団塊ジュニア世代の皆さん!

レス20
(トピ主1
お気に入り42

生活・身近な話題

みう

『文部科学省は、深刻化する医師不足に対応するため、来年度の国公私立大学医学部の総定員を、2008年度の7793人から約500人増やして、ピークだった1982年の8280人程度にすると発表した――』

この事態をどうして予測できなかったのか。

私は1972年生まれです。
優秀な同級生や後輩がたくさん、何年も国公立の医大入試に必死に挑戦していました。経済力が続かなくて断念した人も多く知っています。
今だったら……彼らの多くが望んだ職業に就けたのでしょうか。

人口の多い私たちの世代には、活用されないたくさんの人財が今も埋まっていると思います。上の世代が勝手に狂乱したバブルから立ち直るために、私たちは必要最小限を除いて余剰と見なされた…そんな気がします。

家庭も築けず未来に絶望しながら、今も使い捨てられている多くの同世代がいます。就職氷河期のトピが少し前に賑わいましたが、このまますべて自己責任で片付けられてしまうのでしょうか。

でも、あえてポジティブに考えれば、同世代が多いことが強みになるかもしれません。

ひとまず選挙に行きませんか。政治家として自ら立ち、あるいは同世代の政治家を立てませんか。格差の両端から互いを軽蔑し攻撃するのではなく、一緒に問題に立ち向かっていきませんか。

団塊世代の老後を支え、自らの老後は報われず…
このままいけば後の世代からは厄介者扱いされるばかり。

皆さんの声を聞かせてください。

ユーザーID:2868753292

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ですから外国に逃げました。(在外選挙には行きますが。)

    だって日本国内では”不幸せ感”しか感じませんでしたもの。親も、さっさと留学の手助けをしてくれました。同世代の人数は多いし、大学受験も大変だろうと考えてくれたのです。子供時代から、高度な語学教育も受けさせてもらいました。賢く、先見の明と、経済的余裕のある親に恵まれ幸せでした。今ではもう私も40代間際になりました。(トピ主さんと同い年です)これからもこの異国で細々と、でも楽しく心安らかに生きていくつもりです。私は、自分が偶然にも人様から”お余り”とみなされてしまうような国には、何の未練もありません。”偶然ある年代に生まれた”というだけで、”お余りさん”とラベルを貼るような国は、こちらから払い下げさせて頂きます。失礼きわまりない発想です。先進国とは認めません。

    ユーザーID:5500361517

  • 付け足しさせて下さい。

    私個人としましては、この異国で生活していて、赤ちゃん、子供達、優れた若い学生さんたちを、普段から沢山、街で見かけます。私自身が高齢の時、私を助けて下さる方たちがこんなにも沢山おられるのだと、嬉しく、また”これからも出来るだけ人様に頼らないで、がんばって生きるぞ!”と思う事も多いです。(もちろん、成人したら外国に出てしまう若者も多いですが、愛国心も強い傾向があります。)通りすがりに目があうと、赤の他人どうしでも挨拶しあうようなお国柄でもあります。

    ユーザーID:5500361517

  • それがこの国です。

     役所の対応がすべて後手後手。いや、それは役所だけじゃないです。
    サッカー日本代表を見ても明らかで決断をするのが嫌がる、これは
    彼らだけじゃなくて、国民の風潮が全体的に決断を嫌がりますよね。
     現在、後期医療で問題になっている世代も20年さかのぼれば
    十分現役世代で、少子化に向かいまっただなかだったはずです。
    その時に何か手を打っていたらここまでひどくならなかったはず
    なのに、バブルに浮かれてしまい、結局この有様です。
     終わった事をどう言っても仕方ありません。私達は来る老後に向けて
    は、選挙等も積極的に行くなどの対応が必要でしょう。ただただ
    政府がやってくれない、社会が悪いとグダグダ言うだけではダメ。
    私達の世代は何かをしてくれるのを待っていてはダメなんです。
    受験と同じ、自分達で必死で何かを探さないと。

