金魚を連れて海外へ?

レス13
(トピ主4
お気に入り14

旅行・国内外の地域情報

ママ困るわ

主人がアメリカへ転勤になる可能性が出てきました。
家族で引っ越すことになりそうです。

その場合、「金魚」を連れていくのは現実的でしょうか?

別に高級でもなんでもない、お祭の金魚すくいでもらってきた、なんの変哲もない和金4匹。
ですが、5年越しの付き合いなので愛着もあり実家や義母に世話を頼むのも申し訳ないし。

たぶん最終的には子どものお友達の中から飼ってくれる人を探すことになると思いますが、ひょっとして小町の皆様なら何かよい情報をお持ちかも知れない・・・と思ってトピを立ててみました。

アドバイス頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2948303520

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 検索してみました〜

    “海外引越し 熱帯魚”で検索してみました。
    (とりあえず魚類系で より引っかかり易いかな?と思ったので・・・)

    結果、大丈夫っぽいですよ! 

    ある海外引越し専門業者のサイトには、

    『犬・猫・小鳥・熱帯魚・その他のペットも、是非ご相談下さい』
    とありますので、相談しましょう!

    1家族の一員としてアメリカに連れて行く

    ・引越し業者 数社に電話・メール等で相談・見積もり依頼
    ・コンテナに積むわけにいかないと思うので、輸送手段の確認
    ・相手国(アメリカ)の検疫について調べる

    2一緒に連れて行く事を断念

    ・ご実家・義理親宅・子供の友人宅 の順に引き取り依頼
    (この方がスムーズに一時帰国の際に金魚ちゃんに会えると思います)


    うまくいくと良いですね!

    ユーザーID:3922488091

  • 夏休みの宿題の研究テーマとして、できるかぎり、調べる

    お子さんは、おいくつですか?

    引っ越しがいつか分かりませんが、金魚を、連れて行けるものかどうか、調べるだけ、調べればいいじゃないですか。
    アメリカ生活への、心構えにもなるし、小学校高学年以上なら、自分で考えるのも案外面白いでしょうし、良い社会経験になります。

    まず、検疫、通関あたりかな。
    そして、実際の輸送方法は、航空会社。
    費用と手間を考えて、連れて行くか、人にゆずるか、考えれば良いと思います。

    必死に調べたあげく、引っ越し見積もりのときに、海外引っ越し業者のパンフレットを見たら、書いてあったりしてね。

    普通の金魚でも、命は命、5年も飼ったら、情が移りますよね。
    うまく、長生きしてくれるといいですね。

    ユーザーID:8166691180

  • 可能です。

    州によって法が違うので要注意ですが、Googleで「州名 live fish import」とか、「pet travel」とかひたすら検索すると、該当情報が出てくるはずです。金魚だと場合によってはあらかじめ輸入許可証を申請する必要があります。

    ただ輸送にはかなりお金がかかります。エアラインによっては預け荷物でも可能(当然専用の梱包が必要ですが)ですが、ダメな場合もあります。専門業者に見積もってもらったことがありますが、15万と試算されました。自分で手続きをすべてやれば、おそらく5万くらいに収まるとは思いますが。

    ただ「アメリカ駐在」レベルですと数年で日本に戻って来ることがほとんどになるので、日本に戻る方が大変です。現在金魚ですと、日本入国には出発地発行の輸出許可証と日本の輸入許可が必要なはずです。詳しくは日本の入国管理局にお問い合わせください。非常に親切です。

    もし数年で帰国予定がある場合、金魚を連れての引越しはあまりオススメできません。十数年単位か永住の場合のみ考慮すべきでしょう。

    私もカナダに永住予定ですが、熱帯魚を引き連れていこうか考え中です。

    ユーザーID:9912200870

  • 動物検疫、手荷物扱いについて

    先ずアメリカ合衆国へは基本的に動植物、肉類の持ち込みは禁止です。
    犬・猫などは動物検疫を受け入国することは可能ですが、金魚は・・・?です。
    また、航空運送約款上、動物(金魚も含まれます。)を預ける場合専用の
    ケースに入れ、酸素を供給する等生存に必要な装置を付け、水漏れなどが絶対に起きない様完全装備をした上で預ける事になります。
    この場合手荷物扱いとはならず、有償貨物扱いとなりますので運賃もそれなりにかかると思います。
    元々ダメ元でのご質問とは思いますが、アメリカへ移送するのは現実的ではありません。
     どなたかに預けるしかないでしょう!と思います。

    ユーザーID:8591504565

  • 基本中の基本ですが

    まずはじめに相手国が金魚の持込を許可しているのか、許可している場合はどういった手続きが必要かを調べてください。
    UADAの検疫サイトに行けば詳しく書いてあります。

    アメリカでは英語ができないと生活が不便です。
    今から英語に慣れましょう。

    ユーザーID:8575843616

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • つれてってあげて欲しい!!

    ペットを連れて行けるかどうかは航空会社などに問い合わせするしかないと思います。
    最近はだいぶペットも一緒に飛行機に乗れるようになってきているみたいだし、何かしら方法はあると思います。
    金魚のほうもいきなり知らない人に飼われるよりつれてってあげたほうがいいんじゃないかな。

    ユーザーID:7054206756

  • うちの金魚

    オーストラリアから3年カナダに転勤した時またオーストラリアに帰国するので家族の一員として飼うような動物(いぬ、猫等)は海外で飼えないので、金魚を飼いました。当時検疫のため海外からオーストラリアに持って帰る動物は6ヶ月も隔離される状態でした。今ではこの法律はもっと緩和され、数週間になりました。帰国する時近所の人で既に金魚を飼っており、金魚についてよく知っており、生き物に対し優しくしてくれる夫婦に水槽ごと貰ってもらいました。

