• ホーム
  • 学ぶ
  • あなたの好きな仏像(神像)教えてください。

あなたの好きな仏像(神像)教えてください。

レス161
(トピ主38
お気に入り173

趣味・教育・教養

ペン太

奈良国立博物館の法隆寺金堂展を見にいってきました。
法隆寺には何度も行ったことがあるのですが、灯りのない堂内で懐中電灯をあてて御仏を拝むので細部までよくわかりませんでした。

でも、博物館の会場は法隆寺金堂に比べるととても明るくて、しかも四天王像を四方から拝することができて感動しました。
法隆寺夢殿の聖徳太子等身大の像と伝わる救世観音と同じく、四天王像も光背が頭に打ち付けられていました(汗)
また天邪鬼の手足は縛られていることもはじめてわかりました。
後世の四天王像とちがって動きがないのですが凄く迫力がありました。

あなたには好きな仏像、印象に残った仏像(神像)はありますか。
印象に残った点、仏像を拝したときのエピソードなど教えてください。

ユーザーID:8505489491

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数161

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 色々あります

    仏像の美しさを最近分かってきました(照)
    私は
    ・永観堂「見かえり阿弥陀」像(姿がとっても美しい)
    ・六波羅蜜寺「空也上人立像」(初めは怖いと思ってましたが、見ているうちに惹かれました)
    ・阿修羅像(とても怖い顔ですがその中にある美しさ…。実はちょっとミーハー的理由もあったりして…笑)
    が大好きです。

    みかえり阿弥陀像がダントツで好きです。
    あの像には
    自分よりおくれる者たちを待つ姿勢。
    自分自身の位置をかえりみる姿勢。
    愛や情けをかける姿勢。
    思いやり深く周囲をみつめる姿勢。
    衆生とともに正しく前へ進むためのリーダーの把握のふりむき。
    (永観堂HPより)
    が表されているそうです。とっても美しいです。

    ユーザーID:2808292867

  • 阿修羅

    奈良興福寺の阿修羅像が好きです。
    三面六臂の像ですが、左側から見たお顔が美しいと思います。
    ず〜っと見てても飽きませんでした。

    ユーザーID:2685518157

  • 金堂展にこの像はあったでしょうか?

    ペン太様 こんばんは

    私が大好きなのは今も社会の教科書に載っているかしら?
    法隆寺近く(敷地内かな)中宮寺にある「本尊弥勒菩薩半跏像」です。
    若かりし頃、一人で奈良へ旅行へ行き、法隆寺を拝観し、その後にふらっと
    何気に中宮寺にも行ってみました。

    そこでまさしく出会ってしまったのでした。
    初めは「あ〜教科書で見た事ある」
    私一人だったので畳敷きの上でゆったりとゆっくりとお顔を
    拝ませていただいているうちに段々と穏やかな気持ちになりました。

    いつまでもずっと見ていたいくらいでした。
    その後も色々なお寺へ行きましたがやっぱりこの像が
    私にとってはNO.1!です。

    今は中宮寺も綺麗になっているようで是非もう一度行きたいと思っています。

    ユーザーID:7504463180

  • 薬師寺金堂薬師三尊

    いろいろありますが、一番のお気に入りの一つは、奈良の薬師寺金堂薬師三尊です。
    白鳳美術の至宝で、国宝指定。
    体のマスが空間を切り取っている境目の鋭さは、息を呑むものがあります。
    その質量感は、体躯の大きさからきているのではなく、核にブラックホールを持っているような求心力にあると思います。
    この寺が校区内の小学校、中学校に通っていたので、小さい頃からよく行きました。
    私の仏像好きの原点です。

    ユーザーID:5366942943

  • 十一面観音立像

    滋賀県湖北地方に有る渡岸寺の十一面観音立像のお姿がとても美しくて好きです。
    水上文学にも「夕顔観音」(琴の湖)の名で登場しますが、その優美なお姿にみとれてしまい時間を忘れてしまいます。