    ユーザーID:2220914790

  • 同世代ですが…

    自己責任だと思いますけどねぇ。
    私の周りには成功してる人だらけ。

    トピ主さん、今の自分に満足してないオーラ全開ですね。
    政治だ何だと言うよりも自分がそこから這い上がる道を探した方が賢明ですよ。
    時代のせいだと愚痴っているのは時間の無駄。

    ユーザーID:8269742080

  • そう思った時期は13年も昔のこと

     確かにそういう不平等さはないともいえないが、こればっかりは個々の能力次第ですから。確か定員を増にした大学もあったし、当時の大学の倍率は普通に30倍やし、人気のある学部は80倍などとたいへんな数字でしたね。
     私は逆にこんな現役の人数が多いところに、さらに浪人生もかぶってる状況で受験に合格したので自信になりました。
     ちなみに教授が、やる気のない人や出欠だけとりにきた学生は部屋に入りきらないから出ていきなさいと授業冒頭でおっしゃってたのが記憶にあります。
     まぁ、でもどんな世界にいようとも、能力のある人や人徳の備わった人は、抜き出てきますから。
     状況に惑わされて自分を失うのが一番いけないし、いつまでも損得や恵まれた恵まれないなどと、世の中のせいにするようないじけるような態度や思い込みなどの被害妄想しているのは落ちていく始まりだと思う。
     ジュニアが束になって結束したら結構な暴動になりますね、笑
    まぁでも今の若者10代のほうがたいへんかも、人数少ないとそれだけ友達も限られてくるし。
     私は、たくさん友達いて幸せと思うよ。人生の幅も違うと思うけどな。よき世代だよ。

    ユーザーID:7982268840

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 無知ですね

    >この事態をどうして予測できなかったのか。
    深刻なのは、産婦人科、小児科、外科です。共通しているのは、訴訟の増大、患者のモラルの低下、過酷な労働条件です。
    すべて、予測不能だったと思いますよ。
    それに、単に医師の人数を増やしたとしても、産婦人科医や小児科医のなり手が増えるとは思えません。また、技術や知識の低下も心配です。

    >優秀な同級生や後輩がたくさん、何年も国公立の医大入試に必死に挑戦していました。経済力が続かなくて断念した人も多く知っています。
    何度も試験に落ちるということは、優秀ではないし、医師としての素養がないのだと思います。
    医師不足は、患者のモラルの低下が主な原因だと思いますよ。
    一例ですが、出産費用の踏み倒しが病院の経営を圧迫して、病院自体の存続が問題となっている病院もあります。

    最近は、すべての事柄がマスコミ主導で、何かあると「政治家が悪い」とか「企業の責任」との報道がなされ、多くの人が鵜呑みにしています。
    医師不足も、ガソリンが高いのも、食料品の上がりも、すべて政治家の責任

    って、どれだけ無知なのでしょう。

    ユーザーID:1900370038

  • だったら

    トピ主さん、あなたが公の場で声を上げて、選挙があれば立候補
    すればいいだけのこと。

    こんな匿名の掲示板で本名も名乗らずご高説を述べられても空々
    しいだけです。

    ユーザーID:1340993991

  • 丑年だからなのかな?

    子供の一番多い年に産まれたのですが、なんか地味。あんまり実感が湧かない。

    団塊ジュニアでも、私の両親は団塊からちょいはずれてるからだろうか?
    戦後史上一番団結したであろう人達の子供世代は、団結力が無い気がします。
    教育のたまもの?個人主義がそうさせた?バブルに思春期だったから、危機感が無い?良い具合に大人になってから情報が膨大に増えたので、選択肢もたくさんあると、落ち着いて自分を客観視出来たのでしょうか?わからない・・・。
    日本の歴史に見る団塊ジュニア論は私も当事者として知っておきたいです。
    周りでもどちらかと言うと何かのせいにする人は少なく、自己責任だが、それもまた個性として大切にする人が多いような気がします。最終的には楽観的な感じも。

