派手過ぎない忍者本教えて下さい!

レス17
(トピ主3
お気に入り14

趣味・教育・教養

ベジ

忍者ってかっこいいですよね。
でも、忍者がでてくる本や映画では、ほとんどが超能力者や人間を越えた人達になっています。
本当の忍者はとてもジミに行動していたそうなので、面白くするためには仕方ないのでしょうね。
でも私には面白くない!
私はジミ〜な忍者が好きなんです。

出ている本を片っ端から読んでいきたいのですが、それも大変。
そこで、皆さんのオススメを参考にさせて下さい。
映画でも、漫画でも、児童書でも、なんでも知りたいです。
忍者好き集まれ〜!

面白いと思った忍者本は
『忍びの者』村山 知義 淡々としていて好き。一番面白かった。
『春が来た』作・小池一夫 絵・小島剛夕 劇画。これは忍者ものと言っていいのか…
『忍者パパ』もちょっと面白かったかな。

面白さが分からなかった忍者本
山田風太郎、池波正太郎のもの
『最後の忍者ドロンロン』自叙伝?う〜ん…胡散臭い

あまりたくさん読んだ訳ではないですが、こういう結果です。
ぜひ、皆さんのオススメを教えて下さい!

ユーザーID:2248389807

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私のおすすめは

    忍者もの、いいですよね!
    私もなんか魅かれてしまいます。

    私が好きな忍者ものは・・・
    有名なんでご存知かもしれませんが、挙げられてなかったので
    書いてみます。

    漫画では「がんばれ元気」とか「お〜い!竜馬」とかを描いてる
    小山ゆうさんの『あずみ』
    あずみはくノ一なのですが、使命感と女性らしさの間で揺れる切なさ
    が上手く描かれていて、キュ〜ンとします。
    トピ主さんがおっしゃる嫌な派手さもないように思います。
    wikipediaでの説明
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%BF

    小説では、司馬遼太郎さんの『梟の城』がいいかと・・・
    私はこれを映画版で見ましたが、よかったように記憶しています。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%9F%E3%81%AE%E5%9F%8E

    ユーザーID:6818486528

  • カムイ伝

    忍者の本ってあまり詳しくはないのですが、私にとっての忍者といえば「カムイ伝(カムイ外伝)」です。

    漫画ですが本で読んだのではなく、むか〜しアニメで放送していたものを何年か前に時代劇専門チャンネルで見ました。
    アニメなので漫画とは少し違うかもしれませんが、漫画自体は今でも普通に売っているようです。

    アニメではエンディングの歌も物凄く渋かったです。
    アニソン番組では絶対流れないと断言できる程の曲調と歌詞でです。
    内容も忍者の修行モノではなく、追われている忍びの話なので多少は救いもありますが厳しさや残酷さもあるものです。
    主人公のカムイも男前なのが良いです。(私の好みなだけかもしれませんが)
    明るい忍者(?)モノではなく、暗めで渋い忍者といえば「カムイ」なので興味をお持ちでしたら如何でしょう。

    ユーザーID:0086580278

  • 児童(小学中〜高学年)向け漫画ですが

    「落第忍者 乱太郎」尼子騒兵衛さんが描いてます。
    中身はギャグマンガですが、作者本人がくのいちなので時代考証や実際の忍者の活動についてもかなりきっちり描かれてます。

    ユーザーID:4694968527

  • 忍者図鑑

    忍者の博物館に行ったとき買いましたが近所でも売っていた、図書館でも見たことがあるので普通に販売されている本だと思います。
    ルビつき文字とイラストで忍者の知恵・術・歴史が紹介されていて、
    子供向けかもしれませんが、忍者に興味がある大人の方にもオススメしたい本だと思っています。

    ユーザーID:9010938450

  • マンガでも良ければ

    過去に読んだことのある好きだった本。

    和田慎二「忍者・飛翔」

    「スケバン刑事」作者の本です。
    なかなか続きが出なくて、途中までしか読んだ記憶がありませんが、
    少女マンガでは稀な忍者モノです。


    細野 不二彦「さすがの猿飛」

    過去にアニメ放送がされててかなり有名と思いますが、
    アニメ版は脚色がされすぎててドタバタ色が強かったと思いますが、
    原作はもっとシリアスな感じだったと思います。
    ラストは結構感動した記憶があります。(一応ギャグですが)


    どちらのマンガも、男が好きな女性を守り抜く的な要素のお話ですね。
    女性としては憧れます。

    ユーザーID:8999809434

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も『カムイ外伝』ですね

    勿論、本物の忍者の姿はかなり荒唐無稽で人間離れ?しているらしいです(学研ムーより) それは…別のレスで語る時も在るかもしれません         カムイは殺しあいや戦いに嫌気がさして忍者集団を抜けた…いわゆる抜け忍となり諸国を流れるが…忍者の掟を侵したカムイを放って置くハズもなく追っ手を振り切りながら逃亡の旅が果て無く続く…と、言うのがストーリーです 漫画の方は結構裸の場面とかある?…らしいですが定かではないですね アニメの方はかなりシブいですね(笑)

