お薦めの絵本、出版社

レス12
(トピ主0
お気に入り25

妊娠・出産・育児

2歳児の母

アメリカ人の夫と結婚しアメリカで暮らしています。子供は男の子でちょうど2歳です。日本に住む両親が何か欲しいものはないかと言うので絵本をお願いしたいのですが(我が家に日本語の絵本は数冊しかありません)ネットで探しても数が多すぎてどれが子供が喜ぶのかとか、有名な絵本なのかなかなか的をしぼれません。

出版社から毎月送られてくるサービスもあるようです。月齢で見ると0〜2歳、2歳〜3歳と区切られている物が多いです。うちの子はバイリンガル環境だからかどうか分かりませんが言葉は遅い方だと思います。でももう2歳なので0歳〜2歳の本を選んでいいものか迷います。

子供本人に本を見せて食いつき具合を見れるのが一番いいのでしょうが、在米の為それもできません。こちらで子育て中の方、何かお薦めはありませんか?これは大抵の子が読んでいる本だよというようなアドバイスでも構いません。宜しくお願いします。

ユーザーID:0533766204

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • クレヨンハウス

    クレヨンハウスのブッククラブはどうでしょう。
    自分に子どもが生まれたときに取ろうと思ってましたが残念ながらその機会はなく、姪が生まれたとき2年間プレゼントしました。
    一年間ごとに毎月1冊か2冊届きます。クレヨンハウスの本だけではなく、いろんな出版社の昔私が読んだ絵本や新しく出た本まで届いたようです。
    テレビで愛子さまがお気に入りと紹介された本も届いていたようで、母が喜んでいました(ミーハーな・・・でも、その本は姪の食いつきも良かったらしいです)。
    事前にリストが届くので、持っている本は差し替えてもらえますし、電話で相談にものってもらえました。
    今調べてみたら海外発送もあるみたいです。
    たくさん良い本と出会えますように

    ユーザーID:0029169713

  • タンタンのぼうし

    うちの2歳男児(言葉遅め)のお気に入り本です。保育園の図書で借りてくることが多いのですが、気に入ったものはシリーズを買ったりしています。
    ちょうど語彙が増え始める時期で、言葉や繰り返しでだんだんエスカレート(悪のり?)していく展開の本が面白いようです。
    複雑な物語は途中であきてしまっています(笑)

    いわむらかずお タンタンシリーズ
    「タンタンのぼうし」「タンタンのハンカチ」「タンタンのずぼん」

    とよたかずひこ あかちゃんのりものえほんシリーズ
    「ブーンブーンひこうき」

    とよたかずひこ うららちゃんののりものえほんシリーズ
    「でんしゃにのって」

    五味太郎
    「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」

    高家博成・仲川道子 かわいいむしのえほんシリーズ
    「ころちゃんはだんごむし」

    トピ主さん、良トピたてて下さってありがとうございます。
    私もこれから続々と集まるであろうレスを参考にさせていただきたいと思います。

    ユーザーID:8174997605

  • ぜひおすすめ

    欧州在住です。バイリンガル(日仏)の子どもたち相手に(2才から5才)保育士をしています。
    いろんな絵本をとりよせてためしてみましたが、
    ピカいちは「うしろにいるのだあれ」ふくだとしお著 新風舍 でした。

    絵がおおきく、わかりやすく、楽しくて、2才から5才まで大喜びされました。
    シリーズで5巻でています。
    動物の名前や、まえ、うしろ、うえ、した、などの位置の感覚を日本語で、すんなり覚えられます。

    これは揃えておいて損のない絵本ですが、確かに絵本てなかなか高価です。
    お住まいの土地の日本人ママとの交流があれば、絵本の貸し借りがしやすくなると思うのですが。
    もしそれが無理なら、福音館など、昔からある絵本を数冊持つのががおすすめです。
    中川梨枝子氏の「ぐりとぐら」シリーズなど。
    これらは物語は単純でも、あきがこないものが多いからです。

    最後に、お手持ちの絵本の数は限られていても、繰り返してお子さんに読んであげて下さい。

    ユーザーID:2180669241

  • 2歳は「繰り返しのお話」の時期ですね。

    バイリンガルの環境ということで、ストーリーのあるものは、
    少し早いかも?しれませんが、
    すぐに読めるようになると思いますので、無駄にはならないと思います。

    「おおきなかぶ」
    「できるかな?」 エリック・カール
    子どもと一緒に体操出来て、なかなか楽しいです。
    エリック・カールは、これ以外も分かりやすいですヨ。
    繰り返しではありませんが、「ぐりとぐら」シリーズ。

    マンガっぽいですが「ノンタン」シリーズは、
    文体がリズミカルなせいか、子ども達に人気があります。
    内容も道徳的です。

    メジャーなものばかり並べましたので、すでにお持ちでしょうか?
    他に沢山あるものの、図書館で借りるならいいのですが、
    購入となると、お勧めするのが難しいものですねえ…。

    ユーザーID:6328718810

  • ぐりとぐら

    幼児にお勧めの絵本で英語版と日本語版の両方あるのがいいのでは?

    日本の作品なら「ぐりとぐら」シリーズがお勧めです。
    エリック・カールやレオ・レオー二のシリーズも日本語版が
    出ております。幼児にお勧めです。
    お母さんが英語版を買ってあげて、日本から同じ絵本の
    日本語版をプレゼントしてもらうのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:8429946070

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • シマウマしましまなぜあるの? / Why ?

