• ホーム
  • 話題
  • 好きな(好きだった)ファンタジー小説ベスト3!!

好きな(好きだった)ファンタジー小説ベスト3!!

レス48
(トピ主1
お気に入り82

生活・身近な話題

ララ

20歳のララと申します。
ハリーポッター最終巻が発売されましたね。私はハリポタは3巻までしか読んでいませんが。

小さい頃、ファンタジー小説が大好きでした。
読み終わっても興奮状態で物語の世界から帰ってこれない感覚や、このお話に出会えて私はは幸せだ〜と思う気持ちは
かけがえのないものだと思います。

そこで、私の読んでよかったファンタジー小説ベスト3を考えてみました!!

1、ナルニア国物語
2、アルセーヌ・ルパン全集(ファンタジー??(笑)
3、月神の統べる森で

私の初恋はアスランです。次の恋はルパンです(笑)

他にも
・空色勾玉シリーズ
・守り人シリーズ
・ジムボタンシリーズ
・メニムー一家物語[等身大の人形の話]
・西の善き魔女
・クレヨン王国シリーズ
・竜のいる島[たかしよいち著]
などなどなど、大好きでした♪♪♪

もし子供ができたら、絶対すすめます!!ぜひこれらのファンタジー小説と出会って欲しいです。

みなさんのベスト3も教えていただけませんか???

ユーザーID:3321071323

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現在形です。

    1.指輪物語
    2.氷と炎の歌
    3.プリデイン物語

    1はもうバイブルです、無神論者ですが。

    2は一般書コーナーになってしまいますね。
    実はHNもこれからとってますので、声楽のアリアではありません。
    (さすがにデーナリスとつける勇気はなく、この人で妥協)

    3は私が小学生のころお小遣いをためて、生まれて始めて自分で買った本でもあります。それぐらい好きで手元に置きたかったんです。

    ユーザーID:4753747436

  • ファンタジー好きな

    一位・・・ダレンシャン
    二位・・・ハリー・ポッター
    三位・・・サークル・オブ・マジック
    そのほかにも、ホラー系も好き。

    ユーザーID:6178350929

  • 3つは難しい…

    3本だけというと難しいのですが、

    「指輪物語」「ゲド戦記」「ライラの冒険」シリーズ

    ですかねえ。後者2本は映画化が必ずしも成功といえず、そのために手に取れない人がいたら人生損しているので、あえてここで挙げておきたい! 原作は物語好きなら必読の書なのよ〜。

    「クラバート」「十二国記」シリーズ、佐藤さとるの「コロボックル」シリーズも大好きです。
    「ルパン」私も好きですけど私の中ではファンタジーというより冒険小説です。じゃあ、ファンタジーと冒険小説の違いって何?と突っ込まれると困るのですが…

    ユーザーID:0405391471

  • 私のファンタジーの原点

    ○「エルマーとりゅう」シリーズ
    黄色と青のしましまドラゴンが大好きでした。
    いつかドラゴンの背中に乗せて欲しいと、真剣に願った子供時代(笑)
    ○「レンズマン」シリーズ(一応SFもサイエンス・ファンタジーということで…)
    原作も面白いのですが、これがアニメになった時
    ドラゴン型宇宙人がダンディなお兄様として描かれておりまして
    やっぱりまた背中に乗っけて欲しいと……
    ○「リダーロイス」シリーズ(コバルト文庫)
    登場人物が皆綺麗な心の人たちで、どこかほっとする作品でした。
    強烈なものがないので、物足りないと思う人もいたかもしれませんが。
    コバルト系は、当時もっと好きだったシリーズがいくつもあるのですが
    その中でひとつと考えた時、浮かんだのはこれでした。
    この作品にも、すてきなドラゴンが出てきます。
    ・・・・・・・ただ、ドラゴンが好きなだけですね。

    ユーザーID:6368167136

  • ファンタジー大好きです

    1.アーサー王物語
    2.崖の国物語
    3.バーティミアス

    ちょっと暗い感じのファンタジーが好きです。

    ユーザーID:6785296730

  • 3つ無くて、一つだけ


    はてしない物語


    です!
    映画は見てないのですが
    本の中のアトレーユが大好きです

    映画・・・見たいような、見たくないような。。

    ユーザーID:5410752026

  • 石の花

    1 「石の花」をはじめとする「孔雀石の小箱」 バジョフ
    とても美しく幻想的で、人間愛に満ち溢れていると思います。
    幻想的で、奇跡を起こすのは魔法ではなく人間の強い想いだという部分も好きです。
    どこかの出版社さんが全訳して出してくれないですかね・・。

