アメリカ留学で准看護師になりたい!!

レス29
(トピ主3
お気に入り18

趣味・教育・教養

ウィーク

僕は、高卒で正社員で 工場で働いています。現在 20歳 です。
小学校の頃からアメリカで准看護師になりたいと思っていました。
しかし家庭の経済状況で留学費用を貯めながら働いています。
目標は700万で、23歳で貯まる予定です。

アメリカ留学で准看護師に関する事を調べたのですが、どれも詳しくなく曖昧で
経験者などの情報も少なくも、っと経験者の体験談や現地での学生生活や学費を
詳しく知りたいです。
又、准看護師になるには、最低何年ぐらいかかるのでしょうか?

教えて下さい。お願いします。

ユーザーID:6013432896

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アメリカで看護師をしています

    私の場合は永住権があるので、留学やビザに関しては詳しくはないのですが、参考になればと思います。

    私はコミュニティーカレッジで看護師(Registered Nurse)の資格を取りました。
    2年のコースでしたが看護の勉強の他にも必須科目があり、卒業に実質3年かかりました。

    准看護師(Licensed Vocational/Practical Nurse)は1年コースでした。
    アメリカの学校に入学する際に日本の高校で勉強した科目をいくつかトランスファー
    できるとしても、現地での英語の勉強なども必要だと思いますし、最低でも2年間の時間と経済力は確保する必要があると思います。

    また卒業後はどうされる予定ですか?
    アメリカで就職を希望なさっているのでしたら、ビザのスポンサーになってくれる施設を
    探さなければならないと思います。
    CA州の方に、日本人留学生向けにビザや就職先をサポートしてくれる看護学校がある
    という話を聞いたこともありますが、現状など詳しいことはわかりません。

    日本に帰っても米国の看護師免許だけでは日本で就職はできません。
    今のうちから卒業後のことも含め計画されることをお勧めします。

    ユーザーID:7379616472

  • がんばってください

    看護系ではないですが、米国で専門職免許のための学位を取得したものです。ご参考までに意見させていただきます。米国では免許(会計士、建築家など)は州政府の管轄と思います。ただ、学位については全国レベルで認可学位があります(会計、建築等の場合)。看護師はA.S.(Nursing)が最低限ではないでしょうか。これは、コストにも影響してきます。キャリアとしてみた場合、できればB.S.(Nursing)以上を取得することが望ましいと思われますが、たとえば、州立大学の中でも学費の安いと思われるノースカロライナ大の場合、学費だけで2008年度は1学期につき$11,147.38かかるようです(UNCは年に2学期、B.S.は4年)。日本で学位・資格をとり、米国で資格取得の可能性もある野ではないですか?また、米国で学位取得、就職する場合、相応の英語力が必要です。
    尚、留学を考えているなら、留学先を調べるぐらいの調査力は必須です。これから3年間、少しずつ前進するよう、がんばってください。

    ユーザーID:2556672333

  • レスありがとうございます

    レスありがとう御座います参考になりました。
    現在、僕の考えはアメリカで准看護師を取得をして、アメリカで一生懸命働きたいと思っています。
    そこで、今考えているのが日本の専門学校で、一年制のアメリカ留学科に行き、専門学校を卒業後、専門学校と提携しているアメリカの大学が160校あるので、そこで一年間留学科で取得した単位をフルに移籍して二年生から初めようと思っています。なぜ専門学校かと言いますと、スムーズに単位を日本でいながら取得出来る、更に勉強方法、レポートの書き方、自分の専攻合わせた単位が移せるからです。

    ユーザーID:6013432896

  • 待ち時間について。

    2度目の投稿です。 看護プログラムへの希望者が学校側の受け入れ人数よりを上回る場合、ウェイティングリストに乗せられます。 つまり学校に入学してから実際にその学校の看護プログラムに入れるまでに1-2年、人気のある学校では数年、時間がかかる場合もあります。 

    まず学校に入学して看護科に入るまでの待機中に他の必須科目の単位を取っていく訳ですが、看護科へは成績の良い順に選ばれていく可能性が大です。 そして学校側も、卒業後祖国へ帰ってしまうかもしれない留学生よりもアメリカ人の学生を優先する傾向があります。 このように留学生には厳しく不利な面もあるので、必須科目でほとんどAを取るなど、アメリカ人以上の学力と努力が必要になります。 ですから留学生の受け入れに寛大な学校を探してください。

    アメリカでは看護学校のインストラクター不足の傾向もあり、州や地域によっては「狭き門」となっているところもあります。 そのような場合、当然ウェイティング期間は長く、大学そのものへは入れても看護科への進学は難しくなります。 学費などと共に、そのような点もよく調べて、学校選びの際に考慮なさるとよいかと思います。

    ユーザーID:7379616472

  • 辞書を片手に往診?

