融通の利かない真面目な娘に困っています。(小2)

レス29
お気に入り85
トピ主のみ0

みよママ

ひと

なにしろ、真面目な娘がいます。
学校でも、先生からはクラスのお手本になっています。と、言う言葉をいだたき、塾でも真面目です。一生懸命でがんばっています。と、言われています。
でも、まったく、融通がききません。ルールは絶対に守らなければいけないと、頑なに思っているようです。
下校の際、学校からメンバーは決められています。安全上からです。
同級生の女の子と、うちのこと2名です。学校からは、並んで歩いて帰るように指導されているようで、娘はルールをきっちり守らなければ、先生から注意されると、思っているようです。
相手の子は、用があるときは、走って早く帰りたいときもあるようで、うちの子は、「並んで歩いて帰らなければいけない!!走っていってしまうと、先生に言うよ。警察に言う」と、言っているようで・・・確かに娘の言っていることは正しいことですが、そういう時は、自分のペースで歩いて帰ってくればいいんじゃない??と、アドバイスをしています。
相手の子は、当然、イライラするので、娘を押し飛ばしたり、蹴ってきたりしているようです。娘が先生の直談判し、しばらくの間は、先生も一緒に下校を

ユーザーID:4424254140

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 娘さんととことん話し合ってみては?

    娘さんがルールを守らなければならないと考えていること自体は、尊重してあげたいと思います。
    でも、ルールには理由があり、守り方にもいろいろあるということを知ってもらわなければならないですよね。

    まずは、娘さんに言い聞かせる前に、「相手の気持ち」「そのルールがある理由」というのを、一緒に考えてみてはいかがでしょうか?
    今回の件をあげてみれば、「お友達はどうして早く帰りたかったのか?(娘さんに置き換えてあげると良い)」「なぜ並んで歩くのか?(⇒その理由なら、走ることはやっぱりNGになるか?)」と。

    そして、走ることはやっぱり危険だという結論になるなら、お友達の急ぎたい気持ちを尊重し、早歩きで妥協することを教えるとか・・・。

    そうやって、一個一個を話して聞かせて教えていくしか無いように思います。

    ユーザーID:7917149644

  • 気を悪くされるかも知れませんが・・・

    自分の主張を通すために、従わない子に対して

    「警察に言うよ」

    このように脅すのは、融通が利かないというのとは別の問題じゃないかと思います。
    脅すつもりじゃなくて、本気で言っているのだとしたら別の意味で問題です。

    私ものんきに構えている場合ではないと思いますが・・・

    ユーザーID:5940339185

  • 昔の私だ

    小学校時代の私が、まさに娘さんと同じタイプでした。
    決まりは忠実に守るべし! 先生の言うことは絶対! 当然同級生にもそれを求めてました。

    今思えば相当うっとうしい子だったと思いますが、当時の自分は全く気付いてませんでした。
    「かっこつけマン」とか「まじめぶりっこ」などと言われたこともありましたが、なぜそう言われるのか本気で分かりませんでした。

    見かねた先生が「もっと肩の力を抜いていいのよ」と言って下さったのですが、「肩の力を抜く」という意味が理解できず。

    4年生くらいまでそんなだったと思います。
    ある日、「そうでなくてよい」と気づいてからは憑き物が落ちたような感じでした。 同時に、顔から火が出る思いでした(汗)。

    残念ながらきっかけを覚えてないのですが、当時の友達の影響が強かったように思います。
    具体的なアドバイスでなくて恐縮ですが、こういう子もいたというお話でした。

    ユーザーID:4212319999

  • おサルさん、私もそうでした

    今思えばイヤミな位、真面目で正義感タップリでした(苦笑)。
    曲がった事は大嫌いっ!

    でも(きっと)私には何の障害もありません。

    本当、周りの子たちはウザかったでしょうねぇ・・・。
    だからかな?友達ってあまり居ませんでしたねぇ・・・。
    幸い中学生頃から丸くなり始め、高校では大勢ではないけどちゃんとした友達も出来ましたけどね。

    どうしたら良いんでしょうね?
    トピ主さんはどうしたいんでしょうか?

