あなたの「モーツァルト、これは聴いておけ」

レス66
お気に入り90

ぷぺ

学ぶ

なぜか、おととし頃から自分の中でモーツァルトがブームです。
私はピアノを弾くのでモーツァルトのピアノ曲はだいたい知っていますが、
恥ずかしながらピアノ以外の器楽曲はあまり知りませんでした。
交響曲や弦楽曲も聴くようになって改めて感じたのが、耳になじんだメロディーがよく出てくること。
最近買った洗濯機のお知らせ音もモーツァルトの曲で、これには苦笑しました。

ピアノ曲以外で私が持っているのは、
交響曲35番、36番、38〜40番(カール・ベーム)
セレナード6番、13番、ディヴェルティメント1〜3番(イ・ムジチ合奏団) です。
弦楽四重奏のハイドンセットはCDを借りて聴きました。

そこで、小町にいらっしゃるモーツァルト好きのみなさん。
ピアノ以外の器楽曲で「これは聴いた方がいい」という曲があれば、ぜひ教えていただけますか?
名曲に限らず、また曲のジャンルや調性、作曲時期も問いません。
よろしくお願いします!

ユーザーID:9006892459

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 毎晩です。

    夜 お風呂から出て テレビを消して部屋を暗くしたら モーツアルトを流します。

    朝までずっとです。

    ま ウチの場合「マタニティモーツアルト」と「モーツアルトの子守唄」なんですけどね。

    オルゴールバージョンもあり 全部でCD4枚 MDに撮ってあり そのまま 朝までです。

    娘も 部屋が暗くなると自分で電源入れる様になりました。

    朝起きると自分で消しに行くようになりました。
    生まれる前からずっと 私のおなかの中で聞いていたのですからね。

    心が休まるのでしょうか?あの音楽が流れると最近「眠い」と言い出します。

    ユーザーID:9763086329

  • クラリネット五重奏

    ブラームスの室内楽が好きでカップリングのそっちが本命でCDを購入したのですが、魂をどこかに持っていかれそうになりました。
    ブラームスも名曲なんですけど、あくまでも地に足がついている感じ。
    モーツァルトの曲はあの陳腐なキャッチフレーズ「天上の調べ」がしっくりきます。

    調子に乗って弦楽五重奏のCDも買いました。これもいいですけど、私はクラリネットが一番好きです。

    ユーザーID:8314419925

  • バイオリン協奏曲

    ベタですが、私はグリュミオーが演奏する3番4番5番のバイオリン協奏曲が好きです。あとは、映画の「アマデウス」はお勧め!

    ユーザーID:6697115576

  • やっぱり「迫りくる」系が好き!

    そりゃもう「モツレク」こと「レクイエム」と
    オペラ「ドン・ジョヴァンニ」。
    神への畏れが切ないほどにあふれ来る、
    卒倒しそうに美しい音楽だと思います。

    「ドン…」は「カタログの歌」など
    青少年にとっては教育上宜しくないアリアも満載ですが、
    終盤、主人公が地獄の業火に焼かれていくまでの音楽は、
    ぞっとするほど美しくて鳥肌立ちまくりです。

    「レクイエム」の、とくに「キリエ」「怒りの日」などに感じる
    鬼気迫る美しさは、
    これぞモーツァルトの真骨頂でしょう。
    「レクイエム」については
    彼の原案をもとに後年完成された部分も多いとはいえ、
    モーツァルトの宗教曲には独特の無邪気さと「こわさ」があります。
    バッハの荘厳な音楽とは、かなり違うものを感じます。

    私は、モーツァルトはきっと神様が大好きで、
    同時に神様を心から畏れていたのだと思います。
    一人の人間としての神様への思いが
    天才的ハーモニーの向こうから
    ひしひしと迫ってくるのです。

    ユーザーID:6876928989

  • オペラはいかがでしょう?

    私はオペラが好きで、特にお勧めなのがモーツァルトの「魔笛」です。
    オペラって敷居が高いように感じますがそんなこと全然ないですよ。
    是非聞いて&観てみてください!!そしてぜひ感想を聞かせてください!