    モーモーと文句はたくさん言うけれど、のんびり屋で、食糧の宝庫。

    若い世代に希望を与えられる、22世紀に向けて新しい指針を示すことの出来る。そんな世代になりたいですね。
    混迷を極める地球を変え、歴史や世界に類を見ない新地球幕開けの礎を育てた世代として、何某のネーミングがつき、語り継がれてみたいものです(笑)

    ユーザーID:4049087124

  • 同じく1972年生まれです。

    いっしょですね、ねずみ年さん♪

    わかりますよ〜お気持ちは。
    私たちの学生時代は、受験戦争だって半端じゃなかったですものね〜

    でも。
    やっぱり時代や政治や国のせいにしても
    始まらないんですよね

    それを言ったら、
    私たちのおばあちゃん世代に言わせると、
    「戦争が!」
    ってことになっちゃうでしょ?


    戦争より悲惨な状況って、ありますか?

    それでもうちのおばあちゃんは
    戦争中自分より下の5人の兄弟姉妹を支え、
    全く働かないろくでなしの夫を食わせ、

    銀行を説得して資金を引き出し、
    ビルを建て、
    賃貸経営し、
    自分は寮の管理人のおばちゃんとして住み込みで働きながら、
    息子を幼稚園から大学まで
    自分の稼ぎで私立に行かせましたよ。

    どんな時代に生まれても、
    悔いなく生ききることが出来るかどうかは
    自分次第です。

    私も日々自分に言い聞かせています。
    本当に幸せな時代に生まれたのに
    それを満喫しないなんてもったいない!!!って。

    ユーザーID:0070357342

  • 同年代です

    1973年生まれ、団塊ジュニアです。確かに私たち可哀想な世代ですよね。バブルの頃は女子大生ブームでいざ大学に進学し自分たちの時代だーと思ったら世の中はコギャルブームに移り変わってたりとか・・・笑    でも色んな意味で厳しかった時代を生きてきたからこそ優秀な人とかも多いように思うな(IT長者とか)                    要はどんな時代に生まれようとも自分次第ではないでしょうか。     人数が多くて進学も就職も狭き門だったけど、だから頑張れったって部分もあるし・・・考え方しだいですよ。 

    ユーザーID:9101570632

  • 世代間格差について

     私も団塊Jr世代です。就職という人生を大きく左右する時期と不況が重なってしまった世代だと認識しています。しかし、近代の日本の歴史を振り返ると、どの世代にも困難があり、我々の世代は幸福な方であると認識しています。祖父母の世代は敗戦とその後の貧困を経験しており、団塊世代には戦争で親を失った人や貧しい幼少時代を過ごした人が多くいると思います。とは言え、長期国債の乱発など、現世代のために後の世代に負担をかけるような世代間格差を助長する今の政治には反対です。また、企業の業績が伸びても、その恩恵を受けることができない派遣労働者の比率が高い社会(経済が成長しても、その恩恵を受けることができない下流層がいる社会構造)は是正するべきであると思います。私はロビー活動のように、個もしくは特定の集団の利益のために活動することには反対です。政治力によって、利益を勝ち取ることが蔓延る社会は、真の貢献者の利益を奪う歪んだ社会だと思うからです。

    ユーザーID:9776095932

  • ありがとうございました。

    レスありがとうございます。

    確かに愚痴っぽいですね、読み返してみると。
    成功したとはとても言えませんが、私自身はこれが身の丈にあった生き方だと思っていますし、前向きに生きているつもりです。

    政治家のせいではなく、政治を人事としてまかせきりにしていることが問題だと思っているのですが…
    自分だけが満足できればいい、ということではなくて、自分たちの世代の利益という点から、声を上げていくことが大切なのではないかと思ったのです。それが、私たちの次の世代への責任を果たすことでもあると思うからです。でも、こんな掲示板で言っても何の意味もないといわれれば確かにその通りです。