    とりあえず、ろびんさんの仰る様に話し合ってみるのが良さそうですけど。

    おサルさん同様、こんな子もいました報告?でした。

    ユーザーID:0475459680

  • 私もそうでした。

    私も子どもの頃、生真面目で正義感が強く頭のかたい子で、
    修学旅行の夜に「早く寝ないと明日起きられないよ、先生もそう言ってたでしょ」
    なんて友達に言っているかなりウザイ子でした。

    でも、だんだんと、なんとなく、
    そんな真面目に生きなくていいんだなぁ
    ということに気付き始め、今は適度に羽目を外して生きています。

    私の場合、むしろ、そんな真面目でなくていいと気付いてから
    すごくラクになりました。

    ユーザーID:0949238909

  • お母さん、真面目な娘を褒めたでしょ?

    >先生からはクラスのお手本になっています。と、言う言葉をいだたき、
    塾でも真面目です。

    先生から娘さんを良く言われて、親として嬉しかったでしょ?
    そのことで、娘さんを褒めませんでしたか?

    娘さんは、もっともっとお母さんに褒められよう、お母さんを喜ばせてあげたい、と頑張っているのだと思います。

    >自分のペースで歩いて帰ってくればいいんじゃない??と、アドバイスをしています

    たまにそんなアドバイスをされたって、「頑張りすぎている自分を労ってくれているんだ」と、考えていると思いますよ。

    間違いないと思います。昔の私と母にそっくりです。

    ユーザーID:5425579113

  • 私もそうだったなぁ・・・。

    私も小さい頃、そんな感じでしたよ〜。
    家庭から学校に提出する連絡表に
    「長所…真面目 短所…融通がきかない」と書かれていました。

    私の場合、結果的には交友関係が広くなるにつれて、丸くなっていき、
    今ではすっかりダラダラぐうたら、適当〜な性格です(笑)

    でも心配ですよね。どうすればいいんでしょう。
    ただ、やっぱり「何のためのルールなのか」というところを考えさせる必要はあると思います。
    娘さんがいろいろと注意するのは、友達が危ないのが心配だからではなく、
    先に行く友達のせいで並んで歩けない自分が責められるのが嫌だから、なんでしょうね。
    ルールは「先生に叱られないようにするため」のものではなく、あくまで安全を考えてのこと。
    そこをつきつめていくと「警察に言う」という発言はちょっと行き過ぎ、ということは娘さんも分かってくれないかな?

    まだ小学2年生、「ルールを守る」ことの大切さはしっかり教えたいですよね。
    「本音とたてまえ」ということではなく、ルールそのものについての理解を深めていってほしいと思います。

    ユーザーID:4557112662

  • みよママさん、教えて下さい

    お嬢さんのおうちでの様子はどうですか?
    やはり真面目で融通がきかないという印象でしょうか?
    それとも、みよママさんが気になっているのは学校でのお友達に対する態度だけでしょうか?

    私にも低学年の娘がいます。
    やはり学校では極めて真面目な超模範的生徒のようで授業中、私語はゼロ、給食の時も「あまり話をせず食べましょう」という指導を忠実に守り同じ班の子達が楽しくおしゃべりしていても、1人黙々と食べ続けているようです。

    担任の先生はそんな娘を絶賛して下さいますが、親としては
    「疲れないかな」「無理してないかな」「優等生のレッテルをはられてしまって、プレッシャーじゃないかしら」
    などと心配です。
    また、先生からみたら真面目ないい子でも、お友達から見たら
    「ノリの悪いつまらない子だろうな」なんて思います。

    ただ娘は家にいるときはだら〜っとしています。
    のびのびと好きなように過ごしている感じです。
    おっとりして気のいい素直な子です。
    なのでみよママさんの娘さんはご家庭ではどうなのかな、と気になりました。

    ユーザーID:3903557588

  • 駄目なことかな?

    真面目はそんな悪いことですか?
    ルールを守ろうとすることや一生懸命な子供は、ダメですか?