    ユーザーID:3242496800

  • 天誅シリーズ トピ主

    『天誅』PS2のゲームです。
    正面から戦わず、隠れて任務を遂行でき、超人的な力は無く、
    リアルでジミで大好きでした。

    『忍者図鑑』持ってます!持っちゃってます。
    子供でなくても楽しめますよね。
    『梟の城』も面白いですね!なのに存在を忘れてた〜。
    もう一度読みたくなりました。
    『落第忍者乱太郎』テレビでずぅーっとやってますよね、時々見ます。
    もうこうなったらドラえもん並に継続してほしいです。
    作者がくの一?すごい!!
    『カムイ外伝』は名前だけ知っていて、横目でチラッと見ていて
    気にはなっていたんです。抜け忍のお話だったとは‥
    暗めで渋いの大好きです。
    『あずみ』は映画のイメージしかなかったけど、原作は
    また一味違うんですね。
    『忍者・飛翔』少女漫画にも忍者物があるとは!しかもスケバン刑事の作者!
    興味わきますね〜。

    さっそく教えていただきありがとうございます。
    どれも面白そうです。いますぐ紹介していただいたものを読んでみたく
    なりました。
    まだまだ引き続き情報お待ちしています。
    よろしくお願いします!

    ユーザーID:2248389807

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 白土 三平ならば忍者武芸帳

    トピ主様、初めまして。
    忍者好きとは通好みですね、渋いです。多くの方が挙げられている【カムイ伝】、【カムイ外伝】は素晴らしい作品で、私も大好きです。
    しかし、白土先生の忍者モノの中で私が一番好きなのは【忍者武芸帳 影丸伝】です。
    戦国時代における忍びの無常観を、信長など歴史上の人物と供に描く事で見事に描き出した傑作です。
    影丸という超人的な忍びが全巻を通じて活躍しますが、実は……という最後が何とも言えないです。
    この白土先生の無常観(白土哲学とも言うべき)が後の【サスケ】、【ワタリ】、【カムイシリーズ】へと繋がっているように思います。

    忍者好きなら是非是非お読みください!

    ユーザーID:2891693905

  • 児童文学から

    ・斉藤洋「なん者・にん者・ぬん者」シリーズ
     忍者の見習いが、なん者(なんじゃ)で、術を極めるとぬん者になります。
     なん者のひなた丸という男の子が、忍者になるべく修行を重ねるという話です。
     地味な話かと聞かれれば否なのですが(「ねことんの術(単にねこの着ぐるみを着る)」などの地味な術はあります)、かわいい話なので…だめですか?

    ・古田足日『雲取谷の少年忍者』
     これは、地味な(&暗い)忍者話です。荒唐無稽なものをというのでしたら、同じ作者の『忍術らくだい生』をどうぞ。

     あとは、斉藤惇の『冒険者たち』。白イタチのノロイと戦うネズミたちの異能は、あきらかに忍術だと思うのですが、ちがうかなあ。

     あとは、リアン・ハーン「オオトリ国記伝 」シリーズでも、ニンジャ(×忍者)の少年が活躍するのですが、なんというか… 一応、参考までに。

    ユーザーID:7914575938

  • 「おぼろ十忍帖」 トピ主です

    ありがとうございます。
    児童書にもたくさんありますねえ!
    私児童文学好きなのでうれしいです。
    図書館で近々教えていただいたものを借りてみようかと思います。
    白土三平さんは忍者ものが他にもあるんですね。
    「カムイ伝」のまえに「忍者武芸帳 影丸」から始めてみようかな。
    無常観か‥気になるテーマです。
    白土三平もの全て読みたくなりました。
    「冒険者たち」は「ガンバの冒険」ですよね!
    本もテレビも見ました。白イタチのノロイが本気で怖かったのを
    覚えています。
    忍術というか、眼力で催眠術というか‥ですよね。

    私が最近読んだ忍者ものは、小島剛夕「おぼろ十忍帖」(劇画)です。
    短編集です。各話さまざまなシチュエーションで、登場するくの一が
    全員「おぼろ」という名です。
    時々一話だけさらっと読みたいような感じでした。

    忍者好きとはなかなか人に言えなくて、このトピを立てました。
    ここで忍者話できるのがうれしいです。
    忍者本情報どしどし教えて下さい!

    ユーザーID:2248389807

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 初見良昭 氏

    面白いかどうかはともかく、ちょっと変り種。
    初見良昭 「秘伝 戸隠流忍法」
    物語ではありません。
    著者は戸隠流の忍者だそうです。
    (公表した時点で忍者でなくなるような気がするが。。。)
    この人の実技、大昔テレビでやっていましたが、面白かったです。

    小説では司馬さんの
    『梟の城』

    私は『風神の門』も好きですが、
    トピ主さんの好みからは外れるかもしれません。

    ユーザーID:6719701689

  • 忍者無芸帖

    いしいひさいちさんの漫画です。
    単行本が何冊か出ています。
    こんなに地味で無芸大食でドジな忍者たちと
    おまぬけな雇い主(殿様)は見たことがありません。
    登場人物全員・・・面白いです!