    2 「星のひとみ」 トペニウス
    宗教的な部分のある作品ですけど、美しさと人間の残酷さ(罪)が描かれていて好きです。
    でもこの間、絵本で読んだらラスト近くの残酷なシーンの数行が削除されていました。

    3 「森は生きている」 マルシャーク
    有名すぎるので私などが感想を言うまでもないですが、好きです。

    次点 ボルヘスの一連のファンタジー作品
    多分、この順位は一生変わらないと思います。

    すみません、洋物ばっかりで・・・。
    日本の物語もいいお話沢山ありますよね。3位までなので、上位は不動ですのでこうなりました。
    ボルヘスの作品は、こういう事ちょっと思いつかないなあ・・・、北半球のファンタジーとは全然違う所が好きです。日本人の感覚とは違うのかなと思ったりします。

    ユーザーID:5954028094

  • ファンタジー小説、大好きです

    1. ゲド戦記
    2. ナルニア国物語
    3. アンバーの九王子シリーズ

    何度も読み返してしまいます♪

    他にも
    ・光車よ、まわれ!
    ・夏への扉
    ・闇の公子
    ・クラバート
    ・モモ
    ・星の王子さま
    等々・・・

    でもハリーポッターなど最近のは読んでなくて、気に入ったものを読み返してばかりいます・・・

    ユーザーID:3235011016

  • 現時点のベスト3

    1.指輪物語
    2.守り人シリーズ
    3.古王国記シリーズ

    迷いに迷って、絞り込んだベスト3。
    小さい時より、むしろ大人になってからのほうがファンタジーをたくさん読んでいます。
    なので、あくまでも現時点でのベスト3。

    その他は
    ・上橋菜穂子の本全部
    ・荻原規子の本全部
    ・十二国記シリーズ
    ・ハリーポッターシリーズ
    ・ライラの冒険シリーズ
    ・リンの谷のローワンシリーズ
    ・ダレン・シャンシリーズ
    などが好きです。

    世界三大ファンタジーのうち、ゲド戦記だけまだ読んでいません。
    ファンタジー好きを名乗るなら読んでおかなきゃ!とずっと思っているのですが、他の本を読むのに精一杯で。
    ナルニアは…申し訳ないですが、ちょっと苦手でした。

    ユーザーID:7998258201

  • ロードス島戦記

    私はロードス島戦記が1番ですね。
    他にもアルスラーン戦記とかヴァンパイアハンターDとか好きな作品はあるんですが
    完結してないお話が多くて(汗)
    先生方、頑張ってくださ〜い。

    ユーザーID:8181957689

  • スタンダードで。

    1.ゲド戦記
    2.闇の戦いシリーズ:S・クーパー(全4巻)
    3.指輪物語


    私的に、やはり金字塔は『ゲド戦記』。

    2があんまりメジャーじゃないかも。
    出版社は確か評論社で『指輪‥』と同時期に刊行されてました。アーサー王伝説と『指輪‥』を踏襲して現代ものにしました、的な作品なんですが、完成度◎。
    ゲドやガンダルフに勝るとも劣らない魔法使いが出てくるとこも、ポイント高い。


    番外で追加するなら、

    4.白馬の王子:タニス・リーの抱腹絶倒中編。
    5.十二国記:小野不由美

    ユーザーID:8791537431

  • 思いつけば

     最近ファンタジーとSFや鬼太郎とかの違いがわからない時があって。
     1.パーンの竜騎士 シリーズ
     2.しゃばけ シリーズ 日本のお化けです
     3.精霊の守り人 シリーズ 完結したので安心して読めます

     今の所、一番好きなのが、1ですが、それでも死んでしまう人もいるのが悲痛です。よく考えれば、本当は世界に死は溢れているのかもしれないと感じるようになりました。その中の生きる希望。意志と知恵に、科学的な思考も入っている所が好きです。