    私はそういう発想の方が怖いです。
    だって、まだ2年生ですもん。融通が利かなくて当然ですよ。色んな性格の子います。
    それに、初めからルール無視の子のほうが悪いんですよ。
    トピ主さん、お子さんはそれが好い所でもあるんです。
    全否定しないでくださいね。何故かというと、私の子供も同じでしたから。
    もって生まれた気質で、真面目で融通がきき難い子でした。
    でも、学校の先生から
    「まだ低学年です。今から融通が利きすぎる子供の方が大変ですよ」
    って言われてはっとしました。
    その言葉通り大きくなるに連れて状況がわかり、折り合いがつくようになって来ます。
    今でも真面目な性格ですが、幸いに勉強もできるし友人も多い子になりました。

    鬱陶しいと思う人には思わせていればいいんです。
    母親は味方だと言う事はちゃんと言ってあげて、折り合いがつくようになるまで我慢強く相手になってあげて下さい。

    ユーザーID:2598674448

  • これからの将来を考えて

    ご両親で何らかの行動を起こしてあげて下さい。親が真面目すぎることはないですか?
    大人は経験で手の抜き方がわかります。融通の利かない人間は、人間関係で苦労します。残念ながらお子さんは既に苦労しているのではないでしょうか?
    真面目にルールを守っている人間から見れば、ルールを破る人間を見ているとイライラします。そして注意してしまう。守らせようと必死になっている。

    その結果、相手に嫌われる。お子さんは、既にそんな中にいるのでは?
    「適当に。」「時と場合による。」「要領よく。」こんな事が周りとうまくいく為には、必要だったりします。
    真面目すぎる両親と生活する中で、私達兄弟の基準は人と違っていました。
    先生の受けはよかったのですが、友人達のルーズさに罪悪感で合わせられなかった。
    バイト先で「適当でいいんだよ。」と指導者に言われ、時と場合によるを実践でき改善できましたが。

    お子さんの今後の為に、アクションを起こしてください。発達の問題なのか性格なのか、見極めてあげてください。
    本人は「真面目にルールを守っているのに。何故?」と自分が悪いとは思っていないかもしれません。

    少なくとも今のままでは将来辛いと思います。

    ユーザーID:2965140349

  • ルールの意味を教える

    そこまで真面目なお子さんなら、
    合理的に物を考えることも可能だと思いますので
    ルールの意味を教えてはいかがでしょうか。

    ルールは皆が学校生活や社会生活をより良く送るために作られた規則で、
    絶対に守るべきものとは限らない、
    その線に沿っていれば多少はずれていても大丈夫ということ、
    学校のルールは守らなくても法的には問題がなく逮捕されたりするわけでもなく
    最終的には自己責任であることを教えてあげてください。

    「並んで歩いて帰る」というルールは何のためにあるのか。
    列を乱して走ったりすると車に轢かれたり
    一人で離れると誘拐されたりするかもしれないからですよね。
    それは「先生」が言ったから守らなければならないのではなく
    危ないことにならないようにできるだけ列を乱さないようにという意味で
    用いられているルールですよね。

    走って帰る子には「危なくないように気をつけてね」と
    声をかけられるようになるといいですよね。

    まあ、だいたいは友人たちとの関わりが
    そのような真面目というよりバカ正直(私がそうです)な性格を変えてくれます。
    これからのお友だちに期待しましょう。

    ユーザーID:7404918804

  • お子さんとよく話し合って

    思うに、これは見守っていた方がいいんじゃないでしょうか。
    「固い子」って、結局時間かけて、まわりからのきつい刺激を受けないと、
    やわらかくなっていかないからです。
    今、娘さんは「自分は正しいことをしている。なのに、なぜ友達からは認めて
    貰えず、逆に反発されるのか」の葛藤状態だと思います。
    こういう子は、無理解でも、助長してもだめで、下手したら、自分の殻に
    閉じこもり、認めてくれる大人とだけ本気で付き合い、同級生を見下す子になります。
    もし、また同じようなけんかになった時、相手の女の子がどうして、いうことを
    聞かずに逆に蹴ったりしてくるか、お母様なりの見解を相手が悪いとか
    いう主観をいれずに、分かるように説明してあげたらどうでしょう。
    その相手の女の子と、散々喧嘩して、それでも何とか折りあっていけるように
    なるまで、静観していたらいかかですか。
    児童が走って帰る途中に飛び出し事故にでもあったら、ドライバーは
    たまったものじゃないんですけどね。

    ユーザーID:8992335074

  • 恐怖感?