    ユーザーID:5773607189

  • 「忍びの国」 トピ主です

    忍者本情報ありがとうございます!
    「秘伝 戸隠れ流忍法」 公表しちゃってるのがまたいいですね。
    秘伝な部分も実は忍者なことも。
    どんな内容なのか興味わきます。
    テレビ出演ぜひ一度見たかったです!

    「忍者無芸帳」 この題名に覚えはあったのですが、こんなに面白そうだとは
    知らなかった!
    地味、無芸、大食い。ここまでいくと本当に忍者なのか?と、疑いが‥

    みなさまに教えていただいた本は、ゆっくり全て読んでみたいと思います。
    自分では探せない情報をたくさん教えて頂けて有難いです。
    引き続き、忍者本教えてください!

    「忍びの国」和田竜 本屋さんで見つけたので買ってみました。
    2008年上半期ベスト2に入っているそうです。
    まだ読んでないのですが
    内容は‥侍大将の娘の尻に敷かれている伊賀の忍びが、
        天正伊賀の乱に導く謀略が張り巡らされた中に巻き込まれる
        歴史エンターテイメント。みたいな感じだそうです。

    また読みましたら感想書いてみようと思います。

    ユーザーID:2248389807

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私も子ども向けを

    私も「忍者図鑑」持ってますよ〜!
    このトピ読んで、みなさんのおすすめを読みたくなりました。
    (とくに母親術修行中さんのオススメのが読みたい…)

    私も児童文学や絵本でおすすめを。

    広瀬寿子「ぼくはにんじゃのあやし丸」
    主人公の少年カイ君が、最近ボケだした(と周りの大人に思われている)
    おじいちゃんにくっついて、忍者の修行をはじめる。

    同じく広瀬寿子さんの「風になった忍者」もいいです。
    こちらは、主人公の少年が忍者屋敷テーマパークから
    本物の忍者のいる世界にタイムスリップしてしまう。
    そこで会いたかった人に会うのです。

    どちらも最後はせつなく、涙なみだ…で本を閉じます。

    おかしいのは、舟崎克彦さんの絵本「にんじゃ にんじゅろう」
    忍者少年のにんじゅろうが
    いっぱしの忍者ふうな口をきいていて、とてもかわいい!

    わりと最近でた絵本ですが「にんじゃ つばめ丸」もなかなかよかったです。
    こちらは現代の忍者少年。修行の様子、忍者大運動会の様子が身近でおかしい。
    びっしり描き込まれた絵も見応えあり!です。

    ユーザーID:0453661069

  • 隠密剣士

    子供の頃テレビにかじりついていました。
    今はDVDで楽しんでいます。
    映画は「忍びの者」「十七人の忍者」
    本で面白かったのは白戸三平のもの。
    「カムイ外伝」は勿論のこと「サスケ」も良かった。
    でも、一番の好みは「ワタリ」です。

    小説では山田風太郎も好きでしたが荒唐無稽です。司馬遼太郎の「梟の城」「風の武士」「風神の門」
    村山知義の「忍びの者」あたりが面白かった。
    奥瀬なんとかさんの「忍術」と言う本も持っています。

    ユーザーID:0040026910

  • 「カムイ外伝」「忍びの国」読みました。トピ主です

    またまた忍者本情報ありがとうございます!
    やっぱり忍者本といえば白土三平なんですね。
    今まで知らなかったなんて!!うかつ。
    「ワタリ」もぜひ読んでみたいです。

    今日、古本屋でカムイ外伝を見つけたので買って読んでみました。(予算の都合で1冊だけ‥)
    皆さんのオススメの通り、想像以上に良かったです。ととも気に入りました。

    「忍びの国」は派手過ぎではないけれど、ものすごい身体能力(それに対して説得力がない文章)の忍者がでてきました。なんだか漫画みたい、という印象でした。
    私の好みではなかったです。

    児童書からはたくさん出ているんですね。
    広瀬寿子さんの「風になった忍者」私も読んだ事ありますよ!
    この人の他の作品も面白そうですね〜。
    児童書は忍者ものの宝庫かも。

    映画「忍びの者」は市川雷蔵のやつですね!霧隠れ才蔵編だけテレビで見れたことあります。
    DVD持ってるなんてうらやましい〜。
    市川雷蔵のは良いですね。映画で見る忍者ものは特別良いです。
    もっと見たい!

    このトピ見るのが幸せです。
    皆さま今週もありがとうございました。

    ユーザーID:9463211811

  • 隠密剣士

    すみません、文章がわかりにくくて。
    DVDを持っているのは「隠密剣士」です。
    それ以前の忍術ものの番組と違い、一応論理的に忍術を説明していました。この番組あたりから「忍術」という呼称が「忍法」に変わりました。
    その頃テレビ、漫画では「伊賀の影丸」が人気がありました。
    これは山田風太郎からかなりパクリましたね。
    その後「飛騨の赤影」へ。
    それとは違う路線として白土三平が登場。
    前述の漫画を書きました。
    最近は「魔風海峡」と言うのがあります。高麗忍法、新羅忍法と言うのが出てきますが荒唐無稽。
    なかなかリアルな忍者小説ってないですね。

    ユーザーID:0040026910

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