    ユーザーID:5969695881

  • これはどうでしょう。

    クラリネット協奏曲と、同じくクラリネット五重奏曲。
    両方とも晩年に作曲された作品です。ぜひどうぞ。

    ユーザーID:4170552248

  • レクイエム

    作曲の途中でモーツアルトは亡くなって、弟子が完成させました。
    でも、名曲です。長いですが、イヤになりません。

    あとは、「セレナーデ第10番 グランパルティータ」。管楽器の響きがたまりません。

    ユーザーID:7399932380

  • レクイエム

    映画「アマデウス」でモーツァルトの死の間際に流れる曲が「レクイエム」です。
    荘厳で美しい曲ですよ。車の中でいつも聴いています。
    「交響曲第25番 ト短調」の第一楽章などは初めて聴いた時は感動で涙が流れました。CMなどで有名な曲だから聴けばきっと「知ってる!」ってなるはずです。
    余談だけどモーツァルトって相当変わり者だったんでしょうね。映画を観ていてもそう思います。しかも我が家にあるCDには「俺の尻を舐めろ」という曲があります。「見てくれの馬鹿娘」とかいう曲もあるそうですよ。
    一体なにを思っての作曲だったんだろうかと私が悩んじゃいます。
    こんなヘンテコな曲を作る人だけどやっぱり天才なんですよね。何を聴いても素晴らしいです。

    おれんじぼんぼんさんがお書きになった通り映画「アマデウス」はお薦めです。モーツァルトが死んだのは実は嫉妬による殺人だったという設定です。時代考証的にも良く出来ている作品でアカデミー賞を3部門以上受賞した名作ですよ♪

    ユーザーID:3597442346

  • ピアノ協奏曲23番

    定番ですが、ピアノコンチェルトもいいですよね。
    お勧めは、ホロヴィッツのピアノ、ジュリーニ指揮のものです。
    思わず引き込まれるような、胸をかきむしられる様な、それでいて神々しい
    旋律に涙が出ます。

    ユーザーID:0634768469

  • 小ト短調

    あまりクラッシックは聞かないのですがモーツァルトは好きです。
    特に交響曲が好きです。
    お気に入りは 交響曲 第25番 ト短調 「小ト短調」です。
    モーツァルトが生涯で2曲しか作らなかった短調の交響曲のうちのひとつらしいのです。

    気に入っていただけると嬉しいです。

    ユーザーID:2355572929

  • ホルン協奏曲

    ブラスバンドでホルンをやっていたこともあり、ホルンの音色が
    大好きなので、この曲で堪能してます。

    あと映画「アマデウス」で使われていた「後宮からの誘拐」の
    「トルコ近衛兵の合唱 私は皇帝になりたいな」という曲の
    何ともいえない、ヒステリックなまでの高揚感も好きです(笑)

    ユーザーID:6448563747

  • モーツァルトは名曲揃い

    >ピアノ以外の器楽曲
    つまり
    ピアノソナタ、ピアノ協奏曲、声楽曲、オペラを除くと言うことですね。

    イチオシはやはり
    クラリネット五重奏曲
    でしょう。
    この曲の美しさはモーツァルト作品の中でも屈指です。

    他は
    弦楽五重奏曲第4番、第3番
    ヴァイオリンソナタ第35番、第28番、第34番
    クラリネット協奏曲
    オーボエ四重奏曲
    ピアノと管楽のための五重奏曲
    ケーゲルシュタット・トリオ
    フルートとハープのための協奏曲
    等をお薦めします。

    ユーザーID:9545771898

  • 私のおすすめは

    オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314ですね
    も〜聴いてると幸せ絶頂(笑)

    この曲は、のだめカンタービレ の中でも流れていましたね。
    オーボエ吹きの黒木くんがのだめを想いながら吹く “ピンク色のモーツァルト” です。
    春風のような という形容詞がぴったりの、爽やかで底抜けに明るい曲。

    あと 声楽曲で
    ラウダーテ・ドミヌム (ヴェスペレ ハ長調 K.339より)

    も〜聴いてると 頭上に天使降臨(笑
    映画『アマデウス』の中で、サリエリがモーツァルトの音楽を『神の声かと思った』と語りますが… まさにそんな気持ちになります。

    ユーザーID:4533944991

  • ヴァイオリンソナタの名曲

    ヴァイオリンソナタK304が好きです。
    モーツァルトはやっぱり短調に惹かれてしまいます。
    いろいろ名演がありますけれども、Mスタインバーグ&内田光子のCDを愛聴。
    ピアノがやや大きいですが、モーツァルトとはこうだ、と思えた一枚です。
    他のソナタも素晴らしいです。

    ユーザーID:8649407447

  • 気分に合わせて

    ご機嫌なときは 「フルートとハープのための協奏曲K.299」
    もっとご機嫌になれます!!

    落ち込んだときは 「レクイエムK.626」
    (この曲は作曲途中で亡くなったので弟子が補筆してますが)
    地の底から這い上がってくる感じが・・・

    おれんじぼんぼんさんのレスにもありますが、映画の「アマデウス」ではそれぞれの曲の最高にいいところが使われています。ぜひぜひ観てみて!

