• ホーム
  • 男女
  • 彼に負けたくない気持ちが出てしまいます

彼に負けたくない気持ちが出てしまいます

レス30
(トピ主3
お気に入り22

恋愛・結婚・離婚

サバ寿司

つきあって5年になる彼がいます。
そろそろ結婚という話にはなっているのですが、一つ気になることがあり、ここでアドバイスをいただきたく、書き込みをさせていただきました。

実は、この5年間で彼と喧嘩をし、何度か別れ話になったことがありますが、喧嘩の原因が些細なこと、話合いでなんとかなること、彼が大好きだったことからここまでなんとか来ました。
ただ、最近気がついてしまったことなのですが、私は彼に対して対抗心というか、話をしていてもなんとなく負けたくないという気持ちになっているのです。
ですから、知らず知らずのうちに可愛らしくないというか彼に従うということができないのです。
この気持ちがなくならない限り、結婚をしても上手くいかないのではないか、と不安になっています。

周りの友人は夫になる人に対して、すごく従順で可愛らしい女性ばかりです。
それなのに、私は仕事がバリバリできるとか、彼より優れているとかいうことはないのについつい、負けん気が出てしまうというか。。。
私の母は「あなたには、すごくしっかりしたあなたをどんどん引っ張っていってくれる人がいいかも」と言っています。

なんだか、長文で上手くまとまりませんでしたがこんな状態ですが、どうにか結婚生活を上手く、そして幸せになれるように努力をしたいと思っています。

人生の先輩として色々なアドバイスをお願いします。
ちなみに、彼は年下とかではなく10歳年上です。

ユーザーID:2311062921

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お互いに補う関係

     それはよくある関係で、つまずきやすい危険があります。

     自分が独立した存在で、彼もそうだというのがその原因かと思います。

     もう一つの方法は彼と自分で、初めて独立した存在になるという見方です。
    例えば、甲は彼の分野、乙は自分の分野、と分け、競争する分野を狭める
    のです。私が独身の時付き合った女性が「私があなたと同じ分野だといい」
    と言った時、身近に夫婦が同じ分野でうまくいっていない例を挙げて、違うから
    いいんだ、と言ったことがあります。彼女とは結婚してもう20年になります。

     いつも競争していると疲れますよ。

    ユーザーID:1410992665

  • 従順だけが魅力ではないが

    ここは小町なのでトピ主さんは間違っていない。
    ほかの男に変えるべきという意見で埋まると思いますのであえて逆の意見をさせていただきます

    タイトル通り従順な女性だけが男性から好まれるわけではないということをふまえたうえでの意見です

    彼との対立が目立つということは彼との相性があまり良くないということが想像できます。
    ただし世の中には引っ張ってもらいたい性格の男より、彼のように引っ張りたいと思う男の方が多いのも事実です。
    また、彼女がいつ時も張り合ってくるのは見えないところでお互いにストレスが溜りやすいです。

    本当に今の彼と将来を考えたいのであれば容易に彼を変えようとせずに
    自分を変える努力をすることも大事だと思います。

    また男女問わず従順な性格は負けではないと思います
    従順だろうが十二分に幸せな生活を送っている人も多くいます。

    ユーザーID:4840295593

  • なんかわかる

    サバ寿司さんは勝ち気なところがあるというか、むやみに他人をチヤホヤしない性分なのかな。
    身近な他人を尊敬するという事が苦手なのか(歴史上の偉人とかは尊敬できるけど)。
    男を立てるというのが、恥ずかしいのかな。
    そして、彼のほうも割と自分を引っ込めるタイプなのかと想像しますが。
    女性的な自分に、どこかで苦手意識を持っているのかな。

    まずは「ありがとう」から言葉にすることです。
    そして、次は「すごいね」という言葉を意識して言うことです。
    彼の趣味とか、彼が一生懸命になっている事を意識的に見ていくんですよ。
    こういう事を言うと、男性は嬉しくなって自信を持ちますから、恋人を守らなければいけない存在として扱うように自然と変化してきます。
    気弱な男性でもそうなります。
    相手に可愛い存在として扱われることで、女性は可愛くなっていくんです。
    彼があなたをスゴイ・敵わない人と思っていると、あなたの敵対心は薄れないでしょう。
    ここを変えるキッカケになるのが、相手を褒める事と感謝する事なんです。
    それを言葉にすること。

