オーストラリアでの航空整備士

レス16
お気に入り5
トピ主のみ3

kissy

口コミ

AUSでの航空整備士の職に就いて質問があります。
永住権取得し、現地で就職したいと考えている者です。
TAFEに入学し、永住権取得・現地就職に向け航空整備士コースに入学しようと考えていますが、AUSでの航空整備士の求職状態はどうなのかが心配です(特に外国人に対しての)。
何か情報があれば教えていただけないでしょうか?

また、航空整備士コースに通い、卒業後実施訓練を行わないと認定されないと何かに記載があったと思うのですが、職が無ければ訓練もできないのでは?と思いました。
技能永住だと職歴が2年ぐらい必要だと思いますが、永住権が無いとほとんど就職もできないと聞きましたので、新卒者ビザから永住権を狙うのが一番いいかなと考えています。

永住権取得への道筋にどういう方法がいいかも情報等頂けたらありがたいです。

ユーザーID:5797437868

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 永住権を申請しています。

    AUSでの永住権を申請しています。永住がままならないととぴをたてたものです。http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0701/191942.htm?g=01

    航空整備は専門分野ではないので学習やその資格をどのように生かしてビザ申請をするかといったアドヴァイスではないのですが。

    半年ほど前までAUSに居住していました。そのとき地元のテレビ番組で(CURRENT AFFAIRかTODAY TONIGHTだったかな?)QUANTASの整備部門がすべてシンガポールに移った、そしてその整備の質の低下云々という趣向でしたが、放送されていました。

    主さんにかかわるの、QUANTASの整備部門はもうAUS国内にない、という事実ですよね。実際現地人の熟練整備士が失業しています。QUANTASで検索してみるといいです。

    将来はどうなるかわかりませんが、永住の方法だけでなく、ご自分の働かれる業界の動向を調べておかれるのがよいかと思います。それと留学で得る資格がAUS以外で使えるのかも、これは私の経験ですが私のは日本では使えません。

    ユーザーID:9377227150

  • QANTASが正しい綴り

    お恥ずかしいのですが、綴りが間違っていました。とぴ主さんはお気づきかと思いますが。

    QANTASが正しい綴りです。ごめんなさい。

    ユーザーID:9377227150

  • 難しい

    永住権をとってもそれ程簡単には仕事に就けません。大卒でも文科系だとなかなか仕事に就けないのが現実です。英語が現地人ほどでき、コミュニケーションスキルも現地の人同様にできても、就職は困難だと思います。TAFEを出ても職種にもよりますが、それ程簡単には仕事に就けないと思いますよ。経験が重要視されます。航空整備士の仕事はもう既にここで話されているように、オーストラリアからシンガポールに転地されると思います。これに関し、エンジニア等がストライキを最近まで起こしていました。

    オーストラリアの大学、職業学校は金欠病なので、留学生を簡単に受け入れていますが、卒業しても英語がさだかじゃない人が大勢います。名目上は英語ができなければ入学できないのですが、本音と建前の間に大きな溝があります。外国人として英語が上手でも、やっぱり現地人ほど上手でないことが多いので、資格を取っても仕事には使えないような留学生が山ほどいます。将来何をしたいのかどうしてオーストラリアに住みたいのか目標をハッキリさせてから留学した方がいいですよ。私はかつて大学やTAFEで教鞭を取っていました。

    ユーザーID:7548078365

  • 難しいですね

    外国人が就職するには、「現地で不足している職業」か「現地人にできない職業」がほぼ絶対条件です。整備士の場合はどちらもあてはまりませんね。

    永住権が最終目的なら、上記を踏まえた学校を選ばれた方がいいと思いますよ。
    例えば日本人であることを生かすなら「和食調理師(これも最近は飽和状態だと聞きましたが)」「通訳」など、不足している職業なら医療系やIT技術者などです。
    不足している職業は移民局のホームページで公表されていて、何度も変更されています。
    まめに調べてみてください。

    永住権を取った後なら転職も可能です。整備士は後から目指してはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3320241730

  • その後

    どうされましたか?

    せっかくここでとぴをたてたのだから、もう少し補足としていろいろ質問なさるといいかもしれませんよ。年齢や経歴などは伺ったわけではないので、例えば大学をすでに卒業されていたら大学院を目指してみたらいいとか、航空に限らず工学系の進路を考えているとかいったことなら詳しい方がレスして下さるかも知れません。

    いい進路があるといいですね。お祈りしていますよ。

    ユーザーID:9377227150

  • おいしい?

