号泣本

レス59
(トピ主2
お気に入り174

生活・身近な話題

ぽぽる

最高に泣ける号泣本を教えてください。
私の今のところの号泣ナンバー1は「アルジャーノンに花束を」です。

ユーザーID:8181963439

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数59

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たったひとつのたからもの

    題名:たったひとつのたからもの
    著者:加藤 浩美

    明治生命CMで話題になった家族の記録です。
    この本には泣かせようという意図はなく、ただ、暖かい家族の様子が綴られています。
    しかし、嘘偽りのない愛情にあふれる文章で、人の命の尊さについて改めて考えさせられる本でした。

    ユーザーID:3718859117

  • 路傍の石

    古い本で未完ですけど。
    書名:路傍の石
    作者:山本有三
    頑張らないと!って気になります。

    ユーザーID:4896442322

  • ぼくが医者をやめた理由

    ぽぽるさんこんにちは
    元お医者さんの体験談というのはベタかもしれませんが、永井明さんの
    「ぼくが医者をやめた理由」シリーズです。
    お医者さんの葛藤や、患者さんとの交流と別れが多少のユーモアも交え淡々と書かれています。病院で死を迎える事、またその患者さんの最後に携わる医療スタッフの心境を考えさせられます。

    ユーザーID:5044575763

  • 博士の愛した数式

    記憶を失うつながりで
    小川洋子さんの「博士の愛した数式」はどうでしょう。
    せつないです。

    ユーザーID:5164950044

  • あなた

    賛否両論あるかと思いますが(私の周囲では評価がまっぷたつにわかれるのです)、
    新潮文庫から出ている
    乃南アサ著:『あなた』/上・下
    を読み終わったとき、涙が止まりませんでした。
    ばかばかしいと思うか、報われない切ない思いに泣くかのどちらかに別れてしまうようですが、私は後者です。
    悲しい片思いに泣きました。

    ユーザーID:0214654078

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 骨は珊瑚、眼は真珠

    短編集で、表題の話で号泣しました。
    著者:池澤 夏樹

    ユーザーID:2553068752

  • 「飛ぶ教室」ケストナーです

    50才台の男性ですが、子供の時に読んだ本でケストナーの「飛ぶ教室」です。
    主人公マルチンのクリスマスの場面は必ず泣いてしまいます。少年少女文学ですので、リアルタイムで読んでいないと感覚的に共有できないかもしれません。私自身も、子供の時は勉強は少しできたけれども経済的には余り恵まれた環境ではありませんでした。現在は少しの余裕がありますが、何かしら日常のつらい感情を発散させたい時はこの本を読んで泣いてしまいます。ケストナーは「点子ちゃんとアントン」(これも泣いちゃいます)「二人のロッテ」とかありますが、子供の気持ちを忘れていない人に是非読んで欲しい作家です。

    ユーザーID:8860476418

  • 民子

    猫好きの人だけかもしれませんが・・・・・
    いや、たぶん猫好きでなくても
    作:浅田次郎 『民子』は泣けます・・・・

    ユーザーID:7119648602

  • 最近読んだ中では

    乙一さんの『失はれる物語 』角川文庫ですね。短編集なのですが・・・。
    その中のどれが、とはネタばれみたいで言えませんが、電車の中で読んでいて人目があるのにポロっときちゃいました。

    普段は人前では、そんなに泣く事がないので・・・自分でも驚きでした。

    ユーザーID:0935204716

  • 水曜の朝 午前3時

    蓮見圭一・著
    思春期には本を読んで泣いた事が頻繁にありましたが、
    おっさんになってから久しぶりに泣けたのはコレでした。
    切なくて・・・(照)

    ユーザーID:8888676665

  • ちょっと古いけど

    『時雨の記』

    ユーザーID:0327303681

  • 私も!

    路傍の石

    学生の頃、テスト勉強が嫌で、つい本棚に手を伸ばしてしまい、あげく、主人公に感情移入するあまり、号泣してしまいました。
    もう、涙で字が滲むほど。
    もちろん、翌日のテストは散々な結果です(笑)

    博士の愛した数式

    図書館で借りただけ、ただ一度読んだだけのお話なのに、何故か心に残って忘れられません。
    号泣はしませんでしたが、心に沁みました〜。

    私からも一つ。
    「邪宗門」
    人間の悲しさみたいなものが伝わってきて、最後にぐっときました。
    今でも、その情景が目に浮かぶようです。

    トピ主さんお勧めの、「アルジャーノンに花束を」是非読んでみたいです。

    ユーザーID:3850433356

  • 二つの祖国

    山崎豊子の戦争3部作の1つです。
    山崎豊子は好きなので、かなり読んでいますが、これが一番泣けました。

    主人公とヒロインの叶わぬ恋。
    想い合う強さ。
    原爆の影響で風前の灯となる儚い命。
    他の男と結婚しても良いから生きていて欲しいと願う元夫。

    長編ですが、主に異常な状況下での純粋な恋愛に心打たれました。

    ユーザーID:3311698846

  • アルジャーノン

    「アルジャーノン」で、号泣。
    私とツボが近いかも(笑)

    「永遠の子」良かったです。
    傷つきながら生きていかなければいけない痛々しさがたまらないです。
    2000年頃放映されたドラマも、原作に忠実で良かったです。
    レンタルされていますよーー

    また思い出したら書き込みします

    ユーザーID:0959940357

  • ありがとうございます!

