通じる英語の発音を身につけたい

レス30
(トピ主1
お気に入り84

趣味・教育・教養

火曜日

北米に住んでもう10年経つのに、未だに私の言葉が通じない事が頻繁にあります。
英語が母国語でない人と話す経験の少ない人との間で、特にそうした事態が起こりやすいです。
落ち込むこともしばしばですが、発音に問題があると思うので、なんとかしなければならないと真剣に考えています。

通じる英語の発音を身につけるための学習の仕方、気をつける事、発音のコツなど、教えていただけませんでしょか。

ユーザーID:8115276458

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしごときがおこがましいですが

    英語圏に2年ほど住み、帰国後もおもてなしなどで英語圏の方とお話する機会が多かった時期があります。英会話と縁のなかったただの専業主婦のわたしにとってはまさにサバイバルの月日でした。
    英語ができない中でもなんとかお相手に聞き取りやすいようにと工夫しましたが、意外に役にたったのは、とある情報番組で見た、英語と日本語のトーンの違いでした。英語の方が周波数が低く、日本語は高いのだとか。そこで、自分のきんきん声を2トーンくらい抑えて英語を話してみたら、英語圏の方に格段に聞き取りやすいようでした。目からうろこでした。
    あと、発音は大人になってから完璧にと思っても無理なので、アクセントだけでも必死で身につけました。
    発音がいまいちでも、アクセントと声のトーンに気をつけると、通じることが多かったです。
    わたし程度のレベルのアドバイスがトピ主さんのお役に立つかどうか分かりませんが…。

    ユーザーID:9628276986

  • 発音というよりリズム?

    在米10年!の方の英語が通じないというのが
    驚きでもありますが、たった1年留学してただけの
    私がちょっと気づいたことを。

    めちゃくちゃ訛りのある外国人の英語でも、
    それなりに流暢なリズムで話せると、
    意外と通じていたりするなぁ、という印象です。
    発音というより、アクセントとかリズムとか
    そのへんに問題があるんではないでしょうか?

    たった1年の留学でしたが、ひたすらテレビや映画の
    英語をシャドウイングして真似しまくった私の英語は、
    「ほとんど訛りがない」と言ってもらえるレベルらしいです。
    発音に誤りはあるでしょうが、キモはリズムだと思ってます。

    ユーザーID:3276900341

  • 大きい声で

    小声で話していませんか? 通じるかどうかと不安な気持ちで話をしようとすると、自然に小声でボソボソッとしゃべるようになりませんか? すると相手は、物理的に聞き取れなかったために聞き返してきます。 そのため今度は自分が「ああ、やっぱり通じないんだ...」と勝手に勘違いして萎縮し、ますます小声になります。 この悪循環になっていることも考えられますよ。

    この場合の解決法は「大きい声ではっきりとしゃべる」ことです。 私の場合はこれに気が付いて、少々の発音の不明瞭さや文法の不正確さを恥ずかしがらずにはっきりしゃべるようにしたら、以前より格段に話が通じるようになりましたよ。

    その後、良く使われる言い回しなどは、録画したテレビなどのクローズド・キャプションを見ながら自分で口にしているうちに自然と身についてきました。 気に入った映画のDVDなどがあれば、ただぼんやりとではなく、会話に注意しながら何度も繰り返し見るといいかもしれませんよ。

    ユーザーID:3252040875

  • 小さな1歩、しかし、日本人にとって悪影響の大きな1歩

    英語を学ぶ上で(特に発音に関して)、“日本人にとっての最大の障害”の1つは小学校(?)で勉強するローマ字の学習だと考えております。A,I,U,E,O、Ka、Ki,Ku,Ke,Ko,・・・・。あれが、日本人が英語学習にとって悪い方向へ進んでしまう最初の一歩かな。

    ローマ字発音を忘れる。アクセントの位置に常に留意する。

    ユーザーID:2276700552

  • ぜひ音声学の先生のところへ

    個人が日頃気をつけることは、たくさん聞くこと。
    英語のラジオをやや小さめの音で(耳に悪いですから)一日中聞き続けることを半年も続けると、変化が感じられると思います。

