外国(日本と違って不便な国)に住んでる方、教えてください

レス40
お気に入り31

わたげ

話題

こんにちは。駐在員の家族として外国に住んでいる者です。
皆さんのご意見を伺いたく、トピを立てました。

先日、夫の会社から改めて、「なにかと必要になるから」と駐在員の家族同士、
お互いのつながりをプライベートで持つよう、言われました。

「なにかと必要」ってどんな場合?今いる国は、
日本食材さえ近所のスーパーで買えてしまう先進国。
特に困ったこともなく・・・

と思っていましたが、もしこれがアフリカや中東諸国など、
日本と文化が全く違って、政治も不安定だったりする国だったら、
その「必要」があるのでしょうか。

夫に
「例えばこういうこと?『(日常)女性が一人で街を歩けないから、日本人同士お友達で行動したりする』とか、『(究極)暴動が起きたとき、邦人救出の専用機到着を、駐在員家族同士で連絡する』とか?」と聞いたら、
「うーん」と言って、答えてくれませんでした。
(夫も経験なし)

みなさんのご経験など教えていただけるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

ユーザーID:0716753253

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とにかく日本のモノと情報がないのです

    今は日本に住んでいるのですが、アフリカや南アジアに滞在経験があります。国毎に事情も違うのですが、次のような事情とメリットがあると思います。

    ・日本食の材料が全然手に入らない。一時帰国時や知人の来訪時に入手(郵便事情が悪く荷物も常時日本から送れない)
     →貴重な食材が入ったらお裾分けしあう。たまに日本食パーティを開催。
    ・郵便事情・ネット事情が悪く、日本のモノ・情報が入手しにくい
     →日本人同士で情報交換。地震等のニュースだけでなく、子どもの教育教材をシェアしたりも。

    ・日本人を狙った犯罪が多発しても、その国では特に報道されない
     →日頃から日本人ネットワークがあれば、情報をシェアして予防的対処が可能。

    ・子どもの教育からアミューズメントまで、とにかく選択肢が少ない。(例:現地の最大の娯楽は親戚の家を訪問することで、映画館や遊園地も非常に少ない)
     →情報をシェアすることで滞在を楽しむことができる

    現地では関税が高くて車が買えないので、日本人コミュニティの中で、帰国する人・新規に来る人の情報をシェアして車の売り買いをするという話も聞いたことがあります。

    ユーザーID:7377008784

  • 大切だと思いますけど

    私はアメリカ人と結婚して永住組みなので参考になるかどうか分かりませんが。。。

    やはり駐在家族同士のつながりは大事にされた方がいいと思いますが。例えばお医者さんの選択ですとか現地人との関わり、お子さんの教育の面などで将来分からない事ができた場合やはり同じ事を経てきた他の駐在家族の意見は参考になると思いますよ。日本で社宅で生活する際に他の家族の方々を生活に支障ないからといって無視はできませんよね。無理にべったりのお付き合いとは言いませんがやはりご主人の仕事の関係もあるでしょうしもちずもたれずの関係を築くことは大切だと思いますよ。

    ユーザーID:2900442140

  • トピ主です

    レスありがとうございます。

    ふーみん様
    書いていただいたこと、ひとつひとつに納得です。日本食材調達から娯楽まで、「つながり」が「生活の質の向上」に、とても大きな役割を果たしているんですね。“車”は買えないくらい高級品、ということにも驚きました。

    パームツリー様
    もちつもたれつの関係・・・正直、それが難しい所!?トピにも書きました通り、現在の生活に不便はなく、周りの奥様方も、駐妻「つながり」でないところで現地情報など調達しているようです(例えば同じアパートのご近所さんとか)。私も、今の住まいの大家さんが日本人なので、必要なことは全部教えてもらいました。
    こんな感じなので、会社が「つながりを・・・」と言っても、どう「つながって」いいかよく分かりませんでした。

    ユーザーID:0716753253

  • いざという時のために

    なにもショッピング情報のために仲良くするわけではありません。
    もしあなたがトラブルに巻き込まれたら? 他の駐在家族は会社から「どうして教えてあげなかったのか」と注意されます。たとえあなたが関係を拒否しても、です。
    駐在同士、助け合うようにというのは会社の命令です。なぜなら、何かあったら会社の名にキズが付くからです。