    此の程度の事が自分で調べられず小町当たりをお散歩では留学は無理です。
    諦めなさい。 

    ユーザーID:2818865250

  • 参考になりますか。。。

    アメリカで高1の子供を持つ母親です。
    通常高校卒業生の進路を見ていますと、准看護士はコミュニティーカレッジの2年コースで取れるようです。
    あなたにはアメリカ高校3年程度の語学力がおありですか?
    お金を貯めながら英語の勉強にも勤しんで下さい。

    求人は新聞にいつも出ていますが、給料が良いのは正看護士で最低年600万以上です。これは大卒で資格が取れます。コミュニティーカレッジから大学にも編入できますので、心配なし。

    金銭は協力隊に参加しますと「こういう参加法は非難もでそうですが」
    2年で貯まります。
    英語かスペイン語も話せるようになりますし。がんばって下さい。

    ユーザーID:2813622855

  • お役にたつか分かりませんが..

    娘が今アメリカの大学の看護学科で勉強しているので気になってレスしました。
    先の方がカルフォルニアにある看護学校の件を書き込んでいたので学校のレスの追記しました。
    ただこの学校は日本で正看護士の免許があることを前提としているようです。また準看護士の資格をとれるかどうかもわかりません。

    「メディカルアブロード」または「看護師留学|看護師のためのNCLEX-RN対策看護専門学校」で検索してみて下さい。

    また7年ほど前ですが日本で看護士をしていた友人はアメリカで12ヶ月ほど専門学校に通い、カルフォルニア州でRegistered Nurse(RN) の州政府試験に受かり今 RNとして働いています。但し彼女曰く労働許可証取得に苦労したといっていました。

    トピ主さんはまだお若いし、経済的に考えて日本で4年生の大学の看護学科をでてからアメリカでRNの資格を取得するのもいいのではと思います。
    また確かではないですが准看護師(LVN)の資格よりRNの資格を取ったほうが労働許可証を取る際にスポンサーを探しやすいのかもしれません。

    労働許可証等ついてはあまり詳しくないのではっきりしたことはわかりませんが。

    ユーザーID:4377000615

  • 訂正

    たびたび失礼します。 

    私の最初の投稿で、「高校時代の単位をトランスファー」と書きましたが間違いです。 高校での単位はアメリカのカレッジレベルにはトランスファーできません。 失礼しました。 ただ、入学する際に、日本での高校の英文での卒業証明書は必要になります。 

    ユーザーID:7379616472

  • 後で思い出しましたが。。。

    後で思い出しましたが、今度日本政府がフィリッピン人看護士を招くそうですが、それと同様のことが既にアメリカで行われています。いっそフィリッピンで資格をお取りになったら?病院での受け入れですから、渡米時に住居、とかいろいろサポートされていると思います。日本にも行き易いし。生活費も,分かりませんが、アメリカよりはずっと安いと思いますよ。あと、どうせ勉強なさるのでしたら、准でなく、正を目指した方が将来の収入と待遇が違います。どちらにしても英語が必須です!