    ユーザーID:8181554111

  • 読み返したい作品

    何度も読み返したいと思い、実際繰り返し読んだ作品を挙げます。

    この10年ぐらいでは

    1. バーティミアス3部作
    2. 守り人シリーズ
    3. 該当なし(先に挙っている作品はほとんど読んだのですが、読み返したいと思うほどのものはほかになし)

    昔読んだ作品で好きなもの

    ・魔法の国ザンスシリーズ(特に第3作、これだけでもいい)
    ・オズの魔法使い(シリーズは3作目ぐらいまでかな)
    ・ニルスの不思議な旅(これもファンタジーですよね?)
    ・チャペック短編(郵便屋さんとかお医者さんの話、これもファンタジーよね?)
    ・はてしない物語(ぽぴよんさま、映画は見ない方がいいと私は思います)
    ・アンバーの九王子シリーズ
    ・クリスマス・キャロル(これもファンタジー・・・)

    なんだかどこまでファンタジーだかわからなくなってきました。

    三大ファンタジーはさすがに読み応えはありましたが、読み返したくなるほどではなかったです(持ってはいるんですが)。

    皆さんそれぞれの感想や思い入れがあって、楽しいトピですね。

    ユーザーID:8784632164

  • 完結してませんが

    グインサーガ…
    作者の趣向が変わって、大部よんでませんが二十年前くらい夢中になってました。
    守り人シリーズもいいですが獣の奏者はすごくひきこまれました。
    後宮小説、彩雲国シリーズ、蒼弓の昴などの中国ファンタジーも大好きです。

    ユーザーID:1346535359

  • 色々読みましたが、振り返ると。

    1.はてしない物語
    2.ガンバと15ひきの仲間シリーズ
    3.不思議の国のアリス、鏡の国のアリス

    ですねー…
    有名どころは大方読みましたし実際どれも印象深いのですが、
    息子に読んでほしい順で。

    1と2は、小学生の頃クラスメイトに貸したらめぐりめぐって
    半年以上返ってこず、結局クラス全員が読んだという思い出があります。
    どれも、お小遣いを必死に貯めてハードカバーを買った懐かしい本です。

    ユーザーID:4522529638

  • 国産Best3

    1.ロードス島戦記
    2.ジャパニーズ・ドリーム
    3.クレヨン王国シリーズ

    1.ロードス島戦記
    初めてロードス島戦記を読んだのは中学生の時でした。
    読み始めてすぐロードスの世界に引き込まれ、全巻をあっという間に読み終えました。
    帰らずの森や風と炎の部族のエピソードが好きでした。
    第1巻ではパーンは20歳、ディードリットは160歳。
    すごい年の差にしびれます。

    2.ジャパニーズ・ドリーム
    主人公の高校生が夏休み直前(夏休み中だったかな?)交通事故に遭い、
    目が覚めるとそこは数百年前の日本だった。はたして元の世界に戻れるのか!?
    笠地蔵や雪娘などの妖怪が出てくるお話でした。
    学校の図書館で1度読んだきりなのに、10年経っても忘れられません。衝撃のラストでした。
    絶版になっているのが残念です。

    3.クレヨン王国シリーズ
    これも子供のころ読んだ本です。「クレヨン王国の12か月」と「月のうさぎ」が好きでした。

    ユーザーID:4810551540

  • ファンタジー、いいよね

    横で、申し訳ありません。
    女か虎かさん、佐藤さとるの「コロポックル」シリーズ、私もはまりました。本当に小人がいたらいいのに、考えていたくらい。
    ご存知の方がいたことが嬉しくて、つい出てきてしましました。ごめんなさい。

    ユーザーID:4012393531

  • 3つで良かった

    Best3ということで3つ選べるので良かったです。
    1位が3つ。
    ・エリナー・ファージョン作品集「ムギと王様」
    ・U.K.ル・グィンのアースシーシリーズ「ゲド戦記」
    ・宮澤賢治「銀河鉄道の夜」

    無理に作品を指定しましたが、ほんとは上記の作者の全作品としたいところです(実は読んでない作品もありますけど、でもそれくらい好きということで)。このお三方は作品のタイプも違うし、順番はつけられません。。。