    ユーザーID:7438452818

  • むずかしいですね

    彼のことを信用(浮気とかではなく人として)していないのでしょうか?
    彼から見てそのトピ主さんに対して文句とかゆってきたりするのでしょうか。

    今結婚する前に気になることは、結婚してからはもっともっとそれが気になっていくものです。
    結婚したらまた新しい気になることがいっぱい増えてくるものです。
    ですので、結婚前に気になることはなるべく解決しておいた方がいいかと思います。

    素直になって彼と向き合ってください。

    ユーザーID:3491372790

  • 負けたくない?

    負けたくないって、どんな状況になるのか想像がつきません。

    些細なことで、お互いの意見を言い合って、相手の意見を否定しないと気が済まないということですか?

    もしもそうであったら、そんなトピ主さんに合っているのは年齢はともかく精神的にゆとりがあって、トぴ主さんのわがままをある程度許してくれる人だと思います。

    自分では相手に勝っているつもりでも、実は相手が大人だったって思うと悔しくないでしょうか?
    恋人でも夫婦でも意見の違いからぶつかり合うことはありますけれど、大切なのは相手に勝つことではなくお互いの考えをよく理解して歩み寄れる点を見つけることだと私は思います。

    従順である必要はありませんが、勝ち負けにこだわるのは滑稽です。

    ユーザーID:6361559864

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 負けて勝つ

    大概どちらかが勝ち気な場合、その相手はおおらかだったりしませんか?キャンキャン吠え立てるスピッツに、おうように構えているリトリバーみたいな。

    そんなカップルを見ると、「ああ、負けて勝つ」ってやつだなあ…と思います。
    中身の伴わない負けず嫌いは、単に子供っぽいってやつですよね。理屈に合わないことを言い立てて、勝ってもその先に何があるのかな?と思います。

    賢い人は、議論が意味のない方向に向かっていると気がついた段階で、すぐやめますよ。

    賢い大人の女になりましょうよ。

    ユーザーID:4612429005

  • 逆の立場ですが、似てます

    男女逆ですが、トピ主さん、私の彼に似ています。
    私の場合は同じ会社の同期で両方文系職、卒業した大学は私が国立で彼が私立、
    出身も同じ県で、私が県立トップの高校を出ている等、彼にとってはどこか私に対抗心があるようで、一定の分野の話題になると(語学の点数、仕事の成果、等)機嫌が悪くなります。
    そして、タメだから駄目なのかな、余裕を持てない、くやしいと思ってしまう、と。

    彼を見ていて思うのは、どこかそういう面で自分に自信がない人なのかと思います。
    自分にはこれがある、という分野や精神など、確固たる「自分」があれば、他人がどうあれ気になりません。
    尊敬や好奇心はあっても、嫉妬や対抗心にはつながらないと思います。
    自分がゆらゆらしているから、他人の「できる」面を見てふと不安になったり、自分も!と無意味な対抗心をもたれるのかと思います。

    つまり、結婚してうまくいくいかないの前にトピ主さんが大人として成長することが必要かと思います。

    ユーザーID:1256239880

  • 恋愛ならともかく、伴侶に対抗心をいだく関係は結果破綻するもの

    トピ主さんの気持ちにとても近い経験があります。
    私の場合、仕事や社会性について大人の彼を尊敬していました。まるで先生と生徒の様でした。
    でもその内、教えて貰っている段階の「未熟者」の癖に力試しをしたくなるんです。その相手が彼。なぜなら世の中で一番安全な相手ですから。反抗期の子供と一緒です。

    伴侶となる相手に対してライバル意識を持つようでは、家庭という建設的な関係を蓄積していくのに邪魔になるだけです。
    本当に自立していれば一番大事にすべき人にライバル心を持つのは力の無駄使いだと分かっています。

    お母様がいう「貴方を引っ張ってくれる人がいい」という言葉の先には「なぜなら貴方は甘ったれの子供だから」と続く感じがします。それでは伴侶じゃなく保護者ですね。

    じゃあどうすればいい、という答えは主さんしか出せません。
    結婚生活を上手く、そして幸せになるには知性と我慢、そして平等である事。
    その力があるなら、伴侶をライバルにする必要はないのです。