    ユーザーID:2813622855

  • 私は

    アメリカで準看護師めざしてます。(LVNといいます。州によってはLPNとも)
    コミュニティカレッジ行ってます。
    このコース自体1年ですけど、解剖学とかそういうの含めれば2年ぐらいだとおもいます。
    私の場合、グリーンカードがあるのですが、
    準看護師ぐらいだと、ビザスポンサーになってくれるようなところは皆無とはいわないけど、ないとおもいます。結局、準看護師程度だと、別にわざわざ高いお金出してビザスポンサーにならなくても現地のアメリカ人雇えばいいのですから。
    また、準看護師は、病院ではあまり職がないです。ケアホームとかのほうが多いかな。滞在資格のほうは、もしご心配ないようでしたら、すいません。
    なので、大学卒業のナースBSNのほうが、まだ、卒業後ビザスポンサーを受けることができる可能性が高いです。ちなみに、うちのコミカレは1年のLVNコースで日本円で50万ぐらい。(教養科目含まず)RN(正看護師)で100万。
    学校によります。大学のBSNは私立は高いし、州立も留学生は高いです。(うちのだんなさんは大学院留学でMBA取りましたが、一年240万ぐらいの学費でした)

    続きます。

    ユーザーID:1532220737

  • つづき。

    プラス、アメリカは教科書代がめちゃ高いです。
    ほかの方のレスにありましたが、たしかにWaiting listがありますね。
    うちは成績関係ないけど、大学とか、コミカレによっては、教養科目の成績が良くないと
    はいれません。

    あと、授業はほんと大変です。
    アメリカ人でも、どんどん落とされていくひとおおいですよ。
    なので、すっごい厳しい世界です。私も教養科目含めてすっごい勉強してます。
    (今は夏休みだけど)

    ネガティブなことばっか書いてしまいましたが、がんばってください。
    でも、卒業後のビザとかそういうことが問題にあるなら、準看護師はお勧めしないなあ。外国人なら、大学卒の看護師ぐらいじゃないとむずかしいと思います。

    ユーザーID:1532220737

  • 各学校のウェブサイトで直接情報がわかります。

    アメリカで正看護師をしています。私は、日米各国で4年の大学を卒業、3年日本で働き(留学資金を貯める為)、7年アメリカで働いた後、Community College(公立の2年制短大)へ戻り、Assosiate Degree in Nursingのプログラムを終了し、現在地元の病院で看護師になって4年くらいです。
    Community College にしたのは1)授業料が安い、2)学位に興味なし 3)4年制よりも入学が比較的簡単 4)準看護師では労働ビザがおりない(とても重要) だから。
    卒業校は、Shelton State Community College(インターネットで学校・プログラムの詳細わかります)です。授業料は現在$161/1単位(州内生徒の2倍)で、正看護師のコースは2年で72単位なので合計$11592です。(教科書代他含まず)
    私は、入学前の必須科目取得、入学試験等で合計3年かかりました。準看護師は1年コースですが、外国人にビザが下りないので、正看護師を検討して下さい。ただ、入学者の半分以下しか卒業できなかったので、英語力ないと難しいです。

    ユーザーID:4694415539

  • まずは日本の資格を取ったほうがいいんじゃ?

    なぜトピ主さんがアメリカの准看護師の資格を取るのか気になります。
    現在の語学力はどのくらいですか?
    留学までに日常会話以上の語学力を身につける自信はありますか?
    母校の高校には看護科があったのでその科の友人もいましたが
    (卒業後準看護師の受験資格が得られます。現在は看護科は5年制になり
    正看護師資格取得までできるようになりましたが。)
    とにかく勉強が大変そうでした。教科書なんて20冊以上あるし
    赤点が80点だったし実習もありましたから。
    日本語で勉強しても大変な専門用語をいきなり英語で勉強して
    大丈夫というかついていけるのかなと。

    日本で資格を持っていれば看護の基礎はわかっているので
    なんとかなるんじゃないかとは思うんですけど・・・。
    永住するつもりなら焦らずにまずは看護の勉強をして欲しいです。
    辞書片手の看護師さんは遠慮したいです。

    ユーザーID:1673282250

  • いくつか考えてみるといいこと

    私も日本の資格をとってからというのがいいと思います。私の友人は日本で正看護師として働いてからオーストラリアの大学に編入して3年後に卒業と同時にめでたくレジスタードナースの資格とと勤務先そして永住権を獲得しましたよ。

    私が日本の資格をと思った一番の理由は看護の仕事を本当に好きか見極めてから留学してもいいと思ったのと、あとはどこの国でも看護実習は必須ですので、日本での経験があれば、それだけ有利です。別の見方をすれば経験もなくましてや英語での実習は正直かなりきついと思います。

