天職に就く方法

レス19
(トピ主1
お気に入り24

キャリア・職場

旅人

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お金があればいいのでは

    天職かどうか知りませんが、私は自分の夢を叶える事ができました。
    ただ、職に就く事はスタート地点だし、これからの人生が勝負です。

    ただ、トピ主さんは別に天職につかなくてもいいんじゃないでしょうか。
    世の中の多くの人は職業に自分を合わせているのだし、結果が出ればそれなりに楽しく過ごせます。

    仕事以外に人生を充実させる術を見出しましょう。

    ユーザーID:9281502346

  • 天職見つけました

    経理の仕事を20年やってます。
    最初は嫌いだったのですが、知識や経験が増えるにつれ、やりがいを感じるようになりました。

    今は人に教えることもできます。一方まだまだ知識不足な部分もたくさんあります。この年でも毎日勉強です。ですが、自分の天職だと思っています。

    私は、自分の仕事を多くの人から必要と思ってもらえるということが天職なのではないかと思います。
    たとえ歌が上手くても、聴いてくれる人がいなければ天職にはなりませんから。

    また、定年まで勤め上げること=天職ではないと思います。

    天職の見つけ方ですが、まずは同じ仕事を10年やってみることが、遠いようで近道だと思います。

    ユーザーID:2843035384

  • 好きなこと

    天職というほどではありませんが、自分が好きなことを仕事にできているので楽しいし、向上心もあり、日々勉強もしていて、それが苦になりません。もちろん仕事なので、好きじゃないこともたくさんしますが。

    やっぱり人間好きなこと、才能があることを仕事にできるのがその人の「天職」だと思います。誰にでも得意、不得意がありますよね。トピ主さんの得意なこと、好きなことはなんですか?まずそれをじっくり考えて、それをいかせる仕事が何かを見つける。いきなりその仕事につくのはおそらく無理だから、まずそれに近い仕事からアプローチし、経験を積む。

    若ければまずは勉強から始められますが、30代後半だと勉強だけしているわけにはいけませんよね。経験を積みながら勉強もする。こういう地道な努力が結局天職につく方法かな、と思います。

    ユーザーID:6483983351

  • やりたいことは何ですか

    天職を見つけるのは難しいですね。でも最低限天職は「自分のやりたいこと」なのだと思っていました。とはいえ、「やりたいこと」でも「やってみたら自分に向かないこと」ってありますよね。なので、「自分がやりたいこと」で「自分に合っていると思うこと」がわたしの中では「天職」と言うべき仕事です。わたしはこの条件の仕事を見つけました。「やりたい仕事」はいつも問題なく見つかりました。でも「自分に向いてる」と自分で思える仕事に行き当たるまで2回転職をしています。たとえ宝くじで3億円当たってもこの仕事は絶対に辞めません。とにかく「好き」で「やりたい」のです。

    トピ主さんの「やりたい仕事」は何ですか?もし特にないのなら、まずアルバイトでもいいからいろいろな仕事をして「何をやりたいか」を見極めるのが第一歩ではないでしょうか。ただし、やりたいことを探すより、「やりたい仕事に就く」ことの方が難しい場合がよくあります。頑張ってくださいね。早く「天職」に就けるといいですね。

    ユーザーID:8291732875

  • 地道に仕事を続けていればそれが天職になるのでは

    自分がコツコツやっている仕事を、
    自分が「天職」だと思ったとき、
    それが「天職」になるのだろうと思います。

    私も最初の会社を定年まで勤めたいと思ってましたが、
    旅人さんと同様の理由で30で転職。

    転職したいと人材銀行に履歴や実績を登録していたら
    1社からお呼びがかかっただけ。
    そこに転職して良いのかどうか死ぬほど悩みました。

    転職後も事ある毎に、転職して良かったのだろうかと、すごく悩みました。

    20年勤めて、今は良かったと思っているので、
    今の会社で定年まで勤まる見込みですが、
    本当にそうなるかどうかは神のみぞ知る。ってことで。

    定年まで勤めてしまえば、結果的に「定年まで勤められた仕事」と
    なるだけだと思っています。

    自分の仕事を「天職」と思っていませんが、自分の得意分野を
    回りにアピール出来ていれば、向こうから勝手に
    面白い仕事がやってくる(やらされる)と感じています。

    旅人さんも得意分野をアピールして、得意な仕事、
    興味のある仕事に就いてください。コツコツ仕事を
    重ねていけば、いつかはそれが天職になると思います。

    ユーザーID:7748637671

  • というか?

    天職じゃなくて自分が何に向いてるか・合ってるかですよね。
    本当にこれが天職だと言える人はほんの一握りだったりとか?