    それから、ぜひ大学の音声学教室とコンタクトをとって、英語の発音矯正を専門にしている先生から有料のレッスンを組んでみてください。
    町の語学校に勤める先生のレベルでは駄目です。
    短期間で効果が上がります。

    ユーザーID:0727018263

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • わかる〜〜

    わたしは英国に住んで6年です。
    トピ主さんと同じような経験ありますよ〜。
    通じないというか、「は?」「もういっかい言って?」みたいなね。
    でも、そんなの日本語しゃべるもの同士だってあることだし
    逆にこっちが「は?」っていいたくなるときもあるわけだし
    あんまり気にしないようにしてます。

    ましてや英語を母国語としない人が相手だったら
    トピ主さんの発音だけが通じない理由だとは思えません。
    職場に英語を母国語としないスタッフがたくさんいるけど
    英語が母国語のスタッフと問題なく会話しているから英語が上手か?
    といったらそうでもなくて、とりあえず自分の言いたいことが伝わってる程度
    他人の言ってることはよくわかってないって感じの人もいますよ。

    ネイティブ相手だと、へぼい英語でも察してくれますからね〜。
    でも、どうしても発音をなんとかしたいというなら
    やっぱりネイティブのコピーでしょうねぇ。
    それだって土地によってアクセントがあるでしょうから
    100%の人に通じるかっていったら、そういうわけでもないだろうし。
    そんなに気にしなくていいんじゃないかと思いますよ。

    ユーザーID:9172255101

  • 米語はよく聞き取れません。

    私は、英語の学習は大学受験までで、その後は、特に勉強はしていませんが、他の研究、仕事、旅行に必要な程度の英語力はあります。TOEICは900前後なので、細かい不自由も気合で何とかなる感じです。

    しかし、最近、アメリカ人の彼氏ができたのですが、彼の言っている事が一度で聞き取れません。特に彼の発音が、訛っている訳でも無いようです。そして、私の言う事も一度で通じないのです。今まで、欧州人との遣り取りでは、全く問題なかったのにです。イギリスでは、発音を褒められました。

    やはり、欧州を旅行した時、別のアメリカ人が、「アメリカ英語は聞き取れない」と言われているのを見たことが何度もあるので、

    >英語が母国語でない人と話す経験の少ない人との間で、特にそうした事態が起こりやすいです。

    というのは、トピ主さんの英語がアメリカ英語だからでは、ないでしょうか?これは、何が悪いというわけではなくて、お互い慣れるしかないと思います。

    ユーザーID:5174491184

  • パーツパーツの問題かも

     トピの文章にあった、「英語が母国語でない人と話す経験の少ない人との間で、特にそうした事態が起こりやすい」という一節を手がかりに専門的な判断すると、おそらく、おそらくですが、単語レベルでの発音(特に子音の明瞭さ)とアクセントの位置が間違っているのではないかと思います。

     たしかに文単位のリズムやイントネーションの問題もありえますが、短期滞在者ならともかく10年生活者の場合、少々ハズしても通じるものです。たまたまかあるいは勉強してか発音がちゃんとしている人の多くが早い段階でぶつかるのがリズムやイントネーションの壁ですし、それが高いものなのは事実ですが、10年いらしていてなお悩むとなると、やはりパーツパーツで英語と認識されていなかった可能性があります。

     電子辞書で使う固有名詞を片っ端から引きなおし、発音とアクセントを確認してみてください。

     発音の仕方は、技術論ですからいっぺん習って鍛えれば身につきます。才能とかあまり関係ありません。ぜひ日常で英語を使うことに臆することなく、あわせてその使う英語の調べなおし・発音の習いなおしをしてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4048362831

  • なかなか上達しませんよね・・・

    失礼ですが,トピ主さんはお幾つですか?25歳も過ぎて日本を離れれば、何年いても発音はなかなかうまくなりませんよね。

    私も北米に20年近く住んでいますが、30すぎて日本を離れたせいか、いまだ発音には苦労しています。(発音だけじゃないですがー)周りをみても、発音のいい人はだいたい高校生以下か、せいぜい大学freshmanから勉強した人ですよね。でも、いつまでも年のせいにしては上達しないので、私のやった事は・・・

