼むことが多くなるようです。たとえば新聞でみた医師にかかりたいが連絡先はどこか、というようなことです。

    したがって私の予想では、トピ主さまは追従型か遊離型のグループに所属するだろうということになります。

    また前回のメモとあわせて、私の中では、トピ主さまがタイプ5、9、3、7、8である可能性が低くなりました。

    残る可能性は、タイプ1、2、4、6です。
    このうち、遊離型はタイプ4のみで、残りは追従型です。
    遊離型であることを否定できるかどうかが大きな鍵となるはずです。

    ユーザーID:2542064794

  • 私はタイプ5か9です様

    「心の形」ってとても素敵な考え方ですね。
    心がどんな形をしているのかを、色立体(見てきました)で表すのですね。
    平面で表すより、人それぞれの個性がよく表現できるのだと思います。
    エニアのタイプは平面的・・・私もそんなふうに感じていました。

    私のタイプ探しは痛みを感じます、自分をそのまま受け入れるのがこわい。
    だから知りたくなる。
    でも知りたくない、でも知りたい・・・

    こんな気持ちになっている人、他にもいるのでしょうか?

    ユーザーID:3050387124

  • 香織様

    判定にかなり時間がかかったのですね。
    でも、納得されたようで本当によかったですね。
    やはり、生きるのが楽になるのですね?
    私はまだそこまではたどり着けないし、痛みを伴うかもしれませんが、香織様のようになれればいいなと思います。
    お友達はタイプ2、同じ感情センターということですが、
    隣り合ったものどおしが気が合うとすると、私は思考タイプの友達と気が合うので思考タイプなのでしょうか・・・

    ユーザーID:3050387124

  • 不安 1

    タイプ1.2.4.6ですね。
    絞り込むのがとてもこわいです。
    みなさんは、怖くなかったですか?
    どのタイプになってもその一番嫌な部分に目がいきそうです、これまでもそうでした。
    それなのに、他人のことは「そのタイプでうらやましい」と本気で思うのです。
    どのタイプになっても、知らない人に私のタイプを知られることが心底恥ずかしいと思えます。
    本当はズルズルと決まらなければいいと思っています、正直なところ。
    決まってしまったら、何かよくないことが起こるのかもしれないとも思います。
    タイプがまた、私をがんじがらめにするかもしれないとも思います。
    こんな状態では安心して判定したくないけれど、それをしないと後にも先にも進めないということも分かっています。

    (つづきます)

    ユーザーID:3050387124

  • タイプ3の反応

    タイプ5、タイプ9についてのご意見、ありがとうございます。
    私の言い方では中立的立場として不足だと思っていたので助かります。

    野心の話が出たので、タイプ3に触れてみます。
    私からみてタイプ3らしい人が、プレゼンテーションの前に、本人作成の資料のチェックを頼んできました。
    得意分野の特徴がよく出ていることを言うと喜びました。
    バランスをとるためにそこを削ることを推奨し、時間配分もアドバイスしました。
    大成功だったそうです。

    その仕事や会社とは、私は無関係です。
    このようにタイプ3は、他人の得意とするものを見つけるのが上手です。
    考える人を行動させる人です。
    誰かにサービスするとき最上級のものを選んだと明らかにします。
    自分への評価がかかっているからです。
    社長と副社長の前で責任を引き受け、議員や弁護士と連絡をとって、評価されない雑用は他人にまわしたがります。
    目標を定めてグループを勇気付ける力がありますが、敗者への慰め役になることは満足をもたらしません。
    効率を重視します。

    「若いうちに…」という香織さまの感想はその表れでしょう。
    トピ主さまは別のものを重視なさるのでは?