    こんな話を聞いたことがあります(数年経っても語り草です)。
    若い帯同婦人が、駐在員家族よりも現地在住の国際結婚組との付き合いを好み、駐在家族との付き合いを毛嫌いしていました。
    ある日、彼女が事件に巻き込まれました。ところが、仲良くしていた友達は、ご主人(現地人)が「関与するな」と言ったらしく、見て見ぬふり。
    結局、同じ会社の駐在家族が一切の面倒を看たものの、「普段は無視しているくせに、困った時だけ泣きついてきた」と、邦人会で一気に悪評が広まりました。
    彼女は居づらくなって帰国。すると今度は、「奥さんに帰られた」とご主人が居づらい状況に。もちろん、日本の本社にも事の経緯が全て伝わっています。

    面倒でも最低限の接点は必要ですよ。

    ユーザーID:1446564724

  • つながりなんてなくても生活できますが・・・・

    駐在ではありませんが、不便な国ばかりに滞在経験を持つものです。

    う〜ん、つながりって何でしょうね?
    不便な国でもつながりがなくても全然生活していけますよ。生活情報も知らないなら知らないなりに済んでいくし、また自分で発見することもあるし、まあ、そういうことは自分でなんとかやっていくものだと思っているので、大して困ったりしないですし、日本人じゃない人からの情報もあるのでそういうつながりってなんだろうと思ってしまいます。

    ただ、推測するに、同じ日本人として海外に暮らすストレスとか情報交換網などがあるとシェアできたり、安心だからじゃないですか?不便な国だとやっていけない人もいるでしょうし。

    ユーザーID:0930861763

  • 駐在8年目になります。

    私の場合ですが、最初来たばかりの頃は、同じ駐在員のご家族、特に同じ会社のご家族ともおつきあいをしておりましたが。導入はそこから。。でも、
    まず、子供の年齢が全く違う、(生活ペースが子供有りの場合子供の学年に左右されあわせにくい)
    趣味が違う、お互いの年代も違う、等の理由もあったのでしょう、だんだんお会いするのも
    会社関係のイベント等でお会いし、そのときにお話しするだけにだんだんなっていきました。
    そして、駐在、永住問わず、出会った気の合う方々とのおつきあいが今では続いております。
    そしてその中で、困った時はお互いに助け合いながら、暮らしています。
    困ったとき、必要だから、おつきあいをするのではなくて、大切なお友達として。
    だから、自然におつきあいすればよいのではないかと私は考えています。
    ちなみに私の暮らすこの国も、平和で、のんびりしていて、暮らしやすい、不便のない国です。

    参考になりますかね。。

    ユーザーID:1870426468

  • でも

    私としては、”みんな仲良くやっていこう”ってくらいの意味かなあと思ってしまいました。
    私も、日本食が簡単に手に入る海外に駐在の帯同として暮らしていましたけど、会社の奥さんたちとお会いするのって歓迎会、送別会、クリスマス会・・・くらいの時でした。
    それに出席したくないですか?
    それくらいはいいのではないですかね?

    でも、会社によって違いはあったようです。
    違う会社の奥さんは、会社の奥さんとの付き合いが大変だって言っていました。

    私の場合は、上に挙げたような会くらいでした。
    でも、みんないい人で楽しく話をしましたよ。
    やっぱり多少緊張や、、、気を使ったりはしますけれど。
    苦になる程ではなかったです。


    同じ会社ではない奥さんたちとはもっと付き合いはありました。


    情報の交換や、同じ立場での悩み・・・大切な付き合いだったような気がします。

    ユーザーID:7998089179

  • あ、違うか

    ごめんなさい。
    もう一度読み直してみたら、別にそれが嫌とは一言も書いてありませんでした。
    ただ、今住まれているような先進国ではなくて、もっと危ない国だったとしたらそういうことが必要なのですか?という質問なのですよね?