    ユーザーID:8039099335

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 京都 神護寺の薬師如来

    先日お亡くなりになった岡部伊都子さんのエッセイでの描写がとってもすてきだったので、実際見に行きました。

    実に厳しいお顔。うそを見透かされるような。

    やさしいお顔の仏様もいいけど、厳しいお顔の仏様にも、また救われる重いがします。

    ユーザーID:6429793504

  • 百済観音と鑑真像

    奈良国立博物館!法隆寺金堂展!
    とってもうらやましいです。
    歴史あるお寺や神社のない地方に住んでいますので、写真を見て、いつか行ってみたいと思っています。

    そんななかでも、実際に目にすることができて、とっても感動したのが、タイトルの百済観音と鑑真像です。
    わたしはずっと、聖徳太子に関心があって、法隆寺に行くことができたときは、本当にしあわせな気持ちになりました。
    百済観音の、あの何度も補修され、いっそう温かみを帯びたお顔を見て、在りし日の太子のお姿を重ねました。

    鑑真像は、嬉しいことに地元の美術館で、拝見することができました。
    まさか、こんな地方で見ることが出来るなんて、本当に驚きました。
    実はその一年程前に、鑑真像に会う夢を見ていたので、感無量でした。
    手を合わせて膝をついて、拝みたく思うほどに、感動的な出会いでした。

    ユーザーID:5592976483

  • 奈良東大寺戒壇院四天王像

    井上靖の長編小説「流砂」に登場する奈良の古寺社を訪ね歩いたことがあります。30年近くも前。「流沙」が毎日新聞で連載中の頃です。興福寺「仏頭」、東大寺三月堂、戒壇院…。
    主人公になりきっての寺社巡りでした。なかでも東大寺戒壇院の四天王像は強く印象に残っています。
    当時は四天王が四隅を守る多宝塔の段の中央にまで上がって見る事が出来たのですが今も同じでしょうか?
    他に参拝者も無く、非常に贅沢な空間をひとりじめ…!
    なんて贅沢な瞬間だったことか。
    静かで美しく威厳あふれる天平の四天王像でした。

    ユーザーID:2017007850

  • 号泣しました。

    中学生だったとき、道徳の教科書を最初に開いた瞬間、目に飛び込んできた「百済観音像」の御姿に号泣しました。そのあまりに御優しい御姿に、孤独感いっぱいだった気持ちが優しく包み込まれたような気がしました。

    その後もずっとその御姿は、私にとって大きな慰めでした。観音像がかもし出す特殊な雰囲気は、今も涙が溢れてしまうような「心を強く揺らす」ほどの力があります。

    ユーザーID:7910995384

  • 弥勒菩薩と阿修羅

    随分昔ですが初めて就職して、奈良に住んでいたことがあります。休みの日にはお寺にも行きました。私は仏教や仏像の事は判りませんが、中宮寺の弥勒菩薩像はずーっと眺めていても飽きなかったです。また、興福寺の阿修羅像も他の仏像とは違った不思議な魅力がありました。両方とも想像したより小さな仏像ではありましたが、千年以上も前にどんな作者がどんな思いでこの像を作ったのかと考えると不思議でなりませんでした。
    当時見た漫画の影響も多少あったと思いますが・・・

    ユーザーID:2542300318

  • 東大寺三月堂の不動明王

    仏像全般に好きになるきっかけを作ってくれたのが、この仏様でした。
    修学旅行の際にたまたま見かけたんです。天平の仏様に囲まれている室町期の仏様なので目立たないんですが、見たとたんに、心打たれるというか、感動のあまり動けなくなってしまった記憶があります。
    何度見ても、何時間見ていても不思議と飽きません。