    9月で2歳を迎える男の子の父親です。
    最近購入した絵本で、我が家の息子のお気に入りをご紹介します。

    Lila Prap
    「Why ? / (邦題) シマウマしましまなぜあるの? 」

    7月からNHK教育で毎朝5分間の番組として放送されています。
    中身は、いろいろな動物にまつわる「なぜ?」を書いています。

    息子はまずその内容より、その絵柄がとても大好きで
    絵本に出てくる動物の名前を全て覚えてしまいました。

    絵のユニークさだけでなく(4-8歳が対象と記載している通り)
    「なぜ?」を考えることが出来る年齢まで楽しめる絵本だと
    思います。大人が読んでも楽しい絵本です。
    (本は、原書・邦訳ともにアマゾンで購入できます。)

    ユーザーID:3042082443

  • 福音館 あかちゃんの絵本

    日本で数年、保育士をしていて主に6か月から2歳になるまでのクラスを担当していました。

    おすすめは、福音館のあかちゃんの本シリーズ。
    「くつくつあるけ」「おててがでたよ」「おつきさまこんばんは」「きゅっきゅっきゅっ」の4冊セットは、毎年毎年大ヒットです。
    バイリンガルのお子様とのことですので、ちょっと対象年齢は低めですが
    「がたんごとんがたんごとん」や「じゃあじゃあびりびり」から入ると
    日本語の擬音がわかりやすくて楽しいかもしれません。
    いずれも、お子さんが自分で開いて見やすいサイズです。

    あと、意外なところで「もこ もこもこ」
    谷川俊太郎さんの詩(?)というか擬音に、美しい絵がついています。

    他にもまた何か思いついたら書き込みますね。

    ユーザーID:1164194175

  • 童話館

    長崎にある童話館というところのブッククラブはどうでしょうか?毎月一回配本され、海外にはSAL便で送られてきます。年齢別に本も分けられ、相談をすればあったレベルを紹介してくれます。

    私も海外在ですが、母が子供たちのために申し込んでくれたのがきっかけで今2年目です。送られてくる本の質も良いので日本語教育、情緒教育にも役立つと思います。わが子は日本語は遅れているので少し年齢を落として配本してもらっています。

    オリジナルが英語の絵本も多いので、英語版を購入されれば両方の言葉で絵本が楽しめると思います。

    参考までに下記がHPのアドレスです。
    http://www.douwakan.co.jp/index2.html

    ユーザーID:7407471476

  • 童話館の配本サービス良いですよ

    童話館でも、配本サービスをしています。
    選書も良いですし、会社としても信頼できるところです。
    配本サービスも長いので、子どもたちの反応を見た上で、それに応じて組まれています。
    自分で選ぶと似たような本ばかりになってしまいますが、
    この配本サービスだと、いろんなジャンルの本がうまく組み合わされていてとても良いと思います。
    http://www.douwakan.co.jp/ (童話館)

    どの年齢にどんな本が来るのかが乗っています。
    2〜3歳コースの本をざっと見ましたが、そんなに字が多い本が多いわけでもないようなので、充分対応できると思います。

    あと、福音館のこどものとも傑作集の本も、外れはないと思います。

    良い絵本かどうか?と見極める一番分かりやすい目安は、その本がどのくらい版を重ねられているか?ということです。
    良い本ほど版を重ねているので、そこを目安に選ばれても良いかもしれません。

    個人的には、昔話はその国を知る上で、大きな情報源になると思います。
    アメリカに住み、アメリカと日本の血を引く意味で、是非日本の昔話も読んで欲しいと思います。

    ユーザーID:7984939874

  • 絵本ナビ

    http://www.ehonnavi.net/
    などという、絵本のおすすめサイトもあります。
    とりあえず、年齢にあった人気のものから2ー3冊選んではいかがでしょう。
    子どもが喜べば同じシリーズを買いたしても。

    ユーザーID:8160913697

  • Virginia Lee Burtonさんの本

    アメリカなら、アメリカの絵本作家さん、Virginia Lee Burtonさんの本がお薦めです
    というか、私が子供だった時大好きでした。

    3歳ころ、「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」(邦題しか分からなくてもうしわけありません)という本が大好きでもう暗記。リズムがいいので、2歳でも楽しめるのではないでしょうか。

    「ちいさいおうち」は、話自体は単純で、幼稚園児くらいでも読める本ですが、考えさせられる本です。イラストもかわいらしいです。

    小学生になってから、「せいめいのれきし」を読みましたが、これも素敵な本です。

    ユーザーID:4973136217

  • 2歳児向けの本を・・・

    あまり字が多くないものを選んであげて下さい。
    童心社からでている、松谷みよ子 あかちゃんの本 http://www.doshinsha.co.jp/dore/b01.html
    はどれも素晴らしいです。きれいな日本語だし、イラストも温かいので、この時期にぴったりです。

    どうしても海外での育児だと、日本語を習得するのが難しいですが、お母さんが読んでくれる絵本と歌ってくれる童謡で、かなり身に付きます。
    お勧めは こぐま社からでている ましませつこ絵の『いっしょにうたって!』その他です。
    https://www.kogumasha.co.jp/book/result.php?sakka_id=63&zenid=67f31eea51abf81a8ddbe045e50d6e47

    お子様とのかけがえのない時間を楽しく御過ごしください。

    うちの子は他に、五味太郎さんもこの時期好きでした。「ぽぽぽぽぽ」や「きんぎょがにげた」は子どももすすんで絵本に参加できます。

    ユーザーID:6972434110

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