• ホーム
  • 学ぶ
  • 「セバスチャンへの電話」「森へつづく道」ご存知の方

「セバスチャンへの電話」「森へつづく道」ご存知の方

レス8
(トピ主3
お気に入り5

趣味・教育・教養

ゴン子

進○ゼミのベネッセコーポレーションさんが福武書店から今の社名に変わる頃(90年代)、同社からある児童文学のシリーズが出版されていました。
今はもう絶版になっているようですが、どれも名作ぞろいだったように記憶しています。
私の中学校の図書室においてあって数冊読んだのですが、中でもタイトルの「セバスチャンへの電話」、「森へつづく道」という作品が忘れられません。

同じシリーズには、萩原規子さんの有名な「空色勾玉」シリーズもあったのですよ。今は徳間書店さんから出ているようですが。

「セバスチャン〜」はドイツの作品だったと思います。高校生の女の子が彼氏と別れたばかりで家の事情で引越し、彼氏と会わない数ヶ月の間に成長して、改めて彼とやりなおそうとする作品です。

「森〜」は同じく海外の作品でしたが、どこの国の作品だったかは覚えていません。12歳くらいのある男の子と女の子がサマーキャンプでいじめられ、二人で一緒に逃げ出して旅をする話です。ロードムービーのようなお話。

どちらも、大人になった今(28歳)改めて読み返してみたいのですが、近くの図書館では見当たらないし、何よりも図書館で借りて読むよりも購入したいと考えています。
シリーズのほかの作品もできれば手に入れたいですね。
ですが、アマ○ンさんで探してもデータが見当たりませんし、古本屋さんでもなかなか見つからなくて・・・。
以前一度だけ「セバスチャン」のほうをネットの古本屋さんで見つけたのですが買い逃してしまったのです。
購入できる方法などご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。

ユーザーID:9323230540

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さん 本のタイトルが間違ってますよ!

    >「セバスチャンへの電話」

     ↑トピ主さんへ。タイトルをお間違えのようですよ。
     
     正しくは、「ゼバスチアンからの電話」(イリーナ・コルシュノフ著 福武書店 1990年刊)です。
     正しいタイトルで検索してみてください。古本で、しかも格安で何件も出てますよ。

     こういう掲示板で質問するのもいいのですが、昔読んだ児童書の詳細(本のタイトル、著者、出版社など)を知りたいのであれば、東京都・上野にある「国際子ども図書館」へ問い合わせるのが一番です。
     児童書に精通した司書の方が、教えてくれると思います。http://www.kodomo.go.jp/index.jsp

     今回のように、本のタイトルを間違えて記憶している場合など、それではなかなかお目当ての本へたどり着けません。
     まずはお近くの図書館で書誌情報を調べてみるなど、本を探す方法を工夫してみてください。

    ユーザーID:0389937874

  • セバスチャンからの

    こんにちは。

    「セバスチャンからの電話」では?

    http://homepage3.nifty.com/poohnomori/oma03.htm

    まためぐり合えるといいですね。

    ユーザーID:7132696361

  • セバスチャン..名作ですね。。

    ゴン子さん、こんにちは。本好きの方とお見受けしました。
    懐かしい書名に思わずレスしてしまいました。
    セバスチャン..名作ですね。私は感銘受けて発売当時購入しました。(現在も保有。)

     福武書店のあのシリーズは比較的高年齢、高校生?あたりがターゲットだった思うので、大型古書店をこまめに回られてはいかがでしょうか?

     私も本好きなのですが、ここのところの出版不況はすさまじいですね。
     子供の頃、親しんだ名作は軒並み絶版になっています。軽く思いつくだけでも、石の花、七色の花。。子供のために入手したいと思い、古本でもと思うのですが、童話、特に小学校低学年向けのものは古書店にもなかなかでません。ただ、当時ヤングジュニア(?)向けといわれていた本はいくらか流通しているように感じます。
     セバスチャンは新聞の書評でも取り上げられていたこともあったので比較的部数が出ていたと思います。根気よくネットチェック、古書店めぐりしていたら出会えるのではないでしょうか?

