海外移住について

レス38
(トピ主3
お気に入り77

キャリア・職場

智子

結婚の話がでている彼がいるのですが、将来設計が合わず、悩んでいます。

彼は「円安・物価高・年金破綻等、日本の将来が明るくないため、まずアメリカの市民権をとり子供はできれば第3国で産んでそこの国籍を取得し日本以外でも仕事・生活ができるようにしたい。」といいます。
現状、日本で2人合わせて年収2000万ですが海外にでるとおそらく2人で1200万程度に減ります。2人とも会社員です。
日本で働くのが一番収入がよく教育(私立)・医療のコストが安いのと、加えて海外放浪移民だと年金がバラける・ビザ申請中に働けないなどのコストがかかるので日本で貯蓄・運用するほうが老後のリスク対応になるのではと思うのですが、、、

皆さんはどうお考えになりますか。

ユーザーID:1875595880

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 賛成でも反対でもありませんが・・・

    市民権(Citizenship)を取るためには、グリーンカード取得後5年目からになります。これは実際に住んでみれば就職先がみつかって、なんとかなるご時世ではありません。
    グリーンカードを持っていない場合、現地人と比較しても、著しく優秀だということが証明でき、語学にも問題がない状態ならば、就職先もみつかると思います。

    彼かトピ主様が、既にグリーンカードは取得済か、またH−1からグリーンカードを発行できる企業などにお勤めなのでしょうか?

    また、その国で子供を産めば市民権が貰える、という国は限定されます。

    以上のことが、具体的に明確でなければ、意地悪を言う訳ではありませんが、彼の言っていることは絵空事の段階です。

    私の感覚ですが、米国で年金を当てにして老後を生活することを考えている状態ですと、厳しい選択になると思います。
    こちらは年金・医療保険などは、個人が負担する考え方です。業界トップの最優良企業(MSなど)に勤めるれば、福利厚生は充実していますが、基本は自力で老後の分を稼いでからリタイアの考えです。

    ユーザーID:7654900861

  • 楽しい?

    国際結婚して海外に住んでいます。
    パートナーの親戚が近くに住んでるため、知り合いがすぐにできます。

    一方、同じ国際結婚でもどちらにとっても海外の場合はお互いに知り合いがいなく閉じこもりがちみたいです。

    日本の将来が明るくないと思う彼には同感します。私自身もそう思ったので移住を決意しました。けれどそれはあくまでも中産階級以下の話で、年収2000万なら日本で頑張って働いて、貯蓄、投資して、早めにリタイアして、アジアでのんびり過ごすとかどうでしょうか?
    日本人でも海外で仕事してる人いますが、本人次第でしょう。
    海外で暮らしてきたという人はアドバンテージはありますが、そうでない人でも働けますからね

    ユーザーID:6421374657

  • 在米男です。

    他にも海外移住に関するトピがあり、それをご覧になってもわかると思いますが、移住は大変です。アメリカ市民権を取るには永住権を取得してからたしか10年(間違ってたらすみません)の期間が必要です。
    この永住権を取得するのに莫大なお金と時間がかかります。
    そもそも、アメリカ側からしたら、優秀な人間を国外から受け入れると、それだけ自国民の雇用が減ることになるので受け入れに対しては積極的ではありません。
    現在の年収がご夫婦合わせて2000万とのこと。ご主人が海外で何かやり遂げたい具体的な夢があるのなら応援しますが、生活の為の移住ならあまりに無謀だと思います。
    将来に向けて貯蓄なり、投資をした方がよいと思います。

    ユーザーID:1013192949

  • ???