    ああ、でも、やっぱりそういう国にいたら、連絡がすぐ取れるような形にはしておいたほうがいいですよね。
    私もそういう国に行くかもしれないですけれど。

    ユーザーID:7998089179

  • 横のつながりは大事でもあり、ウザくもあり・・・

    そうですね、有事の際には頼りになるものだと思います。

    でも、個人的には『なるべく関わり合いたくない』のが本音です・・・

    英語(もしくはそれ以外の現地語)が流暢で、一人で行動できて、日本食も簡単に手に入るのなら会社関係の繋がりなんて面倒臭いだけですよね。

    私は駐在員の子供として育ち、マレーシア・シンガポール・アメリカ・ドイツで数年ずつ暮らしました。母が駐在員妻の立場でしたが、大変そうでしたよ。

    奥様会なるものの存在、強制的なボランティア活動参加(笑)、日本人会の繋がり、おヒマな奥様達のエンドレス噂話・・・英語ができるという事で私もかり出された事数知れず。

    母は上手に距離を置いていたようでしたが、それでも『疲れるわぁ』て時々言っていました。

    私は縁あってシンガポールで出会ったイギリス人男性と結婚し、何の因果か駐在員妻になりました。今まで3カ国に駐在しましたが、日本人とは関わってないです。意識してではないのですが、夫の会社が多国籍企業で日本人が少ない事、そもそも私がグループに属すのに向いてない事が主な理由でしょうか。

    案外平気なもんです。

    ユーザーID:3945847245

  • トピ主です

    地中海沿岸様

    レスありがとうございます。トラブルに巻き込まれたら、会社から他の家族が注意を受けるということですが・・・すみません、想像力不足で、ちょっと状況がよく分かりません。

    どのような種類のトラブルでしょうか?盗難?強盗??警察や大使館でなく、邦人会が一切の面倒をみられるトラブルって一体???

    一切駐在員家族との接点がなかった奥さんが、トラブル後「居づらくなった」のはなぜ?これまで接点なく暮らしてこられたのに、邦人会に睨まれたら、接点がなくても、もう現地に居られなくなる??

    お時間ありましたら、もう少しご説明いただけると、ありがたいです。

    ユーザーID:0716753253

  • そんなにこだわらなくても、、、

    アジアの某国に住んでおります。

    トピ主さんの発言を見て、特に駐在員同士の交流、助けは要らないという印象を受けましたが、
    そういうことですか?

    先日、海外出張中の方が突然、現地で亡くなりました。
    このようなケースは稀ですが、そんな時はやはり駐在員の家族の方が助けてくれるのではないでしょうか?
    実務は会社の方がしてくれるとは思いますが。
    また、駐在員の方が困っているときなど、助けられるではありませんか?
    そういうことには関わりたくないのですか?
    病気になるとか、事故を起こしてしまうとか、予想しないことも十分起こりえるわけです。
    食材云々ということはそれほど、大事だとは思いませんが、外国人として知っておく情報は日本人の方と
    共有したらいいと思いますが、どうでしょう。

    ユーザーID:6551587717

  • 第三世界

    いざという時に日本大使館、または領事館へ連絡してくれるとか、連絡を頼める場合とか。特に第三世界の場合は日本大使館の判断がアメリカ大使館にならえ、という場合もありますし。そういう急な時の連絡は駐在同士でつながりがあった方がし易いと思います。特に今時の食料品値上げで、貧困層で暴動が起こる可能性も大ですし。あと子供の安全にも目が行き届きますし。誘拐の対象になる可能性も大だし。

    ユーザーID:9866820112

  • こんにちは。

    某アジアに住んでいます。アジア2カ国目です。

    前の国ではその町に住んでいる日本人女性は私一人でした。
    それでも気楽に暮らしていたし今回の国にはたくさん日本人がいるので
    戸惑っていましたが、ありがたいことがたくさんです。

    本当に不便な国なので日本のものがなかなか手に入りません。
    手に入るものであっても自分の生活範囲だと出会わないものがあります。
    でも、同じ駐在仲間の人に
    「○○で☆☆が手に入るよ!」とか
    お料理上手な奥様が
    「この野菜は○○と味が似てるから代わりになるよ!」とか
    教えてもらえて本当に助かっています。