    アメリカにこだわらないならオセアニアは治安、看護師の需要などの観点から一考の価値ありです。編入の条件などは大学によって違いますので調べる必要があります。

    職業として自分がやっていけるのかそしてビザや就職先までのことを考えてから渡航先もきめるのをお勧めします。日本の専門学校やエージェントを利用される場合ももうけ主義でないところを選ぶよう注意が必要ですよ。

    ユーザーID:5897239384

  • 私の友人

    私の友人が日本の看護学校を出て、一年ほどアメリカのコミカレで他のメジャーで勉強している合間に、Registered Nurse(RN) の試験勉強をしていました。で、その後、試験に合格してナースになり、働いていた病院からサポートしてもらい、ビザもだしてもらったようです。やはり基礎が分かっているとかなり違うので、私も日本で取ってからアメリカに行った方がビザも取れやすいかな、と思うのですが。

    ユーザーID:2997395205

  • 単位の移動について

    ええと、単位の移動についてですが、簡単に考えすぎないほうがいいですよ。 日本の専門学校やそこの提携大学で取った単位が、全米のどこの学校へもトランスファー可能、って思い込んでたとしたら大間違いです! 痛い目にあいますよ!

    というのも、例えばA大学への編入を希望する場合、解剖学の単位ひとつ例にとっても、Bカレッジの解剖学の単位はトランスファーできても、Cカレッジの解剖学はトランスファーできない、といったことも多々あるわけです。他の学校に編入の際に、過去の単位が認められず、2度同じ教科を取るはめになった話はよく聞きます。 そうなると時間もお金も無駄。 

    学校側はとにかく生徒集めに必死ですから、「我が大学で取得した単位をフル移籍!」などと上手い話で宣伝するわけです。 学校側のうたい文句に惑わされないように。 

    ユーザーID:7754193621

  • 難しい

    夫がcommunity collegeの副学長をしています。西海岸はどうかわかりませんが、ここでは200人入学して看護師になれるのは20人です。ほとんどAを取らなければ落とされます。もちろん英語でです。わたしが患者だったら、たどたどしい英語の看護師さんでは不安です。今は情報があふれています。ご自分でリサーチできない英語力だったら、無理ではないですか?

    ユーザーID:7899830917

  • 提携大学に編入、って大丈夫ですか?

    留学準備をお手伝いしてくれる学校や業者は山ほどありますが、宣伝文句に惑わされないようにしてくださいね。

    トピ主さんがレスの中で仰っている、専門学校と提携している大学に、准看護師の資格が取れるコースは含まれているんですか? 他の方も仰っていますが、労働許可がおりる可能性の低い准看護師の資格を留学生に用意している学校があるとは考えられないのですが。 下手すると、運良く資格は取れても就職先がない(労働ビザが取れない)なんてことになっちゃいませんか? 

    提携大学に准看護師のライセンスが取れるコースがなければ、他の学校に移らなければならなくなりますが、その際に、日本の専門学校や提携大学でとった単位がすべて受け入れられるとは限りません。 

    ↓こんな記事も見つけました。 水をさすわけではないのですがこういう事情も知っておいたほうがいいかと。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114851261

    それと米国でずっと働くなら准看よりも正看護師を目指した方がいいのではと私も思います。

    ユーザーID:6427221320

  • 貯金の他の準備もコツコツと

    夢なんだったら、ぜひ叶えてほしいモノですね。

    ただ、お金も大切ですが、英語力、基礎学力、専門知識、アメリカについての文化知識を日本で地道に蓄えておきましょうね。アメリカに行ったら何とかなる、というわけではありません。他の方もおっしゃるように、事前の準備次第で、必要年数が大幅に変わります。

    早速高校の時の教科書や参考書を出して来て、全教科、徹底的に復習しましょう。特に理科の全分野と英語はばっちりと。社会も、歴史の細かい年号の暗記とかは要らないと思いますが、政治経済地理など、仕組みをしっかり理解しておく。数学も、あまりにも高度なものは別として、そこそこのレベルまでは確実にできるようにした方がいいと思います。

    分からないところは図書館やインターネットを活用して、徹底的に学びます。高卒後ブランクがあって、教科書での勉強が難しいなら、図書館の司書の人に尋ねて、わからない分野の入門書なり紹介してもらってください。