    ユーザーID:2714579610

  • 「はてしない物語」 「モモ」

    「はてしない物語」 「モモ」
    この2冊は 大人になってから読んだ本ですが
    くいいるように読みました。
    すごく好きです。

    ユーザーID:6392301197

  • む、難しい…

    たっくさんありすぎて選べない…けど挙げてみました。
    実はファンタジーの定義をちゃんとに知らないので、違ったらゴメンナサイ。


    「デルフィニア戦記」数年前うっかり手を出しちゃったら止まらず、全巻大人買い…
    「ラプソディ 血脈の子」「プロフェシイ 大地の子」「ディスティニイ 大空の子」エリザベス・ヘイドン著ハヤカワ文庫。
    壮大で独特な世界観がスキ!すっかりハマりました。もっと続いて欲しかった〜。
    「破妖の剣シリーズ」か「十二国記」か「彩雲国物語」…って、全部ラノベじゃん!でも正直、好きです。

    私も!子供の頃クレヨン王国シリーズに超・超ハマりましたー!特に「月のたまご」がすきだったなあ。

    ユーザーID:1758643795

  • 私の好きなファンタジー。

    ダントツ1位は「小さな魔法のほうき」

    小学生の頃、何度も読んだなあ。
    どこにでもいる平凡な名前の少女メアリー・スミスが、ある日、黒猫のティブと出会い、追いかけているうちに「夜間飛行」の花を見つける。
    その花をほうきに付けると、ほうきが飛び上がり、メアリーを魔法学校へ連れていく・・・というお話です。
    ハリー・ポッターに似ている部分が結構あります。
    原作者はこの本を絶対読んでると思います。
    絶版されていたのですが、最近復刊しました。

    第2位は、「メアリー・ポピンズ」シリーズ。
    最初のほうで、なんて性格の悪い主人公なんだと驚いことを覚えています。たけど、その後ぐんぐんとお話の中に引き込まれ、すっかりメアリーのとりこになりました。

    第3位は、「くまのプーさん」シリーズ。
    ファンタジーかな?ちょっとおばかな愛すべきくまのプー!の魅力にメロメロでした。
    ちなみにディズニーのプーはあまり好きではありません。

    書いているうちに読み返したくなりました。子供はまだ小さいので、もう少し子供が大きくなったら、読んであげたいと思います。

    ユーザーID:9556081621

  • ウォーターシップダウンのうさぎたち

    物語は20歳代くらいまでに出会ったものが伴侶となるかもしれません。そのあとは生活に追われることも多く、読めなくなってくるし。

    HNが示すように勿論ダントツに「指輪」、それから王道の「ゲド」を(ゲドは日本で損をしてますよね。シリーズも各巻も翻訳タイトルがよくない-本文を読む前からキーアイテムがわかってしまうのは、つまらないです-し、不思議な映画化をされたし)。

    せっかく語る場を頂けたので、「ウォーターシップダウン」を挙げます。教条主義も宗教も苦手な私なのに、この構成にはどっぷりハマりました。自分がうさぎになって走れます。視覚情報は不要で、言葉から紡ぎだされる世界でうさぎになります。いくつになっても、何度読みなおしても。

    皆様が挙げられた中で読んでみたいのが、「闇」シリーズと「ライラ」です。今年こそは…

    ユーザーID:4045749207

  • コロポックル〜!

    ファンタジー、ベスト3とか選べるほど読んでないのですが、私も佐藤さとるさんの「コロポックル」シリーズが大好きです。
    私は今年30歳に突入しましたが、今でも大好きで時々読んでしまいます。
    私も絶対コロポックルの味方になるのにな〜と思ってます!

    ユーザーID:6504719965

  • ムアコック

    1 エルリックサーガ
    マイクル・ムアコックの永遠の戦士シリーズの一つ。
    初版の表紙に惹かれ(天野喜孝氏)買って、内容も好みでした。
    苦悩しまくるヒーローに苦笑するやら、ハラハラするやら。
    最後がもの悲しいのです(初期シリーズは)。

    2 紅衣の公子コルムシリーズ
    これもムアコックの永遠の戦士の一面。
    種族最後の生き残りとなったコルムの冒険譚。
    これまた最後がウルトラ悲惨。

    3 妖女サイベルの呼び声
    マキリップのモイデル山に動物と一人住む魔女の話。
    サイベルは動物と会話をし、ある物を呼ぼうとしているがなかなか捕まらない。そんな中、山へ下り人と交わりを持つようになった彼女の成長物語というか。
    しばらく読み返していないので、虚覚えですが、これはとても面白かったです。

    後、指輪物語も面白かったと記憶してます。
    タニス・リー、ジョイン・ヨーレンの作品も好きでした。
    最近のは新しいのをとんと読まなくなってしまい、分かりませんね。
    SFも含めたら、アン・マキャフリィの「クリスタル・シンガー」も
    好きです。

    外国ものは翻訳が悪いと悲惨です。

    ユーザーID:2414355946

  • いまいちマイナー?