    *職場の仲間や友達に「発音や文法の間違いがあったら教えてね〜」と頼みました。向こうは矯正するのは失礼かもしれないと遠慮している事が多いですから、あえて頼み込みます。そして指摘された事は必ずノートします。テープ等を持って行って、録音させてもらった事もあります。

    *アダルトスクールなどで発音矯正のクラスをとる。外国人が多い都市でしたら、結構あると思います。まあ、クラスをとったからといってすぐには矯正されませんが、それでも同じ年月滞在している夫に較べると,気をつけているせいか私の発音のほうがいいと褒められます。

    ユーザーID:0549623750

  • スピーチセラピー

    私はアメリカで就職活動をするにあたり、発音を矯正したほうが
    いいといわれて、通っていた大学のスピーチセラピーの個別セッション
    を1セメスター受けました。大分変わりましたよー。せっかく北米に
    いるんだったら、スピーチセラピストはごろごろいますよ。試してみては?

    ユーザーID:7585529767

  • フォニックス

    私の場合なんですが、日本にいたころ英会話学校でフォニックス(Phonics)を勉強することを勧められました。

    フォニックスは基本的に子供向けのメソッドで、先生のあとに続いて「A is... a, a, apple」というような発音をただひたすら繰り返すやりかたで、当時大学生だった私にとっては子供たちに混じって授業を受けるのがけっこう恥ずかしかったんですが、家でテープを聴きながら練習したりと日々がんばった結果、かなり発音が良くなりました。

    アマゾンなどで教材を買えるので(フォニックスは英語圏の子供も国語の教材として使うのでカナダやアメリカのサイトでも買えます)試してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1299117485

  • わかります!

    私も以前アメリカに留学していたときに、なかなか英語が通じず苦労しました。しかもまわりに全く日本人がいなかったので、しゃべれない事自体にイライラしましたよ〜!
    …というのはおいといて、

    私が気をつけたのはアクセントと英語をつづり通りに読む、という事です。
    基本的なアルファベット自体の発音、口の形や舌の位置等を覚え、単語をその通りに発声するように気をつけました。
    ネイティブが言った単語を、聞いたまま聞こえた通りに言っても「違う!」と言われるので
    そういう時はその単語のつづりを聞き、その通りに発声してみると結構良かったです。
    日本語でも使う英語は意外とアクセントの位置が違って通じなかったのです。

    ユーザーID:4350344604

  • 発音矯正

    私は英語の発音矯正スクールに通いました。

    Hummingbird methodってご存知ですか?
    ネイティブの発音の真似をしようとしても、私たちにはどうやったらその音を自分の口から出せるのか分かりませんよね? 英会話はネイティブに習えても、発音はネイティブの彼らも自分たちがどうやってそのように発音しているかを言葉で説明するのは難しいようです。

    ハミングバードメソッドはアメリカで日本人の為に開発された学習法です。基本の口の形8種類と舌の位置8ヶ所があり、これらをどのように組み合わせればどの音が出せるかを学びます。この音を出すには、口の形は○○形、舌は××ポジションの組み合わせで、といった具合です。

    英会話ではないので、最初はひたすらアーとかウーとか発声練習のような感じでつまらなかったです。ある程度したら単語の発音、短いフレーズ、長めの文章へと進んでいきます。文章になってくるとアクセントや流れを意識したり、つながる音や消える音の法則のようなものも習います。

    自分の口から綺麗な発音が出るようになってからの方が勉強していて楽しかったですね。

    続きます。

    ユーザーID:1249264166

  • 発音矯正 2

    私はスクールで100時間以上受講しました。

    もうそろそろ自分でも学習できるかな?と思っていたところ、ちょうど7月でスクールが閉鎖となりました。大元の会社が英会話業界から撤退したようです(倒産ではない)。別の会社が引き継いだので、興味のある方は学べるはずです。