    ユーザーID:4775671460

  • 難題

    うーん、沢山ありすぎてどれを選んだらよいか・・・

    ピアノはお詳しいとのことで、ピアノ協奏曲の名曲群は涙をのんで見送るとして、各ジャンルから無理やり一曲ずつ選びます。

    交響曲なら挙げておられない41番「ジュピター」は絶対落とせません。

    名曲の多い協奏曲からはクラリネット協奏曲。魂を奪われるような名曲です。ちなみにこの曲については吉田秀和さんの名著、「私の好きな曲」(最近ちくま文庫で復刻されました)に、正に急所をついた名文があります。

    室内楽からは迷いに迷って、ブラームスはお好き?さんの挙げておられるクラリネット五重奏曲。

    もうちょっと大きい編成の曲だと、13管楽器のためのグランパルティータ。この曲に関しては、おれんじぼんぼんさんの挙げておられる映画「アマデウス」に忘れがたいエピソードがあります。

    それから、オペラ。一曲挙げるならやっぱりフィガロの結婚かな。

    楽しいというのとは違うけど、どうしても落とせないのがレクイエム。窮極の音楽です。

    まだまだ、これは聴いておけ、沢山ありますよ。ゆっくりレパートリーを増やしてゆくのも楽しみですよね。

    ユーザーID:7170198832

  • 私は

    アイネクライネが一番好きです。
    昔バイオリンを習っていて、全国大会(日本武道館でやる)で何百人もの人数で弾く(チェロやビオラも)アイネクライネが鳥肌がたつほど素敵で、幼いころから大好きです。残念ながら私は、全国大会に出る前にバイオリンをやめてしまいましたが・・・。

    ユーザーID:0768697677

  • 交響曲第41番

    モーツァルト最後の交響曲の第41番がお気に入りです。
    第4楽章のジュピター音型(ドレファミ)を聞くと涙が出そうになるくらい感動します。
    この「ドレファミ」は、モーツァルトが8歳で作った最初の交響曲第1番でも出てくるそうです。
    最初と最後の交響曲で同じ音型を使うなんて、憎いじゃないの、モーツァルト!

    他にはオペラの序曲です。
    「フィガロの結婚」や「魔笛」などが好きです。

    ユーザーID:0054074270

  • 私も「モツレク」に一票!

    「モツレク」私もお薦めです! 
    すでに挙げらっしゃる方もいますね〜 

    私は「モツレク」の中の「ラクリモーザ」も好きです

    ユーザーID:5498731310

  • 天上の音楽

    やはり「アヴェ・ヴェルム・コルプス」でしょう!

    ユーザーID:7170272844

  • みんなが知ってるモーツァルト

    交響曲25,29番はいかがでしょう?
    どこかで聞いたメロディが必ず出てくると思います。

    ピアノを弾かれるのなら、ピアノ協奏曲は?
    魔笛、フィガロの結婚も好きです。

    レクイエムは、夫がよく聞いていますが、私にはまだ難解です。
    軽やかで、無邪気で、落ちこぼれ合唱団員さんがおっしゃる「こわさ」が理解出来れば
    モーツアルトも益々深く聞く事が出来るんでしょうね。

    ユーザーID:6238125395

  • モーツァルトのト短調

    作曲家を代表する調性として、ベートーヴェンのハ短調と並んで有名なのがモーツァルトのト短調です。
    交響曲の40番はすでにお聴きのようですが、お聴きになられていかがでしょうか。
    他の代表的なト短調の曲として、交響曲25番(40番の交響曲に対して「小ト短調」と呼ばれています)、弦楽五重奏曲第4番、ピアノ四重奏曲第1番などがあります。
    小林秀雄が著書「モオツアルト」の中で「疾走する悲しみ」と称したモーツァルト独特の感性が音楽の中に表現されています。

