ペットを迎えて後悔。。。

レス70
(トピ主1
お気に入り90

生活・身近な話題

ばる

我が家のインコは、御年10年。
とても人懐っこく、というより私のストーカー状態。
毎日毎日、その子に幸せをもらってます。

でも、もう10歳。
インコの平均寿命にはもう少し。
確実に鳥生の折り返し地点を過ぎているでしょう。

今、私の思うことは『この子とのお別れ』考えただけで辛すぎて震えがきます。

それで、たどり着く先はトピのタイトルです。
こんなこと考えてもどうしようもないのに、、、、
あの時、広告で『ヒナを差し上げます。』なんてみなければ・・・電話したときにはもう応募が終わっていたら・・・・
いやいや、私が後先考えずに欲しいなんて思わなければ・・・・

この頃そんなことばっかり考えてしまいます。

どうか、辛口でもなんでもかまいません。
出来ましたら、これからの老鳥との残りの時間悔いなく過ごす
秘訣・もしくは心のありようをご教授ください。

ユーザーID:0465587569

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お別れする日は辛い、でも。

    私も小動物(ハム達・リス)を我が家に迎え、早い子では数ヶ月、長い子でも2〜3年の天寿を全うして見送り、解きに後悔しました。
    ですが、私はあの子達に逢えたことを後悔するより、一緒にいられたからこその日々がどれだけ幸せだったか。
    辛口ですがインコさんといるこの日々が幸せだというのならば、後悔すると言うことはその幸せな日々すらも否定することになりませんか?
    幸せな日々をあなたがもらっているのと同じくらい、インコさんもあなたという大切で愛する人と得ている。
    10歳という日々を健やかに暮らせていること、それだけ大切にされているコト、それはとても素敵で幸せなことですもの。

    この世であなたと出会い、あなたと幸せな日々を共に生きるインコさんはいつかこの世から空の向こうへ飛んで行ってしまっても、虹の橋のたもとで愛するあなたを待つのです。
    いつかどうしてもお別れする日は来てもその日を思い悩み後悔するより、ああ今日も大好きなあなたとこうして過ごせる、なんて私は幸せな日を過ごしているのだろう。
    そう思いながら暮らしているかも知れないインコさんと思ったら、気持ちのありようも少しは変わっては来ませんか?

    ユーザーID:5186732745

  • 幸せをもらってると。。

    飼わなければ良かったなんて悲しい事は言わないで下さい。

    ペットだけでなく生命あるものとは必ずいつか別れがきます。

    10年も一緒にいられてインコちゃんは今幸せですよ。
    私もダックスが15年で天国へ行きました。
    しばらくは放心状態でしたが、何より色々な思い出が巡って「私は幸せだ」と思いました。

    今は二代目を迎えて家族としてたくさんの幸せをもらっています。私の死後にまた会えると思ってます。
    きっと彼らは大はしゃぎで、迎えにきてくれるでしょう(笑)

    だからインコちゃんを精一杯可愛いがってあげて下さいね。いつか来るであろうお別れの覚悟は私もしています。

    飼わなければなんて悲しい事を言うのはやめましょうよ。

    ユーザーID:0879848615

  • わかります〜

    私は31年間ペットを飼ったことがなかったのですが、去年の秋に初めて犬を飼い始めました。
    毎日朝夕の散歩は大変ですがそれ以上に幸せな気持ちをもらってます、というか生きがいになってると言ってもいいくらいです。
    もうかわいくていとおしくてたまりません!!
    犬を飼うまでは旅行ばかり行っていましたが、飼い始めると旅行に行くことで犬と離れるのが不安で、まだ一度も行っていません。
    私の方が犬のストーカーになってしまっています・・。
    まだ何年も先かもしれませんが、この子が逝ってしまう日が来るのかと思うと胸が苦しいです。
    でも私が先に逝ってしまうと、犬は引き取り手がいなければ保健所に送られてしまうでしょう。
    だからどんなに辛くても絶対に犬より先に死ぬわけにはいかない、と思って毎日生きています。