    知らなきゃ知らないまますごせるんですけどね、
    やっぱり教えてもらえると我慢して生活することが少なくなります。
    (我慢してると日本に帰国した際すごい反動で買い物ばかり…。
    でも、今の国はろくに荷物も送れないので(紛失や高い税金のため)
    荷物の選別がとてもつらい…。)

    あとは、どこどこのローカルのお店なら食べに行っても大丈夫だとか…
    どこどこに子供が遊べるスペースができたとか…
    主に情報のすばらしさで必要です。

    ユーザーID:1262087693

  • 昔話

    いざという時、駐在員家族の助けが得られるだろうかと考えてみましたが、私の現状でそれはなさそうな気がします。

    私が急な病気で数日入院をした時、夫の同僚家族はもちろんそれを知ってはいましたが、何も手助けはありませんでした。
    就学年齢の子供はカギっ子になって、夫が早めに帰宅して世話しました。
    勿論それを恨んでいるわけではありません。
    逆の立場に立ったら、やはり私も他人の生活に深く立ち入るのは遠慮すると思うからです。

    ただ、長く駐在をしている方の話だと、昔は相当深いお付き合いだったようですね。
    奥様の実家で不幸があり、奥様は幼稚園児の末っ子だけを連れて帰国。
    残された小学生二人、ご主人のお世話のために、まだ子供のいなかった部下の奥様が頼まれて通ったそうです。
    食事作りも朝昼晩と三食!

    盗難や家族の病気等のケースは周囲でもありますが、大使館のサポートを受けたり日本から家族が来て対応したりで、駐在員同士で解決したということはまだ聞いたことがありません。
    差し支えない範囲でいいので、どんなケースだか私も教えて頂きたいです。

    ユーザーID:0076323222

  • トピ主さんへ(続き)

    アメリカ・欧州などの先進国で、在留邦人・永住日本人が多い国に住む方には想像つかないと思いますが、途上国や宗教的戒律が強い国や、日本人が数百人しかいない国(しかもその大半が駐在員)では、日本人と絶縁した状態では暮らせません。
    本当に1人で出歩けない国もあります。たった数分のスーパーにも運転手を雇わなければならなかったり、1日中家から出られず、精神的に参ってしまう人も少なからずいるのです。

    何も毎日べったり付き合う必要はありませんが、ある程度の接点は必要です。
    今は便利な国にいらっしゃるからそういった関係を煩わしいと思うでしょう。でも若いうちだからこそ、そういった面倒な社会の仕組みを勉強することも大切だと思います。

    それから、文章に「???」ばかりたくさん付けられると、バカにされたような不愉快な気分がします。そんなにオカシイですか。

    ユーザーID:1446564724

  • いらないと言えばいらないかも…

    トピ主さんが必要を感じていないなら
    無理してまで日本人の繋がりを持たなくてもいいのでは?
    中には日本人と話せないことがストレスになる人もいるようなので。

    それにしても、会社からプライベートのことまで指定されたりするんですね。
    現在駐妻の立場ですが、日本人が少ない会社のせいか、
    奥様会とか会社のイベントとか強制されて出るものはないのです。 

    私は子供が生まれる前まではそれほど日本人との交流を意識してませんでしたが、
    子供が生まれて、学校に行ったりすると「何かあったら」で日本人同士の付き合いは
    大切にしています。

    今のところ、何かあったらの一番の可能性は夫の出張中に私が病気になるとか、
    そういうことです。
    あとは、どこに泥棒が入ったとかの犯罪情報とか、交通規制とか、
    まあ、情報網は広いほうがいいということでしょうか。

    ちなみに同じ会社の奥様とは面識がある程度です。

    ユーザーID:1684510904

  • お手伝いできることがあります

    主さんは、ご自分が困るようなケースを想定しづらい、と考えておられるように思います。
    本当に、それはご主人、ご主人の会社、そして大家さんなどに恵まれてのこと、お幸せですね。
    でも、逆に日本人の大家さんが全部教えて下さった、「必要なこと」の情報を得られない方や、
    心細く思う方もおられるかもしれません。
    助けてもらうケースだけでなく、助けになれるケースも想像してみてください。
    プライベートで何かと集まったり連絡したりする必要は、望まないならないと思いますが、
    個人の連絡先を交換して、何か困ったら連絡してもらえるようにしてはいかがですか?