    豪州は今は物価高だから良いかもしれませんね。
    今の職業などの状況にもよりますが。
    つまり日本で月給25万の仕事は
    豪州では50万になると言うことです。
    生活費も高くなるけれど、貯金などはしやすいでしょう。

    詳しくはないのですが、商社マンや数学者など世界を飛び回る友人に聞くと、
    こういった専門性のある仕事において、語学力自体はさほど重要でないそうです。
    必要な者の、重要なのは技術だし、ビジネスや分野の言語や考え方は同じだから、と。
    リスクもありますが、行ってみる価値はあると思いますよ。

    ドラッカー曰く
    「行動するリスクはある。ただし何もしないでいるリスクよりはずっと少ない」
    就職できなくても死ぬわけじゃないし、日本にいたら安泰なわけもない。
    どの国でも移民や外国人がお金持ちランキングの上位にいるものです。
    イノベーションは若者の強みです。

    ユーザーID:0079535566

  • おなじ分野です。

    AUSで航空宇宙工学科(学士)を卒業し永住権(独立技能永住、留学生枠)を取得しています。現在は家庭の事情で他国にいますがAUSで働いている同級生(留学生)も多くいます。
    独立技能永住の留学生枠は職歴が免除されます。職業カテゴリー、年齢、IELTS、そして学歴(準学士、学士等)でポイント数が違います。新卒者ビザから永住権を狙うとおっしゃっていますが、新卒者ビザ中に職がなければ永住権が申請できないことはご存知でしょうか?すべて移民局のサイトに書いてあるので是非お読みになってください。

    航空整備士コース後の実施訓練はおっしゃるとおり職がなければ訓練できません。新卒者ビザを発行してもらい、自分で職を探し、訓練を終えれば晴れて資格が手に入ります。
    整備士としての求職状況はかなりきついです。私の学部からも整備士として就職できますが、大卒でも厳しい状況です(ローカル、留学生共に)ただ大卒のほうが永住権を取れる可能性が高いのでTAFE2年→大学の3年生に編入後2年という方法もありますよ。

    あと英語力はこの分野ではとても重要です!ビザと英語力に問題がなくて初めてローカルと同じ土俵で戦えます(就職戦!)

    ユーザーID:5923167956

  • なんとかなる?

    オーストラリアの大都市で整備士をしています。
    他のレスで『「現地で不足している職業」か「現地人にできない職業」に整備士はあてはまらない』とありましたが私は100%そうだとは思いません。
    独立永住権の職リストにはないかもしれませんが、ライセンス&エアラインでの経験があれば労働ビザを比較的簡単にもらう事ができます。実際にそれで海外から移住して来た人を何人も知っています(つい先日も一人)。カンタスが香港へ整備委託を考えているとの話がありますが、エアラインはカンタスだけではありません。
    狭き門かもしれませんが一度エアラインに入り知り合いを増やすと「こっちで働かないか」と誘われたりします。外国人にとってはどうなの?とありましたが周りは外国人だらけです。色んな訛りの人と働いています。

    鍵はやはりライセンスだと思います。ライセンス持ってると持ってないでは就職状況も違います。
    ちなみに私の場合はTAFEのあと小型飛行機を持つ個人の会社→内陸の国内エアライン→大型機という感じできています。
    燃料高騰等でエアラインも大変な時代ですが、色んな国出身の人達が職場にたくさんいるので「無理」とは思いません。

    ユーザーID:0626470633

  • ありがとうございます

    みなさま色々なご意見本当にありがとうございます。
    感謝のレス遅くなり申し訳ございません。

    私は現在公務員として働いています。また、薬剤師免許を持っています。
    今回の話を親兄弟にしたらボロカス言われました。
    妻がいるのに何を考えているのかと自分でも思うところはありますが、失敗してでも海外に出てみたいという気持ちを押し殺してずっと公務員をやっていたら後悔してしまうと思っています。

    お金の問題もありますので、海外に挑戦するなら再来年の4月です。
    (現在28歳なので再来年は30歳です)
    年齢的にもギリかなと思っていますので、どうしても慎重になってしまいます。
    日本人でしかできない仕事が有利なのは本当に多くの人から言われましたが、今更すし職人等になりたいとは思ってもいません。

    どうせ挑戦するのならやってみたい仕事に関係するTAFEに通おうと思っています。GardenerやWelfare Worker、また今環境・食品・動物関係の仕事をしているのでその方面の勉強しようかとも思いました。

    ネックとなるのは永住権申請できるかできないかです。
    今あげた職業関係で何か情報あれば教えていただければ幸いです。

    ユーザーID:5797437868

  • Ausから応援!