    で、秘訣なんてたいしたものは思いつきませんが、最期までそばに寄り添ってあげることがインコちゃんにとって一番の幸せだと思います。
    インコちゃんはばるさんのことが大好きなのですよ。
    精一杯可愛がってあげてくださいね。

    ユーザーID:3867351728

  • 文鳥でしたが・・・

    トピ主さん、私も、最愛の文鳥がいました。
    12年生きてくれました。

    私にとてもよく懐いてくれて、私の姿を見れば
    自分から鳥かごを開けて出てきたり、私がいないと
    どういうわけか私の部屋を知っていて、くちばしでドアをノックして
    私が、誰かノックしたな〜と思い、ドアを開けると
    チョンと、文鳥がドアの向こうに立っていたり(笑)など
    本当にストーカーの様な文鳥でした。
    毎日毎日、文鳥と遊ぶのが楽しくて、幸せでした。

    あっという間に月日が流れ、お別れのときを迎えました。
    私は仕事で会社にいたので、最期は看取れませんでした。
    母が代わりに看取ってくれました。

    今まで、ペットを飼った中でもこんなに私に懐いてくれたペットは
    いなかったので、泣いてばかりでしたが、後悔はなかったです。

    後悔するより感謝感謝でした。
    私に懐いてくれて、私を幸せにしてくれて、ありがとう。
    一緒に過ごした日々、忘れないよ。
    天国で見守っていてね。また虹の橋で会おうね。と
    悲しみはいつか、温もりに変わりました。

    トピ主さんにもそんな日が来ます様に

    ユーザーID:1509383472

  • 生きていれば必ずお別れは来ます

    我が家もインコを飼っています。5歳のコと1ヶ月のコの2羽です。
    毎日、このコ達と一緒にいられる幸せを感じます。

    寿命が来てお別れならまだ心構えが出来ます。病気の場合でもそうです。
    我が家の場合は最初のコを事故で亡くしたので、予想していなかった為、ショックは大きかったです。
    でも失った悲しみよりも、そのコがくれたたくさんの幸せな思い出があったので、また新しいコを
    お迎えしました。
    亡くす悲しみよりも、一緒にいる楽しみの方が上だからです。

    トピ主さん、今まで大切なものを無くしたり亡くしたりした経験はないのですか?
    亡くすこと(無くすこと)を恐れていては何も出来ませんよ。
    友達も恋人も子供も亡くすのを恐れていては作れません。
    「別れは生きているものには必ずあるもの」と思って向かい合わなければ、人生全て「こうすればよかった」の
    後ろ向き、後悔の連続です。

    トピ主さんは本当に「このコを迎えなければ良かった」なんて思っているのですか?
    それではそのインコちゃんも可哀想ですね。もっといい飼い主さんがいたかもしれなかったのに。

    ユーザーID:1794047449

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • でも

    迎えてなければ、その子と過ごした楽しい時間もなかったわけです。
    お別れは確かに辛いけど、そればかりじゃありません。
    一緒に過ごした優しい時間が、生涯残ります。
    私もお別れしてもうすぐ一年。
    時々どうしようもなく淋しくて、いまだに泣いてしまう時もあるけど、そればかりじゃありません。
    特別、何かをすることもないと思います。
    どうぞそのまま、楽しい日常の思い出を積み重ねてお過ごしください。

    ユーザーID:9877631111

  • わかります

    私の犬も13歳になり、そろそろ寿命が近づいています。病気せずに元気ですがいつかは死んでしまうときが必ずくることが信じられません。想像しただけでボロボロ涙が出てきます。その先彼(犬)がいなくなって生きていけるのか本気で不安になります。

    私は後悔はしたことはないですがトピ主さんの気持ちがわかります。
    私たちにとってただの動物ではないんですよね…
    家では彼(犬)に対して普通の人間に話かけるように話ます、家族なんです。