    ユーザーID:5571297096

  • 普通に受け止めればいいのでは?

    人事にいます。なぜそんなに深く考えるのか不思議です。

    会社としては、当然会社都合による駐在ですので、本人やその家族に駐在による負荷を軽減しなければいけないと考えています。
    つまり、業務円滑のためです。
    たまにあるんですが、鬱になる奥さん、子供の教育のことで帰国する母子…、駐在による負荷でプライベートに支障をきたし、業務に支障をきたす。これは駐在を決定する人事としては、さけたい。

    それを、同じ立場の人と交流や情報交換をすることで、本人の負荷軽減につながるかもしれない、という考えです。
    また他社の家族と仲良くせよ、とは会社は命令としては言わないでしょう。自社の人事のことなんですから。

    「実際、必要ないんですけど」っていうのは「実際」の話ですよね。
    規則・命令というものは、大抵、理想論の上に基づいていて、趣旨を理解しながら実際の運用を行う、というのがごく普通の解釈ではないですか?

    トピ主さんの質問はまるで、”校則で「帰り食いするな」とあるので、その意味を真剣に考えています”、くらいに感じました。

    でも本気で疑問に思っているようですので・・・。

    ユーザーID:0495411046

  • 強制されるほど必要ではない

    アフリカ在住の駐在妻です。過去に先進国での駐在経験があります。

    当地では食材、インフラ、治安面で不便・不安なことは多々ありますが、
    それは他家族との繋がりで解消されるものではないと思います。
    家族単位で関係を良好に保つ、位の意味合いで理解すれば宜しいのではないでしょうか。
    限られた娯楽の中で、レジャーや食事を「楽しい」と思って
    ご一緒できる家族ができるとそれはそれは何よりの休息になります。

    一方で、その大きくはない日本人社会において居づらい出来事が起こってしまうと、
    その方は帰国まで居心地悪く過ごすことになります。
    ですから「家族が仲良くしなければいけない」などと堅苦しくとらえず、
    自然なお付き合いを心掛ければよいのでないでしょうか。

    ユーザーID:5571716401

  • 正直面倒です。

    大変だなと思ったのは、
    例えば日本から役員が訪問となると
    奥様総動員でおもてなしをしなくてはいけません。
    そういった場で、普段奥様方とあまりお付き合いをしていないと
    その場に居辛いのですよ。とっても。
    ですから普段から当たり障りのないお付き合いをしています。

    ユーザーID:3786000627

  • そこそこには…

    私は主人の派遣により6年間東南アジア2ヶ国に滞在したものです。
    私たちの場合でいえば その6年間の間にいろいろなことがありました。
    東南アジアに広まった感染症により自宅監禁状態近くの生活になったことがあり 情報交換が大切でした。 
    また スマトラ沖地震により会社の同僚が被害にあいその手助けをしたのは駐在員の私たちでした。
    日本でしたら本社が行うような業務を派遣員の奥様達もが走り回り 他国まで行き手助けまでいたしました。
    少しでもお付き合いがあれば 何が必要でそのご家族にはどのような対処が良いのかがわかると思います。
    日本国内でもそうですが いつどんな災害天災が起こるかわからない世の中ですよね。新型インフルエンザも騒がれていますが 若干のお付き合いは必要であり身内もいない他国での暮らしには 会社の派遣員同士のつながりやご近所の日本人同士のお付き合いはそこそこなさっておいたほうが良いのではないかと思います。
    私自身日本人同士のべったりなお付き合いはあまり好きではなかったので それなりのお付き合いで過ごしておりましたが そこそこ重要だったと感じております。ご参考になれば…

    ユーザーID:3371927442

  • だ〜いじょ〜うぶだ〜♪

    >一切駐在員家族との接点がなかった奥さんが、トラブル後「居づらくなった」のはなぜ?これまで接点なく暮らしてこられたのに、邦人会に睨まれたら、接点がなくても、もう現地に居られなくなる??