    政治の話をすると、こんなところで言っても意味はない。そんなひまがあったら自分で行動しろ、とよく言われます。

    何か行動したいと思います。いつか、といっているうちは何もしないのと一緒ですが。

    いろんな声が聞けて勉強になりました。
    ありがとうございました。トピは閉めます。

    ユーザーID:2868753292

  • 悲しい・・・

    1974年生まれです。

    子供が多かったのでかなりずさんな学園生活でした。
    暖房もなく、「人数いるからあったかいでしょ」とか
    そんなのでしたね。

    進学も人数が多すぎて、希望しただけではねられたり
    就職にいたっては余談ですが、バブルはじけていきなり
    就職難です。

    なんもいいことなかった世代です・・・。

    60年代生まれならバブルで楽しめたでしょうに。

    うちの両親が高度成長期からバブルを経験した団塊世代
    なので、お金は「働けばもらえる」と思っているそうで
    浪費家です。

    私なんて、「働かせてもらえるか分からない」って思って
    ケチケチしちゃうんですけどね・・・。
    おかげで意見合いません・・・。

    ユーザーID:8731040682

  • 74年寅年です

    不毛な世代ですよね・・・。

    ユーザーID:6192965002

  • こういう国ですよ、ここは・・・・

    自分が痛い思いをしたくないんです

    何か変えようとしたら反発受けるかもしれないんだから
    良い思いをしてる人間がそんなリスク背負う訳無いでしょう

    選挙ですか、まだ夢を見てるんですね
    誰に投票するんですか
    誰に投票したって変わりませんよ
    同じ思い人をしてる人が多いって、それ以上にいまだにぬるま湯につかって喜んでる人の方が多いんですよ
    多少の数なんて踏みつぶされて終わりです
    一人二人中央に行ったって太刀打ちできません
    それなら勝ち組に入ってるうちにそっちに紛れ込んで終わりですよ

    長年のテクニックと使い放題の金で誤魔化されてるけど
    手のとどく範囲の事と自分の目先の未来以外考えてる人居ませんって

    下の人間の事には見ないで
    適当に楽しんでたほうが幸せですよ

    ユーザーID:1158786406

  • 共闘

    >自己責任だと思いますけどねぇ。
    >私の周りには成功してる人だらけ。
    >時代のせいだと愚痴っているのは時間の無駄。

    >トピ主さん、あなたが公の場で声を上げて、選挙があれば立候補
    >すればいいだけのこと。
    >こんな匿名の掲示板で本名も名乗らずご高説を述べられても空々
    >しいだけです。

    こうやって、同世代の勝ち組が負け組に冷ややかなのが
    団塊ジュニアが搾取され続けてきた原因だと思います。

    つまり、団塊ジュニアは団塊やバブル世代に巧妙に同世代の
    つぶし合いをさせられているわけです。

    私は不満のない程度には成功していますが、バブル世代に生まれた
    だけで楽々就職、同世代であるだけで辛酸をなめるという事実には
    強い怒りを持っています。

    下の世代から搾取していく老人世代にいい死に方をさせないよう
    共闘することに賛成です。

    ユーザーID:5574919687

  • 1973年生まれです

    私の高校は進学と就職半々でした。求人はたくさんありました。友人と話ていて「大学行った後もこんなに就職口があるか保証はない。この景気が続くなんてあり得ない。今した方が良い」と就職しました。他の友達が大学卒業時には就職先が無くかなり焦っていました。なので就職氷河期を自身で感じた事はありません。キチンと目的があり大学で学ばれた人達はそれなりに就職したんじゃないかなと思ってます。ニュースでネットカフェで寝泊りしている人で同世代の方が就職先がなかったと言うのを見ていると何してたのかな?とは思います。全部政治のせいかしら?
    ちなみに私は24歳で結婚し今小学生の子どもが二人います。目的も持たずに大学行かないで良かったです。

    ユーザーID:1072385203

  • 「公立育ち」さんへ

    バブル世代って今の40代の人たちのことですよね?
    団塊ジュニアはそのすぐ下から30歳ですよね?
    そんなに今の40代って権力者でしたっけ?
    彼らは「若年リストラ世代」ではなでしょうか?