     トピの前半だけ読んで、なんと大言壮語の安易な隣の芝生的な発想だろう、頭大丈夫だろうかと思いましたが、年収あわせて2000万の会社員なんですね。優秀な方たちだと察しますが、そのスキルを生かして再就職がアメリカで可能なのでしょうか?英語は?作次郎さんのレスとは反して、業種・技能によれば米国民の人材が少ない場合、優秀な人材を移民として受け入れ国の活力をあげるので、可能かとは思います。

    会社が労働ヴィザさらに永住権のサポートしたいと思うような有能な方なのでしょうか。投資家とか、起業して雇用を促進するならヴィザが出るというのは聞いたことがあります。

    ミドルクラスの私などが思いつかない方法があるのでしょうか。いずれにしても、ネットでしっかり調べたらどうでしょうか。必要ならアメリカまたはその他の国の移民法にくわしい弁護士にコンタクトをとるとか。健康保険、年金などこっちが日本よりいいとは思えませんが。老後の生活にお金がたっぷりあればこっちは優雅だけど、そこまでいくのは大丈夫でしょうか。

    ユーザーID:3470210028

  • 勿体無いです。(キッパリ)

    在米で永住権を保持している者です。現在フ世帯収入が仰る通りだとすれば、そのまま日本で貯蓄や投資をされて資産を形成された方が賢明だと思います。
    資産形成が順調に行けば海外へ出ようなどとは思わなくなる筈です。

    中流以下の方々が如何に日々の生活に苦しんでいようと、資産がある方々は傍らで、美味しいものを食べ、人生を満喫すれば良いのです。
    老後は海外や国内に所有する不動産から得られる収入で、悠々自適の生活ができるかもしれません。

    中長期的に日本の経済成長は頭打ちになり、様々な変化が起こるでしょうが、日本はトピ主さんが生きて居られる間は消失しないでしょう。

    私は転勤でここに来ましたが、自分の意思ならアメリカで無い方が良かったかもしれないと思っています。
    医療、教育、生活全般と日本と違うので戸惑うことも多いのではないでしょうか?
    また言葉や習慣も違うので、実際に住み始めるとクリアしなければならない課題も多い筈です。

    日本を離れると如何に日本が住み良いかお分かりになると思います。
    失って初めて気付くものもあることをお忘れなく。

    ユーザーID:3993952666

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • そんな時代ではないです

    米国永住者です。
    まずアメリカの市民権、とありますが具体的な方法は?
    市民権を外国籍の人が取るのは容易ではありません。
    年々厳しくなってますし、
    物価、医療費、燃料費は上昇、庶民の生活レベルは下降気味です。
    家族がこちらにいるのでなければ、永住権でさえ大変です。
    トピ主さんの考えが賢明です。

    ユーザーID:0200426432

  • 甘い。

    現在アメリカに住んでいます。主人はアメリカ人です。

    まずお相手の方の考えは甘過ぎますね。
    アメリカ市民権の取得については他の方も挙げていらっしゃるので割愛しますが、
    アメリカのドル安は日本の円安より深刻な問題です。
    物価も都市部は日本より高いです。
    年金はソーシャルセキュリティも破綻は時間の問題だし日本より老後は厳しいですよ。

    うちは主人が会社を経営していて年収で言えば億近いです。
    でも税金の高さ(日本と比べ物になりません)などを考慮すると日本で年収2000万円程の生活のレベルだと思います。
    1200万円の年収だと一番税金がキツいミドルクラスなので手取りは600万円ぐらい、
    1ヶ月50万円では都市部だと家賃で半分もしくはそれ以上飛ぶのでかなりしんどいでしょうね。
    アメリカでは医療はビジネスなので大きな病気をしたら一発です。

    今の世帯年収等考えれば日本にいるのがベストだと思いますよ。

    ユーザーID:7715588004

  • 海外駐在のチャンスはありませんか?

    今勤務されているところで、海外駐在のチャンスはないですか?あー、でもこうなってしまったら、旦那様、もしくはトピ主さんのいずれかが会社を辞めて、ついていくことになる、あるいは単身赴任になってしまうでしょうが・・・。
    年収が二人合わせて2000万円ですが・・・夢のような話です。絶対今の生活を捨ててはいけません!米国移住〜響きはいいですけど、本当にお金や保障に関しては厳しい面がたくさんあります。
    今は日本で一所懸命働いて、お金貯めて、定年退職を迎えたら、旅行でも海外長期滞在でも何でもできると思います。安易に今の豊かな生活を捨てて、海外移住なんてなされませんように。

    ユーザーID:0325195455

  • 難しいらしい

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0701/191865.htm?g=02

    米国にMBA私費留学するような人でも、向こうで職を得るのは大変なようです。日本でチャンスを探した方が確実では?