    レスを読んでこの反応のトピ主さんならだいじょうぶですよ。
    これくらいの神経をしていれば、何があっても生きていけます。
    心配することなんてありません。

    ユーザーID:3798448020

  • こういう事では?1

    先進国(日本ではありません)と第三世界を行き来しながら生活しています。

    先進国にお住まいなら、付き合いがなくても困ることなく住めると思いますが、第三世界に行かれる時はやはりきちんとお付き合いをされる事をお勧めします。
    ・・・と、いうか付き合いがないとまともに生活出来ないような気がします。

    と、いうのも

    1日本のものが手に入らない

    どなたかもおっしゃってましたが、そういう国ではまず日本のものは手に入りません。
    両親や友達に日本から荷物を送ってもらおうにも、途中で盗まれたり、荷物を受け取るのに法外な値段をふっかけられたりして、まぁまともに手元にたどり着かない場合が殆ど。
    同じ駐在員同士つながりがあれば、どなたかが帰国した時に少しは頼めるし、また近隣の国に荷物を送って取りに行く事も出来ます。

    2誘拐問題

    貧富の差がある国では子供の誘拐が頻繁にあったりします。
    現地の人は親戚を家に呼んで、子供同士遊ばせたりするんですが、駐在だとそれも難しいですよね。お子さんの日本語教育の事もあるし、やはりお付き合いしておくのに越した事はないです。

    ユーザーID:2357968922

  • こういう事では?2

    続きです。

    3警察はあてにならない。

    「本当に何かあれば警察に行けばいいのでは?」と思ってるなら大きな間違いだったりします。
    アンダーテーブルで払うのがまかり通っていたりするので、最悪警察に何かでっちあげられる事すらありえます。
    現地に繋がりがあると、そういう対処法も教えてもらえると思います。

    4コネ社会
    コネがあれば1も、警察とトラぶっても、空港でビザ云々言われても電話1本で解決したりします。駐在仲間の一人にそういうコネがある人がいるかも知れないし、きちんとお付き合いしているのに越した事はないです。

    ユーザーID:2357968922

  • 不安解消

    私は先進国在住で、駐在員の家族でもありませんが‥。
    やっぱり、日本人同士のつながりは必要だと思います。
    前のレスでも言われていますが、いざという時のために。

    例えば私はこっちで出産したのですが、妊娠中も出産後も
    知り合いが居ると居ないでは大違いだと思います。
    相談できる人、祝福してくれる人がいるだけでも違います。
    病気などで入院となる場合もそうだと思います。

    トラブルも盗難や強盗などの大きなトラブルだけでなく
    車の事故なんかでも、ちょっと頼れる人が居るだけで
    不安が解消されるのではないでしょうか‥。

    ユーザーID:8014015016

  • 逆じゃないかな

    南アジアの2カ国で「駐妻」を経験しました。最初の国のほうが不便で、そんな国でしたから、夫の会社の駐在員ご家族にはお世話になりました。買い物の場所、その国の生活習慣や文化で気をつけること、さらにそのような国では自分で車を運転せず、運転手さんを雇ったり、家でも家事手伝いの人を雇ったりするので、お互い、自分のところの運転手さんの知合いを紹介しあったり、また帰国の時は後任や同僚のお宅で雇ってもらったり。
    もちろん、同じ会社同士ではなく、他の企業の方々とも仲良くさせていただくのですが、なんというか、最初はまず、自分たちのところでお世話(協力)しあう、という雰囲気はあります。同じ会社で新しく赴任してきた人のことを放っておくのは、あまり良く思われません。
    こんなことを書くとまた、そういうのが鬱陶しいと思われるかもしれませんが、最初の赴任の後半、そして2カ国目と、私は、誰かに助けてもらうためじゃなく、誰かに手を差し伸べるために、駐在員家族同士、ある程度のお付き合いがあると思っています。

    ユーザーID:8909254017

  • 意外と奥様同士、楽しめるとおもいます〜

    私はまだ帯同2ヶ月と日が浅いのですが、奥様同士のランチや、夫の上司家族とのBBQ・ゴルフなど楽しんですごしてますよ♪

    日本で準備しているときには「海外赴任の奥様会って大変そう・・・」
    と小町を見たりや噂を聞いたりして、しりごみしていました。

    確かに、気を遣いますよね。
    夫は会社ではまだ若手だし、奥様会の方はみな夫の上司の奥様だし。

    でも実感として、日本人同士のつながりを悪く考えないほうが得です!