    自分を分析してみて下さい。何かが見えてきたりします。今までの履歴書を読み返してみてください。職務経歴書も重要です!
    それで前職を生かす仕事を探すか・まったく違う仕事を探すかでまた変わってきます。

    まったく違えば、経験が問われたりしますし、なければ自分のアピール材料を探さしてみたりする。

    後前職からなぜ他の仕事を選んだ(理由・動機)とか?
    方法は自分しか分からないかもしれません。
    本当に向いてるか・合ってるかじゃないでしょうか?

    良い方向にいけるといいですね。

    ユーザーID:2720652055

  • 夢を叶える為に

    トピ主さんの年齢なら、ご自分に向き不向きの仕事、って判りますよね。
    これまでされていた営業職は向いていた仕事ですか? 
    トピ主さんのやりたい仕事って何ですか?
    きっと、こんな仕事がしたい、って思い続けている何かがあるのではないでしょうか?
    口で言うほど簡単ではありませんが、適職とやりたい仕事が一致した時、天職に巡り合えたと言えるのではないでしょうか。

    私は高校生の時に憧れていた仕事に、随分と遠回りして辿り着く事ができました。
    今から10年前、30代前半の頃です。
    資格職でもあったので、猛勉強して取得しました。
    家族を養っていく為に働かないといけない、という点で、天職がトピ主さんにとってどうなのかわかりませんが、私も女性で世帯主、いわゆるシングルマザーです。
    同年代の男性サラリーマンとは比較にならない位、収入は低いと思いますが、家族3人で暮らしていくには充分です。
    贅沢は敵ですけど(笑)。

    頑張って天職を見つけて下さいね!

    ユーザーID:4256095158

  • 天職は定年までとは限らない

    「図々しい依頼」とご自分でおっしゃっているのですから、人に聞いてもどうしようもない、という事は分かっていらっしゃる様ですのでレスします。

    仕事は自ら面白みを見つけるものです。
    まず縁があった仕事にかじり付いてやる事。
    モチベーションは何でもいいのです。生活の為でも家族の為でも。
    どうしても逃げられない、そういう状況があれば尚いい。

    大体逃げる理由を見つけられるのは甘えです。
    甘えている人が天職に出会うのは無理です。
    それだけで定年までなんかあっと言う間です。
    本当は定年なんかないものを見つける事。
    それにはまず、今がむしゃらにならないと。

    主さんは天職を探すものだと思っている。それは傲慢です。
    巡り会った仕事を天職にする、それが人の人生というものです。

    ユーザーID:6143215553

  • 認識が甘いのでは?

    30代後半って転職は不可能ではないけれど、相当に難しいですよ。
    どんなスキルがあるのかは存じませんが、その年齢では管理職に就くことを求められます。

    天職云々よりも、再就職自体の心配をなさった方が良いような気がするんですけど…。
    退職してしまったのは仕方が無いですが、転職活動は基本的に在職中にするものです。

    過ぎた事を言ってばかりでも仕方が無いので。

    天職の見つけ方:
    ・何をしたいのか
    ・何ができるのか
    ・上の2点にどれほどの価値があるのか
    これを明確にすることです。後は企業にそれを売り込むだけです。
    (本当にこれができるのは一握りのエリート・エース級なんですけどね)

    普通は、自分が変わることで「今の仕事」が天職になっていくものかと思います。

    ユーザーID:9809574608

  • ぜひ、ご一読を

    「あなたの天職がわかる16の性格」
    主婦の友社
    ポール・D・ティーガー
    バーバラ・バロン

    私はこの中で「タイプ16」でした。
    まさに「この性格だ!」と思うところがあり、自分はどんな環境を求めているのか、どんな職種や環境が向いているのかよくわかりました。

    自分の子どもが就職するときに役に立つかもと思い、すぐ購入しました。
    ぜひご一読を!

    ユーザーID:3286525525

  • 10年も続いたなら

    どんな種類の営業をされていたんでしょうかね?。
    決まった顧客に対してのルート営業で無いなら、既に「売る」
    仕事が天職なんじゃ有りませんか?。
    もし、ルート営業であったとしても、毎日ある程度決まった
    作業を飽きずに繰り返す、そう言った種類の仕事なら何でも
    天職ではないのかなと思います。

    ある一つの仕事のみが天職と言う事ではないと思います。
    私の場合は、決して器用では有りませんがもの「造り」が
    好きで、気がついたら「造る」仕事を20年以上しています。
    「作る」でも「創る」でも有りません。
    転職は2回しましたし、会社の属する業種は違いますが、
    こうして続いているのは天職だからなのかなと思っています。

    ユーザーID:9875735999

  • 好きな仕事

    税理士やってます。天職だと思っています。
    大学卒業後公務員になりましたが嫌で嫌でたまりませんでした。
    条件はいいしいろいろな面で恵まれているのに続けることはできなかったんです。
    その後苦労して会計の勉強・税理士資格取得して現在に至ります。
    私が思うのは、天職はどこの会社に勤めるかではなく、何の仕事をするのかによる、ということです。

