横浜の思い出

レス28
(トピ主1
お気に入り27

生活・身近な話題

ミナト町ヨーコ

昭和44年生まれです。
横浜松坂屋閉店セールのニュースを見て昔の事を少し思い出しました。

本好きだった父に連れられて、
週末になると伊勢佐木町の有隣堂に行きました。
父が上の階で本を選んでいる間、
私は1階のマンガ売場でマンガの立ち読み。
当時はビニールカバーがかかっていなくて好きなマンガがたくさん読めました。1冊だけ買ってもらって(私は999かブラックジャックを買ってもらいました)
その後地下のレストランでお食事。
エビグラタンやハンバーグをよく食べました。
向かいの松坂屋の1階がロッテリアで、そこも好きでした。

映画は馬車道の東宝会館か横浜のムービル。電気製品はヤマギワ電気。

桜木町にはまだ何もない時代で、お出掛けといえば関内か横浜高島屋。
横浜での待ち合わせは高島屋の動くオモチャのショーウィンドウ前でした。

なにしろ30年以上前のことなので記憶があやふやなのですが、
ときどきふっと思い出してせつなくなることがあるのです。

みなさんは横浜、懐かしい思い出ありますか?

ユーザーID:9289373329

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうそう、わかります。

    子供の頃のお出かけと言えば、同じく関内か高島屋でした。
    高島屋では8Fの食堂?のようなところでお子様ランチ。
    全部食べきらないとデザートは注文してもらえなかったっけ。
    帰りがけのお土産はいつもダンキンドーナツでした。

    学生の頃は元町をブラブラしていました。
    ジャーマンベーカリーもまだありましたね〜。
    元町から中華街に入る門の手前にあったアメリカンハウス。
    背伸びをしてよく入りました。
    伊勢佐木町のオデオンビルにはモトクロス専門のお店があったなー。

    今、みなとみらいが見える場所に住んでいますが
    当時の横浜を懐かしんで時々さみしくなります。
    何故でしょうね。

    ユーザーID:6567206570

  • 35歳主婦です

    今でも良く出掛けます。だいぶ変わりましたね。私の父がトピ本文にあった電気屋さん(笑)に勤めていたのでちょくちょく職場に行きました。馬車道の映画館には初めて友達と映画を見に行きました。親同伴じゃないなんてドキドキでした。 横浜はそごうが出来てから良く行きました。車がない家だったのでいつも電車で帰りはたくさんの荷物持って人混みに揉まれくたくたになって帰りました。今でも行きますが変わってしまいましたね。懐かしいトピです。

    ユーザーID:5623405297

  • 有隣堂のレストラン...!

    昭和二十年代生まれです。

    地下レストランのドリア(当時はライスグラタンって云っていたような..)が美味しかったです。
    無くなってしまって残念って思ってました。

    博雅の焼売、不二家のローストチキン、レストラン小西、キラク、玉泉亭、ミナト、勝烈庵、山手十番館、鳥伊勢、、、(食べものばっかり)
    懐かしい思い出がたくさんあります。

    元町のポンパドゥールも焼き上がりの時間を見計らって行ったものでした。
    いまは支店がたくさん出来て便利になりましたね。

    数ヶ所転勤しましたが、横浜はとても住み心地の良い街です。

    ユーザーID:0351729045

  • なつかしい!!!

    有隣堂の地下に食堂ありました!
    狭いあのエレベーターにはエレベーターガールがいたような・・・
    記憶違いかな

    私はよく、不二家でパフェを食べました
    まだ不二家はあるのかな
    がんばってほしいです
    関内付近の映画館でサンドオブミュージックを見た気がします
    映画館たくさんありましたよね〜

    松坂屋は品のいいおじいさまとかおばあさまが
    外買い物にいらしていて
    子供心にこの人お金もちなんだーと思ったものです


    お出かけは確かに高島屋か関内でした
    高島屋のショーウィンドウ!!!
    子供心にこのお人形は夜動いているのかな?
    止まっているのかな?
    同じ動きばかりで疲れないのかな?とか思っていました
    すごくなつかしいです