    ご幸運お祈りいたします。

    ユーザーID:7168608290

  • 改題されてます。

    「セバスチアンからの電話」の方は他の方が沢山答えてらっしゃいますね。
    受身に回るばかりだった女の自立のはなしでしたかしら。
    「森へつづく道」は「〈ヤギ〉ゲーム」で検索してみてください。
    タイトルを変えて徳間からそのまま出てます。
    と言いますか、あのシリーズの代表的なのはほとんど徳間や別の出版社から再販されているような…。
    ベネッセは訳者とかもよくて、「森へつづく道」もたしか中川千尋さんでしたよね。
    シリーズ名が少しだけ違いますが、「砂漠の宝〜あるいはサイードの物語」が好きでした。
    「見習い物語」もいいですね。これは今は岩波から出てます。

    ユーザーID:1661548475

  • 森に消える道

    二番目に挙げられている本がまだ出ていませんが、ブロック・コールの「森に消える道」ですね。
    二人がサマーキャンプの島に置き去りにされるお話とありました。

    入手方法は、ネットの古書店・オークションを検索すれば売っていますよ。
    手に入れてもう一度読んでくださいね。

    ユーザーID:4434476322

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • トピ主です。皆様ありがとうございます!

    雲母☆様
    レスありがとうございます。タイトルを間違っているなんて恥ずかしいかぎりです。そういえばドイツですからゼバスチアンでしたね・・・何かが違うような気がしておりました。こういう国際子ども図書館という場所が国会図書館の支部としてあったなんて知りませんでした。
    昔、通販のフェリシモで送られてきていたBookportという本のカタログでの絵本の探偵さんコーナーを思い出します。今もあるかしら?

    うちの近くの図書館は本当にチンケな図書館でして・・・。県で一番大きいはずの県立図書館も「高校の図書室の間違いでは?」といいたくなるくらい小さくて蔵書が少ないのです。なので最初から期待していなかったのですが・・・。今蔵書検索をしてみましたら「ゼバスチアン」のほうはありました! 残念ながら「森へ〜」のほうはありませんでしたが。意外にも、わが市の図書館の蔵書検索ではそのシリーズ名も分かるようになっていました。福武書店のBestChoiceシリーズですね。以前、蔵書検索を数回利用したときは気づきませんでしたが、思っていたよりずっと使いやすいようです。地元をあなどっておりました。反省。

    ユーザーID:9323230540

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。ありがとうございます!

    昔読んだよ様

    レスありがとうございます!
    そうそう、まさにこの表紙でした。
    一緒に写っている本たちはどれもタイトルは覚えがありますが、私はどれも(空色勾玉も含め)未読なんですよね。どれもいつかは絶対に読みたい本たちです。

    よしこ様

    レスありがとうございます。
    よしこ様の挙げていらっしゃる石の花と七色の花は残念ながら存じ上げないのですが、やっぱり昔の名作絵本や児童小説は「今改めて読みたい! 図書館で借りるのではなくて、できれば購入したい!」と思った頃には絶版になっていますね。
    自分が持っていた大好きだった絵本たちもいつの間にかなくなっていたりします。引越しとかの際に処分してしまったんだろうなぁ・・・もったいないことをしました。内容的な価値や希少価値はもちろんですが、絵本はハードカバーのものばかりですから意外とお値段も高いですしね。

    ユーザーID:9323230540

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。ありがとうございます!

    アリア様

    レスありがとうございます。2002年に改名されて出ていたのですね。知りませんでした。やっぱり名作ばかりだったから、他の出版社さんから改めて出ている作品が多いのですね! 嬉しいことを聞きました。でも、訳者さんが変わっていたりするのはちょっと残念ですね。アリア様が「訳者さんもよかった」とおっしゃるのですし、できればもとのシリーズの訳で読みたいです。
    「〈ヤギ〉ゲーム」も元のタイトルのほうが味わいがあるような・・・贔屓目ですかね?
    「砂漠の宝〜あるいはサイードの物語」や「見習い物語」もなんだかタイトルだけは覚えているような気がします。これも探して読んでみます!


    風様

    レスありがとうございます。
    「森に消える道」だったのですね。ゼバスチアンだけでなく、2作ともタイトルを間違えていたとは・・・。恥ずかしい!! そりゃあ見つからないわけですよね。
    正しいタイトルで近くの市立図書館の蔵書検索をしてみましたらありました。ありがとうございます!
    この作品はぜひ今夏に読みたいなぁ〜と思っていたので、嬉しいです。
    子供の頃の夏の空気が感じられる作品でした。

    ユーザーID:9323230540

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