    すみません全然トピ主さんの質問の答になっていませんでした。

    ユーザーID:0791002463

  • 後悔なんかしません

    我が家の子桜インコも11歳です。
    平均寿命の10歳を過ぎました。

    一年前はそのう炎にかかり、一ヶ月間の闘病。
    本当に死に掛けました。
    私は毎日泣いていました。
    でも頑張って元気になってくれました。

    今はすごく元気だけど、お別れの日はそう遠くは
    ないでしょう。
    でも一杯一杯愛をもらって(私の事が大好きです)
    来ました。
    側にいるだけで慰めてくれます。
    この11年は私にとって宝物です。

    お別れは必ず来るし、その時は本当に落ち込むと
    思うけど、沢山の幸せをもらったんです。
    その時は有難うと言って看送りたいです。
    その日は1日でも先であって欲しいですけど。。

    ユーザーID:0859992691

  • 幸せすぎる鳥

    ばるさんのような人に飼われて幸せすぎるインコだと思います。
    人間だってそこまでの愛情をかけてもらえない人だっているんだもん。

    もしお別れの時がきてもきっと「ありがとう」と言ってくれるはず。
    動物は言葉が喋れなくても感情はありますものね。
    私は鳥を飼った事がないので鳥の寿命がどれくらいか詳しくわかりませんが、残りの鳥生を愛情たっぷり注いであげてくださいね。

    我が家にも飼って10年になる犬がいます。
    我が子と変わらない位に大切で可愛いです。
    もしこのコにもしもの事があったらと考えたらゾッとしますが、家族として迎えたからには最後まで大切に育ててあげたいと思っています。

    お互い「大切」な存在がいるってステキな事ですよね。

    ユーザーID:2792048753

  • ペットとの出会いと楽しい思い出を大切にしましょう。

    我が家には猫が二匹います。 仔猫だった頃から一緒に暮らし始めました。 仕事から疲れて帰ってきても猫たちがいてくれるだけで疲れも吹き飛ぶし、慣れない土地に引っ越した時も寂しくありませんでした。 

    私も考えることがありますよ、いつか来る別れのこと。 でもこればっかりはしょうがないですよね。 むしろ自分がペットを残して先にいく方がよっぽど心が痛みます。 それよりもたくさんたくさん愛情を注いであげて、その時が来たら見送ってあげる方がいいと思いませんか?  

    今一緒にいる時間を楽しみ、この子に会えてよかった、って思う気持ちを大事にしましょう。 トピ主さんが言うように、あの時広告を見なかったら、電話した時に応募が終わっていたら、今までその子がくれた沢山の幸せな気持ちや思い出もさえも一切なかったんですよ。  

    もしうちの猫たちが私のペットというお役目を終えてこの世を去っても、またきっと違う形でいつか出会えるんじゃないかなと考えます。 お別れは次の出会いためのバトンタッチ。 その時がきたらとっても辛いと思うけど、哀しむより出会えたこと、何年も一緒に過ごせたことを喜びたいと思います。 

    ユーザーID:7230290870

  • ペットに対する思いやりはないの?

    自分が辛い思いをしたくない、というところばかりに焦点が当たってますよね。こういう擬人化は嫌う人も多いかもしれないけど、もしあなたの鳥さんがトピ主のこの考えを知ったらどうでしょう?

    自分のせいで飼い主を苦しめてしまった。飼い主は自分がいないほうが幸せだったと考えている。そう鳥さんが知ってしまったら?

    この子がいたことでどれだけ幸せだったか、ペットとしてどれほどいい環境を与えてあげられたか、そういうプラスの面を考え、幸せと感じることこそが、ペットに対する愛であり、思いやりじゃないんでしょうか。

    ユーザーID:7390785617

  • 同じ気持です

    わたしはワンコと暮らしているのですが、同じように思っていました。
    あまりの可愛さに、離れているとわたしの方が分離不安のようになってしまうほどです。
    可愛さのあまり仕事もセーブ・お出かけはなるべくしません。一人ぼっちにさせたくないんです。かなり度を越しているのは重々承知。

    先日、実家の犬が旅立ちました。大往生でした。
    うちもいずれは...と思うと胸をかきむしりたくなるほど苦しいです。
    「犬なんて飼わなければよかった。こんな哀しい気持ちになるなら」って
    激しく後悔しました。