    お嬢さんの場合、正義感が強いのもあるけれど、ルールを破ると「ものすごく怒られてしまう」という恐怖感に怯えているように感じます。
    叱られるとプライドが傷つくからイヤ、というよりも、ただただ大人が怒るのが怖いと。

    お嬢さんが何かしてしまった時に、トピ主さんや家族の方が必要以上に厳しく叱ったり脅したりしてしまう、ということはないでしょうか?

    お友達に対して高圧的な口調になってしまうのも、対人面で何かトラブルがあったときに「穏やかに諭す」パターンを知らないせいでは?

    ユーザーID:6776337057

  • レスします。

    私も小学生まで、かなりそんな感じでした。中学生でも多少そうでした。
    ご両親が冗談が下手で、家で子供を笑わせたり、夫婦間で気軽にからかいあったりする事ができない家ではないですか?
    私の家はそうでした。このハンディは壁です。他の家の子供は、ずっとそんな雰囲気に親しみながら、気楽さも融通も温かく身につけていたわけです。

    家の外で冗談を言う子供や大人はいましたが、母が真面目な上見栄っ張り、先生という権威者が大好きで、子供が先生に褒められると内心鼻高々でしたので、私は冗談を言ったり、規律を守れない人間は、内の家と違って程度が低い人達だと見下げていました。〔悲
    模範生と化ける以外では、どう振舞って良いかわからず、ユーモアを含めた人間の深みについて未発達の子供でした。
    融通が利かなかったのは、我慢し過ぎて突如怒り出す事が多い父と、その父を手の平で転がしてくつろがす事ができない母のコミュニケーションに挟まれていたせいもあります。いつ大好きな父が怒り出すかと、レールが外れるのが怖かったので、決められた事、安心できる事以外はできませんでした。
    16才からは、両親が家庭内別居になった家です。

    ユーザーID:0543076731

  • なんで真面目がいけないのかな・・・

    他人に対して思いやりがないとか、乱暴だとかならわかるけど
    決められたルールを守ろうとしているだけなのに。
    大切なことだと思いますけど。

    「融通が利く」って小学二年生に必要なことなんですか?
    例えば、親と一緒のときは信号無視をしてもいい。ほんとはいけないんだけどね。みたいな感じですか?

    障害とまで言っている人がいますが、私には理解できません。
    私も障害があるんでしょうか・・・


    小学生の頃「敬語・丁寧語」習った時に、家で「先生が○○とおっしゃった」と話していたら、両親や姉に大笑いされました。すごく傷つきました。30年以上経っても忘れられません。
    「先生は目上の人なのに、なぜ敬語を使ったらおかしいのか」子供の私には理解不能でした。

    今は・・・いろんなことに目をつぶって普通に生活してますよ。
    娘さんの個性として認めてあげたらどうでしょうか。

    ユーザーID:3820963032

  • ルールとは何のためにあるのかを、説明してあげる。

    勿論、相手の子が「蹴る」のは悪いと思います。娘さん側も少し空気が読めていない部分があると思います。相手の子だって帰ってから用事がある可能性もあると思われますし、当然、急いで家へ戻らないとと言う場合も、時にあると思います。

    確かに蹴る側も蹴る側ですが、娘さんに対してイラだつ気持ちも分からなくはないと思われます。誰だって必要以上に人から注意をされてしまう事は、機嫌が良いものではないと思います。それに娘さんが大きくなってからの事を思って少し心配になりました。今後高学年・中学と、娘さんが生徒達に真面目すぎると言われて嫌われてしまい、余り友達が出来なくなるのではと思います。

    思春期に学校生活を余り楽しめなくなる事もあるかもしれないと想像されます。まだ小学校低学年の年齢が若いうちに「ルール」の正しい意味を教えてあげ、それと「空気を読む」事も併行して教える事が良いだろうと思います。きっと聞き分けが良いと思われますので、言えばしっかり理解してくれるだろうと思われます。

    (続きます)