    自分で稼げるようになってからは、そのためだけに、ときおり奈良へ行っています。
    時代が時代ならこれがきっかけで、出家しいたかもしれません。

    ユーザーID:0886426383

  • 中宮寺の弥勒菩薩

    中宮寺の弥勒菩薩が好きです。
    あの穏やかな表情や手つき、こちらまで気持ちが穏やかになります。
    もう3回も見に行きました。

    ユーザーID:1639610371

  • 法隆寺 百済観音

    仏像で一番好きなのは法隆寺の百済観音です。
    私にとって世界で一番美しい仏像です。
    すらりとした立ち姿、アルカイクスマイルだけでも十分美しいのですが、私が一番好きなのは、左手です。
    瓶を持つ左手の指のしなやかさに惚れ惚れします。

    私は斑鳩で生まれ育ったので、法隆寺もふるさとの一部です。
    小学校6年生の時でした。
    授業で法隆寺内のホールにて法隆寺・斑鳩の勉強会のようなものがありました。
    大きいスクリーンに五重塔内の涅槃仏を囲んで嘆く弟子達の顔がアップで映されたとき、固まってしまいました。
    彼らの悲しみが伝わってきて恐怖すら感じました。
    実物は小さく、肉眼で見てもそこまで迫力は感じませんが、一人一人の泣き叫ぶ様は子供心に恐かったので、忘れられない像となりました。

    仏像ではありませんが、法隆寺の南大門越しに見る境内も好きです。
    南大門を額縁にした美しい絵画のようなのです。

    ユーザーID:9028181486

  • たくさんレスついてて感激です!

    仏像ファンの方って多いのですね。
    感激です。みなさん、ありがとうございます。

    五重の塔様
    去年のお盆に東大寺に行きました。
    夜間拝観が行われており、大仏殿の窓があけられて
    そこから大仏の御尊顔を拝することができて幸せでした。
    けど、鍍金するときに大量に水銀を使ったらしく
    建立当時の奈良は大気汚染がひどかったようです。

    にょろり様
    永観堂の阿弥陀像は首を捻ったポーズが珍しいですね。
    六波羅蜜寺の空也像は南無阿弥陀仏の六字を
    化仏で表現してるのがおもしろいですね。
    私のイメージでは空也はアメージング・グレースを歌ってます。
    アメージング・グレースと南無阿弥陀仏って似てませんか。
    阿修羅像はどこの阿修羅像でしょうか。ぜひ教えてください。

    きょんた様
    阿修羅が作られたのは女帝・称徳天皇が16歳のときだそうで
    称徳天皇16歳像だという説があるようです。
    こんど見にいったときは左からよーく見てみます。
    私は阿修羅の細い腕が少年(少女)っぽくて好きです。

    ユーザーID:8505489491

  • トピ主のコメント(38件)全て見る
  • いいですね!!

    とっても嬉しいテーマです、ありがとうございます。

    私は高校の修学旅行で行った秋篠寺の伎芸天です。
    なんて優雅でやさしそうで品のあるお顔、一目惚れでした。
    かれこれもう30年前のことです。
    その後一度お会いしましたが、なかなか会いに行けません。

    幸い東京の博物館には行けますので、こちらで仏像展があると
    一人で会いに行きます。
    先日の薬師寺展も行きました。
    月光さんも日光さんもとてもいいお顔で。
    うっとりと見ていました。

    親しい友人にしか言えないのですが、仏像が好きです。

    ユーザーID:2984294594

  • ペン太です。みなさん、ありがとう。

    ペアママ様
    中宮寺の弥勒菩薩像(如意輪観音と言う説も)
    は広隆寺の弥勒菩薩像に似てますが
    丸いお団子をつけたような髪型が飛鳥時代の女官の髪型みたいだなあ、と。
    中宮寺は尼寺なので女性的に作ったんでしょうか。
    聖徳太子のお母様の間人皇后のイメージなのかもしれませんね。

    ぽけちゃん様
    薬師寺の近所にお住まいだったなんて羨ましい!
    今年の花会式のときに参拝しましたが、
    残念ながら日光菩薩・月光菩薩様は東京に行っておられれて
    代わりに等身大パネルが張られていました。
    確かに核にブラックボールを持っていそうです。