    でも、この子がいるから辛い時も疲れた時も頑張っていられるんです。
    この子が安心して暮らせるように踏ん張らなくちゃいけないんです。
    そして、こんなにまで愛されてる我が子って世界一幸せなワンコなんだと
    思うと、いつか来る日を怖がって、迎え入れたことを後悔してクヨクヨしているのが申し訳ないと思えるようになりました。

    ばるさん、その日は避けられませんが、この子たちと出会えたことを誇りに、またここんちの子になってよかったって思ってもらえるよう、一日一日を大切に重ねていきましょうね!

    ユーザーID:4882019720

  • そんなこと言わないであげてください

    ご縁があってトピ主さんと出会ったインコちゃんです。
    「後悔」なんて言わないであげてください。
    インコちゃんと過ごしてきた10年は他の何にも変えられない時間のはずです。
    確かにお別れの時を迎えるのは避けられませんし、悲しいことです。
    でもそれ以上にインコちゃんと過ごした時間は楽しかったはず。
    インコちゃんをお迎えしなければ経験出来なかったこと、感じなかった喜び、知らずにいたであろうことを、インコちゃんからたくさんもらったはずです。
    ストーカー状態になるほどインコちゃんはトピ主さんに懐いているんですよね?
    インコちゃんはトピ主さんが大好きなんです。
    それなのに「後悔」なんて言ったらインコちゃんが泣いちゃいます。。。

    我が家には15歳の老鳥がいます。
    毎日朝起きて元気な姿を見るとうれしくなります。
    もちろん”その時”が来たらたくさん泣くでしょう。
    どんなにベストを尽くしていても「もっと何かしてあげられることがあったのではないか?」と自分を責めると思います。
    それでも「後悔」はしません。
    だってこの子に出会えたのは運命だから。
    この子のことが大好きだから。

    ユーザーID:2536142097

  • 私達もその内行きますよ。

    私は猫飼いですが、お別れを思うと、キュッと胸が締め付けられます。
    でも、いつかあちらの世界へ行く。それはどちらが先か分からないけれど…。
    この猫がいてくれたから、世界中の猫や動物を可愛いなんて思えるようになったんだ。
    ありがたいな。
    そう思って毎日可愛がっています。

    鳥さんがちょこちょこトピ主さんについてくるのを想像して、ほのぼのしました。

    長生きしてね、本当に。

    ユーザーID:9605706834

  • うちは犬ですが

    15年一緒に過ごした大切な家族です。母と相思相愛で、自分で産んだ私たち子供より可愛いそうです(笑)。天国へ行って、もう6年になります。

    トピ主さんも、インコちゃんをとっても愛してらっしゃるんですね。私も愛犬が10歳を越えた頃から、いつか来る永遠の別れが怖くてたまらなかったし、なにより母がペットロス症候群で後追いしてしまうんじゃ、と本気で悩みました。

    実際は半年程、老いた愛犬を母が献身的に介護して、最期は母の希望通り、母の腕の中で息を引き取りました。翌日に両親と私の夫と4人でペット霊園で火葬をし、しばらく遺骨を家に置いた後、単独の墓地を買って納骨しました。

    火葬の時は母も私も大号泣、年に数回墓参りもしますが、未だに涙が出ます。でも、やっぱり15年間の日々は、かけがえのないものです。失った悲しみは大きいけれど、それを上回る楽しい穏やかな思い出がいっぱいです。私も母も、愛犬と出会ったことを後悔してません(うちも新しい飼い主探しのチラシが縁です)。寧ろ感謝の一言に尽きます。母は部屋に愛犬の写真を飾って、毎日お水を供えてます。

    トピ主さん、一緒に生きてる素晴らしい今を、大切にして下さいね!

    ユーザーID:2452453529

  • あなたが可愛がった分、普通より長生きします

    平均寿命を過ぎても生き続けるインコはたくさんいます。

    可愛がられてストレス少なく生きてきた分、
    トピ主さん家のインコちゃんは普通より長生きするかもしれませんよ?