    ユーザーID:0447766218

  • 高島屋〜

    ショーウィンドウ、そうでした!だからあそこで待ち合わせをしてたんですね!すっかり忘れてたのでトピ主さんの文を読んでゾクゾクしました。
    そごうの人形時計も今年なくなったので、これに親しんだ子供も何年かのち、思い出して懐かしい気持ちになるんでしょうね…

    ユーザーID:2316049517

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 寂しくなりますね。

    私の頃は【野沢屋】【松屋】でした。
    まだ、【松屋】の粗品の風呂敷は現役です。

    【有隣堂】では、学習机やランドセルや顕微鏡を買ってもらいました。
    本を買う。と言うよりも高級文房具を見る場所でした。

    お昼は、【不二家】の二階で中華でした。
    中華でお腹が一杯になってしまい、いつも一階でデザートを食べる事ができなくて、悔しかったです。

    東映マンガ祭りは毎年、伊勢佐木町の映画館。

    伊勢佐木町の入り口近くの【文明堂】で三笠山を買ってもらい、家で戴きました。

    引越しをして、【ヤマギワ】の前のバス停からバスに乗って帰るようになりましたが、ア・テストだけは【吉田中学】で受検しました。

    今は、新幹線で数時間の所に居ます。今の伊勢佐木町を見に行きたいです。

    ユーザーID:3560826004

  • 元ハマっ子夫を持つものです

    ちょうど先週、伊勢佐木町に行ってきました。
    夫は祖父の代からの横浜育ちで、この近辺にも
    いろいろ思い出があり、有隣堂で昔の彼女に
    ばったり会ったこととか、オデオンビルに入り浸ってた
    (アニメグッズの店が行きつけだった)ことなどを
    懐かしく語ってました。
    また子供の頃、おばあちゃんに高島屋に連れてって
    もらうのがとてもうれしかったらしく、横浜を離れた
    いまでも贈答品は高島屋で購入してます。

    このトピの話をしたら、有隣堂のレストランのことも
    ヤマギワのことも覚えていて、喜んでました。
    最近の横浜は移り変わりが速くて、ちょっと淋しい
    ようです。

    ユーザーID:8318918016

  • あー、なつかし・・

    私も40年代の横浜がなつかしく、お邪魔しました。

    デパートは野沢屋というのもありましたね〜そのご、松坂屋に吸収されたのだったと思います。
    有隣堂並びの博雅、しゅうまいも有名でしたが、麺も細く、ほかにはない
    ものでした。
    有隣堂の食堂には、サンドイッチをオーダーできるコーナーがあったと
    記憶しています。
    本屋さんの地下とは思えない、ちゃんとしたレストランでした。

    「サウンドオブミュージック」ね、私もこの辺で。
    ほんとになつかしいです。

    長者町の角を超えた辺で「アルジェの戦い」や「私が棄てた女」を
    見たような気がします。

    町にはフォーククルセイダースの曲があふれていた時期もありました。

    いま、桜木町の東側はすっかりきれいになり、中華街も果てしなく広がり、元町には東京のお店が並んで、私がなじんだ横浜はどこへ?と
    思ってしまいます。

    ユーザーID:5559853720

  • あー、なつかし(つづき)

    横浜駅西口をずうっと左へぬけて川を渡ったあたりもすっかり変って
    しまいました。

    どこもどこも「きれい」になって、あの猥雑な、暑苦しい横浜はなくなりつつあります。
    なんしろ私が京浜急行に初めて乗って横浜に行ったとき、
    日の出町と黄金町の間の空き地に小屋があって、「ヒロポンはやめましょう」といった内容の標語が看板に書いてあって驚いたものです。

    野毛の動物園もよく行きました。

    思い出はたくさんあって書ききれません。

    ユーザーID:5559853720

  • 有隣ファボリ

    昭和34年生まれの元マダムです。生まれたのは東京ですが物心ついてから(2歳)20年間は横浜育ちでした。(本町小学校→吉田中学校)両親はまだみなとみらい21地区に住んでいます。

    それにしても、横浜もどんどん変わっていきますね。寂しいというか、違和感を感じる変化もありますが、先日、横浜で「アフリカ開発会議」がらみのイベントがあったので日本大通あたりを歩いた時は、ZAIM cafe(元財務省?の建物)にへ〜、と思ったし、他にも文化都市横浜らしい新しいスポットがあったように思います。