    どの会社にお勤めなのか分かりませんが、伝統的な日本企業に勤めてて、能力に自信があれば某かの閉塞感を感じるのは分かります。ただ、アメリカの会社が自由で実力主義というのは半分以上は幻想である、というのは米国系企業の日本法人に勤めてみれば分かりますので、まずはそういうところで「かいま見る」というのもアリかな、と思います。
    また、日本は意外と起業が簡単ですから、そういう道もあるのではないかと思います。

    ユーザーID:7749236353

  • トピ主です

    トピを立てたばかりなのにいろいろアドバイスがあってありがたいです。

    彼の永住権はとれるめどがたっていて英語も問題なく、現地人と同じレベルで競争できます。
    私は現地で1-2年慣れればそれほど問題ない英語レベルにあがると思います。H-1は難しいです。彼が市民権に切替完了するまでの4−6年、私が学生ビザ(弁護士に要相談)となると学費負担&職歴にブランク、が悩みです。
    出産についてはほんとに対象国があまりないですね。メリット/デメリット検討中です。

    やはり医療・税金・年金・生活コスト、厳しいですよね。東京の生活コストは高いと言われてますが、そこそこ安全・満足の行く生活をしたければ諸外国(都会)よりずっと安いと思ってます。
    また、年金以外の老後資金を貯蓄・運用するにも、海外転出して年収がさがるとそれもままならないので不安です。
    日本はすぐには破綻しないし移住のコストとリスクが見合わないから日本にいたい、と主張しているのですが、「では子供の代は?」と言われると答えが出ません。経済・雇用の縮小、増税は避けられないでしょうし。

    ユーザーID:1875595880

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • レス読みました

    彼が永住権を取れるのですね。失礼しました。選択肢は色々ですね…

    トピ主様は理系ですか?一流校の大学院では、担当教授や学部が学費と給料を全額サポートしてくれるところもあります(主に理系)。私はそれで学位を取りました(もちろん入試などは個人です)。
    また、米国でしたら日本企業での勤務も可能です。駐在員でしたら、経済的にも、医療保険等の保障も充実します。

    知人(米)が、市民権取得などが専門の弁護士ですが、配偶者に市民権があれば、働きやすくなる(実力/語学は問題ないとして)と聞いています。永住権自体も職業にもより違います。例えば看護師は取りやすいですが、医師は相当の覚悟が必要です(例は治安の悪い所での勤務条件)。

    現在は永住権を取ると、国内への居住や勤労が義務化されています。準拠しないと永住の更新ができません。他国での出産は、状況によっては一人でもやる覚悟が必要になりますが…私自身はこれが一番難しいと考えます。説明も求められるでしょうし、将来子供にも負担がかかるのでは?

    医療と年金は自己責任・負担です。高額の保険に入らない限り、歯の治療でも数千ドルはかかります。

    ユーザーID:4243036115

  • あのう、それなら

    子供の代を心配するなら、子供だけ海外で産んではどうですか?カナダやアメリカなど生地主義の国なら子供は外国籍が取れます。成人するまでは二重国籍のままで、大人になれば日本にいたいか海外に住みたいかを選べます。
    でも実際は妊婦が渡航するのは安全面からも国籍目当ての人がいることからも難しいらしいですけど。。。

    それに「まずアメリカ」と言ってますが、カナダやオーストラリアなど実力主義の所の方が楽ですよ。カナダにいる人は「アメリカに行きたいけど難しいので、まずはカナダから」と言ってます。ビザも日本から夫婦で申し込んで、取れるまで日本で待つことができます。

