親切心?病気について余計なアドバイスにうんざり(愚痴)

レス6
(トピ主1
お気に入り6

生活・身近な話題

ロール

小児喘息の子供がいます。

喘息、と言うと、色んな人から言われます。
抵抗力をつければ、とか、大きくなれば、とか。
あの薬がいい、こうしたらいい、とか。

自分で小児喘息の本や専門書も数冊読み、自分なりに病気の知識を得ました。
自分よりもきちんと知識をつけている人に言われるならともかく、聞きかじりの人づての知識で、軽く言われるのはとても抵抗があります。
○○の薬がいいらしいから処方してもらえば、というのも今の主治医を信頼しているので、そのつもりはありません。

実母や義母にまでしょっちゅう言われるのでうんざりしています。
心配なのは分かるけれど、ただ「早く治るといいね」とだけいってくれれば、それで十分なのですが。

同じような思いをされた方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:5354529478

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかります

    それ、嫌ですよね…自分でも一生懸命気を付けて頑張っているのに得意顔で適当な事を言ってくる人。
    今妊娠中なんですが、私も切迫流産で自宅安静を指示された時、そんな同僚たちに取り囲まれました。
    「無理したからじゃない!?」(無理なんていつしてました?)
    「身体を冷やしたからよ!」(腹巻きもしてますけど)
    「冷たい物とか取りすぎたらダメ!」(それぐらい知ってます!)
    初めてで高齢の妊娠、本やネットで情報を集め、大事にし過ぎるほど大事にしてきたのに、病院の待合室で泣いてしまうほどナーバスになっている時だったので、余計に落ち込みました。
    女性の上司だけが、「仕事の方は何とかなるから、しっかり身体を休めてね。きっと大丈夫」と言ってくれて、本当にありがたかったです。
    そうなんです。余計な入れ知恵なんかより「早く治るといいね」それだけでいいんですよね。
    私も職場復帰したらまた同じ目に遭うかも知れませんが、外野の言うことは聞き流して、お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:9223303850

  • うちはアトピーでした。

    誰が見てもすぐ分かる症状だったので、数え切れない方々に“助言"を戴いたものです。
    親戚近所はもとより、薬局の客(店員じゃなくて!)バス停で一緒になっただけの人、レジで並んだ隣の人。
    善意故だからと、最初はありがたく拝聴していました。
    でも段々と、耳にするのが酷い苦痛になっていったんです。

    トピ主さんの場合と同様、皆専門知識がある訳でなく、実際治った人が身近にいた訳でも無いんです。
    それなのになぜそんなに強気で薦めるの?
    こんな小さな子に、誰も(知人で)試した事のない民間療法を強制するなんて、なんて非常識なのか。
    教えられた事はほとんど試しませんでした。
    これ以上子どもが苦しむ可能性のある事は何もしたく無かったんです。
    改善しない子どもの症状に私もまいっていき、助言を聞くだけで相手を憎むまでになってしまいました。

    幸いうちの子は善い医師に出会えて、就学前には症状が落ち着きました。
    そして「善意は強要しない。」と言う事を肝に命じました。
    お陰で「あの人は気配りができる」と、その後の人間関係は良好です。
    善い勉強になりました。

    ユーザーID:5744119842

  • 非常によく分かります。

    私の場合は自身の病気ですが。
    そういうアドバイスを、さも『あなたは知らないだろうけど』という感じでされることが多々あります(実母から)。

    そもそも、必死に悩み苦しんでいる人が、病気の素人が多少調べたぐらいで分かるようなことを知らないはずがないじゃありませんか。
    気遣いのできる人なら、『もう知っているかもしれないけど』などと前置きをしてくれますね、ありがたいことに。
    それを『あなたは知らないだろうけど』などと言えるというのは、元々が頭の回らない、気遣いのできない類いの人たちなのです(ごめんなさい)。
    そしてそういう人に限って、『そのこともあのことも既に知っている』と言うと、『考え過ぎなんじゃないのか』『病は気からって言うしね』などと言ってくるのですよね。

    心配してくれているのだと理解したいのですが、何度も続くと、素直に耳を傾けることは私にはむずかしいです。

    お義母さんたちには、『心配してもらうのはありがたいが、お医者さまにはとても親身になってもらっていて、生活指導もきちんとしてもらっている』と言うしかないような気がします。

    お子さまもトピ主さまも、どうぞお大事になさってください。

    ユーザーID:3711338776

  • 私自身が・・・

    余計なアドバイスの経験とは少し違いますが
    「小児喘息」に対しての思い込み?偏見?がある人がいるようにも思うのですが。

    というのは、大人になってから、子供の時、喘息の様な症状を持ったという
    話をしたら(相手は保育士を長年やってた年配者)
    凄く興味深げに、親との関係とかそういうものとの関連性を疑われて
    嫌な気分になりました。
    私は、走るとたまに症状が出た位でしたので。

    喘息というと、昔の不治の病的なイメージがあって過剰に心配してしまうのでしょうか??
    お大事に。

    ユーザーID:1702398622

  • トピ主です。ありがとうございました。

    皆様、ありがとうございました。
    やはり同じような思いをした方がいるようですね。

    >あるとさん
    余計な入れ知恵などいらない・・・まさにその通りですね。
    ナーバスな時に、追い討ちをかけるような言葉、さぞ辛かったことと思います。
    お体に気をつけて、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

    >るみ。さん
    単なる通りすがりの他人に言われるというのも、さぞ無責任な感じで不快ですね。
    善意は強要しないということが基本ですね。
    私もつくづくそう感じています。

    >民間療法不支持の既婚さん
    身内でタチが悪いのは「あなたのためを思って言っている」という恩着せがましさではないでしょうか。
    うちの場合、それに反発しようものなら「精神的に参っているのね」と訳の分からない解釈をされるので参ります。
    お互い早く良くなるといいですね。

    >子供の頃喘息気味さん
    喘息への偏見というものは、まだ体験していませんが、これからそういうことも出てくることは覚悟していないといけませんね。
    子供には十分愛情を注いで育てているつもりなので、何を言われても気にしないようにしたいと思います。

    ユーザーID:5354529478

  • どうしようもない^^;

    アトピー性皮膚炎の子供がおります。
    症状がそれほど深刻でないせいもあり、主治医の指示通りの簡単な手当てしていますが、
    周りの方々には、本当に色々言われますよ〜!

    ご自身に有効な方法をアドバイスしてくださる方、ネットなどで見てご自身が知らなかった事を、私も知らないだろうと教えてくださる方、などでしょうか。

    我が家は夫が医者で私は看護師です。それでも多くの方からいただきますよ、病気系のアドバイス。
    『医者、看護師なんだから、あなた達の方がよく知っているはずでしょ?』なんてなことを、その講釈の最後におっしゃる方もあります。そんな方々は、専門職相手に、ご自身の博識ぶりを試したいのでしょうかね。こっちが恥ずかしくなる時があります。

    でもたいていは、心配していただいた気持ちに注目して、その場だけ、はいはいと従っています。

    ユーザーID:3175309153

レス求!トピ一覧