    「ハミングバード英語学院」で検索すると今ならまだHPが残っていますので(いつまであるか分かりませんが)、そこにこのメソッドについて詳しく載っています。

    私はテキストやDVDも購入したので、あとは自分で学習を続けるつもりです。初めは多少の投資とツライ訓練が必要ですが、ある程度やったので耳と身体が音を覚えたと思います。大げさではなく最初の頃は練習で口が筋肉痛になったんですよ。

    良かったことは、発音だけでなくリスニングも大幅にアップしたこと。微妙な音の違いが聞き分けられるようになりました。

    悪かったことは、私の場合は英会話力がそれほどでもないのに、私の発音だけを聞いたネイティブにかなり英語が出来ると勘違いされて、すごい勢いで話しかけられるくらいでしょうか。ちょっと長く話せばすぐにバレますけどね。

    ユーザーID:1249264166

  • 発音矯正 3

    長くなってすみません。

    私の場合は日本で日本人の講師に日本語で習うことが出来て良かったと思っています。子供のうちならネイティブの発音を耳で覚えることが出来るかも知れませんが、私のようにコテコテの日本語英語を長く使ってきた者には、この方法が合っていたと思うんです。まさに大人の為の発音矯正です。逆にこの学習法は子供にはつまらないかもしれませんね。

    トピ主さんが北米のどの地域にお住まいか分かりませんが、もともとアメリカで生まれたメソッドなので、スクールは無理でもテキストやDVDはアメリカでも手に入れることが出来ると思います。以前はアメリカに住む日本人の為にアメリカのどこかにもスクールがあったと聞いたような気もするのですが、今もあるのかどこにあるのかは分かりません。

    トピ主さんがおいくつの方なのか分かりませんが、学習法によってはいくつになっても矯正は可能だと思いますよ。私が学習を始めたのは30代半ば、スクールには60〜70代でネイティブもビックリの綺麗な発音の生徒さんもいましたから。

    お互いに頑張りましょう。

    ユーザーID:1249264166

  • 練習のみです

    話すときに、一言一言を意識して話していますか?

    例えば、L、R、A、U、Oなどの音です。日本人が下手なのはこの音だと思います。例えば、Workを「ウォーク」と発音したらWalkと勘違いされます。RightとLightも日本人が発音したら一緒に聞こえて混乱を招きます。後、Uの音も口を半分開けて「ウー」と「アー」を一緒に発音した感じですから日本人には馴染みのない音です。

    私は、子供が最初に学校で習う発音を子供と一緒にやってかなりネイティブに近い発音になりました。ゆっくりと正確な音でしゃべれば必ず通じると思いますよ。

    ユーザーID:4207716509

  • お手軽にDVDで

    お手軽な方法としては、DVDで好きな俳優の映画の台詞を
    聞いたとおりに直後に発音を何回も練習してみるという方法です。

    それを数回繰り返した後、英語の字幕を出して、
    英語の字幕を見ながら、声に出してまた読み上げます。

    口の形なども見れますし、リズム感もつかめます。
    苦手なところも反復練習ができ、慣れ易いと思います。
    自然な言い回しも覚えれますし。
    喋れるスピードの英語はほぼ100%は聞けるとも言われているので
    リスニングの力も上がって、一石二鳥以上と思います。

    ただし、俳優さんの出身地の英語のクセも身につきますが。。。

    ちなみに、この方法はネイティブの先生に教わったやり方です。

    ユーザーID:8831673657

  • 発音よりもアクセント

    私は発音は下手ですが、誰に会っても「訛りがない」と言われます。
    元々、日本でも転勤族で各地の方言(アクセント)に慣れていたおかげのようです。
    同じ日本語でも地方にいけば分からないってことよくありますしね。

    英語が母国語でない人は、その人がどの英語を話しているかも関係してきますよね。
    トピ主さんのせいじゃなく、慣れだと思いますよ。
    私もテレビでよく耳にする英語や米語、語学学校でよく会うアジア系やヨーロッパ系の人が話す英語は覚えましたが、このまえ初めてアイルランドの人に会ったらさっぱり分かりませんでした。

    日本人の発音で気をつけたいのはB/V, F, R/Lですが、これぐらいは多少間違えてもそんなに通じない場面ってないと思います。

    ユーザーID:7323465191

  • わかります!