    1.ブラッドリー アヴァロンの霧
    2.須賀しのぶ 流血女神伝
    3.長野まゆみ 三日月少年漂流記

    1.高校生の頃読んで泣きました。アーサー王物なのですが、最初にこれを読んでしまったため、アーサー王に対するイメージが歪んでいます(笑)

    2.最近完結した物語です。コバルト文庫とは思えないヒロインが良いです。

    3.冬に読み返したい1作です。少年達がとても鮮やかです。

    何か嗜好が見事にバラバラです。

    ユーザーID:3148225644

  • わたしのベストスリー

    1.闇の左手(ル・グィン)
    2.九年目の魔法 (ダイアナ・ウィン ジョーンズ)
    3.12国記シリーズ(小野 不由美)

    闇の左手は「SF」というくくりにされるのかもしれませんが・・・。
    ファンタジー小説としてもおすすめしたい大好きな一冊です。

    ユーザーID:0916511194

  • やっぱり子供のころに夢中だったもの。

    1.ナルニア国シリーズ
    2.指輪物語
    3.ロザンドの木馬

    時点で、S.クーパーの「闇の戦い」とブリデイン物語。
    「闇の闘い」はもうすでに映画化が決まっているようです。ファンタジーブームの昨今、ブリデインも遠からず映画になるのでは。
    ゲドも、なんだか中途半端な映像化がされましたので、きちんと指輪みたいな映画にしてほしいです。

    ユーザーID:9988305154

  • 学生のころのベスト3

    1.プリデイン物語
    2.白馬の王子
    3.グインサーガ

    レス一番乗りのアリア様が「プリデイン」を挙げていて驚きです。
    私の周りの人、誰に聞いても知らないので・・・
    つい自分も一票入れてしまいました。
    わたしは、古本屋で見つけて一巻だけ持っています。
    でも、意外にもディズニーアニメにされ、今は無きシンデレラ城ミステリーツアーの原作(?)にもなっていたんですよ!
    も〜、無残なまでに滅多切りの映画ではあるのですが。
    はじめビデオ見たときは気づかなかったよ〜ランド行ったときもにてるなって思ったけどまさかと思ったよ〜(泣)
    ディズニー関連ホムペで原作者名を見つけたときは愕然としました。


    ちなみに最近のベスト3は
    1.守人シリーズ(最近外伝がでたね!)
    2.指輪物語(重厚さが他を圧倒してる)
    3.リンの谷のローワン(軽くて読みやすい、息子に読ませたい!)
    ですかね…最近読んだ順かも。

    ユーザーID:1050064015

  • ファンタジーというよりSFかしら

    「ダーコーヴァー年代記」
    「パーンの竜騎士」シリーズ
    あえて言うならSFファンタジーでしょうか。私に夢を与えてくれた物語です。
    あと、最近ではライトノベルですが「デルフィニア戦記」「十二国紀」にはまりました^^;

    ユーザーID:7694671063

  • 決められませ〜ん!

    なんて、難しいトピック!
    そんな中悩んだ結果、1番は「メアリーポピンズシリーズ」
    小学生の時にディズニーの映画で見て、はまりました。
    はまりましたとも、英米児童文学に!
    なので2番は「ゲド戦記」で3番は「ナルニア」です。
    実は指輪は、老後の楽しみにしようと小学生のうちから我慢していたのに、(素晴らしい本の装丁にやられました)
    映画になってしまいましたね。見てませんが。

    他にも、闇の戦いシリーズ・グリーン・ノウシリーズ・ミスビアンカとか大好きでしたが、「トムは真夜中の庭で」もお薦めです。
    書ききれませんが、幸せなことに学校司書をしているので他の本は子どもたちにお薦めしています。
    みなさまの子ども時代の素晴らしい読書体験をもっと教えてくださーい。

    ユーザーID:6346809407

レス求!トピ一覧