    ユーザーID:2542064794

  • つづき

    遊離型と追従型を見分けることは、
    どちらも当てはまるので決められませんでした。
    以前にも言いましたが、自分では追従型だと思うのですが、周りには遊離型だと言われます。そのような気もします。
    どちらを当てはめていいのか分かりません。

    ですから、感受性チェックを先にしてみようと思いました。
    私は自分では合理型かもしれないと思うようになりました。
    でも、周りには反応型だと言われます。そのような気もします。

    自分と周りの意見が違うのです。
    タイプの説明をして意見を求めると、タイプ2と4の混合だと言われました。
    私はタイプ1かもしれないと思います。周りには違うと言われますが。
    これは、クッキー様のヒントから想像しました。
    分裂の方向に向くとタイプ4になり、統合はタイプ7になる、というところからです。
    タイプ7はクッキー様のタイプ5の分裂の方向になるので、私にタイプ7の兆しが見えると不快に思えてしまわれるのではないかな、と思いました。

    ユーザーID:3050387124

  • 性格のパターン分類

    部分ごとに見るだけなら当たっているようだ、というのは、多くのことに当てはまります。
    共通項を探すのは、共通しない部分を見ないことでもあります。
    男女別、国籍別、年齢別など、比較するためのものさしが複数あるからといって、個人のすべてがわかるわけではありません。

    では、共通しない部分には意味がないのでしょうか?
    本人しか知らないこと、自己申告には意味がないのでしょうか?
    疑問があるから、研究は続きます。

    蝶の模様が単一ではないことに意味があるのでしょうか?
    犬の性格が異なるのは意味があるのでしょうか?
    自覚できる部分とそうでない部分とがあるなら、それらはなにを構成するのでしょうか?

    おそらく、知りがたいことを知りたいという私たちの欲求があることを意味するだけではありません。
    疑問は、世界と自分との関係を見直す機会なのです。

    私は性格をさほど固定的に捉えません。
    エゴグラムでいえば、公私で数値が異なるのが普通です。
    これもまた、よりよく生きようという気持ちが人間にあるからです。
    パターンは基礎の一部です。応用して初めて価値を持つものかもしれません。

    ユーザーID:2542064794

  • 理屈っぽくてすみませんが

    タイプ5にとって分裂の方向がタイプ7なので、タイプ5は他人がタイプ7に向かうことを好まない、という仮説が正しいとしましょう。
    その場合、全タイプが、自分の分裂の方向に向かう他人を好まないと考えられます。タイプ5にのみルールを適用する理由がないからです。
    そうすると、あるタイプは全員、特定のタイプを好まないという傾向が見られるはずです。証明するには数が必要ですね。

    また相手と自分が同じタイプであると知るのさえ時間がかかる例が多いということは、表面に現れた部分が特定のタイプを示す決定的なもののすべてではないことを意味します。

    しかし、嫌いなものを決める場合、人は時間をかけません。リスクが高くなるからです。

    すると表面に対する好き嫌いを持つことが、特定のタイプを把握していることであると考えるのは早計でしょう。

    もっとも「あるタイプらしくみえる振る舞い」が個人を不快にさせる場合は十分にありえます。
    ただし統合に向かう人が長所を発揮しやすいことを思えば、他人を不快にさせるケースは分裂の方向に向かうときのほうが多いと予想します。
    安心して統合に向かってくださいね。

    ユーザーID:2542064794

  • バーナム効果

    主様の9月30日3:31レスとクッキー様の9月30日9:21のレスを
    拝見し、バーナム効果という言葉を思い出しました。
    ウィキペディアにもその項目があります。

    主様がご自身の性格分析で色々と勉強しているのにも係わらず揺れてしまう
    のは、性格分析の手法が不可避的に含むそういう因子も影響しているでは?
    もちろん、そういう因子には主様の性格傾向を断定する力はありません。

    とにかく主様なりにこの時期を悩み抜いて通過しないと安心は手に入らない
    のでしょうね・・・。

    それと、自分をそのまま受け入れるのがこわい、とのことですが、
    その恐怖は、理想の自分と現在の自分との違いのことですか?
    そうであれば、大して怖くはないですよ。

    ああ〜、私はそういう人なんだ、がっかり。でも何とか生きてきたし、
    この先もこれで生きていくしかないか。取りあえず今晩何食べよう?
    この呪文で今日を何とか乗り切れます。
    そのうち嫌いな自分との付き合い方も分かってきます。

    主様に闘魂注入〜。

    ユーザーID:5806969915

  • 安心

    >「若いうちに…」という香織さまの感想はその表れでしょう。
    >トピ主さまは別のものを重視なさるのでは?