     在米3年です。10年もいらっしゃる大先輩がお悩みということは、私のような初歩段階を通り越して、ある程度は形ができて会話には困らない生活をしているからこそ、たまに発生するささやかなすれ違いが納得いかない、というような、1歩上のレベルの問題なのですよね。
     私はまだ初歩の段階で手こずってばかりで毎日落ち込みますが、発音って本当に大事なんだなあと、暮らせば暮らすほど実感しています。小学生も知ってるような単語なのに、発音が違うばかりに通じない。決して習ってこなかった言い回しばかりポンポン飛び交うわ、喋りが早いわ、で、聞き取るのも精一杯。
     そんな私から大先輩のトピ主さんに何もアドバイスは出来ません。それなのに出てきてすみません。でも一緒に頑張っている人がいると知って嬉しかったです。

    ユーザーID:7759965351

  • 発音よりも全体のイントネーション

    昔テレビで見ましたが 外国の人たちに 発音を一つずつ区切ってはっきり話す英文と 発音よりも全体のトーンやイントネーションを英語風にスムーズに話す英文を聞かせたところ 全体のトーンを英語風にした文の方が 聞き取りやすいとの意見が殆どでした。
    日本人は律儀に全部の発音をきちんと和製英語で発音するために 逆に伝わりにくいみたいです。

    「ホワット イズ ユア ネイム?」と言うよりも
    「ワッチャネイン?」(ネイムでは通じないらしいです)
    と語尾をきちんと発音しない方が 相手は聞きやすいとの事。

    おそらくあまりにもハッキリと発音しすぎて かえって日本語風の英語になってしまっているのでは??

    ユーザーID:5702108726

  • 「言葉の学習は発音練習からが基本」

    英語ではありませんが、あるヨーロッパ言語の勉強をしています。
    現地のサマースクールに行くと、半分が文法や会話の授業、もう半分が発音の授業(アルファベット、単語、文の発音、リズム、抑揚)です。
    50:50の比重だったのでちょっと驚きました。(7:3で発音が3割くらい?と想像していたので)

    理由は「いくら勉強しても発音が間違っていれば通じない。余計なことを勉強する前に発音を覚えることが大事」というもの。
    その国の言語教育カリキュラムは、コース主催者が変わっても基本的に同じです。

    私の義務教育の英語授業を思い出して、そんなレッスンあったかな?と思います。教科書を皆で読むのは発音練習ではないですし。(日本人の先生による新出単語の発音練習くらいはあった)
    トピ主さんの学習状況や現在の日本の英語教育の状況を知りませんが、日本ではこのフォネティックス、それほど重要視されていない気がします。

    ・・・と話が遠回りしていますが、フォネティックスの勉強をされてはいかがですか?
    子供から大人むけまで教材やレッスンは多数あります。

    ユーザーID:9403220063

  • ありがとうございます!

    ご返事が遅くなり、申し訳ありません。
    具体的な発音の練習の方法や、スピーチセラピーや各種のメソッドなどの情報等、貴重なアドバイスを頂き、ありがとうございました。

    私がアメリカに来たのは30代半ばで、現在住んでいるのは南部の中都市です。
    とりあえず日常会話はしゃべる事ができるのですが、きっとカタカナ英語なのでしょう、どこまでわかってもらっているのか。。。
    実は先月、ティッシュペーパーはどこにおいてあるのかお店で聞いたところ、それが通じず立ち往生してしまいました。
    仕方なく、「クリネックスは?」と聞くと、「あぁ、『ティッシュペーパー』と言っていたのねぇ〜」との返事。トホホ。。
    この経験から、このままでは、もし万が一事故や病気で入院する事になった場合、言葉が通じなくては大変な事になる!と、気がついた次第です。