    ちなみに家庭を健やかにするスキルに、可愛く従順なのは全く必要ありません。
    最後に。10歳上だろうが男性は結婚してしまうと「子供」ですよ。

    ユーザーID:5762447972

  • わかってるだけいい

    そんなふうに自分のクセ、性格を自覚しているのなら大丈夫です。
    早い話、そうなりかかったらブレーキかければいいんです。

    ところで彼にだけ「負けたくない」って気持ちになるんですか?
    どんな話をしてる時にヒートアップするんですか?特定の事柄だけ譲りたくないのか
    それともなにかにつけて対抗したくなるのでしょうか。
    それか、彼の物言いにも多少カチンとくるものがあるのかもしれない

    トピ主さんはたぶん元々勝気な方なんでしょうね、根底から自分を変えるなんて無理だから
    ヤバイ雰囲気になりかけたらしたら一呼吸おくようにするとかね

    従順っていっても限度があるし、一歩間違えれば厄介な依存心になります。
    他のカップルとは比べるのやめましょう、はたから見ただけじゃわからないですし。

    >すごくしっかりした
    あなたをどんどん引っ張っていってくれる人がいいかも

    こういう男性は、まず殆どの女性の理想ですよー
    しかしこれも一歩間違うと自分勝手、傲慢になるんですよね(笑)
    勝気さも、従順さもほどほど、バランスのいい人間になりたいですね、
    こういうのを自分磨きというのかな?

    ユーザーID:7181751421

  • すべて勝つ事は出来ない

    いったいどんな喧嘩をして負けん気が出てくるのでしょう?

    結婚って色々な才能が必要になってきますから、いつも優位に立って相手を打ち負かす事など出来なくなりますし、たとえいつも勝っても(?)こちらがリーダシップをとって相手を引っ張っていくのは疲れてしまいますよ。

    ユーザーID:1973562757

  • その前に

    「負ける」「勝つ」というのは、具体的にはどういうことを指しているのでしょうか?
    何か、明確なことで勝負の決着がつく勝負事でもやっているのでしょうか?
    そうでなければ、それは勝負でもなんでもなく、「勝ち」「負け」と考えること自体が間違いなのではないでしょうか?

    何か方針がぶつかれば、是は是、非は非で峻別し、相手の意見も良い所も取り入れ、より良いと思われる行動をとればいいだけの話です。
    何でも引っ張ればいいわけでもないし、逆でもいいわけがない。
    どっちかが無謬ってことはないのですから。

    勝ち負けという言葉は僕はあまり使いませんが、あえてそれを使って言うなら、それぞれの良い部分を取り入れてより良い選択をする者こそ勝者だと思います。
    二人で行動するなら、両方勝者になりえます。
    だからこそ、「誰の意見か?」なんて気にしない。
    「どんな意見か?」が重要なのですからね。

    ユーザーID:3116339564

  • 協力しないとね

    夫婦は一つのチームですから、チーム内で争っても消耗するだけですよ。

    お互い意見を出し合い、良い点をミックスして、よりベターな選択をすればいいんじゃないですか。他に年長の親や上司の意見も取り入れて。

    夫婦はどちらかが従属するものでもありません。夫についていっても、夫が判断を誤る時もあります。夫婦としてお互いに助け合わないと、競争社会の中で、生き残れませんよ。競争相手は、夫婦というチームの外にいる人達です、夫や妻ではありません。

    ユーザーID:7707705896

  • 甘えてるだけ

    >周りの友人は夫になる人に対してすごく従順で可愛らしい女性ばかりです。
    そういう女性の行動を古来から日本では「夫をたてる」と言います。別にただ従順に夫に従ってるわけではないんですよ。あなたが思うよりちゃんと頭使って賢く周りを気遣って日々振舞ってる結果なんです。

    自分もトピ主さんと似た所あるからなんとなくわかるけど結局の所年上の彼氏に「甘えてる」だけだと思います。つまらない事で負けん気が出るのは「甘え」を通り越して彼を「ナメてる」証拠だと思います。ナメられた態度を取られ続けて良い気分のする人はいないと思います。