    ユーザーID:5020980822

  • 続きです。

    このトピ文を読んで娘さんは間違いなく「良い方向へ行かせようとしている」のですが、少しだけ方向性を間違えてしまっている。そんな状態に見受けられます。それにまだ小学校2年生で、世の中に8年弱しか生きていないから、「空気を読む」「ケース・バイ・ケース」の考えも思いつかないのだと思います。

    でも娘さんは良い部分が一杯あると思います。正義感の強い部分や真面目な部分。それらが良い方向で反映されれば、大きくなってから。今後〜中学高校それ以降は、成績優秀で、努力家で仕事も真面目でミスが無く、悪い事には手を染めない。

    健康的な生活が出来て、きっちりとしている、綺麗な大人になれそうだと思います。

    ユーザーID:5020980822

  • これからが大事では?遅いなんてことありません。

     先生が褒め、お母さんが褒めれば、小2なら頑張ってしまうんじゃないかな、と思います。
     私は、小2で学級委員長でしたが、先生がおだてるもんだから、わかっていても頑張りすぎて、酷い偏頭痛になってしまいました。父の仕事の都合で転校したら、偏頭痛も治ってすっかり地味に落ち着いて、その後は、多少融通が利かない位で終わりましたよ。今は、信頼を得る元となる生真面目な性格です。遅刻などしませんが、人を咎めもしません。
     お手本と言われてしまうと、良い子ほど頑張り過ぎてしまいます。必ずしも上手にリーダーシップを発揮できる年齢ではありません。

     手加減、空気を読む、人に合わせる、そういうバランス感覚は、少しずつ培うものではないでしょうか?そしてわかっていても難しい。誰でも。
     合わせ過ぎても愚かです、たばこや万引き、苛めやネットの陰口、何割かいますよね、酷いの。

     お母様は、少しずつわかるように導く、少し羽目をはずす事を誘ってあげるような外出や、家での生活の工夫をしてみれば如何でしょうか?良く話す関係も大事です。
     真面目なのは良いことですが、息が切れます。
     思春期まで色々ありますよね。

    ユーザーID:8302083840

  • 親がお手本を

    私はそういう子をいじめていたクチです…すみません。
    でも本当に今のままだと生きにくいですよ。
    世の中の矛盾と自分との葛藤で引きこもる恐れもあります。

    正しい事をしてもいじめにあったり、引きこもるくらいなら、要領良く、少しずるく生きて周りと調和が取れていた方がいいと思いませんか?
    まず親がお手本となって、赤信号でも車が来なければ横断してみたりしてはどうですか?

    ユーザーID:4669468493

  • しかしまあ

     しかしまあ、「ルールは守らなくていい」と言う方向に持って行く人が多いのには呆れますね。「ルールは守らなくてはならない」のは当然で、「場合によってはルールは守らなくていい」と言うのは「ルールを守れないルーズな人間の自己弁護」に過ぎません。「ルールは守らねばならない」のは当たり前です。トピ主さんの娘さんは正しいのです。

     但し、「ルールは守らねばなりません」から、「トピ主さんの娘さんは、ルールにない事をやる権利もない」事を教えてあげねばなりません。つまり、「お友達がルールを守らないからと言って、あなたが警察に言う権利はないのよ」と言う事を筋道立てて教えてあげれば宜しい。

    ユーザーID:6328219461

  • 親子で読んでみては?

    海外の絵本で「としょかんライオン」という本があります。
    人気絵本なの書店などで必ず売っています。

    『ルールにも例外がある』という事を優しく教えてくれる本です。
    話も絵も心温まる内容です。

    お子様に読んであげてみては?

    ユーザーID:1810002395

  • 低学年なら普通では?