    教えていただいた練習のコツなどこれから日常生活に取り入れ、またセラピー、メソッドなど地元でアクセスできるか調べてみます。

    また、引き続き、アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:8115276458

  • 考えすぎかも

    大学で英語音声学をとっています。でも難しい理論を言う前に、このようなことは、日本語でも日常起こっています。地方から上京した人の発音が聞き取りにくかった経験もあります。ましてや英語を母国語としない人たちの発音は、彼らの母国語の影響を強く受けているはずですから、聞き取りにくいことがあっても不思議ではないとおもいます。私は英国の容認発音で訓練を受けてきましたが、コックニーとかウェールズ訛りは聞き取れません。これ英語?という感じです。発音に磨きをかけるのは、シャドーイングの練習だと思います。

    ユーザーID:5909636054

  • やっぱり母音が大切

    こんにちは。私自身16歳で親の転勤で渡米し、いきなり現地校に入れられて死ぬ思いで英語を学んだ経験がありますので、発音が通じない辛さ、とてもよくわかります。私がある日気づいて衝撃的だったのが、英語には母音が12個あるということです。私の頭の中ではローマ字のa,i,u,e,oの5つの母音しかなく、よってこの5つの母音だけを使って発音していました。例えばlaw。Oの発音で、ローと発音するのでは、通じないのですよね。straw然り。Wolfも、Owlも、5つの母音では表現できない単語はいくらでもありますよね。あと、ローマ字読みのもう一つの弊害は、単語を母音でくぎって発音してしまう所にあると思います。例えばfamily。日本人ならファ・ミ・リーと理解しますよね。でも、Nativeは、ファム・アリーで理解し、発音する。この、ローマ字的区切りが、我々日本人の発音を非常に難しくしていると気づいてからは、いい憎い単語は、英語の辞書で引いて区切りを確認し、別々に発音して最後にそれをつなげる、という練習もよくしました。12個の母音を区別し、区切りを意識するようになってから、発音は飛躍的に良くなりました。

    ユーザーID:8926731320

  • 私もハミングバードへ通いました

    ハチドリさんがご推薦の「ハミングバード」を、私もお勧めします。

    一般の発音教本だけでは、決して理解できなかった事を沢山学び、現在でも財産です。私は、50時間でしたが、発音記号もマスターできたので、一生ものだと思います。

    以前、会社員だった頃、海外の方々と会う機会があり、ハミングバードで習ったとおりの発音で挨拶したところ、英語ペラペラと勘違いされました。やたら速いスピードで話しかけられ、困ってしまいましたが。。。



     

    ユーザーID:4457272682

  • 発音の問題ではないかも?

    ティッシュペーパーのエピソードを拝見して思ったのですが、単語の選択が違うということは考えられませんか?アメリカでは鼻をかむときの紙を「ティッシュペーパー」と言う事はあまりなくて、ストレートに「クリネックス」と言う事のほうが多いと思います。(敢えて発音を指摘するなら、ティッシュではなくティシューのほうが英語の発音に近いです。もしそう発音されていたのでしたら的外れで申し訳ありません。)

    そういった日常の単語の選択が一般に理解されるものと異なっているということはないでしょうか?あるいは、発音より文法ということはありませんか?ノンネイティブの英語を聞き慣れてない人たちには、ちょっとした文法の間違いも「意味不明」になることはあります。慣れてる人たちは「察して」くれるんですけどね。

    ちょっとだけアングルを変えて振り返ってみてもいいかもしれませんよ。

    ユーザーID:4234264431

  • でも・・・

    皆さん、発音をどうするこうすると言っておられますが、自分の意見は違います。
    トピ主さんのレスを読んで思うのですが、あなたの問題は発音のよしあしではなくて語彙そのものなのではないでしょうか。
    発音がどうこうではなく、英語的な勘所というかセンスのほうがむしろ足りないという気がしました。
    英語圏、それもアメリカに住んでいる人で(しかも10年在米で)「Kleenex」ではなく「ティッシュペーパー」という語彙が先に口をついてしまうところ、こちらのほうが発音よりも問題ではないかと思います。