    トピ主です。
    皆様、情報ありがとうございます!
    早速順番に図書館で借りてきて読んでいきたいと思います。

    今、何かの書評で泣ける本として紹介されていた夢枕獏の「神々の山嶺」を読んでます。
    まだ上巻なので泣くところまではいってませんが、話自体が面白いので、山登りに興味のなかった私でもぐいぐい引き込まれて、分厚い本ですが勢いよく読めています。

    ユーザーID:8181963439

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • やっぱり、浅田 次郎の

    「ラブ・レター」と「うらぼんえ」ですかね。

    ユーザーID:3912796774

  • 東京タワー

    リリー・フランキーの「東京タワー ボクとオカンとときどきオトン」です。
    地下鉄の中でボロボロ泣いてしまいました。

    「死神の精度」とか「陰日向に咲く」も泣けました。

    ユーザーID:8091017992

  • アジアンタムブルー

    大崎善生 著 です。

    恋人との思い出、恋人を蝕んでいく病・闘病・別れ…
    男性が主人公ですが、すごく引き込まれました。

    同作者の「パイロットフィッシュ」も面白かったです。

    ユーザーID:7261710976

  • 壬生義士伝は泣ける〜っ!

    若い頃は、小説で泣いた記憶がありませんが、浅田次郎さん『壬生義士伝』は、泣けました。
    吉村貫一朗の生き方は、今も思い出すだけで胸をうちます。
    新撰組の破天荒な人生でも、やはり家族を思う気持ちは、誰でも一緒です!
    また、読みたくなってきた。。。

    ユーザーID:2597517571

  • 西の魔女

    「西の魔女が死んだ」です。

    私、本はよく読みますが、ほとんど泣いた覚えがないんです。
    ジーンとしたり、胸が苦しくなったり、ホロリ・・くらいはあるんですが、本でボロボロ泣くって体験がなくて。(映画や漫画ではあるのに)
    でも、「西の魔女が死んだ」は本当に泣けました。

    ラスト数行で一気に崩壊しました。

    ユーザーID:9540182766

  • アルジャーノンは泣けますよね〜。

    東野圭吾の『秘密』
     最後に号泣してしまいました。今、思い出して涙目状態。

    山崎豊子の『沈まぬ太陽』
     飛行機が墜落してからの所は本当におお泣きしながら読みました。泣きすぎてなかなか先に読み進めませんでした。

    ユーザーID:2191440619

  • 私の場合は・・・。

    著者:木根尚登『僕を忘れないで』と、著者ダレンシャン:『ダレンシャン』です。

    ダレンシャンはハードカバーで12冊と長いので全ての本で泣けるという訳ではないですが、友人や大事な人との別れが随所にあって布団をかぶって泣くほど悲しかったシーンがあったりします。

    ユーザーID:6005450182

  • 浅田次郎さんの・・

    「壬生義士伝」も泣いたし「輪違屋糸里(わちがいやいとさと)」も泣けました。
    江戸末期の新撰組隊士と花魁のお話です。違った視点から新撰組を描いています。

    少し前に二話完結くらいのTVドラマになり、主人公を上戸彩さんが演じていたかと思います。
    (観てはいませんが、私としてはイメージとちょっと違う?と思いましたが)

    皆さんのレス、私も参考にさせていただきます!

    ユーザーID:9421344381

  • 遠藤周作

    「沈黙」と「侍」です。

    ユーザーID:0068610579

  • 有名ではないですが

    『ハッピーバースデー 』
    青木 和雄 (著), 吉富 多美 (著)
    今までに2回読みましたが、2回ともひどく号泣しましたー。
    ラストだけじゃなく、途中でも何度も号泣。大変です。
    好き嫌いがあるかもしれませんが、
    簡単にいえば、家族の再生の物語です。
    読んでほしいなー。

    ユーザーID:4420806526

  • 同じです

    びっくりしました。
    トピ主さんとまったく同じ、「アルジャーノンに花束を」です。
    なお、この本はラストの1文。
    たった1文で大号泣できます。

    ユーザーID:5940465973

  • 100万回生きたねこ

    佐野 洋子「100万回生きたねこ」

    絵本なんですが、何度見てもグーッと胸に来て泣けてしまいます。
    今もタイトル思い出しただけでもう涙目です(笑)
    なんでなんでしょうね・・・

    ユーザーID:8488281568

  • 三浦綾子さん

    「天北原野」です。

    何度読んでも号泣です。

    三浦綾子さんの本は殆ど読破しましたが、どれも素晴らしいです。

    ユーザーID:9251616702

  • ファイルさんと同じく遠藤周作ですが

    「女の一生 一部・キクの場合」
    学生の時、男女問わず、周りで「電車の中で読んでいけない本 NO.1」として
    流行りました。号泣するから。
    「二部・サチ子の場合」もしみじみ泣けます。
    大好きです。

    ユーザーID:7176120882

  • 永遠の仔

    昔読んで、すごい泣いた記憶が。

    容疑者xの献身は最後に号泣でした。
    もう一回最後のほうだけ読んでもまた泣けました。

    タツノオトシゴさん、今沈まぬ太陽読んでます!
    ネタバレしちゃいましたが、読み進めたいと思います。

    ユーザーID:6377622866

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