    有隣堂には、伊勢佐木町ではなく馬車道に「有隣ファボリ」というのがありましたよね? 何階だったかな、カフェというか喫茶店というかがあって。席に木製の汽車の形の鉛筆立てみたいなのがあって、その色鉛筆でオーダー用紙に記入するシステムだったと記憶しているのですが。

    高校生の時、好きだった人に誘われて、ファボリでコーヒー飲みました。嬉しかったのに、その人に「前に付き合っていた人」について相談され…。後のことはよく覚えていません(ははは)。

    ユーザーID:2057960171

  • 私も有隣堂と不二家

    38年生まれです。

    本好きだった私にとって、親に有隣堂に連れて行ってもらうのはなにより楽しい「おでかけ」でした。
    3冊だけ、何でも好きな本を買ってもらえることになっていたので、わくわくしながら真剣に選びました。
    その本を持って帰る時のうれしかったこと!
    でも、家に帰るとさっそく読んでしまって、楽しい時間もはかなく消えてしまうのです・・

    小学生の頃だったか、有隣堂のラジオのコマーシャルで
    「一冊の本があれば、地球の裏側へ旅することもできる」
    って歌があったのですが、どなたか覚えていらっしゃいますか。

    それから伊勢佐木町の思い出は何と言っても「不二家」。
    一階の売店のローストチキンの香ばしい匂い、ペコちゃんの絵がついた陶器のカップに入ったプリン・・なつかしいなあ。売店の奥の、天井の高い(私の記憶ではそうなのですが、子供だったからかな)レストランで、「えびピラフ」とか「ホットケーキ」を食べたものです。確かホットケーキには、三種類の蜜がたっぷり金属製の壺に入ってついてきました。ホットケーキは京急の日ノ出町(黄金町だったかな?)駅前の不二家でも食べました。

    ユーザーID:8358516089

  • 有隣ファボリ・・・

    元マダムさんのレスで思い出しました!
    そういえばテーブルに色鉛筆があったような。

    でもファボリはビルの名前で、喫茶店は違う名前だったような気もします・・・
    私はここの有隣堂の文具売り場で、紙とかペンのばら売りをよく利用していました。

    松坂屋では閉店セールが始まったそうですね。
    10月の閉店までに、絶対一度は行ってこようと思っています。

    ユーザーID:3501259186

  • 切ない想い出も

    25年前、高校生でした。
    あの時つきあっていた彼と当時住んでいた東京から、横浜にデートに行きました。
    港の見える丘公園で 夕日に照らされてオレンジ色になった船を2人でながめました。

    その後、大学生になってその彼とは悲しい結果で別れました。
    まだ彼を忘れずにいた頃、何かチャンスがあって大学生になった彼とふたりで
    (彼にはもう彼女がいたはず)
    もう一度 港の見える丘公園に来ました。

    もう一度、オレンジ色に照らされた船を見て、今、横にいる彼がもう誰か他の人のものなんだと思うと切なくて涙をこらえるのに精一杯でした。

    それから数年。
    今の夫と知り合ってすぐ横浜でデートしました。
    そして船の見えるその公園でプロポーズされ、今にいたります。

    横浜は私にとって切なく、そして幸せで複雑な想い出の場所です。

    ユーザーID:3654240593

  • 昭和43年産まれ

    母がハマっ子で、母の兄弟も伊勢佐木町の近くに住んでいたので、
    私は、いとこ達と小学生のうちから伊勢佐木町を闊歩していました。
    中学の制服、初めての眼鏡を作ったのが松坂屋。
    木の床と、エレベーター(時計の文字盤のように見えるが、実は階数表示)が好きでした。

    「野沢屋」「松屋」もちろん知っています。
    一時期「ノザワ松坂屋」なんて名前のときもありましたね。
    おもちゃは「マリヤ」レコードは「ハマ楽器」
    松坂屋の並びの関内駅寄りに、「森永ラブ」がありました。
    あそこでスヌーピーのグッズを買うのが楽しみでした。
    母の時代は「森永キャンディーストア」(森キャン)といっていたそうです。