    高校の復習ができたら、短大程度の勉強、何とかする方法を考えてみてください。

    近くの病院や老人ホームなどでボランティアして、日本での医療事情をよく理解しておくのもいいかもですね。

    ユーザーID:0839631655

  • トピ主

    レス本当に有り難う御座います。
    皆さんの意見を参考に、もう一度よく考えて、 自分にあったミチを探したいと思います。

    ユーザーID:6013432896

  • RNの友人の話

    昨年卒業して仕事探しを始めた友人。最初はビザのことを話さずに
    ほぼ就職確定と言うところで、ビザステータスを聞かれ、
    OPTビザ(卒業後に1年間働ける資格のあるビザ)と言うと、ことごとく断られ続け、
    しまいには自分からはビザの話をしない!と相当なストレスを抱えていました。

    ようやく仕事が決まり、OPTも切れるので辞めないといけないと言ったところ、
    その病院がスポンサーになってグリーンカードを申請することが決まったのはいいのですが、
    何年かかるか、アメリカの法律制度は変化が激しいから遅くて5年かかると弁護士に言われ、
    グリーンカードが取れるまでカナダの病院で働くことにしたようです。

    看護師さんはどこに行っても需要があるし、いいと思います。
    ぜひ夢に向かって頑張ってください!

    ユーザーID:4325014462

  • 尊敬します。

    トピさんのほしい情報は皆無なのでごめんなさい。
    でもトピを読んで本当に立派な方もいるんだなと感心してつい応援のつもりでレスしました。

    私は日常の生活でうまくいかなかったり、希望が叶わなかったりそうなるとつい自分のせいではなく育った環境や他人や社会のせいにしてしまいます。
    なんでこんなお家に生まれたんだよ〜とかこんだけやってるのにみんな全然認めてくれないとか、心がサクサクトゲトゲしてしまいます。
    だからトピさんのように目標に向かって頑張ってらっしゃるトピをみると自らを恥ずかしく思うし、反省します。

    トピさんとても尊敬します!

    ユーザーID:8125565101

  • 頑張って下さい

    たとえお金を貯めるのに何年かかったとしても、ぜひ目標に向かって頑張って下さい。
    私は看護学ではなく、会計学を学びにアメリカに来た者ですが、お金を貯めるのに26歳までかかりました。
    また英語力を高めるためにTOEICを受けたり、TOEFLの教材を買って勉強してました。
    トピ主さんも、今お金を貯めることに必死になっていると思いますが、
    英語に慣れ親しむ環境を作って下さい。
    将来アメリカで暮らしたい、という思いがあるのなら、
    もう一段目標を高く持って、正看護士を目指されてはどうでしょうか。
    収入がだいぶ違ってくると思いますし、労働ビザが下りやすいと思います。
    同じ大学に通った日本人で、看護学を専攻し現在は正看護士としてアメリカの病院で働いている人を知っています。
    彼女は私より1つ年上でした。
    彼女曰く、看護学はとても厳しく、アメリカ人でも成績が追いつかなくてドロップアウトしていく学生が多いようです。
    よって彼女は睡眠時間削って人一倍勉強していましたよ。
    トピ主さんも夢に向かって頑張って下さい。悔いの無い人生にしましょう!

    ユーザーID:5104760990

  • まずは日本で。

    なぜにアメリカにこだわるのか、まずはその過程をよく考えてください。日本で看護師になるには遊ぶヒマがないくらい講義とレポート、実習をこなさないと国家試験受験資格を得ることができません。その前に看護学校への受験勉強もしなくてはいけません。それからアメリカでナースをしたほうが、正直「使える」と思います。現実を見据えた上で、夢をかなえてください。

    ユーザーID:0722149057

  • 頑張ってください。

    米国在住、二回の入院経験から言わせていただくと、地域性と病院の種類もあるかもしれませんが、看護師さんや医師の多くは、移民の方でした。(地元の大学病院で、全米でもトップレベルの病院です。)

