茨城弁を教えてくださーい!!

レス136
(トピ主10
お気に入り184

生活・身近な話題

イバラギだっぺ

私は東京生まれの埼玉育ちですが、両親は揃って茨城の出身です。 家で両親が話している言葉を聞いて、てっきり標準語だと思っていたのが実は茨城弁だった、ってこともあります。 例えば、

うっちゃどけ → 放っておけ
ごじゃっぺ → でたらめ 
いしけー → 古い、ボロい、ダサい
あんめぇ〜 → ないでしょう、といった意味で、「そんなことあんめぇ」「何もあんめぇ」などと使われますよね。

私が好きなのは、
「じっち」と「ばっぱ(かなだと見づらいのですが、bappaと発音されます)」
=「おじいさん」と「おばあさん」

他のトピで話題になっている、お茶碗などを「ひやす」も、母が使います。
あと、母はお風呂を「沸かす」の意味で「ふったける」と言いますが、これも茨城弁でしょうか?

私は茨城弁のこういった単語や独特のアクセントがたまらなく好きなんです。 あと語尾に「〜だっぺ」「〜したらがっぺ」をつけるところも。 なんかほのぼのするんです。  

他にも、茨城弁、教えてくださ〜い!

ユーザーID:3819014812

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数136

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も茨弁好きですよ〜

    私の両親も茨城育ち。ですが、私は生まれ育ちが埼玉と東京です。
    でも、茨城が大好きなので思わず出てきました!

    ひっちゃぶく→破く
    いばらぎ→いばらき
    じゃーぼー→お葬式

    あと、近所の絆がまだまだ残っていて
    人を呼ぶ時に必ず「地名」が冠詞に着ます。
    例えば)渡船場の次郎、とか

    ふったける、あんめ〜。(!!!)祖父母は使ってます。

    ユーザーID:7000624402

  • 茨城弁はあたたかい

    東京育ちの私ですが、就職して赴任したのが茨城県です。以後ズーッと茨城県住まいです。で、最初は聞き取れない言葉が多くて困りましたが、慣れてくると暖かさを感じます。その暖かさはむしろイントネーションと発音にあるので活字では表現できないのですが、あえていくつか書くと、”オラ、ハァーまいった”、(ふざけて何かをやろうとして)”やんねぇ、やんねぇ”(”や”の音高く”ん”を低く、しかし二番目の”や”は始めの”や”よりは低い・・・テープレコーダが必要ダァ)、”・・・だかんね”(・・・だからね)など。
     茨城県に住むこと十数年を経た時、私がそういう言葉をしゃべってみせたら”ダーめだって”と笑われてしまいました。茨城弁はむつかしいですよ。

    ユーザーID:0906529364

  • 大洗に住んでました

    懐かしくてレスしました。
    母親が茨城出身で大洗に住んでいたことがあります。
    当たり前に使っていた言葉でそれが方言だと知ったのは大人になって東京
    にでてきてからです。とりあえず思い出したもの三つ。

    するびく
     →長いスカート等何かを地面に引きずってる様子を指して言います。

    いじやける(おそらく漢字にすると意地焼ける?)
     →イライラする、という感じでしょうか?

    〜してんのけ?
     →疑問系の台詞の最後に「け」を付けます。

    この三つは当時はよく使っていて私にはものすごくしっくりくる言葉なのですが、
    「するびく」「いじやける」は同じ茨城県でもは千葉寄りの人にいはまったく理解
    できないようでした。

    ユーザーID:6664569867

  • 相当田舎?

    トピ主さんのご両親が使っている茨城弁、具体的には茨城のどのへんでしょうか?
    私は県央で、仕事柄県北のお年寄りなどと接する機会があったため、その時に茨城弁は鍛えられ(?)聞き取りもできるようになりました。

    でも、お母さんが使っているという「ふったける」は初めて聞いたかも…

    それと、「じっち」「ばっぱ」って、どちらかというと「じじい」「ばばあ」のような、ちょっとお年寄りを小馬鹿にした言い方だと思っていたのですが、違うのでしょうか?