    ユーザーID:4969303584

  • よくわからないのですが。

    2回目ですが、彼氏の永住権のめどが立っているというのはどういうことなのでしょう?
    人様のことなので、おせっかいなだけですけど、日本に住んでいて、日本の会社に勤めている人が永住権って、あのグリーンカードの「くじ引き」ぐらいしか思い浮かばないのですが。
    もし、永住権を取れるのが本当なら、渡米前に結婚すれば、学生ビザなど心配しなくてはいいのではないですか。

    英語のレベルも、すごい自信ですが、その根拠は?
    帰国子女だったとか、大学で学位をとったとかですか?20年以上アメリカに住んでいて、昔語学教育に携わっていましたが、現地で相当年数を過ごしたとか、アメリカンスクールに行っていたとかではなくては、現地人と同じレベルで競争はできないと思いますが、語学力があまり必要でない分野の専門家ですか。

    アメリカの場合、子どもが現地生まれで市民権を得ても、親の市民権サポートはその子どもが成人してからだと聞きましたけど。
    とても聡明な方々だとは文面から伺えますが、それでも疑問が色々です。

    ユーザーID:3470210028

  • いいなー

    アメリカ在住、GC申請中のものです。
    私も上のレスのように、どうしてそんな簡単にとれるんだろうと思いました!
    私も、GCの宝くじ?しかおもいつきません。私も渡米前に結婚して、あなたもファイリングしてもらい、GCをもらうべきです。GCではたらけるしー、
    英語力もあるなら、いいじゃないですか。
    もし、もうファイリングできない段階なら、英語に自信あるようなので、2年大学院に行って、そのごH-1とれば?スキルアップにもなるしー。

    小町には、在米者も多く見てて、GCや市民権云々はかなり知識あります。
    うちも、ほんと、大変でしたよ。なので、安易なGC,市民権にたいする発言は、結構たたかれてしまうとおもいます。
    まー、異国で生きるのって大変だし、特にアメリカなどは滞在資格(GCとか)を得るのでも苦労してる人もおおいので、簡単に夢見たいなこと言われると結構むかつくのかも。。。。
    智子さんのGC,市民権にたいする発言が結構具体的であったなら、的を得たレスがたくさんついたかもしれません。

    ユーザーID:4415159712

  • アメリカに移住予定ならば出産は米国で

    トピ主さんのレス、真剣に読みました。
    私は元在米です。期間は6年間。その間に二人目、三人目を出産しました。
    お子さんの立場のみ考えますと、アメリカに移住するならアメリカで出産してください。

    我が家の一人目は日本で出産したのでアメリカ国籍がありません。
    市民権がないことはアメリカで生きていくのに大変大きなことなのです。

    生まれて、すぐわかります。市民権を持つものとそうでないものの立場、権利の違いに。。。学校生活でも本当に大きく違います。例えば、私の住んでいた州は学校で行う検診など、一人目の子は受けられません。(又は有料)

    お子さんが将来に日本に戻るならば、日本国籍を本人が選べばいいこことです。

    ユーザーID:7350065597

  • トピ主さんでもないのに、何ですが・・・

    トピ主さん本人が説明なさるのが一番良いのでしょうが私が思うに、彼氏は現在アメリカで仕事をなさっているのでしょう。もう前からGC申請しているので、もうすぐ取れる見通しなのでしょう。

    トピ主さん、彼のGC申請前に結婚していたら、一緒に申請できたのにね。
    学生ビザで繋ぐのは、結構大変みたいですよ。お歳がいくつなのかわかりませんが、学生ビザの間は子供も作れないでしょう。出席率とかもかなり厳しくチェックされるようですから。出席率が悪くてビザ更新が出来なくなったら、日本に帰るしかないですし。

    私が一番疑問に感じるのが、彼氏は「子供の代には、日本は破綻しているだろう」と思っていらっしゃいますが、アメリカは大丈夫なのですか?
    私はアメリカ在住でGC保持者ですが、この国もそんなに先行き明るいとは思えませんよ。日本でしっかりお金を持って生活する方が、まだ堅実だと思いますよ。