    あなたが彼に「負けたくない」などという感情を持つ限り、何も改善しないでしょう。自分がいかに恥ずかしい、子供っぽい事をして彼に甘え倒しているか、ちゃんと省みましょう。

    ユーザーID:2643080329

  • わかります

    これまでの私もサバ寿司さんとそっくりな感じです。

    また特に私の場合はこれまでお付き合いしてきた方が年下だったこともあり、自分の暴走に拍車がかかるというか…(汗)お別れした今思い出してみると、それはとても良いコミュニケーションとは言えませんでした。

    おかげさまで今新たにお付き合いしている方がいますが、不思議と「負けず嫌い」の部分が和らいでいるように感じます。相手の方が少し年上ということ、自分も以前に比べ年をとって丸くなっているということがあるからかもしれませんが、これまでのお付き合いと一番違うのは「自分の弱いところ」をちゃんと見せているということです。相手の方もそういう弱い部分を見せてくれているし、お互いにいいところも悪いところも認め合っているとい感じがしています。

    なので自然と「彼に負けたくない」という気持ちが湧いてこないのかもしれないです。

    これも相性ですかね…

    ユーザーID:4163881265

  • ありがとうございます

    みなさま、たくさんのご意見ありがとうございます。
    確かに、私が1番愚かなんだろうな。。。とわかっていただけにあらためて反省しています。

    「負けたくない」と最初のトピで書かせていただきましたが、この言葉が適当かどうかわからないのですが例えば、彼はタバコとかお酒が大好きな人で毎日それらを接種していました。
    元気なうちは特に気にしていなかったのですが彼が体調を崩した時「タバコとかお酒を控えたほうが」みたいな発言をしました。
    すると彼は「酒やタバコは関係ない」とピシャリと言ったので、その言い方にムッとしてしまい「でも、タバコはあまりよくないって聞くよ」と言うと「そんなの医者が言ったわけでもないのに何を根拠にそんなことを言うのだ」と言われました。
    それならとネットでタバコの有害性を調べそれを彼に言うのです。「ここにもこう書いてあるよ」みたいな感じで。
    私の言い方もとても悪かったと思います。

    彼の体が心配なはずが、いつのまにか彼の言い方にカチンときて、それを実証する為に、あらゆる方法で調べて彼に言うという感じです。

    続きます。

    ユーザーID:2311062921

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • つづきます

    万事が万事そん感じなので
    彼にとっては面白くないでしょうし
    気分も悪くなると思います。

    結婚を考えている相手なのに
    なかなか上手くいかず。。。

    私が一歩引き、考えることで
    もう少し、スムーズにいくのでは
    ないかと書き込みを読ませていただき
    今、反省しています。

    賢い女性になりたいです。

    ユーザーID:2311062921

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 結婚というものに向いていない

    >この5年間で彼と喧嘩をし、何度か別れ話になったことがありますが、喧嘩の原因が些細なこと、話合いでなんとかなること、彼が大好きだったことからここまでなんとか来ました。
    >ただ、最近気がついてしまったことなのですが私は彼に対して対抗心というか、話をしていてもなんとなく負けたくないという気持ちになっているのです。

    性格的に結婚というものに向いていないと思いませんか。
    対抗心というものは、ビジネスや趣味など外の世界向きにはいいかもしれません。しかし、伴侶(いずれ)と対抗するという心理はいけません。そのうち、若いときの熱い愛情が、徐々に醒めて日常的な愛情レベルになったとき、対抗心からおきた反発力を愛情ではつなぎとめることができなくなります。
    それでも、「子は鎹」とか何かの事情で続くことはありますが、老境に入って求心力が衰えてくるとつなぎとめられなくなります。

    もし、あなたが結婚するなら「対抗しようとしても全くかなわない大物」か、「何でもあなたの言いなりになる小物」にするべきでしょうね。前者の場合は「ストレス」が溜まり、後者では「不足感(不満)」がたまるでしょうが。