    私は、茨城弁は、笑って話しているとき以外は絶対に「この人怒っている?」って感じることが多いので、地元ですが好きではありません。
    茨城に住んでいても、怒り口調に聞こえるのに、県外の人が聞いたらホントビックリすると思います。
    その土地ならではの方言って、なくなったらさみしいというのがあるのかもしれないけど、私は聞いて人を不快にさせる茨城弁は、なくなってもいいというか、不快ではない形になって残っていって欲しいなと思います。

    ユーザーID:6203378504

  • 茨城北部出身です

    改めて茨城弁、と言われると…分からんもんですねー。
    ひとつ思い当たるのは「そっけー」そうかなぁ?という感じで使います。
    あとは「ほろう」埃を払う、ということを「ほろう」「ほろっといて」とか言ってました。
    茨城弁なのかなぁ?とりあえず、東京の方では言わないようだったので
    子供には「払う」で教えてます(汗)。
    また何か思い出したら書きますね〜。

    ユーザーID:0387081983

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 茨城人です。

    うっちゃどけ → 放っておけ
    ではないと思います。正しくは「うっちゃっとけ」です。
    あとは
    かっぽる→捨てる
    いじやける→腹が立つ
    土地によってなまりが違いますから、何とも言えませんが「ふったける」は知りません。

    「あいついじやけんなぁ、ごちゃっぺばっかり言って」
    「あいつ腹立つなぁ、でたらめばっかり言って」

    「そんないしけーのかっぽっちめぇ」
    「そんな古いの捨てなさい」

    文面にすると凄いなまりですよね。
    そんな私も酔うとヒートアップして茨城弁話しまくりです。
    多分、何言ってるか分からないんだろうなぁ・・・

    ユーザーID:7158107926

  • 旅人だけんと。実(じづ)はベダな茨城人なんだァ。

    イバラギだっぺ様
    まんず、せえしょがら文句つげんのも悪いんたけんと、
    イバラ「ギ」とは言わねんだわ。おらげではイバラ「キ」なんだ。
    「じっち、ばっぱ」はくだけだ言いかだで、ちょっくら丁寧だど、そうねえ、
    「おじんつァん」「おばんつァん」がな?
    風呂ふったぐは「風呂を焚きつける」だけんと、「髪の毛ふったがってるわ」になっと、
    「髪の毛がぼさぼさになっていますよ」つう意味になんだ。

    「したらがっぺ」は勧誘文の語尾がな?「ちょっくら寄ってったらがっぺ?」みだいな言いがだ。
    ついでだがら、ベダな茨城弁、すごし書いどぐね。(どっちかっつうと水戸周辺から茨城町あだりがな?)

    『あがむじゅう』(赤夢中?)・・・一生懸命 
    例文「そんたにあがむじゅうんなっと、あどでこわいがら」
    翻訳「そんなに一生懸命やると後で疲れますよ」

    『知んねけんとが』
    例文「おらはそんたなごど、知んねけんとがァ」
    翻訳「私はそんな事、知りませんがね」

    『おっかぐ』
    例文「そうたに強ぐただいだら、手ぇ、おっかっげっぺよ!」
    翻訳「そんなに強く叩いたら手が折れてしまいますよ!」

    ユーザーID:2517538905

  • ぶんまわす

    ぶんまわす → グルグル回す
    ぶんぬける → 抜け落ちる
    ぶんぬき  → 親子がそっくりなこと(高齢の人が使っています)
    いげえ   → 大きい

    もっとあると思います。義父と会話してきて、後で書き込みます。

    ユーザーID:4185592638

  • ひゃっこい

    茨城弁ってバカにされるのに、愛着持ってくれて嬉しいです。
    山形出身の父、千葉出身の母の元に産まれた茨城育ちの私です。
    冷たい事をひゃっこいって言っていました。

    ユーザーID:8259075725

  • そんで いがっぺ(igappe)!