    >元在米さん
    婚約者が市民権を取る予定らしいので、お子さんはどこの国で生まれても申請すればアメリカ市民権を得られますよ。

    ユーザーID:6631293669

  • 少し安易では

    もうすぐ彼のGCが取れる目処が立っているとのこと、どのような仕組みでそうなっているのか、
    ちょっとよくわかりませんが・・・。やはりくじであたったのでしょうか?
    GC取得後、5年後に市民権を取る権利が発生しますが、昨年USCISでの大幅な
    値上げにより、申請者が殺到して今も込み合っています。
    それまでは半年ほどで取れたものが、アメリカのお役所仕事もからんで年単位の待ち時間です。
    ”日本の将来は暗い”事には同意しますが、悲しい事にアメリカも明るくないです。
    今あるソーシャルセキュリティは2040年か50年ごろには破綻すると聞きました。
    それまでいかに蓄え、投資で成功を収めておくかがアメリカで老後安心して暮らす鍵です。
    (お二人なら大丈夫そうですが)
    皆さんがおっしゃるように、アメリカの医療費すごいですし。
    日本の医療体制は本当に素晴らしいです。

    お二人ともたいへん聡明な方だと思うのですが、どうしてアメリカなら、と
    思われたのか少し疑問です。
    階級社会だし、そんなに移民に優しくないのもアメリカですから。
    アメリカ以外にも視野に入れられてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:0018780055

  • 市民権は・・・

    違法になることを承知で書かれているのでしたらスルーして下さい。

    トピを読む限り、日本国籍をキープされるつもりのようですが、現在は日本では、日本人以外を親に持つ場合や出生等によって重国籍になった場合を除き、重国籍は認められていません。
    彼(日本国籍保持者ですか?)とトピ主さんが「GC→5年後以降に市民権」と考えていることは、アメリカ合衆国側からしたら○ですが、日本国側からしたら×なのですよ。×なことですが、そうしている人はいますけどね。

    子供はアメリカで出生すればアメリカ国籍は自動的に取得できますが・・・
    日本で2人で年収2000万くらいの職についているのでしたら、そのまま日本で生活なさったほうがいいのではないかと。保険や年金のことを考えたら、そう思います。

    ユーザーID:7329571283

  • 年金と医療

    移住となると年金と医療費の問題は必ず出てきますよね。年取れば。で、私自身、今GC保持を諦めて日本に帰るかアメリカで職探しするか迷っているので(市民権取る予定はありません)、アメリカのSocial Security 保険と日本の年金/保険の両方に関する書き込みサイトとかちょっと見たのですが。

    破綻するとか言われても、やはり日本の保険制度のがリスクは格段に少ないという印象です。アメリカでは個人保険に入らないと国の保険では死ぬまで健康でないとやってけなさそうですが、その個人保険も国のものではないから、そう信頼できないし、高いし。両方と言っても、アメリカに移住したら厚生年金は出来ないですよね。

    それからどんなに英語上手くても日本人関連の仕事でなければ英語はハンディでしか無いですしね。TOEICは十年以上前に受けた時に965点で、その後もアメリカ長いですが、今も英語が一番のハンディです。やり直すには厳しい年なので私自身が迷ってます。どれだけアメリカが好きか自分に問う日々ですが、それもここに留まった方がリスクは高いと思うからです。

    なので、やはりご主人のご計画が少し甘く見えます。

    ユーザーID:3517449002

  • 日本のほうがいいと思ってます

    在米の者です。米国人の夫と結婚し、永住権を得て移住して来ました。
    英語はそこそこ話せましたし、日本ではコンピュータ関係の仕事をしていました。でも、こちらでは日本にいた時のような仕事には就けないんです。だって米国人・ネイティブスピーカー・某大企業勤務の人ですら、レイオフされてるような状況です。
    先端技術機器を扱う会社で、データベース管理とPC関係のさまざまな業務や社員のサポートをしていた私も簡単にレイオフされ失業中です。
    会社でPCスキル1,2を争うような位置にいたのですが、そんなの関係ないんです。
    日本にいた頃のほうがお給料も良かったです。
    私の場合、夫が健康保険会社勤務の為医療関係のベネフィットが充実しており不安はありませんが、とにかく仕事がないんです。
    仕事を選んでいるわけではありませんが、経済状態が悪いのでどこも人件費を削っているんですよね。
    GCが取れるありませんか?
    あんまりあてにならないんですよ、ビザ関係の話って。
    いい加減な弁護士もいますし。足元見られますし。
    GC取得・米国永住は本当に厳しいです。
    私は市民権取得後、夫を連れて日本に移ろうかと思ってます。