    ユーザーID:1913629559

  • トピ主さまのようなタイプはめずらしくありません

    「負けたくない」という言葉は、少し適当でない気がします。
    どちかといえば「優位に立ちたい」ということじゃないでしょうか。
    相手を下げることで間接的に自分が優れているってことを示したいんですよ。
    例がキョーレツすぎてすみません。

    ちょっと具体的に指摘しますが「タバコとかお酒を控えたほうが」という発言。
    無意識かもしれませんが、これは彼のことをコントロールしようとしています。
    本当に彼の体調を心配していたら一番最初に労わりの言葉が出るはず。
    疲労がたまっているのかもしれないし、病気なのかもしれないです。
    なぜそれを心配しないのか?
    彼はそういうことを見抜いていますよ。

    一歩引いたり、従順である必要はないんです。
    彼の体調管理に対してちゃんと言うべきことを言う。
    そういう頼もしい存在だったなら彼もトピ主さまに一目置いてくれるでしょう。

    そうなれが、前述したような彼に対する敵愾心のようなものは
    スーっと治まっていくと思います。

    ユーザーID:9860002005

  • 正論よりも気持ちを

    トピ主さんは、もしかして自分に自信がないのかな、と思います。
    人に意見するとき、感情でモノを言わないタイプですか?
    自分の感覚がいまひとつ信用できないので、
    相手が反論しづらい正論ばかりつらつら言う、とか。
    それはそれ、トピ主さんの個性でもありますが、時と相手によりますよ。
    タバコとお酒の件も、ムッとするより
    「アナタが心配だから言ってるのよ」と言えればよかったのですよね。

    そもそも、男女の仲には、勝ち負けはありません。
    ホンキで好きなら、負けっぱなしもまたヨシ、だったりしますもの。
    何が正しい、何が悪い、と白黒つける会話よりも、
    なんとなく灰色〜な自分の気持ちを、ポジティブに語り合いましょうよ。
    無駄だったり、基本バカらしかったりすることでも、
    それを含めた他人の感性を、分かり合うのは夫婦として
    大事なことだと思いますよ。

    ユーザーID:9520611509

  • ビジネスマンの女

    女性も仕事をしてるので、彼との会話にもそれが出てきてしまう事ってあるんですよね。
    タバコの害の事、仕事の話の進め方になってますよね。
    仕事になると、男性はどうしても「負けたくない」という戦う気持ちが発動してしまいます。
    彼を言い負かす会話になってますよね。
    だから彼は意地になってしまったんです。

    彼はビジネスの相手ではない、って思ってください。
    わかっているとは思うのですが、「私はあなたが心配なの」という態度が重要なんです。
    恋人との関わりかたまで、仕事の延長では疲れてしまいます。
    よく、私は彼の母親じゃないとか言いますが、賢い女性なら母親になれるんですよ。
    娘になり母親になり、時にはビジネスパートナーになり、可愛い恋人になり。
    そういう臨機応変さを身につけないと。
    いつも仕事仲間のような顔でも、いつも母親のような顔でもダメ。
    いくつの顔が自分の中にあるのか、それを場所に応じて引き出す楽しみを意識してみてください。

    ユーザーID:7438452818

  • 夫は同級生ではない

    5年も「負けたくない」と思い続けたのですか?
    疲れません?

    彼氏のお酒・煙草に関する言い訳が情けないですね。
    煙草の有害性はパッケージにでかでかと書いてあります。
    (法律で警告文が包装の何%を占めないといけないと決められているのです)

    負けたくないと思ったり
    逆に劣等感にさいなまされたり
    恋人によって感じることは様々です。

    わたしが言えることは
    相手が違えばすべてが変わる、ということです。
    だから彼とあなたの間柄だから「負けたくない」と思ってしまうのでしょう。

    恋愛相談めいた応えをするなら
    男性には勝たせる(華をもたせる)くらいがいいですよ。
    褒め称えて手のひらの上で転がすんです。

    男性は内面がとても繊細で自尊心を傷つけられると
    間違いなくいじけます。

    もともと女性のほうがタフなのに打ち負かしたりしたら
    別の女性のところに気を移すでしょう。

    大人の女になりましょう。
    男の扱いを学びましょう。同級生ではないんですよ
    夫なのですよ(結婚するならね)