    夕顔様
    渡岸寺の十一面観音様は拝したことがなくて
    ネットで画像検索して一目ぼれしました。
    素敵な仏像を教えてくださってありがとうございます。
    ふっくらした優しそうなお顔だちと頭の後ろの暴悪大笑面のギャップ
    がインパクトありますね。
    十一面観音ってなぜ腕が長いのでしょうね。

    ユーザーID:2076482591

  • ペン太です。みなさん、ありがとう。

    らむ様
    岡部伊都子さんのエッセイは読んだことがないのですが
    (読んでみたいです)
    「叱ってくれる仏像」だとか?
    神護寺も行ったことがなくてネットで調べました。
    厳しいお顔だちですが、とてもハンサムですね、
    とか行ったら叱られるかしら?
    素敵な仏像を紹介してくださってありがとうございます。

    アンローズ様
    法隆寺は美しい仏像がたくさんあってお腹一杯になります。
    長身ですらりとした百済観音、聖徳太子の姿を移したものかもしれませんね。
    鑑真に会う夢を見るとは相当な仏像好きなのだとお察しします。
    鑑真さんは確か「日本には慧思禅師の生まれかわりである聖徳太子が
    産まれた国」だとして来日を決意されたんですよね。

    柊様
    戒壇院の四天王像、素晴らしいです。
    特に広目天が好きです。
    四天王は憤怒の表情をしていることが多いですが
    どうして戒壇院の広目天はあんなに憂いを讃えた顔をしているのでしょうか。
    「流砂」も読んでみたいです。

    ユーザーID:8505489491

  • トピ主のコメント(38件)全て見る
  • 十二神将

    薬師如来を囲んでいるあれです。
    いろいろな表情やポーズが面白いですね。
    奈良の新薬師寺のものが有名です。

    十二という数からお分かりと思いますが、十二支をあらわしています。
    (私は、「バサラ大将」の干支です。武闘派ではありませんが。)

    ユーザーID:3596503054

  • 広目天

    東大寺戒壇院の広目天。
    筆を持って遠くを見つめる鋭いまなざしにしびれます。

    ユーザーID:1393878314

  • ペン太です。みなさん、ほんまにおおきに!

    あかんたれ様
    そうですか、泣いてしまいましたか。
    確かに百済観音には人の心を揺り動かすものがありますね。
    それと、あかんたれ様の感受性が素晴らしいのだと思います。
    私は美しい日本の仏像を見ていると、
    そこに魂が宿っていると感じることがあります。

    B級様
    中宮寺の弥勒菩薩像は微笑むような表情がたまらないですよね。
    阿修羅は戦闘の神なのに、どうして憂いを秘めた表情をしているのでしょう。
    阿修羅は称徳天皇16歳像だという説がありますが
    「東日流外三郡誌」には称徳天皇は蝦夷の安倍氏の出身で
    朝廷の軍隊が蝦夷に大敗した際に
    講和の条件として彼女が次期天皇となるという取り決めがなされたと
    記されているようです。
    漫画というのはもしや「百億・・・」では?

    夏炉冬扇様
    三月堂お参りしたことあるのですが不動明王像、見落としてました。
    不空羂索観音や日光・月光菩薩にばかり気をとられて・・・
    ネットで検索しても画像が出ず、反省・・・
    夏炉冬扇様が出家していたかもしれないほど心を動かされたという
    不動明王、近いうちに参拝してきます。たのしみ〜。

    ユーザーID:8505489491

  • トピ主のコメント(38件)全て見る
  • 鑑真像

    アンローズさんと同じく、鑑真像が好きです。
    初めて見た時には鳥肌が立ちました。
    生きているかのような柔らかい空気がありました。
    よく見たいがために近づき過ぎてケースに衝突した、という失敗もしました(苦笑)

    また、仏像ではないのですが、東大寺南大門の阿形・云形の修復ドキュメント番組をテレビで見たときに興奮したのを覚えています。
    その時は小学生でした。
    それから6年後、修学旅行で京都に行ったときにはドキドキしました。
    これが…!と。
    今でもその番組のビデオテープを持っています。