    私の場合は、上司の奥様方がとってもサバサバしていて、頼りがいがあって、「鮮度のいいスーパー」を案内してくださったり、奥様会の雰囲気を予め教えてくれたりしましたよ。ありがたい限りです。

    トピ主さんも気が合う方がいるといいですね。

    もちろん、現地の人と交流を深めて現地の言葉や文化も習得したい
    という気持ちもありますが、とりあえず新しい土地で仲良くできる人をたくさんほしいという気持ちが私は強いです。

    ユーザーID:3937230468

  • トピ主です・地中海沿岸様

    レスありがとうございます。私のレスで不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。もう読んで下さっていないかもしれませんが・・・

    地中海沿岸様のお話は、会社や夫の話と、とてもよく似ています。
    というのは、経験のない私には、漠然としていてピンとこないのです。
    夫は「そういうことなんだ」としか言いません。でも私は、分かった振りは良くないと思い、こちらにトピを立てた次第です。

    普段から助け合って、というのは分かるのですが、普段の「どんなことで」「どんなふうに助け合って」というのが、イメージできません。
    助けるつもりが「大きなお世話」だったり、「声かけてくれればすぐ飛んでいくつもり」だったのに「冷たい」と言われたり・・・これはOL時代の経験ですが、日常のお付き合いになると、もっと慎重にするべき、と構えてしまいます。
    特に外国では「狭い日本人社会」。また上司の奥様も多い中、いかに失礼がないかというのが大きな課題です。

    最初のレスでしてくださったお話は、具体的に言うと個人が特定してしまうのでしょうか。できましたら、どんな種類のトラブルかだけでも教えていただきたいです。

    ユーザーID:0716753253

  • トピ主です・みなさまへ(1)

    みなさま、本当にありがとうございます。モカ様まで読みました。個別レスできませんがお許し下さい。

    レス一つ一つ、何度も読み返しました。「ちょっと考えれば分かること」かも知れませんが、みなさんからこうして教えていただくまで、私には思い至らないことばかりでした。

    皆さんのご指摘どおり、日本人との交流に疑問を持っていたのは確かです(冷汗)。夫の同僚の中には「奥さんが会でなにかやらかしそうだから行かせない」という方もいます。

    「なにかと必要」・・・日常の情報交換から、いざというときの生活のお世話まで、幅広いということが分かりました。確かに「なにかと」という表現以外ぴったりくる言い方はありませんね。
    まいぺんらい様の仰る「(もしものとき)少しでもお付き合いがあれば、何が必要で、どの対処法が良いのかが分かる」というご意見、またスプレー缶様の「警察はアテにならない」というご意見、大変参考になりました。

    続きます。

    ユーザーID:0716753253

  • トピ主です・みなさまへ(2)

    「お互いのつながりをプライベートで持つ」・・・お子さんが同じ学校など、生活に接点があれば、プライベートでお付き合いする人ができるかもしれないけど、私は子供もいないし、どうしたら・・・と思っていました。でも「面識がある程度」でOKなら、「邦人会」「奥様会」の参加でできそうですね。

    みなさまのお話を聞く前は、もっとスゴいことをしなくちゃいけないのかと想像(妄想!?)していましたが、レスを拝見して、「ふつうにしていればいいんだ」と、気持ちが楽になりました。

    最後に人事部様:>主さんの質問は”校則で「帰り食いするな」とあるので、その意味を真剣に考えています”・・・本気で疑問に思っているようです
    本気で疑問に思っています!私の意見では、「帰り食い(買い食い?)」より「登下校で挨拶しよう」の方が当てはまるかな。挨拶するのはいいことです。でも、ある日知らない上級生に「挨拶がなかった」と難癖をつけられたら・・・その場合、私が悪いのでしょうか、という悩み(笑)
    人事の耳には入らないかもしれませんが、そういう「決まりを逆手にとる」人もいるので。

    ユーザーID:0716753253

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