    これだけの情報で、「発達に問題があるのでは」と思う方がいらっしゃることの方にびっくりしました。

    小学校低学年なら、ごくごく普通のことだと思うんですけど・・・
    親なんて関係なく、自分もこういう子でした。「ルールを守っている方が偉い」みたいな、そんな優越感があるんですよね。スポーツだとルールを守るのと同じことを、日常生活でもやっている感じです。

    私の通っていた学校は、こういう感覚を助長するようなルールがありました。確か、校長先生の発案だったと思いますけど、「もう一度」というルールで、廊下を走ってしまった時に「もう一度」といわれたら、戻って歩きなおさなければならないのです。

    このルールが導入されるや否や、ちょっとでも走っていると「もう一度」と言って歩きなおさせる遊びが始まりました。そのうち、早歩きでも「もう一度」と言われるようになって、「歩いてるのに!」「いや、走ってる!」みたいな口論は一日一回はありましたね。1年もすると、みんなやらなくなりましたが。

    5〜6年生にもなると、自然に分かってくるようになると思いますよ。成績を過度に気にしたりするよりは、よっぽどましだと思います。

    ユーザーID:5403350540

  • 現在「発達の段階」の過程

     子育て一段落した私からみると
    トピ主さんもお子様も、そのお友達や先生の様子
    すべてがほほえましいです。

     ルールを盾に誰かをおどすようなことはしてはいけない
     ルールにも絶対に守らなければならないことと
     ある程度見逃しても良いルールがあって
     それは周囲の状況やその時の時勢によってかわること
     そもそもいったいルールを決めているのは誰で
     なぜ守らなければならないのか

      思春期を過ぎるまで、過ぎても尚
     哲学的な問題を含む壮大な問題です。

     お子様は今成長の過程、学校には色んなルールがあり
    色んなこどもがいる。
     今それを学んでいる真っ最中。

     それを病気扱いするとしたら「こども」を認めない異常な社会ということになります。病気の定義は社会が決めるのですから。
     健康保険にかける税金も膨大になりますし
    病院通いで「それを学ぶ場」の、学校にも行けません。

    四角四面な大人もたまにはいますよ。 

     「こんなこと」で悩むのも親業真っ最中だからでしょうね。
     いつか良い思い出になります。

    ユーザーID:7436367599

  • ロボットさん、クレインさん、VIA MEDIAさんに同意1

    「ルールは必ずしも守る必要がない」
    なんて教えていいんですか?
    しかも小学生の子供に?
    家庭のルールも、学校のルールも、会社のルール
    も、社会のルールでもそうなのでしょうか。
    そのように子供に教えるのは間違っていると思います。
    ルールに妥協したりするのは、その結果に対して責任
    を持てるようになってから、子ども自身が身につけ
    るものだと思います。
    だからといって責任も取れない子供に、ルールを適当に妥協
    させることを促すのはおかしくありませんか。
    そもそも何のためのルールなのでしょうか。

    親の立場であれば「ルールは守って当然」というスタンスを
    崩してはいけないと思います。
    確かに子育てに対する価値観の違いもありますので
    他の子供に強要するのは難しいでしょう。
    これなのでしつけは非常に大変であり、かつ非常に
    重要であると思いますし、適当に妥協している親が
    多い理由なのではないかと思います。
    周りに惑わされないでください。

    ユーザーID:2809826341

  • たこすけです。続きです。2

    小さな頃からルールを誤魔化してうまくいって(怒られない)成長した人もいるでしょうし、
    小さい頃からバカまじめにルールに従って損をしてしまったと感じる人もいると思います。
    トピ主のお嬢さんには、なぜ学校がそのようなルールを作り、
    そして子供たちに守らせているのかをよく理解させた上で
    だからといって守らない子に強制できる立場ではないということを
    説明すればいいのではないでしょうか。
    そういうときには「よそはよそ。うちはうち。」が役立ちそうです(笑)。
    彼女自身ルールを守る必要が無いという説明はしない方がいいと思います。
    まじめできちんとした性格を生まれながらに持ち備えているお嬢さんを
    親が壊してしまうのはどうも賛成できません。。。

    立派なお嬢さんを育ててください。

    ユーザーID:2809826341

  • 見えない「但し書き」

    私もお子様と同じで、融通が利かないタイプです。
    お子様はきっと、真面目で責任感も強いんじゃないでしょうか?