    それで よいでしょう!という訳です。ごじゃっぺ(gojappe)は、よく幼少時代に叱られた私には、なじみのあるものです(汗) 生まれも育ちも就職まで茨城でしたが、埼玉に嫁いで8年。 いまだに茨城弁は健在です。栃木の大学でしたが、個人的には、群馬や新潟の友人たちの〔〜なんさー〕という語尾がいまだに気になります。
    ちなみに、〔うっちゃどけ〕 は、県西地域出身の私の発音だと〔うっちゃっどげ〜〕 かな。 これでも一応外資系商社勤務・・・失礼しました。

    ユーザーID:5821922740

  • 3人兄弟のばっち

    私の主人はタイトルのように3人兄弟の「ばっち」です。

    それと、先日転んで「青なじみ」が出来てしまいました。
    先日の夫婦喧嘩では「でれすけ」と叫んでしまいました。

    回答はご両親に聞いてね(笑)

    ユーザーID:9350411236

  • こわい

    「こわい」=「固い」
    料理中に夫がたまに言います。(夫の母が茨城出身)
    初めて聞いたときは「何が怖いの?」と聞いてしまいました。
    今でも一瞬「?」になります。

    ユーザーID:7296841624

  • Native Speaker の迫力だけんと!2回目

    自分で書いでいで、ちょっくらベダ過ぎッかなとも思ったけんとも。
    こんくれえなら茨城のしと(人)ならわがっぺ(わかるよね)?

    あれがら随分考えたけんと、いじちかん(1時間)くれえ(位)がな?
    もう少し書いでみっから。

    『かんます』かき混ぜる
    例文「風呂さふったげたから、つっぱいる前によーぐかんましてな」
    翻訳「風呂たいてあるから、入る前によくかき混ぜてね」

    『あんしょうえし!』ジャンケンポン!

    『グーとパーのすけながし!』ジャンケンの変形

    『おそばいする』(子供が)だだをこねる
    例文「そうたにおそばいしても、今日は何も買ってやんね。」

    茨城弁は少し濁点がおおいけんとも、
    TVなんかで強調されてるように「だっぺ」ばがりじゃないんだよね。
    あと発音で特徴的なんは、「い」と「え」が反転すること。
    「駅」は「いぎ」と発音されっから、「いぎはどういぎます?」ときかれたら
    「駅へはどう行きますか?」と翻訳してくんちょ。

    また、語尾の「と」はまず100%濁っからね。『水戸』は「みど」
    「今夜のおかず、ハンバーグだど」

    まだ来っから!

    ユーザーID:2517538905

  • あこがれの旅人様が同じ茨城出身だった♪

    私は茨城(県西地区)育ち、千葉在住です。
    でも両親は他県出身なので未だに茨城弁よくわかってません。友人との会話からまだまだ学習中です。

    友人がお盆に親戚が集まる準備をしている話をしていた時「親父がいっからはかいかねぇよ」と言いました。
    私はお父さんがいるからお墓に行けなかったのかと思ったら「父がいるから(片付けが)はかどらない」、つまり「はかいかねぇ→はかどらない」だったようで。

    友人の話によると「じゃーぼー」(葬式)はつくば付近で、私の出身地は「じゃんぽん」らしいです。

    「いじやける」県西では「せやける」です!
    「世話焼ける」からの変化らしいですが、どうも同じ意味・使い方らしいです。
    主人が水戸出身なのでわかりました。結構違うんですよ!
    「いしけー(いしこい)」なんて便利な言葉、県西にないんです!
    知ってからずっと使っていて主人に叱られました。

    旅人様が仰る通り「イバラキ」です。私が知る限りイバラキの方は「イバラギ」と言われると突っ込まずにいられません。(私含む)

    帰りたくなってきました。

    ユーザーID:1432783575

  • パンポン

    茨城県(県北)出身です。


    みなさん、パンポン知ってますよね。
    実は茨城県民だけぞ知るスポーツみたいです!!
    てっきり全国共通だと思ってました。
    中学ではパンポンクラブに入ってました。