    ユーザーID:3949723562

  • ありがとう

    ぼくはあなたのインコです。(他にも素敵なボクがいたらゴメンね)

    いつも一緒にいてくれて、ありがとう。
    いや、一緒にいさせてくれて、かな?
    いつもごはん、おいしいよ、ありがとう!
    赤ちゃんだったぼくをあの時、このお家に連れて帰ってくれて、ありがとう。

    ぼくはあなたと一緒にいられて、世界中の誰よりも幸せな鳥生なんだよ?こんなにも愛してもらえるインコはこの世に、そうそういないね!
    だから、後悔だなんてもう、言わないで下さい。

    もう、ぴちぴちの若者じゃないけれど、毎日の幸せは変わらない…どころか、あなたと一緒の一秒一秒をさらに愛しく思います。
    今後の目標は野鳥の憧れ、穏やかな老衰!ってやつなので、これからはほんの少し、今までよりぼくの健康管理・気温や猫・カラス・事故等に気をつけて下さい。長老になって止り木が危なくなったら低いのだけで。
    ほんのちょこっとだけでいいんです!
    だってここは、10年も!慣れ親しんだぼくの家なんだから。

    ぼくがしんだら、また新しい赤ちゃん、連れてきてね?
    その子と一緒に、ぼくがいます。
    あなたとずっと、一緒にいます。

    ユーザーID:0741150410

  • わかりますが…

    私もうさぎを飼っていますが、ペットがいなくなる日を思うと涙がでそうになりますが。獣医師さんに言われた言葉です。「ペットを飼いたくないと思わないでください。思いっ切り泣いて、ありがとうと言ってあげてください」と。それから後悔したり飼いたくないと思ったらペットが可哀想だなと私は思うようになりました。動物は飼い主さんの心に敏感ですし、「後悔」ではなく思いっ切り可愛がって出来るだけのことをしてあげてほしいと思います。

    ユーザーID:2355198898

  • それは一番思ってはいけないこと

    私も昨年、7年間飼っていたセキセイインコを亡くしました。
    徐々に体調が悪くなってきたので覚悟はしていたものの、家族の死は
    相当辛いものでした。

    当時、私もトピ主さんと同じように
    「この子を飼わなければよかった」
    と何度も思いました。

    でもそれって、自分が悲しい思いをしたくないから、ペットの苦しむ姿を
    見たくないからそう思うんだと気づきました。
    全て自分のエゴな考えなんだと思ったのです。

    7年間、笑いや幸せをたくさんくれました。
    落ち込んでいる時は支えになってくれました。
    だから
    「7年間本当にありがとう。私の所へ来てくれてありがとう。」
    と心から伝えるようにしました。
    今は感謝の気持ちしかありません。

    そう思ってあげることがインコちゃんにとって、一番嬉しいことじゃないでしょうか。
    お迎えしなければ・・なんて思うとインコちゃんは悲しみませんか?

    大好きな大切なペットの死を考えて不安になる気持ちは痛いほど分かりますが、今は一日一日インコちゃんと過ごす時間を大切にしてあげて下さい。あの時ああしてあげればよかったと思うことのないように。

    ユーザーID:5908661956

  • 全てが宝物です

    ばるさん、気持ちは痛いほど分かります。
    うちの子は、15歳を超えるまで頑張ってくれました。
    最期までご機嫌でいじらしく振る舞い、そっと灯が消えるように、穏やかに虹の橋を渡っていきました。

    旅立った当初、平静を装っていましたが、半年はマトモに記憶がないくらいのショックを受けました。
    毎日つけていた婚約指輪まで、どこへ置いたのか、全く分からなくなる始末。(半年後に出てきました。 字数でかけませんが、あの子のお陰です)

    でもね、頼りないヒナちゃん、若鳥で元気はつらつのヤンチャ時代、ベタ馴れしてストーカー顔負けに追いかけて来た事、可愛い寝顔…全ての記憶が宝物です。
    ばるさんの仰る通り幸せそのものの時間。あの子はまさに天使だったと思っています。
    喪失感は計り知れませんが、思い出が優しく蘇ってくるようになる時が必ずきます。
    今でも、家に帰ると「オッカエリ〜♪」という声が聞こえたり気配を感じる事もありますが、それも穏やかに受け止められようになると思います。
    今ではあの子に恥じない生き方をしていこうと、心の支えにしています。

    一瞬一瞬の幸せを、感謝して大事に宝物として貯めていって下さい。

    ユーザーID:7004029592

  • わかりますが...