    運慶・快慶は素晴らしい。

    ユーザーID:1261493214

  • 断然弥勒菩薩でっす

    ぺあままさん、あなたは私?
    と思うくらい、同じような経験をしてます。
    20代の頃、仏像を見るために京都と奈良を一人旅して、
    一番感動したのが中宮寺の弥勒菩薩でした。
    やっぱり、私の他に見学者はなく、
    しばらーーーーく正面に座って拝観させていただきました。

    確か、昨年上野の博物館で彌勒菩薩展がありましたよね?
    もちろん見に行ったのですが、
    一人で見たときほどの感動はありませんでした。
    やっぱり現地で見ないとね。

    ユーザーID:4313126523

  • ペン太です。皆さんのレス楽しく読んでいます。

    聖徳明太子様
    三回も中宮寺に行かれたとは相当なマニアですね。
    中宮寺は天寿国繍帳もありますね。
    中宮寺にあるのはレプリカで、本物は奈良国立博物館にあり
    法隆寺金堂展を見にいった際に見ることができました。
    月に兎が刺繍されていました。
    飛鳥時代から日本では月に兎がすんでいると考えられていたのですね。

    法隆寺大好き様
    斑鳩に住んでらしたなんてうらやましい。
    幼いころから一級の美術品になれ親しんできたということですよね。
    法隆寺、法起寺、法輪寺と次々に塔が現れる斑鳩は風景も素晴らしいです。
    五重塔の塑像、特に釈尊涅槃のシーンは弟子たちの嘆き悲しむ声が
    聞こえてきそう。

    みかん様
    秋篠寺へは春木蓮が咲いているころに行きました。
    伎芸天はまるでギリシャ彫刻のような優雅さがありますね。
    大元堂の秘仏・大元帥明王が体中に蛇がまきつき、憤怒の表情であるのと
    対照的です(見たことはないのですが、写真が飾ってありました)。
    この像は6月6日のみ公開されるらしいですが、
    6月6日ってオーメンの日ですよね。

    他にもいろいろ紹介してくださると嬉しいです。

    ユーザーID:8505489491

  • トピ主のコメント(38件)全て見る
  • 三十三間堂

    大好きな京都の三十三間堂の観音様の前で、結婚式を挙げていただきました。その前から毎年一度は必ずお参りに行っていますが、ご本尊の前に来ると、涙があふれます。
    東大寺の大仏様も見たときも、同じような感じになります。どちらにも、癒されたり救われたり、いつも守られているかのような温かい気持ちを頂きます!

    ユーザーID:2532846158

  • 奈良大好き

    ペン太さん、こんばんは。
    私は奈良が大好きで、独身の頃は毎年奈良に行っていました。お花見は氷室神社の枝垂れ桜、と決めていたくらい。結婚して子どもが生まれてからはなかなか行かれなくてちょっと寂しい…
    さて、私のお勧めの仏像は。
    秋篠寺の伎芸天。かすかに動きがある感じが素敵。
    聖林寺の十一面観音。
    大安寺の馬頭観音。
    法隆寺の百済観音。
    中宮寺の如意輪観音(弥勒菩薩)。
    東大寺三月堂の不動明王。
    みんなみんな、すごくいいです。

    一つ、鎌倉のを挙げておきます。円応寺の十王像。迫力があります。

    あ〜、また奈良に行きたくなってしまいました。(上野でやってた薬師寺展は見ましたが。月光菩薩も良かったです。)

    ユーザーID:2801782461

  • 京都 広隆寺 弥勒菩薩様!