    この過程全てが私にとっての宝物です。
    私一人では、とてもここまでくることはできませんでした。
    私はタイプ5か9です様のおっしゃるように、理想の自分と本当の自分の差が耐えがたく、もし、本当の自分を人に見られたら誰も私のことを好きになってくれないだろうと思っていました。
    だから、今までは自分でなかったらなんでもよかったのです。
    自分じゃない自分が嫌われても傷は浅いですし。
    だから、この何日かは本当にこわかった。
    知りたかったけれど、知られたらもうおしまい、と感じていました。
    だから、今日のクッキー様と私はタイプ5か9です様のレスを読んで、本当にうれしくて。
    受け止めてくれる人がいた・・・!応援してくれる人がいる!欠点を知ってても。
    不思議です。あんなに怖かったのに今は安らいでいます。

    (つづきます)

    ユーザーID:3050387124

  • トゲ

    >バーナム効果

    見てきました。確かにどのタイプを見ても自分と共通の部分はありますね。
    問題は、そういうテストを見るときの私の心理だったんです。後ろめたいような、自分にさえ隠しているものがあるという疼きみたいなもの。
    でも、見たくないものだから見えない。
    どうして見たくないかというと、自分のままでは人に愛されないと思っていることを自分に認めてしまうのが怖かったから、です。

    体に刺さった棘が、「ここにあるよ」と痛みで教えてくれているように、私の心にも、始終「ここにあるよ」と感じさせてくれていた違和感、でした。

    タイプ7に向かうのは正反対で難しいですね。
    タイプ7の友人に対してはいつも憧れを感じます。私が持ってないもの全てを持っています。
    多分ウィングが8で、強くて明るい女性です。
    彼女を目標にするのは難しいかも、ですが・・・
    向かう、だけならできるかな。

    ユーザーID:3050387124

  • 思い出のはなし

    トピ主さまの様子から、思い出されるひとがいます。
    お堅い職場では、もっとも堅いようすで仕事をこなしました。
    遊ぶ場所には、思い切り個性的な服装ででかけ、ちょっとした有名人でした。
    本人は、職場に遊び仲間が来ることを嫌い、遊び場で職場の同僚に会うことを恐れ、両方の人たちが同時にいたら、自分はどうふるまってよいのかわからないのだと私に打ち明けました。第三の姿でした。
    他人と食事をするのが苦痛だとも言っていましたが、唯一クッキーとなら平気なのだとも言われました。
    繊細な人が気に入ったのは、私が何かを気にしないことか、何かに気づかないことの、どちらだったのでしょう。
    自殺をはかったとき(幸い未遂でした)必ずクッキーが助けにくるのだと信じていた、と言ったものです。こちらは、なにも知らされていなかったので、これがきっかけで精神科の病気について少し学ぶことになりました。

    トピ主さまをおおげさだと感じる人もいそうですが、ある種の人にとって、自分を受け止める相手がいるかいないかは人生の大きな問題です。
    私はせめてそれを知っている自分でありたいと思うのです。

    ユーザーID:2542064794

  • クッキー様のご友人(でいいですか?)のお気持ちよく分かります。
    私もそのような傾向があります、自覚しています。
    そして、私が心を許せるのは、私のこのような傾向に気づいても攻撃してこない人、でした。
    そして同情しない人、でもあります。
    これは勘というか、分かってしまうもののようです。
    精神科にかかったことなく社会生活を送れているのも、運良くこのような友人を持つことができたからだと思います。

    ユーザーID:3050387124

  • 同情を拒むとき

    トピ主さまは良いご友人に恵まれていらっしゃるとのこと、そういう実感があるのは幸せなことだと思います。

    私の話に登場した友人(秋さんとします)とトピ主さまの共通点が同じ動機を示すとは限りませんが、ヒントにはなりますね。

    複数の顔を持つことに対して攻撃しない人を選ぶというのは、そこが弱点だという意識があるためでしょう。
    でもタイプ5の攻撃しないという性質を好む人は限定しにくいですね。

    同情する人を嫌う理由は、いくつか予想できます。
    ・同情することによって自分の言い分を通す、つまり同情を利用する人が嫌いだ。
    ・同情することで、相手より余裕を得る。優越感があるはずだ。見下す人が嫌いだ。
    ・同情する余裕があるなら、余裕のない相手を理解していないはずだ。なのに、簡単に接近する人が嫌いだ。
    ・同情は偽善であるのに、気づかない鈍感な人が嫌いだ。