    そうそう、茨城弁といえば、
    「青なじみ」→「青あざ」
    これもまた・・・全国共通かと思いきや・・・
    「何それ?」通じません。

    東京に来てかれこれ15年ですが、
    友人からは訛ってるとまだ言われてます。
    自分では、どこが訛っているのか・・・。
    今は開き直ってます。

    ユーザーID:2158306893

  • 茨城弁歴39年です

    生まれも育ちも茨城のど真ん中!
    茨城弁のことならまかせてちょーだい。
    今でも思い切りフル活用してっから〜。

    まずね、髪の毛を切ること→「はぎる」っていうがら。
    うちの80歳のお母ちゃんがね。
    「どれ、今がらアダマ(頭)はぎってやっからね〜」
    と孫たちを追いかけてます。はい

    あとね、
    押す→おっぺす
    例「ちょっと〜、おっぺさないでよ〜」(押さないでください)

    なんといってもよく使うのは疑問形の最後に使う
    「け?」または濁って「げ?」
    先日も「○○ちゃんの手に止まってんのは蚊げ?」
    「蚊げ〜?」

    これ、都会の人たちが聞いたらただの「カゲ?」になっちゃって、
    たぶん分かんねえべな。うん。

    まあ、いいべよ。これが茨城弁なんだがら、しゃあねえべよ。
    ちなみに、仲間内ではメールでも茨城弁丸出しで書いてっから〜。
    質問があったらゆってみで〜

    ユーザーID:7612571717

  • 18までは茨城で、今はよごはま。

    国道6号線さんよ。いやあ!なづかしいねえ。
    パンポンだっちけ?

    おらほでも小学校の時がな、パンポンクラブってあったよね。
    そうげ?あれは茨城だげなのけ?知らながったなあ。
    たしかピンポンとテニスがまぜっこになったやづだよね。

    そういえば「青なじみ」っていうよね。打撲の内出血。
    類語では「赤むぐれ」。これは化膿して赤くなってるやづね。

    そうけ、訛ってるってゆわれんのけ?
    わだしはこーたに共通語うまいがらね。はづ音もいいし。
    たまに「東京生まれげ?」って、聞かれんだけんとも・・・。

    ちなみに、おらげの実家は国道6号がら、ちょっくら横っちょさ
    へえったとごなんだ。

    ついでにラブさんよ。確かに「ばっち」っていうよね。
    漢字では「末子」と書ぐみだい。「まっし」が訛ってバッチらしいけんと。
    例文「俺げの在はおどこっ子ばがしで、あいづがバッチだがら」
    翻訳「私の実家は男兄弟ばかりで彼が末っ子ですから」

    じゃあまだ来っかんね。あんまり長ぐおっちゃべってっと、
    おごらいっから。

    みどの郊外で生まれた、旅人でやんした。

    ユーザーID:2517538905

  • 動物に・・・め

    犬や猫に「め」ってつけませんか?どちらかというと否定的なニュアンスなんですが。
    例)「隣の猫めが魚くわえて逃げた」

    damaさん「こわい」って、私の住んでいるところでは「疲れた」という意味になります。
    同じ茨城でも違うんですね。

    国道6号線さん 私、高校の体育祭でパンポンの部で優勝した事があります!

    ユーザーID:9350411236

  • こわい?

    関西出身で、今では茨城在住の方が長くなりました。

    県北出身の主人の祖母と話していたとき、「今日はこわい」というのです。今日は怖いって??と思っていたら、姑が、こわいって言うのは、寒いってことなんだと教えてくれました。これにはびっくりしましたね。それ以外にも既に出ている言葉にもびっくりしました。
     
    関西からきたばかりころは、言葉もわからず語尾が上がるのでおこられているような気がしてびくびくとしていましたが、今ではすっかり茨城弁に慣れました。最近は逆に関西に帰った時の方が言葉がキツくて早口で落ち着きません。

    ユーザーID:3950258144

  • そうそう

    茨城は「いばらき」ですよね。
    姑は(函館)「いばらぎ」だと思っていたらしく、訂正したら「いばらき〜」とわざわざ語尾をのばす変な読み方になったので、ますます嫌いになりました。

    ユーザーID:8259075725

  • 日立出身です。

    そんなトピ主さんには、この本をオススメします。

    青木智也著『いばらぎ じゃなくて いばらき』(茨城新聞社)