    なんか気持ちが穏やかになるトピですね。
    寺社仏閣好きとしてはスルーできないトピです(爆)

    どの仏様もそれぞれ味があり、個性があるのですが、その中でも私めが一番好きなのは、京都にある広隆寺弥勒菩薩様です。
    なんともいえない穏やかなお顔を拝見していると自分も穏やかになってくる気がします。
    最近お会いしたのも数年前なので、また行こうかな?
    あと、何人かのかたが挙げていらっしゃる、奈良中宮寺の弥勒様に会いに行こうと思っています。去年、中宮寺の近くには行ったのですが、訪れることができなかったのが残念です。同じ弥勒様でもきっと違う味があるんでしょうね。楽しみです。

    ユーザーID:4224614152

  • 阿修羅像と広隆寺弥勒菩薩

    別トピで書きましたが、タイトルの二像です

    興福寺阿修羅像
     仏像と言って良いか知りませんが、大学1年生の秋に初めて見て、全身鳥肌が立ちました。なぜかは今でもわかりませんが、「少年から青年になる時の心の葛藤と仏への一心の祈り(亀井勝一郎)」を現している像に共感したためでしょう。近くの無著と世親の像を見ていなければ、ショックを受けたまま帰ったかもしれません。

    広隆寺弥勒菩薩像
     穏やかなお顔に何とも言えない安らかな気持ちになりました。友人は下着を新しくして拝顔した、と言いましたが、納得。京大生が薬指を折った後だったので、ガラスのケースで保護されていたのが残念でした。また一度拝顔したいです。

    ユーザーID:2031412397

  • 新薬師寺の国宝

    十二神像立像のなかでも特に婆娑羅です。
    実物もさることながら、土門拳氏の写真が素晴らしい。

    ユーザーID:2093173501

  • ベタですが。

    薬師寺の金堂薬師三尊像うち月光菩薩が一番好きな仏像です。

    私は長野のド田舎に住んでおりますので、実際に拝見したのは中学、高校の修学旅行の時だけです。もう三十年近く前になります・・・。
    修学旅行に行く前には京都・奈良の寺院、仏閣、庭園などについて事前学習をするのですが、写真で見て「なんて綺麗な観音様だろう」と思っていました。写真だけだと質感とか大きさとかがイマイチ良く分からないので、修学旅行をとても楽しみに待ちました。
    実際に拝した時は、待ち焦がれていた瞬間がきた高揚感もあり、やはり感動しました。本当に神々しく尊厳に満ちた美しいお姿。圧倒的な存在感で、その前にあっては時間が止まるようでした。

    彫刻としても完成された形ですが、時を越えて存在する姿といいますか、仏像と言う形の中に、遠い過去からの信仰してきた人々や守り伝えてこられた薬師寺というお寺の想いが入っているのではと思います。その想いが仏像に存在感を与え「仏様」となり、その時拝んでいる人々の感動を呼び起こしさらに想いが込められていくのかなぁと。
    ただ所詮修学旅行ですので、好きなだけゆっくり観られなかったのが残念でした。

    ユーザーID:9750390316

  • 大和路のヴィーナス。鎌倉の丈夫(ますらお)・・・・

    ペン太様 心和む、ナイストピを、有難うございます。

    関東生まれですが小学校時代から京都・奈良が大好きで、
    第二の故郷と親しみ、プライベート以外にも仕事にかこつけ年に5〜6度は訪問します。

    高校時代に「薬師寺東院堂の聖観音」を改めて見て、恋をしました。
    それまで何度もお参りしてきたのに、まるで別人のように感じたのです。
    仏としてではなく、慕わしい女性(にょしょう)に変じて立ち現れた一瞬でした。
    とりわけ滔々たる腰部から足先にかけての圧倒的なヴォリュームは目も眩むほどの美観。
    実はその直後、上野の国立博物館で、彼女の精巧な模刻を見る機会があり、
    こちらは周囲360度から見られる展示だったので、後背部の造型も隈なく拝観できました。
    至福の時でありました。

    それ以後、大和路で出会う私の麗しのヴィーナスは、
    3人います。残る2人は「秋篠寺の伎芸天」、そして「聖林寺の十一面観音」です。

    そして今住んでいる横浜に程近い、鎌倉には東の偉丈夫「鎌倉大仏(高徳院)」がおられます。
    遠景の山々を背に深く瞑想する姿は男子かくあるべしとの想いをかきたてます。

    ユーザーID:8974977262

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