    事務仕事、人と接する仕事、アイデアを出す仕事、物を作る仕事、体を動かす仕事、など自分が何に喜びを感じるのかまず考えてみることが大切だと思います。
    子供の頃夢中になったことにそのヒントがあるとも言われます。

    好きな仕事に打ち込めるのであれば、会社の体質等がどうであれあまり気にならないものです。

    ユーザーID:5422367785

  • 職業訓練講座

    失業状態なら、ハローワークにも行かれますよね。
    そちらでさまざまな職業訓練講座の紹介をされていると思います。
    それらの講座を興味あるものもないものも、片っ端から受けてはどうでしょうか。
    そして多種多様の資格や検定試験を受けるんです。
    そこから自分にあう職業や業界を見付けて、片っ端から面接を受けるんです。

    ユーザーID:3846257853

  • 天職は探しても見つからない

    天職なんて探して見つかるモノではありません。

    それがとにかく好きで努力するのも努力なんて感じられず、探す前にすでに手を染めているようなもんです。

    生き甲斐のある仕事とか、定年まで勤められる仕事なら探しても出てくるような気がしますがー

    ユーザーID:7455441077

  • 天職はその時はわからないもの

    気づいたら10年20年続いていた、、ってのが天職かと思います。
    「あ〜私が今やってるのって天職だわ〜」と思いながらやるのって違うのでは?
    天職に就くなんて、やる前からわかれば誰も仕事辞めたりしないです。
    しかも「天職見つけました」と自分で言うこのではなく
    「あなたのやってることって天職ね」と人から言われるものではないでしょうか。

    ユーザーID:2040751423

  • 天職とは,自分が努力した後についてくる言葉

    自分の才能が最も生かせる職業についても,努力しなければ天職になりません。
    逆に,才能があまりない職業でも,一生懸命,時間を惜しんで努力すれば天職になります。

    たとえば,こういうことを10年間実行してみてください。その後に,それが天職かどうか分かります。
    同じ職場にいる人の2倍の時間仕事をしてみる。
    だんだん要領がつかめてくるので,他の人の2倍以上の仕事をこなしてみる。

    ただし,これを10年続けなければそれが天職かどうかは分かりません。

    ユーザーID:8831338754

  • 天職ねぇ

    自分でも 何が天職なのかわからないのでしょ?

    そのような状況では 天職となるべき素養が身に付いていないんですよ。

    経験や努力が不足しているのだと思います。

    何事もやってみないとわかりませんよ。

    ましてや 天職探してるんでしょ?

    今の状態で 天職が見つかると思いますかぁ?

    ユーザーID:1856967234

  • 勝手に思ってる

    自分の夢や目標×自分の好きな事=天職
    と思い込んで今の仕事始めました(笑)

    学生の頃からの夢だった職業に就き、毎日が有頂天。しかし、将来の展望が描けず退職願。
    退職時に会社の人全員にかなり驚かれました。たいそう輝いていたんでしょうかね。
    実際、あれが天職だったのか?と今でも思いますが、20年後、30年後の自分の人生を描いていなかったのが原因だったと思います。

    トピ主さんより少しだけ若いですが、この春、最期の職業を決めてその世界に飛び込みました。
    今度は10年20年30年後の自分の人生を描いて。今までに仕事の為に生きられない自分も分かったので、仕事とは別のなりたい自分を描きました。そしてそこから考えられる仕事を整理し、その中から自分の好きな事の世界を選び只今勉強中です。
    不安と期待と勇気と恐怖。計画し活動をしていた時は悩みました。が、始めてみると思っていた以上にワクワクしています。好きなことを選んだので苦にならないし、なにより1歩1歩前に進んでいる感じがたまらなく、嬉しいのです。
    なので勝手に自分でこれが天職と決めました!

    思ったもん勝ちです(笑)

    ユーザーID:1978651878

  • レスありがとうございます

    まなり様、くじら様、しゃむ様、かのや様、参考にさせていただきます。ピッピ様、まりあ様、仕事大好き様、チュン夫様、温かいレス感謝いたします。改めて世の中いろんな考えの人がいるなあと思いました。「図々しい依頼」との私のトピに対し「ということは人に聞いてもしょうがない事はわかっている」と理解不能なレスもあり驚きました。そもそも人に聞いてもしょうがない事ならこんなトピをたてるワケがありません。私は純粋に皆様の貴重なご意見頂戴致したい次第でございますというへりくだった表現をしただけです。仕事をするとはこの様に自分と合わない人間とも付き合いストレスを抱えながらやっていくものなのでしょうね。何はともあれ多くのレスありがとうございました。

    ユーザーID:2966402521

レス求!トピ一覧