    本当に後悔していますか?
    10年間幸せをもらったとご自分でも書かれてますよね。
    悲しみは癒えますよ。
    思い出は消えません。
    後悔のないよう日々慈しむしかありません。
    何匹もネコを見送りました。
    後悔はなくなることはありませんが、その思いを忘れず、
    よりいい飼い主になれるようにと思って次の出会いを迎えます。

    もう悲しいから飼わないという考えもあると思いますが、
    出会いがあります。
    その子を幸せにしてあげてください。

    ユーザーID:8284649245

  • 気持ちわかります

    3歳のねこを飼ってます。
    別れの時を考えるとウルウルなります。
    後悔しないために、今精一杯かわいがることにしています。
    なるべく、旅行に行かないようにしています。
    万が一、その間に何かあればと思うと、旅先から早く帰りたい気持ちになったりします。

    ユーザーID:5856765556

  • わかります・・・。

    私も長年セキセイインコを飼っていたので
    トピ主さんの気持ちは痛いほどよくわかります。

    でも、まだ生きているのに
    「ペットを迎えて後悔。。。」なんて
    悲しいことは思わないでくださいね。

    それよりも、この先どれだけ長く
    充実した時間を一緒に過ごせるか、
    ということを考えるべきだと思います。
    老鳥ならエサの見直しや気温の差に気をつけて、
    長い時間遊ばせないなど
    インコの負担になりそうなことは控えつつ、
    毎日たっぷりの愛情を与えてあげてください。

    最後に、
    老鳥との残り時間を悔いなく過ごすために
    私がやったことは、
    できるだけ家にいて寂しい思いをさせないようにしていました。
    ときには一緒に写真をとったり、
    インコの声を録音したりもしました。
    そのとき飼っていたインコは12歳という大往生で
    2年前に亡くなりましたが、
    たくさんの思い出づくりをしてよかったと
    今でも思っています。

    トピ主さんもあまり悲観的にならずに
    インコちゃんとの幸せな生活を
    たくさん楽しんでくださいね。

    ユーザーID:1585164815

  • 今を大切にする

    相手がペットでも人間でも、失ったら心の底から悲しく思える相手に会えたのって幸せなことです。あの時会わなかったらなんて考えるのは時間の無駄。限られた時間だからこそ、その時間を大切に過ごさなければもったいないです。

    それに、愛情を与えて与えられた相手って、居なくなっても私たちの記憶の中に生き続けます。

    残された時間を楽しんでね。

    ユーザーID:2543535864

  • 私は

    私も高齢のワンコがいます。
    お別れの時はそう遠くはないと思っています。
    そのことを深く考えると涙がでてしまうのですが、
    だからといってワンコがウチにきてくれたことを
    後悔は全くしません。きてくれてありがとうと
    深く感謝しています。

    そして一緒に過せる今はワンコに幸せであって欲しい
    と思っています。もしお別れの時がきても、私が
    あまりに悲しむとワンコが私のことが気がかりで
    成仏できないと困るので、心強く送ってあげたいと
    思っています。でも現実はたぶんダメダメになって
    しまうと思うのですが・・・。

    ユーザーID:8950218270

  • うちは猫ですが

    5年前に猫を拾いました。偶然であっただけですが
    家に入れて入れて攻撃と彼女の魅力に負けました。
    負けたことは少しも後悔していません。

    もちろん彼女を失ったら…と思うだけで悲しいです。
    持病があるので長生きは難しいかもしれません。
    でも、受け入れるときに全部込み!と覚悟を決めたので
    後悔することはありません。

    実際に彼女を失ったら…どうなるかわかりません。
    わからないから今から心配しても仕方が無い。
    彼女より先にこっちが逝ってしまわないように
    健康に注意しないと!って思っています。

    ユーザーID:7939100746

  • それじゃあインコがかわいそう

    インコが来てこの10年、幸せだったでしょう?