    結婚で東京に移り、いとこ達とも疎遠になった今、
    思い出を共有できる方がこんなにいらして、嬉しいです☆

    ユーザーID:8886348291

  • 「一冊の本があれば〜♪」

    >七月下旬さん
    そのコマーシャル、確か当時のラジオ関東でよく流れていたような。
    当時小学生の私にはとっても大人っぽくてかっこいい歌詞でした。
    うろ覚えなんですけど、「誰も知らない明日へ向かって、旅立とう、今」
    みたいな歌詞だったかと思います。

    有隣堂は高校の帰りによく途中下車して寄っていました。懐かしいです。

    ユーザーID:2270212701

  • 横浜の思い出はありませんが

    このトピを読んだら、何だか切なくなってしまいました。
    時の流れってこういうことなのかな・・・。

    ユーザーID:4016499751

  • 本は心の旅路

    トピ主さんと同じ昭和44年組です。
    生まれも育ちも在住も横浜、ちょっと世界が狭い気が…焦ります。

    高校生になるまで伊勢佐木町の有隣堂しか知らなかったので都内の大学で出合った友人に「そういう本屋は知らない」と言われ「あんなに大きい本屋さんなのに!」って驚いたくらい、有隣堂ばかり行ってました。

    伊勢佐木モールの関内駅寄りにあるロッテリアで友達と喋ってたら、メリーさんが入ってきたり。でも見慣れてるせいか誰も驚かない(笑)

    来日アーティストのコンサートを文体で見たり(県民ホールもあるけど何故か文体で見た回数が多いです)家族の買い物は松坂屋に行ったり、その他色々と関内と伊勢佐木町から殆ど動かずにをウロウロしてました。

    横浜駅も東口にそごうが出来てからどんどん変わって行った気がしますねー。前からある高島屋のほうに何故か惹かれて行ってしまいます。

    なんだかいつでも懐かしい横浜です。

    ユーザーID:5801471591

  • 本町→吉田です

    40代です・・懐かしいですね・・
    有隣ファボリは有隣堂の文具館みたいなお店ですよね
    実は中学の通学路でした
    毎日、学校帰りに友達とうろついてました。
    1階が宝飾店でベンチでメリーさん(私達はメリーさんと呼んでいました)が座ってました。

    エレベーターを上がると雑貨などを売っていて
    お誕生日プレゼントなんかはココで買いました。

    皆さんがおっしゃっている色鉛筆のある喫茶店は5階か4階にあって
    フランス式にクレープを出すお店だったんじゃないでしょうか?

    アップルクレープは煮リンゴにメープルシロップがかかってましたね。

    今でも「ディスク・ユニオン」はあるんですよね
    懐かしいので、通りかかると覗いてしまいます。

    関内の「明治屋」はなくなったけど
    「山手十番館」も「勝烈庵」もあるので
    とんかつを食べて、ちょっとコーヒーを飲んで
    郷愁にひたっちゃいます。

    2年ぐらい前に伊勢佐木町で「横浜マリー」を上映していたとき
    30代〜80代の沢山の女性で満席になっていて、上映中も笑ったり歓声を上げたり
    懐かしい映像に盛り上がってました。

    ユーザーID:0618196805

  • なつかしい元町

    私は今、4?歳。いわゆるハマトラ世代ですねぇ。
    やはり、横浜のお嬢さんなら、元町チャーミングセールでしょう!
    母は元町ユニオンで紅茶、舶来雑貨(舶来!)、フクゾーでコートを誂え、
    父はポピーでレジメンタルタイをよく買っていました。
    私の人生初めてのお財布はキタムラでした。
    30年ほど前まで、上記のお店は元町にしかありませんでしたね。
    キタムラのデパート進出にはびっくりした世代です。

    中華街ではよくご飯を食べました。
    昔の中華街は、正直、汚かったし、洗練されてもいなかったけれど
    お料理は最高においしかったです。なつかしい、フォーチューンクッキー。
    夏は氷川丸のビアガーデンも行ったけなぁ。
    父いわく本日のレートで飲食できる店もあったそうです。(ホントは違法かな?)外国人船員相手のグリルですね。
    学校帰りに横浜駅西口の川沿いのボーリング場でグループデートもしたわ!
    バンドホテルのシェルガーデンで大騒ぎも楽しい楽しい思い出。