    ユーザーID:6464689569

  • 会話自体は特に間違ってないけど

    それが対抗心らしきものから、つまり感情的なものから来ているのが問題ですね。
    「彼の健康」と口では言いながら、自分の感情が主題に置き換わっている。
    それが彼に分かるから、喧嘩になるのでしょう。

    それから、タバコや酒がある面では健康に有害なのは、義務教育修了程度の人であれば知っている話です。
    改めて言われる話でもないですし、それも踏まえて自分の価値観で判断して好んで摂取しているのですから、そこに踏み込まれた感じになるのも嫌だったんでしょう。

    「これは何が原因なのかな?」「どうすりゃ治るのかな?」という彼の真剣な話から始まったんであればいいんでしょうが、そうでもなければ、本人の判断力に特に問題なければ放っておいた方がいいのかも知れませんね。

    でもレスを見ると、問題の本質は掴んでいるようなので、あとは実行に移すのみだと思います。

    せっかく物事を正しく把握する能力を持っているのですから、あとはその助言が有効に生かされる機会を見つけるべきかと思います。
    どんな正しい言葉も、相手が聞かなければ話にならないのですからね。

    ユーザーID:7358065695

  • はぁ〜

    サバ寿司さん。

    お若い方でしょうか?
    私も学生時代、大好きな彼に負けたくない
    気持ちでいっぱいでした。
    なんでかな・・・
    友達にそれを指摘されたとき、衝撃とともに
    愕然としました。(ホントのことだったから)


    年を重ねるにつれ、男性をたてるとか負けて勝つとか
    心身ともに理解できましたが。


    お相手も10歳上なんですよね?
    相手が変われば、またお気持ちも変わるのかもしれませんよ。

    ユーザーID:7861313902

  • トピ主です

    皆様、たくさんのご意見ありがとうございます。
    どのアドバイス、ご意見も
    当てはまってしまうというか、私の心の中に
    あるものばかりで、、、
    彼もそんな私に対して腹立ちがあったのだと思います。

    つきあい当初は全くそんな気持ちはありませんでした。
    彼のすること、言うこと全てが新鮮で
    素敵だと感じ、尊敬していました。
    ところが、私が仕事で忙しくなり、また
    仕事上の悩みがあると彼に相談していて
    そのようなことがあり,ますます彼を尊敬していったのですが、、、
    その忙しさにも慣れ、気がつくと
    彼に対してあの「負けたくない」(間違った表現ですみません)
    というかどなたかが、書いてくださった「優位に立ちたい」
    ような感情が芽生え始めたのです。

    自分でも戸惑っているのが正直な気持ちです。
    あんなに、尊敬し、大好きで、彼が間違っていたことをしたとしても
    それを正しいと感じていた私なのに。

    彼と仲良くなりたいし
    彼と幸せになりたいです。
    遅いかもしれませんが、間に合うでしょうか?
    時間はかかるかもしれませんが
    この自分の気持ちを変えたいです

    ユーザーID:2311062921

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • リスペクトされたい?

    彼だって飲みすぎ吸いすぎが体によくないくらいは判ってるんです。
    でもそれを正論で頭から押さえられるみたいに言われると面白くない。
    彼が明らかに間違っていることは指摘したほうがいいと思いますが、
    「彼をうまく手のひらの上で転がす」ということを身につけていった方がいいのではないでしょうか。
    「あなたの体が心配になったのよ〜」って。

    トピ主さんには、私は彼をすごいと思っている、だから彼にも私を「すごい」と思ってほしい…そうでないと彼につりあわない…という気持ちが根底にあるのかも?
    実は私がそうでした。トピ主さんはどうでしょう。

    参考までに、私は「私が得意なことをしよう。とりあえずその方面だけ考えよう」と思いました。
    そうしたら、例えば言葉尻を捉えたりすることもなくなり、意外と大らか?になれました。
    「彼は年上。私より経験をつんでいる分、尊敬できる面がたくさんあっても無理ない。焦らなくてもいいんだ!」
    と思うようにしたのも大きいかもしれません。
    トピ主さんもがんばって!