    だいぶ前に出た本ですが、茨城弁好きには楽しい本だと思いますよ♪
    是非、お試しくださいね。

    ちなみに、私が一番可愛いと思う茨城弁は、
    心配したときに『大丈夫?』の代わりに使う『だぃじ?』という言葉です。

    ユーザーID:2073077749

  • 水戸っぽ

    両親が茨城出身でないので「エセ茨城人」です。
    ちなみにタイトルは「水戸の人」。江戸っ子みたいなもんです。
    みなさんのレスを見て、「えっ!あれって方言だったの?」というのが
    いくつかありました。ショック・・・

    「ごじゃっぺ」は、小学校の先生がよく使っていましたが、
    先生は「ごじゃらっぺ」と「ら」を付けていました。

    また、県北の友達は「うちのお父さん、お母さんがね、」を
    「うちげのおっと(おっど)とおっか(おっが)がよー」と言っていました。

    あと、青なじみを「ぶんず」と言うのは小名浜弁ですかね・・・

    小学校の頃、男の子が「いしけー」を活用し、
    「えしこい」→「ぽちこい」→「ぽちけぇ」と、もう訳分からん(笑)

    友達がお祖母ちゃんにドーナツを買ったら、お祖母ちゃんのコメントは
    「んまぐね(おいしくない)」だったとか。

    思い出したらまだ書いてみっからね。

    ユーザーID:4294063156

  • するびくって・・

    茨城県出身で、現在首都圏在住です。

    このトピを読んで、初めて
    するびく、ごじゃっぺ、かっぽるが方言だった
    ことを知りました…。

    茨城弁って語尾が上がりますよね。
    標準語話していても、語尾が上がっているのが
    なんだかかわいいなぁと、水戸に帰る度に思います。

    ユーザーID:6331420163

  • みんな、ごじゃっぺいってんなぁ。

    いばらきはいばらきでも、どこのいばらきなの?
    (ここも独特のイントネーションアリ。)
    県北、水戸、みなと、県西、県南、全然ちがあべよ。
    県北と県西では、言葉つーじねーよ。おめぇなにしゃべってんだぁってことになるよ。
    オレは水戸だけど、笠間の奴とはしゃべれねぇよ。

    っていうくらい、茨城弁は豊かです。

    ユーザーID:4922423455

  • 好き好き茨城弁

    自分は東京育ちですが、両親が茨城出身なのでそこかしこに茨城弁が残ってますよ♪
    そして、おばあちゃん、おじいちゃん、親戚は見事に茨城弁で、
    先週末は従兄弟の結婚式で茨城県民勢揃い。まだ余韻が残ってます。

    茨城弁の特徴は、動詞の前に「勢い」の言葉が付くことだと思うのですが、
    いかがですか?

    「ぶん」と「つっ」とか、他にもいろいろあるかと思うのですが、
    動詞に勢いを付けることが多いと思います。そのせいでけんか腰に聞こえるのかなと。
    あと、おばあちゃんは女なのに、自分を「おれ」といいます。
    「私の家」という場合には「おらち」になります。
    ちなみに、既出のお葬式ですが、おばあちゃんは「じゃんぼ」っていいます。

    私がつい、使ってしまう茨城弁は「めど」と「ぼっち」です。
    「めど」は穴のことで、鼻の穴なんかも「鼻めど」っていいます。
    「ぼっち」は土をちょっと盛ったような小山のことで、
    よく「肥やしぼっち」とかで聞きます。
    私は「あ〜あ。片づけもしねで、あっちもぼっち、こっちもぼっち。だぃだっぺよ!」
    ってよく言われてました。

    あと、「そうだよ」と相手の意見に同意するときには「ほだどぉ〜」っていいますよね。

    ユーザーID:4765108361

  • 通りすがりの旅人さん、あだしのことげ?さん、

    その語り口調!面白すぎです〜!

    “まだ来っから!”

    もうツボです!!
    パソコン前で笑ってしまいました。

    あ、ウチの母も、茨城出身です。
    里帰りすると、祖父母が
    「よぅ来たっげなぁ〜」(←確かこんな感じ)と出迎えてくれたのをよく覚えています。

    ちなみに、わたしが最初に覚えた茨城弁は、
    「ひゃっこい」です。

    ユーザーID:2683640731

  • あだしも出てきっちゃった〜!