    社会学的にはバブル世代までは「反社会性」があり、ツッパリや校内暴力が問題になるなど、親や社会に訴える力がまだあったとされています。

    団塊ジュニアになると、いじめ問題・引きこもりに象徴されるような「非社会性」・「自分が良ければ・他の人は知ったことじゃない」という「ウチにこもる思考」に切り替わったと言われています。

    ご自身でもお解りの通り、この世代が「人数が多くても他の世代より力がないのは小学生・中学生ころから指摘されています。

    >老人世代にいい死に方をさせない
    これももう中年期を迎えた大人として、非常に幼稚です。
    団塊ジュニアはわがままで自分勝手と上からも下からも、孤立する理由がここにあります。
    60代以上の団塊世代はズバリあなた達の親。

    「日本史上、最も生存力の弱い世代」「愚痴だけ世代」とも言われています。
    がんばって行動・組織化してください。

    ユーザーID:6035466473

  • 管理教育の賜物ですわ

    私も72年生まれですが、管理教育真っ盛りの時代でした。

    校則が厳しくて、全員同じ髪型、同じ学用品、同じ白無地の下着を強要され、部活動も強制、休みの前には膨大な量の漢字や英単語の書き取りの宿題、連帯責任の体罰、etc・・・。
    自由に表現したり、意見を述べたり、積極的に議論したりという能力は「邪魔なもの」として、小中高の12年間育てられてきましたからね。
    そのせいか、闘い方ってよくわかりません。
    「こんな扱われ方は不満だ」ということを表現する方法が、よくわからないんです。

    また例えば、避難訓練での救助袋体験とか消火器体験とかのとき、人数の多い世代は代表の子がやるだけで、その他大勢は見学でした。
    代表になる子はいつも決まってるので、晴れの場に立つことのなかった「脇役」はこの頃から格差の下の方にいることが当たり前で、今辛酸を舐めているような状態で格差に不満を持っていても「でも仕方がない。こんなもんだ」という諦めが癖になっているような気がします。

    自己を尊重する気持ちは、たぶん他の世代より低いのでは?
    もちろん、例外はあると思いますが。

    ユーザーID:2499368017

  • 「王子様・お姫様」のままでは連携も難しい

    続きです

    つまり、全員が今のまま「イエでは王子様・お姫様」である場合、
    ある程度、生活ができれば
    それぞれは家の中にいれば安泰な「一国一城の主」

    特に隣で困っている「王子・姫」と連携したりする必要性も感じなくなるのです
    連携すると、また面倒だし、自分の家に籠もっている方が楽。
    「自分が良ければいいや」と心底、思えてきちゃうんです。

    結婚するのは、相手が自分を「王子・姫」として扱ってくれるならOK。
    子どもは、自分が親になって「王子・姫」を迎えることだからなんか嫌。

    「社会を常に意識しながら育つ」ということは、従来の日本社会でも、(戦後世代が理想としてきたであろう)欧米社会でも、共通しています。
    地域社会との繋がり、親戚関係でも、今の日本ほど回避・無視を正当化する社会は異色です。

    戦後世代が7割を超える日本で、団塊ジュニア以降の孤立化・内在化の問題は今後、色んなカタチで歪みとなって現れると思います。

    トピ主さん、団塊ジュニア同士で連携することより、身近な人とのコミュニティを回復するほうが大切かもしれませんよ。

    ユーザーID:6035466473

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