    ユーザーID:6710022618

  • トピ主です。ビザの件。

    ビザの件は私の勉強不足であやふやなことを言ったかもしれません。すみません。

    彼は何年もお金と手間をかけて申請してきたので、今度やっととれることになったGCを無駄にしたくないと言っています。
    彼がGCホルダーでも、配偶者は申請できるだけで実際にGCを手にするまでの数年間は出入国・就労ともに自由がきかないのであれば、出入国だけでも自由な学生ビザにしたいと思いました。もしGC申請中も普通に就労・出入国できるのならそれに越したことはないです。
    彼が市民権に切り替わってしまえば配偶者ビザで不自由なく生活できそうです。

    また、英語については、現在も使っているので問題ないかと思ったのですが、きちんと話せる方も苦労されてるのを聞いて、彼はともかく私は難しいかもしれないと思いました。

    ユーザーID:1875595880

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 専門家へGO!

    なんかよくわからないままなのですが、彼氏は在米でGC申請中ですか。トピ主さんは日本にいて遠距離恋愛?それだと「日本で2人合わせて年収2000万円」というのはどういうこと?

    海外(アメリカ)事情に詳しいような、実はあまりよく知らないような...。収入や年金という経済面だけでなく、文化、生活、習慣は大丈夫なのでしょうか。

    GC申請中でも労働許可証は降りたはずですが。確かに昔は親の死に目に会えなかったという話も聞いたことがあります。移民法はよく変わるし厳しくなっているのは確かなので、専門家を雇った方がよくありませんか?移民法の弁護士、フィナンシャルアドバイザー、人材派遣業、ビジネスコンサルタント、日系の情報誌にいっぱい広告が出ていますよ。ネットで調べられるでしょう。

    こちらでは、よっぽど医学、芸術なので秀でているとかでなくては、世界第二の経済大国、日本をバックに仕事している人が多いですよ。私もそうです。看護師やマッサージ師さんは関係なくやっていますね。情報を集め、分析し、ご自分の性格や価値観、ライフスタイルに照らし合わせて決断なさることです。

    ユーザーID:3470210028

  • 一つの例

    > 日本の将来が明るくないため、まずアメリカの市民権をとり子供はできれば他国で産んでそこの国籍を取得し
    >日本以外でも仕事・生活ができるようにしたい。」といいます。

    アジア人夫婦で、似た計画を実行に移している例を知っています。
    母国、仕事の関係で娘の幼年時代を過ごした日本、そして英語圏の国に繋がりがあり、三つの国を頻繁に行き来しています。

    「我々の母国の将来は明るくないので、海外に早期留学させた方が将来が有利」と判断し、日本から帰国後、娘を英語圏の全寮制の学校に小学校から留学させたためです。

    この娘は現在、高校生になり、「英語の他に、日本語もきちんと学び直したい」と休暇に日本に来て、両親の知人宅にホームステイすることもあります。

    幼い時から複数の文化や言語に親しんでいれば、有利で恵まれているイメージがありますが、自分の母国を貶し、「あの国に残っている人間は馬鹿ばかり。馬鹿だからあんな国に残るしかない」と平気で口にする姿からは、あまり「恵まれている」印象を受けません。