    あれ〜、旅人様も茨城け〜。いっつもナイスなレスしてる人だな〜と思ってだんだよ〜。ちなみにあだしは日立なんだけど、「疲れた」っつーのを「びたまった」って言ったりするよ〜。あ、もちろん若い人は言わねよ。おじんつぁまおばんつぁまがよくよく疲れっちゃった時に言うんだわ〜。ずーっと前別トピでそんなの知んねって言われっちゃったけど、うちの近所(と親戚)だけだったのかな? 誰か聞いたことあっけ?
    国道6号線様(ろっこく?ろっこく?←はっ!失礼しました。ついなつかしくて…)、パンポンが茨城限定っつーのはわがんなかった〜。小学生の時よ〜くやったよ〜。あの板(ラケット?)いっつも取り合いだったかんね〜。それと、給食で納豆出なかったけ? うちは人気メニューだったよ〜。
    いや〜それにしても、都会人の振りして気取ってても、ちょっと気ぃ抜くと「んだっぺよ〜。」な〜んて言っちゃってだめだわ〜。地元にいる時は「わたしら訛ってないよね!」なーんて思ってたけどね。

    ユーザーID:0079441657

  • こわい

    「こわい」=「疲れた」「だるい」

    患者さんがよくいってます。
    (カルテにもあたりまえのように、書いてある)

    でもニュアンスは微妙に「疲れた、だるい」とは違うみたい。
    「疲れてる感じなんですね」「だるいんですね」と返すと、
    「違う。『こわい』んだよ!!!」といわれる・・・

    ユーザーID:0296359708

  • トピ主です。 皆さんありがとう!

    皆さん、沢山の茨城弁ありがとうございます。知らなかった言葉もありますし、
    「そうだ、これも茨城弁だった!」と思い出す言葉も沢山ありました。
    時には声に出して発音してみながら(外国語の勉強みたいですね)
    楽しく読ませていただいています♪

    さつまいもさん
    名前の前に地名、言いますね!うちの両親はずっと埼玉暮らしで、
    田舎に電話をかける時は、「埼玉だけど」って言ってます。
    近所に同じ苗字がたくさんある地域だと、どこどこの誰々、って言わないと
    わかんなくなっちゃう、っていう理由もあるのでしょうか。

    やすさん さん
    文字で書き表せないのがほんと残念ですよね〜。
    例えば「おねえちゃん」だと、標準語では「ね」にアクセントがつくんですが、
    茨城は「おねえ」を平坦で、「ちゃん」にアクセントが来て、ちっちゃい子に
    言われちゃったりするとかわいくてしかたがありません。 

    茨城ですさん
    「いじやける」言います言います!家族と話をする時、
    「今日会社で、いじやけっちゃった〜」などとわざと使ったりしていますよ〜。
    うちの母は「これやってくれっけ?だめけ?」とか言ったりもします。

    ユーザーID:3819014812

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です。

    chiyoさん
    私の両親は旧那珂郡の出身です。
    「じっち」「ばっぱ」は愛嬌をこめて使っているんだと思っていました。
    地元に住む親戚も「福田のじっちが、」などと普通に使っていたので。。。
    横ですが、袋田の滝のおみやげに「ばっぱやん」ていうお菓子があって
    思わず買っちゃいました。お店の人は「じっちやん」も前にあったって言っていました。

    きいちごさん
    「そっけー」言いますね!感心した時など「まあ!そうなの〜?」のニュアンスで
    「そぉ〜〜けぇ〜!」みたいに伸ばしたりしませんか?
    母も「下駄箱の靴、ほろっといたから」とか言いますよ!

    さおり24さま
    書いていただいた例文、本文のままでしっかり意味がわかっちゃいました。
    私の茨城弁も捨てたもんじゃない(?)でしょうか。
    両親も東京に住んでたこともあって普段はちょこちょこ出るくらいですが、
    口げんかしたりする時は茨城弁すごいですよ。

    ユーザーID:3819014812

  • トピ主のコメント(10件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