    これらがあてはまる人は、自分と相手との違いを意識する気持ちが強いのでしょうか。
    理解できないからと、軽く扱われるのがいや。
    理解できるからと、重視されないのがいや。

    同情について秋さんから聞いたことはありませんが。

    ユーザーID:2542064794

  • 数をこなす

    トピ主さまがどのタイプであろうと、お手本がいるのは良いことでしょう。

    次のタイプの統合の方向と分裂の方向は下のとおりです。

          統合    分裂
    タイプ1  タイプ7  タイプ4
    タイプ2  タイプ4  タイプ8
    タイプ4  タイプ1  タイプ2
    タイプ6  タイプ9  タイプ3

    タイプ7を見習うことでご自分の良い面が出ないようなら、タイプ1ではないという可能性があります。
    これは応用できる手段です。別のタイプとして再挑戦してみてもよいのではないでしょうか。

    ぐーぐる検索で、エニアグラムといれるとたいていトップに出てくるサイトでもチェックができます。20歳以下だったときを思い出して、という限定つきですがあまり気にせずお試しください。
    各タイプの問題点がよく表現されていて参考になります。

    バーナム効果のことはいつも気になりますが、多くのテストで同じような結果になるという「数」によって、なんらかの傾向を見出せるかもしれません。

    ユーザーID:2542064794

  • タイプ5と私

    複数の顔を持つことは珍しいことではないそうです。
    私の周りにも、本人がそう断言して実際人によって態度が違うという人がいます。
    でもその人は、それを恥ずかしいことだとも見られたくないことだとも思っていない。
    接点のない友人同士と遊ぶことも楽しめます。
    そこのところが私とは違います。
    私はそこならそこ、ここならここの人、という感じでないとどちらに合わせたらいいのか分からなくなります。

    誰でも攻撃的な面はあると思うし自然で好ましいと思うので、攻撃しないからタイプ5を好むわけではありません。
    ただ一緒にいて疲れないとか、安心できるとか、そんな単純な理由です。
    それで、どうして疲れないんだろうとか安心できるんだろうとか考えると、色々な理由をさがすことができるのです。

    同情しない人、というのは私を認めてくれているような気がします。
    同情されたら・・・傷つく場合もあります。
    だからといって同情する人を嫌うというわけではありません。

    つづきます

    ユーザーID:3050387124

  • 私のタイプは・・

    タイプ診断では自分でやるとどうしてもタイプ4になります。
    でも、・・・分かりません。
    内面的なものは共感できるのですが、少し違う面もあるようだし。
    タイプ2と6は違うような気がしますが、クッキー様はどう思われますか?

    やはり1か4のような気がします。
    どちらかによって、統合と分裂が変わって来るので困ってしまいます。

    依存か遊離だけでも分かればいいのですが・・・

    これは自分で決めた方がいいのですか?

    ユーザーID:3050387124

  • 似たもの同士

    たった一つの言葉を気にする方のお気持ちが痛いほど分かります。
    私が今そのように感じているからです。
    私の言葉が人を傷つけたのかと思うと、その何倍もの痛みが返ってきます。
    秋さんや私が好むタイプ5の方は、私達より繊細なお気持ちを持っていらっしゃるので、私達は甘えてしまうのだと思います。
    タイプ5なんて書き方は記号みたいでお嫌いですか?

    私は本当に心を許している人にしか、怒りを表現できないので、その数は一人か二人しかいません。
    そうじゃない人が同じことを言ったとしても、私は何も言わずにいるのです。
    自分がこんなに傷ついたんだよとは言いません。
    タイプ5の方もそうなのではないでしょうか。
    そういうところが、似ているのかな、と思いました。

    ユーザーID:3050387124

  • 本のご紹介

    トピを最初から読み直してみました。
    私が書いた内容は、主様はとっくに気付いておられるようでしたし、
    他の方がもっと分かりやすく説明されていましたね。
    私のレスは蛇足でした。アハハハ。

    主様がご自身の性格を分析する目的は、自分のタイプを明らかにし、
    タイプに合った自信や安寧を手に入れる道筋を知ること、であるよ
    うに思いますが、分析だけでは足りないような気がしてきました。