    血液検査などをする人(Pathologist?)が不足していると、以前ニュースで言っていたのを記憶しています。
    素人考えではありますが、永住権取得のための職種を模索中なら、薬剤師から航空整備士への転職を考えるよりも、医療関連のほうがすっと有利で勉強もしやすいのではないでしょうか。

    医師や看護師は不足している職種の筆頭株ですが、医療、科学、数学方面の専門家は引く手あまたの印象を受けます。
    どうしてもエンジニア系に転向したいとのご希望なら、資源ブームなので、Mining Engineerとか。
    溶接技師も不足しているそうだし、パネルビーター(自動車の修理人)でさえ少ないそうです。

    インターネットがあるので、現地のビザ専門家に永住権への一番の近道について問い合わせることも可能ですよね。
    料金は発生するかもしれませんが、的確なアドバイスをしてくれるはずなので、ひとりで迷ったり当てにならない意見で混乱したりするよりはいいと思います。
    日本語新聞(日豪プレスなど)で検索すると簡単にみつかるのでは?

    ユーザーID:5894146253

  • マグノリアさんへ

    アドバイスありがとうございます。早速日豪プレスや永住権扱ってるエージェントを確認してみます。少しでも可能性が高い分野を見つけようと思います。

    ユーザーID:5797437868

  • 再度。。。

    前回のレスの一番最後にトピ主さんへの励ましを一言入れたのに、しっかり削除されていました。何がいけなかったのか、まったく理解できません。(笑)

    私にとってオーストラリアは本当に素晴らしいところで、ここで暮らせることを感謝しながら日々暮らしています。うちの年老いた母でさえ、「オーストラリアに引っ越したい」と言うほどです。

    トピ主さんにとっても新しい道の開ける場所になりますように!

    ユーザーID:5894146253

  • 参考にはなりませんが。

    すみません。航空整備関連のことは全くわかりませんが、トピさんの、

    >妻がいるのに何を考えているのかと自分でも思うところはありますが、失敗してでも海外に出てみたいという気持ちを押し殺してずっと公務員をやっていたら後悔してしまうと思っています。
    という発言を見たので思わずレスしました。

    私は今AUS在住です。うちの夫はワーホリから入り、今ビジネスビザをとって、後々は永住権も考えているといった状況です。今に至るまで本当にいろいろなことがありました。夫もたくさんのことを経験し乗り越えてきました。きっと海外にいるかたほとんどがいろんな困難を乗り越えてこられていると思いますが。

    妻の私としては、夫が生き生きと好きな海外で好きな仕事をして毎日HAPPYでいてくれれば幸せです。

    知り合いの女性も永住権獲得のためパティシエの学校に通って頑張っています。取得後はちがう職業につくと言っています。永住権にかんする法律がよく変更されやすいので気をつけてくださいね。学校にかよってるうちに法律が変わってしまってというのもあるそうです。

    ユーザーID:8686193318

  • 参考にはなりませんが。2

    でも皆なんとか永住権獲得のため必死で毎日がんばっていて、週末は皆で集まってパーティーして情報交換したり、こちらにいると私も刺激を受けます。
    トピ主さんも28歳とまだまだお若いし、ぜひぜひご自分の夢、人生をENJOYしてくださいね。奥さんもきっとわかってくださるはずです。周囲の人達はいろいろ言いますが、ありがたく聞いておきながらも(笑)ご自分の人生を歩んでいってくださいね。

    まったく航空整備のこととかけ離れてしまってすみません。
    GOOD LUCK!がんばってください。

    ユーザーID:8686193318

  • Dental Technician

    再度質問があります。嫁さんは歯科技工士(歯科衛生士)としてTAFEに行けば?と言ってきました。これだと永住権申請可能職種にあるし、医療系やしTAFEで勉強可能だしいいのでは?と。
    自分でもネット等でDental Technicianについて調べてみましたが、永住権申請に有利などとしか記載されていません。どなたか歯科技工士についての情報があれば教えていただければ幸いです。また、歯科技工士と歯科衛生士の違いなんですが、Dental Technicianといえば歯科技工士だと思うのですが、歯科衛生士もこの中に含まれるのでしょうか?サイトによっては両方書いてあったり、歯科技工士のみだったりとさまざまだったので。よろしくお願いします。
    追伸:マグノリア様たびたびご意見、励ましありがとうございます。大変感謝しております。

    ユーザーID:5797437868

  • 歯科衛生士として働く日本人

    歯科衛生士としてがんばる日本人のこんな記事を見つけました。情報も提供されています。

    http://www.anemo.co.jp/career/australia/index.html

    ユーザーID:9377227150

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