    ユーザーID:8404408207

  • 昔タイプの男性の言う事の意味

    昔の男性は「妻には働いて欲しく無い」と口に出して言ってました。
    その真意はサバ寿司さんのこの状態。
    女性が自分の聖域である仕事の領域に入り込み、自分しかわからないことを理解し、自分を超えてしまう事を恐れたんじゃないかな。
    今でも男性の内部にはこの意識はある。
    だからこそ、デキル女性はどこかで自分の仕事に対する能力と恋愛関係とを、上手く切り離すという面倒な荷を背負う事になる。

    サバ寿司さんは、社会的に彼を超えてくるほど成長した。
    だからこそ、今度は恋愛関係でそれを上手く隠す必要が生じてきた。
    もちろん、そんな面倒なことはイヤだと、ストレートに敵わないと思える男性を捜すのも良いんですよ。
    でもこの彼と上手くやるには、意識的に下に付くことで心理的に上に立つ、という面倒な事が普通に自然に出来るようにならないと。
    それが男を立てるという事だから。
    これ、出来るようになると楽しい作業なんですよ。男性が変化してくるから。
    自分の鼻っ柱が折れるような経験をすると良いのかもしれませんが。

    ユーザーID:7438452818

  • そういうことなら無理に変わろうとしなくてもいいかも

    トピ主さまの場合、最初のころと比べて心境が変わってきたのは彼との距離が近づくにつれ身内と見はじめたからじゃないでしょうか。
    いわゆる「尻に敷く」って奴です。

    これ自体は何にも悪いことはないと思います。
    問題なのは、彼のほうはまだトピ主さまのことを身内とは見てくれてはいないだろうなということ。

    その彼の気持ちをもっと近づけようとするなら・・・

    彼の理解者になる。
    絶対に裏切らない味方になる。
    仕事の足は引っ張らない。

    こういったことに気を付けていれば、特に何を変えるでもなく、今のままのトピ主さまでも彼との衝突を減らしていけると思います。

    ユーザーID:9860002005

  • もう一つ言葉を

    思うに、トピさんは理論的に考えるタイプなのかな?

    タバコの件も、「体に良くないって聞くし、何よりも私が心配だから」と自分の気持ちも交えて言った方が良かったのではないでしょうか?
    男性は「これがこうで、こうだ」と言われるとプライドが傷つくのかもしれません。そこで同じように返したら喧嘩になってしまうのでは?

    そこを直せないと(直すというか多少押さえる?)、今の彼氏さんとは上手くいかないかも…
    まず最初に、理論的だけじゃなくちょっとずつ自分の気持ちも入れることをしてみては?
    男性は、言葉で言わないとトピさんが言った言葉そのまましか受け取ってくれないと思います(心配してるからということはわからない)。

    ユーザーID:3711212874

  • あの…

    ふと思ったのですが。
    主さんの無邪気な印象で隠れてしまっていましたが、10歳年上でその意地の張り方。
    彼氏さんが子供なんですよ。
    大体カップルは同レベルで付き合うと思っていますが、彼氏さんは都合がいい所は年上の立場を使い、基本は自分がいつも上にいたい「お山の大将」という感じがします。
    だから主さんが何となくカチンとくるのでしょう。
    年齢に関係なく、相手から尊重されていたら、何を言われても対抗心は湧かないものです。
    ちょっとその彼氏さん、怪しいと思います。
    主さんが年下だから最初は自分が色々教える立場だったのが、いつの間にか主さんが追いついているのかもしれません。
    手を変え品を変え、どうしても女より有利に立ちたい男性って案外多いものです。
    対抗心は、主さんのせいじゃなく、彼氏さんが自ら起こしているのかも。
    まぁ、当人は認めないでしょうが。
    付き合って楽しい相手なら、今はいいかもしれませんが、やはり夫にするにはお勧めしませんね。

    ユーザーID:5762447972

  • 辛口ですが 対抗するには力不足  2度目です

    >万事が万事そん感じなので彼にとっては面白くないでしょうし気分も悪くなると思います。
    - - -
    >賢い女性になりたいです。

    そうです!「賢く」なりましょう。
    そうでなければ人は説得できません。
    「万事が万事」を見ればトピ主さんのレベルがわかります。
    まさに「一事が万事」です。

    ユーザーID:1913629559

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