    どうも日本人は、発音をネイティヴに近づけることばかりを意識するあまり、そちらに固執すればするほど肝心のしゃべる内容や相手に伝えたいことが空回りしているなぁといつも思います。
    例を出せばインド人や中国人の英語のすごいこと。
    発音はめちゃくちゃなのに、相手に対してわかってもらいたいこと、自分がやってほしいことが必ず伝わっています、それは強引なくらいに。

    こだわるツボが違いますね。

    ユーザーID:5553339213

  • 発音に原因があるのが明らかであれば、

    音声学を勉強してみるといいです。10年も北米に住まれているのなら、ほぼ問題なく生活されているんだろうなあ、なんてのは勝手な私の思い込みなのでしょうか。私は1週間程度の海外旅行しか行ったことがないのですが、アメリカ人の人から「まるでアメリカ人みたい!」とよく言われます。決して英語が得意ではありません。

    むしろ多くの日本人にありがちな、英語コンプレックスの人間です。発音だけはアメリカ人並みなので、通訳を頼まれたり、英語を教えてほしいとしばしば頼まれます。なぜ、日本にいながら、地方の3流短大卒の私が、発音だけはいいのか。それは短大のときに、アメリカ人の先生から音声学を学んだからです。

    先生の口の動きをモニターで確認し、文字と音との関連性を、これでもかっというくらい学びました。知識としてだけでなく、しつこいくらい口に出して、体に(口に)しみこませました。発音の仕組みがわかると、あら不思議、聞くことも簡単になりました。

    それまで「ペラペラ」にしか聞こえなかった洋画やニュースが、断然聞き取れるようになったのです。でも、あんまり神経質になることないと思います。お互い違う文化・環境で育った人間ですから。

    ユーザーID:9746591633

  • とにかく練習しましょう

    在米14年目です。英語の発音は、ネイティブ並みにあります。ただ、私の場合、小さい頃からピアノなどを学んでいたことで、耳がいいんです。それから、耳から聞いた音を、口からきちんとした音声で出す練習をしたことがいかされて、それで、現在、アメリカ人と間違えられるくらい発音はいいんだと思います。とにかく、発音をよくするには、きちんとした発音をきけるかどうか耳がよくないと難しいですし、また、それを口からだせるかどうか、これは、特に、自然にできないひとには練習することでなんとかなることがあります。後、ただ、単語の発音を練習するだけでなく、文章の間で使われる単語の発音の仕方の違い、それから、イントネーション、リズム、これも練習する必要があります。それから、どの発音の時に、舌が口のどこに当たるのか、これも、鏡の前で練習してみてください。後は、自分の英語を録音しながら練習するのもいいです。アメリカでも、音声学の本、それから、音韻論の本がありますので、参考にされるといいと思います。

    (アメリカで、言語学専攻、それから、英語教授法を習い、優等生だったKateからでした)

    ユーザーID:7092335831

  • 「ティッシュペーパー」は正しい英語です。

    これは、 ttk18サンへの返信です。

    あなたのコメント:「英語圏、それもアメリカに住んでいる人で(しかも10年在米で)「Kleenex」ではなく「ティッシュペーパー」という語彙が先に口をついてしまうところ、こちらのほうが発音よりも問題ではないかと思います。」

    ちょっとこれは、トピ主さんに失礼ですよ。クリネックスはあくまでも、ティッシュペーパーの代用です。ちょうど、あまり学のない人とか、お年寄りとかが、コピーのことをゼロックスといったりするのと同じです。クリネックスやゼロックスと言うのは、これらの企業が、一時はアメリカの市場を独占していたときの名残です。私はアメリカでアメリカ人に大学で教えていますが、生徒が企業名を使ってゼロックスやクリネックスなんて書いたり,言ったりすると、『いまどき古臭いよ」って、もっとエジゥケーテットな言い方に直してます。トピ主さんの英語はあってます。相手に学がなかったまでです。

    ユーザーID:0069892051

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