    8匹飼っていました。魚だからと軽く思う人がいるかもしれませんが、私は12年飼っていた金魚が死んだ時は初めて泣きました。12歳の子供を失ったような感じでしたよ。メルボルンに帰ってから、動物愛護協会の手で救われた猫も飼っていますが、水槽に8匹ほど金魚を飼っています。大抵10年近く生きているので、しなれると悲しくてお葬式をしています。お葬式といっても庭の木下に埋めるだけなのですが、時々埋めた金魚を鳥が掘って食べていますが、これも輪廻と言う感じでしょうか。去年は金魚の一匹が腫脹に悩まされ、安楽死させました。悲しかったですよ。

    ユーザーID:6441718932

  • 涙をのんで

    今回はかわいい金魚さんを連れていくのを断念されたらいかがでしょうか。

    我が家は2回の海外転勤の際、2度ともモルモットを飼っていました。2度とも、どうしても連れて行きたいと、相手国の検疫その他の手続き、航空会社への問い合わせや手配など、必死になりました。(赴任国に飛んでいる航空会社はただでさえ限られていた上、モルモットはげっ歯類のため、航空会社に断られることが多いのです)

    最初の子は、一緒に行き、連れて帰ることもできましたが、モルモットの平均寿命は6年というのに、4年余りで失ってしまいました。次の子は、赴任国から連れ帰ることができませんでした。(3歳足らずでした)

    一生懸命世話してかわいがっていたつもりです。ただ、後悔するのは、あんな小さな体に、何時間も飛行機に乗る、という体験は、さぞや辛かったのではないか、ということです。10時間のフライトは、人間なら5日間乗りっぱなしということですよね。長生きできなかった理由の一つなのではないかと思うのです。

    ちなみに金魚は実家に預けました。父が可愛がり、大きくなりました。10数歳で死んだ時は泣いていました。

    ユーザーID:0068851376

  • 心配ですね

    魚はけっこうストレスに弱いので、輸送に耐えられるかも心配ですね。
    向こうに行ったらこれまでとは水も変わってしまうし。
    うちの鯉も、池掃除しただけで死んでしまった子達も居ますもの。
    日本で飼ってくださる方を探したほうがストレスは少ないのではないでしょうか。

    ユーザーID:0048532124

  • 皆様ありがとうございます

    急に持ち上がった転勤話に動揺し、頭の整理もしないまま立ち上げた私のトピに、こんなに多くの皆様がレスをつけてくださり感謝しております。

    ヒグラシカナカナ様
    確かにお別れを経験することも大切かも知れません。金魚に関しては私が重点的に世話をしてきたので、子どもたちよりも私の問題かも知れません・・・

    オハイオ在住様
    わざわざ検索してくださり感激です。海外引越し業者に問い合わせることは思いつきませんでした。また「一時帰国のときに会える」ことを考慮した引き取り先も、納得です。

    ぽち様
    子どもたちに調べさせるのは、確かに心構えにもなるしいいテーマかも知れません。よぉし、夏休み中「ひま〜〜〜」攻撃は、させないぞ!!

    続きます。

    ユーザーID:2948303520

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます 2

    続きです。

    結婚5年目様
    州によって法律が異なるあたり、日本とは随分違うのですね。5万〜15万円の費用に加え、日本に連れて帰るのがまた大変となると・・・う〜ん、やっぱり3年くらいの任期なら預けたほうがいいかも知れませんね。
    カナダに永住のご予定とのこと、熱帯魚となるとまた金魚などとは桁違いのお世話の大変さや愛着があるかと思います。万事うまく行きますようお祈りしております。

    star747様
    たいへん詳しく教えていただきありがとうございます。専用のケース、酸素供給の装置、絶対に水漏れの起こらないような装備・・・たとえ相手国側が受け入れOKでも、これを考えると確かに現実的ではなさそうです。

    在米様
    ほんとうにご指摘のとおり、英語での生活になるわけですものね。行く前からこのような状態では、先が思いやられます・・・主人の足を引っ張らないよう、心してかかりたいと思います。

    続きます。

    ユーザーID:2948303520

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます 3

    続きです。

    アナスタシア様
    まさにその気持ちで、「私と同じように世話ができる人が、いるわけがない!」と思ってしまっているのです。しかし他の方々も書いておられるように、どうも現実的ではなさそうで・・・3年のガマン、と思って、実家に相談してみようかな・・・と思い始めています。

    fezzo様
    12年も飼っておられたのですね。本当に上手に育ててもらって、幸せな金魚ちゃんでしたね。また、8匹を10年以上なんて、素晴らしいです。本当に、魚といえど、愛着が沸きますよね。今回も一番よい方法を考えたいと思います。

    これについては匿名様
    可愛いモルモットちゃんたちの悲しい思い出を話してくださり、申し訳なさと感謝で一杯です。飼い主の思いが、必ずしもペットの健康と一致しないということですね。難しい問題です。でもこれについては匿名様に愛され懸命のお世話をしてもらったモルモットちゃんたちは、やっぱり幸せだったと思います。お父様に可愛がられて10年以上も生きた金魚ちゃんたちも。

    皆様こんな私と一緒に考えてくださり、ほんとうにありがとうございました。

    ユーザーID:2948303520

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • ありがとうございます

    金魚かわいいですよね様
    レス拝読して、何かのテレビ番組で、イカを生きたまま輸送するために特殊なパックに入れていたのを思い出しました。金魚にとっても輸送がストレスになるかも知れないことには、思い至りませんでした。また、水が変わる・・・確かにそうですね。鯉ちゃん達は残念でしたね。ご自宅のお池で鯉を飼っていらっしゃるなんて、憧れます。元気で長生きしますようにお祈りしております。

    ユーザーID:2948303520

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