    特権意識と自意識は過剰なほどですが、どこにも帰属意識が持てず、情緒が不安定なのかも。

    ユーザーID:5954658837

  • 蛇足かもですが

    前回は字数も気になってかなりはしょっちゃいましたが、トピ主さんの方がお相手の方よりちょっと堅実だと思います。

    で、ちょっと付け足したくて。英語なのですが職種によって要求されるレベルが違うとは当然思います。ちゃんと話せない人山と仕事しているので(というか、返ってそのせいでネイティブ有利なのか…)。只、もう何十年も使ってるのに「上手いね。あと何年かすればす完璧になるよ。」なんて褒め言葉(?)いまだに言われたりするので。この程度の英語でヨーロッパ人だったら、そんな事言うのかな、と思ってしまったり。外国人差別の点から言うと、日本も含めて、一番少ない国の一つ(他の国にも住んだので)とは思うのですが。

    あと、25年する以前に市民権取得しちゃったら、日本の保険掛け捨てですよね、法律的には。(バレなければ、はさて置いて。)ご存じだとは思いますが、全然念のため。

    ユーザーID:3487807378

  • 置いてきぼり??

    彼氏さんご本人の計画はしっかりされていてGCも取得できるとの事、
    ただトピ主さんの事が置いてきぼりでは?

    ・アメリカGCホルダーとの結婚は待機時間がかなり長い(5-6年?)
    ・トピ主さんが学生ビザを取って一緒に滞在されるにしても、
    あなたのGCはいつおりるのか時期が想定できないこと
    ・アメリカで待機中、もし学生ビザが切れたら、すぐに日本へ帰国する
    必要があり、数年はアメリカに入国できず、もしくはしないほうが良い事
    ・彼がGC取得後6,7年後に市民権が取れるとして、その後の婚姻には
    更にkビザもしくは日本からのGC申請が必要。
    手続きに半年もしくはそれ以上を想定しなければいけないこと
    ・あなたのビザのステータス変更という事もできるが、彼が市民権を
    得るまであなたに何かのビザがあるとは考えにくい

    等々。どうしても移住されるのなら彼の市民権が取れるまでトピ主さんが時々訪問しつつ日本で待機、という方法がベストでは?
    アメリカで暮らすための権利を得る事はとても大変で、簡単にビザを出してくれません。
    もっと彼にビザについての現実を調べて頂いてみては・・・

    ユーザーID:0018780055

  • トピ主です。だんだんわかってきたのですが。

    彼は日本があまり好きではないのかもしれません。長時間勤務を期待される、はずれると目立つ、人との比較で幸せを測ることが多い、会社・政治の判断に時間がかかり誰も責任をとらない、など。海外転出で全てが解消とはいかなくても、少し気楽になるのは私も感じます。
    ただ、さまざまなリスクを抱えてまで実現したいかというと、彼と私では温度差があるのでしょうね。日本ではどうしても幸せを感じられない、と言われたら、、、お金にかえられないですね、、、

    移住は米国限定ではなく、とりあえず米国を確保して、仕事があればアジアでもヨーロッパでも行きたい、と。そんな生活を維持できるのか、、
    老後も「資金がなければ生活費の安いアジアで」と言っていますが、感覚の違う国に住むのは年齢が上がるとつらいですよね。

    皆さんのお話を聞いたり自分の中で整理したりしているうちに、彼の「市民権・国籍をとる」は手段が目的になっているように思えてきました。アメリカにいた時の気持ちをそのままひきずっているのでは、と。
    もしかしたら、言わないだけで何か他の理由・やりたいことがあるかもしれないので、掘り下げて話を続けてみます。

    ユーザーID:1875595880

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 熟考してください。

     何度もすみません。私もだんだん分かってきました。多分私(女性)は彼氏さんに似ています。日本よりアメリカが好きで、デメリットもありますが、こちらで快適に暮らしています。この国に骨を埋めることに何の疑問もありません。市民権はまだです。
     でも、そんな私でも、すごく若い頃、何も失う物がないころに留学で来てそのまま永住に至ったから言えるので、トピ主さんはどうだろうかと心配になります。すでに日本で築き上げたものがありますよね。在外経験ありますか。Jさんがおっしゃる通り、トピ主さんのデメリットはすごく大きいようですね。彼氏さんはその点何と言っているのでしょうか。ご主人の仕事で「連れてこられた」駐妻さんたち、特に日本でキャリアのあった人は悩むみたいですよ。
     彼が市民権取れるまで日本でキャリアを伸ばし、資産形成したほうがいいように思いますが、待てますか?年齢、職種がわからないので何とも言えませんが、出産の希望考えても待ち時間が長いような。海外移住を、短い人生のまたとないアドベンチャー、チャレンジと捉えられるような性格ならいいですけど、彼氏さんに比べて、「守り」に入りたいタイプじゃないですか。