    ユーザーID:8830855859

  • 魔笛、エクスルターテ・ユビラーテ、戴冠ミサ

    まず、オペラ「魔笛」は必須かと……CMなどでもよく聞く有名な旋律がぎっしり。要するに、パワーがある曲ばかりなのです!
    夜の女王の2つのアリアとか、パパゲーノ・パパゲーナの愛の歌とか(これ披露宴の新郎新婦退場で使いました)。ハイライト版でいいのですが、選択ポイントは、夜の女王がいい歌手かどうかです。
    ご存知のようにストーリーは破綻してますので、深く考えないほうがいいです。にもかかわらずモーツァルトのオペラで最も有名というところが、このオペラの音楽的な力を物語っているのでは……
    あと、ソプラノ向け歌曲(モテット)「エクスルターテ・ユビラーテ」もお薦めです。これもCMなどで耳にします。「あ、これか〜」と思う曲です。
    宗教曲ですから、ソプラノ歌手は声が太くなくビブラートを効かせないタイプの、ボーイソプラノみたいな人が向きます。私が一番好きなのは、エマ・カークビーです。一緒に2種類の「レジーナ・チェーリ(天の元后)」も入っているポリドール社のCDがお気に入りです。
    合唱団で「戴冠ミサ」をやりました。これも好きです。素直に美しく「主よ、哀れみたまえ」と歌い上げる清清しさがたまりません。

    ユーザーID:8003556279

  • 私は

    レクイエムが好きです。

    ユーザーID:3355138564

  • ディヴェルティメントK136

    16歳の若きモーツァルトが作曲した、
    明るく美しい弦楽五重奏曲です。
     
    私は第一楽章がいちばん好きですが、
    ゆったりとした第二楽章、はつらつとした第三楽章も素晴らしいです。
    是非、聴いてみて下さいね。

    ユーザーID:2344843537

  • アヴェ・ヴェルム・コルプスK.618

    晩年の小品、たった46小節の合唱曲です。モーツァルトの作品の中でと言うより、人類の歴史の中で最高の曲なのではないかと思っています。その神々しいまでに凝縮された完成度、且つ優しさは、人間の作った曲とは思えません。もしモーツァルトがこの曲の作曲者なら(実際そうなのですが)、モーツァルトは人間ではなかったのではないかと思ってしまいます。あえて異論が出そうな感想を付け加えますと、キリスト教の宗教曲であるこの曲が、仏教の般若心経とその神秘性及び清涼感を共有しているように思います。

    ユーザーID:7599807039

  • ピアノ協奏曲はどれも素敵!

    クラリネット協奏曲(1曲のみ)やクラリネット五重奏曲など、ともて素晴らしいです。

    そのほか、何といってもおススメなのは、ピアノ協奏曲です。
    中でも23番、21番、9番、18番、25番あたりは非常に聞きやすく、また心に残ります。極めつけは27番! この静かな第2楽章などモーツアルト晩年の枯れた心境が見事に表れていて本当に感動モノです。

    絶対に聞いてみて下さい。名曲中の名曲です!!

    ユーザーID:8513399412

  • たくさんあり過ぎ・・・

    弦楽関係の協奏曲も魅力的ですね!

    ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲(作品番号K.364)や、ヴァイオリン協奏曲の第5番、3番なども絶対に名曲!

    弦楽四重奏曲のハイドンセットを聞かれたならば、第21番あたりも聞いてみて下さい。

    明るく快活な曲が多い一方で、陰りがある美しさが魅力的な曲も色々あります。ピアノ協奏曲23番の2楽章、ピアノ協奏曲18番の2楽章、交響曲25番、40番など完全無欠の名曲ですね。

    ユーザーID:8513399412

  • マイナーなところながら・・・

    歌曲もあります。

    モーツァルトは30曲余りの歌曲を作っており、比較的有名と思われるものは
    「すみれ(Das Veilchen)」「春への憧れ(Sehnsucht nach dem Fruehlinge)」
    などでしょうか。
    前者は、モーツァルトが唯一ゲーテの詩に曲を付けたものとして知られており
    後者はモーツァルトの没年に作曲されております。

    他には「クロエに(An Chloe)」「夕暮れの情緒(Abendempfindung an Laura)」
    またイタリア語になりますが「静けさが微笑みながら(Ridente la calma)」
    フランス語の曲で「寂しい森の中で(Dans un bois solitair y sembre)」等があります。

    私は一昨年、初めて「友情に(An die Freundschaft)」という曲に出会い
    以来そのメロディーの虜になっております。

    歌曲と言えば何と言ってもその「大御所」はシューベルトですが
    モーツァルトの歌曲はシューベルトのものとはまた違った味わいがあり
    「対照の妙」を堪能できると思われます。

    ユーザーID:5107375450

  • 声楽を除くなら

    声楽曲をあげる方が多いようですが、気持ちは分かりますがトピずれではありませんか?

    出ていない曲では、ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲はお勧めですね。既に出ていますがクラリネット協奏曲は名曲です。「ポストホルン」セレナーデもいいですね。弦楽四重奏なら「狩」

    それにしてもモーツァルトを語るときにオペラとピアノ曲は外せないなと改めて思います。

    ユーザーID:6963329979

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