    なんだか、なつかしく、うれしいトピでした。
    トピ主さま、素敵なトピをありがとうございました。

    ユーザーID:3019473403

  • 街の明かりがとても綺麗ね

    昭和41年生まれ、学校を卒業するまで横浜で育ちました。

    横浜の思い出は何故かセピア色です。特に小さかった頃の思い出が強烈です。父親の勤め先が山下公園の近くにあり、まだ車での行き来も今ほど大変でない時代、車に乗せられよく父の勤務先に連れてきて貰っていました。今でもハッキリ覚えているのは山下公園近辺は鄙びた感じとバタ臭い文化が交錯するような場所だったことです。

    頻繁に野毛山、伊勢崎町、桜木町界隈にも来ていました。それらの街は今みたいに小奇麗ではなく、どちらかと言えば汚い川が街中を流れていたり、古い建物が立ち並び猥雑かと思う一方、行き交う人々が外国人だったりして子供ながらに不思議な街だという印象がありました。父親が行き交う外国人から道を聞かれ、巧く応えているのを見て尊敬したのも横浜でした。

    街中の食事やお茶も楽しかったのを覚えています。ただ思うのは横浜は別に理由があって来なくてもいい街だということです。街角に佇んでいるだけでも何となく心地良いのが横浜です。他にこのような街は中々ありません。叶わないことであることは判っていますが、もし許されるならまたあの時代の”横浜”に戻ってみたいです。

    ユーザーID:1967639874

  • 懐かしいお話ありがとうございます。(トピ主です)

    すごく狭い地域限定トピだったのに、おつきあいいただき
    とてもうれしく、そして懐かしく拝見させていただいています。

    今ではすっかり落ち着いてしまった伊勢佐木町ですが
    昔はたくさんの人でとても賑やかでしたね。
    松坂屋の前の通りはいつもホコ天なイメージがあるのですが
    車が通る時間帯もあるのでしょうか?

    松坂屋は低層のマンションになるらしいので
    ホコ天もなくなっちゃうのかな?
    いずれにせよ、また様変わりしそうですね。

    不二家でホットケーキ、よく食べました。
    たしかにシロップがはちみつとメープルシロップとグラニュー糖だったかな、3種類でしたね。

    有隣ファボリ、馬車道にありました。
    メリーさんを初めて見かけたのはそこのエスカレーターでした。
    小学校高学年でちょうど「口裂け女」が流行っていた時期だったので
    ちょっとドキドキしました。(ごめんなさい)

    有隣堂はそうそう、ランドセルとか学習机、高級文具売ってましたね。
    サンリオショップも入っててモンチッチは有隣堂で買ってもらいました。
    30年代生まれの主人は化学な少年だったためビーカーとかフラスコを買ったそうです。

    ユーザーID:9289373329

  • メリーさん・・・

    とても懐かしく読ませてもらいました。
    元横浜線住民の私としては、学生時代の友だちとは「ハマに出る」と言っては、ダイヤモンド、元町、中華街ぷらぷらしてました。
    子供の頃、買い物は「高島屋」でしたし、待ち合わせは皆さん仰る高島屋のウインドウ前。
    その頃の横浜は、確かに一歩入ると危ない雰囲気もありました。
    日の出町界隈には滅多に行かなかったし。
    メリーさん、大分前に亡くなられたそうですね。
    最近、ネットで知りました。一つ時代が終わったようなそんな気がしています。

    ユーザーID:9586554775

  • 昭和38年頃の

    横浜を見れる映画がありますね。
    黒澤明の「天国と地獄」(三船敏郎主演のほう)です。
    西区の浅間台から黄金町を見下ろすシーンが出てきます。
    当時はまだマンションもタワーも建ってなくて、全体的に殺風景で、
    ああ、こんなに変わったのだ・・としみじみしちゃいます。
    黄金町や伊勢佐木町の町並みも出てきますが、これは一部セットなのかな・・??
    どちらにしろ、数ある横浜を舞台にした映画(ドラマ)のなかでも、特に印象的ですね。

    さて、わたし(35歳)が学生時代、よく遊びに行ったのは、
    イセザキモール・オデオンビル内にある先生堂古書店でした。
    ブック○フも真っ青な品揃えで、在庫量・広さ・レア物の取り扱いすべて、
    横浜一だった気がします。