    ユーザーID:3470210028

  • GCホルダーの義務

    昔アメリカでGCを持って働いていました。
    現在はアメリカを出ており、あれほど苦労して取得したのにGCも放棄してしまいました。

    かれこれ10年ほど前の知識なので変わっているかも知れませんが、私がGCをギブアップした理由は以下のようなものです。

    ・GCが取れても、アメリカで1年暮らしていなければ、GCをキープすることはできない
    →延長することはできるが、弁護士に依頼する必要がある(大きな費用がかかる)

    ・アメリカ市民またはGCホルダーは、世界のどこにいても収入を申告し税金を払う義務を負う
    →たとえば日本でも他の国でも所得に対する税金を払った上で、examptionはあるものの追加で合衆国に税金を払わなければならない

    ・徴兵制度が復活した場合、または有事の際、軍隊に行かなくてはならない可能性がある
    →30歳を過ぎていればあまり心配しなくていいかも知れないが、生まれてくる子供は対象となる

    というわけでGCを取って5年以上経ち資格はありましたが、米国を離れるにあたって市民権を取る選択もしませんでした。

    ご参考にしていただけたら幸いです。

    ユーザーID:8027179525

  • 少しわかりにくいのですが

    在米の永住権保持者です。

    他の方も質問されていますが、彼はどの永住権カテゴリーでの申請でしょうか?

    >何年もお金と手間をかけて申請してきたので、

    とありますが、単にお金と手間をかければ取れるというものではなく、満たすべき条件があります。
    (投資による取得というルートがあるので、お金というのも全くないわけではありませんが)。

    あと、

    >彼がGCホルダーでも・・・数年間は出入国・就労ともに自由がきかないのであれば、
    >出入国だけでも自由な学生ビザにしたい

    学生ビザは永住intent があるとみなされると承認されません。
    配偶者を通じGC申請中という状況の場合、明らかに永住意志を表明していることになるので無理です。

    GC申請中に就労許可と再入国許可を申請できるのは、Adjustment of Status審査中である場合、つまり既に何らかのビザステータスで米国に滞在中に永住権への切り替えを申請した場合です。
    大使館を通した国外からの永住権申請の場合これらの許可はないです。

    このあたりもう少し把握されたほうがいいかと思います。

    ユーザーID:1979700640

  • GCが下りる前に結婚すべき

    レスを隅々まで読んだわけではないので、重複していたらすみません。

    将来アメリカに行くにせよ行かないにせよ、トピ主さんは彼がGCを取得する前に結婚すべきです。
    GC申請者は、”GC申請が認可される前であれば、”結婚相手を既に提出した申請に含めることができ、GCは申請者と配偶者の両人に、同時に下ります。(「申請前に結婚しなければダメ」というレスは誤りです)
    結婚のタイミングは非常に重要で、仮に申請者がGCを取得してしまった後に結婚すると、配偶者は、有効なビザ(学生ビザや就労ビザ等)を保有しない限り、アメリカに長期滞在することはできません。配偶者はGCが下りるまでの5-6年という長い間、アメリカ国外で待機しなければいけません。

    GCの獲得は、アメリカ市民と結婚でもしない限り、現在とても難しいです。実際アメリカに移住するかどうかは、GCを取得してから決定すればいいことです。

    ところで、私も日本人でありながら日本が嫌いで、一時留学したアメリカに移住したので、トピ主さんの彼の言うことはよくわかります。人によっては、日本よりアメリカの方がよっぽど生きやすいと思います。

    ユーザーID:4791314899

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