    私ではアドバイスできないので参考になるかもしれない本をご紹介
    しておきますね。文庫本です。

    「強気の人 弱気の人」
     著者 加藤諦三(かとう たいぞう)
     発行所 三笠書房
     この著者は他にも似たような本を書いています。

    「人生を複雑にしない100の方法」
     著者 イレイン・セントジェームズ
     発行所 講談社
     心の内面をテーマにした本ではありません。気になる
     項目だけでも読めば何らかの示唆をお感じになるかも。

    読まねばならぬ、などと思わないで下さい。
    本屋で手に取る機会があれば、という程度です。

    また蛇足になってしまったかもしれません。
    お許しを。

    ユーザーID:5806969915

  • それでもグループはできる

    私の印象だけでいうなら、トピ主さまはタイプ2とタイプ6にあてはまりません。必要であればそれぞれの人物像についていずれ書いてみます。

    タイプ4であるという診断が信用できるかという問題については、タイプ4ではいけない理由が気になります。

    自分とは、何に対して本気になるかで決まります。少なくとも、本気で選んだものは本人にとって重要なものです。
    それとは別に、常に知らずに選んでいるものがあります。それらをすべて知るのは難しいのかもしれません。
    でも、制限があるときも、本人に偏りがあるときも、常に選んでしまうからこそそれは重要です。

    診断にそれが現れないとしたら、その理由があるはずです。
    それを検討しないで断定するつもりはありません。

    たいていは同じタイプのグループ内に、共通点と違いがみつかります。
    個人にとって、共感できる部分と重要でない部分が混在しても、グループわけは可能なのでしょう。タイプとはその程度のものだ、ともいえます。
    私にわかるのは、共感できる部分が多いなら、そのグループに属する可能性が高い、ということです。

    ユーザーID:2542064794

  • 仮想・各タイプの否定的な反応

    私が「タイプ5」というハンドルを避けたのは、それを他の人に譲ろうとしたからにすぎません。本来は「タイプ5」で十分です。
    秋さんは本名が大切なので、ハンドルを使い分けるそうです。私とは違います。
    私の本名も他人本位の記号です。好き嫌いを聞かれる前に決まっているのですから。記号だから嫌いとも限りません。
    こういうと、一般的には親の愛情がどうとかいう話に発展するのは目に見えています。
    私の言い分に対して否定的なお気持ちになったとして。

    タイプ6なら「そういう姿勢がよくない。親の気持ちを」と誠実なポリシーで叩こうとするでしょう。
    タイプ2なら「愛されている証拠」「大切じゃないとでもいうの?」などが一貫した理屈になりません。攻撃が的をはずします。
    タイプ1なら「そう思うならしかたない」と去るものの、陰では「勝手に嫌ってろ」と平気で捨てゼリフ。
    タイプ4なら「感情が関係ないってびっくり。でも私は自分の本名が大切なのよね」とあくまで自分の世界が大切なよう。

    正しいかどうかは各タイプご本人に聞かないとわかりませんが、私の中ではこういうイメージです。

    ユーザーID:2542064794

  • 閉じた箱

    私はタイプ5か9です様

    この長いトピを全部読んでしまわれたのですか。
    私でさえ全ては無理なのに・・・(別の理由かもしれませんが)

    分析することにこんなに執着してしまうのは、やはり他の人達とは別の何か訳があるのでしょうね。
    自分の中に、まだ開いていない箱があるような気がします。
    これまでの過程で、その存在がまだ見えないけれどある手触りを感じます。

    加藤諦三さんの本は何冊か読んだことがあり、同感できる部分がたくさんありました。
    (そう、そう)と思いながら読むのですが、その後でどうしたらいいのか、というとよく分かりませんでした。
    「強気の人、弱気の人」は読んだことがないと思います。
    「人生を複雑にしない100の方法」は、題名からして私にぴったりかもしれません。
    読んでみようと思います。ありがとうございました。

    いつも、とてもうれしく思っているので、蛇足だとか思われてしまっては私の方こそ困ってしまいます。
    これからもよろしくお願いします。

    ユーザーID:1912529887

先頭へ 前へ
181210 / 238
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