    あの時ヒナをもらわなかったら、その思い出はありませんでした。
    幸せだから、別れもつらくなると思います。

    別れは仕方が無いですが、あの子がいなければよかったと思うとしたらインコがかわいそうです。あなたがインコが好きなように、インコもあなたが大好きなのに。いなければよかったなんて、悲しくなります。

    私の知り合いはインコが死んでしばらく抜け殻みたいでした。けれど、1年たった今は、思い出を語ってくれるようになりました。
    あの時は楽しかった。そういえば、あんないたずらしたりして、私を困らせて、とか。
    そんなときの知り合いは、とっても幸せそうな顔をしてます。

    私の場合は2年前に犬が死にました。最後の1年は離れて暮らしていて、最後を看取ることすらできなかった。とっても悲しかった。今も思い出したら涙が出ます。
    あの子にもう少しいろいろできたんじゃないか。あの子は幸せだったんだろうかと、いまだに後悔してます。だから、いまだに涙が出るんでしょう。

    私のように後悔しないように、できればインコが死んだ後に思い出を幸せそうに語れるように毎日を送ってほしいです。

    ユーザーID:7931396721

  • わかる

    気持ちわかります。私も十六年生きた猫と去年お別れしました。
    別れる前は、悲しみにきっと耐えられないと思ってました。とても悲しかったけど、あのすばらしい猫に出会えてよかったなあ、と今は思います。病気になっても懸命に生きようとする姿、人間を頼ってくる姿、愛しかったし、生き物として立派でし。いろいろなことをあの猫から学びましたよ。
    老鳥さんといい時間を過ごせますように。

    ユーザーID:9902527442

  • 後悔の前に、感謝かな

    トピ主さん、お気持ちは本当によくわかります。

    私の愛犬は10年近く前に18歳で亡くなったのですが、もともと身体の弱かった子が15歳を越したころから、「この子がいなくなったら…」としょっちゅう考えていました。
    我が家で生まれた子で心底仲良しだったので(いままでもたくさん犬を飼いましたが、あの子だけは全く特別でした)、いなくなる日はマジで恐怖でした。

    もちろん、亡くなった後はボロボロで会社に行けないほど落ち込みましたが(笑)、月日がたつうちにあの子がいた日々がどんなにありがたかったかのかよくわかりました。
    沢山の素晴らしい思い出、暖かい精神的なサポートの数々…。
    ペットが飼い主に与えてくれるものは、本当にいっぱいあるんです。

    だから、トピ主さんもどうぞ亡くなる前から落ち込まないでください!!
    落ち込むより先に、出会えてよかった!と感謝すべきことがいっぱいあるはず。
    どうもありがとう。
    そう思うだけでも、インコちゃんとの接し方は違ってくるような気がします。

    ユーザーID:3359838784

  • 追伸です!

    いつかインコちゃんが旅立った後についても一言、付け加えさせてくださいね。
    きっと「ペットの死はこりごり。あんなインコは絶対にいないはずだから、もう二度と飼わないわ」と思われることと思いますが、相性のいい素晴らしいペットとの出会いはまた必ず訪れます。

    私も「もう絶対飼わない!」と5年間思い続けていたのですが、ふとしたきっかけでまた同種の仔犬を飼いはじめることになりました。
    亡くなったあの子のように素晴らしい犬じゃなかったら…。
    あの子と同じようにかわいがれなかったら…。
    いろいろ悩みもしましたが、なんのなんの、私にとって新しい犬は今やあの子と同レベルです!!!
    性格も違うし、容姿も違うし、得手不得手も違うけど、新しい個性はグイグイ私を魅了してくれるのです。

    だから、インコを飼う楽しみは残りわずか、と思わないでくださいね!

    ユーザーID:3359838784

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