    ユーザーID:5548432486

  • 憧れの街

    横浜生まれでも、育ちでもありません。
    今から12年前に西日本から大学進学のため都内に上京して
    その夏にはじめて横浜へ行きました。
    が、東京にはない異国情緒、危うい雰囲気、郷愁を思い起こさせる街だなと感じました。
    西日本にある港町出身だからか、懐かしさも覚えます。

    ファッションや独特の文化が栄えるという点も憧れです

    ユーザーID:1205012566

  • 屋上で

    涙が出てくるくらいなつかしい。すてきですね
    私は49年生まれまだ横浜在住でたまに関内に行きます

    今もデパートのほうの松坂屋屋上にその昔遊技場がありましたね。
    大きな電動パンダに乗ったり、ロケットがあったり。
    一番の思いではコインゲームです。
    100円でコインに交換して、2.5・10・30のボタンを押して当てた数だけコインが出てくるゲーム。

    1度だけ30が当たって家にコインを持って帰ったなー

    先生堂も懐かしいー。
    映画に狂っていた高校時代に昔の映画のパンフレットを探しに行きました
    シネマリンの帰りはオデオンでした

    ユーザーID:2353063466

  • やっぱり関内&西口メイン

    三十代半ば過ぎです。

    本屋といえば有隣堂。エレベーターガールさん、いましたよね!
    不二家のホットケーキは外せません。
    松坂屋のトイレで手を洗っていると隣にメリーさんがっ!!相当びっくりしました・・・
    伊勢崎町の入り口の「いせいち」でしたっけ?輸入のお菓子を売ってるお店。ピンク、緑、青・・・と、毒々しい色のガム(ネットに入ってました)やハーシーのチョコを買ったり。
    あ、博雅では麺とスープを買って家で作った記憶があります。

    デパートといえば高島屋しかなくて。
    子供の頃は入り口のショーウインドウを見るのが楽しみで、ずっと飽きずに見ていました。
    8Fのお好み大食堂でもホットケーキを注文です。

    幼稚園の頃は野毛山動物園のふれあいコーナー(?)でうさぎを触るのが好きでした・・・

    高校生以降は元町。キタムラが好きでした。今のデザインではなく、本当に何十年も前からあるような定番商品を買っていましたね。
    我が家は祖父の代からの横浜出身。そのせいか・・・お正月のおせち料理には中華街で買ったチャーシューが欠かせません。

    懐かしいトピをありがとうございます。

    ユーザーID:8734345037

  • 思い出・・

    ずっと横浜ですが本町小に行ってました。30代半ばです。
    小学校途中で引っ越しで同じ市内に越してかなりホームシックになりました。私にとっては本当に楽しくて賑やかで大好きな街でした。
    遊ぶ場所にはことかかなくて野毛山公園、かもん山公園、青少年センターなんて。
    伊勢佐木町の近くにも公園があって自転車を無料で貸してくれたりして。曖昧でどこら辺だったか何て公園かも覚えていませんが、、
    松坂屋は昔はにぎわってましたよね。レストランでお子様ランチを食べたり屋上でゆがんで見える鏡の前でよく遊びました。
    高校進学も石川町にある高校で、就職も船関係で横浜っぽい場所から離れられませんでした。
    今はだいぶ変わってしまった私が育った町ですが、本当にここで生まれ育ってよかったぁって思いますね〜。夏は本牧プールが基本でした。
    もうずっと行ってないけどまた行きたい〜。
    メリーさんも懐かしいです。初めて見たときの衝撃はすごかったし友達はあまりの怖さに泣きました。。

    ユーザーID:3643814647

  • 走馬灯

    横浜に市電が走っていた頃を何となくですが覚えています。
    桜木町のホームから海側を眺めたとき、ホームの前に広がる
    雑然とした空き地が見えました。横浜駅西口にあるおかだや
    の上の方の階に不二家があったように記憶しています。
    ペコちゃんサンデーが美味しかった記憶があります。
    シャルの上の階にも、ファミリー向けの大きな食堂が
    あったと思います。小学生の頃、釜飯を食べた記憶が
    あります。高島屋を右手に見ながら今のジョイナスの
    通りになると思いますが、ヤマハ音楽教室がありました。
    週に一度オルガンを習いに行きました。懐かしいですね。

    ユーザーID:7173515018

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