    私が住む地域は日本人も多いので、日本語ができる看護師さんを募集しているのをよく見ます。需要が高いので、一度資格を身につけたら、喰いっぱぐれはないように思います。

    カレッジ時代の友人で、やっぱりこちらで資格を取った男性がいますが、彼は高卒でこちらに来て、理系分野に長けていたため、米国政府からの奨学金をもらったくらい優秀な人でした。現在は資格を活かして、老人ホームで総括管理をしています。その彼の英語は、お世辞にも上手とは言えませんでしたが、結果を見れば、それが大した事じゃないってわかりますよね。

    お若いのに、自分で留学資金を貯めているトピ主さん、応援してます。夢を夢で終わらせないで頑張ってください。学校の順番待ちは長いけど、いつかはちゃんと回ってきますから、大丈夫ですよ。

    因みに私は、通勤中に本とテープで英語の勉強をしてから留学しました。地道にやっておけば、結果はでますよ。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:4288244040

  • トピ主

    色々な意見を頂き、本当にありがとうございます   現在、留学に向けて、主にTOEFLを中心に勉強をしています。又、英検も準1級取得出来る様に勉強しています。 日本で看護師の資格取得した方が良いと言う、多数のアドバイスを頂いたのですが、よく考えた結果、やはり僕自身、アメリカで看護師資格を取得したいと言う、強い思いがあるので、 これから更に努力をして頑張っていきたいと思います。

    ユーザーID:6013432896

  • アメリカで出産しました

    アメリカで初産を経験しました。
    妊娠中も特に問題なく、こちらで主流の無痛分娩でしたが、それも問題なく。多分、自然分娩が主流の日本のお産と違うところは、麻酔のコントロールのあるなしかな、と素人ながら思います。

    で、初めての入院、初めての出産という状況で、私の担当になってくれたナースの方たちは、人種も英語のアクセントも本当にさまざま。日本人のナースしかいない日本の病院との違いにびっくりしました。

    出産直後、ずっと付いててくれたナースの方は多分、東南アジア出身の方。英語もなまりがつよくてわかりづらかったけど、でも、全然不安は感じませんでした。それはもちろん、命が危機的状況でない入院だったこともありますが、何より、彼女にはプロとしての威厳があったからです。ナースとしての自信。患者にはそれが一番の安心できるよりどころです。

    トピ主さんも異国の地でナースになろうと決心された中で、言葉の壁や習慣の違い等の不安もあるかと思いますが、プロフェッショナルであること、に誇りと自信が持てるよう学び、努力されることで道は開かれるのではないかと思います。

    がんばって。

    ユーザーID:4229910373

  • 考え直したほうが良いように思います

    英語に問題が無く、看護師になれたとしても 私はお勧めしませんね。

    観光旅行や日系企業の駐在員経験ではわからないと思いますが
    日本人がアメリカで仕事をして人並みの暮らしをしてゆくのは とてつもなく大変なんですよ。

    血を吐くような努力をしたとしても、日本での生活レベル以上の生活レベルは維持できないと思いますよ。

    何をするにもまず お金が必要です。
    留学費用の700万円しか無いならそれだけでアウトだと思います。

    ユーザーID:2051838224

  • 大学にもよるかも

    アメリカのコミュニティカレッジで経営学の準学士号を取って外資系で働く者です。
    看護学の平均学費、システムなどは学校によって違うと思います。国際的な門戸を開くカレッジであれば生徒の相談役みたいなオフィスがあるはずです。日本人スタッフが勤務しているケースもあるはずです。
    ちなみに私の行ったエドモンズコミュニティカレッジ(シアトル)では日本人アドバイザーがいて様々なケアをしてくれました。
    気になるカレッジには片っ端からメールで(勿論英語)聞いてみるのがいいと思います。
    ちなみに、コミュニティカレッジは米国人にとって費用や高校時代の成績を鑑みると入学し易さが利点ですが、アジア人にとっては入るのもTOEFL500ー550は必須です。高校時代の英語版成績証明書も必要です。現地での授業もハードで宿題も多く、怠けると米人でもドロップアウトは日常茶飯事です。まずESLで、レベル3ー5で初め、すぐカレッジに入るなど、経済的な近道を努力しないと、生活費と授業料でカツカツですよ。教科書はusedがありますしバージョン次第では友人から譲り受ける事も可能。
    まずは英語!頑張って!

    ユーザーID:7917389710

レス求!トピ一覧