    ・並んで歩いて帰るように。
    (但し、用があって急ぎたいときは走っても良い。
    雨が降ってきそうなときは走っても良い。
    怪しい人が後ろにいたときは走っても良い。。。)

    このように、おしなべて世の決まりには但し書きがある。
    きっとその狭間で、お子様はこの先も悩むことが多いかもしれません。
    他の方も書かれてましたが、なぜその決まりがあるのかが一番大事なことで
    この場合なら安全に帰ることですね。
    ルールは守るべきものですので、そこだけは曲げないで頂きたいと思います。
    ずるは建前的には人の目を盗んでやるもので、生真面目なタイプがこの手の
    ショートカットを覚えると、ルール上OKなのかと自然と思ってしまい
    人前でも堂々とやってしまうことがあります。
    経験をつむうちに自然と角はとれるんじゃないでしょうか? 
    個人的には、上手にすり抜けて生きる人よりも好きですよ。

    ユーザーID:3976349350

  • こんな話も

    歩行者用の赤信号。諸外国の人たちと異なり、日本人はほとんど守りますよね。

    先日あるアメリカ人に言われました。

    日本人が赤信号で立ち止まっている時間、一生涯のうち、それは何時間くらいになるか、わかるか?って。
    知らないと答えると、
    「半年だよ。平均的なめやすだが、日本人は一生涯のうち、半年間を、赤信号が変わるのを待つのに費やしているんだよ」

    ほんとかうそかわかりませんが、こういう位置から物事を考えるのも、気休めになるかと思い、書き込んでみました。

    基本的には、お嬢様の生き方は素晴らしいものです。
    ルールを守ることは大事なことです。
    でも、人間ですから、なにかの拍子にルールを守れなかった、という
    場合もありえます。
    そんなとき、生真面目な人には大きなショックとなってしまうのが心配です。

    もしお嬢様がそんなことがあって、傷ついていたら、上の話をしてあげてください。
    ルールを守ることは素晴らしい、でも、失敗しても、別もものの見方があるんだよ・・・・って。
    親御さんにできるのはそれくらいじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7009381278

  • 大丈夫ですよ〜〜。

    お子様がルールを守ることを理解していらっしゃる、とてもいいと思います。子供のうちからルールは破っていいと思っているほうが怖いですよ。

    特に低学年は社会の決まりというものを教えてもらって、うれしい部分もあるんじゃないですか?特に女の子だし、普通だと思います。

    トピ主様のお子様は、ルールを守るという自分をうれしく思っているんじゃないでしょうか?一生懸命、自分がいい事をしているんだと表現しているように思えてかわいらしいです。でも、自分がいい事をしているということは褒められることですが、いい事をしていない子を責めることはいい事ではないですね。それぞれ事情もあるでしょうし。。。

    自分だけがルールを守ればいいと思っているわけではないのはえらいと思いますが、他の子に命令したり、脅したりするのはいい事ではないと教えてあげたらいかがでしょう?
    小学校低学年で、ルールを平気で破れる子供のほうが異常ですよ。異常な子供が今は多いです。子供は本来まじめなはずです。

    なんでも一生懸命な子は大丈夫ですよ。大人になる途中で、だんだん息の抜き方を覚えていきますよ。私がそうでした。

    ユーザーID:2743605351

  • のんびりいきましょう

    ルールを守るの善悪ではなく
    お嬢さんの頭の固さを心配していらっしゃるのですよね

    そういうタイプのお子さん、やはり少し柔らかくなった方が
    この先、生きやすいんじゃないでしょうか?

    こういうタイプは
    先生に受けは良いですが、小さく固くまとまっていて
    周りの子からしたら、息苦しいのです

    親は
    特別な良い子でいなくてもいいんだよ、って言ってあげる事と
    いろんな子がいる、あなたや先生の良いって思わない事をする子もいるね
    って事を教えて、世界を広げてあげると良いと思います

    「へえ、走ってっちゃったの」「並んで歩かない子もいるんだね」
    って、よくある事何でもない事のように言い
    日頃から、真面目で一生懸命を『誉めすぎない』事です

    一生懸命な事は良い事だけど、行き過ぎると堅苦しくゆとりがなくなります
    一生懸命で真面目な事が、自分の価値(誉めてもらえる証)になってしまうと
    そんな自分に固執して、自分で自分を縛ります

    小さい頃は特に、ワイルドな子より真面目な子の方が扱いやすく、先生も持ち上げるので
    親は注意して、優等生の殻を緩めてあげる方向に持って行ったら良い
    と思います

    ユーザーID:6592264858

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